Powered By 画RSS


花陽「ことりちゃんとむぎゅむぎゅお昼寝しちゃいます」

1 : 名無しで叶える物語 2017/05/06(土) 22:02:39.49ID:LMgIyNsm.net
ことり「かよちゃん?お弁当食べないの?」

花陽「...」ボ-

ことり「かーよちゃん」

花陽「...」ポケ-

ことり「かよちゃぁん...むぅ」

カプッ


レイジ「ガンダムMk-2ってかっこいいよな」マオ「それヒュッケバインです」

1 : ◆.aDx1Qjb1c 2017/05/08(月) 00:11:02.79 ID:LhBkCH1q0
レイジ「ヒュッケバイン? アビゴルバインみたいにザンスカール帝国所属のMSなのか?」

マオ「その知識色々間違ってますわ・・・」

レイジ「じゃあこれもヒュッケバインなのか?」

マオ「そっちはGセイバーです」

セカイ「ガンダムはこっちですよ」

マオ「アカツキガンダムは判断に困るからやめてください……それにGセイバーはガンダムです……」


水本ゆかり「神様の前で嘘はつけないんです」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/06(土) 12:48:56.86 ID:2lPz9rtXO
水本ゆかり嬢と恋人になれたなら、そんな思いで書いたSS


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/06(土) 12:49:58.85 ID:2lPz9rtXO
 その日のことは忘れることがないだろう。夕焼けの陽が優しく差し込む事務所で、作業中だった俺に彼女はこう聞いてきた。

「突然すぎる質問だと思いますが」

「ん?」

「神様って、どこにいると思いますか?」

「……えっ?」

「神様です。英語で言えば、GODです」

「いや、それはわかるけど……どうした? 宗教勧誘か?」

 質問の意図は分からなかったが、悪戯っぽく笑う彼女を見るに怪しい宗教にハマった、なんてことはなさそうだ。どういう答えをすべきなのかと考えあぐねていると、彼女はイヤホンを片方差し出して来た。


安部菜々「もういいかい?」

1 : ◆8ozqV8dCI2 2017/05/06(土) 00:11:18.98 ID:vBGUfo7C0
「もういいかい?」

壁の方を向いた菜々さんの声が事務所に響く。

「まーだだよ!」

返すのは複数の声、それぞれ別の方向からだ。

プロデューサーである俺の声もその中に含まれる。

ちなみに出所は机の下からだ。

今、俺は事務所を使ってアイドル達と一緒にかくれんぼをしている。

大の大人である俺が何故こんなことをしているのかというと。


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ