Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花丸「こんにちは、梨子さん。図書室へ何かご用ずら?」

1 : 名無しで叶える物語 2017/05/01(月) 07:22:37.95 ID:5B6MWI1p.net
梨子「ちょっと余裕ができたから、たまには本でも借りて読もうかなって」

梨子「花丸ちゃんは、図書委員のお仕事?」

花丸「うん。今日はスクールアイドル部もお休みだから、マルの当番にさせてもらったずら」

梨子「練習に委員の仕事に……花丸ちゃんも大変だね」

花丸「さすがに作曲担当の梨子さんには負けるよ。図書委員は趣味みたいなものだし」

花丸「スクールアイドルの練習も楽しいけど、やっぱりオラ、こうやって本に囲まれてる時間が好きずら」

花丸「だから練習のない日は、できるだけ図書委員の仕事もするようにしてるんだ」

梨子「ふふ。花丸ちゃんは偉いね」

花丸「ほとんど趣味だってば」


【モバマスSS】まごころメイド 保奈美のご奉仕

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 16:42:37.71 ID:RutBxh0w0
のんびりと書いていきます


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 16:44:57.92 ID:RutBxh0w0

P「......」カタカタ...


コトッ


保奈美「ご主人様、コーヒーです」

P「お、おぉ...あ、ありがとう保奈美...」

保奈美「ふふっ、どうされました?」

P「いや...そのご主人様ってのが...なんか慣れなくて...」

保奈美「もう...仕える方をご主人様とお呼びするのは当然です」

P「うーん...でも...」


ガチャッ


光「おーい、ご主人!郵便が届いてたぞ!」

P「ああ、ありがとう光」

光「礼なんていらないよ!アタシはご主人のメイドだからな!これくらい当然だ!」

P「お、おう...」

光「んっ、どうしたんだご主人?なんか元気ないように見えるぞ?」

保奈美「ふふっ♪ご主人様はね、私たちがメイド服を着てるご奉仕するのが落ち着かないそうよ」

光「えっ、なんでだ?やっぱり似合ってないか?」

P「そうじゃない、すごく似合ってるよ、ただその格好の保奈美たちに慣れないだけで...」

保奈美「ご主人様、お手を煩わせてしまって申し訳ありません、ですがこれも私たちのためだと思って、どうかご奉仕させてくださいませ」

光「そうだぞ!ご奉仕の特訓が必要なんだ!だから頼むよご主人!」

P「う、うん...」


【ミリマスSS】P「そのお茶、媚薬入りだぞ」百合子「えっ!?」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 22:26:59.11 ID:hs0SVAui0
アイドルマスターミリオンライブ!のSSです。
百合子Pとして始めに断っておくと、百合子はスケベな女の子ではないんです。
ただちょっと夢見る妄想娘で騙されやすくて周りに影響されやすくて最高に可愛いだけなんです。
そのあたりを踏まえて読んでいただけると幸いです。


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/10(土) 22:27:59.35 ID:hs0SVAui0

P「・・・」

P「そろそろ百合子がダンスレッスンから戻ってくる時間か・・・」

P「共有のお茶を目の付くところに置いて・・・」


【モバマス】P「俺、綿菓子の機械になりたい」

1 : ◆9YfKA67h5g 2017/06/10(土) 00:56:25.07 ID:K7Y9EjVb0
これはアイドルマスターシンデレラガールズのSSです


2 : ◆9YfKA67h5g 2017/06/10(土) 00:59:27.49 ID:K7Y9EjVb0
P「最近暑いよな」

奈緒「突然だな、まぁ確かに暑いよなー 無駄に蒸し蒸しする」

P「昼間暑いくせに夜は寒い時があるからなぁ」

奈緒「それはわかる、夜寝る時に扇風機つけるか悩むんだよなぁ」

P「寒暖差激しいと風邪ひくから気をつけろよ?」

奈緒「それは不摂生しているプロデューサーもだろ?」

P「それを言われちゃ何も言い返せないな」


希「雨の日のにこっち」

2 : 名無しで叶える物語 2017/06/11(日) 17:00:13.07 ID:ZuQbtnpT.net
にこ「……」

希「……」


にこ「雨、ね」

希「雨やんね」


ザァァァァァァ……


希「真姫ちゃんは可愛い性格しとるなぁ」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/13(木) 22:23:14.87 ID:B7pGc72P0
穂乃果「いやぁ、今日も練習疲れたねぇ」

凛「凛もくたくたにゃ~。帰りにラーメン食べて帰るにゃ」

海未「私はだいぶ楽になりましたよ?絵里先輩と希先輩がμ'sに入ってくれたおかげで」

絵里「そんな…私は何も…」

海未「本当に助かっているんです。流石は三年生です」

にこ「にこも三年生なんですけど」


梨子「鞠莉さんお願い!」鞠莉「え?」

1 : 名無しで叶える物語 2017/04/23(日) 22:12:39.80 ID:46u5NkGn.net
※初SS(の合間の息抜きだったはずが先に完成)
※キャラ崩壊
※短編ギャグ(?)
※百合は咲いてないしエロくもない

問題ない方はどうぞ


4 : 名無しで叶える物語 2017/04/23(日) 22:14:26.29 ID:46u5NkGn.net
鞠莉「わたしが作曲?」

梨子「ええ、どうかな、って」

鞠莉「無理無理無理! そういうの、やったことないし」

梨子「そこをなんとか! もうずっと行き詰まってて、なんだか色々わからなくなってるんです!」

鞠莉「Oh…もしかして、Slumpってやつ?」

梨子「そうみたいなんです。でも、みんな次の曲すっごく楽しみにしてくれてるみたいで…」

鞠莉「うーん….協力してあげたいのはあげたいんだけど…」

梨子「せめて、なにかインスピレーションの元というか、そういうのでもあれば…」

鞠莉「うーん…」


ことり「雨とおパンツ」

3 : 名無しで叶える物語 2017/06/11(日) 22:23:51.89 ID:ndgQHW7e.net
ことり「ひじって、触ると気持ちいいよね」

ことり「たぷたぷした皮をつまんでもいいし、くにくに引っ張ってもいい感じだよね」

真姫「……そうね」

ことり「何よりもひんやりしてるところがたまらないね。ことり、癖で自分のひじよく触っちゃうもん」

ことり「ひんやりといえば、二の腕もひんやりだよね」

ことり「少しだけ、すこーしだけ、ぷにぷにしてるんだけど、ぷにぷにひんやりでずーっと触ってたくなるよねぇ」

真姫「……そう、ね……ぐすっ……」


まり花「りんちゃんと久々のデート」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/28(金) 22:26:25.97 ID:qwXNhFaYo
◆ひなビタ♪SSです
◆りんりん先生が帰ってきてから少し経った体でお読み下さい


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/28(金) 22:27:26.73 ID:qwXNhFaYo
チュンチュン……ピピピー……

まり花「ん……」

まり花「んん……」

まり花「ふぁあ……」

まり花「……りんちゃん?」

まり花「……ああ、昨日、してないんだっけ」

まり花「パジャマも着てるし……」

まり花「……いるんだよね、りんちゃん?」

まり花「……」

まり花「よかった、いるみたい」


春香「媚薬盛ったのにプロデューサーさんが帰った」

1 : ◆.xKc9zwqNY 2017/06/11(日) 17:03:42.47 ID:vQmLUkSN0
春香「どう思う千早ちゃん」

千早「そうね……電話すべきは病院か警察か、はたまたプロデューサー本人か迷うわね」

春香「ほら、私ってプロデューサーさんのことぞっこんラブじゃない?」

千早「自分で言うのもなんだけど、そう言う周囲が見えていない面倒くさいキャラは私の役じゃないかしら?」

春香「それで、小鳥さんからこの超強力媚薬を貰って使ってみたの」

千早「ええ」

春香「それで・・・・・・


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。