Powered By 画RSS


杏「お腹がすいた」

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 17:49:25.46 ID:tSL8unvMo
「ん……?」

 杏は目を覚ます。

「きらり?」

 寝惚けた頭は自分がどこにいるのかを忘れ、きらりの名前を呼んでみる。

「……あー、そっか、ここ、きらりの家じゃなかったっけ」

 昨日まではきらりの家に泊まっていたのだから、間違えるのも仕方ない。と杏は自分を納得させる。
 杏の家のエアコンが三日前に故障、それからまずはきらりの家に泊まり、昨日からはここに泊まっているのだ。
 
「あー、そっか、ここで寝ちゃってたのか」




3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 17:50:23.47 ID:tSL8unvMo
 ここは、事務所の仮眠室である。
 時計を見ると昼の一時。
 
「さすがに、起きようかな」

 お腹もすいてきたことだし。
 事務室まで行けば何かあるだろう。事務室隅のミニキッチンには冷蔵庫もあったはず。
 
「うああ」

 大欠伸をしながら事務所に行くと、そこには大原みちるがいる。
 というか、みちるしかいない。ちひろもPもいない。

「あれ、杏さん。いたんですか」

「いたよ、昨日の夜からずっといたよ」


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 17:50:52.65 ID:tSL8unvMo
「お泊まりですか?」

「まーね」

 ごそごそと戸棚を探る杏。

「あれ、何にもないね」

 いつもならカップラーメンやお菓子の一つはあるというのに。

「なんで今日に限って何にもないのさ」

「そういえば、銀行のついでに買い出しに行かなきゃならないって、ちひろさんが言ってましたね」


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 17:51:18.74 ID:tSL8unvMo
「みちるは留守番なの?」

「そうですよ」

「ふーん……ところでさ」

「はい?」

「さっきから何食べてるの?」

「パンですけど」

「ずっと食べながら話してるよね、器用だね」


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 17:51:46.48 ID:tSL8unvMo
「ふふふふふ、台詞がいつも『ふごっふごっ』しかないと思ったら大きな間違いですよ」

「ゴン太くんと間違えそうになるよ」

「いえいえ、ゴン太くんは杏さんですかね」

「なんで」

「いつもノッポさんと一緒にいるじゃないですか」

「よぉし、きらりの前でもう一度同じこと言ってもらおうか」

「すいませんでした、先輩」


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 17:52:17.63 ID:tSL8unvMo
「わかればよし」

 ぐーっ

 杏の腹の虫が鳴いた。

「……あ」

「お腹すいてます?」

「うん」

「パン食べます?」


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 17:52:45.47 ID:tSL8unvMo
「ありがと」

「食べかけですけど」

「は?」

「今囓っているのが最後の一個なんですよ」

「それしかないの?」

「はい」

「やあ、食べかけをもらうのはさすがに」


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 17:53:12.15 ID:tSL8unvMo
「そうですか? 私は気にしませんけど」

「いやいいよ、それはみちるが食べちゃって」

「そうですか? それじゃあ遠慮なく」

 齧りかけのパンをそのまま一気に咀嚼するみちる。
 あまりの迫力に杏は思わず一歩退いていた。

「そんなに怖がらないでください……怖いですかね?」

「なんかね、一緒に食べられそうな気がするんだよ」

「そうなんですか?」


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 17:53:38.64 ID:tSL8unvMo
「うん」

「あっはっはっ、この前、仁奈ちゃんが走って逃げました」

「完全に怖がってるよね、それ」

「いや、食べませんよ。パンじゃあるまいし」

「仁奈がパンだったら食べるの?」

「んー、事務所の仲間ですから、我慢しますかね」

「ほっ」


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 17:54:09.78 ID:tSL8unvMo
「五分くらいは」

「短いよ!」

 ぐーっ

 叫ぶと腹の虫が鳴る。

「鳴ってますね」

 むしゃむしゃ
 
 許可はもらっているので、みちるは遠慮なく食べ続けている。


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 17:54:39.46 ID:tSL8unvMo
「なんかないのかな」

 再び戸棚に向かった杏。しかしさっきまで何もなかったところに突然現れるわけがない。

「こんにちわー」

 そうこうしているうちに事務所に一人やってきた。

「あれ、みちるさん一人ですか?」

「杏さんもいますよ」

 杏が顔を出すと、そこには椎名法子。


13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 17:55:09.52 ID:tSL8unvMo
「あ、法子ちゃん」

「こんにちは。お二人だけなんですか?」

 そうだよ、と答えつつ杏は法子に近づいて、

「ねえねえ」

「はい」

「ドーナッツちょうだい」

 手を伸ばす。


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 17:55:40.52 ID:tSL8unvMo
「……あ、今は持ってませんけど」

「偽者だ!」

 杏の叫びにみちるも乗っかる。

「偽者ですね!」

「はい?」

 二人の叫びに一歩退く法子。

「本物の法子とドーナッツを出すんだ! 杏はチュロスがいい」


15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 17:56:07.09 ID:tSL8unvMo
「出すんですよ。あたしは、ハニーツイストでいいです。パンがあればもっといいです」

「いや、パンはいらない」

 素に戻る杏。その杏に向き直るみちる。

「パンは大事ですよ?」

 二人の間に入る法子。

「あの、どっちにしてもパンも持ってませんから」

「ちっ」


16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 17:56:36.52 ID:tSL8unvMo
「今みちるさん舌打ちしましたよね?」

「しかし、断固、杏はドーナッツを要求する」

「だからドーナッツもないんですって」

「偽者だ!」

「偽者ですね!」

「話がループしてますよ!?」

「円を描くように?」

「ドーナッツだけに」


17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 17:57:11.68 ID:tSL8unvMo
 ヒューと口笛を吹いて手を合わせる杏とみちる。
 おかしな友情が誕生した瞬間だった。

「つきあいきれません」

 肩をすくめてソファに座る法子。

「Pさんもちひろさんもいないんですか?」

「Pさんはお仕事。薫ちゃんたちを送っていきましたよ。ちひろさんは銀行」

「みちるさんが留守番で、杏さんが寝てたんですね」

 杏がすかさず抗議の声を上げる。


18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 17:57:37.92 ID:tSL8unvMo
「杏はいつも寝てると思われてるのか。酷い風評被害だね」

「違うんですか?」

「違わないけど」

 ぐーっ、と、三度杏の腹の虫。

「お腹減ってるんですか?」

「まぁね」

「何もないんですか?」


19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 17:58:04.55 ID:tSL8unvMo
「ない。見事に何もないんだよ。杏を餓死させる気だね、これは」

「何もないんだったら、出前でも頼みましょうか」

「うーん、財布持ってたっけ」

 杏が言うと、みちると法子も首を振る。

「事務所からならツケでなんとかなりませんかね?」

「勝手にそんなことしていいんでしょうか」

「んー、前に早苗さんがそれやって、ちひろさんに怒られてたような気が」


20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 17:58:33.67 ID:tSL8unvMo
 早苗が素直に怒られるレベルなら、この三人では瞬殺である。

「……せめてお茶でも煎れましょうか」

「どこかに紅茶かコーヒーがあったような……」

 見事になかった。

「ここまで何もないとは」

 何もないと言われると余計に腹の虫が鳴り響く。二分ぶり四度目。
 法子が冷蔵庫を開けた。

「冷蔵庫も空っぽですね、アイスノンと氷、あとマヨネーズとケチャップと日○キャノーラ油、ビールはありますけど」


21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 17:59:08.48 ID:tSL8unvMo
「寮に行けば何かあるんじゃないですかね」

「あ、乾電池がいっぱい冷やしてある」

「寮まで動きたくないなぁ」

「そこは我慢してください」

「ん? エレベータが上がってきたよ」

 地下室に通じているエレベータが動いていた。
 地下からということは、外から帰ってきたわけではない。
 地下にあるのは倉庫や機械室。そして池袋ラボだ。

 きゅらきゅら


22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 17:59:43.73 ID:tSL8unvMo
 エレベータから出てきたのはウサミンロボ。背中にリュックを背負っている。

 池袋晶葉が池袋科学の粋を尽くして開発したウサちゃんロボ。
 そのウサちゃんロボの一部に、異星の超科学ウサミン科学による改修を加えてハイパー化したのが、ウサミンロボである。

 うさーうさー

 ウサミンロボは三人に挨拶すると冷蔵庫へと向かう。
 
 ぱこん、と冷蔵庫を開けて、日○キャノーラ油を取り出すと、頭の耳を取り外して、現れた穴にキャノーラ油を流し込む。

 うさ……うさ……けぷっ

「何今の」


23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 18:00:15.08 ID:tSL8unvMo
「燃料補給ですかね」

「ウサミンロボ、キャノーラ油で動くんだ……」

「しっぽがコンセントだから、電動だと思ってたのに」

「ハイブリッドですかね、色々と」

「でも、さすがにキャノーラ油は……」

 けぷっ……けぷっ……うさ

 一本全部のみ終えたロボは、リュックから新しいボトルを数本出すと、冷蔵庫に詰めていく。
 あれだけあれば、一本ぐらい油以外の物がないのか、と杏はふと思った。


24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 18:00:45.94 ID:tSL8unvMo
「ロボ、それ全部キャノーラ油なの?」

 うさ?
 杏の問いに振り向いたロボは首を振って、ボトルを一本見せる。

 日○ヘルシーリセッタ

「……うん、確かにキャノーラじゃないけど……うん、なんかごめん」

 ぐーっ

 思わず謝る杏の腹の虫がまた鳴った。五度目である。

 うさ?


25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 18:01:13.35 ID:tSL8unvMo
 よく冷えたキャノーラ油を冷蔵庫から取り出すロボ。ふたを開けると、杏に渡そうとする。

「え? あ、いや、気持ちはありがたいけど」

 うさうさ

 ぐいぐいとアピールするロボ。

「いや、飲めないから」

 ぐいぐいとアピールするロボ。

 うさうさ


26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 18:01:39.54 ID:tSL8unvMo
「……いや、だからね、飲めないって」

 ぶもっ

 ウサミンロボを押しのける茶色い巨体。
 ブリッツェン。

 ぶもっぶもっ

 なにやら抗議のような声を上げてウサミンロボを威嚇している。
 【人間はそんな油ばっかり飲めない】と言っているのだろうか。

「おおう、いつの間に来たのか知らないけれどありがとう、ブリッちゃん」

 ぶもっぶもっ


27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 18:02:08.19 ID:tSL8unvMo
 ブリッツェンは杏の前にくわえていた何かを置いた。そして鼻面でそれを杏に向けて押しやる。

「え、なに、それ」

 みちるがうなずく。

「苔ですね。それ。トナカイのご飯です」

「ブリッツェン、苔食べてるのか」

「普通の苔じゃないですよ。ブリッツェンが食べるのは、ペギミンHが含まれている特別な苔だって、イヴさんが言ってました」

 ぶもっぶもっ
 苔を押しやりながら杏に近づいていくブリッツェン。


28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 18:02:39.28 ID:tSL8unvMo
「あ……うん、気持ちはうれしいけど、苔も食べられないよねぇ……ねえ?」

 ブリッツェンとウサミンロボに挟まれた杏は、別の方向へ逃げようとする。

 ……

「あ」

 そこには、一匹のカブトムシ……をくわえたヒョウくんが。
 じりじりと杏に近づいていく。

「まさか、杏にカブトムシを恵むつもりじゃないよね?」

 じりじり


29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 18:03:08.03 ID:tSL8unvMo
「えーと……」

 じりじり
 ぶもっぶもっ
 うさうさ

「二人とも、見てないで……」

 杏は助けを求めるが、みちると法子の姿はいつの間にかない。

「裏切り者ぉおおお!!」

 じりじり
 ぶもっぶもっ
 うさうさ

「杏は油も飲まないし、苔も食べないし、カブトムシも食べないよ!!」


30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 18:03:35.47 ID:tSL8unvMo
 じりじり
 ぶもっぶもっ
 うさうさ
 
「ううう……」

 じりじり
 ぶもっぶもっ
 うさうさ
 にょわ

「にょわ?」

 ヒョウくんとブリッツェンとウサミンロボが宙に浮いていた。
 いや、それぞれ尻尾、角、耳を捕まれ持ち上げられているのだ。


31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 18:04:01.34 ID:tSL8unvMo
 じたばたじたばた
 ぶもっ? ぶもっ?
 うさっ? うさっ?

「杏ちゃんを苛めるいけない子はメッすゆよ?」

 じたばたじたばた
 ぶもっ? ぶもっ?
 うさっ? うさっ?

「みんな、いけない子だにぃ」

 一匹と一頭と一機が壁に並べられる。

「冗談が過ぎちゃう悪い子は~、きらりも本気で怒ゆよ?」


32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 18:04:27.99 ID:tSL8unvMo
 がくぶる
 がくぶる
 がくぶる

「きらり? どうしたの?」

「杏ちゃんがそろそろ起きゆかなぁ☆って」

 包みを差し出すきらり。

「はい、朝昼兼用ごっはーん」

「おおー」

 そういえば、昨晩はきらりも事務所にいたような、と思い出す杏。


33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 18:05:06.89 ID:tSL8unvMo
「杏ちゃんが事務所でねむねむー☆だったから、きらりはお家に帰ったんだにぃ」
「ご飯がないないだったら杏ちゃん悲すぃ? と思って、作ってきちゃったミ☆」

「ありがとね」

「一緒に食べゆ?」

 じりじり
 ぶもっぶもっ
 うさうさ

 これは一匹と一頭と一機の反撃の狼煙ではない。後退しているのだ。
 二人から離れるようにそっと……そっと……
 そしてエレベータの中に逃げ込むと、ウサミンロボが地下のボタンを押す。
 降りていく一匹と一頭と一機。

 それを視界の隅に捉えてにょわにょわと笑っているきらり。


34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 18:05:38.36 ID:tSL8unvMo
「じゃ、食べようか」

「はい、杏ちゃん、あーん」

「それはいいってば……」

「うふふ~、だーれも、見てにゃあよ~☆」

 一方その頃事務所前では……
 事務所に入ろうとするちひろを、みちると法子が遮っていた。

「なにやってるの?」


35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/03(日) 18:06:05.76 ID:tSL8unvMo
 
「いや、お邪魔かなって」

 すっと背伸びして、二人の頭越しに中を覗き見るちひろ。

「……みちるちゃん、法子ちゃん」

「はい」

「買い出し忘れてたからもう一度出かけるけれど、一緒に行く?」

「はいっ」

「なんだか必要以上に暑いから、冷たいものでも飲んでゆっくりしましょうか」

 そう言って、ちひろはニッコリ笑うのだった。

 


36 : ◆NOC.S1z/i2 2014/08/03(日) 18:07:37.66 ID:tSL8unvMo
以上、お粗末様でした


「Pときらりがいなければ杏は生きていけない」という本編ゲームでの言葉に感銘を受けました。素晴らしい。


37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/03(日) 18:29:17.00 ID:GKTDj8hj0
乙ー


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1407055693/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2014/08/07(木) 12:31:34

    ちょっと待ってくれ。

    ペギミンHって、それって、確か・・・

    いや、なんでもない。


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ