Powered By 画RSS


善子「散髪したんだ」

1 : 名無しで叶える物語(関西地方)@\(^o^)/ 2017/07/08(土) 06:28:38.31 ID:JJl3b9jZ.net
早朝のバス停


曜「おはヨーシコー!」

善子「あ、おはようございます♪」

曜「あれ、善子ちゃん髪切ったんだ!」

善子「うん。ちょっと気分を変えようと思って・・・似合うかな?」

曜「うんうん!とっても可愛いであります!」

善子「そっか・・・////良かった」


花陽「進路どうしよぉ」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/18(火) 22:08:14.89 ID:h3eMYco+0
花陽「はあ…」

凛「かーよちん」

花陽「あっ、凛ちゃん!」

凛「かよちん何してるの?」

花陽「えっとね、実はねこないだ絵里ちゃんと希ちゃんが進路の話をしててね」

凛「進路?」

花陽「うん」


輿水幸子「骨董品鑑定のアシスタントですか?

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/20(木) 19:07:37.09 ID:IZgMY6HN0
幸子「お仕事が貰えるのは嬉しいですけど……なんでボクに?」

モバP「先方が是非にと推して来てな。多分だけど、スタッフか誰かが幸子のファンなんじゃないか?」

幸子「ありがたい話ですけど……肇さんとか芳乃さんの方が相応しいというか……適材適所というか……」

モバP「オファーがあったのは幸子だし……まあ、色んな仕事をしてみて、経験を積むってのも良いことだと思うぞ?」

幸子「それもそうですけど……予習とかしておくべきですかね?ボク、骨董品とかよく分からないんですけど……花瓶とかお皿とかそういう奴ですよね?」

モバP「多分そんな感じだろ。詳しく聞いたわけじゃないけど、幸子と鑑定人が骨董品を評価して、その差を見て楽しむような感じの企画らしい」

幸子「感じ悪い!なんですか!?ボクを馬鹿にしてるんですか!?」

モバP「いやいや、俺たちは幸子のセンスを信じているんだよ。考えても見ろ、骨董品だぞ?遥か昔に職人の手で丹精込めて作られた物だ。その時点でカワイイだろ?それが時代を経て評価される。それが骨董品鑑定だ。……カワイイものに対する審美眼に優れる幸子なら完璧にこなせるんじゃないか?」

幸子「…………」

モバP(厳しいか?幸子なら適当にカワイイカワイイ言っておけば丸め込めるって小梅が言ってたけど……)

幸子「……なるほど!確かに!」

モバP「マジかよちょろいな」

幸子「え?」

モバP「いや、何でもないよ?とにかくそういうわけで、幸子の直感で判断してもらいたいから予習なんかは不要だそうだ。基本的に台本どおりに進めるらしいから特に知識がいるような場面もないはずだし」


Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ