Powered By 画RSS


モバP「拓海おま○こゴリラ」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/10(金) 17:28:24.59 ID:a5TNd00P0
階段の手すりはとてもつるつるとしていて、そこを掴んでしまっては、きっと永遠と滑り落ち続けるに違いないと、とっさの判断で尻餅をついてみたのだが、これがどうにも失敗だったようで、尾骶骨だとかいう骨を折ってしまった。
この尾骶骨骨折というやつはなんともやっかいな骨の折り方で、座れば痛いし、立っても痛い。おまけに寝ていても痛むときたもんだから、どうしようもない。上半身はぴんぴんと健康そのものであったので、仕事にでようと思っていたのであるが、上司から休めといわれたので、仕方なしにベッドに身体を預けている次第である。

休めといわれたので休んでみてはいるものの、なんとまあ退屈なこと。我が家のテレビは二ヶ月前からうんともすんともいわなくなって、買ったまま放っていた本は一昨日に読み終えて、携帯ゲーム機の類は持ち合わせていないし、くそったれ、暇というものがこれほど辛いことだとは。
枕元のスマートフォンがひっきりなしに鳴って、それもそのはず、事務所のアイドル達は皆一様に優しい娘であるので、確認するまでもなく我が身を心配するメールの報せなのだが、確認しないわけにもいかんので、一通一通をじっくりと時間をかけて読んでみた。それがいい暇つぶしになって、いや、暇つぶしという言い回しは失礼なのだけれども、上手いこと時間を消費することができた。

その中の一通に拓海からのものがあり、これを読んでみるに、仕事が終り次第、見舞いに行ってやる、とのことであった。エクスクラメーションマークの散りばめられた本文は、変に動揺せず、いつも通りの向井拓海であることを示しており、この胆の据わった娘に、また信頼が深まるのを感じていた。プロデューサーとしては、アイドルを家に上げる、というのは避けたいところなのだが、何を言ったところでアイツは来る。絶対に来るだろう。拓海にとって、仲間の苦しみは己の苦しみであり、アイツのいう仲間のカテゴリーには俺も含まれていて、自分を犠牲にして仲間のために尽くす、というのが暴走族時代から向井拓海の根幹に聳え立つ信条なのであった。というわけで、俺がどんなに来るな、といっても来るのである。
こういう時に面倒な記事でも書かれたら、それはもう面倒なことになってしまう。俺は顔見知りの週刊誌ライター数名に連絡を入れた。日ごろの“お付き合い”というものはとても重要である。一様に「次は書かせてくださいよ」と言い残し、面倒事は未然に回避されたのであった。


タプリス「今日こそ悪魔に勝ちます」サターニャ「のぞむところよ」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/09(木) 00:58:36.49 ID:iQWJgo+W0
-放課後・教室-

タプリス「今度こそ、あなたを負かして、天真先輩を解放してもらいます」

サターニャ「何度来ても同じ、いつも通り負かしてあげるわ」

タプリス「むきー、そうやって調子こいていられるのも今だけですよ」

サターニャ「で、今日は何して勝負するの?」

タプリス「これです」

サターニャ「これは…?」

タプリス「将棋…というらしいです」

サターニャ「あんたやったことあるの?」

タプリス「ないですが、頭脳戦なら悪魔のあなたに勝てると思ったので」

サターニャ「甘い、甘いわ小娘」

タプリス「なにをー」

サターニャ「私やったことあるのよね、将棋」

タプリス「な、なんだってー!?」

サターニャ(ガヴリールに惨敗したけどね)


悠貴ちゃんが頬にちゅってして

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/10(金) 22:21:41.13 ID:ki3Y9quvo

※独自設定有り、キャラ崩れ注意


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/10(金) 22:22:09.17 ID:ki3Y9quvo

 それは夢のような世界のお話。憧れていた世界の中心。可愛い衣装を着て、キラキラ輝くステージで、誰よりも眩しく煌めく存在。アイドル。そう、私は、可愛いアイドルになりたかった。それは昔から抱いていた確かな憧れだったから。
 けれどそれは、大きくなるにつれて無理な願いなのだと思うようになった。
 同世代よりも一際大きく育ってしまった身長は、私が憧れていた、可愛いアイドルというものとは正反対な気がして。
 だからもう、憧れは憧れでしかなくて夢は夢でしかない、そんなものだと割りきるしかないと思いかけていた。
 ……けれど、それでも。どうしても夢を夢で終わらせたくなかった。
 諦めることができなかった。
 諦めて後悔をするよりも、憧れに一歩を踏み出してみたかった。だから受けてみた、アイドルオーディション。


佐倉「新人アイドルの佐倉千代です!!」野崎「よろしく」

1 : ◆LYNKFR8PTk 2017/03/10(金) 21:07:42.39 ID:UODwj0qu0
野崎「この度君達をプロデュースすることになった野崎梅太郎だ」

鹿島「ふーん……君が私達のプロデューサー?」

瀬尾「ねーねー!! アイドルってなにやんの!? ボール投げる!?」

野崎「……バラエティ番組に出るなら可能性はある」

佐倉「わ、私!! 一生懸命頑張ります!! よろしくお願いします!!」


結城晴「二人の勇気が!」 乙倉悠貴「合わさればっ!」

1 : ◆8ozqV8dCI2 2017/03/13(月) 12:15:41.32 ID:r1oe/GaXO
晴「うーん、いいのが思い浮かばねえ」

悠貴「晴ちゃん?さっきから唸ってるけど、どうしたんですかっ?」

晴「あ、声出てたか?ちょっと考え事してた」

悠貴「悩みがあるなら相談乗りますよっ?」

晴「いや、大丈夫。これはオレ個人の問題だから、自分で考えねえと」

悠貴「そう?ならいいけど、もし私に手伝えることがあったら言ってくださいねっ」

晴「サンキュー。もう少し考えて駄目だったら頼む」

悠貴「はいっ!」

晴「こう、うまい感じで……」

悠貴(ジュースついであげようかな)

晴「二人とも名前にユウキが入ってるのは使いたいよなあ」

悠貴「それ本当に晴ちゃん個人の問題ですかっ!?」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ