Powered By 画RSS


姫川友紀「チョコに託した想いの形」

1 : ◆saguDXyqCw 2017/02/16(木) 20:03:26.03 ID:wBN7bVk00


 プロデューサーたる者、もう少しアイドルを労わったほうがいいと思う。


 事務所にやってきた担当するアイドルの顔色が優れない。声も元気がない。

 いつもは元気いっぱいなあの子、一体どうしたのか。

 そんな子に、開口一番こう言った。


「どうした、二日酔いか?」


 そんな問い、プロデューサーとして失格ではないか。

 評価できることは、プロデューサーが担当アイドルのことをよく理解していることだ。

 あたしは事務所のソファーに仰向けになりながら、頭にかかる靄に流されるように眼をつむっていた。


 別に飲みすぎる気はなかった。

 家だし、一人だし。

 ただ帰りがけにスーパーでビールの新商品を見かけたのだ。

 お試し価格ということで、だいぶ安くなっていた。
 
 だから夕食代わりの総菜と一緒に籠へ放り込んだ。一本じゃなくて六本セットを。

 別に一日で消費する気はなく、何日かに別けて飲む気だった。

 これでもアイドル。レッスンの前日に飲み過ぎるなど言語道断だ。
 
 そのあたりは弁えている。

 ところが、朝に目が覚めるとその六本が空になっているだけでなく、お兄ちゃんからもらった日本酒の一升瓶も半分くらい無くなっていた。

 残ったのは気だるい体と重い頭。



 弁えているつもりだが、ついやってしまうこともある。


ルビィ「ピンクチョコレート」

2 : 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 23:41:44.66 ID:kDhfFbsy.net
~放課後・部室~


梨子「ルビィちゃん、おつかれさま♪」

梨子「練習の後に部室に残っててほしいって言ってたけど、どうしたの?」クスッ

ルビィ「は、はい!その…ルビィ、梨子さんに渡したいものが…」

梨子「あっ、もしかしてチョコレートかな?バレンタインだし…///」

ルビィ「!!」

梨子「なんて…」

ルビィ「えっと~…」アセアセ

梨子「あ、あれっ?やっぱり違った?」


シャドウ「よくも魔大陸に置き去りにしてくれたな……!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 01:38:22.11 ID:IUfCwuYjo
― 瓦礫の塔 ―

ロック「いよいよ、この先にケフカがいるはずだ……みんな、準備はいいか?」

セリス「うん!」

ティナ「大丈夫!」

エドガー「いつでもいいぞ」

マッシュ「ここまできたら絶対勝とうぜ!」

カイエン「拙者、武者震いしてるでござる!」

ガウ「ガウッ!」

セッツァー「今までで一番でかいギャンブルになりそうだな」

リルム「じじい、足手まといにならないでよ!」

ストラゴス「分かっとるわい」

モグ「世界を救うクポ!」

ウーマロ「ウガーッ!」

ゴゴ「ウガーッ!」

ロック「よし、行こう!」


P「響、もういい加減アイドルを辞めてくれ」

1 : 1 2017/02/16(木) 18:14:42.66 ID:ITqOvClQO

短いです


響「やったぁ!ついに自分もSランクアイドルになったぞー!」

P「響」

響「あ、プロデューサー!ねぇねぇ見ててくれた?」

響「…自分、頑張ったぞ!」

P「あぁ、響ならやれると信じてた。頑張ったな」

P「さて、それで突然で悪いんだが」

P「響、もういい加減アイドルを辞めてくれ」

響「……え?」


曜「よーちゃんはね ××ちゃんっていうんだほんとはね」

1 : 名無しで叶える物語(かぶらずし)@\(^o^)/ 2017/02/12(日) 20:19:53.43 ID:cjHBT+pZ.net
曜「よーちゃんはね♪ ようちゃんっていうんだほんとはね♪」

曜「だけどちっちゃいからじぶんのことよーちゃんってよぶんだよ♪」

曜「おかしいな♪ よーちゃん♪」


梨子「曜ちゃん、おはよう。相変わらず朝早いね」

曜「おはよう! ごめんね、一緒に登校できなくて」

梨子「気にしないで。……それで、またその歌? 曜ちゃん、その歌好きだね」

曜「自分でもわからないんだけど、つい口ずさんじゃうんだよね」

梨子「ふふっ。でも、わたしもその歌好きよ。なんだかかわいくて」

曜「そう?」


花陽「ことりちゃんの誘惑に勝ちます!」

1 : 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2017/02/06(月) 23:08:49.98 ID:mxLyheXH.net
花陽「最近、ことりちゃんとデュエット曲を一緒に歌ったり衣装作りをしてるんだけど」

花陽「ことりちゃんが事ある毎にお菓子を勧めてきて…その…」

花陽「体重がピンチなんですっ!」

花陽「だから、今日こそはことりちゃんの誘惑に勝ちますっ!」

花陽「でも…」


姫川友紀「ちょっとガーナに遠征してくる!!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 19:51:06.05 ID:H8utslGM0
P「…ってさ」

二宮飛鳥「…ガーナ」

P「おう」

相葉夕美「ガーナって、アフリカだっけ?」

P「うん」

飛鳥「…チョコレートの商標名、ではなく?」

P「旨いよな、ロッテのチョコ」

夕美「私、バッカスとかラミー好きだよっ」

飛鳥「ああ、ボクはクランキーが…って、そうじゃなくって」


佐藤心「バレンタイン・キス」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 23:35:44.16 ID:DLhmOHd40
アイドルマスターシンデレラガールズ、しゅがーはぁとさんこと佐藤心さんのお話です


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 23:36:35.45 ID:DLhmOHd40
◆2月13日 事務所

心「おはよーございまーす☆」

心「って、なんかやけに賑やかだな☆」

かな子「あ、おはようございます。心さん」

心「はぁとって呼んでね☆」

心「で、これはなんの集まり?」

かな子「明日、バレンタインじゃないですか。それでみんなプロデューサーさんにチョコ渡したいらしくて、一緒に作ってるんです」

心「あー、そっか。明日バレンタインか☆」

かな子「心さ……はぁとさんも一緒にどうですか?」

心「んー、そうだなぁ……」

みりあ「かな子ちゃーん! ここどうやるのー?」

かな子「えっ、ちょっと待って~!」

心「あー、はぁとの事は良いから行ってあげなって☆」

かな子「あ、はい! じゃあごめんなさい!」

心「そっか、バレンタインかぁ……」





チエリエルドロップアウト

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 23:24:03.96 ID:LGAxRdjco
※独自設定あり、キャラ崩れ注意


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 23:24:35.75 ID:LGAxRdjco
 最近何だかおかしいんです、と緒方智絵里は喋りだした。小日向美穂が智絵里に相談を聞いてほしいと頼まれたのは定期レッスンが終わったところだった。
 いつも控えめで抱え込みがちな智絵里に相談を頼まれたとあれば、断る理由なんてない。それでなくとも美穂という人間は頼ってもらったことに対して無下にするようなことは無いのだけれど。
 悩める子羊を救うのは天使として当然であるということを鑑みるとやはり美穂は天使であるという証明であった。巷で話題の魔界天使ミホリールである。


ガヴリール「あれ?箸がない…」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/16(木) 23:43:44.96 ID:f2qQAOmO0
サターニャ「ぷっ。お箸を忘れるなんておっちょこちょいね!」

ヴィーネ「まったくもう…。ほら、割り箸あるからこれ使いなさい」

ガヴ「いや、違うんだよ」

ガヴ「さっきの時間早弁してたときはちゃんとあったんだ」

サターニャ「そういえばそうね」

ラフィ「ガヴちゃんが早弁をしたのは、何時間目ですか?」

ガヴ「3時間目だ」

ヴィーネ「…なるほど。つまり、3時間目と4時間目の間の休み時間。この間に、何者かがガヴの箸を盗んだ、ということね?」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ