Powered By 画RSS


提督「あれ?昨日まで更地だった場所にお寿司屋さんが出来てる。興奮してきたな」

1 : ◆F5x5AfN1Z.B/ 2017/03/04(土) 04:00:18.46 ID:cld+oGz10
提督「とりあえず入ってみるか」ガラガラガラガラ
間宮「へいへいへいへい!へいらっしゃい!!」

提督「!?ま、間宮さん?なにをしているんだ?」

間宮「何様ですか?」

提督「えっ?何様?」

間宮「あっ間違えちゃった。何名様ですか?」オデコパチーン

提督「えっと、1人で」

間宮「お一人様ですねー!お席はカウンターでよろしいですか?」

提督「あぁ、大丈夫」


梨子「あ、じゃあ……泊まっていく?」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/28(火) 01:44:09.17 ID:iooH8iOlO

短めに。
ようりこ。


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/28(火) 01:49:54.81 ID:iooH8iOlO

曜「ん……どうしよっかな」

梨子「もうバス無いんでしょ」

曜「そうだね~」

梨子「私はべつにいいわよ?」

曜「え、誘ってる?」

梨子「誘ってない」



ルビィ「試練なの…」梨子「試練?」 SS

1 : 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/(6段) (ワッチョイ 6b33-nqQ/) 2017/02/24(金) 15:04:09.31 ID:wJXvou4d0.net

――ルビィ小学2年

黒澤ママ「ルビィも小 学生になったので」

黒澤ママ「『あの試練』を受けてもらいます」

ダイヤ「!!?」

ダイヤ「『あの試練』をですか!?」


【アクティヴレイド】File??? それぞれのリターンデイ

1 : アバン  ◆jZl6E5/9IU 2017/03/02(木) 23:20:46.25 ID:3fRTx7810
黒騎の家――ミュトスの部屋

ミュトス「」カタカタカタカタ…

アレー? マチガエタカー?

ミュトス「」カタカタカタカタ…

オ、コレガコーダロー… ドゴッガッシャーン!

ミュトス「」イラッ


歩「飛車さん。僕も、いつかあなたみたいに・・・」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 17:40:25.38 ID:zGUsEWhXo

歩「くっ・・・。敵襲!敵の銀がこちらに突っ込んで来ます!」

角「ど、どうすんだよ!このままじゃ突破されちまう!」

歩「どうするって言われても,このまま突っ込んで来られたらひとたまりも・・・」


美穂の乙女心とお腹の虫と(デレマスSS)

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/01(水) 01:14:56.71 ID:uZgf9ghUo

※独自設定有り、キャラ崩れ注意


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/01(水) 01:15:24.19 ID:uZgf9ghUo

 困った。どうしたものだろう、と小日向美穂は思って色々と考えてみたけれどどうしても考えは纏まらず、うあーっとベッドに倒れた。ふかふかのベッドは気持ちよく美穂の身体を支えてくれて、包まれていたくなる柔らかさだった。
 布団と結婚しよう、などと杏が以前に言っていたのだけれど、その気持ちが凄くわかる。この瞬間だけはどんな快楽よりも気持ちのいい瞬間だと思うから。
 困っている、と言ってももちろんそんな深刻なものではなくて、凄く単純なことなのだが。とは言ってもアイドルとしては、重要なことかもしれない。深刻ではないとしても、重大な問題。


夢を叶えた大人達「憧れの漫画キャラと同じ職業につくことができました!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 01:52:53.20 ID:G9c69OPZo

手術室に一人の男性が運ばれる。

脳に悪性の腫瘍が出来てしまった患者である。


これを取り除くには、メスで直接取り除くしかないが、腫瘍は重要な神経と血管に囲まれており、
もしほんのわずかでも指先を誤れば、患者に重大な障害が残ってしまう。

この手術を成功させられるのは、世界でもほんの数名しかいないという。


そして、この手術の担当医は、そのうちの一人である。


双葉杏「特別だけど、特別じゃない日」

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/03/02(木) 23:53:14.22 ID:T0exAEec0
===

 台風が来た。とてもでっかい奴らしい。
 テレビのレポーターが波止場でレインコートを翻しながら、深刻な顔で言っていたのだからそうなのだろう。

 それにしてもどうして中継先が波止場なのか。街中じゃダメか? ダメなのか。
 高波に襲われたりでもしたら、労災なんかは下りるのかな……。

 現在時刻は朝でもなく昼でもない中途半端な時間帯。
 要するに十時、十時半。お腹はまだちょっとしか空いてない。

 部屋の姿見には小奇麗にお洒落をした自分の姿が映ってた。
 ……でもどうだ、全ては無駄になってしまったぞ。


雁淵ひかり「ハーイ!みなさんこんにちは~!ひかりちゃんねるへようこそ!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/03(金) 18:15:47.84 ID:SJ6pT2nM0
ひかりの部屋

ひかり「ぶんぶんハーイゆーちゅーぶ」

ひかり「ん~........これはちょっと真似しすぎだよね.....」

ひかり「ハーイ!みなさんこんにちは~!ひかりちゃんねるへようこそ!」

ひかり「こっちの方がいいかな」

ひかり「とりあえず最初の入り方はオッケーと.......」

ひかり「お給料で機材も買ったし後はネタを何にするかだよな~」


ルビィ「ヨハネちゃんの分からず屋」善子「ルビィの方こそ強情じゃない」

1 : 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 23:30:12.68 ID:zC6koPFd.net
善子「うわー、まだ開店30分前なのにホントに並んでる人がいっぱい」

ルビィ「正直ちょっと疑ってたけど曜ちゃんの言う通りだったよ」

善子「ええ、流石は有名店ね、あれを見て」

ルビィ「県内だけじゃなくて県外ナンバーの車も目立つね」

善子「さわやか、私達この店の人気っぷりをナメてたみたい」

ルビィ「待ち時間がすごいことになりそう……」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ