Powered By 画RSS


凛「かよちん! 甲子園の砂で握ったおにぎり美味しいにゃー!」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 20:01:21.52 ID:QF+HjamIO
カキーン!! カキーン!! カキーン!!

『真芯でとらえたーっ!! 大きい大きいーっ!! これはいったかー!?』


凛「おぉー……」

花陽「ほぇー……」


カキーン!! カキーン!! カキーン!!

『じょ、場外ホームラーンっ!! なんと三者連続3ランホームラン!! この回一挙9得点ーっ!!』


凛「……」
ウズウズ

花陽「やっぱり清原選手はすごいねぇ…」

凛「……」
ウズウズ

花陽「凛ちゃん…?」

凛「……にゃーっ!!!!」

花陽「ほぁぁっぷっ!?」

凛「かよちん! これだよ! 野球だよっ!」

花陽「え? えぇ…?」

凛「目指すは甲子園っ!! バックスクリーンを真っ黄色に染めてやるにゃーっ!!」
ダダダダダダダダッ

花陽「り、凛ちゃん待ってぇぇぇぇ!!」




3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 20:14:07.43 ID:QF+HjamIO
凛「え? ちょっと何言ってるかわかんないにゃ」

絵里「ですから、この音ノ木坂学院には野球部は存在しません」

凛「えーー!! そんなの聞いてないにゃ!! だったらどうやって甲子園に行くのー!?」

絵里「はい?」

凛「むーーっ!! だったら凛が野球部を作って甲子園に導いてあげるにゃ!!」

絵里「それは無理です」

凛「なんでなんでー!? 生徒会長は一年生をいじめるのがお仕事なのー!? 入る高校間違えたにゃー!! 凛は甲子園に行きたいのにー!! そして夢はWBCの決勝の舞台で完全試合だにゃ!!」

絵里「うるさい一年生ね……。貴女の夢なんか聞いてないけど、部活の申請は部員を5、6名集めてこないと認められません」

凛「あぁ部員を集めればいいんだね? 野球は9人いないと出来ないから最初からそのつもりだにゃ!」

絵里「……まぁせいぜい頑張りなさい」

凛「うん! あのね、凛の尊敬する野球選手は」

絵里「用が済んだらさっさと出ていってちょうだい」

凛「はーい! よーし! メンバー集めいっくにゃー!」


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 20:21:16.67 ID:QF+HjamIO
花陽「どうだったの?」

凛「オッケー貰ってきたにゃ!」

花陽「ほ、本当に…!?」

凛「メンバー集めたらいいって!」

花陽「だ、だよね…」

凛「えっと凛とかよちんで二人だから……あと、えっと……9ひく2で……うーんうーん……?」

花陽「多分だけど、7じゃないかなぁ? って花陽もメンバーなのぉぉぉぉ!?」

凛「当たり前だにゃ! 高校に入学するまでの15年間、凛の球をうけてきたのは誰?」

花陽「わかんないけど花陽ではないことは確かだよ」

凛「つべこべ言ってないで勧誘に行くにゃー! 一年生からあたってみよー!」
ダダダダダダダダッ

花陽「ま、待ってぇぇぇぇ」


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 20:31:10.85 ID:QF+HjamIO
先生「えー、では授業を始める前に星空からみんなに話があるそうだー」

凛「にゃ!」

花陽(うぅ……大丈夫かなぁ……?)

凛「凛だにゃ! 凜じゃなくて凛にゃ! みんな野球部に入るにゃ!」

「「「…………」」」

凛「凛は野球が大好きだから、きっとみんなも凛と同じくらい好きなはずにゃ!! だからこの高校生活の三年間、凛はみんなと一緒に汗と涙を流したいんだにゃ!!」

「「「…………」」」

凛「凛から言うことはこれだけだにゃ! 放課後この教室で待ってるにゃ! 授業が終わっても教室に残ってる選手は強制入部だにゃ!」

凛「次にかよちんから! かよちん、よろしくにゃー」

花陽「えっ…あ、あの……ぁ……うぅ……もごもご……っ」

凛「もごもご言ってるにゃ!」


真姫(え? また魔球!? 相変わらずドリームスは面白いわ……)
ペラペラ


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 20:42:20.70 ID:QF+HjamIO
花陽「……放課後になったわけだけど、みんなホームルームが終わったら一目散に教室飛び出していっちゃったね…」

凛「ホームベース?」

花陽「ホームルーム」

凛「あ! 見て見て、かよちん! 一人野球部に入部したいって子がいるにゃ!」

花陽「まさかぁ、そんなわけ……!?」


真姫(魔球pb? 魔球エンジェル? 周辺視システム? ふむふむ……全く意味がわからないけど為になるわね……)
ペラペラ


真姫(あぁっ……大和田さん! そんな状態でバッターボックスに……無茶よ!! お願いっ、伝田さん! 何とかして!!)
ポロポロ


凛「あんな子いたっけ?」

花陽「いたよぉ! いつもは読書ばっかりしててあんまり目立たないけど…」

凛「今も本読んでるにゃ!」

花陽「確か名前は……西木野真姫ちゃん……」

凛「牧田!?」

花陽「真姫ちゃん!」

凛「とにかくこれで部員が増えたにゃ! まーきーちゃーん!!」
ズドーンッ

真姫「きゃっ!? 痛ぁーいっ!! 何よ!? クロスプレー!?」

凛「え? もしかして…」


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 20:55:15.74 ID:QF+HjamIO
花陽「野球好きなの……?」

真姫「そ、そんなわけっ」

凛「あーっ!! 真姫ちゃんが読んでる本、ドリームスだにゃー!!」

花陽「ひゅえぇぇ!? あ、あのドリームス!?」

真姫「あら? 知ってるの?」

凛「餅の論だにゃ!! 国民的大人気の野球漫画の代表格!! 最近はドカベンを抜いて首位に浮上したとか」

真姫「ドリームスの良さがわかるとはやるじゃない」

花陽「花陽はONE OUTSが好きだけど…」

真姫「はぁ? ドリームス以外有り得ないでしょ?」

凛「凛は生田が好きにゃ!」

真姫「悪くないけど、ちょっとミーハー過ぎない?」

凛「なら真姫ちゃんは?」

真姫「私は当然名倉君一択ね」

凛「ミーハー度でいったらあんま変わんない気がするにゃ」

花陽「え、えっと……真姫ちゃんは野球部に入ってくれるの?」

真姫「はぁ? 野球部? 何の話よ」

花陽「な、何のって……さっきの凛ちゃんの演説…」

凛「あー! さてはドリームスに夢中で聞いてなかったにゃー!」


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 21:03:28.76 ID:QF+HjamIO
真姫「そ、そんなわけっ…」

凛「まぁ美ら海戦は長いし熱いし長いし長いから仕方ないにゃ!」

花陽「でも残ってるってことは強制入部の対象だよね…?」

凛「うん! 真姫ちゃんは運動神経無さそうだから外野で」

真姫「ちょ、ちょっと待って!! 入部とか野球とか外野とか……もしかしてこの学校って野球部があるの!?」

花陽「無いよ」

凛「これから作るんだにゃ!」

真姫「へ、へぇ……まぁ悪くないかも……」

花陽「えぇ!? いいのぉ!?」

凛「よーしっ! 三人目確保だにゃー!! 幸先良いにゃー!!」

真姫「でも待って! ピッチャーは私にやらせなさいよ! いい?」

凛「えーーーー!! ピッチャーは凛なのーーーー!!」

真姫「私が知ってる魔球のレパートリー聞いたら驚くわよ?」

凛「知ってても投げられなきゃ意味ないにゃー!!」

真姫「な、投げられるわよ!! 理論的には可能みたいな風に書いてあるし…」


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 21:09:37.62 ID:QF+HjamIO
凛「とにかく放課後だから練習するにゃーー!!」

花陽「れ、練習って言ったって何処で!? グラウンドとかは他の部活が使ってるよ!?」

凛「凛に考えがあるにゃ! 二人ともついてきてー!」
ダダダダダダダダッ

花陽「ま、待ってぇぇぇぇ!!」



凛「到着にゃー!!」

花陽「はぁっ、はぁ……凛ちゃん速すぎるよぉ……」




真姫「うぶっ…! おぇぇぇっ!! ぜぇぜぇ……っ!!」
ヨロヨロ

花陽(真姫ちゃん体力無さすぎ…)

凛「これは三回持たずにノックアウトだにゃ」


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 21:18:18.45 ID:QF+HjamIO
花陽「ここって……屋上!?」

凛「そだよー」

花陽「こ、ここで野球の練習するの!? 無理だよぉ!!」

真姫「悪くないわね、majorでも屋上で練習していたみたいだし」

凛「でしょでしょー!」

花陽「なら大丈夫かなぁ」

凛「さっそく練習始めるにゃー!! 最初はノックからだよー!!」

花陽「うぅ……ノック怖いよぉ……!」

真姫「情けないわねぇ」

花陽「え? 真姫ちゃんは平気なの?」

真姫「当たり前でしょ? こんなの飛んでくるボールをグラブでキャッチするだけじゃない」

花陽「それが難しいんだけど…」

凛「準備はいいかにゃー?」

真姫「いつでもいいわよ」

凛「千本ノックいっくにゃー!!」

カキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーン!!!!!!!!!!!!!


13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 21:27:53.45 ID:QF+HjamIO
真姫「ちょ、ちょっ、やっ…きゃあああああぁぁぁぁぁっ!!!!」

真姫「ふべっ、ぶふぉっ、痛ぁっ、ぁぐっぇぇえええっ!!!!」

花陽「だから言ったのに…」

凛「こらー!! 真姫ちゃんの顔はグローブじゃないにゃー!! ちゃんとキャッチしないとー」

真姫「お、おかしいわね……イメージ上では軽くさばいてた筈なのに…」

凛「ラスト一球にゃーっ!! おんどりゃぁぁーー!!」

真姫(はっ…! 確か久里はバットに当たる前から打球の位置を予測してたわね……ということは……、どういうこと……?)


カキーン!!!!!!!!!!!!!!!


凛「ありゃ」

真姫「何処飛ばしてるのよー」

凛「力入れすぎて柵越えだにゃ」

花陽「下にいる人に当たらなきゃいいけど……ふぁーー!! ふぁーー!!」

凛「多分平気だにゃー」

真姫「そうね」


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 21:34:46.78 ID:QF+HjamIO
真姫「でもなかなかの飛距離ね」

凛「でしょー? 凛は走攻守兼ね揃えたユーティリティープレイヤーだから」

真姫「奇遇ね? 私も金揃えるのは得意よ」

凛「にゃはははー」

花陽「あぁぁぁ……打球がどんどん伸びて弓道場の辺りまで……」




海未「む……?」


ヒューーーーーッ!!!!!!!!


海未「はぁぁぁっ!!」


カキーンッ!!!!!!!!




凛「そうだー! 弓道場を球道場にするにゃー!」

真姫「悪くないわね」

花陽「それはいくらなんでも……ふぇ? え? えぇぇぇぇぇ!?」

凛「どしたの? かよちん」

花陽「だ、打球がっ! 打球がこっちに向かってきてるよぉぉ!!!!」

真姫「何ですって!?」


ヒューーーーーッ!!!!!!!!


17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 21:44:11.95 ID:QF+HjamIO
凛「おぉ……」

花陽「ど、どうなってるのぉぉ!?」

真姫「漫画ではよく見る光景だけどまさか現実で目にするなんて…」

凛「真姫ちゃん、もっと右にゃ! そのまま下がって! もう30cm右にゃ! そうそうそのままそのまま!」

真姫「え、えっと…ここ……?」

花陽「真姫ちゃん前見て!! 前っ!!」

真姫「へ? ぶふぉぉぉあああああああああぅぅッッ!!!!」
バキッ

花陽「真姫ちゃぁぁん!!」

凛「まーた顔面でキャッチしてるにゃ」

真姫「痛いわねっ! もうっ!」

花陽「だ、大丈夫…? すごい音したけど…」

真姫「私の美しい顔に痣でも出来たらどうしてくれるのよっ!!」

凛「真姫ちゃんがちゃんとグローブ出さないのが悪いにゃー」

花陽「良かったぁ……体力はないけど耐久力は抜群みたい」

真姫「そもそも貴女達誰よ!! 名前知らないんだけど!!」

花陽「え? 今更!?」

凛「凛は凛でかよちんはかよちんにゃ!」

真姫「凛とかよちんね! 一回で覚えたわ!」


20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 21:58:19.49 ID:QF+HjamIO
絵里「ちょっと貴女達!!」
ガチャッ

凛「にゃ?」

花陽「はわわわわぁ!!」

真姫「誰? 高校球児らしからぬヘアスタイルね」

絵里「こんな場所でベースボールなんてっ、一体何を考えてるの!!」

花陽「ご、ごごごごめんなさぁいっ…!!」

真姫「他に練習できる場所がないんだから仕方ないでしょ」

凛「そうにゃそうにゃ」

絵里「はぁ? そもそも野球部はまだ部活として認められてないんだから勝手に活動しては駄目よ!! 高野連に訴えるわよ!!」

花陽「それだけはご勘弁をぉぉ!!」

真姫「大会に出場できなくなるのは困るわね…」

凛「反省してるにゃー!」

絵里「もし次こんな事が起こった場合……」

凛「場合?」

絵里「怒るわよ!」

真姫「ぶふっ…、くくくっ……起こった場合っ、怒るわよって……ふふ、あーはっはっは!! お腹痛ーいっ」

花陽「ま、真姫ちゃんっ! 上級生だよっ! しかも三年生! 挙げ句の果てには生徒会長っ!!」

絵里「あ、貴女達はっ…」

凛「反省してるにゃ!」

絵里「そんな態度で」

凛「反省してるにゃ!」

絵里「……ふんっ!」


21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 22:06:13.86 ID:QF+HjamIO
花陽「ふはぁ…っ、心臓止まるかと思ったよぉ…」

凛「あの生徒会長、サブマリンっぽいにゃ」

真姫「そうね……まぁピッチャーの座は譲らないけど」

凛「グローブ使えるようになってから言うにゃー」

真姫「むぅ……ていうか打たせなきゃグラブなんて必要ないんじゃない? 私、天才かも…」

凛「……一理あるにゃ」

花陽「そんなことより場所だよぉ! ここでは練習しちゃ駄目って言われたから別の所を探さないと…」

真姫「でも別の場所って言ったって…」

凛「球道場! やっぱり球道場しかないにゃ! ジャックするにゃ!!」

花陽「えぇぇぇ!! 凛ちゃん正気!? とても入学したての一年生が言う台詞とは思えないよぉ!!」

真姫「そういえばあそこには凛の打球を打ち返してきたスラッガーがいるのよね……訪ねる価値はあると思うけど?」

花陽「そ、それはそうだけど…」

凛「よーしっ! 球道場まで夕陽ダッシュだにゃー!!」
ダダダダダダダダッ

花陽「凛ちゃん待ってぇぇぇぇ!!」


23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 22:15:24.66 ID:QF+HjamIO

凛「たのもー! たのもー!」

花陽「ふひゅっ、ふはぁっ、はぁ…」

海未「何ですか? 貴女達は」

凛「凛は凛! かよちんはかよちん! 真姫ちゃんは真姫…あれ?」

花陽「真姫ちゃんならさっき足がもつれて階段から垂直落下してたよ」

凛「まぁいいにゃ!」

海未「……?」

凛「うーん…、うんっ! この広さならノックやキャッチボールくらいなら出来そうにゃ!」

海未「はい?」

凛「今からここは野球部が使うにゃ! だからこの弓道部のみんなは野球部に入るのが吉と出てるにゃ!」

海未「何をわけのわからないことを…」

凛「かよちーん! さっきの続きするよー! 守備位置につくにゃ!」

花陽「で、でもっ…」

凛「そーれっ!」


カキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーン!!!!!!!!!!!!!!


花陽「ひゅええええっ!! 誰か助けてぇぇ!!」

海未「や、やめてくださいっ!! 何をしているのですか!?」

凛「何ってノックに決まってるにゃー! それそれーっ!」


カキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーン


海未「こ、このっ! はぁぁッ!! たぁたぁたぁたぁたぁっ!!」


カキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーン


24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 22:23:29.03 ID:QF+HjamIO
凛「にゃっ!?」

花陽「う、打ち返した…!? じゃあさっきの」

真姫「さっきの打球反射【ホームラン・リバース】はこの人の仕業ってわけね」

花陽「あ、真姫ちゃん」


海未「し、しまった…! つい……危ないです! 避けてくださいっ!」

花陽「凛ちゃぁぁんっ!!」

真姫「凛っ!! 打球に当たると痛いわよっ!!」


凛「にゃはっ……」
パシパシパシパシッ

海未「な……!?」

花陽「あれだけの数を全部キャッチした…!?」

真姫「まるでミスターフルスイングの蛇神さんね…」

海未「貴女は一体…」

凛「打者の名前は何ていうにゃ?」

海未「打者…? 私ですか? 私は園田海未」

凛「園田海未ちゃん…、気に入ったにゃ! 野球部に入るにゃ!」


25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 22:36:48.65 ID:QF+HjamIO
海未「野球部……? そんなものがうちの学校に? 聞いたことありませんが…」

凛「海未ちゃんで四人目だにゃ!」

海未「……お断りします」

花陽「まぁそうだよね…」

真姫「どうしてっ…どうしてよっ!! それだけのバッティング技術がありながらそれを生かさないなんてっ!! ハンコ・ルーは野生のライオンをバットで仕留めたと聞いたわ…!!」

凛「生田は魔球開発の為に暴走族のバイクのタイヤで指をガジガジしてたにゃ!!」

花陽「く、久里は目の前に布を張られてその向こうから飛んでくるナイフをかわしてたよぉっ!!」

海未「な、何なんですか…貴女達は…! そのハンコ・ルーや生田や久里が何者なのかは知りませんが私は弓道部なのです」

凛「弓道部とかそんなの関係ないにゃ!! 凛は海未ちゃんと一緒に野球したいの!! 海未ちゃんがいたらきっと甲子園に出場できるってそう思うんだにゃ!!」

海未「いや、ですから……私は弓道部であって野球には」

真姫「なら三球勝負よ!!」

花陽「真姫ちゃん?」

真姫「もし貴女が三球以内にヒット性の当たりを打てば素直に諦めるわ! でも私が勝てば貴女は野球部に入ってもらう! そしてこの場所も提供してもらうわ!」

海未「その勝負、私に何の利があるのですか? まぁ負ける気はしませんが」

真姫「なら受けてもらうわよ!」

海未「お断りします」

真姫「ふーん…、逃げるんだ?」


26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 22:46:52.98 ID:QF+HjamIO
海未「……はい? 逃げる? この私が?」

真姫「だってそうでしょ? ビビっちゃってるのよね?」

海未「何を馬鹿なことを……私は侍の末裔、臆するなんて有り得ません」

真姫「勝負するってこと?」

海未「いいでしょう。受けて立ちます!」


凛「ねぇ大丈夫? 真姫ちゃん」

真姫「当然でしょ! 私の七色の魔球とくと御覧なさい」

花陽「ノックはだめだめだったけどすごいピッチャーなのかなぁ…?」

凛「そんなわけないと思うにゃ…」


真姫「準備はいいかしら?」

海未「はい」

真姫「って貴女は、バットは!?」

海未「私にはこの竹刀の方が扱いやすいので」

真姫「竹刀って……弓道部とか言ってなかったっけ? まぁいいわ! 負けた後で言い訳に使わないでよね」

海未「ふふ、まさか」

真姫「……いくわ」


花陽「あ、あのフォームはっ!! アンダースロー!?」

凛「名倉好きとか言ってたからそうくると思ってたにゃ」


真姫「てやぁっ!」
ヒュンッ


27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 23:01:33.05 ID:QF+HjamIO
ヒュンッ ヒュンッ コロコロコロ


真姫「あ、あれっ?」


凛「……」

花陽「……」


海未「せめて届かせてくれないと打てないのですが…。確かボールが4つで四球でしたよね?」

真姫「こ、今度こそーっ」

花陽「ま、真姫ちゃんすとーっぷすとーっぷ!!」

凛「ピッチャー交代だにゃ!!」

真姫「な、何よっ……まだいけるわっ!!」

凛「さっさと引っ込めにゃ!! このっ!!」

花陽「真姫ちゃんお疲れ様」

真姫「くぅっ…、やっぱり中15年登板はキツいわね……」

花陽「……」


凛「ピッチャー凛にゃ!」

海未「まぁ誰が出てこようと私の勝利は変わりません」

凛「ノーストライクスリーボールからだよね?……いくにゃ」


凛「ピッチャー凛、振りかぶって……投げたにゃぁぁっ!!」
ヒュンッ


28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 23:11:42.86 ID:QF+HjamIO
海未(ふっ……先程のピッチャーよりマシな様ですが、ど真ん中の棒球……絶好球です)

海未「もらいましたっ!」
カンッ

海未「え…?」


花陽「ふぁ、ふぁぁぁぁぁぁるっ!!」

真姫「……?」


海未「そ、そんな……確かに真芯でとらえた筈……どうして……」

凛「にゃふっ……いくよー? にゃんにゃんにゃーんっ!」
ヒュンッ

海未(またしても絶好球……今度こそ確実に)

海未「はぁぁっ!」
カンッ


花陽「ふぁぁぁぁぁぁりっ!!」

真姫「……??」


海未「な……? おかしい……これは一体……」

凛「ツーストライクスリーボール、フルカウントにゃ! いっくよー! にゃんにゃーんっ!」
ヒュンッ

海未「はぁぁぁぁっ!!」
カンッ

花陽「ふぁぁぁぁぁぁぅっ!!」

凛「それーっ!」
ヒュンッ

海未「たぁぁぁぁぁぁっ!!」
カンッ

花陽「ふああああああああ!!」

凛「にゃーんっ!」
ヒュンッ

海未「てやぁぁぁぁぁ!!」

花陽「ふぁぁぁぁああああああっっ」



30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 23:24:40.93 ID:QF+HjamIO
海未「はぁ…はぁっ……な、何故っ…」

海未(確実に真芯でとらえているのに打球が前に飛ばない…? ファールボールが真後ろに飛んでいるということはタイミング自体は合っている…)

海未(真芯ではないというのですか…? タイミングは間違いなく合っている……どんなトリックを使っているのかはわかりませんが…、要は今までよりボールの上を叩けば返せるということに…よしっ)


凛「どうしたのー? 疲れちゃったー?」

海未「……次で決めます」

凛「…………にゃふっ」


凛「にゃーんにゃーんっ、にゃーーんっ!!」
ヒュンッ

海未(きたっ……同じ球……! 少しだけ、少しだけボールの上を叩けば)

海未「はああぁぁぁぁっ、えっ…!? 落ち…」
ブンッ

花陽「すったらぁぁぁぁぁぁぃくっ!!」

真姫「やったわ! 凛の勝ちよ!」


海未「ま、まさか私の思考を読んで……?」

凛「うぅーーーーーやったにゃーーーー!! 勝ったにゃーーーー!!!!」

海未「わ、私の負け……です……」

花陽「ということは…」

凛「ようこそ海未ちゃん野球部へー! そしてそしてー弓道場改め、球道場だにゃーー!!」


31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 23:35:07.97 ID:QF+HjamIO
真姫「他の弓道部の部員達も野球部に……え? 入りたくない? 弓道したいですって?」

花陽「でも、ここは野球部の練習場になっちゃったから…」

凛「そうだー! 弓道部には屋上で練習してもらうにゃ!」

真姫「悪くないわね」

海未「弓道部の皆様、すみません……私のせいで……え? 弓道部クビ? はぁ……」



海未「私が野球部ですか……ふふっ」

花陽「よろしくお願いします、園田先輩」

真姫「足引っ張ったら承知しないわよ、先輩」

海未「えぇ、あと私のことは気軽に海未ちゃんと呼んでくださいまし」

凛「海未ちゃん! 甲子園、絶対行くにゃ!」

海未「甲子園……面白そうですね。私の前にはランナーを溜めておいてください」

真姫「海未ちゃんの守備位置は何処なの?」

海未「私は何処でも構いませんが」

真姫「そう、ピッチャーじゃないなら何でもいいわ」

花陽「真姫ちゃんまだピッチャーやるつもりなのぉぉ!?」

真姫「当たり前でしょ? 私だってちょっと練習すれば凛なんかより……っていうか凛もそんなスゴいって感じじゃなかったじゃない!」

海未「あの凛…、先程の球は一体」

凛「ヒミツだにゃー! さぁみんなー!
ノックの続きだにゃー!!」


カキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーン


34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 23:53:23.37 ID:+YpuRTQjo
弓道部とばっちりすぎて泣ける


39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 10:43:25.88 ID:z3swBKzUO
カキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーン


真姫「ぶふぉっ! あぶっ! がふぅっ! ばりつっ!!」
ドサッ

凛「今日はここまでだにゃ!!」

花陽「真姫ちゃん結局、一球もキャッチできなかった…」

海未「可哀想なくらいセンスを感じられませんね……これはまさか運動神経に何らかの異常が……?」

真姫「グラブが悪いのよっ!! 明日にはゴジラ松井モデルのを用意してくるわ!!」

凛「あんまり期待してないで待ってるにゃ」

真姫「むぅーっ!!」


ことり「海未ちゃ~ん、部活終わっ……あれ?」

海未「ことり」

ことり「こ、ここって弓道部じゃなかったっけ?」

海未「実は──」



海未「──というわけで」

凛「ここは野球部のグラウンドも同然だにゃ!」

真姫「ていうか貴女誰よ? 神聖なグラウンドに足を踏み入れるなんてベースボールに対する冒涜よっ!!」

花陽「ま、真姫ちゃん! 多分先輩だよ!」

真姫「グラウンドの上では先輩後輩なんて関係ないわ! そうだ、良い機会だし先輩後輩なんて無しにしましょう! いいわね? 海未」

海未「べ、別に構いませんが…」

ことり「海未ちゃん帰ろ?」

海未「はい。では皆、また明日」

凛「ばいばいにゃー」


40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 10:55:18.01 ID:z3swBKzUO
真姫「私も帰るわ」


花陽「凛ちゃん帰ろ?」

凛「うん! あ、そうだ! 久しぶりにあそこに寄ってくにゃ!」

花陽「あそこ…?」





凛「懐かしいにゃー、この河川敷! 昔はよくここで練習してたよねー!」

花陽「そ、そうだっけ? 花陽の記憶が薄れてるのかな…?」

凛「かるーく壁打ちでもー……にゃっ!?」


カキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーン


花陽「あ、先客がいたみたいだねぇ」

凛「こ、こらぁーっ!! そこで何してるにゃー!!」


カキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーン


凛「聞いてるのかにゃー!? ここは凛の秘密の特訓場なのーっ!!」

綺羅「え? あ、ごめん…何?」

凛「さっさとどっか行くにゃー!!」

綺羅「えー……でも私もさっき来たばっかりだし」

凛「知ったこっちゃないにゃー!!」

綺羅「んーー……あ、なら勝負で決めようか? 貴女も野球するんでしょ?」

凛「にゃ!? うーん…、いいよ! なら三球勝負で」

綺羅「いや、一球でいいわ。ボール球とホームラン性の当たり以外だったら貴女の勝ちでいいから」

凛「にゃー!? 凛もナメられたものにゃ!!」


41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 11:07:47.19 ID:z3swBKzUO
凛「いっくよーっ! にゃーっ!!」
ヒュンッ

綺羅「……」

花陽(あの凛ちゃんの球を初見で打てるわけないよ…、しかも一球だけなんて)


綺羅「……っ」
ピクッ


ギュルルルルルル!!!! シュルルルルルルッ!!!!!!!!


綺羅「ふっ」
カキーン!!

凛「え?」


綺羅「飛距離も充分。文句無しに私の勝ちのようね」

凛「な、何で…何でっ…! もう一回だにゃ!」

綺羅「……何回やっても結果は変わらないと思うけど」

凛「う、うるさいにゃ!!」
ヒュンッ


カキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーン



凛「あ、あぁっ……」

花陽「り、凛ちゃんっ…」


42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 11:17:15.78 ID:z3swBKzUO

凛「……」
ボーッ

真姫「凛! 凛っ!」

凛「へっ? な、何!?」

真姫「何じゃないわよ!! 練習するわよ!! 今日こそこの真姫ちゃんの真の実力を見せてあげるんだから!!」

凛「あ、うん…」


凛「いくにゃー……」
カキーン…


コロコロ……


真姫「こ、これならぁっ!」
パシッ

真姫「やった! 捕れたわ! やった! やった!」

花陽「わーすごーいー…」

海未「……?」

凛「にゃぁ……」



凛「にゃっ…」
ヒュンッ

海未「……」
カキーン


カキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーンカキーン


海未「……」

凛「ぐにゃぁぁぁ……」

海未「凛っ!! 真面目にやっているのですか!? 貴女の球はこんなものじゃなかったでしょう!?」

凛「そうだっけ……? 凛なんて……凛なんてっ……うわぁぁぁぁぁんっ!!」


43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 11:42:12.90 ID:z3swBKzUO
真姫「凛はもうダメみたいね! ならこの真姫ちゃんの出番よ! さぁ海未、バッターボックスに」

海未「花陽」

花陽「う、うん……昨日ね──」



海未「なっ…!? 凛の球をたった一球で……?」

花陽「だからきっと、自信をなくしちゃって…」

ことり「それは多分、イップスだと思う」

真姫「こらー! 海未ー! 勝負しなさいよ勝負ーっ!」

海未「イップスだとしたらもう凛は…」

ことり「大丈夫。う~ん…そうだ! そこの…えっと、真姫ちゃんだっけ?」

真姫「何よ!」

ことり「ちょっとバッターボックスに立ってみて」

真姫「真姫ちゃんのバッティングが見たいのね? わかったわ!」

ことり「凛ちゃん、ピッチャーお願い」

凛「え? でも…」
ヒュンッ

真姫「てりゃぁーっ!!」
スカッ


ヒュンッヒュンッヒュンッヒュンッヒュンッヒュンッヒュンッ


スカッスカッスカッスカッスカッスカッスカッスカッスカッスカッスカッスカッスカッスカッスカッスカッ


ことり「ね? 凛ちゃんの球はすごいんだよ!」

凛「えー……でも真姫ちゃん相手に通用しても何の意味もないにゃ」

ことり「だ、だよね…」

海未「結局、凛のイップスは治らないままです……」


48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 12:41:18.21 ID:z3swBKzUO
ことり「う~ん、困ったなぁ~」

花陽「あ、あの……どうして凛ちゃんの為にそこまで…」

ことり「ふぇ? だって海未ちゃんのお友達でしょ? だったら何とかしてあげたいって思うよ」

凛「良い人だにゃ!」

ことり「それに…」

海未「え?」

ことり「覚えてる? 海未ちゃん。子供の頃にした約束」

海未「約束…はて?????????」

ことり「あー忘れてるーっ!」

海未「いえ、覚えています!」

ことり「じゃあ言ってみて?」

海未「うぅっ……こ、ことりこそ覚えているのですか!? 言ってみてください!」

ことり「しょうがないなぁ~! あのね、ことりを甲子園に連れていってくれるって約束」

海未「え、えぇ! 覚えてましたとも!」

ことり「ほんとかなぁ~?」

花陽「じゃあことりちゃん先輩も野球部に?」

凛「やったー! これで五人目だにゃー!」

ことり「あ、ことりはマネージャーでお願いしますね」

凛「えー!」

ことり「だってマネージャーの方が可愛いし♪」

凛「だめだめだめー! 人数足りないんだからー!」

真姫「ちょ、ちょっと! さっきから人のことほったらかしにしてんじゃないわよっ!!」
カキーン

花陽「ひゅああぁっ! ことりちゃん先輩危な」

ことり「わわっ!」
パシッ

凛「後ろ向きで…、打球も見ずに捕った…?」


50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 12:53:38.24 ID:z3swBKzUO
ことり「もぅ~! 危ないよ~!」

真姫「面目無い! これにはさすがの真姫ちゃんも猛省してるわ!」


花陽「こ、ことりちゃん先輩って野球経験者なの…?」

凛「すごいにゃすごいにゃー!!」

ことり「え、えーっと…」

海未「隠す必要は無いでしょう。実はこのことり、中学の時の世界大会でワールドナインに選ばれた経歴を持っているのです」

凛「ど、どひゃぁーーっ!!」

花陽「す、すごすぎ…デス…!!」

海未「今のを見てもらえたならわかると思いますが、ことりに捕れない打球なんかありません」

ことり「は、恥ずかしいよ…」

真姫「守備位置は何処なの!?」

ことり「い、一応中学の時は外野を…」

真姫「そう、ピッチャーじゃないのね! なら入部を許可するわ!」

ことり「あ、結局そうなっちゃうんだ…」

海未「観念してください、ことり」

ことり「まぁいっか♪ この音ノ木で甲子園を目指すのも楽しいかも!」


花陽「あ、あの! ことりちゃん先輩の名字ってもしかして…」

ことり「南だけど?」

花陽「や、やっぱり!」

凛「かよちん?」

花陽「聞いたことがあります…! 音ノ木中の三連星……打の園田、守の南、そして……覇の高坂…」


51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 13:00:59.63 ID:z3swBKzUO
花陽「あ、あれ…? 何で海未ちゃんは弓道部に…? というかどうして野球部の無いこの音ノ木に…」

海未「……」

ことり「……」

真姫「その高坂って人もこの学校にいるの?」

凛「だったら野球部に入ってもらうにゃ!!」

海未「……その話はいいでしょう」

凛「にゃ??」

ことり「それよりこの野球部ってもう部として認められてるの?」

花陽「まだ…デス!!」

凛「そうだ! あのサブマリン会長が五人集めたら許可するとかなんとか言ってたにゃ!!」

真姫「さっそく生徒会室に行くわよ!」


52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 13:10:01.58 ID:z3swBKzUO

絵里「認められないわ!!」

凛「にゃー!?」

真姫「何よそれ!! 部員を集めたら部にしてくれるって生徒会長が言ってたって凛が言ってたってかよちんが言ってたわ!!」

希「それなんやけど、ちと問題があってな」

凛「阪神ファンだにゃ! 掛布だにゃ!」

海未「問題というのは…?」

希「まず一つ目が弓道部や」

ことり「弓道部? 確か勝負に負けて屋上で矢を射ってるって」

希「それや! まぁ負けたんはしゃーなしやからとやかく言わんけど屋上で練習するにはそれなりの設備が必要やろ? せやから新たに野球部に回す部費が一円たりとも残ってないんよ」

真姫「部費なんかいらないわ! 熱い情熱こそが何よりの部費よ!」

希「で、次の問題。これが一番厄介なんよ…」

凛「何だにゃ?」

希「この学校には似たような部が既にあってもう一つ作るのはちょっとあれなんやなー」

海未「や、野球部があるのですか…!?」

希「いや、野球部やないんやけど…」

絵里「アイドルけんきゅうぶよ」

真姫「はぁ? アイドル? 野球と全く関係ないじゃない!」

絵里「アイドル兼、球部よ」

凛「えぇーーーー!?」


53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 13:22:59.39 ID:z3swBKzUO

海未「くっ…、全ての球技を総括している部があったとは」

ことり「この学校に球技系の部が一つも存在してないのはそういうことだったんだね…」

真姫「要するに、生徒会が言うにはそこと話をつけてこいってことよね?」

凛「よーしっ! 腕がなるにゃー! 叩き潰すにゃー!」

花陽「あらゆる球技を網羅している部……どんな人達がいるんだろ……? ちょっと怖いよぉ…」


ガチャ!!


凛「たのもー! たのもー!」

にこ「きゃっ!? な、何よあんた達いきなり!!」

凛「野球部だにゃ!」

にこ「はぁ?」

海未「すみません、野球部が活動する為にはここの部が邪魔で邪魔で仕方ないのです。どうかわかってください」

にこ「わからないわよっ!」

真姫「貴女が部長さん? 他の部員は?」

にこ「え? い、いや…ニコ一人だけど」

ことり「そっか! なら野球部にしてもいいよね?」

凛「この辺りをマウンドにするにゃー」

花陽「土運んできたよぉ!」

凛「真姫ちゃんも手伝うにゃ!」

真姫「嫌よ、手が汚れちゃうじゃない」

にこ「ちょっとちょっとーっ!! 何してんのよー!! あぁ…掃除したばっかりなのに…」

海未「あの…、では生徒会に話がついたという報告をしてきてもよろしいでしょうか?」

にこ「よろしくない!! 野球? ニコはね! 今サッカーにハマってるのよ!!
野球なんかお断りよっ!!」


56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 13:43:27.38 ID:z3swBKzUO
真姫「そう……あくまでも屈しないってわけね」

にこ「そうよ! 今年はW杯の年なんだからあんた達も野球なんかにうつつを抜かしてないでサッカーやりなさいよ!!」

真姫「……わかった。仕方ないわね」

ことり「真姫ちゃん?」

真姫「なら三球勝負よっ!!」

にこ「さ、三球勝負ですって!?」


海未「前から思っていたのですが、真姫のあの自信は何処から生まれてきてるのですか?」

花陽「さ、さぁ……」

凛「真姫ちゃんはアホだから」


にこ「三球勝負? そんなの嫌に決まってるでしょ! ニコはね、野球なんか嫌いなのよ!」

真姫「ふふっ、誰も野球での三球勝負なんて一言も言ってないわ!」

にこ「え?」

真姫「そっちの土俵に上がってさっかぁで勝負してあげるわ!!」

花陽「真姫ちゃん、サッカーなら出来るの!?」

真姫「当然でっしょー! こう見えても私は、俺たちのフィールドを全巻読破しているのよ!」


海未「不安です…。真姫のあの常人離れした運動音痴を見ればとてもサッカーが出来るとは…」

凛「あ、そっか!」

ことり「凛ちゃんどうしたの?」

凛「真姫ちゃんは顔面でボールを受け止めるのだけは上手いにゃ!! サッカーのPK戦だったら真姫ちゃんがゴールを割られることはないにゃ!!」

海未「おぉ、なるほど!」

ことり「真姫ちゃんすごいっ!」


58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 16:53:51.70 ID:z3swBKzUO
真姫「ルールは至って単純明快、桜も満開よ!!」

にこ「お花畑はあんたの頭の中だけにしてほしいわ…」

真姫「三球ボールを蹴って一球でも私からゴールを決められればそっちの勝ちでいいわ!」

にこ「誰もやるとは言ってないんだけど……でもまぁいいわ! てかあんた自分で言ってることわかってる? サッカーのPK戦は圧倒的に蹴る方が有利なのよ?」

真姫「ふふんっ♪ そんなこと私からゴールを奪ってから言ってちょうだい! 私には末次ばりのスーパーセーブを見せてあげるわ!」


海未「頼みますよ、真姫…」

凛「今までの練習見てても真姫ちゃんって打球の位置には必ずいるんだよねー! 捕れないだけで」

花陽「PKなら捕れなくてもゴールさせなきゃいいんだから、何とかなるかも……?」

ことり「真姫ちゃんもそのつもりだと思うよ! だってあんなに自信満々なんだもん」



にこ「いくわよ」

真姫「いつでもいいわ!」

にこ「らぶニコシューッ!!」
バシッ


ズドドドドドドッッーーーー


にこ(し、しまった! ど真ん中に!)

真姫(ふっ、もらったわ……え?)

真姫「きゃ、きゃぁぁっ!!」
ササッ


海未「は……?」

花陽「ご、ごぉぉぉぉぉぉるっ!!」

ことり「……」


59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 17:07:05.32 ID:z3swBKzUO
凛「こ、こらーーっ!! 何ボールから逃げてるにゃーーっ!!」

真姫「だ、だって…おっきくて怖いんだもん…、仕方ないでしょっ!! あんなの顔面にうけたら首から上が無くなるわよっ!!」

花陽「手を使えばいいんじゃないかなぁ…? それに硬球の方が当たると痛いと思うんだけど…」

真姫「硬球は小さいから平気だけど……さっかぁぼぉるは……あ、あんなの無理よっ!!」

にこ「とにかくニコの勝ちでいいのよね…! さぁとっととここから出ていきなさい!」

花陽「そ、そんなぁっ…」

凛「真姫ちゃんのせいだにゃー!!」

真姫「な、何よっ!!」


海未「はぁ……すみません。今のは手違いでした」

にこ「は? 今更何言われても」

海未「手違いなのです! 対戦者はこちらの南ことりの筈だったのですが、一年生が暴走してしまい…」

にこ「いやいや…往生際悪すぎでしょ」

海未「ですから手違いだったのですっ!!」

凛「そうだにゃ! 手違いだからもう一回勝負してもらうにゃ!」

海未「三球と言わず貴女が蹴る気力がなくなるまでで構いません。その間に一本でもゴールすれば今度こそ諦めます」

にこ「は、はぁ? それって無限PKってこと!?」

海未「えぇ、受けてくれますね?」

にこ「……一本決めればいいのよね? ニコが蹴れなくなるまでに」

海未「その通りです」

にこ「いいわ! ていうかあんたらに勝ち目なんかないのわかってる? ずっと止め続けるなんて不可能よ!

海未「ふふ…」


60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 17:19:19.70 ID:z3swBKzUO
花陽「海未ちゃん、ホントに大丈夫なのぉ…?」

真姫「無理に決まってるわ!!」

海未「いえ、可能です。私はことりがボールを後ろに逸らしたのなんて見たことありませんから」



にこ「スーパーらぶニコシューッ!!
たぁったぁったぁったぁっ!!」
バシッ


ズドドドドドドォォォッッーーーー


ことり「やんやんっ!」


パシッパシッパシッパシッパシッパシッパシッパシッパシッパシッパシッパシッパシッパシッパシッパシッパシッパシッパシッパシッ


凛「おぉーっ! すごいにゃーっ!」

花陽「全部完璧にキャッチしてるっ!!」

真姫「ま、まぁまぁねっ…」

海未「ことりの凄さはあんなものではありませんよ」

凛「へ?」


にこ「ぐぬぬっ…! こんのぉーっ!!」
バシッ


フワッ


花陽「あっ、ボールがあんな高く」

真姫「天井スレスレとか届くわけないわっ!!」

にこ「高さについては何も言ってなかったわよね!? ということはこれも通ればゴールのうちよっ! にっこにっこにー!」

凛「ずるいにゃーっ!!」

にこ「勝てば何でもいいのよー! ざまぁーみろっ!」

ことり「うふっ」
バサッバサッ

にこ「へ……?」

ことり「ていっ!」
パシッ

海未「上空であろうと、ことりの守備範囲に変わりはありません」


61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 17:30:24.83 ID:z3swBKzUO
花陽「す、すごい跳躍力……デスっ…」

真姫「跳躍っていうか……浮いてなかった……?」

凛「とにかくすごいにゃーー!!」

海未「ことりが外野を守っている時に打たれたホームランの数は0です」

ことり「えへへ~」

海未「どうですか? まだ続けますか?」

にこ「……負けよ、ニコの負けよ…」

凛「やったにゃーー!!」

真姫「これでこの場所は野球部のものね!」

にこ「ぐぬぅ…」

花陽「部長さん…」

にこ「…ニコよ」

凛「ニコちゃん! ニコちゃんも凛達と一緒に野球やるにゃ! サッカーなんかよりもずっとずっと面白いにゃ!」

にこ「野球……でも、ニコはサッカーが……」

真姫「これを読んでもそんなことが言えるかしら?」

にこ「漫画? ドリームス?…………な、何よこれっ!? めちゃくちゃ面白いじゃないっ!!」
ペラペラ

真姫「でっしょーー!!」

にこ「決めた! ニコも野球やるわ!」

海未「その熱い意思、確かに受け取りました」

ことり「これで六人目!」


63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 17:43:34.84 ID:z3swBKzUO

希「上手くいったみたいやね」

絵里「……」

希「まさかあのニコっちがサッカーを捨てて野球に乗り換えるなんて」

絵里「ふんっ」

希「エリチはもう諦めてしもうたん? 野球」

絵里「……いくら頑張ったところで身体能力の差でアメリカやキューバには勝てないのよ」

絵里「世界レベルを知っている私だからこそ、例え超強豪校のUTXの野球も素人同然にしか思えないわ」

希「今年の世代は世界にも通用するレベルって聞くけど?」

絵里「有り得ないわ」


希「!?」


ガシャーンッ!!!!! パリーンッ!!!!


絵里「また野球部の…」
パシッ

希「カードも告げとる。UTXを倒せるのはうちの野球部だけやって」




凛「にゃーーっ!! また生徒会室の方にーー!!」

真姫「何処に向けて打ってるのよっ! 海未っ!」

海未「すみません、力が入りすぎてしまい…」


64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 17:51:43.95 ID:z3swBKzUO

凛「今日も練習お疲れ様にゃーー!!」

にこ「野球もなかなか面白いじゃない!」

海未「片付けも済んだことですし、帰りましょう」

ことり「あ、皆でクレープ食べて帰らない?」

花陽「いいですねっ、そうしましょう!」

真姫「仕方ないわねぇぇ」



凛「皆で一緒に帰るのって初めてだよねー! 楽しいにゃー!」


カキーンカキーンカキーンカキーンカキーン


ことり「あれ? 何か聞こえる?」

真姫「もしかしてここって凛がすっこすこに打ち倒された場所じゃない?」

凛「にゃぁぁぁぁ……」

花陽「今日もあの人練習してるみたい…」

海未「あの方が凛の球を……え? あれはまさかっ」

凛「知ってるの? 海未ちゃん」

海未「間違いありません……彼女は綺羅ツバサ」

ことり「へ? 綺羅ちゃんってあの綺羅ちゃん? メジャーに行ったんじゃなかったっけ?」


65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 18:03:22.07 ID:z3swBKzUO
海未「そのはずですが…」

真姫「誰なのよ! そのキラキラなんとかって」

海未「私とことりは全日本で同じユニフォームを着てプレイしていました。彼女もその時のメンバーです」

花陽「ぜ、全日本!? じゃあ凛ちゃんが負けたのも仕方ないんだね…」



綺羅「……!」
チラッ


にこ「こっちに気付いたみたい」

海未「行ってみましょう」

凛「……うん」


綺羅「どこかで見た顔だと思ったら、園田さんと南さんよね?」

海未「お久しぶりです」

ことり「やんやんっ!」

綺羅「はいはい、やんやん!」

凛「……っ」

綺羅「あら、そっちの子は……ふふっ」

綺羅「貴女達、まだ野球続けてたんだ?」

海未「……はい」

綺羅「その制服って音ノ木坂……野球部なんてあったっけ?」

凛「作ったんだにゃ! 甲子園に行く為に!」

綺羅「甲子園? ぷふっ、あははははははは!」

海未「な、何がおかしいのですっ!」

綺羅「ごめんごめん、ついね……てことは予選で当たるってことかー」

海未「え…?」

綺羅「あぁ、言ってなかったっけ? 私はUTXの野球部に所属してるのよ。そして彼女も」


穂乃果「ツバサちゃーん! もう帰ろうよー!」


海未「なっ…!?」

ことり「穂乃果ちゃん…!?」

穂乃果「へ? あー! 海未ちゃんにことりちゃん!」


67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 18:19:21.35 ID:z3swBKzUO

海未「ど、どういうことですか!? 穂乃果も綺羅さんも中学を卒業してアメリカに渡った筈…」

ことり「もしかして……クビ?」

綺羅「は? この私がクビとか有り得ないでしょ」

ことり「ひぃっ! ご、ごめんなさいっ」
ビクッ

綺羅「ただの気分転換よ。私は自分が一番じゃないと気が済まない性格なんだよね。だから一回くらい日本の甲子園で優勝しておこうかなって」

穂乃果「穂乃果はどうでもよかったんだけど、ツバサちゃんがどうしてもって言うから」

綺羅「だ、だって友達も一人もいない知らない場所とか何かつまんないじゃん!」

海未「そう…でしたか……」

凛「……」

綺羅「ねぇそこの貴女」

凛「り、凛のこと!?」
ササッ

真姫「人の後ろに隠れないでよ…」

綺羅「この前、ちょっと面白い球投げてたよね? 少しはマシになった?」

凛「ひぃっ…」

綺羅「ふふっ、可愛い」

海未「き、綺羅さんっ!」

綺羅「そうだ! 今度練習試合しましょう! 貴女達二人がいるなら他の学校よりは楽しめそうだし」

真姫「受けて立つわ!!」

にこ「試合とか楽しそうニコ~」

ことり「ちょ、ちょっと二人とも!」

綺羅「じゃあ決まりね♪ 頼んだのは私達の方だからそっちに足を運んであげる。三日後の日曜日、楽しみにしてるわ」

凛「……っ」

綺羅「ちゃんと仕上げてきてね?」

凛「にゃぁぁ……」

綺羅「穂乃果、行くわよ」

穂乃果「あ、うん! 海未ちゃんことりちゃん、まったねー!」


69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 18:29:40.85 ID:z3swBKzUO

絵里「講堂の使用許可? 一体、何をするつもりなの?」

海未「……実は」


希「えぇ!? UTXと試合!? それは何とも急な…」

海未「成り行きで……」

絵里「……それで?」

海未「はい?」

絵里「試合を出来る人数は揃ってるのかって話よ。見たところによるとまだ6人しかいないみたいだけど」

真姫「いざとなったら6人だけでもやるわよっ!!」

絵里「……勝手にしなさい」

凛「じゃあ講堂使っていいのー!?」

絵里「……好きにしたら」

凛「やったにゃーー!!」

にこ「なら試合に向けて練習するわよーっ!!」

真姫「途中参加のクセに何いきがってるのよ!!」




絵里「……希」

希「んー?」

絵里「お願いがあるの」


70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 18:39:00.42 ID:z3swBKzUO
凛「うーーーっ!! 練習するにゃーーーーっ!!」

海未「待ってください、凛」

凛「にゃ?」

海未「試合まで日も浅いことですし、そろそろポジションを決めて練習した方が良いかと」

凛「にゃるほど!」

真姫「私がピッチャーってことは決まってるから、あとは勝手に」

花陽「で、でもさっき会長が言ってたみたいにまだ私達6人しかいないよ……どうするのぉ!?」

海未「今更試合をキャンセルすることなんか出来ませんし、最悪の場合この6人で挑むしかありません」

にこ「6人で試合になるの!?」

海未「……実はポジションはあらかた考えておいたのです。この状況で試合をするならこれ以外には」

真姫「へぇ、なかなか用意がいいじゃない?」

海未「まずバッテリーですが」

真姫「安心して。スマホの充電はバッチリよ!」


海未「ピッチャーに凛、キャッチャーに花陽」

海未「ファーストにニコ先輩。サードに真姫」

海未「外野はことり一人でなんとかしてもらいます。そして二遊間は私が守ります」


71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 18:47:10.28 ID:z3swBKzUO
凛「り、凛がピッチャー……? 無理だよ……また打たれちゃう……」

海未「良いのです、打たれても」

凛「え…?」

海未「凛も知っているでしょう? ことりの守備力を。大きいのを打たれる分にはむしろ好都合。一番怖いのは内野ゴロ強襲です」

海未「出来る限りフォローはするつもりですが、それもどこまで耐えられるか……ですから凛は気持ちよく打たれてください」

真姫「どうして私がピッチャーじゃないのよっ!!」

海未「正直、真姫にはどこも守らせたくありませんでした。あのキャッチ能力の低さではファーストは絶対に無理です……サードに飛んだ打球はきっぱり諦める覚悟はついていますので」

真姫「むぅぅぅーーー」

海未「ニコ先輩はキャッチボールは普通に出来るのでファーストを」

にこ「わかったわ!」

凛「よ、よーしっ! 打倒UTXー! 頑張るにゃーーーー!!!!」


72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 19:00:48.45 ID:z3swBKzUO

凛「にゃっ……! にゃっ……!」
ヒュッ ヒュッ

凛「はぁっ、はぁっ……こんなんじゃダメだにゃ……」

凛「海未ちゃんは打たれていいって言ってたけど……あれは多分、凛を気遣って……」

凛「凛が一つでも多く三振を取ればっ、海未ちゃんやことりちゃんの負担を減らせるにゃっ!」

凛「にゃっ……! にゃっ……!」
ヒュッ ヒュッ

絵里「絶好球ね」
カキーン

凛「にゃっ!?」

絵里「貴女のその球……回転はかかっているのにバットに触れるまで決して変化しない。不思議なボール」

絵里「どういう原理かはわからないけど、回転が肉眼で見える者はすぐにその違和感に気付く。それに気付かないなんて園田海未も大したことないわね」

凛「か、会長は何者なの?」

絵里「……ちょっとボール貸してみて」

凛「え? うん……」

絵里「……懐かしい感触」
ヒュッ


ズドドドドドドドドドッッギュルギュルギュルギュルギュルギュルシュインシュインシュインキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュキュイーーーーンッ!!!!!!!!!!!


凛「!?」


75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 20:55:37.85 ID:z3swBKzUO
試合当日


キキィーーッ!! ドーーンッ!!


海未「……お待ちしてました。UTXの皆様」

統堂「うむ、出迎え大義であった」

優木「マーベラス♪ 今日はよろしくね~」

綺羅「ふふ…」

穂乃果「……」

海未「あ、あの……穂乃果」

穂乃果「今は敵同士だよ、海未ちゃん」

海未「……はい」



花陽「こ、講堂はこっちでしゅっ!」

綺羅「へぇ、なかなか広い控え室ね」

にこ「違うニコ~ここが試合会場ニコ~」

優木「は?」

統堂「おいおい……冗談だろう?」

真姫「し、仕方ないでしょ! グラウンドは陸上部が」

希「そういうと思って! 廃部にしてきたよ! 陸上部を! 勿論、エリチの指示で」

凛「へ? じゃ、じゃあグラウンドは」

希「グラウンドは野球部のものや! カードもそう言うとる!」

花陽「ふぇぇぇぇっ!?」

統堂「何かの余興か? まぁ良い。皆、準備でき次第グラウンドへ向かうぞ!!」

優木「ていうか音ノ木坂って聞いたことないけど強いの? 私達がわざわざ相手するに値するチームなのかしら?」

綺羅「どうだろうね。でもいずれ予選でぶつかる相手なんだから今日、完膚なきまでに打ちのめしてあげましょう」

綺羅「穂乃果、友達だからって情なんて加えないでね? まぁ貴女はそういう人間じゃないか」

穂乃果「勿論。やるからには本気だよ」


76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 21:14:22.09 ID:z3swBKzUO
海未「あれ? 生徒会長もいつの間に野球部に?」

絵里「……久しぶりに身体を動かしたくなっただけよ」

希「素直やないなぁー。別に隠さんでもええやん! エリチって実は」

絵里「わーわーわーわーっ!!!!」

ことり「でも、生徒会長さんがいてくれたら心強いかも!」


絵里「緊張してるの?」

凛「へ、平気だにゃ!!」

絵里「そう、なら頑張りなさい」

凛「うんっ! にゃ……にゃぁぁーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!」






UTX学院 対 音ノ木坂学院


──UTX学院

1、(遊)綺羅ツバサ
2、(中)統堂英玲奈
3、(捕)優木あんじゅ
4、(投)高坂穂乃果
5、(一)UTX学院生A
6、(二)UTX学院生B
7、(三)UTX学院生C
8、(左)UTX学院生D
9、(右)UTX学院生E



──音ノ木坂学院

1、(外)南ことり
2、(投)星空凛
3、(遊)園田海未
4、(一)西木野真姫
5、(一)矢澤にこ
6、(捕)小泉花陽
7、(二)東條希
8、(三)絢瀬絵里
9、(外)アルパカ


77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/30(水) 21:18:36.26 ID:8fCG43DAO
ことりとアルパカの外野手コンビに期待ですな


78 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 21:19:18.20 ID:M4X6o27ZO
アルパカ…


80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 21:25:17.75 ID:HNgpIqhLO
アルパカがツッコミを奪い去るせいでファーストふたりいる事を誰もツッコまないwwwwww


81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 21:27:39.73 ID:z3swBKzUO
── 一回表


綺羅「ふふっ」


凛「うぅ……いきなりあの人だにゃ!」

海未「凛、大丈夫です! 落ち着いてください!」

絵里「……」


真姫「クチャクチャ……」

にこ「何でガム噛んでるの?」

真姫「ガムを噛むとね、心拍数を抑えられるのよ。メジャーリーガーは皆ガム食べてるわ」
プクーッ

にこ「へぇー…」


花陽(凛ちゃん、まずは様子見でど真ん中から攻めてみよう…!)

凛(了解にゃ!)
コクッ

凛「にゃぁぁぁぁっ、とりゃぁぁぁぁっ!!」
ビュンッ

綺羅「はっ!」
カキーンッ

凛「にゅぎゃああああ!!??」



統堂「む…」

優木「文句なしにホームラン性の当たりだけど…」



ことり「やんやんっ!」
バサバサッ

ことり「ていっ!」
パシッ



絵里「へぇ、やるわね」

海未「さすがはことりです」


85 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 21:35:42.90 ID:z3swBKzUO

綺羅「ふぅ……」

統堂「空中は南ことりの絶対領域……と自分で言ってなかったか?」

綺羅「ただの確認よ。それと…久しぶりにあの子の守備をこの目で見たかったから」

優木「いいわね、あの子……是非うちのチームに欲しいわ」

統堂「さて……いってくるか」



花陽「ワンナゥーツッ!! ワンナゥーツッ!!」

真姫「凛っ! こっちに打たせなさいっ!」

凛「それだけは嫌だにゃ!!」

海未(先程ので外野への打球が通用しないことがわかったと思うので、次は転がしてくる筈……サード、頼みますよ)

絵里(えぇ…)


凛「にゃぁぁぁっ!!」
ビュンッ

統堂「はぁぁっ!!」
カキーンッ


海未「えっ? また外野への大きい当たり!? ことりっ!!」


ことり「うんっ!」
バサバサッ

ことり「てやっ!」
パシッ

アルパカ「メェェェ~~」


統堂「ほぅ……」


86 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 21:43:33.10 ID:z3swBKzUO
花陽「ツーアゥゥゥゥゥゥゥゥゥ」


凛「にゃりゃぁぁぁりっしゅっ!!」
ビュンッ

優木「うふっ♪」
カキーンッ

凛「にゃあああっ!?」


海未(またしても外野に……?)


ことり「てりゃっ!」
バサバサッ

ことり「これでチェンジ♪」
パシッ

アルパカ「メェェェ~~」
バサバサッ



真姫「初回を無失点に抑えたわ!! 調子良さそうじゃないっ!! 凛」

にこ「外野がことりじゃなかったら、まだノーアウトで三点入ってるとこだったけどね…」

凛「……」

花陽「り、凛ちゃん! 多分良い球来てるよっ! 花陽は一球もキャッチしてないけど」


ことり「ね、ねぇ…海未ちゃん」

海未「はい……向こうは何を考えているのか……次の回、気を付けねばねば」


88 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 21:55:45.65 ID:z3swBKzUO
── 一回裏


穂乃果「……」
ゴゴゴゴゴゴゴ

ことり(相変わらず穂乃果ちゃんの威圧感はすごいっ……でも先取点が欲しい今、ことりが絶対に出塁しなきゃ…)


にこ「ことりの守備が凄いのは知ってるけど、バッティングはどうなの?」

海未「軽く高校生の域を越えてますよ……足も早いし選球眼も良い、何より風を読むことが出来るので」

花陽「風っ!? じゃあことりちゃん先輩なら…」

海未「はい、容易に出塁出来るでしょうね……バットに当てられれば、の話ですが」

凛「え?」


ズドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドッッッッッ


ことり「……!?」

優木「いつまで呆気に囚われてるの? 貴女の打席は終わり♪」


ことり(は、早い……中学の時よりずっと……比べ物にならないくらい……)

海未「ことりがバットを振ることすら出来ないとは……」

にこ「な、何よあのスピードっ!? 人間が投げてるとは思えないわ!!」

真姫「り、凛っ!! 何がなんでも出塁して私まで回して!!」

凛「が、頑張るにゃっ!!」


ズドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドッッッッッ


89 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 22:04:04.62 ID:z3swBKzUO
凛「ただいまにゃー」

真姫「この役立たずっ! 頼んだわよっ、海未っ!!」

海未「……はい」



海未(ことりですら手も足も出ないとなれば、あの球を打てる可能性があるのは私だけ……。しかし後続が期待出来ないとなれば、ホームランしか…)


ズドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドッッッッッ


穂乃果「……」

海未(早いっ……)


ズドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドッッッッッ


海未「くっ…!」
ブンッ


優木「大振りが目立つわね。それもそっか……自分一人で決めるしかないものね」

海未(やはり考えてることはお見通しですか…、それでも)


ズドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドッッッッッ


海未「ぐぅっ!」
キィンッ

優木「へぇ、当てるなんてすごいすご~い♪」

穂乃果「次で終わりだよ、海未ちゃん」


ズドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドッッッッッ


海未「はぁっ…!!」
スカッ

優木「はい、お疲れ様♪」


海未(あの球威でコーナーを狙われてはもう手の打ちようが…)



90 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 22:21:51.69 ID:z3swBKzUO
── 二回表


穂乃果「……」
ゴゴゴゴゴゴゴ

凛「……っ」

花陽(こ、この人…打者の時も凄い威圧感……本当に同じ高校生なのぉぉぉ!?)

花陽「だ、誰か助けてえええええええええええええ!!!!」

海未「は、花陽!? 落ち着いてください!!」


凛「にゃ、にゃぁっ!!」
ビュンッ

穂乃果「覇ぁぁぁぁぁっ!!!!」
カキーンッッ


海未(穂乃果まで!?)

真姫「ことりー、またそっちいったわよー」


ことり「任せてっ!」
バサバサッ

ことり「よしっ……えっ!?」
パシッ

海未「なっ…!? 打球の勢いでことりがどんどん流されていっている!?」

ことり「やぁぁぁぁぁぁんっ!!」
ヒューーーーーンッ

にこ「このままじゃホームランになっちゃうニコーっ!!」

アルパカ「メェェェ!!」
バサバサッ ガジッ

真姫「よくやったわ! アルパカ! これで……え? 勢いが弱まらない!?」


ことり「きゃあああああっ!!」
ヒューーーーーンッ

アルパカ「メ、メェェェっ!!」
ヒューーーーーンッ


海未「あ……そんな……」


ことり「ぐぁぁっ!!」
ドサッ



統堂「さすがは高坂だな…」


【UTX 1-0 音ノ木坂】


91 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 22:27:19.94 ID:HSJxp6P9O
このアルパカ羽根生えてる…?


92 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 22:29:23.66 ID:a2uZZBnyO
ツッコミどころが多すぎるww


93 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 22:37:46.04 ID:z3swBKzUO
凛「ホ、ホームラン……? 打たれちゃったにゃ……」

花陽「か、勝てるわけないよ……こんな人達相手にっ……」

海未(マズイっ……最悪です……先程の回はこれの…、より深く私達に絶望を味合わさる為だけに……)

にこ「ことりちゃん、大丈夫?」

ことり「う、うんっ……平気、だよ…」

真姫「ことりの本塁打無効【ホームラン・シャットアウト】が通用しないんじゃこの先何点取られるか…」

絵里「……一旦タイムアウトを取るべきじゃないかしら?」

希「エリチの言う通りやね」

海未「は、はい…! すみませんっ! タイムアウトお願いしますっ!!」


94 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 22:46:14.45 ID:z3swBKzUO

海未「凛、集中を切らさないでください」

凛「にゃぐはっ……げほっげほっ……!」

花陽「何か策はあるの……?」

海未「……仕方ありません、穂乃果は敬遠しましょう。残りの打者のホームランならことりが防いでくれる筈です」

海未「それ以外の打球は私達で何とかします! 現状、これくらいしか…」

にこ「先取点取られたってことは私達も点を取らなきゃいけないわけでしょ?」

花陽「う、海未ちゃんですから打てなかったのに……どうやって点取ればいいのぉ…!?」

海未「そ、それは……」

真姫「わ、私がっ」

海未「私が打ってみせます……必ず」

ことり「ことりも次は絶対に出塁するからっ! 海未ちゃん……お願いね」

海未「えぇ……ことりが塁に出て、私がホームランを打つ。これで逆転です!」

花陽「う、うんっ! なら花陽達は無失点に抑えなくちゃねっ! 凛ちゃん」

凛「が、頑張るにゃっ…」


96 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 22:59:05.74 ID:z3swBKzUO
凛「えいにゃっ!」
ビュンッ


カキーンッ


花陽「ショ、ショートぉぉっ!!」

海未「はいっ!」
パシッ

海未「ファーストっ! 真姫っ!」
ヒュンッ

真姫「オーライオーライっ! ぶふぉぐぉっ!?」
バキッ

にこ「真姫ちゃんナイスクッションニコ~☆」
パシッ

花陽「ナイスファーストぉぉぉぉ…の二人目っ……!!」

海未(ほっ……ファーストを二人にしておいて正解でした。真姫の顔面で勢いを殺し、それをニコが捕球する……作戦勝ちですね)


カキーンッ


海未「ファ、ファーストへの弾丸ライナー!! 真姫っ!!」

真姫「任せてっ! ぐぶぉぉっ!?」
バキッ

にこ「防弾チョッキより役に立ちそうね……この真姫ちゃん」
パシッ


花陽「つぅぅぅぅぅぅあうううううううううううっ!!」



97 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 23:05:56.68 ID:z3swBKzUO
カキーンッッ


真姫「レフト線スレスレの大きい当たりっ! これはいくらことりでも間に合わないわっ!」

海未「ことりっ!」


ことり「大丈夫っ!」
タタタタッ

真姫「何が大丈夫よ! あの位置じゃ届くわけないじゃないっ!」

にこ「待って真姫ちゃん! ことりちゃん手に何か持ってるわ!」

真姫「あ、あれは……アルパカ!?」

花陽「そ、それを打球に向かって投げたぁぁ!?」


ことり「てぇぇぇいっ! アルパカさんおねがぁいっ!」
ビュンッ

アルパカ「メェェェっ!」
ヒューーーーーンッ


アルパカ「グェェェエエッ!?」
ズドドドドッ モフッ


真姫「ボールが毛皮の中に吸い込まれた……?」

にこ「あれも一応アウトになるのよね…」


ことり「アルパカさんナイスキャッチ~♪」
ナデナデ

アルパカ「」
ピクピク…


98 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/30(水) 23:10:10.04 ID:z3swBKzUO
── 二回裏


ズドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドッッッッッ


ズドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドッッッッッ


ズドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドッッッッッ



真姫「ムリニキマッテルジャナイ!!」

にこ「あれはボールというよりドリルね! にっこにっこにー☆」

花陽「タスケテェェェェェ…!!」


107 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 19:03:42.39 ID:ZVYbx50eO
── 三回表


凛「ぐぅぅぅぅにゃああああっ!!」
ヒュンッ


カキーンッッ


凛「危ないにゃっ!?」
ヒョイッ

にこ「これはセンターに抜けちゃうわ!」

真姫「海未っ! 何とかするのよっ!」


海未「言われなくともっ、くっ…! たぁぁぁぁっ!!」
パシッ ゴロンゴロン

希「ナイスダイビングキャッチや!」

海未「さすがはUTX……下位打線でもこの鋭い打球……」


花陽「わぁぁぁぁぁんなぅぅぅぅっ!!!!」


カキーンッッ


真姫「…何でいつもこっち見てるの?」

にこ「そっちこそ見てるでしょ!」

真姫「そっちが見るから見るんだってばー!」

にこ「ほらっ、やっぱり見てるじゃない!」


海未「真姫、打球が」


真姫「え? ぺぷしッ!?!!」
バキッ

にこ「……だ、大丈夫?」
パシッ


海未「真姫! ニコを見てないで打球を見ててください!」

真姫「わ、わかってるわよ! 痛いわねー!」


108 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 19:13:36.90 ID:ZVYbx50eO
花陽「つーあうー」

真姫「しまっていくわよーっ!」


海未(ツーアウトランナーなしで、バッター綺羅さんですか…)


綺羅「そろそろ本気見せちゃおうかな」

凛「うぅっ…」
ビクビク

海未「凛! 大丈夫です! 打たせていきましょう!」

凛「う、うん……うーーっ、にゃっ!」
ヒュンッ

綺羅「そーれっ!」
カキーンッッ

凛「また打たれたにゃ!?」

海未「心配いりません、この打球なら……ことりっ!!」


ことり「おっけ~♪」
バサバサッ


綺羅「私がいつ高坂穂乃果より劣ってるって言った?」

海未「え?」


ことり「やぁぁぁぁぁぁぁんっ!!!!」
ヒューーーーーンッ


海未「そ、そんな……」

花陽「ま、また…!? ことりちゃん先輩 in スタンド!?」

真姫「アルパカも一緒よっ!!」


ことり「きゃぁぁぁぁぁ!!!!」
ヒューーーーーンッ

アルパカ「ヴェェェェェェ!!!!」
ヒューーーーーンッ



【UTX 2-0 音ノ木坂】


111 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 19:26:11.84 ID:ZVYbx50eO
にこ「も、もう無理よ……あんな化け物揃いのチームになんか勝てっこないわ……」

真姫「諦めないで!!」

花陽「た、たしゅけっ…たしゅけてぁぁぁぁぁ!!!!」

凛(ラーメン食べたいにゃ…)


絵里「皆、動揺してるわ。タイムアウトを取るべきじゃないかしら?」

海未「は、はいっ! 主審! タイムアウトをお願いします!!」



海未「……私のミスです、もっと慎重に攻めるべきでした。綺羅さんまでもあんな重い打球を放てるとは…」

希「この先どうするん?」

花陽「あの二番と三番も不気味だよぉ……」

海未「はい……この際、あの二人も穂乃果や綺羅さん並の選手と思って向かうべきでしょう」

凛「ま、またホームラン打たれちゃうにゃ…」

ことり「ごめん……ことりのせいで…」

真姫「そろそろ秘密兵器のピッチャー真姫ちゃんの出番かしら?」

海未「……凛」

凛「にゃ……」

海未「幸い塁は空いています…」

にこ「まさか!?」

海未「はい、敬遠しましょう。二番と三番、そして穂乃果も」

花陽「ま、満塁にするの……?」

海未「後の五番を確実に打ち取る……それしか方法はありません」

凛「わかったにゃ」


114 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 19:38:41.76 ID:ZVYbx50eO
凛「にゃーっ!!」
ヒュンッ ヒュンッ ヒュンッ ヒュンッ



綺羅「満塁策ね……まぁそれしか手は残されてないか」

優木「いいのかしら? そんなことして」

穂乃果「もう試合、決まっちゃったかなー」

統堂「ふふふ……馬鹿な奴等め」



花陽「ツーアウト満塁ぃぃぃぃ!!!! 凛ちゃんここ勝負所だよぉっ!!!!」

凛「これ以上、点をやるわけにはいかないにゃ!!」

花陽「この五番ならさっき打ち取っ……!?」

UTX学院生A「……」
ズシン ズシン

花陽「ひゅぁぁぁぁ……っ!?」

凛「う、腕が丸太みたいだにゃ……しかもバットじゃなくて丸太持ってるし……!!」

にこ「ていうかこの人さっきの打席こんな肉々しい体つきしてたっけ!?」

海未「穂乃果のホームランによって意気消沈していたので記憶が曖昧なのでしょう……」


統堂「頼んだぞ! 兄者」

統堂(兄)「おうッッ!!」
ズシン ズシン


115 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 19:49:13.79 ID:ZVYbx50eO
凛「ど、どこに投げても打たれる気がするにゃ……」
ビクビク


真姫「あの丸太……」

にこ「何かわかったの!?」

真姫「ストライクゾーンを全てカバー出来る……最早チートね」

にこ「ルール的にありなの!? それ!!」

真姫「いや……うちのチームの海未も竹刀を使ってるから何の文句も言えないわ」

にこ「そ、それもそうね…」


統堂(兄)「すまぬすまぬ…」

花陽「ど、どうしてこの人謝ってるの!?」

統堂「これから打たれるピッチャーに対してのせめてもの償いだろう。さすがは兄者、慈悲深い」


凛「う、ううっ……もうこうなったらどうにでもなれにゃ!! せいにゃぁーーっ!!」
ビュンッ

統堂(兄)「ぬぅりゃァァァァッッ!!!!」
バコスコーンッッ


ズドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドッッッッッ


ことり「ひぃっ……!!」
バサバサッ パシッ

ことり「やぁぁぁぁぁンンっっ!!!!」
ヒューーーーーンッ

アルパカ「ヴェッッ!? ヴェェェェェェッッ!!!!」
ガジッ ヒューーーーーンッ



ことり「ひゃぁぁぁぁぁンっっ!!!!」
ヒューーーーーンッ




ことり「ああぁぁぁぁ──」
ヒューーーーーンッ



ヒューーーーーンッ



キラーーンッ


117 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 20:03:56.23 ID:ZVYbx50eO
海未「こ、ことりーーっ!!」

花陽「こ、こここここことりちゃん先輩が銀河の藻屑になっちゃった……!!」

真姫「満塁策が裏目に出てしまったわね!」

凛「あ、あぁっ……ぐにゃぁ……」


絵里「誰か探しに行った方がいいんじゃない? 南さんを欠いたままで試合になるとは思えないし」

海未「そう、ですね……では私が」

希「ウチが行く」

海未「し、しかし…」

希「ことりちゃんは多分、神田明神の辺りまで飛ばされとる」

海未「ど、どうしてそんなことがわかるのですか…?」

希「神田明神もこの音ノ木坂学院の野球グラウンドもスピリチュアルな場所やからね!」

海未「よくわかりませんが、お願いします…」

希「よっしゃ!」

絵里「さすがは希ね」

海未「で、では私達は試合の続きを」

絵里「待って!」

海未「え…?」

絵里「今ので皆、我を失ってるわ。それにメンバーも欠けたまま……ここはタイムアウトを取るべきじゃないかしら?」

海未「は、はいっ! タイムアウトお願いしますっ!!」


【UTX 6-0 音ノ木坂学院】


122 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 20:31:01.81 ID:ZVYbx50eO
優木「さすがはお兄様、マーベラスですわ♪」

統堂「兄者、バイトの途中だろう? 大丈夫なのか?」

兄者「おぉ、そうだったそうだった! ならそろそろワシは行くぞい」

綺羅「お疲れー」

兄者「すまぬすまぬ……」
ズシン ズシン




にこ「ろ、六点差とかもうね……」

真姫「まだいけるわ!! ほらあれ見なさい! さっきのあの怪物が帰っていってるわ!」

花陽「で、でもこの点差じゃ……向こうのピッチャーから点どころかヒットもおろかバットに当たるイメージすら想像できないよぉぉ…」

海未「……っ」

絵里「諦めるの?」

真姫「そんなわけないでしょ!!」

海未「そうです、真姫の言う通り諦めたりなんてしません!」

絵里「なら顔を上げなさい! そしてしっかりと見据えるのよ! 私達が倒すべき相手の姿を」

海未「倒すべき相手…」

海未「……!」
キッ


穂乃果「……!?」

穂乃果(海未ちゃんのあの目、まだ死んでない…)


希「おーいっ!」

ことり「お待たせぇ~!!」
バサバサッ

海未「ことり! 身体は大丈夫なのですか!?」

ことり「うん! 地面に体を打ち付けられる時にこの子がクッションになってくれたから♪」

アルパカ「」


125 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 20:53:34.30 ID:ZVYbx50eO
凛「てりゃっ!」
ビュンッ


カキーンッ


花陽「ショートぉぉ!!」


海未「胡蝶の舞っ!!」
ユラユラ パシッ


真姫「なんて可憐なグラブさばきなの!」

にこ「やっとチェンジだ~」

凛「……この回五失点……ぐすっ…」

希「……」


絵里「希」

希「やるしかなさそうやね…」



── 三回裏


穂乃果「……」
ビュンッ


ズドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドッッッッッ


希「んー」



にこ「やっぱりあんな球打てるわけないわ!」

絵里「……打てなくても出来ることはあるわ」

海未「どういうことですか?」

絵里「希のバットをよく見てみなさい」

花陽「……? ただの木製バットにしか見えないけど」

ことり「あっ! なんかお札みたいなのが貼られてる…?」

絵里「えぇ……スピリチュアルパワー、希はそう呼んでるわ」


126 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 20:59:53.67 ID:Qf6uheMUO
もうなんでもありだなw


127 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 21:00:50.92 ID:ZVYbx50eO
カーンッ


にこ「えっ? あのボールに当てた!?」

真姫「違うわ! よく見て!」


カーンッ カーンッ カーンッ カーンッ


海未「ボールはミットの中におさまってます! ならあの音は一体…」

花陽「あ、あれは……!! 何……?」

凛「バットでホームベースをカンカンしてるにゃ!」



希「そいやっ! そいやっ! ていっていっ!」
カンッカンッカンッカンッカンッカンッカンッ

穂乃果「……??」

優木(何……この人……。高坂さん、惑わされちゃダメよ)

穂乃果(うん…)
コクッ


希「ていっ! ていっ! てーいっ!!」
カンッカンッカンッカンッカンッカンッカンッカンッカンッ


ズドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドッッッッッ


真姫「全くもってイミフだわ! 結局見逃し三振じゃないっ!」


希「エリチ、頼んだよ」

絵里「てことは、上手くいったのね? ふふっ」

海未「……?」


128 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 21:19:04.10 ID:ZVYbx50eO
絵里「……」

穂乃果(この人……)



にこ「ねぇ、あんたさっき何をして遊んでたのよ?」

希「んー? 遊んどったんちゃうよ?」

花陽「じゃあ何を…」

希「ウチはね、結界を張ってきたんよ。ホームベース上にね」

海未「け、結界……?」

希「この世のあらゆる物理法則を無効化する結界を」


ズドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドッッッッッ


絵里「……」
ピクッ

穂乃果「え……?」

優木(ボールが…来ない……?)

絵里「ふふっ、止まって見えるわ! ていうか止まってるわ! いただきっ!!」
カキーンッ

優木「ヤバめっ!!」



凛「おぉーっ!」

真姫「綺麗にセンター返し、お手本の様なバッティングだわ!」

にこ「初めてランナーが出たわ!」

希「これがスピリチュアルパワーや」

海未「こ、これはいけるかもしれません…! 次のバッターは誰ですか!? この勢いのまま……ん?」

ことり「アルパカさんっ、しっかりっ! バット握れる?」

アルパカ「ヴェ……」

海未「……」


129 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 21:31:46.74 ID:ZVYbx50eO
にこ「ていうかこんなこと出来るなら最初からやりなさいよ! 勿体ぶっちゃって」

希「……ウチのパワーも万能やないんよ」

にこ「でも現にこうして結果が出てるんだから」

希「実はな……この結界、一打席分しか持たんのや」

にこ「は……?」


ズドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドッッッッッ


アルパカ「ヴェェェ!?」
カーンッ


凛「あぁ……打ち上げちゃった、キャッチャーフライだにゃ…」

花陽「これでつーーあうぅーー…」

にこ「てか一打席だけって全然っ意味無いじゃないっ! あんたの後がホームランバッターでもない限り!」

希「まぁ…これはただの確認やから。この地の霊脈がどんなもんかの、な…」


ことり「私が打つよ」

海未「ことり…」

ことり「今度こそ、穂乃果ちゃんから…!」



優木(ちゃんと球は来てる……さっきのは何だったのかしら?)


131 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 21:38:21.82 ID:Qf6uheMUO
なんだかんだでバットに当てれてるアルパカ
有能


132 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 21:42:21.48 ID:ZVYbx50eO
ことり「穂乃果ちゃん…」

穂乃果「ことり、ちゃん…」

ことり「負けないよっ!」

穂乃果「穂乃果だって!」


絵里「……」
チラッ

希「……」
コクッ


穂乃果「覇ぁぁぁッッ!!!!」
ビュンッ

ことり「っ!!」

絵里「……」
シュタタタタッ



にこ「と、盗塁!?」

真姫「単独スチール!? 意表を突いたわね!」

海未「む、無茶ですっ! 穂乃果のあの豪速球に対し」


ことり(な、何で…!? エンドランを狙って!? ならことりは何とかしてボールに当てなきゃっ)

ことり「くっ…ぅぅっ!!」
スカッ

優木「この私から盗塁なんてっ、何を考えているのかし、らっ!」
ズギューーンッ


海未「な、何という強肩…!!」


綺羅「はーい、お疲れ様っ」
パシッ

絵里「……」
ピタッ

綺羅「滑り込む気も起きないみたいね。私達から盗塁なんか無理よ、無理無理」

絵里「そうみたいね、ふふっ」


133 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 21:54:42.79 ID:ZVYbx50eO
── 四回表


海未「あ、あの……さっきのは」

ことり「どうして……ことりを信じてくれなかったのっ……?」

絵里「信じているわ。だから次の回の打順を貴女からにしてあげたんじゃない」

ことり「……?」

絵里「貴女達に改めて聞いておきたいんだけど、この試合勝ちたい?」

海未「と、当然です!」

ことり「うんっ!」

真姫「当たり前でしょ? 今更何言ってるのよ!」

にこ「負けるのは嫌いよっ!」

花陽「は、花陽も勝ちたいですっ!!」


絵里「貴女は? 貴女はどうなの? 星空凛」

凛「……凛は甲子園に行くんだにゃ、だからその為にもUTXに勝たないと」

絵里「……勝利の代償として野球が怖くなったり、嫌いになるかもしれない。それでも貴女はこのたかが練習試合、勝ちたいって本気で思える?」

凛「凛は野球が大好きだから! 何があっても嫌いになるわけないにゃ!」

絵里「……そう。なら勝てるかもしれないわね……貴女の精神が壊れないなら」

凛「……?」

絵里「希」

希「……ええんやね? 本当に」

凛「う、うんっ! 凛は勝ちたいっ! 大好きな野球で負けるのは嫌だにゃ!!」

希「……わかった、ウチに任せとき」


135 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 22:12:00.32 ID:ZVYbx50eO

希「……これでよし、と」


真姫「な、何をしてるの…? マウンドにお線香とか変な液体とか撒いて」

にこ「おまじないとか?」

希「近付くなっ!!」

にこ「えっ!?」

希「マウンドには近付いたらあかん……これから先、マウンドへの立ち入りを禁止する」

海未「ど、どういうことなのですか…?」

希「……マウンドに呪いをかけた」

真姫「の、呪いですって!?」

にこ「近付いたらダメって……だったらピッチャーの凛ちゃんはどうなるのよ!?」

希「覚悟の上でマウンドに立ってもらう」

海未「そ、そんな…」

希「さぁそろそろ試合再開するよ? はい散った散った」

絵里「凛、気を強く持ちなさい」

凛「うん……」



凛「うぷっ……はぁっ、はぁっ…」
ビチャビチャ

凛(立ってるだけで体の中が何かに蝕まれてるような感覚……頭がクラクラして倒れちゃいそうだにゃっ…)

凛(でも頑張らなきゃっ……絶対勝つって皆と約束したんだにゃ……だから凛が倒れるわけにはっ…)
フラフラ


138 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/31(木) 22:20:01.39 ID:DcXmZagvO
のんちゃん何者


144 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 18:08:36.52 ID:Z2N/BUhvO
凛「にゃぎゅっ…ぐっ、げほっげほっ……!!」
ビチャビチャ


ヒュンッヒュンッヒュンッヒュンッ


海未(凛……)

真姫「下位打線相手に三連続フォアボールって……どうしたのよっ! 凛っ!」

にこ「これが希のかけた呪い……そうなのよね?」

希「……うん」


綺羅(この回に入ってから明らかに調子を崩してるみたいだけど、スタミナ切れ…?)

凛「はぁっ、はぁっ……うぅーっ、だりゃっ!!」
ヒュンッ

綺羅「私の見込み違いだったか……ならそろそろ引導を渡してあげなきゃね、たぁぁーっ!!」
カキーンッッ


統堂「はぁぁっ!!」
カキーンッッ


優木「え~いっ!!」
カキーンッッ


穂乃果「だよねっ!!」
カキーンッッ




凛「はぁ…、はぁっ……ぐぼっ、おええええぇぇぇぇっ!!」
ビチャビチャ

花陽「り、凛ちゃんっ!!」

凛「だ、大丈夫だからっ……来ないでっ……」



真姫「は、八失点……さすがの真姫ちゃんも諦めムードなんだけど」

にこ「で、でもこれが勝利への道なのよね!?」

希「うん……でも、それも凛ちゃんがどこまで耐えられるか次第や」



【UTX 14-0 音ノ木坂】


145 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 18:20:10.09 ID:Z2N/BUhvO
凛「おぇっ……ぎゅにゃっ、あっ……うぅああっ!!」
ヒュンッ


カキーンッッ


海未「と、届けっ! はぁぁっ!」
パシッ

海未「セカンドっ!!」
ヒュンッ

希「オッケー♪ ファースト!」
パシッ ヒュンッ

真姫「任せなさいっ…んぎゅほぉぉぉッッ!!??」
ボキッ

にこ「ボールっ、ボール……あ、真姫ちゃんの口の中に嵌まってるニコ~」

海未「これでやっとチェンジですね……」

ことり「14点差か…」

凛「あ、あれ……? チェンジなの……?」

花陽「そうだよっ、だから早くベンチに戻って休も?」

凛「うん……げほっげほっ…!!」



──四回裏


絵里「さて、そろそろ反撃開始といきましょうか」

海未「本当にあの穂乃果から打てるのですか…?」

希「さっきの凛ちゃん見とったやろ? あのマウンドに立ってまともな投球なんか出来るわけがないんよ」

花陽「なるほどなるほどー」

真姫「ことり!」

ことり「……」

真姫「ちょっと聞いてるの!? 貴女の打順よ!!」

ことり「……絶対に打つ……絶対に打つ……」
ブツブツ


146 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 18:31:34.08 ID:Z2N/BUhvO

穂乃果「……っ!? うぷっ…!!」

穂乃果(な、何……? 急にゾワゾワって……、…吐き気も……)
フラッ

優木「高坂さん…?」

綺羅「どうかした? 穂乃果」

穂乃果「な、何でもないよ……大丈夫だから…」

穂乃果(風邪でも引いちゃったのかなぁ…? バレたら体調管理ができてないってまたツバサちゃんに怒られちゃうよ……)

穂乃果(でもこれくらいならっ……うぐっ……さ、さっきより酷くっ……)
フラフラ


ことり「……」

穂乃果「ことりちゃん……っ、はぁ…はぁ……っ」
ビュンッ


ズドドドドドーーーーッ


ことり(希ちゃんが言った通り、さっきまでの投球と大違いだ……この程度なら、打てるっ!)

ことり「てぇぇぇぇぇいっ!」
カキーンッッ

穂乃果「っ!?」



真姫「鋭い打球がファーストの頭を越えてライト線ギリギリに転がってるわ!!」

花陽「これは長打になりますっ!! 回れ回れ回れ回れ回れ回れ回れ回れ回れ回れーっ!!」


ことり(一塁でも先にっ!)
バサバサッ


真姫「まるで翔ぶようなベースランニングだわ!」

にこ「でもベースはちゃんと踏んでるのはさすがね!」


147 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 18:49:30.11 ID:Z2N/BUhvO
海未「ことりのスリーベースヒットで得点のチャンスです!」

にこ「次のバッターは……凛ちゃん! いけるの!?」

凛「いけるにゃ!」

花陽「あ、あれ? 元気に…?」

凛「あのマウンドを離れたら急に生きる希望が湧いてきたにゃ! 投げてる時はどうやって死のうかばかり考えてたけど……凛の未来は明るいにゃ!!」

真姫「そう…良かった……べ、別に心配なんかしてたんじゃないんだからっ! 勘違いしないでよねっ!!」

凛「真姫ちゃんやかましいにゃぁー! バットは静かなのが余計にたちが悪いにゃ!」

真姫「な、何ですってー!!」

凛「よーしっ! いってくるにゃー!」



ズドドドドドーーーーッ

カーンッ


凛「ただいまにゃー」

真姫「って凛ーっ!! ピッチャーフライってやる気あるの!? 今の相手ピッチャーは弱ってるんでしょ!? ならカーンって大きく飛ばしなさいよーっ!!」

凛「や、やかましいにゃこの女……」


花陽「次は海未ちゃんだから心配いらないよねぇ……ってあれ? あれれ? 海未ちゃんは…」

希「さっきあっちの方へ行って…あっ、帰ってきた!」

海未「すみません、お待たせしました」

にこ「まったく……あんたの打順よ」

海未「はい、行って参ります」
ゴゴゴゴゴゴゴ


にこ「す、すごい闘気……いや殺気……?」

真姫「あ、海未ったら竹刀忘れてるわよ!」

花陽「ほ、ホントだ! おぉぉぉいっ! 海未ちゃぁぁぁぁぁんっ!!」

海未「はい?」
ジャキンッ

花陽「ひゅぎぇぇぇぇ!?」

にこ「あ、あんた…それって、まさか!?」

海未「あ、これですか? “天叢雲剣”といい園田の家に受け継がれている家宝の一つです。……私はこれで穂乃果を…、いえ穂乃果の球を斬ってみせます!!」

花陽「し、真剣……? ひょえぇぇ……!!」

真姫「球斬っちゃダメでしょ…」


148 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 19:46:50.73 ID:Z2N/BUhvO
海未「……」
ゴゴゴゴゴゴゴ

穂乃果「うぐっ……はぎゅっ、うぎゅぐぅぅぅっ……!!」

海未(……すみません穂乃果、本来なら万全の状態の貴女から打ってみたかった……)

穂乃果「はぁっ、ぐはっ…!!」
ブハッ

優木「吐血…!? 高坂さん!?」

穂乃果「だぁぁぁぁーーっ!!」
ビュンッ


ズドドドドドーーーーッ


海未「一刀両断ッ!!」
スッ



真姫「打球音がしない? あんだけ大口叩いておいて打てなかったの!?」

にこ「待ちなさい! ミットにボールはおさまってないわ!」

花陽「と、いうことはっ…!!」

絵里「バックスクリーンを見てみなさい」

にこ「えっ?」

希「文句なしの、ホームランや」


花陽「や、やったぁぁぁぁ!!!! あれ? でも何で音がしなかったの…?」

ことり「それはね」

海未「風斬り……刃とボールが触れる際に真空を生み出し、空気抵抗無視の打球を放つ。園田流野球術壱の奥義です」

にこ「し、真空って……凄いわね…」


カキーンッッ


ことり「ふぇ?」

凛「あっ! 真姫ちゃんもしれっとホームラン打ってるにゃ!」

にこ「え?」

花陽「えぇぇぇっっ!?」



【UTX 14-3 音ノ木坂】


149 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 20:02:42.41 ID:Z2N/BUhvO
カキーンッ フォアボール カキーンッ



凛「満塁だにゃ!!」

海未「迎えるバッターは生徒会長です!」

ことり「生徒会長!」

絵里「今日だけ特別にエリーチカって呼んでもいいわよ」

真姫「お断りしますっ!!」

絵里「……」

アルパカ「メェェェェ……」




穂乃果「くっ……げほっげほっ…!!」

綺羅「穂乃果…」

統堂「おい高坂!! ふざけているのか!? この程度の連中相手に」
ガシッ

統堂「ぐぁあああああっ!! な、何だこれはっ…!? おろろろろぉ…!!」
ビチャビチャ

優木「え、英玲奈!?」

穂乃果「はぁっ…はぁっ……そっか、やっぱりこのマウンドだけおかしいんだ…」

綺羅「マウンドがおかしいって…どういうこと?」

穂乃果「よくわかんないけど…」

優木「超状現象の類かしら?」

統堂「そんなスピリチュアルなことあってたまるか!!」

優木「交代する…?」

穂乃果「誰が立っても同じだよ、それに……向こうのピッチャーも同じ条件の筈だから」

綺羅「さっきの回の大乱調はそういうことだったのね…」

優木「ど、どうしたらいいの…」

綺羅「そんなの決まってる。いけるんでしょ? 穂乃果! ていうかいってもらえなきゃ困るから」

統堂「お、おいっ!」

穂乃果「勿論だよっ…!」

綺羅「グラウンドの上にいる以上、どんな言い訳も通用しない。それが野球よ」


150 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 20:13:55.08 ID:Z2N/BUhvO
穂乃果「はぁぁぁっ!!」
ビュンッ


ズドドドドドーーーーッ


優木(球威は酷いモノね……これじゃこの先何点取られるかわからないわ)


ズドドドドドーーーーッ


絵里「ふふっ、絶好調……神に替わって私が罰を下してあげるわ! その名もグランドスラムッ!!」
カキーンッ

穂乃果「あっ…!?」




絵里「し、しまった! ひっかけてしまったわ!」
タタタタッ




海未「あぁ……ボテボテのショートゴロです…」
ガクッ

凛「6…4……3……ふにゃぁぁ!! ゲッツーだにゃぁぁーっ!!」
ガクッ

真姫「こんなイケイケムードの大チャンスに併殺打なんて信じられないっ!!」

ことり「で、でもまだまだ攻撃のチャンスはあるんだから切り替えていこう!」

花陽「結局三点止まりだぁぁぁ……」

にこ「誰かさんがダブられるからよっ!!」

希「ま、まぁまぁ…野球なんやしこんなこともあるわけで」

絵里「……」

希「エリチも反省しとるから許してあげて、な?」

絵里「……」

真姫「本当に反省してるの?」

にこ「なんとか言いなさいよ!!」

絵里「……チェンジよ」

にこ「知ってるわよ!!」


152 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 21:16:49.73 ID:Z2N/BUhvO

真姫「こんばんわ。実況兼解説の真姫ちゃんよ」

にこ「実況兼解説のにこにーでぇすぅ~☆」

真姫「とてつもない試合になってきたわね」

にこ「そうね! 縺れに縺れたこのゲームもあとは九回の攻防を残すのみとなったわ!」

真姫「それではここまでのハイライトをフリカエッテイキマショウ!」

にこ「にっこにっこにー☆」


真姫「まずは初回、UTXの攻撃ね」

にこ「ホームラン性の当たりがズドンズドン飛んでたけど、全部ことりちゃんの超スーパーファインプレーでシャットアウトしたんだよね~」

真姫「まぁそれも通用したのは最初だけだったけど…」

にこ「そうね! 向こうに飛んでもない化け物が潜んでいたんだもの!」

真姫「投げては100マイルを軽々越える超豪速球、打っては外野手ごとスタンドに放り込むとんでも打球……さすがの真姫ちゃんも武者震いだったわ!」

にこ「んでんでんで、それにビビっちゃったうちの首脳陣が出した策が強打者を恐れての敬遠策~」

真姫「これがよろしくなかったわ! その後ろに更なる強打者が控えてたんじゃイミナイジャナイ!!」

にこ「諦めかけた私達に起死回生のチャンスが!」

真姫「希のよくわかんない呪いとかいうやつね……未だに意味わかんないわ!」

にこ「まぁそのおかげで凛ちゃんはヘロヘロになって大量失点しちゃったわけだけど、向こうのピッチャーも同じくヘロヘロ状態に陥らせることに成功したわ!」

真姫「互いのピッチャーがポンコツ化した後に待っていたのは、壮絶な乱打戦だったわね!」

にこ「そうね! まさにチーム一丸となってUTXをサンドバッグにしてやったわ!」

真姫「ていうかここまでのMVPってこの真姫ちゃんじゃない? 二の一でホームラン打ってるし、自分の所へ飛んできた打球は必ずアウトにしてるし」

にこ「う~ん……そう言われればそうかも……?」

真姫「ふふっ、でっしょー♪ あ、ていうか今って何対何だっけ? 得点と失点しすぎてよくわかんなくなっちゃったわ」

にこ「えっとー……」
ペラッ


【UTX 29-27 音ノ木坂】


真姫「へぇ……ってまだ負けてるじゃない!!」

にこ「最初の14点差を考えれば大健闘ニコ~☆」

真姫「それもそうね! 私達の攻撃は九回裏だけ……何としてでも追加点はあまり与えないようにしないと!」

にこ「頑張って守備で凛ちゃんを助けるニコ~☆」

真姫「任せて!!」


153 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 21:30:52.72 ID:Z2N/BUhvO
【UTX 29-27 音ノ木坂】

──九回表


花陽「凛ちゃん、大丈夫…? まだいけそう?」

凛「余裕だにゃ!」

花陽「あ、あれれれ…? 元気になってる……?」

凛「うん! なんだかだんだん身体が軽くなって調子戻ってきたんだにゃー!」

希「なっ…!? なななななななななーーーーっ!?!!」

凛「の、希生徒会副会長!?」

希「も、もしかして…」
ズンッ

花陽「あっ、マウンドは…」

希「……やっぱり」

凛「にゃ?」

希「嘘や……こんなに早く、ウチの呪いの効果が切れるなんか…」

花陽「え……ええええええええ!?」

凛「あーどうりでー」

花陽「じゃ、じゃあ!! 平であのピッチャーから打たないといけないってことぉぉ!?」

希「そう、なるね…」

にこ「それは無理よ!!」

真姫「無理じゃないわ!!」

海未「真姫の言う通り、諦めなければ神は微笑んでくれる筈です!!」

絵里「神頼みってわけね」

海未「幸いにも点差はたったの二点差です。ですがあの穂乃果から二点取るなど至難の技……ここは無失点で切り抜けたいところですね」

凛「う、うんっ!」

花陽「で、でもっ、向こうの打順が…」

海未「一番の綺羅さんから、ですか…」

凛「うぅっ……」

絵里「星空凛」

凛「にゃ…?」

絵里「昨夜のこと、覚えてるわよね?」


154 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 21:48:44.73 ID:Z2N/BUhvO
凛「昨夜……???????」

絵里「まさか忘れてしまったの!?」

凛「覚えてるにゃ! あの球のことだよね?」

絵里「えぇ……覚えてたなら最初から言いなさいよ」

凛「じゃ、じゃあ…」

絵里「使用を許可するわ! ていうかここを無失点に抑えるなんかもう使わざるを得ないから」

凛「で、でも……練習でも一回しか成功しなかったにゃ…」

絵里「大丈夫、きっと出来るわ! 貴女は本番に強い人、そうでしょ? 小泉さん」

花陽「多分!!」

絵里「ほら、もっと自信を持ちなさい」

凛「にゃ!!」



真姫(何を話していたのかしら? まぁいいわ)

真姫「しまっていくわよー!!」

花陽「うぉぉぉぉぉぉ!!!!」



凛「……っ」

綺羅「……」

凛(あの球を……)

花陽「凛ちゃん! 大丈夫だよ!! 絶対に凛ちゃんならやれるから!! 花陽も絶対に受け止める!!」

花陽「だから昨日の夜に練習したっていうすごい魔球投げ込んできてよっ!!」

綺羅(魔球……?)

凛「かよちんっ……うぅーーーっ!! いっくにゃぁぁーーーー!!!!」
ヒュンッ


ギュルルルルルルッシュインシュインーーッ


155 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 22:01:40.99 ID:Z2N/BUhvO
ギュルルルルルルッシュインシュインーーッ


綺羅(球威が戻ってる…? それにあの妙な球じゃなくて変化球……この回転はスライダーね)
ピクッ

綺羅(でもこんな付け焼き刃の変化球が私に通用すると思ってるの? 絶好球には変わりはないわっ!)


綺羅「もらったっ! えっ? 落ちっ…」
ブンッ




穂乃果「っ!?」

統堂「あのツバサが空振りなんか珍しいな…」

優木「そんなスゴい球には見えなかったけど」



綺羅(そんな馬鹿なっ…!? 回転は間違いなくスライダーの回転だった、でも落ちた……? 有り得ないっ)


花陽「すごい……すごいよ!! 凛ちゃん!! ちゃんと通用してるよっ!!」

花陽「そっかぁ! 受けてみてわかったけど、この球って回転とは全く違った変化をする魔球なんだねぇ!! 取るのも一苦労だよぉぉっ!!」

綺羅「回転と全く違った変化をする魔球……?」

凛「はわわわわっ!! かよちんっ!! さっきから饒舌すぎるにゃーー!!」

真姫「わかったわ! この真姫ちゃんの目に狂いはないもの! それは間違いなく魔球エンジェルよ!!」

凛「だから黙るにゃ!! このアホ女!!」



綺羅「魔球エンジェル……そういうことだったのね」


統堂「まさかあのドリームスの!?」

優木「本当に再現できるなんて…」

穂乃果「へ? ドリームスって何?」


157 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 22:21:58.33 ID:Z2N/BUhvO
統堂「あんな隠し玉を用意していたとは…」

優木「でも、ならどうして今まで使わなかったのかしら?」

穂乃果「器の問題じゃないかな?」

優木「器?」

統堂「さるぐつわだと…!?」
ガタッ

穂乃果「……もし本当に魔球っていうのが存在してるなら、それは使う投手を選ぶと思うんだ」

穂乃果「今まで見た感じだとあのピッチャーは発展途上みたいだからまだ上手く扱えないんじゃないかな?」

優木「自信が無いってわけね」

穂乃果「だからよく目を凝らせば絶対に粗が見えてくるはずだよ! そこを逃さなければ必ず」

優木「打てる」

穂乃果「うん、例えば回転……ボールが回転に逆らって変化するなんて有り得ないよ。バットに触れる瞬間、違う…触れた後まで回転を追っていけば私達なら打てる」

統堂「なるへそ…」

穂乃果「それに多分あれだけじゃない気がする……あのボールにはまだ何か……、可能性としては」

優木「……」

穂乃果「あっ、何でもない! 今のは忘れて!」

統堂「いや、言いかけたなら最後まで言え」

穂乃果「言ったところで混乱するだけだよ。穂乃果の予想が当たっていたらあの球は打てない……私以外はね」

優木「貴女がスゴい選手ってことは理解してるけど、私達だって」

穂乃果「格が違うんだよ……穂乃果と皆とじゃ。勿論、ツバサちゃんでさえも」
ゴゴゴゴゴゴ

穂乃果「誰も、私には敵いっこない!」

優木「……ツバサちゃん! ちょっと来て!」



ツバサ「回転を……まぁ一理あるわ。やってみる」

穂乃果「……」


優木「これでいいんでしょ?」

穂乃果「ありがと! あのピッチャーが不安定な内に誰か出塁して穂乃果にまで回してね」

統堂「私達に捨て駒になれ、と? ふふ、面白い」


162 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 22:49:35.48 ID:Z2N/BUhvO
ツバサ(回転か……さっきもちゃんと見てたつもりなんだけどなぁ……)


凛「にゃぁぁっ!!」
ビュンッ


ギュルルルルルルッシュインシュインーーッ


ツバサ(さっきと同じスライダーの回転……ここから落ちるのよね…? 回転から目を途切れさせないようにっ……なっ!? 落ちないっ!? 回転通りのスライダー!?)

ツバサ「チッ、反応が遅れたっ!」
カーンッ

花陽「ふぁぁぁぁぁぁるっ!!!!」


凛(落ちなかった…! 失敗しちゃったにゃ!)



穂乃果「ほら、あの顔」

統堂「失敗しちゃったにゃぁぁ!! という表情だにゃ……だな…」

優木「付け入る隙は充分にありそうね」



花陽「つぅぅぅぅぅすたらぁいっくぅぅぅぅぅぅ!!!!」

凛「とりあえず追い込んだにゃ!」

綺羅(クソッ! 投げるなら完成させてから投げろっ! どうする…どうするっ……一か八かどちらかに絞って……いやっ、この私がそんな運任せのバッティングなんかっ)


凛「とりゃぁっ!」
ビュンッ


ギュルルルルルルッシュインシュインーーッ


綺羅(来たっ……えっ? カーブ!? また違う変化するっていうの!? どうすれば…ヤバイヤバイヤバイって!)

綺羅「くぅっ…!! なっ…? 浮いたっ…しまったっ!!」
カーンッ


凛「おぉっ! ファーストフライだにゃ!」

海未「え? ファースト……真姫っ! ニコ先輩っ!」


165 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 23:00:10.48 ID:Z2N/BUhvO
真姫「こんな凡フライ、余裕よ!」

にこ「いやいやいやっ! 真姫ちゃん前科ありすぎで信用できっこないわよ! ニコが取るわ!」

真姫「はぁ? 私に任せなさいよ! ていうか何でこっち見てるの?」

にこ「そっちが見てきて…って! 打球が飛んできてるからに決まってるでしょ!!」

真姫「だから私が取るんだってば!!」

希「ちょっと二人とも! ケンカしてる場合やないって!! それやったらウチがっ!!」

凛「凛の守備範囲にゃーーっ!!」

海未「そ、そんなファーストに集まらないでくださいっ!! 危険ですっ!!」


真姫「私が取るって言ってるでしょー!!」

にこ「ニコがーーっ!!」

希「いやいやウチのスピリチュアルキャッチで」

凛「凛にゃぁぁーーーーっ!!!!」


海未「あぁっ…もうっ!! ことりっ!!」


ことり「はぁ~いっ!」
バサバサッ


真姫「え?」

凛「あーっ!」


ことり「ケンカする人達にはボールはあげません♪」
パシッ


海未「ほっ……」


花陽「つーあうーじゃなくて、わんなうーっ」


166 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 23:06:48.24 ID:/a593TLSO
なんで漫才やってんだよwwwwww


167 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 23:12:58.08 ID:bKy6jy9jO
ことりの守備範囲広すぎワロタ


168 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 23:15:21.55 ID:Z2N/BUhvO
綺羅「くっ……」

統堂「無様だな」

綺羅「は? この私が打てなかった球を打てるっていうの!?

統堂「無論だ。そもそもお前は己の力を過信しすぎている傾向がある」

綺羅「誰に口聞いてるのよ!? ただの高校球児の分際で!!」

統堂「ふっ、そのメジャーリーガー様があんなピッチャー相手に凡打とはな…」

綺羅「うるさいっ!!」

優木「ふ、二人ともケンカは…」

統堂「そうだな…、では行ってくるとしよう」

綺羅「さっさと凡退してこいっ!!」

統堂「お前と一緒にするな、まぁ見ていろ」



綺羅「クソッ!! どいつもこいつもこの私にっ!!」

穂乃果「ツバサちゃん、仕方無いよ」

綺羅「穂乃果…」

穂乃果「ツバサちゃん程度の実力では仕方無いよ」

綺羅「あ、あんたまでっ…」

優木「……」



統堂「ただいま帰ったぞ」

綺羅「……は?」

統堂「すごいなあのピッチャー! なんだあの球はっ!」

優木「……」

綺羅「……」

統堂「すまぬ…すまぬ……」

穂乃果「あはははははっ」


169 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 23:31:18.84 ID:Z2N/BUhvO
優木(まぁ一応勝ってはいるけど……誰もあの球を打てないと思われるのは癪ね)


花陽「つぅぅぅぅぅぅぅああああああああああああ!!!! あと一人だよぉ凛ちゃぁぁんっ!!」



優木(回転とはまるで違った変化をするボール……と思えば投げそこないでそのままの回転のままの場合も……)


優木(ツバサちゃんの話ではカーブの回転で伸びて更には浮いてきたと……、極めて厄介ね)


優木(もし……仮にも全ての変化球の回転で全ての変化を自在に操れるんだとしたら、それは本当に魔球と呼ぶに値するもの)


優木(だとしたら狙って打つのは不可能…? 可能性だけで考えれば投げそこないを考慮した上で素直に見たままの回転を追って打つのが一番マーベラス?)


優木(確かな対策が整っていない今、最善の選択はやっぱり──)


凛「あっ!!」


ギュルルルルルルッシュインシュインーーッ


優木「え? ひぃッきゃああああっっ!!!!」
バキッ


凛「あ、あわわっ……すっぽぬけたボールが顔面にっ……あのー、大丈夫ですかにゃ…?」


優木「痛いわねっ!! この私の美しいお顔に傷でも付いたらどうしてくれるのよ!? 責任取ってくれるの!? まったく……」
スタスタスタ


凛「おぉ…、元気そうで何より……でも感じどこかで……?」



優木「何でこっち見てるの…?」

真姫「そっちが見てきたんでしょ?」


173 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 23:55:31.00 ID:Z2N/BUhvO
穂乃果「あはっ」
ゴゴゴゴゴゴ

凛「……っ」


海未(あの魔球とやらで何とか凌いできましたが、穂乃果相手に通用するかどうか……敬遠しますか……)

穂乃果「敬遠とかやめてね? 穂乃果、あの球を打ってみたいだよねー」

海未(勝負を……駄目ですっ、駄目っ!! 勝ちに行くのならこれ以上の失点は死を意味します、ここで穂乃果と勝負など…)

絵里「迷っているようね…、一度タイムアウトを取るべきじゃないかしら? 貴女自身の為にも」

海未「は、はいっ! 主審!! タイムアウトをお願いします!!」




ことり「穂乃果ちゃんには悪いけど、ことりは敬遠するべきだと思う」

花陽「花陽もそう思いますっ!! あの人だけは次元が違うっていうか…」

にこ「ニコも勝負しない方が良いと思うニコ~」

真姫「私も今回こそは敬遠策に賛成よ」

希「カードも敬遠するべきって告げとる。エリチはどう思うとるん?」

絵里「そんなの決まってるわ。敬遠一択よ! むしろぶつけて一確でも良いわ!!」

海未「凛は?」

凛「勝負するのは怖いにゃぁぁっ!! 絶対打たれちゃうにゃぁぁ!!」

アルパカ「ニャアアーーッ!!」

海未「ふむふむ……今、チームの心は一つになりました。穂乃果からは逃げます……敬遠しましょう!!」

海未「勝負はなしです!!」

「「「おぉぉぉぉ!!!!」」」


海未「凛、決して打たれないように極端に外してください」

凛「しょーちだにゃ!!」


174 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/04(月) 00:10:07.11 ID:eBoHCdt+O
凛「えいにゃっ!」
ヒュッ

穂乃果「えっ……?」


花陽「わんぼぉぉーーっ」
パシッ


凛「てりゃっ!」
ヒュッ


穂乃果(海未ちゃんっ…!!)
ギロッ

海未「……」


花陽「つぅぼー」
パシッ


凛「うりゃっ!」
ヒュッ

花陽「すりぃぼぉー!」
パシッ


穂乃果(ここを切り抜けても、そんな逃げ腰で穂乃果の球が打てると思ってるの…?)
ゴゴゴゴゴゴッ

海未(勝つ為の最善策をとったまでです)
ゴゴゴゴゴゴッ


凛「それーっ!」
ヒュッ

花陽「ふぉっ、ふぉわぼぉーるっ!!」


穂乃果(絶対に打たせないっ……そんな海未ちゃんには絶対に負けないよ!!)
ゴゴゴゴゴゴッ

海未(必ず、打ってみせます……貴女の渾身の一球を!!)
ゴゴゴゴゴゴッ


凛「せいっ!」
ヒュッ


カーンッ


真姫「オーライオーライ…」

ことり「オーライオーライ♪」
バサバサッ パシッ

真姫「もうっ!! 邪魔しないで!!」

にこ「チェンジ~☆」


絵里「ナイスピッチングだったわ」

凛「うんっ!!」


海未「泣いても笑っても次が九回裏、最後の攻撃……絶対に負けません!!」


【UTX 29-27 音ノ木坂】


182 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/04(月) 17:44:10.10 ID:0D7k0XXQO
【UTX 29-27 音ノ木坂】

──九回裏



海未「点差は僅か二点です……皆の力が一つになれば必ず逆転できます!!」

真姫「ここまで来たんだもの!! 絶対勝つわ!!」

花陽「で、でも呪いの効力が消えたあのピッチャーから得点なんて…」

ことり「大丈夫! 打てるよ! 皆なら!!」

にこ「そうね! ポジティブにいくわよ! まずは先頭打者、絶対に出塁しなさいっ!! さっきの回、希で終わったから…えっと……げっ!!」

絵里「私からね」

希「エリチ、頼んだで」

にこ「不安で仕方無いわ…」

絵里「さて、と…」

海未「お願いします、生徒会長」

ことり「会長さんっ!」

絵里「えぇ…、大船に乗ったつもりでいなしゃい」

凛「あ…、待って!!」

絵里「凛…?」

凛「円陣! 皆で円陣組むにゃー!!」



凛「1!」

花陽「2!」

真姫「3!」

海未「4!」

ことり「5!」

にこ「6!」

アルパカ「7!」

希「8!」

絵里「9!」


凛「音ノ木ーーっ!! プレイ──」

「「「ボールっ!!!!」」」


183 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/04(月) 17:54:37.09 ID:0D7k0XXQO
絵里「かしこいかわいい?」

優木「……?」

絵里「ふふっ、正解はエリーチカ……この私よ!」


ズドドドドドドドドドドーーッッ


絵里「……とても速いわ」

優木(球威が完全に戻ってる…! ていうか腕が痺れて……こんな調子の良い高坂さんの球を受けるのは初めてかも)

穂乃果(さっきまでが嘘みたいに体が軽いや)


穂乃果「悪いけど負ける気がしないよ」
スッ

絵里「待ちなさい!」

穂乃果「っ!?」

絵里「タイムアウトよ!!」




絵里「……」
トコトコトコ

にこ「何で帰ってきてるの…? 代打要員ならいないわよ」

絵里「……園田さん、あれを貸してくれないかしら?」

海未「あれとは……まさかこの、天叢雲剣のことですか!?」

絵里「話が早くて助かるわ……勝利の為に剣を我が手中に…、お願い」

海未「……わかりました」
スッ

絵里「おぉ……」
ジャキンッ


185 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/04(月) 18:02:37.55 ID:0D7k0XXQO
絵里「ふふふ…」
ジャキンッ


穂乃果「あ、あれは……海未ちゃんの刀……?」

優木「うろたえては駄目よ、高坂さん! こんな業物、常人に扱えるワケがないんだから!」

絵里「常人なら…、そうでしょうね」


ズドドドドドドドドドドーーッッ


絵里(…ッ!? 重くて振れない……困ったわ)


穂乃果「でやぁぁぁっ!!」
ビュンッ


ズドドドドドドドドドドーーッッ


優木「うふっ♪」
パシッ

絵里「くぅっ…えいやっ!」
ブンッ



にこ「や、やりやがった……完全にミットにおさまってからスイングなんて、始球式でも滅多に見られないわ!!」

真姫「素振りなら他所でやってほしいわね!!」

花陽「これでワンナウトっ……」


絵里「……」
トコトコトコ

希「エリチ!!」

絵里「……あのピッチャー」

海未「何かわかったのですか!? 攻略法でも…」

絵里「とてもハラショーよ!」


186 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/04(月) 18:12:56.91 ID:0D7k0XXQO
ズドドドドドドドドドドーーッッ

カーンッ


凛「あぁぁ……ピッチャーフライだにゃぁぁーー」

にこ「一瞬にしてツーアウト……もうおしまいよっ…」

真姫「待って!! あれを見て!!」


アルパカ「ヴェェェェェェっ!!」
ダダダダダダダダッ


海未「全力疾走……確かにミットに捕球されるまで何が起こるかわかりませんが、あれはやろうと思ってもなかなかやれることではありません」

ことり「アルパカさんっ…」

真姫「あれこそが本来のあるべき野球の姿なのよ!! ドリームスでも熊野さんが全力疾走を怠って久里に殴られてたわ!!」

にこ「どっかの誰かさんにも見習ってほしいわね!」
チラッ

絵里「……キャッチされた…これでツーアウトね。後が無くなったわ」

花陽「あと一人っ…」

海未「ことり…」

ことり「……うんっ!」
キッ


187 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/04(月) 18:32:05.94 ID:0D7k0XXQO
ことり(私がアウトになればチームの負けが確定する……皆の夢が終わっちゃうっ…!)

ことり(チームの為に……皆の為に、私は戦うっ! 絶対に出塁する!! この腕が、足が、翼が、どうなろうと構わないっ!!)



絵里「……これ、ただの練習試合よね?」

にこ「やかましいっ!!」



穂乃果「いくよ、ことりちゃん」
ゴゴゴゴゴゴ

ことり(穂乃果ちゃんっ…!)



海未「っ!?」

花陽「あ、あれ…? ことりちゃん先輩……目を瞑っているように見えるけど…」

絵里「完全に閉じているわ……今、あの子が見ているのは何処までも続いている、闇よ」

にこ「目を瞑って打てるわけないじゃない!!」

海未「恐らく……余計なモノをシャットアウトして感覚を極限まで高めているのでしょう」

希「感覚って……ボールが見えんかったらバットに当てられるわけが」

海未「いえ……私も初めて見ますが、理にかなっています」

凛「ど、どゆこと?」

海未「ことりは風を読むことができます……それに穂乃果の超豪速球は異常なまでの球速であるため、マウンドからバッターボックスまでの間の空気の流れに対する干渉がとても甚大です」

海未「その空気中の…風による変化を読みきれればどのコースにどのタイミングでボールがくるというのもわかる筈…」

真姫「なるほど……もしそれが可能だとしたら視覚なんて邪魔なだけって話ね」

にこ「ね、ねぇ……ことりってホントに人間なの……?」


188 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/04(月) 18:46:39.10 ID:0D7k0XXQO

ことり「……」

優木(…っ!? すぐ傍にいるのに気配をまるで感じない……?)


穂乃果「視覚を捨てた…? いくらことりちゃんでも穂乃果の球が打てるわけないよっ!」
ビュンッ


ズドドドドドドドドドドーーッッ


ことり(来るっ…! やっぱりすごく速いっ!! でもコースとタイミングが見えてるからっ)
カーンッ

優木「なっ…!?」



花陽「ふぁっ、ふぁぁぁぁぁるっ!!」

にこ「当てた!? 目を瞑ったままで!?」

真姫「本当に風と一体化しているのね…」

海未(見えているのですね……ことり)



ズドドドドドドドドドドーーッッ

カーンッ


ことり(くっ……わかってるのにカットするのが限界だっ…! すごいよ…穂乃果ちゃん……でも、負けないっ!!)



ズドドドドドドドドドドーーッッ

カーンッ

ズドドドドドドドドドドーーッッ

カーンッ

ズドドドドドドドドドドーーッッ

カーンッ


優木(もぅっ、しぶといっ!! 高坂さん、変化球で仕留めるわよ)

穂乃果「……」
コクッ


ズドドドドドドドドドドーーッッ シュルルルルルルルルルッッ

カーンッ


優木(えっ…嘘でしょ!? 初見の変化球にも食らい付いてくるなんて…!!)


189 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/04(月) 18:57:10.26 ID:0D7k0XXQO
ズドドドドドドドドドドーーッッ


ことり(これは……外れるっ…)
ピクッ

優木「チッ…」
パシッ


ズドドドドドドドドドドーーッッ シュルルルルルルルルルッッ

カーンッ

ズドドドドドドドドドドーーッッ

パシッ

ズドドドドドドドドドドーーッッ

カーンッ

ズドドドドドドドドドドーーッッ シュルルルルルルルルルッッ

パシッ


優木(くぅっ……ボール球は完全に見切られているし、ストライクゾーンの球は速球でも変化球でもカットしてくるっ…)

穂乃果「……っ、はぁ……はぁ…っ…」

優木(こんなくだらない練習試合で万が一、高坂さんの肩が壊れでもしたら何て言われるか……仕方ないわね、高坂さん)

穂乃果「……」
コクッ


ズドドドドドドドドドドーーッッ

パシッ



にこ「外れた! 四球で出塁よ!!」

花陽「やったぁぁぁぁ!!!!」

真姫「絶対に私まで回しなさい!! 凛っ、海未っ!!」

海未「はい!」

凛「……っ」

花陽「凛ちゃん……?」

凛「あっ…り、凛の打順だよねっ…」
ガクガク


192 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/04(月) 19:13:34.05 ID:0D7k0XXQO
希「り、凛ちゃんっ、しっかり!」

凛「う、うんっ…!」
ガクガク

絵里「凛、向こうのピッチャーなんだけど」

凛「な、なに…?」

絵里「立ち上がりの時より球威が増しているわ、それに変化球も多用してきている……手強い相手よ」

凛「ひ、ひぃっ……」
ガクガク

にこ「ビビらせてどうするのよっ!!」

真姫「凛、真姫ちゃんからのアドバイスよ! ことりみたいに風になりなさい!」

凛「な、なれるわけないにゃぁぁっ!! にゃあああああああああああぁぁぁぁぁ!!!!」

絵里「凛が取り乱しているわ! タイムアウトを取るべきじゃないかしら?」

海未「は、はいっ! 主審!! え? もう使えない…?」

絵里「困ったわね…凛がこの様子だと…」

にこ「誰のせいよっ!! 誰のっ!!」

凛「にゃぁぁぁ……」
ガクガク


花陽「……凛ちゃんっ!!」

凛「か、かよちんっ……」

花陽「凛ちゃんは甲子園に出場するのが夢だったよね? 花陽、知ってるよっ…! 凛ちゃんが誰よりも野球が大好きで大好きで大好きなことっ!!」

花陽「今戦ってるUTX学院はメジャーリーガーが二人もいて今年の甲子園優勝の第一候補って言われてるのっ! その人達相手にあと一歩まで迫ってるんだよ!!」

花陽「これってすっごく楽しいことじゃないの? 凛ちゃんが大好きな野球の一番楽しい瞬間なんだよっ!!」

凛「かよちんっ…!」

花陽「だからねっ…、精一杯楽しんできてほしいなって、花陽は思うよっ!!」
ギュッ

凛「かよちんっ……あ、震えが止まったにゃ……うんっ! うんっ!! よーーしっ!! いっくにゃーーっっ!!!!」


193 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/04(月) 19:28:04.34 ID:0D7k0XXQO
凛「にゃっ!!」

優木(まさかここまでてこずるとはね……でも、このバッターでフィナーレよっ♪)

凛(そういえばこの試合…凛、全然だめだめだなぁ……。確変中も凛だけノーヒットだったし、ピッチャーとしても29失点……)

凛(すごく辛くて悔しかったけど、皆と野球できて……楽しかったにゃ! 負けたとしても凛の夢は続いていくけど……けど……嫌だにゃ!!)

凛「大好きな野球で負けるのは嫌なんだにゃぁっ!!」
ゴゴゴゴゴゴ


穂乃果「……」
チラッ

ことり「…っ!」



にこ「ことりが足速いのは知ってるけど、リード大きすぎない?」

海未「凛を手助けしているのでしょう。少しでも穂乃果の注意が自分に向いてくれればもしかしたら甘い球を放つかも…と。それに」

真姫「で、でもあのリードはあまりにも…」

海未「ことりなら何の心配もいりませんよ。見てください」

希「あっ、また目を閉じてる」

真姫「わかったわ! 風が読めることりだからあのピッチャーの体の動きでいつ牽制球が来るかもわかるのね!?」

海未「その通りです。やろうと思えば三盗くらいまで余裕でしょう」

希「それをしないのは、凛ちゃんの為ってわけやね」


ことり「……」

穂乃果「…っ」

優木「高坂さんっ! ランナーなんか気にしなくていいわ! バッターに集中して!!」


194 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/04(月) 19:45:11.67 ID:0D7k0XXQO
ズドドドドドドドドドドーーッッ


凛「にゃぁっ!?!!」

凛(こ、こんなの打てっこな……ダメだにゃ! 弱気になっちゃ!!)
ササッ

優木(バントの構え…? 無駄な足掻きを……貴女程度じゃ当てることなんて不可能よ)

ことり(バント……! そうだ!)


穂乃果「はぁぁぁっ!!」
ビュンッ


ズドドドドドドドドドドーーッッ シュルルルルルルルルルッッ


ことり「っ!!」
バサバサッ


にこ「ことりが走った!?」

真姫「正確には飛んでるわ!!」


凛「へ、変化球っ…ぐにゃぁぁっ!!」
スカッ

優木(盗塁……? 私の暴投でも期待したのかしら? でも残念、そんな挑発には乗らないわ)
パシッ


希「盗塁成功や!」

花陽「で、でもっ、これでツーストライクで追い込まれましたっ…!! 凛ちゃぁぁんっ!!」


凛(うぅっ…!! バントですら当てられないにゃっ!!)

ことり「……タイムアウトお願いしますっ!!」

綺羅「貴女達にタイムアウトは残されてないわよ!!」

ことり「泣きの一回を使いますっ!!」

綺羅「はぁ!?」

統堂「泣きの一回なら仕方あるまい」

ことり「ありがとうございますっ!」


195 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/04(月) 19:52:14.03 ID:16i7PcKWO
ことりちゃんの泣きの一回なら仕方ないな


196 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/04(月) 19:54:09.90 ID:0D7k0XXQO
海未「ことりは一体何をするつもり…」

絵里「ま、まさか!?」

希「エリチ!?」

絵里「多分だけど、代打と代走よ」

真姫「は?」

絵里「だから、ことりが代打としてバッターボックスに立って、凛が代走として二塁走者に…!」

にこ「あんた野球のルール知ってるの…?」

絵里「ふふ、冗談に決まってるじゃない」

にこ「尚更たちが悪いわよっ!!」

真姫「こんな緊迫した場面で何を考えてるのっ!!」

絵里「……私はただ暗いムードを何とかしてあげようと…」

希「うんうん、ウチにはわかっとるよ」

絵里「希っ……まるで女神様ね」

希「そんな照れるやんっ、あっそういえば女神やないけど…ことりちゃんの背中に天使の羽みたいなのがさっきチラッと見えた気が…」

海未「天使の…羽……?」



凛「ことりちゃんっ…」

ことり「凛ちゃんにお願いがあるの!」

凛「お願い…?」

ことり「うん……あのね──」
ゴニョゴニョ


197 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/04(月) 20:10:43.97 ID:0D7k0XXQO
綺羅「ちょっと! いつまでタイムアウトしてるの!?」

ことり「もう終わったよ♪」
バサバサッ


凛「お、おまたせっ…にゃっ、あぁっ… !!」
ズルズル

穂乃果「っ!?」

優木「あ、あれは!?」

凛(ことりちゃんが言ってたにゃ! なんとしてでもボールに当てて転がしてくれって……でも今の凛の技術じゃあの速球に対応するのはとても難しいにゃ!! だからっ)
ズルズル

統堂「兄者が置いていった丸太だと…!?」

凛「お、重いっ…にゃぁっ!! でもっ、これでっ…ストライクゾーンはカバー出来るにゃぁっ!!!!」
ズルズル



にこ「考えたわねっ!!」

真姫「でもあれを振り回すなんて凛に出来っこないから当てられるだろうけど内野ゴロ確実よっ!!」

花陽「それでもっ、転がりさえすれば何か起きるかもしれませんっ!!」

希「その通りやっ! しかも凛ちゃんって結構足が速いから奇跡が起こるかも!」

絵里「奇跡、ね……狙って起こせないからこそ奇跡なのよ」

海未(ことり……)


198 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/04(月) 20:27:24.79 ID:0D7k0XXQO

凛「にゃぁっ…!!」

優木(三振だけは逃れようって魂胆ね……まぁ別にいいわ。この一球でフィナーレよ!)


穂乃果「でやぁぁぁーーっ!!」
ビュンッ


ズドドドドドドドドドドーーッッ


凛「丸太クラッシュにゃー!!」


バコッ


凛「ま、前に転がったにゃ! あとは」


ことり『いい? 当てたら絶対に振り向いたりしないで全速力で一塁を目指すこと!』


凛「ダッシュだにゃぁぁーーっ!!」
ダダダダダダダダダッ


コロコロ


穂乃果「ピッチャーゴロ、これでゲームセッ─」

ことり「ッ!!」
バサバサッ

綺羅「きゃっ!? な、何!?」


ビュゥゥゥゥゥゥゥゥッッ


統堂「なっ…!? この強風は…!? 内野に竜巻だと…!?」


穂乃果「うぅ、ぐっ…ボールっ、ボール何処っ!?」

綺羅「ほ、穂乃果っ! クソッ、目がっ…!!」

優木「けほっけほっ……高坂さんっ! 西南西の方向よっ!」

穂乃果「あ、あった! 間に合えーっ!!」
パシッ ビュンッ

凛「も、もう少しだにゃぁーーっ!!」
ダダダダダダダダダッ


ズドドドドドドドドドドーーッッ

ダダダダダダダダダッ


199 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/04(月) 22:24:39.53 ID:0D7k0XXQO
凛「でぃにゃああああっ!!」
ズシャーーッ


アルパカ「セェェェェフッ!!!!」


優木「い、異議申し立てよ!!」

綺羅「そうよ! あの丸太使ったり竜巻生み出したりっ! もう無茶苦茶じゃないっ!!」

凛「丸太はそっちだって使ってたにゃー!! しかもそれで凛から満塁ホームラン打ってたしーっ!!」

綺羅「うぐっ……ならあの竜巻は言い逃れできないわ!! 守備妨害でしょ!!」

ことり「……」

綺羅「何とか言いなさいよ!! このトサカ頭!!」

ことり「タマタマデス」

綺羅「はい?」

ことり「ヒッシデハシッテタラタマタマスナボコリガ……ホントニタマタマデス」

統堂「ふむ……たまたまなら仕方ないか」

綺羅「そ、そんなのって…!」

穂乃果「ツバサちゃん、大丈夫だよ。次の打者を抑えればいいだけだから」



真姫「なんやらかんやらで凛が出塁したわ!!」

絵里「これが…」

希「エリチ?」

絵里「これが私達の奇跡っ…!!」

にこ「あんたは何もしてないでしょ…」

花陽「ツーアウトランナー、一三塁!! 二点差!! そしてバッターは」

海未「……」
ジャキンッ

希「海未ちゃん!」

にこ「海未っ!」

真姫「海未!!」

花陽「海未ちゃんっ…!!」

絵里「貴女に託すわ、私達の夢を」

海未「行って参ります……いざ尋常に、勝負ッ!!」
ジャキンッ


200 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/04(月) 23:09:56.89 ID:0D7k0XXQO
海未「……穂乃果」
ゴゴゴゴゴゴ

穂乃果「……海未ちゃん」
ゴゴゴゴゴゴ



ズドドドドドドドドドドーーッッ


海未「くっ…!」
スカッ

海未(更にスピードが上がっている……もっと…、もっと早く振り抜かなくては…!!)


穂乃果「無駄だよ…、海未ちゃんじゃ穂乃果には勝てない」

海未「その台詞は私を打ち取ってから言ってもらいたいですね」

穂乃果「そう…、ならあと二球だよ」

穂乃果「覇ぁぁぁぁっっ!!」
ビュンッ


ズドドドドドドドドドドーーッッ


海未(ボールが指から離れたっ、先程と同じ最速のストレート…、コースは内角高めっ、今ですっ!!)
ジャキンッ


スパッ


穂乃果「っ!?」

優木「う、嘘……!?」



にこ「打った…!?」

希「いやっ、ファールや! そしてこっちにボールが飛んできてるっ!!」

花陽「はわわわわぁぁっ!! 助けてぇぇぇぇっ!!」

にこ「大丈夫よ」

希「ニコっち?」

にこ「だってこっちには真姫ちゃんがいるんだから」

真姫「へ…?」


ギュルルルルルルルルルルルッッ


真姫「ちょ、なっ…ひゅぶぉぉッッ!?!!」
バキボキッ

花陽「た、助かったぁ…!!」

真姫「痛いわねっ!! 今までで一番痛かったわ!!」

希「なっ…!? そ、そのボール…」

花陽「えっ…えぇぇぇぇっ!?」

真姫「な、何よこれ…!!」

にこ「ま、真っ二つに……」


コロコロ


203 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/04(月) 23:37:34.84 ID:0D7k0XXQO
優木(高坂さんのストレートを真っ二つに……? てか真剣振り回 … されるとめちゃくちゃ怖いんだけど…)


海未「あの頃と比べて成長したのがまさか自分だけだと思っていたのですか?」

穂乃果「別に海未ちゃんのことを見下してるつもりはないよ、でも……最強は穂乃果だから」

海未「そうですか……でしたら、貴女を倒して私が最強の座を頂戴します」

穂乃果「面白いこと言うね……真っ二つにできても前に飛ばせなきゃ点は入んないよ?」

海未「ならば、次はそうするとしましょうか」



にこ「どうして海未は風斬りを使わないのよ? タイミングは完璧に合ってるんだからあれを使えばスタンドまで運べるんじゃないの?」

希「確かに……そう言われてみれば」

真姫「使いたくても使えないのよ」

花陽「真姫ちゃん…?」

絵里「どういうこと?」

真姫「海未が言ってたでしょ? 風斬りはボールと刃が触れる瞬間に真空を生み出すって…」

にこ「うん…」

真姫「その瞬間に周囲の空気に干渉出来るのは何?」

希「ボールと、刃…?」

真姫「その通りよ。だからこそ海未があそこに真空を作る為には飛んでくるボールよりも強い運動エネルギーであの空間を支配しなくてはいけない」

真姫「前の時は投手が本調子じゃなかったからそれも可能だったみたい。でも、今はタイミングこそ捉えているけれど純粋な力比べで勝っているかって言われればそうではない筈…」

真姫「よって、今の海未に風斬りを使うのは不可能……一応これが私の見解ね」

希「なるほどなるほどー」

絵里「実は私もそうじゃないかと思っていたのよ」

にこ「……」


204 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/04(月) 23:57:42.91 ID:0D7k0XXQO
穂乃果「これでっ、終わりだよっ!!」
ビュンッ


ズドドドドドドドドドドーーッッ ギュルルルルルルルルルルルッッ シュルルルルルルルルルッッ


海未(変化球っ…!? ま、間に合うかっ…!!)
スッ

優木(よしっ…あの刃をかわしたっ! これでゲームセッ─え!?)

海未「はぁぁぁぁッッ!!!!」
キーンッ

優木(刃を返し、面としてボールに当てた…!? 何て反応の速さなの!?)


海未(危なかった……穂乃果の性格上、私には全球ストレートで挑んでくると思っていましたが……このキャッチャーの差し金ですか…)


穂乃果「まさか今のについてこれるなんて、正直ビックリしたよ」

海未「速球と比べ急速が緩い分、変化し始めてからも充分に対処できますよ」

穂乃果「そっか、じゃあ海未ちゃんを打ち取るならやっぱり穂乃果自慢の超豪速球でいかないとねー!」

海未(ブラフ…? 信用していいのでしょうか…? 変化球に注意しすぎると豪速球にはとても対応できない……しかし豪速球狙いで変化球がきた場合、先程の様に上手くカットできるかどうか…)


穂乃果「最後の一球……これで、決めるよっ!!」

海未「……私も、決めてみせますっ!!」


穂乃果「覇ァァァァッッ!!!!」
ビュンッ

海未「たぁぁぁぁぁッッ!!!!」


ズドドドドドドドドドドーーーーーーッッ


205 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 00:20:10.52 ID:g3Mb35yxO
海未(ぐぅっっ…!! 重いっ、でも何としてでもっ!! 皆の想いを打球に乗せっ…)

カキーンッッ


穂乃果「えっ……?」

海未「……っ」
ゴソゴソ


ことり「だ、打球は!?」

凛「センター深くまでぐんぐん伸びていってるにゃー!!」

優木「そんなっ……高坂さんが打たれるなんてっ…」


綺羅「まだよっ!!」


にこ「いけいけーっ!!」

花陽「そのままスタンドまでぇぇっ!!」

真姫「あ、駄目っ…! 失速していってる…! これは届かないわ!!」


綺羅「英玲奈ーっ!!」


統堂「任せろ、守備範囲だ」
ピタッ


希「あのセンター! もうフェンスギリギリまで下がって構えとる!!」

にこ「そんなっ…! あと少しだったのにっ!!」


穂乃果「ほっ……海未ちゃん、これで穂乃果の勝ち──っ!?」

海未「……っ!!」
ギギギギギギッ


凛「え? 海未ちゃんが弓を構えてるにゃ!?」

ことり「まさかこの位置から打球を射抜いて強引にホームランに!?」

綺羅「そ、そんなこと出来るワケっ…!!」


海未「はぁぁぁぁッッ!! ホームランアローシューーッ!!!!」
ズダダダダダダダダッ


ヒューーーーッッ

グサッ


ことり「打球に刺さった!!」

凛「海未ちゃんの矢の勢いでボールもどんどん押し飛ばされてるにゃ!!」


ズキューーーーーーーンッッ


207 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 00:32:35.05 ID:g3Mb35yxO
ズギュュュュュュュンッッ

カコーン


花陽「は、入った……!!」

凛「ホームランだにゃー!!!!」

にこ「逆転3ランホームラン……ってことは」


【UTX 29-30× 音ノ木坂】


希「サヨナラ勝ちや!!」

絵里「ハラショー……今日一番のハラショーだわ」

真姫「まったく……美味しい所持っていって……まぁ今回だけは許してあげるわ。MVPは貴女のモノよ、海未」


ことり「海未ちゃんっ! やった! やったねっ!!」

凛「すごいにゃ!! すごすぎるにゃ!!」

海未「私だけの力ではありません、皆が打たせてくれたホームランです」


優木「負けた……? 私達が……?」

綺羅「……っ!」

統堂「…ツバサ」

綺羅「……ふふっ、あははははっ!! 完敗よ、まさか私の知らないこんな野球があったなんてね…」

綺羅「これだから、野球は…面白いっ…!!」

優木「ツバサちゃん…」

統堂「……お前、泣いているのか?」

綺羅「そ、そんなっ、わけっ……ひぐっ……」

優木「そっか……ツバサちゃん、負けたの初めてだっけ…?」

統堂「敗北の味を知って、お前はもっともっと強くなれる! 胸を張れ」

綺羅「う、んっ…!」


208 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 00:36:58.09 ID:zu9hRKq9O
(これ野球じゃないような…)


210 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/05(火) 00:42:04.33 ID:Qx3h2QTM0
いつからこいつらが野球をしていると錯覚していた?


211 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 00:43:01.91 ID:Xzv44Z1F0
アルパカが参加してる時点で野球じゃない事は分かっていただろう?


212 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 00:49:15.52 ID:g3Mb35yxO
穂乃果「……負けたの? 穂乃果…」

海未「私が、勝ちました」

穂乃果「……そっか」

海未「今回はたまたま勝てただけです……次はどうなるかわかりません」

穂乃果「メジャーにおいでよ、海未ちゃん……そこでまた穂乃果と」

海未「おや? もうすぐ地区予選が始まりますが? 再戦は早い方が良いでしょう」

穂乃果「あ、そうだね!」

海未「勝った方が、甲子園です!!」

穂乃果「負けないよ! 次こそ絶対に負けないよっ!!」


凛「海未ちゃーんっ! 整列するにゃー!!」

綺羅「穂乃果も、ほら! 早く戻ってきなさい!」

海未「あ、はいっ!」

穂乃果「はーいっ!」







──三ヶ月後


凛「わぁぁぁぁーー!! ここが甲子園……テンション上がるにゃーーーーーーーー!!!!」
ピョンピョンッ

花陽「り、凛ちゃんっ…!! 駄目だよっ、勝手にグラウンドに上がったりしたらっ!!」

凛「にゃーーーー!!!!」
ダダダダダダダダッ

花陽「って聞いてないし…、綺羅さん達の試合は明日だよー!? 今日はもうホテルに戻ろうよー!!」

凛「おーーいっ!! かよちーーんっ!!」

花陽「ほ、ほんとに怒られちゃうよ!?」

凛「かよちん! 甲子園の砂で握ったおにぎり美味しいにゃー!」
ガジガジ

花陽「へ? おにぎり!? じゅるっ…」



━━fin━━


213 : ◆hjwFaAU9TE 2014/08/05(火) 00:52:18.45 ID:g3Mb35yxO
こんな馬鹿馬鹿しいモノにお付き合いいただきございまウィッシュ(>ωゞ)y-~

ではではー
また気が向いたら何か書くにゃー


217 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 01:50:33.23 ID:YeOogEIh0
おつ

テンポ良くて面白かった


218 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 02:50:23.12 ID:JEZKKFHX0
乙!ドリームズ好きだからネタが使われてるのがなんか嬉しかった


219 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 02:52:38.60 ID:mfGe99S0O
乙乙
良い勢いだった


220 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/05(火) 09:42:25.51 ID:ACEnqNIDO

こんな突き抜けた作品書けるの羨ましい


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1406545281/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ラブライブ!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2014/12/09(火) 05:37:17

    大草原不可避


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ