Powered By 画RSS


にこ「…アンタって、凛以上にスカート履かないわよね」 絵里「え?」

1 : 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2017/02/01(水) 23:45:31.85 ID:sExeA5xw.net
絵里「……そう?」

にこ「そーよ、にこも今写真見てて思ったんだけど」

絵里「写真?」

にこ「スマホの…あ、これ、こないだ一緒に映画見に行った時のヤツ」
no title


絵里「たまたまじゃない?」


にこ「こっちは二人でゲーセン行った時でしょ?」
no title


絵里「そうそう、にこがとってくれたのよねこの子」


にこ「ほら、あったかい頃のだってそうじゃない」
no title


絵里「二人でピクニックへ行った時ね」


にこ「これなんか二人で旅行いったのだって」
no title


絵里「あらホント」


にこ「でー、こないだアンタの家泊まりに行った時もこうじゃないの」
no title


絵里「亜里沙もいなかったのよね、この時」


池袋晶葉「できたぞ!豆まきロボだ!」【デレマス】

1 : ◆AzsxZ4DCYc 2017/02/03(金) 21:25:09.99 ID:hU/yalqdo
晶葉「電源を入れれば豆がなくなるまでこの『豆マシンガン』から福豆をまき続けるんだ!『豆マシンガン』は以前作った『ひなあられマシンガン』を改造し、毎秒50発もの豆を発射できる!更に…」

モバP「ああわかったわかったすごいすごい。けど一ついいか?」

晶葉「何だ」


千歌「こどもなわたし」

1 : 名無しで叶える物語(かぶらずし)@\(^o^)/ 2017/02/02(木) 22:30:04.69 ID:9o8avW85.net
千歌「ねー曜ちゃん」パラリ

曜「なーにー千歌ちゃん」ヌイヌイ

千歌「衣装どんなかんじ?」

曜「うーん、そこそこ」ヌイヌイ

千歌「わたし手伝おっか」

曜「別にいいー」ヌイヌイ

千歌「そっか」

曜「…」ヌイヌイ

千歌「…」パラリ


希「lily whiteで」海未「豆まき」凛「だにゃ!」

1 : 名無しで叶える物語 2017/02/03(金) 18:53:39.47
希「2月3日と言えばー?」

凛「せつぶーん!」

希「節分と言えばー?」

海未「恵方巻ですね」

希「そうそう豆まきやんな」

海未「決まってるなら聞かないでくださいよ」


ことり「鏡よ鏡よ鏡さん、世界で一番かわいい女の子はだぁれ?」

1 : 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/03(金) 20:18:47.44 ID:sMvpxeC8.net
ことり(裏声)「ホノカチャンデスッ」

ことり「うんうん♪だよねぇ♪じゃあ、世界で一番かっこいい女の子はだぁれ?」

ことり(裏声)「ンミチャンデスッ」

ことり「やっぱりぃ♪じゃあじゃあ、世界で一番穂乃果ちゃんと海未ちゃんのことを大好きな女の子はだぁれ?」

ことり(裏声)「コトリデスッ」

ことり「きゃー♪」


穂乃果(かわいすぎかぁ)

海未(かわいすぎですね)


にこ「真姫ちゃんの恵方巻き食べちゃうにこ♡」

6 : 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/02/03(金) 18:56:35.83 ID:SveBWoDQ.net
にこ「ん……あむ」

真姫「あー!ちょっとにこちゃん!」

にこ「むぐっ」

真姫「それ私の恵方巻きでしょ!返して!」

にこ「んー!んー!」フルフル

真姫「何とか言いなさい!」

にこ「もがっ、揺すぶらないで……あー!」

にこ「しゃべっちゃったー!」

にこ「食べてる途中で話しちゃダメなのに、もう!」

にこ「真姫ちゃんのせいにこ!」

真姫「知らないわよ!」


未来人「少し先の未来で、待ってるから」

1 : ◆zsQdVcObeg 2017/02/03(金) 19:52:46.65 ID:Nr4cjnOQ0
 未来人と出会ったのは、転校した次の日だった。

 小6で転校なんてして、修学旅行が不安だな、馴染めるかな、と可愛げのある悩みを抱えながら教室のドアを開けた私の目に、
 教卓の上に体育座りをしていた女の子が映った。

 深く透き通った青の香り。

「初めて見る顔だ」

 彼女は整った顔だけをこちらに向けて、独り言のように言った。

 長い髪がさらりと揺れる。青く見えてしまうほどに深く黒い髪。綺麗だった。

「転校してきた」

「ふぅん」

 わたしが昨日教えられたばかりの自分の席に着くと、彼女はぶらんと、細くて白い両足を教卓からぶら下げた。

「宇宙人っていると思う?」

 透き通った声だった。

「いないと思う」

 そう答えると、彼女は可愛げのない顔でそっぽを向いた。

「なら、未来人は?」

「それは、いると思う」

「ふぅん」

 そっぽを向いたまま、彼女はどうでもよさそうに喉を鳴らした。

 面白い子だな、と思った。


店のおじさん「毎日毎日……たい焼きを焼く……」客「焼きすぎだよォッ!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/05(日) 02:03:48.45 ID:ltcN3kAlo

おじさん「毎日毎日……」ジュゥゥゥ…

客「あのー」

おじさん「わしは……」ジュゥゥゥ…

客「もしもし?」

おじさん「鉄板で……」ジュゥゥゥ…

客「おじさんってば!」

おじさん「たい焼きを焼く……」ジュゥゥゥ…

客「焼きすぎだよォッ!」


ヘレン「Vの悲喜劇」

1 : ◆Ci3UmwhFqY 2017/02/05(日) 03:07:38.48 ID:1eZd2Xop0
・モバマスSS
・一部閲覧注意


2 : ◆Ci3UmwhFqY 2017/02/05(日) 03:19:17.50 ID:1eZd2Xop0
事務所


李衣菜「ふぅ…もうすぐバレンタインだね」

七海「そうれすねぇ。皆さんにお魚チョコを作って日頃の感謝の気持ちを伝えたいれす」

美世「お、お魚チョコ!? それはちょっと不安だけど…」

七海「ん~、確かに生魚だと今の季節はノロとかが気になるれすねぇ」

李衣菜「衛生的にやっちゃダメなやつだよ……」

七海「んじゃ、しょうがないんで焼き魚にチョコをコーティングするとしますれす」

李衣菜「そういう問題!?」

七海「甘じょっぱいのはティーンの流行りれすからねぇ。皆ハマると思うれす」

李衣菜「ティーンって? とりあえず魚は候補から外した方がいいよ…」


善子「リリーのことが気になって」

1 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/04(土) 21:33:56.93 ID:r4IrKAW5.net
校舎裏

梨子「ねえ、よっちゃん。ずっと、私のこと見てたよね・・・」カベギワアゴクイ

善子「リリー、あのその・・・」

梨子「うふ、可愛いよっちゃん・・・キスしてあげる♪」

善子「リリー・・・だめ・・・」(顔近いいい匂いマジヤバイヤバイヤバイ!!!!)

ピピピピピッ

(・8・)チュンチュン…

・・・

善子「朝?っていうか夢?なんで、リリーとイチャつく夢なんか見てるのよ!」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ