Powered By 画RSS


【ミリマスSS】P「歩の誕生日か」

1 : ◆.FhXW5/s/s 2014/07/23(水) 00:01:17.72 ID:NcOE4vIC0
P「うーん、どうしよう…」

真美「むむ、兄ちゃんが何やらお困りの様子ですな!」

亜美「そうですな!兄ちゃん兄ちゃんどったの?」

P「ああ、亜美と真美か。いや、そろそろ歩の誕生日だろ?何かサプライズしてやりたいんだが…」

真美「サプライズ?いつも劇場でパーティーしてるじゃん?」

P「それはそうなんだが、いつもただパーティーするだけってのもな」




2 : ◆.FhXW5/s/s 2014/07/23(水) 00:09:56.45 ID:NcOE4vIC0
亜美「兄ちゃん、何を悩むんだい…」

P「亜美?」

亜美「あゆあゆのパーティーを盛り上げるには、いつも通りあゆあゆを弄るのが一番っしょ→!」

真美「うんうん、真美も亜美にサンセーだよ!あ、もちろんやり過ぎないようにね?」

P「いつも通りってのが少し引っかかったが。そういうサプライズもあり…なのか?」

亜美「それもサプライズだよ!それじゃ亜美たちはみんなに伝えてくるNE!」

真美「それじゃあね兄ちゃん!あ、兄ちゃんもちゃんとあゆあゆの弄り方考えといてね?」

P「いや、まだ決定したわけじゃ…って行っちゃったし。まあ面白そうだしいいか。それにしても歩をどう弄るか…」


3 : ◆.FhXW5/s/s 2014/07/23(水) 00:13:55.82 ID:NcOE4vIC0
誕生日当日
歩「おっはよー!今日もいい天気だね!」

P「おはよう、そして誕生日おめでとう歩!今日はみんなが集まってからパーティーをするからそれまで少し待っててくれ」

歩「サンキュー、プロデューサー!誕生日にパーティーなんて、アメリカを思い出すよ!」

P「今日はオフだったか。とりあえず座ったらどうだ?」

歩「うん、そうさせてもらうよ。パーティー楽しみだなー、早くみんな集まらないかなー」


5 : ◆.FhXW5/s/s 2014/07/23(水) 00:18:52.51 ID:NcOE4vIC0
歩「うわっ!急に目の前が真っ暗に!」

「えへへー、ワタシが目を隠したんだヨー!」

歩「え?え?なんで?」

「今日はアユムの誕生日でしょ?だからワタシが誰か当てたらプレゼントあげるヨ!」

歩(なるほど…でもバレバレだよエレナ。声とその特徴的な語尾ですぐ分かったよ)

「それじゃあ一つ目のヒントネ!名前は読みで七文字だヨ!」

歩(えーっと、しまばらえれな…うん、七文字だね)


6 : ◆.FhXW5/s/s 2014/07/23(水) 00:22:24.23 ID:NcOE4vIC0
「二つ目は、ワタシはアユムと同じ…あ、これは流石に分かっちゃうかナ?アユムと同じ何か、だヨ!」

歩(同じ…?あっ、同じライブシアターだったなそういえば。ますますエレナにしか思えないよ)

「最後のヒントは…トレードマークは緑だヨー!流石にこれで絶対分かるよネ?」

歩「もう、あたしだから分からないと思ったの?正解は、島原エレナ!どうだ!」



まつり「はいほー!」

歩「……………ほ?」


7 : ◆.FhXW5/s/s 2014/07/23(水) 00:25:32.70 ID:NcOE4vIC0
歩「え!?まつり!?あれ、エレナはどこに行ったの!?」

まつり「エレナちゃんは元からいなかったのです。歩ちゃん、何を言ってるのです?」

歩「で、でもさっきエレナの声が」

まつり「アユムはおバカさんだネー!マツリの特技は演技だヨ?……ね?」

歩「か、完璧にエレナだ…。でも名前が七文字って」

まつり「とくがわまつり、七文字なのです」

歩「それじゃあ同じ…ってのは?」

まつり「歩ちゃんと同い年なのです。劇場で19歳なのはまつりと歩ちゃんと律子さんだけなのですよ」

歩「緑ってのは…ああああ!!こんな特徴的な髪の色二人もいたのに忘れてたー!」

まつり「歩ちゃんも人のこと言えないと思うのですけれど…」


8 : ◆.FhXW5/s/s 2014/07/23(水) 00:27:52.95 ID:NcOE4vIC0
まつり「ということでまつりが用意したプレゼントは渡せないのです。残念…なのです」

歩「え、ええええ……。あ、でもさまつり」

まつり「どうしたのです?」

歩「アイドル学園の時も、サッカーの時も『まつりは18歳なのです』って言ってなかった?」

まつり「……そうでした、まつりは18歳なのです」

歩「それじゃあ分からなくてもしょうがないよね!」


10 : ◆.FhXW5/s/s 2014/07/23(水) 00:30:55.23 ID:NcOE4vIC0
まつり「歩ちゃんもよく考えたのです。ヒントを間違えたお詫びにプレゼントをお渡しするのです」

歩「おお!ありがとうまつり!どんなプレゼントかな、開けてもいい?」

まつり「もちろんなのです!姫が直々に歩ちゃんのことを思って選んだプレゼントなのですよ!」


歩「えっと…リボン…?」

まつり「はい!歩ちゃんもまつりと同じリボンをつけてふわふわキュートになるのですー!」

歩「えー…あたしそういうのはちょっと」

まつり「姫からのプレゼントなのです。つけてみるのです。……ね?」

歩「はい」


11 : ◆.FhXW5/s/s 2014/07/23(水) 00:34:28.58 ID:NcOE4vIC0
歩「ど、どうかな…似合ってる?」

まつり「うーん…髪を下ろした方が似合いと思うのです」

歩「ん、ちょっと待ってて。…よし、これでどう?」

まつり「はい!とーってもらぶりぃなのです!」

歩「えへへ…なんか恥ずかしいな」

まつり「プロデューサーさんもそう思いますよね?ね?」

P「ああ、かわいいと思うよ」パシャパシャ

歩「プロデューサーもそう思う?ならよかっ…っていつからそこに!?」

P「いや、俺ここでずっと仕事してるし…」パシャパシャ

歩「それよりも写真撮らないでー!これは恥ずかしい…」

まつり「あとで劇場のみんなに見せてあげるのです♪」

歩「それだけは勘弁してー!」


12 : ◆.FhXW5/s/s 2014/07/23(水) 00:37:23.90 ID:NcOE4vIC0
歩(それからも色んな人に弄られた…)


真「歩、誕生日おめでとう(イケボ)」

歩「ま、真?あ、ありがとう…」

真「歩にはプレゼントをあげなくちゃね…目を閉じて」

歩「う、うん…」

真「…Happy Birthday」デコニチュ

歩「~~~~~!!/////」

真「へへん、ちょっと恥ずかしかったけど、どうだった歩?驚い…歩?」

歩「」プシュー

歩(真にはいきなりおでこにキスされるし)


14 : ◆.FhXW5/s/s 2014/07/23(水) 00:40:00.11 ID:NcOE4vIC0
歩「え、また目隠し?」

「えへへ、誰か分かるかナー?」

歩「二度目は流石に効かないからね、まつり!」


エレナ「マツリとワタシを間違えるなんて…ちょっとひどいヨ、アユムー」

歩「うわあああ!ごめんエレナ!」

歩(まつりのせいでエレナなのか分からなくなるし)


16 : ◆.FhXW5/s/s 2014/07/23(水) 00:41:56.35 ID:NcOE4vIC0
百合子「…………」

歩「あ、百合子おはよう!」

百合子「…………」

歩「百合子?」

百合子「赤髪の子の生誕せし日、いざ祝わん!」

歩「…あ、うん」

百合子「えー、歩さんノリが悪いですよー。ほら、歩さんも一緒に、いざ祝わん!」

歩「えっ!?い、いざ祝わん!」

百合子「はい!それじゃあ私の後に続いて言ってくださいね!」

歩「まだあるの!?」

歩(百合子の変な…ちょっとおかしい呪文みたいなのには付き合わされるし。今日はあたしの誕生日なのになんかそんな気がしないのは気のせいかな)


18 : ◆.FhXW5/s/s 2014/07/23(水) 00:45:23.18 ID:NcOE4vIC0
亜美「あゆあゆー!誕生日おめでとう!」

真美「おめでとー!」

歩「亜美真美ありがとう!」

亜美「そんなおめでたいあゆあゆに、亜美たちからプレゼントがあるよーん!」

真美「はい!まずは真美から!あゆあゆ、ハピバー!」

歩「プレゼントもくれるの?本当ありがとうね!早速開けさせてもらうよ!」カパッ


19 : ◆.FhXW5/s/s 2014/07/23(水) 00:48:39.08 ID:NcOE4vIC0
ピュー
歩「おわっ!み、水がかかっ…」

真美「んっふっふー、あゆあゆ警戒しなさすぎっしょー」

亜美「おお、真美もよく考えますなぁ…。この水のせいで、あゆあゆの豊満なバストが強調されてますぜ…」

歩「あまりジロジロ見るなー!プロデューサー、タオルない?」

P「なんでタオ…お前らなにやってんだ」

真美「どう兄ちゃん?今のあゆあゆ、すっごくせくちーじゃない?」

歩「ちょっ、なに聞いてるの!?」

P「…セクシーっていうより、エロい?」

歩「プロデューサーもなに答えてるのさ!というか、エロいとか言わないでよー!」


20 : ◆.FhXW5/s/s 2014/07/23(水) 00:55:33.61 ID:NcOE4vIC0
歩「まったく、イタズラが過ぎるよ…」

真美「ごめんねあゆあゆ。これ以外いいプレゼント思いつかなくて…」

歩「イタズラがプレゼントってなんなの…あれ?プロデューサーは?」

亜美「兄ちゃんは用事があるってどこか行ったよ。真美はまだまだですなぁ。亜美はちゃーんとしたプレゼント用意したもんね!」

歩「…本当にプレゼント?」

亜美「あゆあゆー、流石に二人ともイタズラってことはないって思おうよー」

歩「まあ、それもそうだよね。亜美からのプレゼントかー、どんなのかな」カパッ


21 : ◆.FhXW5/s/s 2014/07/23(水) 00:58:07.21 ID:NcOE4vIC0
歩「うわぁ!く、蜘蛛が!蜘蛛が!」

亜美「大成功!」

真美「はいたーっち!いぇい!」

歩「くっ…亜美を信じた結果がこれって…あたし人間不信になりそう…」

亜美「ちなみにその蜘蛛はもちろんオモチャだから噛んだりしないよーん」

歩「いや、本物だったらもっと引いてるから」


22 : ◆.FhXW5/s/s 2014/07/23(水) 01:01:37.58 ID:NcOE4vIC0
亜美「まーまー元気だしてよあゆあゆ。ちゃんとしたプレゼント用意したから。ね、真美?」

真美「あたぼうよ!そこまで真美たちは鬼じゃないかんねー」

歩「……」

真美「うあうあー、あゆあゆが警戒し始めたよー!」

亜美「今度こそちゃんとしたプレゼントだから受け取ってよー!」

歩「いくらあたしでも三回も引っかかるわけにはいかないよ…」

真美「ムムム…そこまで言うなら真美たちが先に開ければいいんだね?」カパッ

亜美「ほら、全然大丈夫っしょ?」

歩「…さっきの蜘蛛のパターンもあるし…」

亜美「それ見せちゃったらサプライズプレゼントにならないじゃん!」

真美「もしかして…真美たちのこと嫌いになったの…?」


23 : ◆.FhXW5/s/s 2014/07/23(水) 01:05:33.76 ID:NcOE4vIC0
歩「そ、そう言われると困るよ~…分かった、あたしも腹を括るよ…」

亜美「あゆあゆ…!血の色は髪と同じでちゃんと赤いんだね…!」

歩「あたしが人間じゃなったみたいな言い方だよねそれ!…よし、開けるよ…」カパッ


歩「……なに、これ」

真美「生わさびだよーん」

亜美「あゆあゆわさび好きって聞いたから!」


24 : ◆.FhXW5/s/s 2014/07/23(水) 01:07:08.79 ID:NcOE4vIC0
歩「…あ・り・が・と・う!」ニッコリ

亜美「あ、あゆあゆの笑顔が怖い!」

真美「りっちゃんに負けず劣らず怖い!」

歩「誕生日にわさびもらって嬉しい人がいると思う!?」

亜美「ま、まあまああゆあゆ落ち着いて!いいこと教えてあげるから!」

歩「いいこと?」

亜美「実は兄ちゃんがあゆあゆの誕生日はあゆあゆを弄って盛り上げようって言い出したんだよー!」

真美「そそ!今兄ちゃんがいないのはあゆあゆを弄る準備をしてると思うよー?」

歩「プロデューサーが?…ふふん、それなら何されても普通でいて逆に驚かせちゃおうかな」

亜美(兄ちゃんは犠牲になったのだ…)

真美(古くから続く犠牲の犠牲…その犠牲にな…)


25 : ◆.FhXW5/s/s 2014/07/23(水) 01:09:17.82 ID:NcOE4vIC0
ガチャ
歩(よし、プロデューサーが何しても驚かないからね…)

P「Hey!アユムー!Happy Birthday!」

歩「……へ?」

P「HAHAHA、なんでそんなに驚いてるんだい?」

歩「いや、だって普段そんなキャラじゃないし」

P「Oh!それはすまない!これは今日だけだから安心してくれ!」

亜美「兄ちゃんが壊れた…!なんかアメリカーンに!」

真美「これにはあゆあゆだけじゃなく真美たちも動揺が隠せない…」


26 : ◆.FhXW5/s/s 2014/07/23(水) 01:10:14.34 ID:NcOE4vIC0
P「……このキャラ辛くなってきたからやめていいか?」

歩「あ、うん、どうぞ。折れるの早いね」

P「ありがとう。はい誕生日プレゼント」

歩「…本当に大丈夫?」

P「大丈夫ってなんだよ、まるで俺がちゃんとしたもの入れてないみたいな言い方だな」

歩「いや、さっきちょっとね…」

P「…あの双子にはあとでお説教だな」

あみまみ「「ひどい!」」


27 : ◆.FhXW5/s/s 2014/07/23(水) 01:11:52.10 ID:NcOE4vIC0
歩「うーん、何だろうなー…うわっ!新しいダンスシューズじゃん!」

P「歩なら何かダンスに関係してるものがいいかと思ってな」

歩「すっごく嬉しいよ!ありがとうプロデューサー!」

P「おう、喜んでくれて嬉しいよ。それともうひとつ…」

歩「ん?他にも何かあ


P「おめでとう!」ギュッ

歩「…へ?」


28 : ◆.FhXW5/s/s 2014/07/23(水) 01:13:38.80 ID:NcOE4vIC0
亜美「おおっと兄ちゃん選手!唐突にあゆあゆ選手を抱きしめたー!これにはあゆあゆ選手、困惑する他ないー!」

真美「ちょっ、いきなりすぎるっしょー!真美たちもいるんだから…」

歩「い、いいいいいいきなり何してんのプロデューサー!?」

P「え?いや、アメリカでハグって普通じゃないの?」

歩「確かにハグはよくしたけどさ、これハグというより抱き締めてるし、ここ日本だし、あたしはその…///」

P「もしかして嫌だったか?」

歩「そんなわけないよ!あたしプロデューサー好きだし……って何言ってるんだー!」

真美「うわー!あゆあゆも兄ちゃんも、解散素敵すぎー!」

P「それを言うなら大胆不敵な」

歩「だけどプロデューサー…あの…胸が…///」


P「…すまん、離れる」

歩「うん…///」

亜美「なんでこんなデレデレしてるの二人とも…」

真美「甘々しすぎてあまとうも逃げ出すレベルだよー」


29 : ◆.FhXW5/s/s 2014/07/23(水) 01:15:06.85 ID:NcOE4vIC0
歩「そうだよプロデューサー!あたしの誕生日にあたしを弄って盛り上げるなんてひどいじゃんか!」

P「え?まあ確かにそうしようとは言ったけど、提案してきたのは亜美と真美だぞ?」

亜美「ギクッ」

歩「へー…プロデューサーがそんなこと言うなんておかしいなとは思ってたけど…やっぱり二人がねぇ」

亜美「真美、逃げるよ!」ダッ

真美「あいあいさー!」ダッ

歩「こら、二人とも逃げるなー!」


30 : ◆.FhXW5/s/s 2014/07/23(水) 01:16:12.57 ID:NcOE4vIC0
P「まあまあ、一つ大人になったんだし許してやれよ。あいつらも楽しくしたかったんだろうし」

歩「それは分かるんだけどさ…」

P「それに歩のヘタレなところがみんな好きなんだ。でなきゃ弄ったりしないよ」

歩「それ褒めてるの…?」

P「自分で言っといてあれだけど、どうだろうな」

歩「…あのさプロデューサー、誕生日だし一つわがまま言ってもいい?」

P「ん、なんでもいいぞ」


歩「えっとね…もう一度ハ…ごめんやっぱ無理!///」


おわり


31 : ◆.FhXW5/s/s 2014/07/23(水) 01:20:18.33 ID:NcOE4vIC0
読んでいただきありがとうございました。歩誕生日おめでとう!

ある事情(?)でクールなかっこいいキャラからヘタレ気味になった歩だけどヘタレのままでずっといてほしいです。そっちの方がかわいい


次は7/30の伊吹翼で。またよろしければ読んでください


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1406041267/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ミリマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 名無し春香さん 2014/07/24(木) 17:18:37

    劇場皆でイジるノリなのが普段の歩のポジションをうかがわせるねw
    ハグされて照れまくる歩カワエエ!!


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ