Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラフィエル「サターニャさんの一番柔らかいところはどこでしょう」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/21(水) 02:07:05.06 ID:PIMV4WVco
サターニャ「はあ?」

ラフィエル「やはりお胸でしょうか」ツンツン

サターニャ「何するのよ!」

ラフィエル「えいっ」モニュ

サターニャ「ちょっと!」

ラフィエル「んん~いい柔らかさです」モミモミ

サターニャ「ぁっ、やめ、やめなさいよ!」

ラフィエル「じゃあやめますね」

サターニャ「あ……」


絵里「雨を我慢しなくちゃね」

3 : 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 22:55:00.58 ID:fAESK6cn.net
絵里「…………」

絵里「…………」

ガチャ

希「……おぅ、どうしたんえりち」

絵里「………雨」

希「雨?」

絵里「雨よ」


ことり「でこぼこ7割」海未「そっくり3割」

1 : 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 18:25:18.17 ID:F1lBdFVG.net
ことり「私たちって」

海未「はい」

ことり「何て言うか……こう……絶妙だよねぇ」

海未「はい?」

ことり「うーん、バランス? 配分? みたいなのが」

海未「何の話してます?」

ことり「でこぼことそっくりが7:3の黄金比の関係なんだよ」

海未「たまにことりは頓狂なことを言い出しますよね……」


ちひろ「打撃技など花拳繍腿」

1 : ◆yefS5h1Nbo 2017/06/19(月) 21:00:20.99 ID:lUp8igWC0
ちひろ「関節技(サブミッション)こそ王者の技なんですよ、プロデューサーさん!」

P「だから、打撃技の方が至高だって言ってんだろ、ちっひぃぃぃ!」


凛「プロデューサーって、奈緒の事だけ苗字で呼ぶよね?」

1 : ◆yefS5h1Nbo 2017/06/16(金) 20:58:04.14 ID:oXSom3pn0
凛「どうして?」

P「いや、別に神谷の事だけ苗字なわけじゃない……はず」

凛「ふーん? じゃあ、私の事は何て呼んでる?」

P「凛」

凛「加蓮は?」

P「……加蓮」

凛「それじゃあ、大人組も聞いてみるけど楓さんとかは?」

P「…………楓さん、です」


ヴィーネ「ガヴの歯って小さくて本当に可愛いわね」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/16(金) 23:48:54.84 ID:08k/+r1do
ガヴリール「変なこというなよ」

ヴィーネ「欲しいな」

ガヴリール「……は?」

ヴィーネ「歯、欲しいなって」

ガヴリール「何言ってるんだよ」

ヴィーネ「だめ……かな?」

ガヴリール「だって意味がわからないもん」


菜々「それじゃPさん、行ってきますね」【モバマス】

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/20(火) 07:47:31.86 ID:4vbah+GRo



P(それが、俺の前から姿を消す前に菜々が残した……最後の言葉だった……)


ロム「はぁ!? クロウがオカマに!?」ヤイバ「故に!?」アイオーン「愚かな……」

1 : ◆LYNKFR8PTk 2017/06/20(火) 22:29:15.48 ID:AYEjRIxtO
メイプル「本当ですぞ!! 本当に本当ですぞ!!」

ロム「社長だから信用できねぇんだろうが」

アイオーン「真実を見抜けるのはこの闇の太陽神の眼のみ……」

ヤイバ「いくら龍狐無想神威流の使い手の拙者でもそのようなレジェンドオブ真実は受け入れようがない……故に」

メイプル「うーむ……そういうのであれば本人を見るしかありませんぞ」

ガチャッ

クロウ「……」

ロム「! クロウ……」

ヤイバ「来たか……」

アイオーン「俺がこの聖なるオーラでこの愚かな小動物を引き寄せたのだ」

ロム「何わけの分かんねえこと言ってんだよ」

ロム「……おいクロウ!! 練習始めっぞ!!」

ロム「それと社長がお前がオカマになったとか急に変なことを……」

クロウ「……そうね、始めましょ」

一同「!!!!?」


白菊ほたる「貴女の幸せ」

1 : ◆8ozqV8dCI2 2017/06/20(火) 12:09:23.90 ID:DITMeo6LO
ほたる(可愛い女の子が好き。女の子の柔らかい部分が好き)

ほたる(初対面で人の胸を揉もうとする女の子)

ほたる(そんな貴女と出会ったのは、間違いなく不幸だったに違いない)

ほたる(それなのに、じゃあ会わなければよかったと)

ほたる(そういうことは考えられない今の私は、きっと幸せなんだと思う)


なる「放課後」マチ「ヒミツの」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/20(火) 22:50:29.45 ID:RsfV8MJM0



ハナ「マチさんが最近ヘン?」

タミ「そうなの、最近私に全然構ってくれなくて参考書ばっかり見てて…」

ハナ「うーん…マチさんが勉強熱心なのはいつものことだと思いますケド」

ヤヤ「でも確かに、最近タミさんとマチさんが一緒にいるところあんまり見ないですよね」

タミ「そうなの!」

ハナ「まぁタミさんの隣にはマチさん、マチさんの隣にはタミさんって感じデスし、なんだか不思議デスねー」

タミ「それだけじゃなくてね、昨日なんてお菓子を何個か抱えて生徒会室に入ってきたりして…いつも私が持ってくると怒るのに~~!」

ヤヤ(タミさんに怒るのは単純に量が多いからじゃ…)

ハナ「うーむむ…謎が深まってきました」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。