Powered By 画RSS


ほむら「時を越えて」

前作:ほむら「時は幕末」


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 09:53:50.08 ID:ejP+n8e1O
まどか『ほむらちゃん、ほむらちゃん』

ほむら『どうしたの?』

まどか『ほむらちゃんは前世ってあると思う?』

ほむら『前世?』ホムッ

まどか『そう、私たちが生まれ変わる前』ウェヒヒ

ほむら『そうね…』

まどか『私ね、前世でほむらちゃんと会った気がするんだ』

ほむら『私と…?』

まどか『うんっ!』




2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 09:59:06.83 ID:ejP+n8e1O
まどか『だからね、ほむらちゃんを初めて見た時…な、なんて言うのかな』

ほむら『…』

まどか『う、運命…を感じたんだ///』

ほむら『運命…』

まどか『う、うん///』

ほむら『ふふっ』

まどか『や…やっぱり変かな?』

ほむら『いいえ』

ほむら『私も信じるわ…前世を、運命を…!』


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 10:04:42.94 ID:ejP+n8e1O
まどか「すぅすぅ」

ほむら「まどか、起きて?朝よ」

まどか「ん…」フワッ

まどか「…ほむらちゃん」

ほむら「ふふ、おはよう、まどか」

まどか「うん、おはよう、ほむらちゃん!」

ほむら「もう朝食ができるわよ?」

まどか「てぃひひ!」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 10:08:23.28 ID:ejP+n8e1O
ほむら「?…どうかしたの」ホムッ

まどか「ううん、夢の中でまたほむらちゃんと会ったんだ」

ほむら「夢の中で、私と?」

まどか「うん!だならね、眠ってても、目を覚ましても…」

まどか「ほむらちゃんと一緒にいれて、とっても嬉しいなって///」

ほむら「ふふっ…私もよ」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 10:11:52.39 ID:ejP+n8e1O
まどか「てぃひひ!」

さやか「ほむらー、まどか起きたー?」

ほむら「ええ」

まどか「おはよう、さやかちゃん」

さやか「おはよう、もう出来たよ、食べようよ」

ほむら「そうね」

さやか「まみさんも待ってるよ」

まどか「うん、今行くね」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 10:15:45.54 ID:ejP+n8e1O
さやか「まみさん!まどかも起きましたよ!」

まみ「そう、じゃあ食べよっか?」

まどか「まみさん。おはようございます!」

まみ「ええ、おはよう、まどか!」

さやか「こうして四人で朝ごはん食べるの初めてだねぇ」

ほむら「そうね」

まどか「てぃひひ」

まみ「それじゃあ」

「いただきます!」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 10:20:06.02 ID:ejP+n8e1O
まどか「まみさん、今日からはみんなと一緒に食べてくれるんですね!」

まみ「ええ、今日からはいつも四人一緒よ!」

さやか「四人で食べるといつもより美味しいですね!」

ほむら「ふふっ、そうね」ホムッホムッ

まみ「まどか、さやか、ほむら…今までごめんね?」

まどか「そっ、そんなことないですよ!」

さやか「そうですよ、まみさんは私たちの為に…」

まみ「ふふ、ありがとう」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 10:29:43.63 ID:ejP+n8e1O
ほむら「今私は、まどか、さやか、まみ…この三人と一緒に生活している」

ほむら「家族としてね」

ほむら「私はワルプルギスの夜と戦っている最中にタイムスリップしたの」

ほむら「その先はいつもの病院じゃなくて…」

ほむら「江戸だったの」

ほむら「そして江戸でまどか達の先祖と…今私の目の前にいる三人と出会い、家族になった」

ほむら「この話は私の…私たち四人の江戸での物語」

ほむら「時は幕末」

ほむら「の続きのお話よ」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 10:34:44.90 ID:ejP+n8e1O
まどか「ほむらちゃん、どうしたの?」

さやか「そんな難しい顔してさ」

まみ「悩みがあったらなんでも言ってね?」

ほむら「ふふっ、ありがとう…でも大丈夫よ」

まみ「そう、よかった」

ほむら「まみ…あなただって、もう無理しないで?」

さやか「そうですよ!もう一人で無理しないでください!」

まどか「心配…したんですから…」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 10:39:03.16 ID:ejP+n8e1O
まみ「うん…今まで黙ってて本当にごめんなさい」

さやか「まみさん…」

まみ「私が魔法少女だと言うことを…いつも死と隣り合わせだと言うことを…」

ほむら「…」

まみ「私…みんながいなきゃ…今ごろ…」

まどか「で、でも!まみさんがこうやって帰ってきてくれて本当に嬉しいです!」

さやか「そうですよ!すっごく嬉しいです!」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 10:45:05.21 ID:ejP+n8e1O
まみ「うん…そうね」

ほむら「…そうよ!」

まみ「私ね…夢を見たの」

さやか「夢?」

まみ「うん…そこはね、江戸じゃない私の知らないところで…」

まみ「誰も私を見てくれない…誰も私を呼んでくれなかったの」

まみ「私すごく寂しくて…」

まどか「まみさん…」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 10:52:51.02 ID:ejP+n8e1O
まみ「そしたらね、あなた達三人の声が聞こえたの」

まみ「私を呼んでくれたの!」

まみ「そして…目を覚ましたらみんながいてくれて、すごく嬉しかった」

まみ「みんな…本当にありがとう!」

さやか「こっちこそ…私たちの為にいろいろしてくれて、ありがとうございます!」

まどか「ありがとうございます、てぃひひ!」

ほむら「ふふっ」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 11:00:03.22 ID:ejP+n8e1O
まみ「みんな…あれ?涙が…」

まみ「参ったなぁ…まだまだちゃんとお姉さんぶってなきゃいけないのにな…」

まみ「やっぱり私駄目な子だ…」

まどか「まみさんは…駄目な子なんかじゃないです!」

さやか「そうですよ!私たちの為に頑張ってくれたんですから!」

まみ「まどか…さやか…」

さやか「だけど…これからは私たちを頼ってください!」

さやか「もう一人で無理しないでください!」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 11:04:36.11 ID:ejP+n8e1O
まみ「…」

ほむら「そうよ…もう二度と無理して魔女と一人で戦うことはしないで…!」

まみ「ほむら…」

まみ「でも…私は…魔法少女だから…私が戦わなきゃみんなが…」

ほむら「だから、これからは私と一緒に戦って!」

まみ「ほむらと一緒に…?」

ほむら「ええ!」

まみ「でもほむらは…」

さやか「あの化け物をやっつけたのはほむらなんですよ!」

まみ「え…?」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 11:08:47.00 ID:ejP+n8e1O
まどか「ほむらちゃんがいてくれたから…まみさんは…」

まみ「…じゃあ…ほむらは…?」

ほむら「ええ、私も魔法少女よ」

まみ「…!」

まみ「も、もしかして…もしかしてあの時久兵衛に契約を迫られたの!?」

まみ「私を助ける為に魔法少女になったの!?」

まどか「まみさん…」

ほむら「そうね…たしかに私はまみを助けようと思って魔法少女に変身したわ」

まみ「そんな…」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 11:13:22.14 ID:ejP+n8e1O
まみ「じゃ…じゃあ私が…私のせいで…ほむらは…」

ほむら「…でも、私はあの時契約した訳じゃないわ」

まみ「…え?」

ほむら「…秘密にしてたけれど、私は昔から…ずっと前から魔法少女だったの」

まみ「ずっと前から…?」

ほむら「…ええ、黙っててごめんなさい…みんなを魔法少女に関わらせたくなくて…」

まどか「ほむらちゃん…」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 11:20:22.19 ID:ejP+n8e1O
まみ「そう…だったのね…ふふ」

ほむら「?」ホムッ

さやか「まみさん?」

まみ「ほむらも…私とおんなじだったのね?」

ほむら「ええ…そうね、そして…」

ほむら「まみはもう一人ではないわ」

ほむら「私が…まどかが、さやかがいるわ!」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 11:24:02.69 ID:ejP+n8e1O
マミ「…そうね…そうなんだよね」

さやか「はい!」

まどか「まみさんは、一人ぼっちなんかじゃないです!」

ほむら「だから、これからは私と一緒に…」

まみ「ほむら…本当に、これから私と一緒に戦ってくれるの?」

ほむら「もちろんよ!」

ほむら「それに…まどかとさやかは絶対に契約させない!」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 11:28:14.16 ID:ejP+n8e1O
まみ「ほむら…」

まどか「まみさん、実は私…契約を迫られたんです」

まみ「…え?」

さやか「まどかが契約すれば、願い事でまみさんを助けることができるって…そう言ってました」

まみ「…」

まどか「だから私、契約しようとしたんです、そしたら…」

まどか「そしたらほむらちゃんが、絶対に契約しては駄目って…!」

まみ「ほむらが…?」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 11:33:21.98 ID:ejP+n8e1O
さやか「そしたら、あの白い奴が見殺しにするのかって、まみさんを殺すのかって言ってました」

まみ「…久兵衛」ギリッ

まどか「だから私は、やっぱり契約しようとしたんですけど、ほむらちゃんが言ってくれたんです」

まどか「まみさんが私たちに魔法少女のことを黙っていたのは私たちの為だって…」

まみ「…!」

まどか「私たちを危険に巻き込ませたくないからだって…同じ思いをさせたくないからだって」

まどか「そう言ってくれたんです」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 11:37:43.42 ID:ejP+n8e1O
まみ「…」

まどか「だから私は、絶対に契約はしないって、そう決めたんです」

まみ「そうだったの…」

まどか「…契約すればまみさんは間違いなく助かったんだと思います」

さやか「でも、白い奴の力を使わずに私たちで…私たちがまみさんを助けるって、決めたんです!」

さやか「そしてまみさんが目を覚ましてくれた…だから凄く嬉しいんです」

まみ「…」


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 11:42:34.17 ID:ejP+n8e1O
まみ「ほむら…」

ほむら「…」

まみ「本当に…本当に…ありがとう…!」

まみ「私の気持ち…わかってくれたのね?」

ほむら「…ええ」

まみ「もし…まどかが契約して私を助けてくれたら…私…絶望してたかもしれない…」

まどか「…絶望…?」

ほむら「!」

ほむら(まさか…)


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 11:52:06.72 ID:ejP+n8e1O
ほむら「まみ…あなた魔法少女の正体を知っているの?」

まみ「あ…」

まみ(ど、どうしよう…ほむらが魔法少女の正体を知らなかったら…)

まみ(真実を知ったら…ほむらが絶望して魔女になるかもしれない…)

まみ「それは…」

ほむら(もし、まみが魔法少女の正体を知らなかったら…)

ほむら(教えるべきかしら…でも…)


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 11:55:59.67 ID:ejP+n8e1O
まみ「…ほむらは知ってるの…?魔法少女の真実を…?」

ほむら「…」

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「ええ、知っているわ…」

まみ「…!じゃ…じゃあ、魔女の正体を知って…いるのね?」

ほむら「ええ…」

さやか「魔女の正体?」


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 12:03:57.16 ID:ejP+n8e1O
まみ「魔女の正体は…魔法少女の成れの果てよ」

まどか「え…?」

さやか「成れの果てって…?」

ほむら「魔法少女が魔力を使いきるか、絶望すると…魔女化するの」

さやか「そっ、そんな…!?」

まどか「う…うそ…だよね…?」

ほむら「…いえ、事実よ」

まみ「…うん」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 12:07:04.90 ID:ejP+n8e1O
さやか「それじゃっ!それじゃあっ…!」

まどか「ほむらちゃんは…まみさんは…」

まどか「いつか魔女になっちゃうの…!?」

ほむら「…ええ」

さやか「う、嘘だっ!な、ならあの化け物も元は人間だったって…」

さやか「まみさんとほむらも、いつかあの化け物になっちゃうって…」

さやか「そう…言うの…?」


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 12:13:21.11 ID:ejP+n8e1O
ほむら「…確実に魔女化するとは言えないわ」

まどか「えっ…な、ならっ!」

さやか「二人は魔女にならずに済むの?」


まみ「ええ…」

まどか「よ…よかった…」ホッ

さやか「う…うん!」

まみ「…死ぬことができればね」

ほむら「そうね」


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 12:18:34.80 ID:ejP+n8e1O
まどか「えっ?」

さやか「…どういうことですか?」

まみ「魔法少女が魔女化しない方法はね」

まみ「…魔女化する前に死ぬしかないわ」

さやか「えっ?…えっ?」

まどか「う、嘘だよね…?ほむらちゃん!」

ほむら「いえ…事実よ」

まどか「…っ」


ほむら「魔法少女は…延々と戦い続けて死ぬか、魔女化するか…」

ほむら「それしか…ないわ」


50:>>48はい:2011/10/14(金) 12:22:41.35 ID:ejP+n8e1O
まどか「そ…そんな…そんなのってないよ…」

さやか「魔法少女を辞めることはできないんですか!?」

まみ「…無理よ」

さやか「そんな…」

まみ「だから、まどか、さやか…あなた達は絶対に…!」

まみ「絶対に契約しては駄目よ!」

まどか「…」

さやか「…」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 12:28:13.90 ID:ejP+n8e1O
ほむら「だから、まどか…さやか…キュウべえに何を迫られても絶対に契約しないで」

まみ「…お願いね?」

まどか「…」

さやか「…はい」

まみ「…ありがとう」

まどか「私は…二人に何かできないの…?」

まどか「二人の力になれないの!?」

さやか「わっ、私も!」


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 12:49:56.95 ID:ejP+n8e1O
まみ「あなた達は…私たちの帰りを待っててくれるだけで」

まみ「あなた達が無事でいてくれるだけで…」

まみ「それだけで…私は頑張れるから」

まどか「…」

さやか「まみさん…」

まみ「それに、これからはほむらが一緒に戦ってくれるから」

まみ「私と一緒にいてくれるから、私は大丈夫」

ほむら「ええ!」


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 13:09:22.62 ID:ejP+n8e1O
さやか「…」

まみ「それに、さやか…あの時あなたが来てくれなかったら私…殺されてたわ」

さやか「まみさん…」

まみ「あなたが魔女に立ち向かってくれて…」

まみ「私を助けてくれて、本当に嬉しかったから!」

まみ「だからそんな顔しないで…?」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 13:31:02.62 ID:ejP+n8e1O
まみ「…さて、この話しはここまでにしましょう」

ほむら「そうね…!」

まどか「…」

さやか「…」

まみ「今日はみんなでお出かけよ!」

まみ「だからほら、ね?」

さやか「…はい」

まどか「…」


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 13:41:07.16 ID:ejP+n8e1O
まみ「そうだわ、今日は大きい湯屋に行きましょう?」

ほむら「湯屋?」ホムッ

まみ「湯屋よ、お風呂」

ほむら「お風呂!」ガバッ

まみ「ええ、四人でゆっくり浸かりましょうよ」

ほむら「つまり…まどかと一緒に?」

まみ「ええ…私もさやかもいるけれど」


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 13:46:45.07 ID:ejP+n8e1O
まみ「この時間帯にも開店してる湯屋を知ってるの、貸し切り状態になるかも知れないわ」

ほむら「貸し切り…!」

まみ「ほむらは江戸の湯屋は初めてでしょ?」

ほむら「ええ!」

まみ「ふふ、だから楽しみましょ?」

ほむら「ええ!!」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 13:52:33.85 ID:ejP+n8e1O
まみ「ふふ、なら決まりね!」

ほむら「ええ!!」

まみ「なら早速準備をしましょうか」

ほむら「ええ!!」

まみ「…そんなに張り切らなくてもいいのよ?」

ほむら「ええ!!」

まみ「…ふふっ」クスッ


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 14:00:59.37 ID:ejP+n8e1O
まどか「…」

さやか「…」

まみ「…ほら、二人も準備しなさい?」

ほむら「私は準備できたわ!」

まみ「…」

まみ「ほ、ほら、ほむらを見習って…ね?」

まどか「…」

さやか「…はい」


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 14:06:00.99 ID:ejP+n8e1O
さやか「できました…」

まどか「…」

まみ「二人とも準備できたわね?なら行きましょう!」

ほむら「ええ!!」

ほむら(まどかとお風呂!まどかとお風呂!)

ほむら「えへへ」ニコッ

まみ「…ほむら、そんなに楽しみ?」

ほむら「もちろん!」


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 14:14:23.37 ID:ejP+n8e1O
まみ「さて、ついたわよ」

ほむら「貸し切りかしら?」

まみ「ちょっと待ってね…うん、私たちだけのようね」

ほむら「やった!」

まどか「…」

さやか「…」

まみ「…二人とも」

まみ(今は貸し切りよね…なら…!)

まみ「あっ!」

ほむら「どうしたの?」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 14:20:32.69 ID:ejP+n8e1O
まみ「わ、忘れ物をしたわ、取りに帰ってもいい?」

ほむら「えっ…いえ、構わないわ」

まみ「ほむらはまどかと先に入ってて?」

ほむら「え?いいの?」

まみ「うん、さやか、あなたは私についてきてくれる?」

さやか「あっ…はい!」

まみ「じゃあ私とさやかは一旦帰るから、二人で楽しんできてちょうだいね」

ほむら「ええ!!」

まどか「…はい」


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 14:25:33.95 ID:ejP+n8e1O
まどか「…」

ほむら「まどか、入ろう?」

まどか「うん…」

ガラッ

ほむら「わぁ…」

ほむら(これが江戸時代のお風呂…!)

まどか「…」

ほむら「まどか、私たち二人っきりね!」

まどか「うん…」


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 14:28:42.46 ID:ejP+n8e1O
まどか「…」

ほむら「まどか…」

まどか「ねえ…ほむらちゃん…」

ほむら「なに?」

まどか「ほむらちゃんは…辛くないの?悲しくないの?怖くないの?」

ほむら「それは…魔法少女として?」

まどか「うん…」


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 14:34:43.71 ID:ejP+n8e1O
ほむら「そうね…たしかに魔法少女になって辛いことも、悲しいこともたくさんあったわ」

ほむら「それに魔女になるかもしれないし、死ぬかもしれない…恐いと何度も思った」

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「だけどね、私は魔法少女になったことを後悔してないわ」

まどか「えっ…?」

ほむら「魔法少女になったからできた出会いもたくさんあった」

ほむら(まどかとこうして会うことができた)


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 14:39:47.25 ID:ejP+n8e1O
ほむら「最初にまどかを助けた時だって、魔法少女の力があったから、私はまどかを助けることができた」

まどか「あっ…」

ほむら「魔法少女だったから、こうしてまどかと一緒にいることができたの」

ほむら「それにまみの、家族の力になることもできた」

まどか「ほむらちゃんが魔法少女だったから…私とさやかちゃん、まみさんを助けることが…できたんだよね」

ほむら「ええ、だから私は後悔なんてしてないわ」


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 14:44:33.02 ID:ejP+n8e1O
ほむら「むしろ私は魔法少女になって良かったって思ってるわ」

ほむら「まどかを…大切な人を助けることができたから、会うことができたから」

ほむら「今こうして一緒にいれるから!」

まどか「…ほむらちゃん!」ダキッ

ほむら「まっ、まどか///」

ほむら(い、今まどかは…は、裸なのよ…!)


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 14:48:42.76 ID:ejP+n8e1O
まどか「ありがとう…ありがとうほむらちゃん!」ギュッ

ほむら「まどかぁ///」

まどか「私…もうあんな顔はしないよ!」

ほむら「あうぅ///」

まどか「これからは…ほむらちゃんを、まみさんを力いっぱい応援するから!」

ほむら「ほむぅ///」

まどか「私が心の支えになるから!」

ほむら「まろかぁ///」


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 14:53:44.14 ID:ejP+n8e1O
まどか「だから何でも言って?私、ほむらちゃんの為なら何でもするから!」

ほむら「まろかぁ///

ほむら(し…幸せ…だ、だめ…意識が飛びそう…)

ほむら(こ、堪えるのよ暁美ほむら!ここで気絶しちゃ一生の不覚よ!)

ほむら(気絶しちゃだめよ気絶しちゃだめよ気絶しちゃだめよ気絶しちゃだめよ気絶しちゃだめよ)

ほむら「ほむむむむむむ///」


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 14:57:48.92 ID:ejP+n8e1O
まどか「ほむらちゃん?」

ほむら「ほむぅ///ほむぅぅ///」

まどか「か、顔が真っ赤だよ!どうしたの!?」

まどか「の、逆上せちゃったのかな?」

ほむら「あ…あた…あたって…///」

まどか「あたって?」

ほむら「まろかのが…私に…あたって…///」

まどか「えっ…あっ///」


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 15:01:20.60 ID:ejP+n8e1O
ほむら「まろかぁ///」

まどか「ごっごめんね!ほむらちゃん///」バッ

まどか「は、裸で抱きついちゃったんだ…///」

まどか「あわ…あわわわわ///」

まどか(急に恥ずかしくなってきちゃった///)

ほむら「///」

まどか「///」


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 15:07:55.82 ID:ejP+n8e1O
まどか「///」

ほむら「///」

まどか(は、恥ずかしい///)

まどか「///」

ほむら「///」

まどか(ど、どうしよう…ほむらちゃんさっきから黙ってるよ…)

まどか「///」

ほむら「///」

まどか(い、嫌…だったかな…?)

まどか「///」

ほむら「///」

ほむら「ふぅ」


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 15:26:18.82 ID:ejP+n8e1O
まどか「ほ、ほむらちゃん///」

ほむら「まどか」

まどか「な、なにかな?///」

ほむら「そろそろ体を洗いましょうか」

まどか「そ、そうだね///」

ほむら「じゃあ私は先に洗ってくるわ」

まどか「う、うん///」

ほむら「それじゃ」

まどか「あっ///わ、私が洗おうか…な///」

ほむら「そう、ならお願いするわ」


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 15:53:06.92 ID:ejP+n8e1O
まどか「じゃ、じゃあいくね?///」

ほむら「ええ」

ほむら(さて、なんとか平常心を取り戻したわ)

ほむら(この状態ならドンとこいよ!)

ほむら(まどかに洗ってもらえるし、私もまどかを!)

ほむら(そういえば、どうやって洗うのかしら?)

ほむら(シャンプーやボディーソープなんてないわよね)


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 15:57:06.00 ID:ejP+n8e1O
まどか「髪はどうしよっか///」

ほむら「お願いするわ」

まどか「髪はめったに洗わないし、誰かのを洗ったことないから痛かったら言ってね?///」

ほむら「まどかなら大丈夫よ!」

まどか「い、いくよ?///」

ほむら「ええ!」

まどか「灰汁をとって…えいっ///」


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 16:00:33.78 ID:ejP+n8e1O
まどか「んしょ…んしょ…」ゴシゴシ

まどか「い、痛くない?」

ほむら「ええ、大丈夫よ」

ほむら(何かしらこれ…江戸時代のシャンプーよね)

ほむら(まあいいわ、まどかが洗ってくれるなら何でも)

まどか「ほ、ほむらちゃん///」

ほむら「なに?」

まどか「ほむらちゃんの髪…き、綺麗だよね///」


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 16:43:56.21 ID:ejP+n8e1O
ほむら「そうかしら?」

まどか「うん…サラサラしてるし、に、匂いもいいし///」

ほむら「それはたぶんシャンプーの匂いよ」

まどか「しゃんぷう?」

ほむら「あ…ほ、ほら!石鹸よ!」

まどか「でも…石鹸の匂いとは違うよ…これは」

まどか「ほ、ほむらちゃんの匂いだよ///」


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 16:50:25.23 ID:ejP+n8e1O
ほむら「そう…ありがとう」ニコッ

まどか「う、うん///」

ほむら(私の匂い、か…どんな匂いなのかしら?)

まどか(ほむらちゃんの髪…ほんとに綺麗だな…うらやましいなぁ)

まどか「か、痒いところはない?///」

ほむら「ほむ…ないわ」

まどか「そ、そっか…ならもう流すね?」

ほむら「あっ…やっぱり上あたりが痒いかも…」


95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 16:55:55.76 ID:ejP+n8e1O
まどか「ここかな?///」

ほむら「う、うん」

ほむら(まどかに髪を洗ってもらえるチャンスなんてめったにないわ)

ほむら(一秒でも長く洗ってほしい!)

まどか(ほむらちゃんの髪…ほむらちゃんの匂い…ほむらちゃん…)

まどか(ほむらちゃん…///)ドキドキ


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 17:01:50.97 ID:ejP+n8e1O
ほむら「ほむぅ…」

ほむら(それにしても気持ちいいわ…やっぱりまどかだと格別ね)

まどか「///」ドキドキ

ほむら(あら?まどかの手が止まって…)

まどか(どうしよう…今までも何度かこんなことあったのに…)

まどか(こんな気持ち…初めてだよ///)

まどか(初めてあった時からほむらちゃんのこと好きだったけど…)

まどか(今のこの気持ちの好きとは…ちょっと違う…のかな?///)


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 17:04:54.13 ID:ejP+n8e1O
まどか(いや…違うんじゃない…気づいたんだ…///)

まどか(私は本気でほむらちゃんに…恋しちゃったんだ…///)

まどか(だから私…あんなことができたんだ…///)

まどか(思い出したらますます恥ずかしくなってきちゃった///)

まどか(あわわわわわ///)

まどか「///」ポーッ


99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 17:07:28.73 ID:ejP+n8e1O
ほむら「…まどか?」

まどか「///」

ほむら「まどか、どうかしたの?」

まどか「///」

ほむら「まどか…?」チラッ

ほむら「っ!」ビクッ

ほむら(目、目にシャンプーみたいなのが入った!)

ほむら「い、痛い…」


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 17:10:16.51 ID:ejP+n8e1O
まどか「///」

ほむら「目が…目が…」ブルブル

まどか「///」ハッ

まどか「ほ、ほむらちゃんどうしたの!?」

ほむら「目…目に…」

まどか「あっ…な、流さないと!」

まどか「大丈夫?ほむらちゃん!?」パシャパシャ

ほむら「う…うーん…」


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 17:14:06.78 ID:ejP+n8e1O
まどか「大丈夫?」

ほむら「…」パチパチ

ほむら(あ…見えた)

ほむら「…?」パチパチ

ほむら(あれ…目の前にあるのって…まさか…)

ほむら「まさか!」パチパチ

まどか「まさか?」

ほむら「目に焼き付けておきなさい!暁美ほむら!!」

まどか「きゃっ?どうしたの?」

ほむら!「あ…き、気にしないで…」


141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 20:58:37.04 ID:ejP+n8e1O
まどか「う、うん…目は大丈夫?」

ほむら「ええ、大丈夫よ」

ほむら(眼福…眼福…!)

まどか「もう流そうか?」

ほむら「…ええ」

まどか「えいっ」パシャパシャパシャ

まどか「終わったよ?へたっぴでごめんね?」

ほむら「そんなことはないわ」


143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 21:00:47.07 ID:ejP+n8e1O
まどか「そうかな…?」

ほむら「ええ、気持ち良かったわ」

まどか「てぃひひ…ありがとう、ほむらちゃん」

ほむら「こちらこそ」

まどか「じゃあ次は…私の髪を洗ってもらってもいい…かな///」

ほむら「ええ!是非そうさせてもらうわ!」

まどか「ありがとう///」


145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 21:05:52.84 ID:ejP+n8e1O
ほむら「ほむ…これが江戸時代のシャンプーなのね」

まどか(しゃんぷうって何なのかな?)

ほむら「い、いくわよ…!」

まどか「う、うん、お願い///」

ほむら(まどかの髪…私なんかよりもずっと綺麗じゃない!)

ほむら(綺麗な黒色…ピンクも似合うけど、黒も似合う…流石まどかだわ!)

まどか「…」

まどか(まだかな…?)


146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 21:09:59.26 ID:ejP+n8e1O
ほむら(そもそも…まどかと一緒にお風呂に入ったことがあったかしら…?)

ほむら(あるような気がするけど…現実なのか夢なのか妄想なのか…)

ほむら(どれだったかしら…?)

ほむら(でも…今目の前にいるまどかは現実…!)

まどか「…ほむらちゃん?」

ほむら「?」

まどか「嫌…だったかな…?」


147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 21:12:52.05 ID:ejP+n8e1O
ほむら「そんなことないわ」

まどか「そ、そうだよねっ!」

ほむら「ええ」

まどか「じゃあ…そろそろお願いしてもいいかな?」

ほむら「ええ!」

ほむら「まどかの髪…」ゴクッ

ほむら「ど、どうかしら…」

まどか「うん…気持ちいいよ///」


149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 21:18:37.92 ID:ejP+n8e1O
ほむら「まどか、あなたの髪の毛もすごく綺麗よ」

まどか「そ、そんなことないよ///」

ほむら「ううん、綺麗」

まどか「あ、ありがとう…///」
まどか「でも、私の髪なんかよりも、ほむらちゃんの方が…」


ほむら「まどか、もっと自分に自信をもっていいのよ?」

まどか「えっ…?」


151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 21:24:44.04 ID:ejP+n8e1O
ほむら「まどかは素晴らしい髪よ…素晴らしいのは髪だけじゃないけど」

まどか「そんな…///」

ほむら「だから『なんか』だなんて、言わないで?」

まどか「う、うん…///」

ほむら「ふふっ、どこか痒いところはない?」

まどか「え、えっと…ぜ、全部かな!///」

ほむら「えっ?」


152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 21:27:41.48 ID:ejP+n8e1O
まどか「か、痒いわけじゃないんだけどね?///」

まどか「も、もっとほむらちゃんに洗ってもらいたいなって…///」

ほむら「そういうことならお安いご用よ!」

まどか「ありがとう///」

まどか(うぅ…さっきから心臓がドキドキしてるよ…)

まどか(なんなのかな…?)

まどか(病気じゃないよね…?)


153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 21:31:15.71 ID:ejP+n8e1O
まどか(ほむらちゃんのことを考えると…///)

まどか(あわわ///)

まどか(で、でも…私達は女の子同士だし…///)

まどか(へ、変…だよね…?)

まどか(ほむらちゃんは私のこと、どう思ってるのかな…?)

まどか(私と同じ気持ちなら…いいのにな…)


154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 21:33:51.11 ID:ejP+n8e1O
ほむら「そろそろ流すわよ?」

ほむら(ほんとはもっとしてたいけど…風邪をひいたらいけないし…)

まどか「あっ…う、うん」

ほむら「それじゃ…」パシャパシャ

まどか「あ、ありがとう、ほむらちゃん!」

ほむら「ふふっ、お互い様よ」

まどか「う、うん!」

ほむら「じゃあ私は体を洗うから…」


156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 21:37:32.10 ID:ejP+n8e1O
まどか「あっ!体も私が洗うよ!」

ほむら「…え?///」

まどか「えっ?あっ…///」

ほむら「そ、その…すごく嬉しいんだけど…///」

ほむら「ま、まだ体は恥ずかしい…かな///」

ほむら(流石にそれは抑えられなくなるわよ///)

ほむら(今は平常心を保つのがやっとなのに///)

まどか「そ、そうだよね…」シュン


157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 21:39:48.69 ID:ejP+n8e1O
ほむら「!」

ほむら(あっ!今まどかがシュンって…!)

ほむら(ど、どうしよう///)

まどか(さすがに調子に乗りすぎちゃったかな…?)

まどか(やっぱり嫌だよね…)

まどか「じゃあ私も自分で洗うね?」

ほむら「あっ…!」


158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 21:41:34.00 ID:7pUhvGke0
まどっち前スレで女の子同士でも関係ない云々言ってたやん
率直に言うと、もっと気にせずイチャイチャすればいい


159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 21:43:22.20 ID:ejP+n8e1O
ほむら「待って!やっぱりお願いするわ!」




ほむら「///」

まどか「///」

ほむら(結局、互いに体を洗ったけど…///)

まどか(すごく気まずいよ…///)

ほむら(すごく嬉しいんだけど…///)

まどか(ほむらちゃんの…か、顔を見れないよ…///)


161:>>158本当に好きって気持ちがわかったってことで…:2011/10/14(金) 21:46:50.82 ID:ejP+n8e1O
ほむら「///」

まどか「///」チラッ

ほむら「!///」

まどか「///」バッ

まどか(目を合わせただけで…///)

ほむら(…恥ずかしい///)

ほむら「///」

まどか「///」


162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 21:49:47.40 ID:ejP+n8e1O
まどか「ほ、ほむらちゃん///」

ほむら「な、なに?///」

まどか「そ、そろそろ上がろっか///」

ほむら「そ、そうね///」

まどか(どうしよう…逆上せたわけじゃないのに、私すっごく顔が赤くなってるよ///)

ほむら(お、落ち着きなさい…暁美ほむら…///)

まどか「きゃっ?」ツルッ

ほむら「まどか!?」


164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 21:52:52.76 ID:ejP+n8e1O
ほむら「まどか!」バッ

まどか「きゃあっ!」バターン

ほむら「いたっ!」バターン

まどか「いたたた…」

ほむら「だ、大丈夫?まど…!」

まどか「うん…ありが…!」

ほむら(まどかの…まどかか、顔が…!)

まどか(め、目の前にほむらちゃんの顔が…!)


165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 21:56:38.49 ID:ejP+n8e1O
まどか「///」ドキドキ

ほむら「///」ドキドキ

まどか(ほ、ほむらちゃん…///)

ほむら(まどか…///)

ほむら(も、もう平常心なんて保てるわけないじゃない///)

ほむら「ま、まどか…///」

まどか「ほむらちゃん…///」ギュッ

ほむら「!!!」


166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 21:59:52.70 ID:ejP+n8e1O
ほむら(まどか…目を閉じて…!)

ほむら(これは…まさか…!)

ほむら(いや、間違いなく…!)

ほむら(…ついに…念願の…まどかの…!)

ほむら「まどか…///」ソーッ

まどか「///」

さやか「…あんた達、何してんの…」


167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 22:03:10.28 ID:ejP+n8e1O
ほむら「さっ…!」

まどか「さやかちゃん!?」

まみ「さやか、どうかし…」

まみ「…まどか?ほむら?」

まみ「あっ…あなた達何をして///」

まどか「えっ?あっ?///」アタフタ

ほむら「こ、これは違うの///」

まどか「じっ、事故だよ///」

ほむら「そ、そうよ!事故よ!///」


171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 22:08:59.49 ID:ejP+n8e1O
さやか「事故って…」

まみ「わ、わかったから早く離れなさい///」

まどか「うっ、うん///」バッ

ほむら「ご、ごめんね///」

まどか「わっ私こそ///」

ほむら「も、もう出ていこう?///」

まどか「うん///」

ほむら「そ、それじゃ///」

まどか「先に行ってるね?///」


172:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 22:13:43.84 ID:ejP+n8e1O
さやか「…」ポカーン

まみ「も、もう///」

さやか「…ほんとに事故…なんですかね…?」

まみ「知らないわよ///」

さやか「あはは…」

まみ「…はぁ」

まみ「今度は私たちの番ね」

さやか「へ?」


188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 23:09:07.03 ID:ejP+n8e1O
まみ「?」

さやか「どういう意味ですか?」

まみ「え?だから次は私たちがお風呂に入りましょう?」

さやか「あっ、はい」

さやか(びっくりした…まさか私とまみさんがあんな事をするのかと…)

まみ「さあ、行くわよ」

さやか「はい」


191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 23:13:28.54 ID:ejP+n8e1O
さやか「そういえば…まみさん、結局何を忘れたんですか?」

まみ「お金よ、まどかとほむらの分しかなかったから…」

まみ(本当は何も忘れてはいないけどね)

まみ(あの様子じゃ、まどかも元に戻ったみたいだし、ほむらに任せて正解だったわ)

まみ(でも…あれは///)

さやか「…まみさん、こうして二人で湯屋にくるの初めてですね!」


192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 23:17:29.21 ID:ejP+n8e1O
まみ「そう…ね、いつもまどかも一緒だったもんね」

さやか「はい、だから二人きりだと、ちょっと緊張しますね!」

まみ「ふふ、そうね」

さやか「でも…いくら二人きりとは言え、まどかとほむらは…」

まみ「あの子達は両想いみたいだし…仕方がないと言えば仕方がないけど…」

さやか「ちょっと…心配ですよね」

まみ「そうね」


193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 23:20:17.07 ID:ejP+n8e1O
さやか「でも、そんな心配ならいくらでも大丈夫ですよ!」

まみ「?」

さやか「その…命の心配はないから…」

まみ「…そうね」

さやか「もう…あんなこと…まみさんが死んじゃうようなことは…ないですよね…?」

まみ「それは…」

さやか「すごく…心配したんですから…!」

まみ「さやか…」


194:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 23:23:40.97 ID:ejP+n8e1O
さやか「あの時、まみさんを見かけて、後をつけちゃったんです…」

まみ「…」

さやか「そしたら…まみさんが化け物と戦ってて…負けちゃいそうになってて…」

さやか「すごく怖かったんです、化け物でなく、まみさんが死んじゃうことが…」

さやか「だから…必死でまみさんを助けようとしたのに…私…」

さやか「私…何もできないで…それどころか足を引っ張っちゃって…」


197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 23:27:09.93 ID:ejP+n8e1O
まみ「さやか…」

さやか「私の…私のせいでまみさんが…死んじゃったんじゃないかって…!」

さやか「そう思ったら悲しくて…苦しくて…!」

さやか「それに…ほむらが来てくれなかったら…私とまみさんは…!」

さやか「白い奴も、まどかならまみさんを助けられるって…結局…私は…私は何もできなくて…」

まみ「さやか」ギュッ


198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 23:31:36.51 ID:ejP+n8e1O
さやか「まみさんの…体を治してくれたのは先生だし…私だけ…何もできなかった…」

まみ「さやか!」

さやか「まみさん…私…私っ…」

まみ「さやか…たしかに魔女はほむらが倒してくれたし、久兵衛が契約を迫ったのはまどかだったかもしれない…」

まみ「私を治してくれたのは先生だった…でもね…私が一番感謝してるのは、さやか…あなたよ」

さやか「えっ…?」


201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 23:36:53.38 ID:ejP+n8e1O
さやか「でも…っ!私は何も…」

まみ「ううん、さやかは頑張ってくれたわ!」

まみ「あの時…私が魔女に食べられそうになった時ね…私、金縛りにあったみたいに動けなかったの」

まみ「でもね、その時さやかの声が聞こえたの…そして体が動いたの」

まみ「諦めかけていた私に、さやかが勇気をくれたの!」

さやか「私が…?」

まみ「だから私は戦うことができた…体が軽かった…あんな気持ちで戦ったのは初めてよ?」


203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 23:42:11.25 ID:ejP+n8e1O
さやか「でも…最後は私がいなければ…まみさんは…!」

まみ「ううん…あの時ね、私指一本も動かせなくてね、諦めてたの」

まみ「あのまま魔女に殺されるか、絶望して魔女になるのか…」

まみ「どちらにしろ、私は間違いなく無事ではいられなかったわ」

まみ「そんな時、さやかが必死で私を助けようとしてるのが見えてね…さやかだけはって…力が湧いてきたの」

まみ「だから、私はあの時さやかを守れて嬉しかった…そう覚えているわ」


204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 23:46:08.72 ID:ejP+n8e1O
さやか「まみさん…!」

まみ「それに、ほむらから聞いたわ…先生を探しにいってくれたのも、さやかなのでしょう?」

さやか「…はい」

まみ「気を失ってる私に、一番呼び掛けてくれたのもさやか、あなただって聞いたわ」

まみ「それに、私が一番最初に聞いた声も、さやかだった…」

まみ「私は…あなたに助けられたのよ…あなたがいなければ私は死んでいたわ…!」

さやか「まみさん…っ!」

まみ「だから…さやか、ありがとう…!」


210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/14(金) 23:59:13.25 ID:ejP+n8e1O
さやか「まみさん…まみさん…うわぁぁぁぁっ」ダキッ

まみ「ふふ、よしよし…」

さやか「まみさん…まみさん…」ヒック

まみ「ありがとう、さやか…あなたは自慢の家族よ…!」

さやか「私も…私もっ!まみさんは自慢の家族ですっ!」

まみ「ふふ…ありがとう」

まみ「ねえ、さやか…今日は私が洗ってあげましょうか?」

さやか「…はいっ!」


213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 00:04:42.12 ID:A/RmFutZO
まどか「///」

ほむら「///」

まどか(あれから…ほむらちゃんの目を全然見れないよ…///)

ほむら(わ、私はあと少しでまどかとキスを…///)

まどか(私…目を閉じちゃって…あのまま…///)

ほむら(ほむむむむむ///)

まどか(あわわわわわ///)


215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 00:09:05.12 ID:ydk/UtWdO
ほむら(と、とにかく今は家に帰ることを考えなきゃ///)

まどか(れ、冷静にならなきゃ…お、落ち着いて…私///)

まどか(何か他のことを…)

まどか(…)

まどか(ほむらちゃんの髪…綺麗だったな…)

まどか(今日はほむらちゃんの髪を…体を洗って…)

まどか(そ、そういえば抱きついて…さ、最後に…)


216:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 00:11:58.60 ID:A/RmFutZO
まどか(あわわ///無理だよ///頭から離れないよ///)

まどか「///」

ほむら「///」

キンキンッ カキーン カキーン

ほむら「///…あら?」

まどか「///」

ほむら「ねえ…まどか…」

まどか「なっ、なに?///」

ほむら「何か音が聞こえない…?」


217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 00:14:56.00 ID:A/RmFutZO
キンッキンッ

まどか「あ…ほんとだ…!」

ほむら「この音…刀?」

まどか「だ…だね…」

ほむら「ここにいては危険だわ…早く帰りましょう!」

まどか「う、うん!」

「助けてー!誰かー!」

「た、頼む!殺さないでくれ!」


219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 00:19:20.47 ID:A/RmFutZO
ほむら「…!」

「助けてー!助けてー!」

「せ、せめて!せめて息子だけは!」

まどか「…」

「きゃーっ!」

「父上ー!」

ほむら「…ごめん、まどか…私…」

まどか「ううん、私もだよ…助けにいくんでしょ?」

ほむら「まどか…うん、大丈夫、まどかもあの人達も私が助けてみせる!」


222:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 00:22:50.37 ID:A/RmFutZO
「ぐへへ…ぐへへ…」

「血…血だ…血を…」

「あばばばばばばば」

「ひっ…ひい…っ!」

「母上…母上…っ!」

「貴様等、身を引け」チャキッ

「ぐへへ…ぐへへ…」

「血…血だ…血を…」

「あばばばばばばば」


223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 00:24:16.92 ID:2tcB8GCM0
剣心きたー?


225:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 00:25:53.10 ID:A/RmFutZO
「聞こえなかったのか…?引けと言っているんだ」

「ぐへへ…ぐへへ…」

「血…血だ…血を…」

「あばばばばばばば」

「ちっ…、お前達は早く逃げろ!」

「はっ、はい!ほらっ!」

「うわぁぁん」

ほむら「!」

まどか「あの人は…ひむらさん?」


227:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 00:31:27.93 ID:A/RmFutZO
「無駄な殺しはしたくない…失せろ」

「ぐへへ…ぐへへ…」ブンッ

「血…血だ…血を…」ブンッ

「あばばばばばばば」ブンッ

「…ちっ」

「ぐへへ…ぐ………」バタッ

「血…血……………」バタッ

「あばばば…………」バタッ

「…飛天御剣流・龍巣閃」


228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 00:33:44.98 ID:A/RmFutZO
ほむら「あっ…ま、まどか!見ちゃ駄目!」パッ

まどか「う、うん!」

「…!」

(見られた…!)

「…そこにいるのは誰だ?」

ほむら「…ひむらさん」

まどか「…」

「君たちは…」


230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 00:37:38.17 ID:A/RmFutZO
「…ここは危険だ、直ぐに帰るんだ」

ほむら「…はい」

ほむら(もう…ここにいても仕方がないわね…)

ほむら「!?」

ほむら(これは…魔女の口付け!?)

「そいつらは俺が倒した…死んではいない」

「だから君たちは早く…」

「げへへ…げへへ…」ゾロゾロ

「ふひひ…ふひひ…」ゾロゾロ


237:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 00:57:47.55 ID:A/RmFutZO
「…まだいたか」スチャッ

ほむら「ま、待ってください!」

まどか「ほむらちゃん?」

ほむら「その人たちは操られているんです!」

「…何?」

ほむら「はい、だからその人たちは…!」

「…どういう意味だ」

杏子「それは私が説明してやるよ」


238:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 01:02:57.51 ID:A/RmFutZO
まどか「杏子ちゃん?」

杏子「魔女のことになると毎回会うな」

ほむら「…」

「…説明してくれ」

杏子「まあそんな睨むなって…あいつ等はな魔女に操られてんのさ」

「…魔女?」

ほむら「ええ…魔女に自殺…いや、虐殺を促されているのよ」

「げへへ…一緒に…」

「ふひひ…死ぬぞ…」サーセン


241:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 01:08:41.46 ID:A/RmFutZO
「…くっ」カキーン

まどか「ひむらさんっ!」

「ならどうすればいいんだ?」

「その魔女を倒せばいいのか?」

杏子「ああ、そうさ」

「…そいつは何処にいる?」

杏子「魔女を倒す気かい?あんたには倒せないよ」

「何?」


244:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 01:17:42.40 ID:A/RmFutZO
杏子「魔女を倒すのは私だよ!」

「…君は女だろ?」

杏子「そうさ、でも私は戦える」

「…女子供に戦わせるわけにはいかない、俺がやる」

杏子「無理だよ、だってあんたは魔法少女じゃないからね」

「魔法少女…?」

杏子「そう、これが魔法少女だ」ヘンシン

「!?」


245:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 01:21:40.08 ID:A/RmFutZO
「それは…!?」

杏子「んじゃ私は結界に行くからさ、そいつらはあんたに任せるよ」バッ

ほむら「…」

まどか「行っちゃった」

「…!?」

「ぐふふ…ぐふふ…」

「おうふ…おうふ…」

「ちぃ!」キンッ

(次から次へと…!しかし斬るわけには…!)


247:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 01:25:19.20 ID:A/RmFutZO
ほむら「まどか、あなたは離れていて」

まどか「ほむらちゃん…うん、わかった」

まどか「無理しないでね?」

ほむらちゃん「ええ」

「くっ…!」

(ならば…峰打ちを…?)

(しまった…全刃刀では…両刃では峰打ちができない…!)

(なら…鞘で…!)


249:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 01:30:18.03 ID:A/RmFutZO
「飛龍閃!」シュッ

「ぷげら!」ドカッ

「ぬるぽ…ぬるぽ…」ブンッ

「ちぃ!」バッ

「…くっ!」スパッ

(しまった…鞘が…!)

「土龍閃!」ズバッ

「がっ!」

「きゅっぷい…きゅっぷい…」

「…!」

(次から次へと…きりがない!)


251:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 01:30:34.75 ID:2tcB8GCM0
白いのが


239:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 01:04:42.71 ID:JRR7qZBD0
あずにゃんにゃん!あずにゃんにゃん!


252:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 01:34:23.21 ID:A/RmFutZO
「くっ!」カキーン

「にゃん…にゃん…」ブンッ

「!?」

(しまった…!)

ほむら「…!」シュンッ

ほむら「えいっ!」ボコッ

「にゃふっ!」バタッ

「…ほむら殿!」

ほむら「私も…魔法少女よ、助太刀するわ」


253:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 01:35:43.74 ID:2tcB8GCM0
ワロタ


254:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 01:37:43.83 ID:9/w+9CBp0
かずにゃん死亡


255:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 01:38:19.30 ID:A/RmFutZO
「…しかし」

ほむら「大丈夫よ、私はもう迷わない!」

ほむら「私がみんなを守る!」

「…わかった」

ほむら(気絶させるしかないわね…)

ほむら(こいつらの刀なら…峰打ちを…!)

ほむら「…」シュンッ

「…消えた!?」


257:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 01:42:08.88 ID:A/RmFutZO
ほむら「ひむらさん!これを!」シュッ

「…!」パシッ

(これなら峰打ちができる!)

ほむら「ひむらさん、それで!」

「…」コクッ

「ふいた…ふいた…」

「わろす…わろす…」

「わろた…わろた…」

「いくぞ!」


258:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 01:45:24.08 ID:JRR7qZBD0
あずにゃんにゃん!あずにゃんにゃん!


259:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 01:46:46.57 ID:A/RmFutZO
「龍昇閃!」

「ふい…!?」バタッ

「龍槌閃!」

「ろす…!?」バタッ

「龍巻閃!」

「わ…た…!?」バタッ

ほむら「よし…!」

まどか「やったぁ!」

「にゃん…にゃん…」

まどか「ひっ?」

「!」

ほむら「まどか!?」


260:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 01:51:04.54 ID:A/RmFutZO
「…」ギュンッ

ほむら(しまった…)

「にゃん…にゃん…」

まどか「あっ…」

ほむら(間に合って!)

「に゙ゃ゙!?」ボスッ

「…龍双閃」

ほむら「!?」

まどか「…!」

「…大丈夫か?」


261:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 01:52:31.86 ID:ZyLSz8Du0
友情出演かよww


262:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 01:55:40.38 ID:A/RmFutZO
まどか「は…はい…」

「…そうか、よかった」

まどか「あ…ありがとうございます!」

ほむら(は…速い…時間を止めたわけでもないのに…)

ほむら(ひむらさん…彼はいったい…)

「…今ので最後、だな」

ほむら「魔女の結界が…杏子が倒したみたいね」

「ならもう大丈夫なんだな?」

ほむら「ええ」


264:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 02:00:30.99 ID:A/RmFutZO
「そうか…」

まどか「よかった…みんな生きてるよ」

ほむら「ええ…ありがとう、ひむらさん…助かったわ」

「…」

まどか「ひむらさん…?」

「…ほむら殿、魔女について話してくれないか?」

ほむら「えっ…?」

「頼む…!」


265:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 02:03:59.81 ID:A/RmFutZO
ほむら「…わかったわ」

「すまない…」

ほむら「魔女は―」


ほむら「―ということよ」

「…そうか」

「俺は…刀を振るうことで世の中を変えようと」

「平和な世を作ろうとしている…」

「だが…刀を振るうだけでは…守ることはできないのか…!」


267:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 02:08:46.48 ID:A/RmFutZO
ほむら「それは…」

まどか「そんなことないです!ひむらさんが私を、みんなを守ってくれたんです!」

「だが…それはほむら殿がいてくれたからだ…!」

「俺一人だったら…斬ることはできても、守ることはできなかった…!」

ほむら「…」

まどか「ひむらさん…」

「ほむら殿…君は陰からみんなを守ってきたんだな」

ほむら「…ええ」


268:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 02:11:39.40 ID:A/RmFutZO
「…」

ほむら「ひむらさん…?」

「…ほむら殿、これを受け取ってくれないか?」

まどか「これって…」

ほむら「ひむらさんの刀…?」

「全刃刀…俺の刀だ」

ほむら「そんな、それはひむらさんの大切な刀でしょう?」

「ああ…だが、俺はもうこいつは使わない」

ほむら「えっ?」


270:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 02:16:15.97 ID:A/RmFutZO
「こいつは…両刃では、人を斬ることしかできない…」

ほむら「それは…」

「飛天御剣流は人を守る剣なんだ…なのに…俺は…」

「俺は全刃刀で人を斬ることしかしなかった…」

「人を斬ることで世の中を変え、守ることが出来ればいいと…そう思っていた」

まどか「ひむらさん」

「だが…こいつでは人を斬ることしかできない…守ることはできないんだ…!」


271:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 02:20:26.48 ID:A/RmFutZO
「だから、俺はもうこいつは使わない…そう決めたんだ」

ほむら「…ひむらさん」

「だけど、まだ全刃刀には役目がある…ほむら殿」

「こいつで…魔女を斬って…みんなを守ってくれないか?」

ほむら「魔女を…?」

「こいつを振るうことで、みんなを守ることができるなら…こいつをほむら殿、君に使ってほしい」

「…俺は魔女とは戦えない…だが全刃刀は魔女と戦える」


273:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 02:23:25.53 ID:A/RmFutZO
「だから…」

まどか「ひむらさん…」

ほむら「…わかったわ」

「ほむら殿…ありがとう…!」スッ

ほむら「…重い」

ほむら「ひむらさん、全刃刀で魔女を…みんなを守ってみせます!」

「ああ…!」


275:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 02:29:43.50 ID:A/RmFutZO
「ありがとう、ほむら殿…また君に大切なことを教わったよ」

ほむら「いえ…私もよ」

「俺は…京都に発つ…俺も俺なりにみんなを守ってみせる」

まどか「ひむらさん…頑張ってください!」

ほむら「ひむらさん、本当にありがとうございました…!」

「俺もだ…では、俺はここで失礼する」

ほむら「気を付けて…!」

「ああ、俺たちは互いに平和な世を目指す同志だ…ほむら殿も、まどか殿も気を付けて…達者でな」


276:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 02:30:24.72 ID:2tcB8GCM0
これでほむら剣心か、胸熱


278:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 02:33:33.88 ID:A/RmFutZO
まどか「また…ひむらさんに助けられたね」

ほむら「ええ…本当に強い人だわ…!」

まどか「うん!」

ほむら「それに…私にこれを託してくれた」

まどか「ひむらさんの刀…」

ほむら「ますます…負けるわけにはいかなくなったわね…!」

ほむら「ひむらさんの想いを守るためにも…!」


329:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 09:05:16.59 ID:A/RmFutZO
杏子「あいつ等は…帰ったか」

杏子「…」

杏子「私は…」


杏子『早く話せよ!』

QB『はあ、仕方がないね…話してあげるよ』

QB『魂の宝石…それが君たち魔法少女の本体だ』

杏子『…どういうことだ、おい』

QB『僕の目的はね、君たちから魂を抜き取って魂の宝石を精製することさ』


330:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 09:08:18.78 ID:A/RmFutZO
杏子『…なんだと!?』

QB『そして魔女はね、元々は君たちと同じ魔法少女だ』

杏子『!?』

QB『つまり君たち魔法少女の行く末は、魔女になることだ』

杏子『な…』

QB『だから君が今まで倒してきた魔女はみんな、魔法少女なんだよ』

『…!』


335:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 09:34:16.16 ID:A/RmFutZO
杏子『てめぇ…何でそんな大事な事を黙っていやがった!!』

QB『聞かれなかったからだよ』

杏子『てめぇ!!!』ブンッ

QB『…』グサッ

杏子『…はぁっ…はぁっ…!』

QB『やれやれ、話せと言ったのは君なのに、わけがわからないよ』

杏子『な…っ!?』


338:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 10:03:58.75 ID:A/RmFutZO
杏子『久兵衛っ!』ブンッ

QB『おっと』

杏子『くそっ!』

QB『無駄に予備は消費したくないんでね、僕は帰らせてもらうよ』

杏子『待ちやがれっ!』

杏子『…ちくしょう』

杏子『私は…!』


342:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 10:19:22.84 ID:A/RmFutZO
杏子「私は…どうしろってんだよ…!」

杏子「私には守るものも…家族もない…私は一人…」

杏子「何の為に私は…戦って…」

まどか『血は繋がってなくても、私たちは家族だよ!』

杏子「…血は繋がってなくても、か…」

杏子「まみ…羨ましいよ…」


343:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 10:23:27.36 ID:A/RmFutZO


ほむら「ねえ、まどか」

まどか「なに?」

ほむら「今日の晩ご飯は、私が作ってもいいかしら?」

まどか「えっ?ほむらちゃんが作ってくれるの!?」

ほむら「ええ」

まどか「やったぁ!てぃひひ!」

ほむら「ふふっ」

ほむら(腕に自信はないけど…いつものお礼よ)


345:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 10:28:17.31 ID:A/RmFutZO
まどか「楽しみだなぁ…ねえ、何を作るのかな?」

ほむら「ほむ…」

ほむら(私が作れる料理は少ないのよね…でも、過去に一度だけまどかに作ったことがある)

ほむら(オムライス…材料は足りないかもしれないけど、これなら…)

ほむら「…できてからの、楽しみよ」

まどか「そっか、なら楽しみにしてるね!」ウェヒヒ


346:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 10:32:43.58 ID:lsajSFzY0
ケチャップあるのか?


347:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 10:32:57.03 ID:A/RmFutZO
まみ「ただいま、まどか、ほむら」

さやか「ただいまー!」

まどか「あっ、おかえり!」

ほむら「おかえりなさい」

まどか「あれ?さやかちゃん何かいいことあったの?」

さやか「わかる?」

まどか「うん」

さやか「あはは、内緒…ね、まみさん?」

まみ「ええ」クスッ


350:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 10:46:27.77 ID:A/RmFutZO
まどか「?」

さやか「あはは、んじゃ晩御飯作ろっか…今日は…」

ほむら「今日は私が作るわ」

さやか「ほむらが?」

ほむら「ええ」

まみ「ふふ、楽しみね」

まどか「うんっ!」

ほむら「じゃあ私は準備に取りかかるわ」

まどか「頑張ってね!」


353:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 11:01:12.50 ID:A/RmFutZO
ほむら「さて、材料は…」ゴソカゴソ

ほむら「ほむ…わかっていたけど、ケチャップはないわね…」

ほむら「なら、和風…オムライス?」

ほむら「駄目もとでも…よし!」

ほむら「やってやるわ!」オー

まどか「てぃひひ!ほむらちゃん元気いいね」


354:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 11:09:26.96 ID:A/RmFutZO
ほむら「えっと…卵はあるわね」

ほむら「問題はケチャップの代用は…何か…」

ほむら「うーん…」

ほむら「ごま油と…塩、胡椒、ほんだしに、しょうゆ…?」

ほむら「これでやるしかないわね」

ほむら「よ、よし…!」

ほむら「が、がんばらなきゃ!」


357:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 11:19:28.69 ID:A/RmFutZO
まどか「てぃひひ!」

さやか「まどか、嬉しそうだね」

まどか「だって、ほむらちゃんが作ってくれるんだよ?」

まみ「そうねぇ」

まどか「ほむらちゃんの手料理、すっごく楽しみだよ!」

さやか「ま、私も楽しみだけどね」

まみ「私もよ」

キャシャーン

キャーッ


372:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 12:55:16.24 ID:A/RmFutZO
少し前

ほむら「ほむ…でもどうやって作ろうかしら…」

ほむら「盾の中に残ってた食材と、ここの食材はあれだけだし…」

ほむら「で、でも私がしなきゃ…!」

ほむら「えっと…卵を溶いて…えっと…味付けは…」

ほむら「えっと…ほむむ…」ツルッ

ほむら「あっ!」キャシャーン

ほむら「きゃぁっ?」

ほむら「あ…お、落としちゃった…」


373:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 12:58:21.33 ID:A/RmFutZO
ほむら「ど…どうしよう…」シュン

ほむら(せっかく作ってたのに…)

まどか「大丈夫?ほむらちゃん!」

ほむら「まどか…」

さやか「ありゃあ…派手に散らかしたね」

まみ「と、とりあえず、掃除を!」

ほむら「…」

まどか「ほむらちゃん…」


374:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 13:01:18.91 ID:A/RmFutZO
ほむら「ごめんなさい…」

まどか「いいよ、また作ればいいんだし」

ほむら「私…実は料理が苦手で…」

ほむら「でも、まどかに私の料理を食べさせたかったから…なのに…」

まどか「ほむらちゃん…そうだったんだね」

ほむら「なのに…できなかった…」

まどか「…大丈夫だよ、ほむらちゃん」


376:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 13:05:09.23 ID:A/RmFutZO
ほむら「でも…」

まどか「ほむらちゃん、私も一緒に作るよ」

ほむら「えっ…?」

まどか「てぃひひ、私、料理はちょっと自信があるんだよ?」

まどか「だからね…一緒に作ろうよ、ほむらちゃん!」

まどか「私と二人で…ね?」

ほむら「まどか…うん、わかった!」

さやか「さてと、片付いたよ」

まみ「楽しみにしてるから、続きを頼むわね?」


377:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 13:08:04.41 ID:A/RmFutZO
まどか「じゃあやろっか?」

ほむら「うん」

まどか「私は何をすればいいのかな?」

ほむら「そうね…ご飯にこれを使って味付けをお願いするわ」

まどか「うん、わかったよ…あれ?これ見たことない材料だね」

ほむら「それは…私の故郷の食材よ」

まどか「へえ…そうなんだ…てぃひひ、なんだか凄いね」

ほむら「そうかしら?」


380:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 13:10:25.26 ID:A/RmFutZO
まどか「うんっ」ウェヒヒ

ほむら「ふふっ…なら私は卵を…」

まどか「味付けはなんでもいいの?」

ほむら「ええ、まどかに任せるわ」

まどか「わかったよ、任せて!」

ほむら「ありがとう」ニコッ

まどか「…ねえ、ほむらちゃん」

ほむら「なに?」


382:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 13:15:58.90 ID:A/RmFutZO
まどか「こうしてほむらちゃんと二人で料理してるとね、なんだか懐かしい気持ちになるんだ」

ほむら「懐かしい…?」

まどか「うん…前にもこんなことがあったような…」

まどか「ううん…夢の中でほむらちゃんと一緒に料理したことがあるんだ」

ほむら「夢で…」

まどか「うん、前にも言ったよね…私、よくほむらちゃんと一緒にいる夢を見るんだよ?」


383:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 13:20:53.79 ID:A/RmFutZO
ほむら「…どんな夢を見るの?」

まどか「えっとね?私とほむらちゃんが江戸じゃない、どこかで一緒にいるの」

まどか「そこでね、何かをしたり…何かを食べたり…笑ったりしてるんだ」

まどか「だから私はいつも夢を見るのを楽しみにしてたんだよ?ほむらちゃんと会えるから」

まどか「でもね、今はこうして現実でほむらちゃんと一緒にいれるから、とっても嬉しいなって」

まどか「…前にもいったかな?」ウェヒヒ

ほむら「…私もまどかに出会えて本当に嬉しいわ」

ほむら「こうして…一緒にいられるんだもん…!」


385:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 13:24:31.43 ID:A/RmFutZO
まどか「そうだね、てぃひっ!」

ほむら「…えへへ」

まどか「…うん、出来たよほむらちゃん!」

ほむら「私も出来たわ」

まどか「これからどうするの?」

ほむら「そのご飯をね、玉子で閉じて…後はこれをかけて…できた!」

まどか「わぁ…!」


386:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 13:27:39.73 ID:A/RmFutZO
ほむら「ど、どうかしら?」

まどか「うん、とっても美味しそうだよ!」

ほむら「そ、そう、よかった」

まどか「これは何て名前の料理なの?」

ほむら「ほむ…おむ…」

ほむら(オムライス…は違うわね…和風のオムライス…?)

ほむら(うーん…)


387:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 13:30:52.69 ID:A/RmFutZO
ほむら(そういえば…昔まどかが言ってたわね…)

まどか『てぃひひ!ほむらちゃんが作ったオムライスだから…』

まどか『ホムライスだね!』ウェヒヒ

ほむら「…ホムライス」ボソッ

まどか「ほむらいす…?」

ほむら「あっ!やっぱり違うわ!」

まどか「ううん…良い名前だね!ほむらちゃんのほむらいす…てぃひっ!」


390:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 13:35:05.39 ID:A/RmFutZO
ほむら「あ、ありがとう///」

まどか「それじゃあ、持っていこうよ、待ってるよ?」

ほむら「ええ!」

まみ「おっ」

さやか「できたんだね?どれどれ…?」

まみ「見たことない料理ね…でも美味しそうだわ」

さやか「うん、美味しそう…何て名前の料理?」

ほむら「ほ、ホムライスよ///」


396:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 13:58:26.58 ID:A/RmFutZO
さやか「ほ、ほむらいす…?」

まみ「…ふふっ」

さやか「あはは!」

ほむら「あっ!やっぱり…変かしら?」

さやか「いやいや!うん、良い名前だよ!」

まみ「そうね、ふふっ」

ほむら「ほむぅ…///」

まどか「てぃひひ!」


399:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 14:01:11.99 ID:A/RmFutZO
まどか「ね、もう食べようよ!」

ほむら「う、うん」

さやか「そだね」

まみ「ふふ、じゃあ」

「いただきます!」

まどか「もぐもぐ」

ほむら「ど、どうかしら?」ホムッ

まどか「うんっ!とっても美味しいよ、ほむらちゃん!」

さやか「うんうん!」

まみ「ええ、美味しいわ」

ほむら「よ、よかった」


401:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 14:05:02.66 ID:A/RmFutZO
ほむら「ほむっほむっ」

ほむら(えへへ…喜んで貰えてよかった)

まどか「ほむらちゃん、ほらっ…あーんして?///」

ほむら「まどか…あーん///」

さやか「まーた始まった…」

まみ「仲が良くていいじゃない」フフッ

ほむら「ま、まどかも…///」

まどか「あーん///」

ほむら「ふふっ///」

まどか「てぃひひ///」


404:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 14:09:17.65 ID:A/RmFutZO
一方

QB「結局まみが死ぬことも魔女化することもなかったな」

QB「やれやれ、とんだ邪魔が入ったよ」

QB「暁美ほむら…彼女はいったい…」

QB「彼女さえいなければ…彼女は邪魔なな存在だ」

QB「僕も邪魔されるわけにはいかないんでね」

QB「暁美ほむら、まずは君を処分させてもらうよ」


405:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 14:13:02.84 ID:JH+TLeC80
QBキター


406:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 14:14:12.34 ID:A/RmFutZO
杏子「…」グゥ

杏子「…ひもじいなぁ」

杏子「何か食いもんねぇかな…?」ゴソゴソ

杏子「…ここには何もないか…」

杏子「はぁ…私は何の為に生きてんのかな…」

杏子「ただ魔女を狩るだけの毎日…魔女を狩ったって、誰も褒めちゃくれない…」

杏子「私の帰りを待ってくれる人は…もういないんだよな…」


407:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 14:17:23.14 ID:A/RmFutZO
杏子『ねえお父さん何をしてるの?』

『杏子、私はな、こうやって神様にお祈りをしているんだ』

杏子『おいのり?』

『ああ、そうだよ…こうしてな、祈りを捧げることで皆が幸せになるんだ』

杏子『しあわせになるの?』

『そうだよ、ほら杏子もやってみるかい?』

杏子『うん』

杏子『みんながしあわせになりますよーに』


409:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 14:21:06.27 ID:A/RmFutZO
『ここらに隠れキリシタンがいると聞いた、今から踏み絵をする』

『全員だ、全員踏み絵をしろ!』

杏子『ふみえ…?』

『…』

杏子『お父さん?』

『ほ、ほら、杏子早く踏みなさい』

杏子『でもこれは』

『いいから、早く!』

杏子『…うん』フミッ


410:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 14:24:14.41 ID:A/RmFutZO
『次はお前だ、さっさとせんか』

『…っ!』フミッ

『よし、じゃあ次は―』


『神様…申し訳ございません…私は…』

杏子『お父さんどうしたの?』

『…杏子、今は私のしていることが可笑しなことなのかもしれない』

『けどな…いつかは…いつかはみんながわかってくれる日がくると、そう信じているんだ』

杏子『…?お父さんは間違ってないよ』


413:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 14:29:30.86 ID:A/RmFutZO
杏子『なんでお父さんの言うことをあの人たちは信じてくれないのかな…?』

杏子『信じてくれたらいいのにな…』

QB『それが君の願いかい?』

杏子『?…あなたは誰?』

QB『僕の名前は久兵衛!』

杏子『きゅうべえ?』

QB『僕と契約すれば何でも願い事を一つ叶えてあげる!』

杏子『なんでも?』

QB『うん、だから僕と契約して、魔法少女になってよ!』

杏子『うん、わかった!』

杏子『あの人たちがお父さんの言うことを信じてくれますよーに!』

QB『契約は成立だ!』


416:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 14:34:21.34 ID:A/RmFutZO
杏子『お父さんの言うこと信じてくれたね!』

『ああ、これも神様のおかげだよ』

『おい貴様、キリシタンだな?』

『調べはついている』

『………はい、そうですが…』

『即刻こいつを処罰せよ!』

杏子『えっ?』

『な…!』

『あ、あなた!…や、やめてください!』

『貴様も同罪だ!この女共々処罰せよ!』

杏子『お父さん!お母さん!』


417:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 14:37:27.71 ID:A/RmFutZO
『なんだ?貴様の娘か?』

杏子『は、はなして!』

『娘は、娘だけは!どうか!』

『お願いします!娘だけは!どうか…!どうか…!』

『…まあ歳の行かぬ娘だ、特別に見逃してやろう』

『あ、ありがとうございます!』

杏子『お父さん…?』

『…杏子、よく聞くんだ』


421:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 14:58:23.84 ID:A/RmFutZO
QB「…」ニヤッ


『これから…どんなに辛いことがあっても、どんなに悲しいことがあっても』

『強く…強く生きるんだ…!』

杏子『お父さん?』

『これから私たちは杏子と会えなくなる、だけどな、私も母さんも、いつも杏子を見守っている』

杏子『いつも…?』

『だから強く生きてくれ…どんなことがあっても、何にも負けないで強く…強く…!』

杏子『…うん、わかった!』

杏子『私強く生きるよ!』

『杏子…お前は私たち自慢の娘だ…』

『話はそれまでだ、連れていけ』


422:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 15:02:18.12 ID:A/RmFutZO
杏子『お父さん…お母さん…』

QB『やあ、杏子』

杏子『…きゅうべえ?』

QB『残念だったね』

杏子『…』

QB『君はこれからどうするんだい?君の親は…』

杏子『…お父さんとお母さんは、私を見守ってくれるって言ったから』

杏子『私に強く生きてって…言ったから』

杏子『…私は強く生きるよ!』

QB『杏子…』

QB『チッ』


424:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 15:05:45.38 ID:A/RmFutZO
杏子「なあ…親父…私は強くなったかな…?」

杏子「あれから誰にも頼らず…ずっと一人で生きてきたんだよ…」

杏子「私は…間違っちゃいない…そうだろ…?」

杏子「…」

杏子「そういや…あいつらにも親はいない…んだよな…」

杏子「…血の繋がってない家族…か」


425:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 15:06:45.40 ID:u2h8Tdnc0
あんあん……


426:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 15:08:57.12 ID:A/RmFutZO
「ごちそうさまでした!」

まどか「てぃひひ!美味しかったね!」

さやか「うん!」

まみ「ええ!」

ほむら「ふふっ、ありがとう!」

さやか「ねえねえ、今度私にも作り方教えてよ?」

まみ「私も知りたいわ、ほむらいすの作り方」

ほむら「別に構わないわ…でもやっぱり名前は…」

まどか「ううん、ほむらいすが似合ってるよ!」


428:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 15:13:19.43 ID:A/RmFutZO
ほむら「そう…わかったわ」ニコッ

さやか「やったー!」

まみ「ほむら、ありがとう」

ほむら「いいのよ」

まどか「てぃひひ!」

さやか「さって…ならもうそろそろ寝ようか?」

まみ「そうね、もう日が暮れてしまったし」

まどか「ほむらちゃん、今日も一緒に寝ようよ!」

ほむら「うん!」


430:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 15:16:07.15 ID:UhYlFtkI0
結構家広いのかな?


431:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 15:17:33.70 ID:Qo/iqIKb0
マミさんは魔法で紅茶出せるけど、まみさんは日本茶出すのかな?


433:>>430なんとか三人が暮らせる程度>>431砲火後TTをする余裕はなかったまみさん:2011/10/15(土) 15:26:17.50 ID:A/RmFutZO
QB「暁美ほむら…まずは彼女の能力を知る必要がありそうだ」

QB「どうやらシャルロッツを倒したのは彼女みたいだね」

QB「…まみを瀕死に追いやったシャルロッツを倒すとはね」

QB「次の魔女は…バトルシアか」

QB「まあ小手調べだね」

QB「暁美ほむら、まみ、二人とも処分させてもらうよ」


434:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 15:31:10.12 ID:A/RmFutZO
まみ「んっ…今日もいい天気ね」

さやか「ふわっ…おはようございます、まみさん」

まみ「おはよう、さやか…二人は?」

さやか「あはは…ほら」

まどか「すやすや」

ほむら「すぅすぅ」

まみ「お互いに抱き合って…ふふ、本当に好きなのね」

さやか「もういい加減なれましたよ…はは」


436:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 15:37:22.93 ID:A/RmFutZO
まどか「すやすや」

ほむら「ん…」モゾモゾ

さやか「ほむら、寝返りうとうとしてるのかな?」

まみ「…あら?」

ほむら「んん…」チュ

まどか「すやすや」

さやか「げっ頬に!?」

まみ「せっ、せせ接吻?///」

さやか「た、たまたまですよ!たまたま!」

まみ「そ、そうよね///」


437:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 15:40:52.30 ID:A/RmFutZO
まどか「んっ…」パチッ

まどか「!?」バッ

まどか(ほ、ほむらちゃん!いくらなんでも近すぎるよ////)

ほむら「んん…」パチッ

ほむら「あ…まどか…おはよう」

まどか「お、おはよう///」

さやか「お、起きたね…二人とも」

まみ「…おはよう」

ほむら「おはよう…」

まどか「おはよう///」


438:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 15:42:45.86 ID:A/RmFutZO
まどか「あれ?」

ほむら「ほむ…?」

まどか(何だろう…ほっぺが)

ほむら(唇に…違和感が)

まどか(あるよ…?)

まどか「?」

ほむら「?」

まみ「たしかに…たまたまだったようね」

さやか「はいはい、朝ごはん食べるよ!」


440:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 16:00:08.04 ID:A/RmFutZO
「ごちそうさまでした」

さやか「お粗末様でしたー」

まみ「今日はどうする?」

まどか「うーん…」

ほむら「私は何でも構わないわ」

さやか「そうだね、四人でどこかに…」

まみ「!」

ほむら「!」

まどか「どうしたの?」


441:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 16:03:54.83 ID:A/RmFutZO
まみ「これは…」

ほむら「…魔女ね」

まどか「えっ?」

さやか「ま…魔女…二人とも、行くの…?」

まみ「…ええ」

ほむら「もちろんよ」

まどか「だ、大丈夫…だよね?」

まみ「大丈夫よ…今回からは」

ほむら「私とまみのタッグよ、負けるはすがないわ」

さやか「たっぐ…?ま、またわからない言葉を…」


443:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 16:10:16.56 ID:A/RmFutZO
まみ「…とにかく私たちは大丈夫よ、もう二度と負けたりなんかしないわ」

ほむら「ええ、絶対に勝つわ!」

さやか「…わかったよ、二人なら大丈夫…大丈夫だもん!」

まどか「ほむらちゃん…まみさん…頑張って!」

まみ「ええ!」

ほむら「うん…!」

まみ「だから二人はここで待っててちょうだい」

さやか「…わかりました」


444:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 16:12:22.34 ID:A/RmFutZO
ほむら「じゃあ私たちは行くから…!」

まどか「絶対…帰ってきてね?」

ほむら「もちろんよ!…まみ、行きましょう」

まみ「ええ…!」



さやか「まみさん…」

まどか「ほむらちゃん…ねえ、さやかちゃん」

さやか「なに…?」


447:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 16:15:57.51 ID:A/RmFutZO
まどか「私たちは…待つことしかできないのかな?」

さやか「…私たちにできることは、二人の帰りを祈ること、そして…」

さやか「心の支えになることだよ…!」

まどか「心の支え…私もそれはわかるけど…でも…」

まどか「二人だけに危険な目を合わせたくないよ…!」

さやか「でも、契約するわけなもいかないし…私たちじゃ足手纏いになるだけだよ…」

まどか「…そう…だよね…」


451:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 16:43:40.01 ID:A/RmFutZO
まみ「ここね…」

ほむら「ええ、行くわよ」

「変身」

まみ「それがほむらの魔法少女姿、なのね…私たちとは雰囲気が違うわ」

ほむら「…そうみたいね」

まみ「ふふ…さて、私たち二人組の初陣よ!」

ほむら「必ず生きて帰るわよ!」

まみ「ええ!」


452:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 16:51:43.57 ID:A/RmFutZO
QB「…やっぱり二人揃って来たみたいだね」

QB「暁美ほむら…お手並み拝見と行こうじゃないか」



バトルシア「…」ゴゴゴゴゴ

ほむら「こいつは…パトリシア…?」

ほむら(少し違う…でもパトリシアは私が初めて…!)

ほむら(あの時も、巴マミと一緒に戦ったわね…)

ほむら「…よし!」

まみ「…いくわよ!」


454:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 16:58:24.16 ID:A/RmFutZO
バトルシア「…」ポイポイ

まみ「この魔女…机をたくさん…!」

ほむら「とりあえず避けて!」

まみ「ええ!」

ほむら(あの時の爆弾は…もうないわね…)

ほむら(武器は残りわずか…無駄にはできない…)

まみ「魔女の弱点は…あの中かしら?」

ほむら「たぶん…!」


455:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 17:03:21.88 ID:A/RmFutZO
まみ「わかったわ…それなら」スッ

まみ「一の秘銃・雷!」バシュッ

バトルシア「…」ズババッ

まみ「っ…弾かれたわね」

ほむら「外から攻撃しても効果はうすいわ、直接中にあてなけきゃ…!」

まみ「でも近づくには…!」

まみ「いえ、あったわ…近づく方法が!」


456:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 17:08:00.23 ID:A/RmFutZO
まみ「ほむら、私が道を作るわ!」

ほむら「道を…?」

まみ「ええ、私の武器は銃だけじゃないのよ…!」

バトルシア「…」ポイポイ

ほむら「まみ!上!」

まみ「!?」

まみ(しまった…!)

ほむら「」シュンッ

まみ「…え?」

ほむら「まみ、大丈夫?」

まみ「…ええ」


458:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 17:11:09.82 ID:A/RmFutZO
まみ「ほむら…あなたの力は…?」

ほむら「私は…時間を止めることができるの」

まみ「時間を…?」

ほむら「そうよ、だから…」

まみ「!…わかったわ」

ほむら「まみ、私から離れないで」

まみ「ええ」ギュッ

ほむら「まみ、私が時間を止めているうちに!」

まみ「おっ!」シュルルル


460:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 17:15:18.50 ID:A/RmFutZO
まみ「できたわ!」

ほむら「まみ、このまま一気に行くわ!」タッタッ

まみ「ええ!」タッタッ

ほむら「…まみ、今よ!」

まみ「終の秘銃・咬・改!」ドカァァァッ

バトルシア「」ドガガガガッ

バトルシア「」ドカァァン

まみ「…ふっ!」

ほむら「やったわ!」

まみ「…お茶が久々においしいわ!」

ほむら(…いつの間に?)


461:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 17:19:22.51 ID:A/RmFutZO
QB「…!?」

QB「こいつは驚いた…バトルシアがああも簡単に…」

QB「暁美ほむらの能力は時間停止…」

QB「これは不愉快だね…即刻排除しないと」

QB「でも、時間を止められたら…いや」

QB「時間を止めさせなければいいんだ」

QB「…ふふ」


465:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 17:24:00.92 ID:A/RmFutZO
まみ「ほむら、凄いじゃない!あんなに簡単に魔女を倒せたわ!」

ほむら「…私の力は攻撃に乏しいから、まみの火力があってこその勝利よ」

まみ「そうかしら…?ふふ、でもこの調子ならどんな魔女にだって勝てるわ!」

ほむら「そう…ね、2人力を合わせれば、きっと」

ほむら(そうよ…協力さえできれば…!)

まみ「ふふ、改めてお礼を言うわ…私と一緒に戦ってくれてありがとう…!」

まみ「私、凄く嬉しいの!」

ほむら「それは私も同じよ」


466:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 17:27:12.79 ID:A/RmFutZO
ほむら「私たちは、もう一人じゃないのよ」

まみ「そうね…もう一人ぼっちじゃないんだもんね…!」

ほむら「そうよ」

まみ「てへへ…でも、嬉しいものは嬉しいわ」

ほむら「ふふっ、そうね」

まみ「さて、私たちの家に帰りましょうか!」

ほむら「ええ!」


杏子「…」


469:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 17:31:48.62 ID:A/RmFutZO
杏子「魔女の気配を感じて来たけど、もう倒したのかよ…」

杏子「まみのやつ、ほんとに無事だったんだな…心配かけさせやがって…」

杏子「一人ぼっちじゃない…か…」

杏子「あいつ等は二人で一緒に…私だって…」

杏子「くっそ…私もほんとは…」

杏子「い、いや…何言ってんだよ私は…!」

杏子「私は…一人で強く…生きるんだからな…!」

杏子「…戻るか」


472:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 17:36:01.83 ID:A/RmFutZO
まみ「ただいま」

ほむら「ただいまどか」

まどか「あっ…!おかえりなさいっ!」

さやか「よかった…二人とも無事なんだねっ!?」

まみ「ええ、私たち二人に勝てないものはないわ!」

ほむら「ふふっ」

まどか「よかった…ほむらちゃん!」ダキッ

ほむら「まどかっ///」

まどか「よかったよ!ほむらちゃん~!」スリスリ

ほむら「…えへ///」


473:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 17:39:15.76 ID:A/RmFutZO
まみ「ふふっ」

さやか「あはは!」

さやか「ところでほむら」

ほむら「?」ホムッ

さやか「ただいまどかって何さ?」ニヤニヤ

ほむら「えっ?」

まどか「あっ、然り気無く言ってたね」

ほむら「えっ?私が?」

まみ「言ってたわね」

ほむら「うそっ?」


477:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 18:00:03.46 ID:A/RmFutZO
ほむら「そ、それは…ただいま、まどかって…」

まどか「そうなの?」ウェヒヒ

さやか「ふぅーん」

ほむら「だ、だから…ね?」

さやか「そうかいそうかい、さやかちゃんは無視なのね?悲しいわー」

ほむら「あっ…」

まみ「もう…」クスッ

まどか「てぃひひ!」


478:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 18:02:40.25 ID:A/RmFutZO
杏子「ただいま」

杏子「…まぁ誰もいないんだけどさ」

杏子「はぁ…今日は何を食おうかな…」

杏子「…いや、食欲ないし、別にいいか」

杏子「もう寝るか…」

杏子「おやすみ…」

杏子「…」グゥ

杏子「…くそ」


480:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 18:08:14.09 ID:A/RmFutZO
翌日

QB「やあ、みんな」

まどか「あっ…!」

さやか「お前は…あの時の白い奴!」

まみ「…久兵衛」

ほむら「何の用かしら?」ギロッ

QB「やれやれ、招かれざる客ってとこかい?」

QB「そんなに警戒しないでくれよ、僕は君たちに何もしないよ」


481:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 18:11:36.89 ID:A/RmFutZO
QB「今日はまみに渡すものがあってきたんだ」

まみ「私に?」

QB「そうだよ!」

ほむら「…怪しいわね」

QB「そんなことはないよ!ほら、これ」

まみ「…お金、まだくれるのね」

QB「当然だよ、僕は嘘はつかないからね!」

ほむら「…お金?」


482:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 18:15:43.23 ID:A/RmFutZO
QB「聞いていないのかい?」

QB「まみには魔女を倒した数だけお金を渡しているんだ」

QB「ずっと前からね、だからまみは必死に魔女を倒していたんだよ」

まどか「えっ?」

さやか「そうだったんですか?」

まみ「…ええ、そうよ」

まみ「久兵衛からもらうお金で、今まで生活してきたの…」

QB「本当はお金なんて渡さないけど、まみは特別だからね」


483:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 18:22:43.92 ID:A/RmFutZO
まどか「そんな…」

さやか「それじゃあ…今までそのお金で私たちは…」

ほむら「…」

まみ「…魔女退治と働くのは一緒にできないから、正直これには感謝しているの」

さやか「私たちが働くのに…!」

まみ「いえ、あなた達は辛い想いをさせた分、家でゆっくりしてもらいたかったし」

まみ「どのみち魔女は倒さなきゃいけなかったから…」


484:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 18:25:35.44 ID:A/RmFutZO
まみ「だから、気にしないで?」

まどか「まみさん…」

さやか「…」

QB「そういうことだよ」

まみ「…久兵衛、礼を言うわ」

QB「礼ならいらないよ、あの魔女を倒してくれて、僕も助かったからね」

ほむら「…用はそれだけかしら?」

QB「…察しがいいね、ほむら…実は君たちに言わなければならないことがあるんだ」


487:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 18:30:34.22 ID:A/RmFutZO
まみ「私たちに…?」

QB「実はソウルジェム…魂の宝石についてなんだけど…二人とも、見せてくれないかな?」

まみ「…わかったわ」

ほむら「…」

QB「ほら、ほむらも…僕は何もしないよ?だから安心してくれて構わない」

ほむら「…信じがたいわね」

QB「僕は嘘はつかないよ」

ほむら(確かにそうだけど…)


489:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 18:35:27.67 ID:A/RmFutZO
QB「ほら、早くしないと…急いでいるんだ、早く君たちに伝えないといけない!」

ほむら「絶対にあなたが触れないのなら」

QB「大丈夫、僕が直接触れることはない」

ほむら「…」スッ

QB「…ありがとう」

ほむら「それで…話って何?」

QB「そうだね…ここじゃ場所が悪いかな、ついてきてくれないかな?」

ほむら「…わかったわ」


490:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 18:38:58.06 ID:A/RmFutZO
QB「ここらで大丈夫かな」

まどか「ここは…」

まみ「町外れの森林地帯ね」

さやか「なんでこんな場所に?」

ほむら「…」

ほむら(やっぱり怪しすぎる)

QB「実はね…江戸に強力な魔女が迫ってきているんだ」

ほむら「!?」

ほむら(強力な魔女…?)


495:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 19:00:13.95 ID:A/RmFutZO
QB「ボニファティウスの朝…まみは知っているんじゃないかな?」

ほむら「!?」

さやか「ぼ、ぼにはちうすのあさ?」

まどか「?」

まみ「…たしか何度も飢饉を起こした原因の魔女…!」

さやか「なっ…飢饉を起こしたって…!」

まどか「魔女は結界にいるんじゃないんですか?」


496:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 19:04:49.56 ID:UhYlFtkI0
欧州の魔女だと


497:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 19:04:49.61 ID:A/RmFutZO
QB「彼女は例外だ、結界を持たない」

まみ「でも倒されたんじゃ…」

QB「いや、倒されてはいないよ、彼女はまだ生きている」

QB「そしてまた江戸にやってくるんだ」

まみ「そんな…」

QB「正直、勝算は限りなく低い、でもね戦わなきゃ江戸はまた混乱の渦に巻き込まれるだろう」

QB「僕としても、それは困るんだ…だからまみ、ほむら、君たちの力が必要なんだ」


498:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 19:05:33.49 ID:ZyLSz8Du0
普通に男性名でワロタ


499:ワルプルギスでググって適当に拾った名前:2011/10/15(土) 19:11:36.22 ID:A/RmFutZO
ほむら「…」

ほむら(何よそれ…まるでワルプルギスの夜じゃない…!)

ほむら(それが江戸に…?)

QB「お願いだ、ボニファティウスを倒してほしい」

まみ「…わかったわ」

まどか「えっ?」

さやか「まみさん!?」

まみ「私が戦わずに逃げたら江戸は…それに江戸を、みんなを、家族を私は守るって、そう決めたから…!」


500:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 19:14:30.71 ID:A/RmFutZO
ほむら「…そうね、私たちが戦わなきゃ江戸は…」

まどか「ほむらちゃん!?」

QB「…ありがとう、助かるよ」

ほむら「あなたに礼を言われる筋合いはないわよ…!」

QB「…君がいいなら、それでいいよ」

ほむら「話はそれで終り?なら私は…」

ほむら(武器の調達をしなきゃ…)


501:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 19:18:44.22 ID:A/RmFutZO
QB「いや、ここに呼んだのはこれを話すためじゃないよ」

ほむら「…なら早く話しなさい」

QB「実はソウルジェムには秘密があるんだ」

まみ「秘密?魂の宝石に?」

ほむら「…」

ほむら(こんどは何よ…?)

QB「まみ、ほむら、ソウルジェムを…そうだね、まどかとさやかに渡してくれないかな」


503:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 19:22:56.24 ID:A/RmFutZO
まみ「?…はい、さやか」

さやか「あ、はい」

ほむら「…」

ほむら(何のつもり?)

QB「ほら、早くまどかに」

まどか「えっと…?」

ほむら(でも、まどかなら…)

ほむら「はい…まどか」

まどか「う…うん」

QB「よし…」


505:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 19:26:13.16 ID:A/RmFutZO
QB「まどか、さやか、ソウルジェムを手のひらに乗せて」

まどか「…うん」

さやか「こ、こう?」

まみ「?」

ほむら「それで、何をするのよ」

QB「そう慌てないで、ソウルジェムの秘密はね?」トコトコ

まどか「えっ?なに?」

QB「こういうことさ!」ドンッ

まどか「きゃっ?」パシッ

ほむら「!?」


506:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 19:28:42.18 ID:2tcB8GCM0
おい!


507:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 19:29:55.93 ID:A/RmFutZO
ほむら「インキュベーター!!」

まみ「あっ…?」

まどか「あっ…ほむらちゃんのそ、そうるじぇむが…!」

さやか「が、崖に!?」

ほむら「あなた!なにをし…」フラッ

まどか「ほ、ほむらちゃんごめんなさい!」

ほむら「」パタッ

まどか「…ほむらちゃん?」

まみ「!」

さやか「ほむら!」


508:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 19:33:46.11 ID:A/RmFutZO
ほむら「」

まどか「え…どうしたの…ほむらちゃん…?」

さやか「ほむら!しっかりして!」

QB「つまり、そういうことだよ」

まみ「久兵衛!あなた…ほむらに何をしたの!?」

QB「やっぱり、まみも其処まではしらなかったようだね、自分で考えてみなよ」

ほむら「」

まどか「ねぇ…ちょっと…ほむらちゃん?ほむらちゃん!?」


509:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 19:35:22.21 ID:UhYlFtkI0
インキュめ……


510:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 19:37:33.42 ID:FeTh6Fx60
本編より大分えげつないな


511:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 19:37:48.00 ID:A/RmFutZO
QB「これがソウルジェムの秘密だよ、じゃあ後は頼んだからね、頑張ってよ」

まみ「待ちなさい!久兵衛!!」ヘンシン

QB「じゃあね」

まみ「久兵衛!!!」パァンッ

QB「」バタッ

まみ「はぁっ…はぁっ…はぁっ…」

まみ「ほ、ほむらは?」


517:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 20:00:08.11 ID:A/RmFutZO
ほむら「」

さやか「嘘でしょ…ほ、ほむら…ほむら…息…してない…」

まどか「ほむらちゃん?ねぇ…ほむらちゃんっ!?何で?ちょっと!嫌だよ!」

まどか「ねぇ?ほむらちゃん!ほむらちゃんっ!?」

まみ「どういうことなのよ…」

まみ(わ、私が冷静にしないと…)

まみ(魂の宝石は私たち魔法少女の本体…その魂の宝石は崖に落ちていった…)

まみ(つまり…ほむらの魂の宝石が…砕け散った?)

まみ「うそ…でしょ…」ペタン


520:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 20:06:34.87 ID:A/RmFutZO
ほむら「」

まどか「ほむらちゃん…嫌だよ…ひどいよ…あんまりだよ…」

まどか「嫌だぁ…嫌だよ…こんなの…ほむらちゃん…」

さやか「…うそだ…うそだよ…うそにきまってるでしょ…」

まみ「ほむら…」

まみ「…」


QB「ふふ、これでまみも絶望するだろうね」

QB「今度こそお別れだね、まみ」


523:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 20:10:33.87 ID:A/RmFutZO
まみ「…」

さやか「…」

まどか「ほむらちゃんっ!ほむらちゃん…ほむら…ちゃん…」

ほむら「」

まみ「…」

まみ(あ…あぁ…)ゾワゾワ

まみ(私がもっと…注意していれば…久兵衛を信用しなければ…)

まどか「ほむらちゃん…」


524:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 20:14:11.42 ID:A/RmFutZO
まどか「…」フラッ

さやか「…まどか…どこに行くの…?」

まどか「…ほむらちゃんの、そうるじぇむを探せば…見つければいいんだよ…」

さやか「探すって…崖に落ちていったんだよ?見つかりっこないよ!」

まどか「でも…探さないと…ほむらちゃんが…」

さやか「この高さから落ちたらただじゃ済まないよ!危ないよ!」

まどか「私は…いくから…」

さやか「まどか!」グイッ


527:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 20:16:49.25 ID:A/RmFutZO
まどか「離してっ!」パシッ

さやか「きゃあっ!」ドサッ

まどか「…ごめん、さやかちゃん」タタッ

さやか「ま…まどか…待って…」

まみ「あぁ…」

さやか「まみさん…まどかが!まどかが崖に行っちゃったよ!」

まみ「え…?」

さやか「早く追わないと…!」

まみ「でも…この崖は…!」


530:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 20:20:33.94 ID:A/RmFutZO
まみ(いや…まだ砕け散ったと決まったわけじゃ…!)

まみ「…私が探してくるから…まどかを追うから、さやか…あなたはほむらを連れて帰って」

さやか「でも…」

まみ「お願いねっ」ダッ

さやか「…ほむら」

ほむら「」

さやか「そうだね…四人で一緒に帰らないと…いけないよね…!」
ほむら「」

さやか「…帰るよ、ほむら」


531:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 20:23:22.93 ID:A/RmFutZO
まどか「たしか…この辺りから…」

まどか「ほむらちゃん…待っててね…見つけるから…助けるから…」

まどか「ほむらちゃん…これでお別れなんて嫌だから…!」

まどか「ずっとずっと…一緒にいたいから…!」

まどか「だから絶対…助けるからね!」

まどか「ほむらちゃ…」ズルッ

まどか「あっ…!?」

まどか「きゃぁぁぁぁっ!」


534:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 20:30:20.75 ID:A/RmFutZO
まみ「まどかっ!」シュルルルルッ

まどか「っつぅ!」ポスッ

まみ「まどか!怪我はない!?」

まどか「は…はい…ありがとうございます…」

まみ「もう…危ないことはやめなさい…私が探すから、まどかは帰って」

まどか「嫌だ…ほむらちゃんは私が探しますから…」

まみ「まどか!ここは危険だから!」


535:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 20:33:14.79 ID:A/RmFutZO
まどか「嫌です…!」

まみ「まどか!あなたまで危険な目にあったら…私は…」

まどか「私はどうなってもいい!でもほむらちゃんは!ほむらちゃんだけは!!」

まみ「まどか…」

まどか「ごめんなさい、まみさん…これだけは…!」

まみ「…わかったわ、その代わり絶対に無理はしないで!」

まどか「はい!」


536:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 20:36:25.86 ID:A/RmFutZO
さやか「まみさん!まどか!私もほむらを探すよ!」ゼェゼェ

まみ「さやか、ほむらの体は家に連れて帰ったの?」

さやか「はい!大急ぎで…!」

まみ「わかったわ…二人とも無理はしないで、特に危険な処は私が探すから」

さやか「はい!」

まどか「ほむらちゃん!必ず見つけるからね!」

まどか「ずっと一緒にいようね!」


541:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 20:40:44.68 ID:A/RmFutZO
数時間後

さやか「どこにもないよ…」

まみ「あんなに探したのに…」

さやか「もう日が暮れちゃうよ…」

まみ「今日は一旦帰りましょう…念のためほむらの体も私の魔法で…」

さやか「そうですね…まどかは…まだ…」

まみ「…ええ」

まどか「ほむらちゃん…ほむらちゃん…」


542:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 20:43:52.13 ID:A/RmFutZO
まみ「まどか、今日は一旦帰るわよ…日が暮れたら何も見えなくなるわ」

まどか「ほむらちゃん…ほむらちゃん…」

さやか「ちょっと、まどか…聞いてるの?」

まどか「…二人は先に帰ってて、私はここにいるから」

さやか「まどか…!」

まみ「駄目よ、まどか…帰るわよ」シュルルッ

まどか「離して…離してよ…!」

さやか「ま、まみさん…」


544:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 20:50:11.39 ID:A/RmFutZO
まみ「ごめんね、まどか…でもこうしないと…」

まどか「ほむらちゃんっ!ほむらちゃんっ!」

さやか「まどか…」

まみ「…さあ、帰るわよ」




ほむら「」

まみ「体に異常はないわね」キィィィィン

まどか「ほむらちゃん…」ギュッ

さやか「…晩ごはん出来ましたよ」

まみ「ええ…なら食べようか」

まどか「ほむらちゃん…」

まみ「ほら、まどかも食べよう?」


546:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 21:00:08.66 ID:A/RmFutZO
まどか「いらない…食べたくない…」

まみ「…わかったわ、取っておくからお腹が空いたら食べなさい?」

まどか「…ほむらちゃん」

さやか「まどか…」

まみ「さやか、私たちは食べるわよ、明日は朝一で今日の続きをするからね」

さやか「はい…」

ほむら「」

まどか「…」


549:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 21:03:22.59 ID:A/RmFutZO
まみ「ごちそうさまでした」

さやか「あ…はい」

まみ「明日の朝は早いわよ、さやか準備をしたら今日はもう寝なさい」

さやか「…はい」

まみ「まどか、あなたもよ?」

まどか「…」

まみ「…まどか、無理はしないでよ」

まどか「…」


550:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 21:06:32.52 ID:A/RmFutZO
さやか「まみさん、準備できました」

まみ「なら寝なさい、私も寝るから」

さやか「…」

まみ「さやか」

さやか「…おやすみなさい」

まみ「おやすみなさい、さやか」

まどか「…ほむらちゃん…」

まみ「まどか、そろそろ…」

まどか「…」

まみ「…私は寝るわよ?」

まどか「…」

まみ「…おやすみなさい」


552:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 21:09:26.28 ID:A/RmFutZO
数時間後

まみ「すやすや」

さやか「すぅすぅ」

ほむら「」

まどか「ほむらちゃん…」

まどか「待っててね…連れて帰ってくるからね…」

まどか「…ほむらちゃん!」

ガラッ

タッタッタッ


553:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 21:11:11.21 ID:2tcB8GCM0
まどか…


555:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 21:13:37.31 ID:A/RmFutZO
まどか「はぁ…はぁ…」タッタッタッ

まどか(暗い…ほとんど何も見えないよ…)

まどか(でも…ほむらちゃんが待ってるんだから…!)

まどか「はぁ…はぁ…つ、ついた…」

まどか「た…ぶん…この辺りだったよね…」

まどか「ほむらちゃん…」

まどか「きゃっ?」ズルッ

まどか「うぅっ!」ドサッ


556:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 21:17:36.12 ID:A/RmFutZO
さらに数時間

まみ「ん…」パチッ

さやか「すぅすぅ」

まみ「まだ夜ね…」

まみ「まどか、大丈夫かしら…?」

ほむら「」

まみ「まどか…?」

まみ「まどか?何処にいるの?まどか!」

まみ「まさか…」

まみ「まどかっ!」タッタッタッ


558:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 21:21:00.54 ID:A/RmFutZO
まどか「うぅっ…」

まどか「ぃたっ…」

まどか「…ううん、痛くないよ…擦りむいただけだもん…」

まどか「ほむらちゃんはもっと…もっと痛い思いをしてるんだもん…」

まどか「このくらい…痛くないもん…」

まどか「ほむらちゃん…」ゴッ

まどか「あぅっ!」ドサッ

まどか「痛くない…痛くないもん…」ヨロッ


559:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 21:23:40.18 ID:A/RmFutZO
さやか「んっ…今何か音がした…?」

さやか「…まみさん?」

さやか「まどか…?」

ほむら「」

さやか「ね、ねえ…何処に…?」

さやか「も、もしかして…」

さやか「いや、もしかしなくても」タッタッタッ


560:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 21:27:11.60 ID:A/RmFutZO
まみ「まどかー!まどかー!」

まみ「まどかー!いたら返事をしてー!」

まみ「まどか!いないの?返事をして!」

さやか「まみさーん!」

まみ「さやか?」

さやか「ま、まみさん…まどかは…?」ゼェゼェ

まみ「それが…見つからないの」

さやか「そ、そんな…っ!」


さやか「まどかー!まどかー!」

まみ「まどか!お願いだから返事をしてー!」


563:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 21:34:06.65 ID:A/RmFutZO


まみ「まどか…」

さやか「…もう朝ですよ」

まみ「ええ…もしかしたら、もう家に帰ったのかしら?」

さやか「そうだったらいいんですけど…」

まみ「さやか…私はこのまま魂の宝石を探すから、あなたは一旦家に帰って?」

さやか「はい…まどかが帰ってないか確かめてきますね」

まみ「うん」

カサッ


568:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 21:52:41.35 ID:A/RmFutZO
まどか「…」フラフラ

まみ「ま、まどか!」

さやか「あんたやっぱり…!」

まどか「…」

まみ「もう!心配したんだから!」

さやか「で、でも無事でよかったよ!」

まどか「…」

まみ「…まどか?」

さやか「どうしたの?ね、ねえ…」

まどか「…」


570:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 21:56:21.67 ID:A/RmFutZO
まどか「…ほむらちゃんは…」

まみ「えっ?」

まどか「ほむらちゃんはどこっ!?」

さやか「ちょ、ちょっと!まどか!」

まどか「どこにいるの?ねぇ!ほむらちゃん!?」

まみ「まどか…」

まどか「ほむらちゃんは何処にいるの?ねえ?教えてっ!?」

まみ「まどか!」


571:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 21:59:13.29 ID:A/RmFutZO
まどか「ほむらちゃんは何処にいるの?さやかちゃん!?まみさん!?」

さやか「ちょっと…まどか…?」

まみ「まどか、落ち着きなさい!」

まどか「ほむらちゃん!ほむらちゃん!ほむらちゃぁぁぁぁんっ!!!」

まみ「まどか!!」パシンッ

まどか「っ!?」

さやか「ま、まみさん!何も叩かなくても!」


573:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 22:04:36.38 ID:A/RmFutZO
まどか「うぅぅぅぅ!」

まみ「まどか!しっかりしなさい!」

まみ「あなたがしていることは無謀よ!」

まみ「まどかは昨日から一睡もしてないのでしょう?何も食べてないないのでしょう?」

まみ「それなのに…そんなに傷だらけになって…!」

まみ「これをほむらが知っても、喜ばないわ!」

まみ「ほむらを助けたいのなら、しっかりしなさい!」


576:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 22:08:35.42 ID:A/RmFutZO
まどか「うぅっ…ぇっぐ…ぅぅう…ほむらちゃ…ぅぁあぁぁぁぁぁっ…」

さやか「まどか…」

まみ「さやか、まどかを連れて帰って?」

まみ「ちゃんとご飯食べさせて…眠らせて…お願い」

さやか「はい…わかりました!」

まみ「さやか、あなたも休んできなさい…あなただって殆ど寝てないんでしょ?」

さやか「でも…それは…まみさんの方が!」


577:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 22:13:22.88 ID:A/RmFutZO
まみ「私は大丈夫よ…ほむらは私に任せて、さやかはまどかをお願い、ね?」

さやか「…」

まみ「お願いだから…!」

さやか「…はい」

まみ「ありがとう…さやか」

さやか「ほら、まどか…帰ろう?」

まどか「うぅぅぅ…」

さやか「ほら…じゃあ、まみさん…ほむらのこと、お願いします」

まみ「ええ!」


579:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 22:16:00.95 ID:A/RmFutZO
一方
杏子「…なんで私ここに来てんのかな…?」

杏子「まみ達の家…」

杏子「私には関係のない所なのにさ…」

杏子「…帰るか」

QB「…」トコトコ

杏子「ん?あいつは…久兵衛?」

杏子「あいつ…何しに来やがった!」


580:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 22:17:14.84 ID:FHNKYx270
あんこキター


581:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 22:19:42.37 ID:A/RmFutZO
ほむら「」

QB「暁美ほむら…哀れだね」

QB「まみ達は君のソウルジェムを探しているみたいだが…そう易々とは絶対に見つからないよ」

QB「でも…万が一ソウルジェムを見つけられたら困るからね」

QB「今のうちに君の体を…」

杏子「おい、何してやがるんだ、てめぇ」スチャッ

QB「…杏子、何のようだい?」


582:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 22:21:07.96 ID:UhYlFtkI0
杏子ちゃん
そいつやっちゃって


583:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 22:21:17.25 ID:2tcB8GCM0
QBは死ね


584:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 22:22:20.89 ID:8IZh8EUJ0
頼むよ杏子!


585:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 22:23:30.73 ID:A/RmFutZO
杏子「それはこっちの台詞だ…ほむらに何をしようとした?言え」

QB「さあね…君には関係のない話だろう」

杏子「そんなに死にたいのか?」

QB「生憎僕には代用がいくらでもあってね…別に困りはしないよ」

杏子「ちっ!」

QB「それに、僕がほむらに何をしようが君には関係のない話だろう?」

杏子「なに?」

QB「だって君たちは他人じゃないか、杏子君はいつも一人なんだろう?」


586:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 22:27:43.48 ID:A/RmFutZO
杏子「それは…!」

QB「君には家族も友達も仲間もいない…そうだろう?」

杏子「…てめぇ!」

QB「おやおや、逆上かい?それなら肯定しているようなものじゃないか」

杏子「…ちっ」

QB「だからさ、その手を離してくれよ…僕は君には関係のない他人に手を出すだけだ」

QB「君には一切危害は加えないよ?」

杏子「…」


588:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 22:30:42.15 ID:A/RmFutZO
QB「ほら、早く」

杏子「…違う」

QB「違う?何がだい?」

杏子「ほむらは…他人じゃない!」

QB「何をいっているんだ、杏子」

杏子「ほむらは…まみは…私の仲間だ!」

QB「はぁ…何を言うかと思えば」

杏子「だからこの手は絶対に離さねえ!ほむらには手を出させねえ!」


592:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 22:36:06.87 ID:A/RmFutZO
QB「ほむら、まみ、この二人と君が仲間…?」

杏子「そうだ!」

QB「…やっぱりね、そうだと思っていたよ」

杏子「…なんだと?」

QB「杏子、君は毎回あの二人の援護に回っていただろう?」

杏子「…!」

QB「使い魔からまみを助けた時も、ほむら達が魔女の口づけを受けた人間達と戦った時も」

QB「グルトニートも、シャルロッツも、バトルシアも…」

QB「君は必ず手助けに行った…口では自分の獲物だと言ってるみたいだけど」

QB「本心はただ助けたかったから、仲間が欲しかったからなんだろう?」

杏子「それは!」


595:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 22:39:53.31 ID:A/RmFutZO
QB「違うのかい?」

杏子「…そうだ、お前の言う通りだよ」

QB「だからほむらは他人じゃないと…仲間だから助けると、言いたいんだね」

杏子「ああ!」

杏子「二人は…仲間だ!」

QB「…でも、それって可笑しくないかな?」

杏子「なにっ?」


598:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 22:45:47.46 ID:A/RmFutZO
QB「君は仲間だと思っても…二人はどうかな?」

杏子「…どういうことだおい」

QB「はたして二人は君を仲間だと思っているのかな?」

杏子「なんだと…?」

QB「この前ほむらと組んだ時にまみはこう言っていたよ」

QB「私はもう一人ぼっちじゃないってね」

QB「これの意味がわかるかな?」

QB「まみはほむらが現れるまで、一人ぼっちだと思っていた」

QB「君に助けられても、一人ぼっちだと思っていた」

QB「君は仲間じゃないと思っていた」

杏子「…!!」


602:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 22:55:03.90 ID:BvYDuDCI0
このいんきゅべーたーさん心抉りすぎ


604:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 23:00:10.57 ID:A/RmFutZO
QB「君は勝手に二人は仲間だと思っているだけで」

QB「二人は君を仲間だとは思っていないんだよ」

杏子「な…!」スルッ

QB「ふう…全く笑わせるよ」スタッ

杏子「…」

QB「さて、君はそこで震えているといい」

ほむら「」

QB「僕はほむらを…ふふ」


609:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 23:06:40.02 ID:A/RmFutZO
さやか「そんなことないよ!」

QB「…さやか?」

杏子「お前は…」

さやか「まみさんが言っていた…!」

さやか「杏子と一緒に戦いたいって言っていた…!」

さやか「杏子に助けられて凄く喜んでた…!」

さやか「杏子と友達になりたいって言っていた…!」

さやか「そして…そして…っ!」

さやか「いつか杏子とも家族になりたいって言っていたーっ!!」


614:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 23:13:12.11 ID:A/RmFutZO
さやか「杏子!まみさんは…私たちは仲間だよ!」

さやか「あんたが言ってくれれば友達にだって!家族にだって!」

さやか「何にだってなれるんだよ!」

杏子「…!」

さやか「だからそんな奴に騙されちゃ駄目だよ!」

杏子「…ああ、そうだな!」

QB「ちっ」

杏子「私の仲間に手を出すなぁ!」ブンッ

QB「」ズバッ


616:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 23:17:10.56 ID:A/RmFutZO
杏子「はぁ…!はぁ…っ!」

さやか「…杏子」

杏子「へへ…ありがとうな」

さやか「こっちだって…ほむらを守ってくれてありがとう!」

杏子「ああ…でも嬉しかったよ!」

杏子「えっと…」

さやか「私はさやか!杏子の仲間だよ!」

杏子「さやか…よろしくな!」

さやか「うん!」


617:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 23:20:53.58 ID:A/RmFutZO
まどか「…すぅ…すぅ…」

杏子「…こいつは?」

さやか「あぁ…いろいろあってね、私がおぶって来たんだ」

杏子「…傷だらけじゃねぇか」

さやか「うん…擦りむいただけだから、大したことはないんだけどね」

杏子「そうだ…ほむらは?」

さやか「それは…」


619:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 23:25:58.54 ID:A/RmFutZO
さやか「実はさ―」

さやか「―と言うことなんだけど…」

杏子「なんだと…?」

杏子「じゃあほむらは…?」

さやか「まだ…まみさんが探してる最中なんだ」

杏子「そうか…よし、私も行ってくる!」

さやか「うん、お願い…私も後から行くから」

杏子「ああ!わかった!」

さやか「じゃあ…」

ゴオォォォォォォォォ


620:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 23:30:06.03 ID:A/RmFutZO
QB「全く…どうしていつも邪魔が入るかな…」

QB「ん…?」

QB「これは…ふふ」

QB「どうやら僕が直接手をだす必要はなかったようだね」

QB「まさかもう江戸に来るなんてね…」

QB「ポニファティウスの朝…!」

ポニファティウスの朝「ワハハハハハハ」

ゴオォォォォォォォォ


622:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 23:36:43.01 ID:A/RmFutZO
杏子「な、なんだこれ!?」

さやか「急に雨と風が…!」

杏子「くそ…何がどうなって…?」

さやか「な…あそこに浮いてる化け物は…?」

杏子「魔女だと?そんな馬鹿な?」

さやか「魔女…?まさかあいつが言っていた強力な魔女…?」

杏子「…ちっ、行くしかねぇな」

さやか「た…戦うつもり?」


623:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/15(土) 23:40:57.96 ID:A/RmFutZO
杏子「ほむらは戦えないし、まみだって…私が行くしかないだろ?」

さやか「だけど…」

杏子「へへ、心配してくれるのか?」

さやか「当たり前だよ!」

杏子「心配ならいらないよ、今の私には変える場所があるんだ」

杏子「こんなに嬉しいことはない…だろ?」

さやか「杏子…!」

杏子「私はあいつと戦ってくる、だからさやかは、こいつらを守ってくれ」

さやか「…うん!」

杏子「そんじゃ私は行ってくるよ」

さやか「杏子…死なないで!」

杏子「…ああ!」


648:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 00:14:19.23 ID:45mwv7r2O
ポニファティウスの朝「ワハハハハハハ」

杏子「ったく…せっかく仲間ができたってのによ」

杏子「負けるはけには…いかないもんな!」ヘンシン

杏子「でりゃぁぁぁぁっ!」ドンッ

ポニファティウスの朝「ワハハハハハハ」ブォォォォォ

杏子「なっ…!」

杏子「くっ…近づけねぇぞ…!」

杏子「でも…!私は強くなったんだ…そうだろ?親父…!」

杏子「はぁぁぁぁぁぁっ!」


649:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 00:19:48.72 ID:45mwv7r2O
まみ「なに…?急に天候が…」

まみ「す…すごい風…」ハッ

まみ「まさか…これが久兵衛の言っていた…?」

まみ「い、行かなきゃ…!でもそれじゃあ…ほむらは…!」

まみ「江戸と…ほむら…どっちも大切だよ…!」

まみ「でも…ほむらなら…行けって、そう言うわよね?」

まみ「…ほむら、必ず魔女を倒してあなたも助け出すから…!」

まみ「だから今は待っていて…!」タタタッ


652:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 00:24:20.85 ID:45mwv7r2O
さやか「…風がすごくて外じゃまともに歩けないよ…!」

さやか「でも…私も行かないと…ほむらが…!」

まどか「すぅ…すぅ…」

ほむら「」

さやか「ほむら…」

さやか(初めてあった時、ほむらに助けられたっけ…)

さやか(その後も何回もほむらに私たちは助けられた…)

さやか(だから…私は…)

さやか「今度は私がほむらを助ける番だよ!」

さやか「ほむら、まどか…私、行ってくるね!」


654:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 00:29:24.77 ID:45mwv7r2O
ほむら「ここはどこ…?」

ほむら「何も見えないし…何も聞こえないよ…」

ほむら「私は何をして…」

ほむら「そうだわ…キュウべえに騙されて…」

ほむら「私は…死んだの…?」

ほむら「まどか…!」

『ほむらちゃん』

ほむら「…?」

『ほむらちゃん!』

ほむら「あなたは…まどか…でもこれは…?」

『ほむらちゃん、やっと私の声が聞こえたんだね?』

ほむら「ええ…あなたは…まどかなの…?」

『うん…たしかに私はまどか…なのかな…?』

『でも、ほむらちゃんの知っている鹿目まどかとはちょっと違うかも…』


655:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 00:34:06.08 ID:45mwv7r2O
ほむら「鹿目…まどか…?」

『うん…そうだよ…!』

『でも…今は鹿目まどかじゃないのかな…』

ほむら「何を言ってるの…?」

『ほむらちゃん、落ち着いて聞いてね?』

ほむら「え…ええ」

『私はね、なんでほむらちゃんが此処にいるのか、この世界にいるのかを、教えに来たんだ』

ほむら「私が此処にいる理由を…?」

『そうだよ!話してもいいかな?』

ほむら「…ええ、お願い」

『それはね―』


657:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 00:38:17.52 ID:45mwv7r2O
『―なんだ』

ほむら「…」

『わかってもらえたかな?』

ほむら「…ええ」

『そっか…よかった』

ほむら「なら…私は…!」

『うん…ここに…私のところにいちゃ駄目だよ』

ほむら「うん…」

『だから、私もできる限り力をかすよ!』

ほむら「お願い…!」


658:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 00:41:42.16 ID:45mwv7r2O
まどか「ん…」パチッ

まどか「あれ…ここは…?」

まどか「そうだ…ほむらちゃんは!?」

ほむら「」

まどか「ほむらちゃん!」ギュッ

まどか「…ほむらちゃん…体が冷たいよ…」

まどか「いつもみたいに赤くなってよ…」

まどか「いつものあったかい…ほむらちゃんになってよ…!」

まどか「ほむらちゃん…!」


661:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 00:50:14.45 ID:45mwv7r2O
まどか「ほむらちゃん…どこにいるの…どこにいっちゃったの…?」

まどか「嫌だよ…離ればなれになりたくないよ…!」

ほむら「」

まどか「ほむらちゃん…!」

『ねえ、聞こえるかな?』

まどか「えっ…?」

『あっ、よかった…聞こえたみたいだね』

まどか「あなた…誰?」

『てぃひひ…あなたには秘密だよ』

まどか「え…?」

『それよりも…まどかさん、あなたは、自分の人生がが貴い?ほむらちゃんを大切にしてる?』


662:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 00:55:16.43 ID:45mwv7r2O
まどか「私は…ほむらちゃんは大切だよ…!大好きで、とっても大事な人だよ!」

『本当に?』

まどか「本当だよ!嘘なわけないよ!」

『そっか…てぃひひ』

まどか「どうしたの…?あなたは誰なの…?」

『私もね、ほむらちゃんが大切で、大好きで、とっても大事なんだ』

『だからね、あなたの気持ちがよくわかるの』

まどか「えっ…?」

『ほむらちゃんが、あなたを待ってる』

まどか「ほむらちゃんが…私を待ってる…?」

『うん、だから私についてきて!』ポワワワ

まどか「きゃっ…?」

まどか「も…桃色の光…?」

『こっちだよ!』

まどか「あっ、待って!」


663:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 01:00:54.89 ID:45mwv7r2O
ポニファティウスの朝「ワハハハハハハ」

杏子「ちくしょう…さっきから次々とモノをぶっ飛ばして来やがって…!」

杏子「これじゃ防戦一方じゃないか…ちっ!」

杏子「せめて…これがなけりゃ近づけるのによ…!

ポニファティウスの朝「ワハハハハハハ」ゴオゥッ

杏子「な…でけぇ…!」

杏子(避けられない…!)

杏子「くっ…」ギュッ

まみ「終の秘銃・咬!」ドカァッ

杏子「…あっ」

まみ「大丈夫?杏子!」


666:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 01:06:25.98 ID:45mwv7r2O
杏子「まみ…お前…」

まみ「ふふ、これでこの前の借りは返したわね?」

杏子「まみ…私と一緒に戦ってくれるのか…?」

まみ「当然よ、私たちは仲間じゃない!」

杏子「仲間…」

まみ「そうよ、違ったかしら?」

杏子「へへ、いや…私たちは仲間だ!」

まみ「ええ!」

杏子「よし!ならさ…あいつに一発でかいの行こうぜ!」

まみ「任せて!」

杏子「私が前にでる…まみは背中を預けてもいいかい?」

まみ「了解よ!」

ポニファティウスの朝「ワハハハハハハ」

杏子「よし!」

まみ「行くわよ!」


667:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 01:12:43.20 ID:45mwv7r2O
ポニファティウスの朝「ワハハハハハハ」ゴオゥッ

杏子「まみ!」

まみ「ええ!」

まみ「二の秘銃・惨・双!」ドカッドカッ

杏子「よし!これなら…!」

ポニファティウスの朝「ワハハハハハハ…!」

杏子「くらいやがれ!」ズババババッ

ポニファティウスの朝「…」ゴオゥッ

まみ「杏子!下がって!」

杏子「ああ!」

まみ「終の秘銃・咬・改!」ドガガガガッ

ポニファティウスの朝「…!?」ドカァァァァッ

杏子「よし…!効いてるぞ!」

まみ「このまま一気に決めるわよ!」

杏子「おう!」


670:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 01:25:07.02 ID:45mwv7r2O
さやか「くぅ…」

さやか(飛び出したのはいいけど…やっぱり風と雨が激しすぎて…)

さやか(でも…ほむらが待ってるから!)ググッ

さやか「はぁ…はぁ…」

ゴォォォォォォォォォ

さやか「うっ…きゃぁぁっ」ドサッ

さやか「ま…負けるもんか…!」

まどか「さやかちゃーん!」

さやか「えっ…?まどか…あんた眠ってたはずじゃ?」

まどか「さやかちゃん、私も行くよ!」

まどか「ほむらちゃんが私を呼んでるの!」

さやか「まどか…あんた、本当に大丈夫なんだね?」

まどか「うん!」


671:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 01:27:06.53 ID:45mwv7r2O
さやか「わかった!…まどか手!」

まどか「さやかちゃん…うん!」ニギッ

さやか「絶対にほむらをつれて帰ろうね」

まどか「うんっ!」

『やっぱりさやかちゃんは、頼りになるね!』

まどか「そうだよ!私の自慢の家族だもん!」

『うん…そうだったね!』

さやか「まどか…どうしたの?」

まどか「ううん、何でもないよ」

『てぃひひ!』

まどか「てぃひひ!」


675:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 01:38:48.20 ID:45mwv7r2O
ポニファティウスの朝「ワハハ」ゴォォォォォォォォォ

杏子「まみ!私が守るからまみは攻撃しろ!」ザシュザシュ

まみ「わかったわ!」

まみ「一の秘銃・雷・電!」ダダダダダッ

ポニファティウスの朝「ワハハ」ドドドド

まみ「効いてる…けど」

杏子「でかい一発じゃないとキツいかもな…!」

まみ「一か八か…一極集中でもしてみる?」

杏子「同じとこに同時攻撃か?」

まみ「ええ、息を合わせればきっとできるわ!」

杏子「…わかった、その船乗るよ!」


677:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 01:40:29.31 ID:7/lAqWXx0
そういや今更だけどポニファティウスってどういう意味


678:>>677ワルプルギスの元ネタの人の親族だったはず、深い意味はない:2011/10/16(日) 01:45:27.75 ID:45mwv7r2O
まみ「次に魔女が攻撃してきた瞬間にいくわよ?」

杏子「わかった!」

ポニファティウスの朝「ワハハ」ゴォォォォォォォォォ

まみ「今よ!」

杏子「よしっ!」

まみ「終の秘銃・咬・改!」

ポニファティウスの朝「ワハ…!?」ドカァァァァァッ

杏子「笑っていられるのも今のうちだ!」バッ

杏子「でりゃぁぁぁぁっ!」

ポニファティウスの朝「ワ…」ザシュザシュザシュ

まみ「これで止めよ!」ドンッ

ポニファティウスの朝「…」ドカァァァァッ


679:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 01:49:56.73 ID:5fyiT2Fo0
やったか!?


680:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 01:50:40.01 ID:45mwv7r2O
杏子「よしっ!」

まみ「やったわ!」

杏子「へへ…二人でやればできるもんだな」

まみ「ええ、仲間がいれば…もう何も怖くないわ!」

杏子「そうだよな…一人ぼっちはさみしいもんな」

杏子「仲間って…いいな!」

まみ「ええ!」

ポニファティウスの朝「」ゴゴゴゴゴゴ

まみ「あっ?」

杏子「ちっ…まだ生きていやがったか…」

まみ「でも…様子が変よ?」

ポニファティウスの朝「」ゴゴゴゴゴゴ

杏子「魔女が…」

まみ「逆さまに…?」


731:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 08:24:21.23 ID:45mwv7r2O
杏子「もう一度やるぞ、まみ!」

まみ「ええ!」

ポニファティウスの朝「」カッ

杏子「な…!?」

まみ「なに…?」

ポニファティウスの朝「」ギュォォォォッ

杏子「うわぁぁぁぁっ!」

まみ「きゃぁぁぁぁっ!」


732:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 08:30:44.95 ID:45mwv7r2O
ギュォォォォッ

まどか「きゃっ?」

さやか「うっ…まどか!大丈夫?」

まどか「…うん、さやかちゃんがいてくれるから!」

さやか「まどか…うん、そうね!」

さやか「二人でほむらをつれて帰るんだからね!」

まどか「うんっ!」

『もう少しだよ!がんばって!』

まどか「もう少しで…うん!」

さやか「もう少しでつくから堪えて!」

まどか「ほむらちゃん、待っててね…!」

まどか「絶対に…絶対に助けるから!」

『あそこだよ!』

まどか「えっ…どこ?」

『まってて?』


733:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 08:35:39.13 ID:45mwv7r2O
『ほむらちゃん!二人が迎えにきたよ!』

ほむら「まどか達が?」

『うん!』

ほむら「そう…ありがとう、まどか」

『私にできるのはここまでだよ…ごめんね?』

ほむら「いえ…感謝してるわ、本当にありがとう」

『てぃひひ』

ほむら「もう…あなたとは会えないの?」

『私と…こうしてお話しできることはもうないよ』

ほむら「…そう」

『でもね、私はいつもほむらの傍にいるよ!』

ほむら「私の傍に…?」


734:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 08:41:31.08 ID:45mwv7r2O
『うん!たとえ…声が聞こえなくても、姿が見えなくても…私はね』

『私は、いつもほむらちゃんの傍にいるから!』

ほむら「まどか…!」

『だから私達はいつでも一緒だよ!』

ほむら「うん…!」

『てぃひひ!』

ほむら「…えへへ」

『じゃあ…私はここまでだから…』

ほむら「うん…ありがとう、あなたのことは絶対に忘れないから!」

『ほむらちゃん…ありがとう!』

ほむら「まどか!」

『ほむらちゃん、さようなら!』

カッ


736:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 08:48:19.64 ID:45mwv7r2O
まどか「ほむらちゃん…」

さやか「この辺りなの?」

まどか「うん、この辺りで…」

カッ

まどか「あっ!さやかちゃん!」

さやか「え…あ!彼処…光ってる…もしかして!」

まどか「うん!」

『まどかさん』

まどか「あっ、あなたは!」

『私はもう一緒にいられないんだ』

まどか「えっ…?」

『まどかさん、ほむらちゃんを…思い出を大切にしてね!』

まどか「…うん!」

『てぃひひ…あなたに会えてよかった』


737:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 08:52:43.45 ID:45mwv7r2O
まどか「私もだよ!」

さやか「?」

『それじゃあ…元気でね!』

まどか「ありがとう!」

さやか「まどか、どうしたの?」

まどか「ううん、何でもないよ…それよりも、早く行こうよ!ほむらちゃんが待ってる!」

さやか「…うん!」

まどか「…あった!」

さやか「でも…あんなところじゃ…」

まどか「私、行ってくる!」

さやか「いや…私が行くよ!」

まどか「でも…」

さやか「私が取ってくるから、まどかはそれを、ほむらに早く…!」

まどか「…わかったよ、さやかちゃん!」

さやか「よっし!さやかちゃん頑張っちゃいますからね!」


738:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 08:58:06.56 ID:45mwv7r2O
さやか「ゆっくり…ゆっくり進めば…!」

ゴオゥッ

さやか「きゃあっ!」

まどか「さやかちゃん!大丈夫!?」

さやか「…大丈夫!」

さやか「あと少し…」

さやか「ほむら…待ってて…私が…私たちが必ずあんたをつれて帰るから!」

さやか「ほむら…!」パシッ

さやか「やった…!まどか!やったよ!」

まどか「ほむらちゃん!やったぁ!」

さやか「今からそっちに行くから、まどかはそこにいて!」

まどか「うん!」


739:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 09:03:28.60 ID:45mwv7r2O
さやか「ほむら…もう少しだからね…!」

さやか「もう少し…」ガタッ

まどか「さやかちゃん!?」

さやか「足場が…崩れる…?」

まどか「さやかちゃん!」

さやか「…まどか!受け取って」シュッ

まどか「…うん」パシッ

まどか「ほむらちゃんの…そうるじぇむ…!」

さやか「それを早くほむらに!」

まどか「さやかちゃんは?」

さやか「私のことはいいから、早く家に!ほむらのところに!」

まどか「さやかちゃん…うん!」タタタッ

さやか「まどか…後は頼んだよ」

さやか「ほむら…少しは恩返しができたかな?」

ガラララッ


740:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 09:08:29.36 ID:45mwv7r2O
ポニファティウスの朝「」ゴゴゴゴゴゴ

杏子「はぁはぁ…!」

杏子「ちくしょう…さっきまでは遊びだったのかよ…?」

杏子「まみ、まだ行けるか?」

まみ「…」

杏子「まみ…?」

まみ「…」

杏子「おい…返事しろよ…まみ…!」

杏子「…まみ」

ポニファティウスの朝「」ゴゴゴゴゴゴ

杏子「てめぇ…よくも…よくもまみを…!」

杏子「うわぁぁぁぁぁぁっ!」ドンッ


741:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 09:12:54.40 ID:45mwv7r2O
まどか「はぁ…はぁ…!」タタタッ

まどか「きゃっ?」コケッ

まどか「…つぅ」

まどか「ほむらちゃん…もうすぐ帰れるよ」ヨロッ

まどか「ほむらちゃん、またみんなと一緒にいようね!」タタタッ

まどか「私と一緒にいてね!」

まどか「はぁ…はぁ…」

ガラッ

まどか「家に…ついたよ…!」

まどか「後はほむらちゃんに…!」

ほむら「」


742:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 09:15:55.75 ID:45mwv7r2O
まどか「あれ…?」

まどか「ほむらちゃんに何をすればいいの…?」

ほむら「」

まどか「えっと…えっと…」

まどか「ほむらちゃん!」ダキッ

まどか「お願いほむらちゃん!目を覚まして!」

まどか「また笑って!一緒に食べて!一緒に遊んで!一緒に眠って!一緒にいてよ!」

まどか「ほむらちゃん!」ギュゥ

ほむら「…まどか」


743:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 09:20:55.16 ID:45mwv7r2O
まどか「ほむら…ちゃん…!」

ほむら「まどか…!」ギュゥ

まどか「ほむらちゃん…目を覚ましたんだね?」

ほむら「ええ…!」

まどか「ほむらちゃん…あったかい…いつものほむらちゃんだよ…!」

ほむら「うん…私も…まどかの暖かさがよくわかるわ…!」

まどか「ほむらちゃん…おかえりなさい…!」

ほむら「ただいまどか…!」

まどか「…てぃひひ」

ほむら「ふふっ」


745:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 09:25:31.82 ID:45mwv7r2O
ほむら「まどか…私行かなきゃ!」

まどか「魔女と…戦うんだよね?」

ほむら「ええ…!」

まどか「ほむらちゃんは絶対に勝てるよ…!」

ほむら「ええ、絶対に勝つわ!」

ほむら「だからまどかはここで私たちの帰りを待ってて?」

まどか「…うん!」

ほむら「ありがとう、まどか…!」

まどか「ほむらちゃん、これを…」シュルル


746:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 09:31:18.94 ID:45mwv7r2O
ほむら「これは…」

まどか「私がいつも髪を結んでる紐だよ!」

まどか「私は魔女と戦うことはできないけど…これを私の代わりだと思って…!」

ほむら「…ええ!」

まどか「ほむらちゃん、ちょっといいかな?」

ほむら「うん」

まどか「紐をこうして…できた!」

まどか「私と同じ髪型だよ!」

ほむら「まどか…ふふっ、ありがとう!」

まどか「てぃひひ!」

ほむら「…私は行ってくるから」

まどか「うん…」

ほむら「またみんなで…一緒にくらしましょうね?」

まどか「うんっ!」


748:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 09:36:20.53 ID:45mwv7r2O
ポニファティウスの朝「」ゴゴゴゴゴゴ

杏子「ちく…しょう…」ドサッ

杏子「これまでかよ…」

まみ「…」

杏子「まみ…」ギュッ

杏子「まみと一緒に戦えて…仲間って言ってくれて私、嬉しかったよ」

杏子「まみ…お前一人に逝かせはしないよ…!」

杏子「私も一緒に…!」ギュッ

ポニファティウスの朝「」ゴゴゴゴゴゴ

杏子「一緒に逝ってやるよ…一人ぼっちは…寂しいもんな…!」

ほむら「その必要はないわ!」


749:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 09:41:32.84 ID:45mwv7r2O
杏子「ほむら…お前…?」

ほむら「ごめんなさい、来るのが遅れたわ」ファサッ

杏子「無事…だったんだな…!?」

ほむら「ええ、お陰様でね」

杏子「よかった…!」

ほむら「まみは…?」

まみ「…」

杏子「まだ、死んじゃいないけど…」

ほむら「…杏子、私が時間を稼ぐから、あなた達二人は少し休んでいて」

杏子「でも…」

ほむら「大丈夫よ、私はもう負けないわ…まどかが傍にいてくれるんだもん…!」

杏子「…わかった!無茶すんなよ?」

ほむら「ええ!」


750:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 09:44:46.41 ID:45mwv7r2O
ポニファティウスの朝「」ゴゴゴゴゴゴ

ほむら「…ポニファティウスの朝…だったかしら」

ほむら「ワルプルギスの夜にそっくりね…私にとっては宿命的だわ」

ほむら「負けるわけにはいかない…!」

ほむら「持ってる武器は惜しみ無く使わせてもらうわよ!」

ポニファティウスの朝「」ゴゴゴゴゴゴ

ほむら「時間を止めて…」

ポニファティウスの朝「」

ほむら「一斉発車!」ドドドドドドド


752:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 10:00:06.02 ID:45mwv7r2O
杏子「まみ…まみ!」

まみ「ん…」

杏子「まみ…よかった…!」

まみ「杏子…私は…あの魔女は!?」

杏子「ほむらが…戦ってる」

まみ「ほむらが?ほむらは助かったのね!?」

杏子「そうみたいだな…へへ!」

まみ「よかった…!」

杏子「でも早く行かないと…ほむら一人じゃ!」

まみ「ええ…そうね!」

杏子「もう戦えるか?」

まみ「もちろんよ!」

杏子「よし!なら早く行こうぜ!仲間のもとにな!」

まみ「ええ!負けるもんですか!」


753:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 10:06:20.36 ID:45mwv7r2O
ポニファティウスの朝「」ゴゴゴゴゴゴ

ほむら「やっぱり…私1人じゃ勝てそうにないわね…」シュンッ

ほむら「もう武器は…1つしか残ってない…」

ほむら「あの2人が帰ってくるまで…時間稼ぎを!」シュンッ

ほむら「くっ…!」ガキンッ

ほむら「盾で持ちこたえるにも限界があるわ…」

ポニファティウスの朝「」ギュォォォォォッ

ほむら「時間停止も…あまり…!」シュンッ

まみ「ほむら!」

杏子「悪いな、待たせた!」

ほむら「2人とも…!」

まみ「今度こそ一気に決めるわよ!」

杏子「私たち三人に怖いものなんてねぇ!」

ほむら「…ええ!」


755:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 10:14:16.22 ID:45mwv7r2O
ポニファティウスの朝「」ゴゴゴゴゴゴ

まみ「二人とも、私に考えがあるの」

ほむら「なに?」

まみ「あの魔女を倒すには、手数をうつより、強力な一撃の方がいいと思うの」

杏子「そうみたいだな…」

ほむら「でも…私にもう武器は…」

杏子「私は…最後のとっておきがある」

ほむら「それなら!」

杏子「でも、魔力を溜めるのに時間がかかるんだ…」

杏子「たくさんの槍とでっかい槍を召喚するからな…!」

まみ「私も…一番のとっておきがあるの…でも魔力を調整しないと…」

ほむら「…」


756:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 10:18:53.67 ID:45mwv7r2O
ほむら「私が…時間を止める!」

杏子「時間を…止める?」

ほむら「ええ、私の能力は時間停止…この力も残り僅かだけど…その間に2人は!」

まみ「準備を…すればいいのね?」

ほむら「ええ…!」

杏子「わかった…なら頼むよ!」

ほむら「2人とも、私から離れないで!」

まみ「ええ!」ギュッ

杏子「ああ!」ギュッ

ポニファティウスの朝「」ゴゴゴゴゴゴ

ほむら「時間を…止める!」

ポニファティウスの朝「」


757:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 10:24:01.50 ID:45mwv7r2O
ほむら「2人とも…あとは任せたわよ!」

まみ「…!」

杏子「…!」

ほむら(まみ…杏子…この2人とこうして一緒に戦えば…負ける気がしないわ)

ほむら(ワルプルギスも…巴マミや佐倉杏子と一緒に戦えば…勝てたのかしら…)

ほむら(結局…私が1人で戦うか…まどかが最後に倒して魔女化するか…だったものね)

ほむら(でも…今は違う…!)

ほむら(まみ…杏子…さやか…まどか…みんな私の…大切な仲間!)

ほむら(今もこうして一緒に戦ってくれる大切な…大切な仲間…!)

ほむら(負けるはずがないわ!)


760:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 10:29:51.73 ID:45mwv7r2O
ポニファティウスの朝「」

まみ「…よし!できたわ!」

杏子「私もだ!」

ほむら「もう時間は止められない…!」

ほむら「2人とも!お願い!」

まみ「ええ!」

杏子「いくぞ!」

ポニファティウスの朝「」ゴゴゴゴゴゴ

まみ「あの時は…ちゃんと射てなかったこのわざ…今度こそ!」

まみ「真の秘銃・九頭砲閃!!!」ドガドガドガドガドガドガドガドガドガッ

杏子「くらえぇぇぇぇぇぇ!これが私のとっておきだ…!」

杏子「でりゃぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」ズバババババババッ

ポニファティウスの朝「!?」ドカァァァァァァァァッ


761:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 10:35:57.58 ID:45mwv7r2O
まみ「はぁ…はぁ…はぁ…」

杏子「どうだ…釣りはいらねぇぞ…」

ほむら「…」ゴクッ

ポニファティウスの朝「」

まみ「あっ…」

杏子「やった…のか?」

ほむら「ええ…やったわ…!」

ほむら「倒したのよ!私たちが!!」

杏子「…へへ!」

まみ「やった…やったぁ!」

ほむら「うん!やった…!」

杏子「…力使い果たしちまったかな…体が動かないや」

まみ「ふふ…私もよ…でも勝ったのよ…!」

ほむら「ええ!」

ポニファティウスの朝「」ゴゴゴ


763:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 10:42:00.00 ID:45mwv7r2O
ほむら「!?」

まみ「きゃっ?」

杏子「あいつ…まだ生きてやがったのか…?」

まみ「う…私はもう…」

杏子「ちくしょう…私もだ…!」

ほむら「…私が止めをさす」

まみ「えっ…?」

杏子「でも…もう時間は止められないんじゃないのか?」

ほむら「ええ…でも大丈夫よ…!」

まみ「ほむらっ…」

杏子「お前…」

ほむら「だから私に任せて?」

まみ「…うん」

杏子「わかった…頼んだぞ?」


764:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 10:46:22.66 ID:45mwv7r2O
ほむら「ええ!」

ほむら(私にはもう爆弾も…銃も残ってない…私に残った武器は1つ…)

ほむら(ひむらさん…あなたの力…私達に貸してください…!)

ほむら「…全刃刀!」チャキッ

『がんばって!ほむらちゃん!』

ほむら「…まどか」

ほむら「そうね…そうよ…私はもう1人じゃない…」

ほむら「まどか、さやか、まみ、杏子…」

ほむら「南方先生、龍馬さん、ひむらさん…」

ほむら「みんな…大切な仲間よ」

ポニファティウスの朝「」ゴゴ

ほむら「いくわよ!」タタッ

ほむら「私が…私たちが…あなたを倒す!!!」

スパッ


765:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 10:47:41.54 ID:7xHtmh1u0
全刃刀最高や!


766:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 10:47:46.01 ID:KZ2kYZX80
なんだろう…凄い胸熱を感じる…!


767:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 10:58:24.30 ID:45mwv7r2O
まどか「みんな…大丈夫…だよね…?」

まどか「ほむらちゃん…!」

まどか「あっ…天気が…」

ガラッ

まどか「わぁ…お日様だ!」

まどか「ほむらちゃん…やったんだね!」

さやか「そうみたいだね」

まどか「さやかちゃん…無事だったんだね?」

さやか「当然!大丈夫って言ったでしょ?…って言いたいんだけどさ」

恭介「さやか、無理しちゃ駄目だよ」

まどか「あなたは…たしか…」

さやか「この二人に助けてもらったんだ」

仁美「さやかさん、無事でよかったですね」

恭介「うん」


768:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 11:00:02.69 ID:KZ2kYZX80
仁美…?


769:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 11:03:53.41 ID:45mwv7r2O
さやか「紹介するよ、私の『幼なじみ』の恭介とその『妻』の仁美だよ」

まどか「えっ?」

仁美「はじめまして」ペコッ

恭介「さやかから話は聞いたよ…大変だったんだね」

まどか「え…は、はい…」

さやか「羨ましいよねー!仲良し夫婦だってさ!」

さやか「京都で恭介が腕を斬られた時に仁美に助けてもらったのが切っ掛けなんだって!」

さやか「人生何があるか分からないねー!あはは!」

恭介「さ、さやか…!」

仁美「うふふ」


770:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 11:07:38.37 ID:45mwv7r2O
まどか「さやかちゃん…」

さやか「ねえ、恭介…仁美は最高の妻?家族?」

恭介「さやか…うん、仁美は自慢の妻だよ、最高の家族だ」

仁美「あなた…///」

さやか「うん、それはよかった!」

さやか「恭介、改めておめでとう!」

恭介「うん、ありがとう!」

さやか「でもね…私にもいるんだ!最高の家族がね!ほら!あそこ!」

まどか「あっ…!」


774:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 11:13:26.76 ID:45mwv7r2O
まどか「ほむらちゃん!まみさん!杏子ちゃん!」タタッ


ほむら「まどか!」タタッ

まどか「ほむらちゃん!」ダキッ

ほむら「まどか!」ギュッ

まどか「てぃひひ!ほむらちゃん…!」

まみ「ふふっ」

杏子「それだけ元気があれば十分だな!」

恭介「この人たちは…?」

さやか「私の自慢の大切な…大好きな家族だよ!」

恭介「そう…なんだね、うん凄く仲が良さそうだ」

さやか「あたりまえだよ!」

恭介「そっか…さやかが元気そうでなりよりだよ…僕たちは邪魔になるといけないから…仁美」

仁美「はい」

恭介「さやか…元気でね!」

さやか「…うん!」


777:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 11:20:37.09 ID:45mwv7r2O
まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「まどか…」

まみ「みんな無事ね…?」ホッ

杏子「ああ…よかったな!」

さやか「…よっし、ここにいるのもなんだし、家に入ろっか!」

杏子「あ…そ、その…みんなに頼みがあるんだけど、さ…」

まみ「どうしたの?」

杏子「あの…わ、私を…私をさ…みんなの…その…仲間に…」

杏子「私の…家族になって…くれないかな…?」


778:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 11:27:36.14 ID:45mwv7r2O
まみ「…ふふっ」

さやか「あはは!」

まどか「てぃひひ!」

ほむら「…えへへ」

杏子「えっ…あ…だ…駄目…なのか…?」シュン

まみ「ううん、違うわ」

杏子「えっ?」

さやか「言ったでしょ?私たちはもう…」

杏子「あっ…」


780:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 11:29:09.24 ID:45mwv7r2O
さやか「家族だってさ!」

杏子「さやか…」

ほむら「そうよ!」

まどか「杏子ちゃん、やっと素直になってくれたんだね!」

杏子「ほむら…まどか…」

まみ「今日からここは…あなたの家よ!」

杏子「まみ…!」

杏子「へへ…みんなありがとう…!」

まみ「杏子、おかえりなさい!」

杏子「…ただいま!」


781:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 11:33:04.56 ID:45mwv7r2O
まどか「てぃひひ!」

さやか「なら今日はご馳走作らないとね!」

まみ「そうね!」

杏子「ご、ご馳走…」グゥ

ほむら「ふふっ」

まどか「ねえ、ほむらちゃん!」

ほむら「なに?」

まどか「一緒に作ろうよ!ほむらいす!」

ほむら「ホムライス…そうね!」

まどか「じゃあ私たち二人で作るから、みんな待っててね」

さやか「わかったー」

まみ「楽しみね」

杏子「ほむらいす…?ご馳走かぁ…!」


782:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 11:37:37.43 ID:45mwv7r2O
まどか「ほむらちゃん!」

ほむら「どうしたの?」

まどか「ほむらちゃんが帰ってきてくれて…私、本当に嬉しいんだ」

ほむら「私も…またまどかと一緒にいることが出来て幸せよ…!」

まどか「ほむらちゃん…///」

ほむら「まどか…///」

まどか「ほむらちゃん…ずっと…ずっと私と一緒にいてくれる?」

ほむら「ええ!私はもう…ずっと江戸に、ここに…」

ほむら「まどかと一緒にいるわ…ずっと…ずっと…!」


784:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 11:40:41.47 ID:45mwv7r2O
まどか「ほむらちゃん…ありがとう///」ダキッ

ほむら「…まどか///」ギュッ

まどか「ねえ…ほむらちゃん…この前の続き、してもいいかな?///」

ほむら「続き?」

まどか「ほむらちゃん///」

ほむら「!?」

ほむら(まどかが目を…これは…あ、あの時の続き…!)

ほむら「まどか…い、いくわよ///」

まどか「うん///」

ほむら「まどか///」

まどか「ほむらちゃん///」

チュッ


785:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 11:42:03.82 ID:KZ2kYZX80
きたー!


786:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 11:47:34.10 ID:7xHtmh1u0
えんだああああああああああああああああああああああああああああ


788:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 12:00:55.02 ID:45mwv7r2O
ほむら「こうして改めて私の江戸時代での生活が始まった」

ほむら「現代の暁美ほむら、としてではなく、江戸のほむら、としてね」

ほむら「もう私は時間歩行の能力をなくした…現代には帰れない」

ほむら「だけど大丈夫…私には江戸に帰る家が、家族が」

ほむら「まどかがいるから!」

ほむら「私の江戸での話はここでおしまい」

ほむら「私たちのこれからの生活は歴史には記せなくても、私は絶対に忘れない」

ほむら「みんな、ありがとう!」

おわり

EDその一
江戸エンド


789:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 12:02:25.25 ID:45mwv7r2O
終わりかと思った?残念分岐EDでした!

ってことで今から試験会場に行ってきます
試験はさっさと終らせる
これは夕方までに終わらせるので保守お願いします


790:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 12:06:36.60 ID:Vj9cmLtb0
江戸エンド乙!
楽しみにしてるよ!


791:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 12:09:02.26 ID:NAihRena0
まさかのマルチED!
いってら
待ってるよー


795:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 12:29:31.03 ID:7xHtmh1u0
乙っちまどまど!
続きも待ってるよ


804:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 13:55:05.51 ID:45mwv7r2O
終わりました
保守ありがとうございます

再開します

>>781から


805:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 13:57:59.41 ID:45mwv7r2O
まどか「ほむらちゃん!」

ほむら「どうしたの?」

まどか「ほむらちゃんが帰ってきてくれて…私、本当に嬉しいんだ」

ほむら「私も…またまどかと一緒にいることが出来て幸せよ…!」

まどか「ほむらちゃん…///」

ほむら「まどか…///」

まどか「ほむらちゃん…ずっと…ずっと私と一緒にいてくれる?」

ほむら「それは…」

まどか「え…ほむらちゃん…?」


806:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 14:00:34.17 ID:45mwv7r2O
ほむら「…」

まどか「ほむらちゃん…?」

ほむら「まどか…後で話すから今はホムライスを作ろうよ」

まどか「え…う、うん…」

ほむら「…」

まどか「…」

ほむら「…まどか」
まどか「…ほむらちゃん」

ほむら「あっ…まどかから話して?」

まどか「あ…うん…えっとね」


808:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 14:05:12.79 ID:45mwv7r2O
まどか「ほ、ほむらいす!杏子ちゃん美味しいって言ってくれるかな?」

ほむら「…ええ、きっとそう言ってくれるわ!」

ほむら「私とまどかが作ったんだもん、絶対美味しいわよ」

まどか「そ…そうだよね!」

ほむら「ええ!」

まどか「…そうだよね」

まどか「…」

ほむら「…まどか」

まどか「…で、できたよ!」

ほむら「そ、そうね!」

まどか「な…なら持っていこうよ!」

ほむら「うん…!」


810:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 14:08:40.97 ID:45mwv7r2O
まどか「できたよ!」

さやか「待ってました!」

杏子「おっ!どんな食べ物なんだ?」

ほむら「これよ」

杏子「おぉ…旨そうだなぁ…!」

まみ「ほむらとまどか特製のほむらいすよ!」

杏子「へぇ…これがほむらいすかぁ…」

まみ「いただきましょうか?」

さやか「そうですね!」

まどか「うん、食べようよ、ほむらちゃん」

ほむら「…うん」

「いただきます!」


812:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 14:13:57.40 ID:45mwv7r2O
杏子「どれどれ…」パクッ

ほむら「どうかしら?」

まどか「杏子ちゃん、おいしい?」

杏子「…おいしい…すげぇ…こんな食べ物あったんだ…」

ほむら「ふふ、よかった」

杏子「うん…あったかくて…やさしい感じがするよ…こんなの食べたことない…」

さやか「まどかとほむらの愛情がこもってるからね!」

まみ「そうね!」

まどか「てぃひひ」

ほむら「愛情…えへへ」

杏子「うまいよ…うめぇ…」


813:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 14:19:22.37 ID:45mwv7r2O
まどか「そんなに食べてくれるなら、おかわり作っとけばよかったね」

ほむら「ふふっ、そうね」

さやか「あっ!ならさ、私の分少し食べていいよ!」

杏子「ほんとうか?ありがとう、さやか!」

さやか「じゃ杏子、ほら口あけて!」

杏子「えっ?」

さやか「ほら早く!」

杏子「ああ…こうか?」アーン


814:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 14:22:04.41 ID:45mwv7r2O
さやか「はい!あーん」

杏子「え…?///」

さやか「ほら!」

杏子「…ぱくっ///」

さやか「どう?さやかちゃんに食べさせてもらったら美味しさ倍増でしょ?」

杏子「…うん///」

さやか「よかったよかった!」

杏子「調子狂うよな…もう///」

さやか「誰か私にも食べさせてくれないかなー?」

杏子「あっ…」

まみ「なら私が食べさせてあげようか?」

さやか「まみさんが?やったー!」


815:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 14:24:11.80 ID:45mwv7r2O
杏子「まっ、まって!」

さやか「ん?」

杏子「く…くうかい?///」

さやか「…うんっ!」パクッ

さやか「うん、おいしい!」

杏子「そっか…そいつはよかった…///」

まどか「てぃひひ!杏子ちゃん赤くなっちゃって可愛い?」

ほむら「そうね」クスッ

杏子「う、うるせぇ///」

まみ「…私も食べさせてほしいな」


817:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 14:26:22.32 ID:45mwv7r2O
さやか「あっ、私が!」

まどか「私も!」

まみ「あら…ふふ、ありがとう、さやか、まどか」

ほむら「私もするわ」

杏子「わ、私も///」

まみ「ほむら…杏子…ありがとう」

さやか「流石みんなのまみさん!人気ですぬ!」

まみ「…てへへ」

まみ「てぃひひ!」


818:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 14:30:16.69 ID:45mwv7r2O
「ごちそうさまでした!」

さやか「いやーみんなで食べるとおいしいね!」

まみ「そうね!五人だと一人の時より五倍おいしくなるわ!」

杏子「ほんと…うまかったし…楽しかったよ…!」

まみ「これからは毎日みんなと一緒に食べれるわよ、杏子」

杏子「うん…!」

ほむら「…」

まどか「…ほむらちゃん」

さやか「ん?ほむらどうかしたの?」

ほむら「いえ…ちょっとね」


824:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 15:00:39.88 ID:45mwv7r2O
まみ「じゃあ私はおかたしてくるわね」

さやか「私も手伝いますよ!」

杏子「あ…私も…やろうかな…」

まみ「ひふ、なら二人とも、お願いするわ」

さやか「はい!」

杏子「…ああ!」

まみ「まどかとほむらは二人でお話しでもしといて?」

まどか「はい」

ほむら「ええ」


825:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 15:05:00.42 ID:45mwv7r2O
ほむら「…」

まどか「…ほむらちゃん」

ほむら「まどか…あなと二人っきりで話がしたいの」

まどか「…うん、いいよ」

ほむら「でも…ここだと…」

まどか「わかったよ…ねえ、ほむらちゃん、前に私が秘密の場所があるって言ったよね?」

ほむら「…うん」

まどか「あそこに行かない?」

ほむら「…うん!」

まどか「なら…今から行く?」

ほむら「…ええ」

まどか「…わかったよ」


827:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 15:08:13.04 ID:45mwv7r2O
まみ「あら?また二人で秘密事かしら?」

さやか「もう二人の愛は誰にも割けることはできないのねぇー」

杏子「へへ、羨ましいな」

ほむら「…」

まみ「ほむら?どうしたの?」

まどか「まみさん、私たち二人で行くところがあるんです」

さやか「二人で?」

杏子「何かすんの?」

ほむら「…」

まどか「うん、大切な…ことだから!」

まみ「そう、なら気をつけていってらっしゃい」

まどか「…はい!」


828:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 15:12:07.09 ID:45mwv7r2O
ほむら「…まみ、さやか、杏子」

まみ「なに?」

さやか「どしたの?」

杏子「ん?」

ほむら「私は…あなた達のこと、絶対に忘れないわ!」

まみ「え?私もほむらのことは忘れないわよ?」

さやか「忘れるわけないじゃん!」

杏子「何言ってるんだよ、当然じゃんか」

まどか「…」

ほむら「…みんな、ありがとう」


829:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 15:13:20.56 ID:45mwv7r2O
まみ「えっ…ほむら…泣いて…?」

ほむら「じゃあ、私は行ってくるから…さようなら!」

まどか「…行ってきます」

まみ「あっ…いってらっしゃい…」

さやか「ほむら、どうしたのかな?」

杏子「さあ…でもなんで、さようならなんだ…?」

まみ「…ほむら?」

さやか「?」


830:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 15:17:20.41 ID:45mwv7r2O
まどか「ほむらちゃん、ついたよ」

ほむら「…!わぁ…」

まどか「ここが、私たち二人の秘密の場所だよ!」

ほむら「夕日がきれい…」

まどか「そうでしょ?私が見つけた一番夕日が綺麗に見れるとこなんだ」

ほむら「きれい…」

まどか「それにね、ほら…あそこ見て?」

ほむら「あれは…蛍?」

まどか「そうだよ、ここにはたくさん蛍もいるんだ…」

まどか「てぃひひ…きれいだよね」

ほむら「うん…とっても…!」


832:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 15:21:17.31 ID:45mwv7r2O
まどか「…それで…話ってなしかな?」

ほむら「まどか…うん、話すね」

まどか「…うん」

ほむら「まどか、私ね…遠いところから来たって言ったよね?」

まどか「うん…遠い田舎だって…」

ほむら「うん、でもそれは…嘘なの」

まどか「うそ…?ほむらちゃんはそこから来たんじゃないの?」

ほむら「そう…私はね、ほんとは…未来から来たんだ」

まどか「みら…い…?」

ほむら「うん、遠い…未来から…」

まどか「そんな…」


833:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 15:26:22.27 ID:45mwv7r2O
ほむら「…そしてね、私…帰らないといけなくなったんだ」

まどか「…未来に?」

ほむら「うん…もう時間がないの」

まどか「ほむらちゃん…そんな…?やっと…やっとみんな仲良くできたのに…」

ほむら「ごめんね…最後に、まどかにだけはちゃんとお別れがしたくて…」

まどか「ほむらちゃん…嫌だよ…行かないでよ…!」

ほむら「私もほんとは…でもね、私にはまだやるべきことが…」

ほむら「大切な約束を守らないといけないの…だから…」

まどか「ほむらちゃん…!」ダキッ

ほむら「まどか…」ギュッ

まどか「嫌だよ…お別れなんて嫌だよ…!」


836:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 15:33:52.97 ID:45mwv7r2O
ほむら「まどか…私たちはたしかに…こうして会えることができなくなる…でもね…?」

まどか「ほむらちゃん…ほむらちゃん…っ!」

ほむら「私とまどかの思いでは…絶対になくならないから…絶対に忘れないから…大切な思いでだから…」

まどか「ほむらちゃん…うぅっ…」

ほむら「まどか…これをあなたに…!」

まどか「これは…?」

ほむら「私のカチューシャよ…これをまどかに使ってほしいの…これを私の代わりにしてほしいの」

ほむら「まどかは私にも紐をくれたよね?この紐がまどかの代わりになるのよ…だから私も…」

まどか「ほむらちゃん…うん、わかった…!」


837:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 15:36:46.32 ID:45mwv7r2O
ほむら「まどか…例えどんなに離れていても…離ればなれになっても…私たちはいつも一緒よ…!」

まどか「うん…私…ほむらちゃんのこと忘れないよ…絶対に…いつも一緒にいるから…約束だよ…!」

ほむら「うん約束…忘れないから、絶対に…!」

まどか「ほむらちゃん…!」

ほむら「まどか…目を閉じて?」

まどか「…うん」

ほむら「まどか…きっと…また私たちは会えるから…」

まどか「うん…!またきっと…会えるよね?」

ほむら「うん、だからその日までは…またね」

まどか「ほむらちゃん」

ほむら「まどか」

チュッ


838:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 15:40:04.36 ID:KZ2kYZX80
えんだああああああああああ


839:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 15:42:25.02 ID:5fyiT2Fo0
いやああああああああああ


844:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 16:01:52.84 ID:45mwv7r2O
まどか「…」

まどか「…ほむらちゃん?」

まどか「…帰っちゃったんだね」

まどか「ほむらちゃん…」

まどか「…わぁっ…きれい…!」

まどか「ほむらちゃん…私は忘れないよ…この綺麗な夕日を…蛍を…思い出を…」

まどか「ほむらちゃんのことを…」

まどか「また…会えるよね!」

まどか「ほむらちゃん…!」


848:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 16:08:29.78 ID:45mwv7r2O
病院

ほむら「…」パチッ

ほむら「いつもの…病院だ…」

ほむら「…まどか」

ほむら「これは…まどかがくれた…!」

ほむら「病院の名前が違う…仁友堂…?」

ほむら「夢じゃない…私は…私たちは…!」

ほむら「まどか…私、頑張るから!」

学校

「はい、今日は転校生を紹介します、暁美さん?」

ほむら「…」スタスタ

「かわいー 髪ながーい きれい ツインテールなんだ 」

「自己紹介、行ってみよう!」

ほむら「暁美ほむらです、よろしくお願いします」


849:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 16:10:11.27 ID:45mwv7r2O
ほむら(また…まどかとは一からやり直しね…)

まどか「ねえ、ほむらちゃん、ちょっと話があるんだけど、いいかな?」

ほむら「え…?ほむらちゃん…?」

まどか「てぃひひ…嫌だったかな?」

ほむら「いや…」

まどか「じゃあ、ほむらちゃん、ついてきて?」

ほむら「それで…話って何?」

まどか「ほむらちゃんは…ほむらいすが好き?」

ほむら「え…ホムライス…うん、好きよ…大切な思い出があるから…!」

まどか「そっか…よかった」ウェヒヒ
まどか「ほむらちゃん、また会えたね」


850:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 16:12:10.79 ID:45mwv7r2O
江戸

まどか「あれから…みんなはほむらちゃんの記憶をなくしちゃったみたいなんだ…」

まどか「でも…私は忘れないから…!」

さやか「そう言えば…今日、お隣に女の子が引っ越してくるんだって」

まみ「それも一人でね、仲良くしましょうね!」

杏子「まじかよ…ああ、仲良くしたいな、なぁまどか!」

まどか「うん、そうだね!」

ガラッ

「す、すみません…」

まみ「あら?もしかして挨拶しに来てくれたのかしら?」

まどか「…この声って…」


852:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 16:14:49.70 ID:45mwv7r2O
ほむら「今日からお隣に引っ越してきた…ほ、ほむらと言います…よ、よろしく…お願いします…」

まどか「…ほむらちゃん!」

ほむら「えっ?」

まどか「ほむらちゃん!」ダキッ

ほむら「えっ…あっ…えへへ///」

まどか「ほむらちゃん…!」

ほむら(なんだろう…この人とは会うのが初めてじゃない気がするよ)

ほむら「よ、よろしくね///」

まどか「うんっ!///」


856:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 16:19:34.56 ID:45mwv7r2O
まどか「ほむらちゃん、ほむらちゃん」

ほむら「どうしたの?」

まどか「ほむらちゃんは前世ってあると思う?」

ほむら「前世?」ホムッ

まどか「そう、私たちが生まれ変わる前」ウェヒヒ

ほむら「そうね…」

まどか「私ね、前世でほむらちゃんと会った気がするんだ」

ほむら「私と…?」

まどか「うんっ!」


857:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 16:20:52.70 ID:45mwv7r2O
まどか「だからね、ほむらちゃんを初めて見た時…な、なんて言うのかな」

ほむら「…」

まどか「う、運命…を感じたんだ///」

ほむら「運命…」

まどか「う、うん///」

ほむら「ふふっ」

まどか「や…やっぱり変かな?」

ほむら「いいえ」

ほむら「私も信じるわ…前世を、運命を…!」

まどか「…うん!」

ほむら「だってまどかと…再開できたんだもの!」

まどか「ほむらちゃんっ!」ダキッ

ほむら「まどかっ!」ギュゥッ


859:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 16:26:48.89 ID:45mwv7r2O
ほむら「そう私は…私たちは忘れない」

ほむら「あの時交わした約束を」

ほむら「私とまどかの思いは…どんなに離れていても…離れていても…」

ほむら「時を越えて」

ほむら「まどかと会えた」

ほむら「私たちの時を越えたお話はこれでおしまい」

ほむら「そしてこれからは…また新しいまどかとのお話の始まり」

ほむら「江戸のみんな…ありがとう!

ほむら「そして…これからも…」


おわり


860:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 16:28:08.19 ID:lZryjdP80

おもしろかった


861:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 16:28:26.52 ID:45mwv7r2O
このSSはこれでおしまいです

まさかこんなに長くなるとは思いませんでした
続けることができたのは支援してくれたみんなのおかげです

ありがとうございました!


863:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 16:29:56.85 ID:ye2iVO1C0
乙乙
面白かったよ

まどほむって素晴らしい


864:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 16:30:13.75 ID:KZ2kYZX80
乙乙乙!
マジで面白かった


867:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 16:31:28.03 ID:45mwv7r2O
猿とバイトさえなければもっとちゃんとできたのに…
それが心のこりです

質問なんですが、江戸といい、ほむかといい、俺のSSは長くなる傾向があるんだけど
それって見る側からしたらやっぱり良くない?


868:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 16:31:53.24 ID:NAihRena0
ブラボー・・・ブラボー!!!
どっちの終わり方も良かった
また次のも楽しみにしてます

まどほむ万歳
乙乙


869:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 16:31:58.35 ID:SYKLQ6iA0
そんなことはない
そういやほむかの奴ってまだ続くの?


871:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 16:33:25.54 ID:45mwv7r2O
ほむかは来週立てると思います


バイトと猿がくる時間だ…

とにかく、ありがとうございました


873:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 16:34:12.65 ID:1fx8ApUF0
すばらしい!おつですううううう!!!!!!!

長くなろうがあんたが書きたいならそれを全力で支援するだけだ!








ところで弟子はとってますか?


874:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 16:35:31.20 ID:45mwv7r2O
弟子?

よくわからんが、俺は初めてSS書いたの4週間前のSS初心者


875:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 16:35:40.08 ID:Y7x+2G+L0

どちらのエンドも良かった


877:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 16:38:28.59 ID:NAihRena0
長いのは長いので読み応えがあって良い
よって是非続けてくれ
夜なら自分が保守する


880:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 16:44:52.82 ID:45mwv7r2O
感想ありがとうございます

また長くなるだろうけど、スレ立てしますね

では


884:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/16(日) 17:06:18.16 ID:7xHtmh1u0
乙っちまどまど!





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「まどかマギカ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ