Powered By 画RSS


志保「変わらない私たち」【ミリマスSS】

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 23:13:01.04 ID:RN4hHSMIo
 薄暗い階段を登る。階下からは誰かの笑い声。怒っているのはきっと律子さん。

 その中で一際目立つ男性の声、これはプロデューサーだとすぐにわかる。

 そんな喧騒も一歩一歩上がるごとに遠のいて、代わりに歌声が聞こえてきた。

 ちょっとだけズレた音程、それはいつもと同じだけど、今日は少しだけ元気がない。

 階段を登りきった。このドアの先に彼女がいる。

 私は驚かせないように、そっとドアを開いた。




2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 23:14:24.49 ID:RN4hHSMIo
「輝いたステージに立てば~」

夜空の下、薄暗い屋上で可奈は歌っていた。

曲名は『自分REST@RT』。可奈は一人でいるときよく歌っている。

理由を聞いたら、一番好きだからって言ってたっけ。

「夢なら覚めないで、あっ! 志保ちゃん!」

 チラッと見えた暗い表情が、パッと笑顔に変わった。けど、やっぱりいつもの可奈じゃない。


3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 23:15:22.64 ID:RN4hHSMIo
「こんなところで歌ってると風邪引くわよ」

「今は夏だよ? 大丈夫大丈夫!」

「まったく……ねぇ、パーティーには行かなくていいの? 今日はあなたの誕生日だけど」

「うーん、ちょっと休憩! ダメ、かな……?」

「大丈夫じゃない? みんな好き勝手に遊んでるわ」

「そっか! なら、もう少しここにいるね」

 可奈は歌うのをやめて、手すりに捕まってぼんやりと空を見上げはじめた。


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 23:15:58.89 ID:RN4hHSMIo
「そう……じゃあ私もここにいるわ」

「えっ? 志保ちゃんは戻っててもいいよ?」

「私が、ここにいたいの」

 そう言うと、可奈はキョトンとしたあとすぐに笑顔になった。

「そっか……えへへ! じゃあ一緒にいよ!」

 二人で空を見上げる。ここじゃ満面の星、とはいかないけど、それでも星は輝いていた。


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 23:17:21.49 ID:RN4hHSMIo
「大空を飛ぶ鳥のように 翼を広げて羽ばたきたい」

 可奈がさっきの続きから歌いだす。

「可奈、音程」

「ええぇ!? んん、大空をーとーぶー鳥ーのー」

「とーぶー鳥ーのーよーうにー」

 私も一緒に歌いだす。可奈は私に合わせて、私はお手本になるよう思い出しながら。

「「夢だけでは 終わらせたくない」」


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 23:17:59.63 ID:RN4hHSMIo
「えへへ、志保ちゃんはやっぱり凄いね」

「私なんてまだまだよ。千早さんたちに比べれば全然」

「ううん、凄いよ……」

 パタパタと足を動かしながら、可奈は寂しそうに言った。

 私はなんて声をかけてあげればいいのか分からず、可奈を見つめることしかできなかった。


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 23:19:18.74 ID:RN4hHSMIo
「……この一年、いろんなことがいっぱいあったね」

 ポツリと可奈が呟く。

「そうね。ライブに、イベント。この前は、ついに全員でのライブも成功した」

「ハッピーパフォーマンス、楽しかったね。お客さんもみんなもキラキラしてた」

「サイリウムの明かりが星空みたいで、綺麗だったわね」

「うん! ずっと歌ってたかったな……」

「ええ。夢なら覚めないで、ってまさにこのことなのね」

 目を閉じて思い出す。待機しているときの緊張、お客さんの声援に勇気をもらって、歌い切った瞬間。

 誰もが笑顔になるあの瞬間は、最高としか言えない。


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 23:20:12.23 ID:RN4hHSMIo
「変わって……いくのかな……」

「えっ?」

「みんなと一緒にライブすることも少なくなって、バラバラにならないかな、って……」

 可奈は不安に声を震わせながら、ポツポツと話し始めてくれた。

「お仕事も増えてきてるし、みんなと一緒にいる時間もどんどん減ってきてる」

「何日も会わない日が続いたり、最近一人の時間がどんどん増えてて」

「なんだか……やだなぁ……」


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 23:21:32.72 ID:RN4hHSMIo
 それは、誰もが感じていることなのかもしれない。私も、少しだけ同じことを考えていた。

 でもそれが売れるということだ。忙しいのは喜ばしいことだ。

 それでも、可奈にとっては無視できないほどの大きな変化なんだ。

「きっと、仕方のないことなのよ」

「そう……だよね」

「でもね……今日はこうして、可奈のためにみんなが集まった」

「あっ……」

 下の窓から漏れる、みんなの笑い声。全員が可奈のために、今日集まったのだ。


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 23:22:55.96 ID:RN4hHSMIo
「環境が変化したって、会えない時間が増えたって、私たちは変わらないわ」

「私たちが変わらないかぎり、バラバラになんてならない。そう思うわ」

「うん……うん! きっと大丈夫だよね!」

「ふふ、一人で不安になるの、悪い癖じゃない?」

「そ、そんなことないよ! 矢吹可奈! 完全復活です!」

 そう言ってガッツポーズをする可奈。不安なんて綺麗さっぱり吹き飛んだようだ。


13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 23:24:17.06 ID:RN4hHSMIo
「まったく……可奈は何も気にせず歌ってればいいのよ」

「うんうん! みんなで歌えば怖くない~! いつも一緒で幸せに~! ほら、志保ちゃんも!」

「ええ!? えっと」

 即興の歌に合わせる。上手とは言えないけど、心が暖かくなる歌。

 可奈はそれでいい。純粋に歌を、アイドルを楽しむ可奈を放っておく人はいないだろう。

 私がそうなのだから、他の人だって同じだ。


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 23:25:03.57 ID:RN4hHSMIo
「あっ! さっきの続き、歌おう?」

「まだ歌うの?」

「ダメ? お願い!」

「……はいはい、わかったわよ」

「ほんとに!? やったー!」

「ほら、さっさと歌って戻るわよ」

「うんうん! それじゃいっくよー!」


15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 23:26:27.25 ID:RN4hHSMIo
 自分REST@RTを可奈が好きな理由、私にもなんとなく理解できる。


「「誰からも知られ愛される 存在になる道を選んで」」


「「苦労は絶えないけれども 後悔してない」」


 これは私たちアイドルのための歌だから。


「「毎日が楽しいから!」」


16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 23:29:07.23 ID:RN4hHSMIo
おわりです。可奈の誕生日になんとか間に合った……
急いで書いたので雑になってしまいすみません!かなしほが書きたかった!
それでは、読んでくださったみなさん本当にありがとうございました!


18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 23:35:45.50 ID:YApHzg4lo

可奈はかわいいなぁ


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1408371171/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ミリマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ