Powered By 画RSS


狐娘「なに?ワシを抱きたいじゃと?」青年「おう」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 00:02:54 ID:wt/N8fGo
狐娘「世迷言を申すな。こんな年寄り相手に…… それにお主の母代りでもあるワシに懸想してなんとする?」

青年「うるせぇ、んなこたぁどうでもいい。抱かせてくれるのか、くれないのか。どっちだ?」

狐娘「此奴め、何ちゅうことを言いよる…… どうでもええじゃと?」

青年「そーだ。俺から見りゃまだまだ綺麗だし、母親代りなだけで本当のおっかあじゃねぇしな。それで?どっちなんだ」

狐娘「ああもう、なんなんじゃお主は?女を抱きたいなら色街にでも行けばよかろうが」

青年「いや、お前がいい。お前じゃなきゃ嫌だ」

狐娘「でぇぇい!お主はワシを馬鹿にしとるのか!?ワシのようなババアならちょいと誘えば簡単に股を開くとでも思うたか!!」

青年「――――俺、戦に行くんだ。親父は病で臥せてっし、兄貴は家を守らなきゃならねぇからな」

狐娘「復讐をまだ諦めとらんかったのか、あのバカ城主め。なるほど、血迷うた訳はわかったが、ワシが抱かれてやる理由にはならんぞ?」

青年「金か?金が欲しいのか?金ならあるぞ!ちょっとだけだが。どうだ、これで一晩俺の女房になってくれねぇか?」

狐娘「すっ呆けたことを申すな!金でワシを買えると思うたか、この無礼者め!!」

青年「れ、礼儀知らずは百も承知だ!でもどうすりゃいい?俺はお前が好きなんだ!心底惚れてる!お前以外の女など抱きたくねぇ!」

狐娘「ヘっ!?へ、ヘッタクソな口説き文句じゃの!ま、まぁ、農家の二男坊如きが洒落た言葉など吐けるはずもないがのぉ?」




3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 00:39:27 ID:wt/N8fGo
青年「そーだ、どうせ俺は口下手だ!女を喜ばす洒落た文句なんて言えん!!でも、この気持ちに嘘はねぇ!」

狐娘「うむ、そ、そうか…… 本気じゃったか……」

青年「で、金がダメならどうすりゃいい?そーか、あぶらげか!?」

狐娘「物で釣るな阿呆め!惚れた女子をものにしたいのならば、誠心誠意愛を込めて口説き落さんかい!!」

青年「わかった。じゃ、もう一回言うぞ?」

青年「お前が好きだ!大好きだ!心の底から惚れ込んどる!一晩だけでもいい!俺の嫁さんになってくれ!!」

狐娘「う、うむ…… お主、本気か?本気でワシを……?じょっ、冗談……じゃろ?」

青年「冗談なんかじゃねぇ!ホントなら自分の田んぼを持って、二人分の食い扶持ぐらい賄えるようになってからお前を嫁御にもらうつもりだった」

狐娘「わ、ワシをか?この化け狐を?こんなババアをか!?」


4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 00:46:24 ID:wt/N8fGo
青年「おう。この金だって元は田んぼを借りるために貯めたもんだ。何ならもう一度言うか?俺はお前が……」

狐娘「い、いや、もうええわい。聞いとるだけでこっちが気恥ずかしいわ!」

狐娘「――――で?」

青年「ん?」

狐娘「い、何時頃からワシを好いとるんじゃ?」

青年「いつからかはもうわからん。ただハッキリ好きだと思うようになったのは十を過ぎたころの頃か」

狐娘「あー、あれか。急によそよそしくなってツンケンしよったからお主も親離れの時期かーと思うとったが……」

青年「…………」

狐娘「なるほど、童子が好きな娘っ子に意地悪したくなるようなもんじゃったのか」

青年「……うるせぇ。まぁ、兎に角そういうこった」


5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 01:07:56 ID:wt/N8fGo
狐娘「うむ、要は今さっきお主の言った言葉は一時の気の迷いから出たものではないと?」

青年「そぉだ。でも、俺は戦に出ることになった。まず生きては帰れん。だからせめて今夜だけでも……」

狐娘「…………」

青年「お願いだ、一晩だけでいい。俺と夫婦になってくれ、嫁さんになってくれ!」

狐娘「飾り気のない物言いじゃ、なればこそお主の言葉に嘘はないとわかる」

青年「お前は嘘吐きが嫌いだと昔から言ってるからな。だからお前にはもう絶対嘘はつかねぇ」

狐娘「うむ、そうじゃのう、それはわかっておるが……」

青年「わかってくれるか!なら……」

狐娘「――――お断りじゃ」

青年「いいっ!?」


6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 01:10:12 ID:wt/N8fGo
青年「なんでだ?もしかして他に惚れている男がいるのか?」

狐娘「いや、そうではない。これから死ぬつもりの男に抱かれる気はない、ということじゃ」

青年「でも、戦なんだぞ?人がいっぱい死ぬんだぞ?俺だってそうさ、多分生きては変えれん」

狐娘「そうかもしれぬの」

青年「だったらせめて一晩ぐれぇ… 惚れた女を抱いて寝てぇ……」

狐娘「……その気持ちもわからんではないがの」

青年「なら!」

狐娘「嫌じゃ」

青年「どうして!?」


7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 01:12:19 ID:wt/N8fGo
狐娘「……人と妖とてまぐわえば子を成す時もある。その時父親が居らんではその子が辛い思いをするじゃろう」

狐娘「お主とて母親の居らんかった身の上じゃ。片親の寂しさはよう知っておろう?」

青年「…………」

狐娘「つまりじゃ、どうしてもワシを抱きたいと申すのであれば……」








狐娘「何が何でも生きて帰って来んかい!!」

狐娘「たった一晩だけの夫婦じゃと!?巫山戯るな!」

狐娘「夫婦の契りを交わすということはちゃんと愛し合うて、子を成して、共に笑い共に泣き共に生きて共に死すということじゃ!!」

狐娘「ワシを抱いてそれだけのことで満足して死ぬなどとは絶対に許さぬぞ!!」

狐娘「ワシを嫁にしたいのなら絶対に死ぬな!必ず此処へ帰ってこい!!」


8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 01:15:22 ID:wt/N8fGo
青年「……わかった!俺は絶対に死なねぇ!絶対ここに戻ってきて、お前を嫁にする!!」

狐娘「うむ、よい心掛けじゃ。お主が無事此処に戻ってきた暁にはワシは主の妻となってやろう」

青年「おう!」

狐娘「ワシは嘘吐きは嫌いじゃからの。躯になって戻ってくるとかはナシじゃぞ?」

青年「任せとけ!」

狐娘「うむ、無事の帰還を待っとるぞ?」

青年「おう、待ってろよ女房殿!帰ってきたらその晩は寝かさんぞぉ!!」

狐娘「き、気が早いわい、痴れ者め!」


9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 01:25:12 ID:wt/N8fGo
――――――
―――


狐娘「……行ったか」

狐娘「やれやれ、母無き彼奴に姉のように、時に母のように接してやったというに」

狐娘「まさかワシを女として見ておったとはのぉ……」

狐娘「母が我が子を男として愛してなんとする、と自制しておったのはなんじゃったのか、まったく」

狐娘「……やはり、抱かれてやるべきじゃったか?」

狐娘「いやいや、彼奴は阿呆じゃから生きて帰らねばワシを抱けぬと言った以上、意地でも帰ってきよるはず」

狐娘「男というのは皆馬鹿じゃからのう。抱かれてやったらやったで『もういつ死んでも悔いはない(キリッ)』」

狐娘「『もう思い残すことはない(キリッ)』とか言うてあっさり死ぬんじゃろうし?」

狐娘「これで……これで良かったのじゃて」

狐娘「……ワシに戦をどうにかできるほどの力があればのぉ。只の化け狐に過ぎぬ我が身の恨めしさよ」

狐娘「一応まじないでもしておくかの。大した巫力もないが」


10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 01:27:39 ID:wt/N8fGo
狐娘「しかしあれからもう一六年か。人の子が一端の大人になるには十分すぎる時間か」

狐娘「確かあれは小雨が降っていて少し肌寒い日のことじゃったか……」

狐娘「出もせん乳を懸命に吸っておる彼奴が何やら無性に愛おしゅうてのぉ――――


11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 01:33:30 ID:wt/N8fGo
一六年前―――

狐娘「ふむ、あれは確か…… 先日次男坊が生まれた家の主か。何故ワシのところに?」

狐娘「聞けば女房殿はその子を産んで死んでしまったとのこと。……わからん、どうして此処に来るのじゃ?」

父親「……お狐様、お狐様。いらっしゃいますかや?いらっしゃいますかや?」

狐娘「うむ、此処におる。して何用じゃ?」

赤子「おぎゃあ!おぎゃぁあ」

狐娘「おいおい、こんな小雨の中わざわざ赤子を連れてこんでもよかろう。風邪どころでは済まぬぞ?」

父親「もう風邪どころじゃないですだ。お狐様、どうかこの子をお助け下され!」

狐娘「穏やかではないの。どうしたと言うのじゃ?」


12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 01:42:59 ID:wt/N8fGo
父親「実はこの子の母親、あっしの女房はコイツを生んで死んぢまったですだ」

狐娘「……聞いておる。赦せ、何もできなんだ」

父親「そんなことはええです。それよりコイツは母親が居らんくて乳がありません。んで、村には乳の出る女子が今は居りません」

狐娘「……つまり?」

父親「お狐様、この子に乳をやってくだせぇ。おっかあはコイツの代わりに死んだんだ、アイツのためにも絶対にこの子は死なせたくねぇだ!」

狐娘「い、いくらワシとて子も無しに乳は出んわい!」

父親「おねげぇします、おねげぇします!」

赤子「……えひぇ」

狐娘「……でぇぇい!やるだけやったるわい!!」


13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 01:44:55 ID:wt/N8fGo
―――
――


??「おぎゃあ!おぎゃぁあっ!!」

狐娘「ふっ、いくら吸われてもやはり出るはずもないか。すまんのぉ……」

父親「そんなぁ!」

狐娘「そんなぁ、と言われてものう」


14 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 01:48:05 ID:wt/N8fGo
狐娘「こんなに愛らしいのにのぅ…… どうにかできぬものか……」

父親「お狐様ぁ……」

狐娘「……おばば様に聞いてみよう。あの方なら乳の代わりになるようなものを知っておられるかもしれん」

父親「お狐様!」

狐娘「よし、ワシの身体にその子を強く結わえよ!急がねばならぬ、獣の姿で駆ける!」

父親「お狐様、ありがとうごぜぇます!ありがとうごぜぇます!」

狐娘「その言葉はこの子が助かった時に改めて聞く!」


15 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 01:50:39 ID:wt/N8fGo
―――――
―――


ばば「で?人の子の為に此処まで獣の姿で奔ってきたと」

ばば「乳を吸わせたくらいで情を移しよって、愚か者が」

狐娘「お叱りは後でいくらでも受けましょう。それよりどうにかなりませぬか、おばば様?」

ばば「乳の代わりになるモノをこさえることはできるがの、なぜに縁も縁もない人の子のためにワシが用意してやらねばならぬのじゃ?」

狐娘「ぐ…… それは……」

ばば「じゃが、お主もいずれ子を成すであろう?その時必要な知識ではある。作り方と材料を教えてやるのは吝かではないぞ?」

狐娘「おばば様!」


16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 01:53:01 ID:wt/N8fGo
ばば「しかし聞いてどうする?お主が居る土地では要るものも満足に用意できんじゃろ?」

狐娘「ぐぬぬ…… おばば様、少し分けてはいただけませんか?」

ばば「じゃーから、ワシはその子には何の義理もない!その子を助けたいなら自分で何とかせぇ!!」

狐娘「おばば様!」

ばば「わめくな!乳の代わりが作れんのなら乳そのものを自前で作りゃあええだけの話じゃろ」

狐娘「は?」

赤子「……えひぇ」


17 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 01:54:07 ID:wt/N8fGo
ばば「本来なら乳の出が悪い娘のための秘術じゃが、それを使えば子を産んだことのないお主でも乳が出るようになるじゃろう」

ばば「じゃが、出るはずもないものを絞り出すからにはお主の身にどんなことが起きるやもしれん。それでもよいのか?」

狐娘「……構いませぬ、それでこの子が助かるならば」

ばば「ふん、この変わり者め」

狐娘「私が偏屈なのは、おばば様も昔からよく知っておられましょう?」

ばば「そうじゃの」

赤子「うひぃ……」

狐娘「此奴め、笑うな」


18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 01:56:05 ID:wt/N8fGo
―――――
―――


狐娘「まぁ、おばば様のあの術のおかげで彼奴の命は繋がった」

狐娘「無理矢理乳を出したせいで暫く四六時中頭痛に襲われたがの……」

狐娘「世間では母親は我が子を腹を痛めて産んだ子と言うらしいが……」

狐娘「ワシにとって彼奴は頭を痛めて育てた子、というところじゃの」

狐娘「……なんちて」


21 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 21:54:52 ID:U9M1LIHU
―――・一月後

狐娘「既に何人も死んでおるというのに…… まだ戦は終わらんのか」

狐娘「全く、愚かなるは武士と名乗る連中よ。戦が生み出す悲哀・憎悪をまるで理解しようとせぬ」

狐娘「ああ、息子の死を嘆く母親の悲しみが此処まで聞こえてくるようじゃ」

狐娘「母親と言えば、彼奴の歳が五つ程のときじゃったか――――


22 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 22:17:42 ID:U9M1LIHU
十一年前―――

童子「…………」

狐娘「およ?随分と泣き腫らした顔をしておるの。なんぞあったか?」

童子「…………」

狐娘「……ワシの耳は見ての通り大きくて音も声もよく聞こえるのじゃが、だんまりされては何も聞こえぬぞ?」

童子「……アイツらが」

狐娘「彼奴ら……?」

童子「アイツらが、俺のおっかあは親父に愛想を尽かして他の男と逃げたんだって……」

童子「俺も兄ちゃも、親父の子だから捨てていかれたんだって」

狐娘「なんと根も葉もないことを言いよる奴らか。そんなはずがなかろう?」


23 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 22:36:14 ID:U9M1LIHU
童子「じゃあ、なんでだ!なんで俺にはおっかあがいないんだ!?」

童子「兄ちゃは覚えてないって言うし、親父はそんなことはないって言うだけで何も教えてくれん!」

狐娘「そ、それはじゃのう……」

童子「お前は知ってるのか!?」

狐娘「い、いや、それはな…… それは……」

童子「やっぱりお前もごまかすのか!お前も村の大人たちと一緒だ!ごまかそうとするだけで何も言わん!」


24 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 22:48:57 ID:U9M1LIHU
狐娘「……そうじゃのう、実際言いにくいことじゃしのう。村人がごまかすのも当然か」

童子「……やっぱりアイツらの言うとおり、おっかあは俺や親父たちを見捨てて」

狐娘「いーや、それは違う。断じて違う」

童子「ならどうしてだ?知ってるなら教えてくれよ!」

狐娘「……本当に知りたいか?」

童子「おう!当たり前だ!!」

狐娘「うむ、ならばまず……」

童子「……まず?」


25 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:02:00 ID:U9M1LIHU
狐娘「ワシをお前呼ばわりすな!目上の者に物を尋ねるときは相手に敬意を示せ」

童子「……お狐様、俺にはおっかあがいないわけをどうか教えてください」

狐娘「……よかろう。では、明日また此処に参れ。その時に教えてくれようぞ」

童子「明日ぁ!?何だよお前、結局ごまかす気じゃねぇか!!」

狐娘「お前呼ばわりするなと言うに!ええか、お主の母のことは繊細な話なのじゃ。気が荒ぶっとる今のお主には迂闊に話せんのじゃ」

童子「……ほんとに明日聞かせてくれるのか?」

狐娘「ワシは嘘が嫌いじゃ。明日にはちゃんと話してやるわい」


26 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:09:00 ID:U9M1LIHU
―――・翌日

童子「お狐様ぁー、来たぞぉー!」

狐娘「昨日よりは落ち着いとるが、まだ気が昂ぶっとるの。ほれ、大きく息を吸えい」

童子「すぅ~」

狐娘「うむ、ゆっくりと吐け」

童子「はぁ~…… よし、教えろ!」

狐娘「お主、目上への敬意はどうした?」

童子「お狐様、約束通り教えてください」

狐娘「まったく…… まぁええ、お主の母のことじゃが……まずこれだけはよう心得ておけ」


27 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:18:35 ID:U9M1LIHU
狐娘「お前の父親も村の者も決してお主が嫌いだとか、意地悪だとかで教えんかったのではない、お主のことが好きだからこそ何も言わんかったのじゃ」

童子「どういうことだ?」

狐娘「今はまだわからんでもええ。ただそのことを決して忘れずに、心してワシの話を聞くのじゃぞ?」

童子「……わかった」

狐娘「うむ、よい返事じゃ」

狐娘「それでは話すとするかの…… お主の母はな――――


28 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:33:00 ID:U9M1LIHU



――――――――――――――
――――――――
――――





29 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:37:49 ID:U9M1LIHU
狐娘「――――と、いうわけじゃよ。お主に母が居らんのは」

童子「……俺を、俺を産んだからおっかあは死んじまったのか?」

狐娘「それは違う。よいか、お主の母はお主の『せい』で死んだのではない。お主の『ため』に死んだのじゃ、お主を生かすために」

童子「ぅあ、うぇぇええ……」

狐娘「辛かろう、悲しかろう?故に父親も村の者もこのことをお主に言わんかったのじゃ」

狐娘「……お主に今のような思いをさせとうはなかったからじゃ」

童子「うっ、う、うわぁぁあああ……」

狐娘「思い切り泣くがよい、泣いて泣いて泣くがよい。ワシの胸でよければ貸してやる」

狐娘「そして泣き終わったらよく考えるのじゃ。お主の母が文字通り命と引き換えに与えてくれたその生をどう活かしていくかを」


30 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:44:11 ID:U9M1LIHU
―――
――


童子「……ぐじゅっ」

狐娘「いっぱい泣いたのう…… で、お主はこの先その命をどう活かす?」

童子「……まだよくわかんねぇ。でも、絶対粗末にだけはしねぇ」

娘「そうじゃ、何か大きなことを成すとか人のために尽くすとか立派なことをせねばならんわけではない」

狐娘「ただその命、決して無駄に使うてはならん。それが一番大事じゃ。よいな?」

童子「……うん」

狐娘「ええ子じゃのう、お主のおっかあも草葉の陰で喜んでおろう。ほれ、抱っこでもしてやろうかの!」

童子「…………」


31 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:50:27 ID:U9M1LIHU
狐娘「遠慮せんでもええ、お主羨ましかったんじゃろ?母に抱かれる子らが」

童子「……うん」

狐娘「ほっほ、かわええのう。おお、よしよし」

童子「お狐様あったけぇ。やわらけぇし、いい匂い……」

狐娘「そうかそうか」

童子「……なぁ、おっかあもこんな感じだったのかな?」

狐娘「さてのう、そこまではわからん」


32 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:53:20 ID:U9M1LIHU
童子「……昔、誰かにこうしてもらった気がする。おっかあかな?」

狐娘「ワシかもな。赤子だったお主に乳をやったのはワシじゃからの」

童子「そっか、だから懐かしい感じがするのか」

童子「…………」

童子「……なぁ、お狐様」

狐娘「なんじゃ?」

童子「二人きりの時は、おっかあって呼んでも…… いいか?」

狐娘「それはいかん、お主の母はただ一人じゃ。ワシなんぞをおっかあと呼べばお主の母が悲しむぞ」

童子「……うん」

狐娘「だが、お主がワシを母のように慕うてくれる分には構わん。甘えたくなればいつでも来て良いぞ?」

童子「……うん」


33 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:57:08 ID:U9M1LIHU
―――――
―――


狐娘「あの頃はワシを母親のように敬い慕ってくれとったのにのう」

狐娘「しばらくしたら急によそよそしくなりおって……」

狐娘「子の親離れじゃと嘆きつつも喜んでおったというに、まさかワシに恋慕してのことじゃったとはの」

狐娘「……思い返してみれば、そんな気もするのぅ――――


34 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:59:26 ID:U9M1LIHU
五年前―――

狐娘「……およ、これはまた久しぶりの顔じゃのう」

少年「!?」

狐娘「まったく、近頃急に姿を見せんようになりおってからに……」

少年「い、いいだろ!別に、何でも……」

狐娘「何ぞあったのかえ?」

少年「うわ、わわっ、ちっ、近い近い!け、獣臭いんだよ!近づくんじゃねぇ!!」

狐娘「ま、確かにワシゃ獣じゃがそんなに臭うかのう?鼻はお主らより効く筈なんじゃが」


35 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 00:01:12 ID:m23BT5j6
少年「うるせぇ!獣は獣だ!!そのくせこんなにデカい乳しやがって!!!」

狐娘「な、何をするんじゃーーーっ!!親しき仲にも礼儀ありという言葉を……」

少年「聞く耳持つか!!」

狐娘「あ、こら、待て!」

狐娘「……久方ぶりに顔を見せたと思えば憎まれ口を叩きおって」

狐娘「まぁ、親離れの時期が来たということか。中身はまるで成長しておらんがの」

狐娘「……ちと、寂しゅうなるの」

狐娘「しかし、ホントに臭うのかワシ?自分の匂いには自分では気付けぬものじゃとも聞くが……」


36 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 00:07:15 ID:m23BT5j6
―――――
―――


狐娘「……あの獣臭いという言葉、照れ隠しの嘘だったのかの?」

狐娘「もしそうだったのならあの嘘吐きめ、どうしてくれようか……!」

狐娘「で、去年くらいからまたちょくちょくワシの処に来るようになって、見た目もワシ好みの男になりよって」

狐娘「ああ、此奴も生意気盛りも終わって背伸びもやめて漸く大人になったのう、などと思っておったんじゃが」

狐娘「彼奴め、ワシに気に入られようと、嫁にしようと通い詰めとったんじゃな?」

狐娘「息子のような男に何しなを作っておるんじゃ、色目を使ってどうするんじゃとか考えて自制しておったワシは一体なんだったんじゃろか」

狐娘「あー、ワシが駄目な母親じゃったから彼奴も母に懸想するような駄目息子になってしもうたのかのー」




狐娘「……なぁ、お主の母はお主を戦で死なせるために生んだのではないぞ?」

狐娘「何か大きなことを成すとか人のために尽くすとか立派なことをせんでもええ」

狐娘「命を粗末にすることなく、ただ……」

狐娘「ただ、無事に帰ってくるんじゃぞ……」


37 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 00:11:06 ID:m23BT5j6
――――・二月後

狐娘「……おお、村の若者集が帰ってきたか!」

狐娘「彼奴のことじゃ、いの一番にワシの処に来るであろうな」

狐娘「……えぇと、とりあえずは身を清めねばな!香も炊かねばなるまいて」

狐娘「ああ!きっと飯も食わずに来るじゃろうし何か用意しておいた方が…… ええい、忙しい!」

狐娘「まったく、帰ってくるなら来ると伝えてくれればもっと余裕をもっていろいろ準備ができたというに……」


40 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 00:38:58 ID:m23BT5j6
―――・二週間後

狐娘「……で?必ず帰ってくると言うてこれか?大嘘吐きめ」

墓石「…………」

狐娘「まったく、嘘は嫌いじゃと散々言っておいたじゃろうが…… 馬鹿者め」

男性「もし…… お狐様でしょうか?」

狐娘「ん……?ああ、お主は確か此奴の兄じゃったか」

男性「はい、貴女のことはこの愚弟から何時も聞かされておりました」

狐娘「……気の毒にの」

男性「それが戦というものですから。しかし、まさか母親より若くして死ぬとは…… とんだ親不孝者ですよ、こいつは」

狐娘「そうじゃな…… まったくそうじゃな」


44 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 06:01:41 ID:m23BT5j6
男性「しかし、愚弟の墓を参るのは身内くらいだと思ってましたが、まさかお狐様に来てもらえるとは」

狐娘「なに、手を合わせてやるぐらいには縁があるでな」

男性「この馬鹿、貴女様と夫婦になるなどともうしておりましたが、ご迷惑だったでしょう?」

狐娘「……ふふっ、なに、たかが小童の戯言よ。迷惑というほどのものでもなかったわ」

男性「そうですか…… そうであれば、こいつをもらってやってはいただけませんか?」

狐娘「これは……?」

男性「あいつの髪です。骸を担いで戦をするわけにもいかず、せめてこれだけでもと茂作が」

狐娘「……そうか」

男性「これぐらいならお傍に置いていただいても邪魔にはならぬかと」

狐娘「随分と小さくなりおったのう…… ま、これぐらいならもろうておいてやろう」

男性「ありがとうございます。これで愚弟の御霊も少しは浮かばれましょう……」


45 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 06:29:48 ID:m23BT5j6
―――
――


狐娘「――――お主の兄はもう行ったな」

狐娘「阿呆め、これで帰ってきたとでも言うつもりか?」

狐娘「こんな姿で帰ってきたなどと…… そんな話がまかり通ると思うてか!!」

狐娘「馬鹿者、大馬鹿者!バカタレ!!ワシャ嘘吐きは嫌いだと言うたじゃろう!阿呆が!!」

狐娘「必ず帰ると言うたじゃないか、嘘吐きめ!嫌いじゃ、大っ嫌いじゃ!!」

狐娘「お主なんか……大っっっ嫌いじゃあ!!!」

狐娘「というかここはID腹筋スレじゃぞ!?なんでシリアスな展開になっとるんじゃ!>>1にしっかりと書いてあろうが!わからぬなら我らの台詞の一文字目を上から順に縦読みせい!!」

青年「おう、【世う此そあいで―復金すれヘ】=【ようこそあいでーふっきんすれへ】=【ようこそID腹筋スレへ】……って書いてあるな」

AA_140731471600665100.png
ここはとりあえず書き込み、出たIDの数字の回数だけ基本の100回に+αして腹筋をするという、
きのこの山派なトレーニングスレです。
例1 ID:wwh7KM12 ID抽出 の場合 7+12=19 なのでそこに基本の100回を足して119回頑張りましょう。
例2 ID:bicycle. ID抽出 の場合 数字がないので基本の100回頑張りましょう。
さあ、最低100回は腹筋するがよい↓(`・ω・´)


46 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 06:34:52 ID:B/uCdUHA


47 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 07:03:42 ID:yB9dTNAM
(;!◇!)ナ,ナンダッテー!?!?


48 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 08:04:24 ID:5LXAlkJs
すげえwww
こんなもんわかるかwww


51 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 09:25:45 ID:iZ8KqiuM
>>1めぇぇぇええぇ!

……腹筋するか


55 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 14:04:04 ID:9doivZpc
腹筋するから続きはよ


56 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 16:51:25 ID:m23BT5j6
AA_140731527613332000a_2014080617595600a.png


57 : ◆7.jSb0K4QQ 2014/08/02(土) 21:30:36 ID:m23BT5j6
やあ (´・ω・`)

ようこそ、ID腹筋スレ休憩室へ。
このプロテインは一杯目は無料だから、まず飲んで落ち着いて欲しい。

うん、「また」なんだ。済まない。
仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。

でも、このスレタイを見たとき、君は、きっと「どうせID腹筋スレだろ?」という「あきらめ」と、
「もしかして……」と言葉では言い表せない「ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。
殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい
そう思って、このスレを作ったんだ。

じゃあ、注 文 を 聞 こ う か 。

セク○スはいるかい?(´・ω・`)


58 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 21:36:15 ID:G6Y3XKG2
参考画像つきで頼むと言ったらどうする?


60 : ◆7.jSb0K4QQ 2014/08/02(土) 21:51:57 ID:m23BT5j6
SSダカラ文章シカナイヨー(棒)


62 :>>44から 2014/08/02(土) 21:56:08 ID:m23BT5j6
―――――
―――


狐娘「――――お主の兄はもう行ったな」

狐娘「阿呆が、これで帰ってきたとでも言うつもりか?」

狐娘「こんな姿で帰ってきたなどと…… そんな話がまかり通ると思うてか!!」

狐娘「馬鹿者、大馬鹿者!バカタレ!!ワシャ嘘吐きは嫌いだと言うたじゃろう!阿呆が!!」

狐娘「必ず帰ると言うたじゃないか、嘘吐きめ!嫌いじゃ、大っ嫌いじゃ!!」

狐娘「お主なんか……大っっっ嫌いじゃあ!!!」









青年「……うわぁ、えらい言われようだ」

狐娘「……ったり前じゃあ!」

狐娘「……ん?」


63 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 22:00:09 ID:m23BT5j6
狐娘「…………」

狐娘「…………」

青年「……よぉ」

狐娘「…………」

青年「…………」

狐娘「…………」

青年「…………」

狐娘「……何故そこまで言われるのか、じゃったな?」

狐娘「それはの、ワシが嘘吐きが――――大ッ嫌いだからじゃ」

青年「お、おい、そこは喜ぶところだろ!なんで爪を出す?なんで牙を剥く!?」

狐娘「…………死んだ、などという最悪最低の嘘を吐きよってからにこん餓鬼がッッ!!」

青年「ま、待て!実は死んだのは俺のとこの侍大将の倅で――――」

狐娘「後で聞く!まずは躾のやり直しじゃあ!!!」」


64 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 22:04:03 ID:m23BT5j6
―――――
―――


青年「……よぉ」

狐娘「およ?」

青年「ちゃんと言われた通り親父と兄貴には会ってきたぞ」

狐娘「そうか、親父殿は大いに喜んでおったじゃろ」

青年「いや、危うく止めを刺すところだった。相当びっくりさせちまったからな」

狐娘「大丈夫なのか、親父殿は」

青年「兄貴が見てるから大丈夫だろ」

狐娘「ふむ…… で、何故此処に来た?積もる話もあるじゃろうに」

青年「言ったろ、帰ってきたらその晩は寝かさんと」

狐娘「ぶふっ!?」


65 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 22:05:36 ID:m23BT5j6
狐娘「な、何を言いよるんじゃお主は!そ、そんなことは聞いておらん!!」

青年「いや、確かに言ったぞ」

狐娘「き、聞いておらん聞いておらん!」

青年「おい、嘘は大嫌いじゃないのか?」

狐娘「うぐ…… そ、そう言われればそんなこともあったような気がせんでもないが…… あ」

狐娘「確かにお主はそう言うたが、ワシは承諾しとらんかったぞ!」

青年「俺の嫁御になってくれるんじゃなかったのか?」

狐娘「そ、そのことは吝かではないがの?何もこんなお天道さんの高い時分から……」


66 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 22:07:32 ID:m23BT5j6
青年「一日千秋の想いってやつだ。悪いがもう辛抱できん、お前が欲しくてたまんねぇんだ」

狐娘「わ、わ、わかった!わかったから今暫し待つのじゃ!今日はもうお主は来ぬと思って身を清めておらぬのじゃ!」

狐娘「ほれ、何時ぞやお主が言うたように獣臭いじゃろ?じゃから……」

青年「ああ、お前の匂いがする。俺の大好きな匂いだ」

狐娘「わ、わ、ちっ、ちち近い!?心の準備ぐらいさせぇ!!」

青年「うるせぇ口だ。塞ぐぞ?」

狐娘「んぅっ!?」


67 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 22:09:59 ID:m23BT5j6
青年「なるほど、これが接吻という奴か」

狐娘「い、いきなり何をするか!?」

青年「……っと」

狐娘「ひぁぁっ!?ど、どこを触っておる!?」

青年「どこって、お前の耳だが?」

狐娘「それをやめいと言うとるんじゃ!何故ワシら化け狐の耳が大きいと思っとる?」

青年「さぁ?」

狐娘「ぐぬぬ…… よいか、ワシらの耳が大きいのは音だけでなく世の様々な機微を聞き取るためで……」

青年「要は敏感って事だろ」

狐娘「ひぁぁぁんっ!?わ、わかっとるならやめぃ!!」


68 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 22:11:57 ID:m23BT5j6
青年「小さいころに触ったきりだが、結構すべすべしてるんだな。お前の耳の内側って」

狐娘「こ、これ…… もう…やめい……」

青年「随分としおらしくなってきたな。かわいいぞ、女房殿」

狐娘「……うう、強引な奴め。どこで育て方を間違ってしまったのじゃ」

青年「すまん、お前が欲しくて欲しくて余裕がなくなってる」

狐娘「もうええわい、相手しちゃるからせめて寝所に連れてけ。こんな処でこれ以上は……」

青年「わかった。で、どこだ?」

狐娘「うぉっ!?」

狐娘(か、軽々と持ち上げられるとは……)


69 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 22:14:20 ID:m23BT5j6
青年「…………」

狐娘「……どした?」

青年「これもずっと触りたかったんだよな」

狐娘「ひゃぅぅううん!?し、しっぽもやめぇ……い」

青年「……なるほど、これが噂に聞く『もふもふ』という奴か」

狐娘「ひゃふっ!?お、お主!ワシが丹念に整えた毛並みを何とする!?」

青年「…………」

狐娘「無心にモフるな!あっ、ね、根元はやめぇ… 力が抜けふ……」

青年「…………」

狐娘「あ、そ、そんなやさしくされると……ふぅっ…んん……」

青年「…………」

狐娘「んぁっ、きょ、強弱をつけるなぁ……」


70 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 22:16:19 ID:m23BT5j6
―――
――


狐娘「此処に着くまでずっとモフり続けよって……」

青年「ああ、堪能した」

狐娘「うぅ、毛並みが台無しじゃあ…… 尻尾の毛並みは狐が最も美しく飾り立てねばならぬものなんじゃぞ?」

青年「そいつはすまん、後でちゃんと整えてやる。下ろすぞ」

狐娘(ええい、覚悟をもう決めたわい!ここからはワシが主導権を握ってくれようぞ!)

狐娘「いや、まずはワシが主の昂ぶりを鎮めてやろう。お主が横になれ」

青年「それは後でいい。何よりもまずお前を抱きたい、俺にやらせろ」

狐娘「話を聞けい!!こ、これ!やめぬか!あぁっ!?」


71 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 22:18:50 ID:m23BT5j6
青年「……服越しでも凄かったが、こうして生で見るともっと凄いな」

狐娘「うぅ、どこで此奴は道を踏み誤ってしまったのじゃ?真昼間から欲情するようなド助平に……」

青年「戦場でずっと我慢させられてたんだ。これ以上はもう無理だ」

狐娘「昔はほんにかわいらしかったのにのぅ……」

青年「お前は昔から変わらず綺麗だぞ」

狐娘「ぐぬぬ、女を悦ばす言葉まで覚えおって……」

青年「……胸、触るぞ」

狐娘「ひぁっ!?」

青年「すげぇ、餅みたいだ。いや、あんなのよりもっとすげぇ、やわらけぇ……」

青年「しかしこんなに波打つもんなのか?タップンタップン言ってやがる」

狐娘「うぅ、いやらしい触り方をしよる…… これは昔も今も変わらんの」

青年「……うっせぇ」


73 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 22:23:09 ID:m23BT5j6
狐娘「くふっ、つい昨日まで寝小便を垂れ取った癖にっ、んん……」

青年「……アホ、五つまでだ」

狐娘「くぅん!……とっ、十の時にも一度、寝小便したのぉ?」

青年「…………」

狐娘「や~いや~い、思い出して恥ずかしゅうなったのかえ?」

青年「……うるせぇ」

狐娘「ひゃん!?」


74 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 22:27:32 ID:m23BT5j6
狐娘「い、いやらしい、揉み方をっ、しおるっ!」

青年「……気持ちいいか?」

狐娘「い、一方的に、嬲られて・・・気持ちいいはず、なかろう!」

青年「……でもさ、気持ちいいと乳首って固くなるんだろ?ほれ」

狐娘「ひゃぁぁっ!ち、乳首弄られたらっ、そうなってしまうんじゃ!生理現象じゃ!!」

青年「乳首は今初めて触ったんだが?」

狐娘「た、たまたまじゃ!」

青年「信じない。気持ちいいんだろ?かわいい声が出てる」

狐娘「くぅっ、年長者に向かって、か、かわいいなどとっ!」

青年「かわいいと思ったから言ったまでだ」

狐娘「真顔で言うな!!いっ、はぁぁ…… す、吸うなぁ!」


75 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 22:30:40 ID:m23BT5j6
狐娘「い、いくら吸うても、乳は…出んぞ…… ひぅっ!」

青年「乳が欲しくて吸ってんじゃねぇよ」

狐娘「そう、じゃろうな……」

青年「……さっきからどんどん声が上ずってきてるが、お前って胸が感じやすいのか?」

狐娘「二つの意味で、達者な口じゃっ、のう……」

狐娘「……しかし、よくもまぁ、飽きもせず…くぅん……乳ばっかり…虐めよってぇぇ……」

青年「でも、気持ちいいんだろ?」

狐娘「くぅぅ…… ワシの…胸は、お前のっ、玩具ではぁぁ…… やめっ、そんなことされると……」

青年「……わかった、やめよう。乳ばっかりじゃ物足りないみたいだしな」

狐娘「ひぁぁっ!?ど、どこに手をかけておる!?」」

青年「口で言わなきゃわからねぇか?」

狐娘「そ、そういう意味ではない!」

青年「じゃあ、そろそろ尻も拝ませてもらうぞ」

狐娘「ひゃあっ!?」


76 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 22:35:09 ID:m23BT5j6
青年「……こうして見ると尻って確かにすももみてぇだな。美味そうだ」

狐娘「な、撫で回すな!?背筋がぞわぁっ、とするではないか!」

青年「そんなこと言われてもな。お前の肌、どこ触ってもすべすべで気持ち良くて」

狐娘「う、あんっ、やめ、やめぇぇぇい……」

青年「……御陰はどうなってるんだ?」

狐娘「え、や、やぁっ…… 見るな、見るでない!」

青年「……女ってみんなこんなに濡れるもんなのか?大洪水ってやつか?」

狐娘「そんなもん知るかぁ!!!」

青年「そうだな、俺も他の女がどうかだなんて知りたくもねぇ」

狐娘「ふぇ?」


77 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 22:39:21 ID:m23BT5j6
青年「お前のことだけを知りたい、お前だけが欲しい」

狐娘「……この助平が!ようもそんな台詞を恥ずかしげもなく!!」

青年「それが本心だからな」

狐娘「ま、待て!なんじゃその手は?まさか……」

青年「当然。お前のびしょびしょになってるここ、触るぞ?」

狐娘「こ、これ!これ以上したらどうなるかわかっておろうの!!」

青年「……わかってる、尖ってるところは敏感だからそっと触るんだろ?」

狐娘「ひゃぅぅう!?な、何もわかっておらんではないかぁ!!?」


78 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 22:42:51 ID:m23BT5j6
狐娘「ひゃっ、あ、は… ふぅぅん!?あぁぁ……」

青年「……ここが気持ちいいのか?」

狐娘「ふっ、うぅ…… 誰が、言うか!」

青年「じゃ、こっちか」

狐娘「ふぁあああっ!?」

青年「すげぇな、お前反応がいいから言わなくてもどこが気持ちいいのかすぐわかるぞ」

狐娘「あぅんっ、あぁぁぁ……」

青年「……ここだろ?」

狐娘「くうっ、ふぅんッ、あふっ……ぅうんッ」

青年「どんどん溢れてくるな……」

狐娘「は、はぁ、はぁ…… おい、お主、どこに顔を近づけとる?」


79 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 22:46:41 ID:m23BT5j6
青年「……これがお前の、女の匂い」

狐娘「でぇぇい、そんなところの匂いなど嗅ぐなぁ!」

青年「じゃあ、舐める」

狐娘「どうしてそうなる!」

青年「嗅ぐなと言われたからな」

狐娘「うぁっ、あ… 痴れ者、めぇぇ……ッ」

狐娘(な、何で此奴こんなにうまいんじゃ!?)

狐娘「んはっ、あ、あぁぁ……」

青年「……胸はほんのり甘かったけど、こっちはしょっぱいな」

狐娘「あ、味なんて聞きとうないわ!たわけ!!」

青年「……もっと喰わせろ」

狐娘「喰わせろって、あっ…あん…ふぅっ、あっ!」


80 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 22:49:58 ID:m23BT5j6
青年「すげぇ興奮する匂いと味だ……」

狐娘「うぁっ、はっ、はぁぁぁ…… こ、これ以上ワシをなぶ、るのは、やめぃ……くぅん!」

青年「……気持ち良すぎるからか?」

狐娘「そ、そんなことあるかぁっ!」

青年「グズグズだぞ、顔」

狐娘「んなっ!?」

青年「いつものツンとした澄まし顔が真赤になって、キリッとした目も潤んでやがる」

狐娘「う、うるさい!」

青年「口もだらしなく開いてるし、ピンとした耳もふにゃふにゃだぞ?」

狐娘「う、うぅ~~~!」

青年「自慢の尻尾も垂れてるし、誰がどう見たって気持ち良すぎて力が入ってないって丸わかりだ」

青年「……もっとも、他の誰にも見せる気はないが」

狐娘「でぇぇい!黙れ黙れ黙れぇ!!」

青年「いいから黙ってもっと気持ちよくしろ、ということか」

狐娘「このっ、あっ……じ、自分勝手なっ… あんっ……介しゃくぅぅっ!」


81 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 22:53:08 ID:m23BT5j6
青年「……まだまだ溢れてくるな。気持ちいいか?」

狐娘「くぅ……あっ、あぅぅ……」

青年「……どうだ?」

狐娘「…………」

青年「…………」

狐娘「……お預けをくらっとったのはお主だけではないんじゃぞ?」

青年「……うん?」

狐娘「もそっと然るべき時に、然るべき場所でと思うとったのに……」

青年「……すまん」

狐娘「お、お主という奴は…… 今更謝っても遅いわ!たわけ!!」


82 : ◆7.jSb0K4QQ 2014/08/02(土) 22:56:32 ID:m23BT5j6
青年「……すまん」

狐娘「あ、謝りながら乳を揉むな!」

青年「じゃ、御陰にする」

狐娘「ふぁぁっ!?そ、そっちはもっと駄目じゃあ!!」

青年「なんで駄目なんだ?」

狐娘「そ、それはぁ…… あぁんっ!」

青年「それは?」


狐娘「それはこのスレがID腹筋スレということじゃよ。忘れておったか?も一回>>1の我らの台詞の一文字目を上から順に縦読みせい」

青年「【世う此そあいで―復金すれヘ】=【ようこそあいでーふっきんすれへ】=【ようこそID腹筋スレへ】、覚えてるはずだよな?」

AA_140731494193897700.png
ここは最初からとりあえず書き込み、出たIDの数字の回数だけ基本の100回に+αして腹筋をするという、
きのこの山派なトレーニングスレですよ?
例1 ID:wwh7KM12 ID抽出 の場合 7+12=19 なのでそこに基本の100回を足して119回頑張りましょう。
例2 ID:bicycle. ID抽出 の場合 数字がないので基本の100回頑張りましょう。
さあ、邪な期待をしていた自分を厳しく律する為にも最低100回は腹筋するがよい↓(`・ω・´)


83 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 23:02:35 ID:m23BT5j6
青年「……すまん」

狐娘「あ、謝りながら乳を揉むな!」

青年「じゃ、御陰にする」

狐娘「ふぁぁっ!?そ、そっちはもっと駄目じゃあ!!」

青年「なんで駄目なんだ?」

狐娘「そ、それはぁ…… あぁんっ!」

青年「それは?」

狐娘「み、みっともなく…… は、果ててしまうッ」

青年「みっともなくなんかねぇ。見せてくれよ、お前が果てるところ」

狐娘「何じゃと!意地の悪い奴め、こんな顔見るなぁ……ッッ!あ、ああっ、あっ」

狐娘「あふぅ…ううううううんんん……ッッ!!」

青年「……すげぇ、これが女の絶頂か」


84 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 23:03:25 ID:m23BT5j6
狐娘「ハァ…… ハア、ハア……」

青年「大丈夫か?」

狐娘「……だから見るでない、こんな顔を」

青年「…………」

狐娘「………?」

青年「……そんなかわいい表情見ちまったらもうダメだ」

狐娘「ふえっ!?」

青年「い、入れるぞ!」

狐娘「……うむ」

青年「うっ、あぁぁぁ……」

狐娘「ああ…… お、大きいのぉ……」

青年「うぁっ、す、すげぇ……」

狐娘「ど、どうした……?情けない顔をしておるぞ?そんなに気持ちええのか?」

青年「ああ、すげぇよ、これが女の……」


85 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 23:05:17 ID:m23BT5j6
狐娘「くふぅっ…… そ、それ以上奥には、は、入らんぞ」

青年「くっ、ね、根元まで入った……」

狐娘「ほ、ほんとに逞しいのぉ…… 腰が、勝手に……くふッ」

青年「ぐぁっ、締め付けが…… たまらん!動くぞッッ」

狐娘「う、うあぁっ、ああっ、あんッ!」

狐娘(な、なんじゃ!?腹の奥底が熱い…… う、内側から燃えるようじゃ……ッッ)

狐娘「あ、当たっとる!お主のが、奥っまで…… あっ、ひぁああッッ」

青年「はあ、はあっ、お前の中、熱くて、うねって……!?」

狐娘「ひぁ、ゃ、ぁあん! んっ、んん、んぁ…… そこっ、すご……あぁっ」

青年「ここか!ここだな……ッッ!!」

狐娘「んぁああっ!!あっ、あぅ、あぐぅぅ……」


86 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 23:07:28 ID:m23BT5j6
青年「うぐ、す、好きだ!好きだ……!!」

狐娘「だ、だめじゃっ、ちちはぁっ、ち、ちくびもだめじゃぁ!はてるっ、またはてて……んんっ!?」

青年「んじゅっ、ぢゅっ…… じゅるっ、ぷはっ、んぐぅ」

狐娘「ん、ふっ、ふぁ、 あんっ、じゅ、ちゅるる…… んはぁ、あうっ…… くぅぅ……んッ!」

青年「がぁ、あっ、限界っ、だ…… 出る、出ちまう!」

狐娘「いいぞ、だせ、だしてしまえ!わしのこぶくろも、おぬしのこだねを……ほしがっとる…ッ!!」

青年「出すっ、出すぞっ!」

狐娘「あ! あっ、ん、んぁ、やっ、あっ、あっ、あぁぁ……!」

青年「俺の子を、産んでくれッッ!!」

狐娘「ひぃあ、ああっ……あああっ~~~~~~!!?」


87 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 23:09:20 ID:m23BT5j6
―――
――


青年「はぁ…… んっ、はぁ…… はぁ……」

狐娘「んぁ、あっ、はぁ…… はぁ…… お主、どんだけ溜めとったんじゃ」

青年「知るか…… でも、まだまだ溜まってるみたいだ。もっともっと、お前が欲しい」

狐娘「一発で、納まるとは…… 思っておらなんだが……」

青年「すまん、また動く……」

狐娘「いや、次はワシが動く」

青年「……無理するなよ?」

狐娘「ワシは化け狐じゃぞ?これぐらい余裕じゃ……!!」

青年「……そうかい」


88 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 23:11:37 ID:m23BT5j6
狐娘「まったく、この珍棒め。萎えるどころかより猛々しくなっておるようじゃ……」

青年「うぁぁ……」

狐娘「くふっ…… ワシの、腹の底に、当たっとるのが……わかるか?」

青年「あ、ああ……」

狐娘「せつなそうじゃの…… どれ、動いてやるか?」

青年「うぐぁっ、ああっ……」

狐娘「んっ、んふふ、ど、どうじゃ?ワシの腰遣いは溜まらんじゃろう?」

狐娘(失敗したかのぉ…… 上に跨る体位ではさっきよりも深く刺さりよる……ッッ)

狐娘「あっ、あっ、ああっ。あはっ……」


89 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 23:12:58 ID:m23BT5j6
狐娘(し、しかし…… まぐわいとは存外難しいのう……)

青年「…………」

狐娘「ひゃうううん!?」

狐娘「……な、何をする!いきなり乳首を抓むな!!」

青年「……無理すんなって、俺が動く」

狐娘「な、何を生意気な…… かはっ!!?」

狐娘(や、やはりこの体勢は…… 深くまでっ)

狐娘「んはっ、あ、あっ、あんっ、やっ、あうぅッ」

狐娘(こ、腰掴まれてるからっ、にげっ……られぬ!!)

狐娘「やぁっ、ふかいっ、いぃっ、ひぃんっ!?だ、だめじゃっ」

青年「ぐぁ、あ、どうだ、いいか!気持ちいいか!?」

狐娘「あーっ、あ~~~~~ッッ!!」

狐娘(わ、ワシだけ先に果てて……ッッ)

狐娘「んん~~~~~~~~~~ッッ!!?」


90 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 23:15:48 ID:m23BT5j6
―――――
―――


狐娘「……で、お主結局何発出したんじゃ?」

青年「……覚えてねぇな」

狐娘「まったく、腹の中に収まりきらんぐらい出しおって…… 化け狐以上の精力とは恐れ入ったぞ」

青年「うるせぇ……」

狐娘「しかし何とまぁ鬼畜な旦那様じゃろうか。妻が気をやっても構わず犯し続けるとは」

青年「……すまん」

狐娘「あーもう動けん。今日はもうこのまま寝るぞ」

青年「おう」


91 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 23:16:51 ID:m23BT5j6
青年「……なぁ」

狐娘「何じゃ?」

青年「俺の子ができてたら…… 産んでくれるか?」

狐娘「任せておけ、それが妻の勤めじゃからのう」

狐娘「命が宿ったならば元気な子として産み、立派な人として育て上げてやるわい」

狐娘「ま、もちっと夫婦水入らずの時間を楽しみたいところじゃが……」

青年「じゃあ、今のうちに……」

狐娘「ま、まだやるのか!?」


92 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 23:18:11 ID:m23BT5j6
―――――――――――
――――――
―――

女「――――そうして生まれたのが私のご先祖様。つまり、私の身体には狐の血が流れてるの!」

男「ナルホド、俄かには信じられない話だが仮にお前の話が正しかったとしよう」

女「うん」

男「しかし、例えお前の話が本当で先祖が狐だったとしても…… 俺が楽しみにしていた『やわらか いなり』を勝手に食べていい理由にはならん!!」

女「いたたたたたたっ!?アイアンクロー痛い!やめてぇぇぇぇぇぇ!!」

男「食い物の恨みを思い知れぇぇぇぇぇ!!!」

女「いたたたっ!出る!出ちゃう!尻尾とか耳とか出ちゃうぅぅぅぅ!!」

男「んなもん出るかぁぁぁぁぁ!!」

女「こ、こぉぉぉぉぉぉぉん!!!」

男「――――マジ?」




このあと滅茶苦茶モフモフした


93 : ◆7.jSb0K4QQ 2014/08/02(土) 23:20:10 ID:m23BT5j6
AA_140731504786476000.png


94 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/02(土) 23:23:21 ID:.SvdAsyM
殴られててワロタwww
壁殴り代行の仕事は早いな


95 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/03(日) 01:14:01 ID:4f0eqEiM
面白かった
乙乙


97 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/03(日) 05:13:07 ID:nnwFVBNQ
萌え尽きた…乙


98 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/03(日) 11:11:23 ID:OCgBORdo
お前…またかよ…
腹筋するか


100 : ◆7.jSb0K4QQ 2014/08/03(日) 16:24:45 ID:01IjlAZQ
(ちなみに青年が生きていた理由)

青年が配置されたところの侍大将の倅が背格好・歳・顔付いずれもよく似ていた

合戦中、侍大将が退却した敵を追って軍勢を突出させる

案の定囲まれて侍大将は戦死。軍勢は散り散りになり、青年と倅も二人きりとなる。

倅「自分は侍なので狙われやすい、死にたくないからお前装備交換しろ」

青年、渋々ながらもこれを承諾。倅の恰好した青年、青年の恰好した倅となる。

なんやかんやあって何とか逃げ延び、散り散りになった仲間と合流

しかしそこで青年(倅style)を狙ったであろう弾丸が倅(青年style)に命中、倅即死

茂作、せめて髪の毛だけでもと倅(青年style)の髷を切り取る

今討ち取られたのは倅であるとバレたら味方再び崩壊、敵絶好調間違いなし

青年仕方なく倅のフリを続行、しかしそれを言ってもいい雰囲気には戦が終わるまでならず

戦終了後、青年は意を決して倅のフリをしていたことを伝える。ちなみに戦はバカ城主の勝利

倅の母(侍大将の妻)の青年が息子を殺したと訴えるも復讐を果たしたバカ城主、意外にもこれをスルー

他にも本来なら色々な御咎めがあり、最悪打ち首の可能性もあったが事なきを得る。この頃に倅の髪が青年宅に届けられる

暫く後に、五体満足の御咎め無しという恩赦を受ける異例の事態(御都合主義)で青年無事帰還


105 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/04(月) 23:19:33 ID:XdP7Aaeo
良かった。乙


元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1406818974/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ