Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高垣楓「マイスタイル」

1 : ◆eBIiXi2191ZO 2017/06/14(水) 23:27:55.55 ID:XeQ2hXzAo
・モバマス・高垣楓さんのSS
・超短い
・ハピバ間に合った


2 : ◆eBIiXi2191ZO 2017/06/14(水) 23:29:24.46 ID:XeQ2hXzAo



「あーたーらしい あーさがきたー」

 今日も、同じように朝が来る。私はモソモソと起きだして独り言ちる。
 未だ梅雨は到来していないらしい。あまりすっきりしない天気。

「腕を前から上に上げてー大きく背伸びの運動からー」

 そう言って私はひとつ伸びをした。で。
 それだけ。
 もうすっかりラジオ体操の振りは、忘れている。



曜「千歌ちゃんのスマホ」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 00:56:38.26 ID:u3JLGFkD0
千歌「やっほー! …って、やっぱりまだ誰もいないか」


曜「やっぱり私たちのクラス、終わるの早かったね」


千歌「そういえば梨子ちゃんは何があるの?」


曜「美術室に用があるんだって、道具の運び出しとかなんとか」


千歌「大変だねー」


高垣楓「なんでもない特別な日」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/14(水) 03:04:18.70 ID:8j/lUozC0

 その日は朝早くに目が覚めた。

 今日の仕事は午後からで、まだ事務所も開いていない。

 いつもだったら二度寝をするところだったけれど、今日は外に出かけることにした。

 窓から見えた空が、とても綺麗だったから。


俺「天気予報大外れじゃねェか! ふざけんな気象庁!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/13(火) 23:46:11.71 ID:NqmMguwwo

「今日は雨が降るでしょう……」


気象庁のデータをもとに、こう解説する気象予報士。

俺はこの予報を信じて、この日長い傘を持って外出した。



――ところがどうだ!


提督「君の笑顔」

1 : ◆kquYBfBssLZl 2017/06/08(木) 01:23:09.20 ID:v3JuC5BUO
ザザァ…

提督「…………」

「司令官」

提督「……白雪か」

白雪「また、お外に出ていらしたんですね」

提督「うん」

白雪「こんな雪の中……お風邪を召されますよ」

提督「お前こそ、こんな寒空の下に出てきてどうした?」

白雪「司令官のお姿が見当たらないので、探しに来たんです」

提督「探してなどいないだろうに、うそつきめ」

白雪「ふふ、そうですね。正確に言えば探してはいないです」

白雪「だって、貴方はいつもここにいますから」

提督「……ふぅー……」

白雪「……タバコの臭い、コートについちゃいますよ」

提督「そうならないように、そして見つからないように、ここで吸ってるんじゃないか」


輿水幸子「絶対にカワイイって言わないでください!」白坂小梅「」

1 : ◆0IBwJt/Ml2 2017/06/09(金) 23:43:39.48 ID:eExjMbbz0
<事務所>

小梅「………………?」ギュッ

幸子「ちょっ、痛いですよ小梅さん?どうしてボクの頰を抓るんですか?」

小梅「あ、夢かと思って……ごめんね」

幸子「それなら自分ので確認して下さい。でもボク、何か変なこと言いましたか?」

小梅「うん……でも私の聞き間違いだったかもしれないし、確認してもいい?」

幸子「はぁ、別にいいですけど」


ガヴリール「ヴィーネが変なアニメにはまった」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/13(火) 02:55:20.00 ID:O7arVBQwo
ピンポーン

ガヴリール「んー」

ガチャ

ヴィーネ「ガヴリール!」

ガヴリール「ヴィーネか」

ガヴリール「今日土曜じゃん、どうしたの」

ヴィーネ「ガヴに見てほしいアニメがあるの!」

ガヴリール「アニメ?」

ガヴリール「ヴィーネアニメとか見るんだ」

ヴィーネ「あんまり見ないんだけどね」


ガキ「ギャァァァァァ! ギャァァァァァ!」男(うるせえなぁ……なんで親は注意しねえんだよ)

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/13(火) 02:00:01.90 ID:Ao39kv8ro

ガキ「ヤダァァァァァァァァァァ!!!」

ガキ「イヤァダァァァァァァァァァァァ!!!」

ガキ「コレホシィィィィィィィィィィィ!!!」

ガキ「オガァサァァァァァァァァァァン!!!」

ガキ「ギャァァァァァァァァァァァ!!!」





男(うるせえなぁ……)


提督「胸部装甲の謎が知りたい」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/12(月) 23:18:14.73 ID:tVNxCEWeo

提督(深海棲艦との戦争が始まり四年が経った。最近は敵が日本近海まで進行してきて非常に危うい事もある)



提督(だがそれに関してはうちの艦娘が何とかしてくれたからしばらくは平気だ。それより最近はとある事が気になって仕方ない)





提督(それは……一部艦娘の"胸部装甲"だ)


成宮由愛「私の絵……」高森藍子「私の写真」

1 : ◆Rj0X.392Pk 2017/06/12(月) 22:39:43.64 ID:TguH7Kch0
事務所


藍子「おつかれさまです」

由愛「…………」

藍子「……由愛ちゃん? 何見てるんですか?」

由愛「あ……藍子さん。……おつかれさまです。写真が置いてあったんです」

藍子「わー、可愛い猫さんですねっ。って、この写真……私が撮った写真ですね?」

由愛「藍子さんが、撮った?すごく……綺麗に撮れてます」

藍子「ありがとうございますっ。そういえば写真を整理してる途中でレッスンの時間になっちゃったんでした」

由愛「じゃあ、この机の上にある、写真って全部……?」

藍子「私が撮った写真ですね」

由愛「……すごい」

藍子「全然すごくないですよー。猫さんとか撮りたいなーって思ったのを撮ってるだけですし」

由愛「……でも全部、綺麗。この風景の写真なんて……デッサンしたくなります」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。