Powered By 画RSS


ハリー「お尻の穴から杖が抜けない……!」ハーマイオニー「気は確か!?」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/03(金) 22:52:44.013 ID:eTrPvU6l0.net
ハーマイオニー「ハリー、貴方って……前から普通じゃないとは思っていたけど」

ハーマイオニー「こんなのって……異常よ? だって、杖がお尻から……どうしてそんなことになるの?」

ハリー「話せば長くなるんだ。それよりも今は……とにかく、この杖をどうにかしないと。抜くのを手伝って」

ハーマイオニー「ねえ、まさかとは思うけど……それって私に言ってる?」

ハリー「他にいる!? 僕の前には君しかいない! ハーマイオニー!」

ハーマイオニー「ねえ待って、やめて。絶対に、嫌だから」

ハリー「痛みで動けないんだ。僕ひとりの力じゃどうしようもない」

ハーマイオニー「だって……お尻から杖を引っ張り出すなんて……そんなことできないわ」

ハリー「大丈夫、君ならできる。杖を握って引っ張るだけなんだ。だから……見捨てるようなことを言わないで」

ハーマイオニー「本当に無理なの。できないわ、私……杖をお尻から……ああダメ、絶対にできない」

ハリー「あっ」

ハーマイオニー「えっ?」

ハリー「少し出た」

ハーマイオニー「杖が……? 良かったじゃない。そのまま待っていれば、自然と全部――」

ハリー「おあいにく様、出たのは杖だけじゃないんだ。分かってるとは思うけど……お尻の穴だから。少し匂うけどごめん」

ハーマイオニー「やだっ! 嘘でしょう!? ちょっと……ハリー!!!」


乃々「机の下に! 下に!」

1 : ◆S6NKsUHavA 2017/03/05(日) 00:56:05.74 ID:tYJH5vmN0
花粉を駆逐してやる! 絶対にだ!
それはそれとして、インディヴィジュアルズとか光やレイナサマがでてくるお話です。


2 : ◆S6NKsUHavA 2017/03/05(日) 00:56:49.04 ID:tYJH5vmN0
乃々「びやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁッッッッ!?」



 いつもの事務所。



P「乃々の絶叫、貴重なんですけど」

乃々「もりくぼの口癖取らないで欲しいんですけど! そ、そんなことより、大変なんですけど!」

P「乃々の絶叫よりも重大な事が?」

乃々「そっちはどうでも良いんですけど! あぅぅ……大声出しすぎて消滅しそう……」

P「エネルギー容量少なすぎだろ……。で、何が大変?」

乃々「う……う……わ、私のさんくちゅありーに、名状しがたい何かがいるんですけど……」

P「ナチュラルに人の机を個人の聖域にするのやめてくれる?」

乃々「それも今はどうでも良いんですけど!」

P「俺の聖域が一言で吹き飛んだ」

乃々「と、とにかく、プロデューサーさんも机の下を見て下さい……!」

P「机の下っつっても、置いてあるのは輝子の私物のキノコとかだろ……まさかカビでも生やしたんじゃ……」チラッ



*****名状しがたい何か*****



P「ぎやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁッッッッ!!!!」SAN↓↓



モバP「初めて会った時の思い出」

1 : ◆NtxTVv4ssokL 2017/03/05(日) 00:32:20.05 ID:WV6GKsEV0
ピンクドットバルーンのお話になっています

注意:結構キャラ崩壊しているかもしれません


2 : ◆NtxTVv4ssokL 2017/03/05(日) 00:32:58.13 ID:WV6GKsEV0
千川ちひろ「プロデューサーさん、懐かしいものが出てきましたよ」

モバP「懐かしいものですか・・・?もしかして千川ちひろのマル秘水着姿集ですか?」

ちひろ「懐かしいものって言いましたよね・・・?」ニコッ

モバP「笑顔が怖いですよ・・・」

ちひろ「だってプロデューサーさんが変なこと言うからです」

モバP「☆(ゝω・)v」

ちひろ「(#^ω^)」

モバP「(これ素直に謝っといたほうがいいやつだ)すいませんでした・・・」


【モバマス】白菊ほたる「由愛ちゃんと頬っぺたの話」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/05(日) 00:13:36.15 ID:1CVNLhCDO
人選流行って


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/05(日) 00:14:27.81 ID:1CVNLhCDO
※ホテルの一室、寝間着姿で隣り合ってゴロゴロしながら雑誌を読んでいる二人を想像してください


ほたる「"着物をちょっと今風に見せる小物特集"かぁ……こういうヘアピンかわいいよね」

由愛「うん……ほたるさんに似合うよ、きっと……私は、このカチューシャが好きかな……」


ルビィ「おねいちゃあのおっぱい~…むにゃむにゃ…」

1 : 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/02/26(日) 18:22:26.33 ID:IL56bO2b.net
ダイヤ「ななななな、なんて事言うんですの!」

ルビィ「おねいちゃあ……」すやすや

ダイヤ「ね…寝言…?」

ダイヤ(寝言にしてもなんて夢みているの…)

ダイヤ(私がルビィの母親的な立ち位置なのでしょうか…)

ルビィ「う~ん…」ウネウネ

ダイヤ(ん?ルビィの手のあたりが何やら怪しい動きをしていますわね…)

ダイヤ「………!」

布団の中をそろ~っと見るダイヤ

ルビィ「お、おねいちゃあ…」クニクニクニクニ

ダイヤ(こ、この動きはッ!)


社畜「しゃちくぅ…」社長「ん?捨て社畜か?」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/04(土) 02:38:22.83 ID:12YPcYKHo
社畜「ちくぅ…」

社長「こんなところでどうしたんだ?前の会社に捨てられちまったのか?」

社畜「ゃち…くぅ……」

社長「……」スッ

社畜「しゃーーー!!!」

社長「おっと、撫でさせてはくれないか。はは、セクハラはやめろってか?」

社畜「…チッ」

社長「……」

社畜「……」

社長「…うちにくるか?」

社畜「!」

社長「雇ってやるって言ってんだよ」


善子「よ、曜さん?」

1 : 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/02/26(日) 22:33:17.53 ID:uRwcO3ap.net
曜「あれ?善子ちゃん!」

善子「ヨハネよ!」

善子「こんな時間になんでこんな所に居るのよ」

曜「あ、あはは、私も一応受験生だし……」

善子「そっか、こんな時間まで塾なんて大変ね」

曜「うーん……でも勉強頑張らなきゃだし……」


千歌「果南ちゃんが東京マラソンに出てる!」曜「本当だ!」

1 : 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/02/26(日) 14:43:42.76 ID:OMYgy/5h.net
10km地点

実況「さぁ、間も無く先頭集団が10km地点に入ります。集団もはっきり分かれてきました」

解説「序盤の駆け引きは重要ですからね」

実況「沿道の応援にも熱が入ってきているようです。走りながら応援している人もいますねw」


冬馬「大人の階段登る」

1 : ◆7F/YYgK6TM 2017/03/02(木) 23:50:51.44 ID:4MT/4qEj0
※木星SSです。女の子要素一切ゼロです。

夜。この時期はまだまだ夜の冷え込みがつらい。
早く暖房が効いた場所に行きたくて、タクシーを降りて看板を確認してから
すぐさま店のドアを開けた。
待ち合わせ場所になっていた飲食店は、受付カウンターも寒かった。
外との出入りが多いからだろうか?早く奥のスペースに行きたい。


海未(穂乃果のお布団の中でおならプップしたらどうなるのでしょうか…)

1 : 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/02/23(木) 22:10:45.23 ID:vbWX6Bhv.net
穂乃果「いやぁ~、こうして3人一緒のお布団で寝るなんて久しぶりだね」

ことり「そだねっ、なんかわくわくするぅ♡」


海未「……」 モゾモゾ…


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ