Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高垣楓「幸子ちゃん幸子ちゃん」鷹富士茄子「せーのっ♪」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/04(日) 01:35:35.83 ID:dQuPw6urO
春舞佳人の短いSSです。
春舞佳人は楓さん茄子さん2人のユニットです。またイベントで出てくれないかな~


2 : sage saga 2017/06/04(日) 01:36:33.10 ID:dQuPw6urO
楓「嵐吹く 三室の山の もみぢ葉は 龍田の川の 錦なりけり」

茄子「秋なすび わささの粕に つきまぜて よめにはくれじ 棚におくとも」

幸子「えっ?」

楓「春舞歌人です」

茄子「でした♪」

幸子「はあ……?」


曙「曙欠乏症?」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/04(日) 09:23:52.17 ID:1wTBbxD00

曙「はぁ!? 何よそれ!?」

明石「最近提督の調子が悪いから私が診察してあげたんですけど…まさか曙欠乏症とは」

曙「なんで明石さんがクソ提督を診るのよ! てかなんで分かるの!?」

漣「ぼのたん、秘書艦なのに全然ご主人様に構ってあげないからねー」

曙「ぼのたん言うな! だってあいつうるさいし…しつこいから…」

潮「きっと、提督は曙ちゃんが好きだから…寂しかったんじゃないかな…?」

曙「好きっ…!? ば、バカ! 潮まで変なこと言わないでよ! …もう!///」ガチャッ バタンッ!

朧「あ、赤面しながら出ていった」

漣「乙女ですねー」

潮「うぅ…私のせいかな…?」

明石「照れてるだけだから大丈夫だよー」ナデナデ


タプリス「変わらない挨拶、失われた返事」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/04(日) 17:33:55.07 ID:nnPTFAwM0
「それじゃあ…」


「いってきますね、──」


それは、家を出る時彼女が毎日言っているセリフ

ひとり暮らしの彼女が、毎日玄関に置いてある『それ』に向かって放つセリフだった


喪黒福造「ほほう、アイドル活動の合間に野球観戦ですか。乙な趣味をお持ちですなあ」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/05(月) 01:57:03.50 ID:ZF6EMNaF0

喪黒「私の名は喪黒福造……人呼んで笑ゥせぇるすまん」

喪黒「ただのセールスマンじゃございません」

喪黒「私の取り扱う品物は心……人間のココロでございます」

喪黒「この世は老いも若きも男も女も、心の寂しい人ばかり」

喪黒「そんな皆さんのココロのスキマをお埋めいたします」

喪黒「さて、今日のお客様は――」


≪20代 女性アイドル≫


ボッスン「麻宮アテナ?」

1 : ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 19:17:46.10 ID:SR2cS6PJ0
ある日の部室

ボッスン「あー……暇だなー」

ヒメコ「ホンマ暇やわー」

ボッスン「なあ……これっていいことなのかな」

ボッスン「なんも事件がないってことだろ?」

ヒメコ「まぁ確かにそうかもしれへんなー」

ボッスン「……ウンコ」

ヒメコ「アカン、ボッスンが暇すぎてウンコ言うてもうてるわ」

スイッチ『……』カタカタカタカタ

ボッスン「何やってんだよスイッチ?」

スイッチ『来期のアニメのチェックだ』

ボッスン「へー」

スイッチ「!」

スイッチ『見ろ二人とも』

ボッスン「なんだよ?」

スイッチ『来期始まるアニメの中にモモカが主役のアニメがある』

ヒメコ「ホンマ!?」


鞠莉「果南はケチデース」

1 : 名無しで叶える物語 2017/05/02(火) 19:05:24.69 ID:w08N1x0D.net
――いつもの帰り道――

鞠莉「果南、明日は一緒に帰れそうもないわ」

果南「ん?明日なんかあったっけ?」

鞠莉「放課後、理事会なのよ」

果南「あー、そういえばそんな事言ってたね」

鞠莉「だから、明日は先に帰っててくれるかしら」

果南「そっかー」

鞠莉「残念だけど…」

果南「んー。待ってるよ、一緒に帰ろ」

鞠莉「えっ?ほんとに?」

果南「明日は店の手伝い無いし、別に構わないよ」

鞠莉「でも、何時に終わるか分からないわよ」

果南「じゃあ尚更だね、遅くなって小原家の大事なお嬢様に何かあったら大変ですから」

鞠莉「ありがと…嬉しい」////


凛「あなた~起きるにゃー」

1 : 名無しで叶える物語 2017/05/05(金) 17:52:14.36ID:04XYuay0.net
凛「あなた~起きるにゃー」

凛「おーいっ」

凛「ねー、ねーってば」

凛「うー………」

凛「………にゃぁぁぁぁ!!」

凛「布団は没収にゃー!」

凛「けほっ、けほっ」

凛「へへ、やっと起きてくれた」

凛「さて、問題!今日は何の日?」

凛「えー…覚えてないのー?」

凛「今日は凛とお出かけするって約束だったのに」

凛「そうだよっ、凛頑張って早起きしたんだよ?」

凛「……そりゃ凛だってちょっと寝坊したけどさ」

凛「あなたとのお出かけ……楽しみにしてたんだもん………」


ダイヤ「私と千歌さん、二人だけの早朝ランニングですわ!」

1 : 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/04/16(日) 18:35:03.65 ID:5KxL2v6Y.net
最近の日課に早朝ランニングがあります

昇る朝日を浴びながら砂浜を走るのはなかなかシャレオツなものですのよ?
元々これは、体力不足な私自身のために始めたものですが
まあ、最近はもっぱら別の目的が…


千川ちひろ「パソコンくらい買いましょうよ」モバP「……」

1 : ◆QdFPWE0GTo 2017/06/04(日) 18:42:08.17 ID:/DrDcdQe0
ちひろ「仕事はできるんですからパソコンくらい持ってた方が良いですよ」

P「そうですかね…」

ちひろ「ゲームとかしなければ新しいのでも10万行くか行かないかくらいですし」

P「はぁ、そうですか」


乃々「もりくぼに似合う形容詞はなんでしょう」

1 : ◆6QdCQg5S.DlH 2017/06/04(日) 20:09:26.61 ID:2vK5QBaB0
幸子「乃々さんに似合う形容詞ですか?」

幸子「それはもちろん可愛いでしょう!」

乃々「そ、そうですか……」

幸子「そうですとも!」

幸子「ボクの次にカワイイと思います!」

乃々「あ、そこは譲らないんですね……」

幸子「当然です!」

幸子「世界で一番カワイイのはボクですから!」

乃々「……世界レベルの可愛さ……」

幸子「……その言い回しはちょっと」

幸子「いえ、確かに僕の可愛さは世界レベルなんですけど!」

乃々「ふふ……」

幸子「……もしボクが世界レベルだったなら乃々さんも世界レベルなんですからね」

幸子「なんてったって、ボクの次にカワイイんですから!」

乃々「もりくぼも世界レベル……」

乃々「……」

乃々「いえ、もりくぼはまだ机の下レベルですから……」

幸子「ずいぶん範囲が狭まりましたね」

乃々「それが妥当ですし……」

幸子「そんなことありませんよ」

幸子「乃々さんはカワイイです! 自信を持ってください!」

乃々「幸子さん……」

幸子「ボクの次に!」

乃々「……やっぱりそのスタンスは変えないんですね」

幸子「ボクが一番カワイイですから!」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。