Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【艦これ】諸見里占守「しんしゅっしゅ!(占守っす!)」提督「は?」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/28(日) 08:49:13.43 ID:si5dlgV60
───入手───


占守「しんしゅガタカイボーカン1番カン、しんしゅっしゅ!しゅれい、

   沿ガンボーエイはこのしんしゅに任しぇうっしゅ。海を守る、カイボーカンっしゅ。うん!」



提督「……………………え?あ?……あぁ、よろし…く?」

内場勝則「元気な娘やな~」


※占守型海防艦1番艦、占守っす! 司令、沿岸防衛はこの占守に任せるっす。海を守る、海防艦っす。うん!


ガヴ「最近さ」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 22:41:54.43 ID:pTJdizMQO


ガヴ「ネットの調子悪くて暇なんだよ」カリカリ

ヴィーネ「うん」

ガヴ「手持ちのハードもやり尽くしたし、マジで暇なんだよ。家にいてもやることなくてさ」カリカリ

ヴィーネ「ならどうして今ガヴは私の宿題を写してるのかしら?」

ガヴ「暇だからって宿題やる気になったら苦労しないって」カリカリ

ヴィーネ「おまえな…」

ガヴ「で、あまりに暇すぎて寝るのにも飽きちゃって布団でボーッとしてたら、ふっと頭をよぎったんだよね」

ヴィーネ「なにが?」

ガヴ「……」スッ

ヴィーネ「へ?」

ガヴ「ヴィーネが…」

ヴィーネ「わ、私?」

ガヴ「ヴィーネがもし男子と付き合ってたら、どんなかなって」

ヴィーネ「は?」


ヴィーネ「………は?」


モバP「いや~楽しいっすね楓さん!あ、俺んち来ます?是非!」楓「……」

1 : ◆3UO.XRpYJ2 2017/06/02(金) 13:41:22.09 ID:aKaeZq+60

酒は飲んでも飲まれるな、とはよく言ったものだ。

今日の俺に関しては進んで飲まれにいった感は否めない。良い所を見せようとハイペースで飲み続けて、いつもほろ酔いで済ませているラインを大きく飛び越してしまったようだった。

因果応報? いや、この場合は自業自得の方が正しいのか。

結果として、酔いがさめてからは滝のように出てきた汗をひたすらぬぐう作業を続ける羽目になっている。

「へえ、ここがプロデューサーのお部屋なんですね」

授業前、宿題を家に忘れてきたことに気が付いた少年のような、そんな苦々しい表情をしている俺とは対照的に、彼女は興味津々といった感じに目線を四方にばら撒いていた。

「やっぱり帰りましょう、楓さん」

えー、と彼女――高垣楓さんから声が上がる。こちらを振り向いた彼女の頬は少し紅潮していたが、その表情は実に楽しげで、ふらついていたり、目が据わっていたりということもなくて。つまり、そんなに酔っぱらってないのだろう。

まあ、なんていうか。

俺の期待が間違っていなければ、自覚をもって俺に誘われたんであって。

正直、その点はたまらないのであった。

「折角来たのに?」

「いやあのですね、折角とかそういう問題ではないというか、なんというかですね……」

「他でもない、プロデューサーがここに連れてきたのに?」

「……」

「プロデューサーが来るかって言ったから来たのに、私、帰らされちゃうんでしょうか?」

うまい返しが思い浮かばず閉口する。それと同時に、理性を飛ばして下心を丸出しにしていた少し前の自分をぶん殴ってやりたくなった。


重力使い「重力100倍!!!」 敵「うぎゃあああああああ!!!」バキボキメキ…

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 01:42:58.20 ID:+kk3zfSUo

魔獣「ギャァァァァァス!」

ズガァァァン! ドゴォォォン! バゴォォォン!



「ひええ、化け物が暴れてる!」

「あんなもん警察でも手に負えねえ!」

「あっ、だけど……能力者組織の人たちが駆けつけてきたぞ!」



炎使い「みんな、後はオレたちに任せてくれ!」


穂乃果「ンミチャー」

2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/29(月) 12:58:57.34 ID:r354yGpI0
海未「穂乃果なんですか?」

穂乃果「うーみちゃん」

海未「へ?」

穂乃果「ウミチャー」

海未「さっきからなんですか…」

穂乃果「あっごめん」

穂乃果「今いろんな海未ちゃんの呼び方を考えてるんだ!」

海未「はぁ…」アキレ


モバP「クールなアルバイター」

2 : ◆eF6RWyN1IM 2017/05/31(水) 00:52:00.08 ID:TIjUaz8L0
モバP「この日の撮影……どうしても手が足りませんね」

ちひろ「ええっと、うーん……都合がつきそうな人は居ないですよね」

モバP「そうなると短期のバイトでも雇いますか」

ちひろ「そうですね。ある程度の力仕事になるのでそれで募集かけておきます!」

モバP「そうしましょう。それじゃあそろそろ帰りましょうか」

ちひろ「ですね。今日、一緒にご飯でもいきませんか?」

モバP「いやーすみません。しばらく友人が遊びに来てまして……」

ちひろ「あら、そうなんですか? それじゃあ無理ですねぇ」

モバP「ですね。申し訳ないです」

ちひろ「いえいえ」


【モバマス】30秒で読めるさちあす劇場

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/31(水) 00:05:11.15 ID:q8M9rk9R0
※山もなく谷もない幸子と飛鳥の超超短編


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/31(水) 00:07:02.60 ID:q8M9rk9R0

幸子「ボクたち二人に」

飛鳥「仕事かい?」

モバ P「ああ。二人で仕事ができるようにちひろ様にお願いしてみたら、なんとか許可がでたんだ」

幸子「ボクと飛鳥さんってあまり接点がなかったと思うんですけど、なんでボクたちを選んだんですか?」

飛鳥「大方『ボクっ娘が好きだから』とかそんな程度のしれた考えだと思うけどね」

幸子「飛鳥さん……そんな小学生じゃないんですから」



モバ P「俺がボクっ娘が好きだからだ」

幸子「プロデューサーさん!?」


千歌「やったぁ!現代文で満点取れたよ!!」ピョンピョン

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/28(日) 14:01:06.10 ID:k5+G63as0
第一回実力考査

大問 一. 評論文

最近の壁クイの尊みは(ア)ヤバい。
とりま、ギャンかわな女の子、(イ)ふつーに神ってる壁。スピリチュアルすぎて、頭の中がハッピー野郎。私のバイブスも急上昇。場面で蝉クイ。あーね、(A)秒でピッカンきたわね。これはありよりのありよ。…(略)

問1.(ア)について、この文章における『ヤバい』の意味を以下から答えよ。
ア.危ない。
イ.美味しい。
ウ.よく分かってないけど、とにかくヤバい。
エ.素晴らしい。

問2.(イ)について、この文章における『ふつー』と同じ意味で用いられている例文を、以下から答えよ。
ア.人間が睡眠をとるのはふつーのことだ。
イ.待ち合わせに遅れて来るとか、ふつーにありえない。
ウ.傘が無い時に雨が降れば、ふつーにぬれる。

問3.(A)について、筆者は何について秒でピッカンきたのか、以下から答えよ。
ア.可愛い少女が壁際に追い込まれてること。
イ.蝉クイもどちらかといえば、良いものであること。
ウ.蝉は強いて言えば、食べられるということ。






ダイヤ「なんですの?…これは、一体なんですの…!?」ワナワナ


ガヴ「家族ごっこ」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/31(水) 14:01:20.58 ID:bzdOYqbC0




ある日、姉さんがハニエルにせがまれ下界に来る事になったらしい…ハニエルの前では昔の私に戻らなくてはいけない…

ガヴ「はぁ、まじでだるい」

ヴィーネ「誰かさんが片付けないから急いで片付ける事になったんでしょう?普段からしてたら何にも」

ガヴ「はいはい、ヴィーネには感謝してるよ愛してる」

ヴィーネ「そんなっガヴ愛してるなんて//」

ガヴ(チョロ悪魔)

ヴィーネ「それにしても、買い込んだわねお金大丈夫なの?」

冷蔵庫の中や、床にあるお菓子を見てヴィーネは呟いていた

ガヴ「まぁ、ぶっちゃけきついけど…これを気に天界の文化が進めば安いものかと」

ヴィーネ「ふーん…ガヴ、掃除で汚れちゃったからお風呂借りるね?」

ガヴ「おー、ついでに泊まってけば?」

ヴィーネ「明日、お姉ちゃん達が来るんだから今日は帰るわ」

ガヴ「あっそ」シュン


善子「暇よね~」

1 : 名無しで叶える物語 2017/05/29(月) 12:58:46.06 ID:gXMdaRTQ.net
善子「ゲーム……は、やる気しないし」

善子「練習もないし……」

善子「暇よね~」

善子「……」

善子「最近の下界の人間達は何してるのかしら」

善子「>>3が流行りなのね!」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。