Powered By 画RSS


ゆっこ「きゃすとおふ!」 『Change!sta「くわがたー!!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:01:23.88 ID:3XLtGC/80
……………………

――――ワームだ! ワームの大群が攻めてきたぞ!


「……私が行ってくる」


――――くそっ、もうこんな所にまで!


「ゆっこは、ここに隠れてて」


――――奴らの狙いは資格者だ! 資格者を守れ!!


「……大丈夫、きっと帰ってくるから」


――――おいっ、返事をしろ! ……駄目だ、カブトの反応が途絶えた!


「麻衣ちゃん……麻衣ちゃん!!」


――――ガタックの資格者を発見した! 生きてるぞ!

……………………………




3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:02:18.91 ID:3XLtGC/80
2010年―― 群馬県のとある町から、突如謎の生命体が出現した。


彼らは人間そっくりに姿を変える能力、『擬態』を使って人間社会にもぐりこむと、恐るべきスピードで侵略を開始。


人々を次々に殺害し、姿を奪い、その記憶までもコピーして完全になり変わる。

残虐にして巧妙な手口を駆使する彼らに対し、政府は対抗組織、「ZECT」を設立。 彼らを「ワーム」と名付け、本格的な反撃を開始した。


しかし、「ワーム」には「擬態」の他にもう一つ、非常にやっかいな能力があった。

一定時間、周りの時を止めたかのように目にもとまらぬ速さで動く「クロックアップ」である。

「ZECT」はそれに対抗するため、同じ「クロックアップ」を使うことのできる「マスクドライダーシステム」を開発。

そのシステムの中枢、「ゼクター」を使って変身する「マスクドライダー」達に、人類の希望は託された。


そして現在――2011年。

いまだ結末の見えない戦いの中心地、初めてワームが出現した町でもある「時定町」に、一人の「マスクドライダー」がいた。



……思えば、彼女がその古い友人に再会した時から、全てが始まったのかもしれない。


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:03:00.09 ID:3XLtGC/80
時定町 居住エリア



タッ タッ タッ タッ タッ


玉村「はあっ、はあっ……」


タッ タッ タッ タッ タッ


玉村「た、助けて……誰か……!!」


タッ

???「…………待て」


玉村「うわっ!!……わ、私が、もう一人……?」

玉村?「…………」

玉村「ち、違う……ワームの、擬態……!!」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:03:44.70 ID:3XLtGC/80
玉村(擬態)「…………」スッ

玉村「ひっ……やだ……まだ、死にたくない!」


玉村「誰か……たすけて!!」


バン! バン! バン!


玉村(擬態)「!?」バッ!

玉村(擬態)「…………」ギロッ


玉村「だ、誰!?」

???「…………もう、大丈夫」

玉村「あなたは……?」



???「私は相生祐子……ゼクトの、仮面ライダーだ!」


6:OP 「NEXT LEVEL」:2011/10/19(水) 21:05:12.15 ID:3XLtGC/80
玉村(擬態)「………!」


ゆっこ「ふんふん、そっちが擬態か……さがってて!」


ゆっこ「こいっ! ガタックゼクター!」


ブイイイイイイイン!!

パシッ!


ゆっこ「全てのワームは私が倒す! ……へんしんっ!」カシャッ


『HENSHIN!』

ガシャッ キュイーン バシッ!


ガタックM「っしゃ!」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:05:33.90 ID:3O6ho0lg0
玉村さんはちゃんと日常みてないとわからんだろ


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:06:43.52 ID:3XLtGC/80
玉村「こ、これがマスクドライダー……?」


玉村(擬態)「………ゼクト!!」ズオオオ…


ガタックM「正体をあらわしたなー! ていやっ!」ドンッ ドンッ

ワーム「グアアッ……!!」シュンッ!

ガタックM「あ、あれっ? いなくっちゃった!?」

ガッ!!

ガタックM「うわあっ!!」

ガタックM「あいててて……いまの何!?」


ガラガラッ

???「何やってんだ相生!」

ガタックM「あ、高崎先生」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:07:34.80 ID:3XLtGC/80
高崎「今は先生じゃない!……それより、奴の攻撃はクロックアップだ! さっさとキャストオフしろっ!」

ガタックM「……ああ! そっか、なるほどなるほど」

高崎「……お前この仕事初めてもう半年だろうが! いい加減相手の特徴くらい覚えろ!」

ガタックM「あーはいはい……じゃあ行きますか!」カシャッ

キュインキュインキュインキュイン……



ガタックM「きゃすとおふ!」ガチャッ


バシュッ! ウィーン ガシャッ!

『Change! Sta「くわがたぁーっ!!」


10:>>7 まあチョイ役ですから:2011/10/19(水) 21:08:47.40 ID:3XLtGC/80
ガタックR「よーし! くろっくあっぷ!」パシッ!


『Clock up!』


シュンッ!



玉村「……く、くわがた?」

高崎「……スタッグビートルで良いって言ってるのに、あいつはもう……はぁ」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:09:58.67 ID:3XLtGC/80
シュイン シュイン シュイン

ガタックR「どこだー?……あっ!」

ワーム「!!……チッ」

ガタックR「見つけたっ! ……たすひくかりばーっ!」ジャキンッ

ワーム「ゼクト……!!」バシュッ! バシュッ!

ガタックR「おっと……うわっ何これ」ベトォ…

シュウウウウウウ…

ガタックR「コンクリートが溶けてる……!」

ワーム「……はっ!!」バシュシュッ!


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:11:22.63 ID:3XLtGC/80
ガタック「ま、避ければいっか」ヒョイッ


ワーム「!?」


ガタックR「ふふーん!伊達に半年もやってるわけじゃないっての!」

ガタックR「さてと……うららーっ!!」ブンッ!

ズバッ!!

ワーム「っ!」

ガタックR「ていっ! やっ! うらあっ!!」

ズバッ ザクッ ドスッ


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:12:56.85 ID:3XLtGC/80
ワーム「……っ! ぐはっ……」

ガタックR「そろそろかな? ……合体!」ガシーン

ワーム「……?」



ガタックR「らいだあぁぁっ!!! かってぃーんぐ!!」


『Rider cutting!』


ガシッ! バキバキバキッ!!


ワーム「ぐああああああっ!!!」


(爆発音)


『Clock over!』

ガタックR「ふうっ……よっしゃ!」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:14:38.67 ID:3XLtGC/80
高崎「……なんとか倒したようだな。 まったくひやひやさせるな毎度毎度……」

玉村「…………」

高崎「ああ、大丈夫ですか? ……申し遅れましたが、私は高崎学。 ゼクトの者です」

高崎「お怪我は、有りませんか?」

玉村「………いい」

高崎「は?」


玉村「ちょうど良い!!」ズオオオ……


高崎「なっ……こっちも擬態だと!?」

シュルルルルッ バシッ

高崎「ぐあああっ……」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:16:40.08 ID:3XLtGC/80
ゆっこ「高崎せんせーい、終わったよ……って、ワーム!?」

ワーム「……それ以上近づくな」グイッ

高崎「ぐっ……油断したな」

ゆっこ「たっ、高崎先生!!」

ワーム「……言うことを聞けば何もしない」

ゆっこ「くっ…………」

高崎「相生! 俺にかまうな! 早く変身しろっ!」

ワーム「……ベルトを外せ」

ゆっこ「うう……仕方が無いか」ガシャッ

高崎「相生! 何をやって……」

ドスッ!

高崎「ぐはっ……」ガクッ

ゆっこ「!! 何もしないって約束でしょ!」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:18:41.08 ID:3XLtGC/80
ワーム「安心しろ、殺してはいない」

ワーム「このまま言うことを聞けば、これ以上のことはしないさ」

ゆっこ「………本当?」

ワーム「ああ……こっちへ来い」

ゆっこ「…………」スッ


ワーム「……さようなら、マスクドライダー!!」バシュッ!


ゆっこ「………っ!!」



…………


「……クロックアップ」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:19:57.25 ID:3XLtGC/80
…………


ゆっこ「……あれ?」


ワーム「ぐっ、ああ……?」シュウウウ……

ゆっこ「えっ? ワームが……」

ワーム「何が、起こって……」


(爆発音)


ゆっこ「な、なんで……? みおちゃんは東京の方だし、一体誰が……」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:22:20.08 ID:3XLtGC/80
『Clock over』


ゆっこ「!!」バッ

ゆっこ「………え?」



???「……相変わらずだね」


ゆっこ「その声……それに……カブト、ゼクター」

ゆっこ「まさか……麻衣ちゃん?」


カブトR「…………」カシャッ

キュウウウウン……



麻衣「……ただいま、ゆっこ」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:23:45.27 ID:3XLtGC/80
東京


ザビーR「……ライダースティングっ!!」

『Rider sting!』


(爆発音)


ザビーR「……終わったか」

『Clock over』


カシャッ ブウウウウウン……

みお「ふう……これで全部、かな」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:24:59.82 ID:3XLtGC/80
みお「公務員ってのも楽じゃないなあ……ん?」


きみのきみのきもちしりーたいーよー♪


みお「あ、電話……人使い荒いんだからまったく」


かかかか かたおも ピッ


みお「もしもしー? 仕事なら今終わった所ですけどー」

みお「…………え? カブトって……」

みお「それってまさか……はい……はい、わかりました。 すぐ向かいます」

ピッ

みお「…………」



みお「麻衣ちゃんが、帰ってきた……?」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:26:07.16 ID:3XLtGC/80
時定町 ゼクト群馬支部 職員宿舎ロビー



みお「……ただいまー、ってうわっ!」

パーン! パーン! パパパパーン!

ゆっこ「みおちゃんおかえりーっ!」

みお「ちょっ……何の騒ぎよこれ!」

ゆっこ「いやね、それがね……えっへへへへ!!」

パーン! パーンパパパーン!

みお「うあっ、ちょっ、もうっ!! クラッカーやめ!」

ゆっこ「でへへ……メンゴメンゴ! ちょっと買いすぎちゃってさ!」パーン!

みお「やめっつってんだろ!……で? これは何のパーティーなの?」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:27:51.30 ID:3XLtGC/80
みお(……まあ予想は付くけどさ)

ゆっこ「えー? やだなーみおちゃんまだ知らないのー? 天下のザビーが情けないなー」

みお(うざっ)


ゆっこ「実はね、実はね! ……なんと! ずっと行方不明だった麻衣ちゃんが、帰ってきましたぁー!!」


みお「……うん」

ゆっこ「……はれっ? 反応薄いなー、もっと喜んでも良いんじゃないの?」

みお「いや、私が急いで帰って来たのはそれを聞いたからだし……」


みお「っていうか、そこに居るし」



麻衣「……おかえり」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:30:15.61 ID:3XLtGC/80
ゆっこ「あっ、麻衣ちゃん! もうっ、主役はゆっくりしてれば良いんだよ? わざわざ出てくること無いのに」

みお「どういう意味よそれ……」

麻衣「すこし、外の空気が吸いたくなっただけ」

ゆっこ「なんだ、そうなの? まあそりゃそうか」

みお「だからどういう意味よっ!……でも、本当に帰って来たんだね」

麻衣「……うん」

みお「何か月ぶりだっけ? ……もう半年くらいか。 どこで何してたわけ?」

麻衣「…………」

みお「ふぅ……ねえゆっこ、ちょっとあんたに話があるんだけど……」



みお「……ゆっこ?」

みお「………泣いてるの?」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:31:51.18 ID:3XLtGC/80
ゆっこ「へっ?……あっ、ごめん……グスッ」

ゆっこ「な、なんか安心しちゃって……本当に、帰って来たんだなって」

みお「ゆっこ……」

ゆっこ「だって、私……もう、帰ってこないと、思ってたから……嬉しくて」ポロポロ

麻衣「……心配かけて、ごめん」ギュッ

ゆっこ「いいよ……帰ってきてくれたんだから」

ゆっこ「………もう、居なくならないでね」

麻衣「………わかった」


みお「…………」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:32:53.47 ID:3XLtGC/80
時定町 ワーム隔離用エリア 立入禁止区域



みお「…………ふう」

みお「全くもう……ゆっこは馬鹿なんだから」

みお「…………」

みお「……来たか」



麻衣「……大事な話って、何?」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:34:01.63 ID:3XLtGC/80
みお「あー、話の前にさ……ゆっこは今、どうしてる?」

麻衣「疲れて寝てる」

みお「そう……じゃあ、単刀直入に言うね」


みお「あんた……本当に麻衣ちゃんなの?」


麻衣「…………」


みお「………まだ私たちがライダーに成りたてだったころ、本部にワームの大群が現れた」

みお「ゼクターは装着者を選ぶんだっけ? どんな基準か知らないけど、ただの高校生が戦場に駆り出されるくらいには厳しいみたいだね」

みお「だから、奴らは私たちを襲った。 ……特に、一番優秀だった麻衣ちゃんを重点的に狙ってた」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:36:04.24 ID:3XLtGC/80
みお「あの時のこと……ゆっこはどうか知らないけど、私は良く覚えてる」

みお「麻衣ちゃんは、クロックアップしても意味が無いように拘束されて……バイクで引きずられていったんだよ」

みお「ゆっこは絶対に認めようとしなかったけど……私は、確実に死んだと思ってた」

麻衣「………でも、生きてるよ」



みお「……麻衣ちゃんに擬態した、ワームが?」



麻衣「…………」

みお「あの馬鹿は知らされて無いんでしょうけど……本部は、あんたを擬態だと疑ってる」

みお「だから私は……必要があればカブトを殺せ、って命令を受けたの」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:37:30.22 ID:3XLtGC/80
麻衣「それ、言っていいの?」

みお「……駄目だよ、もちろん。 本当は、ゆっこの目を覚まさせて、一緒に倒すつもりだった」

みお「でも……無理だよ」

みお「あんなに喜んでるゆっこに、そんなこと言うなんて……出来ない」


みお「……だから……っ!」

ブウウウウウウン パシッ!

みお「変身!」カシャッ

『HENSHIN!』

キュイイイイイン! バシュン!


ザビーM「……だから、本当のことを言って」チャキッ


ザビーM「あんた、本物の麻衣ちゃんなの?」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:38:56.88 ID:3XLtGC/80
麻衣「……それは愚問」

麻衣「質問で、記憶を引き継いでいる擬態と本人を見分けることは出来ない」


ブウウウウウウウン


麻衣「それに、ザビーゼクターを使っても私には勝てない」パシッ


ザビーM「……やっぱり、こうなるんだね」


麻衣「………変身」カシャッ

『HENSHIN!』

キュイイイイイイン! バシュッ!


カブトM「…………」

ザビーM「変身したってことは、敵とみなしていいわけ?」

カブトM「……出来れば、戦いたくない」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:40:45.48 ID:3XLtGC/80
ザビーM「……何言ってんのよ、いまさらお友達のつもり?」

カブトM「そうじゃない」

カブトM「……なるべく、ゆっこを悲しませたくないから」

ザビーM「……っ!!」ギリッ


ザビーM「だったら……帰ってくるなぁっ!」カシャッ

『Cast off!』


カブトM「……キャストオフ」ガチャッ

『Cast off』


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:41:59.56 ID:3XLtGC/80
ガシュウン キュイイイイイイイイン!! バシッ!


『Change! Wasp!』
『Change! Beetle!』


ザビー・カブト「「クロックアップ!」」パシッ!


『『Clock up!』』



ザビーR「うああああああっ!!」

カブトR「…………!!」


ガキィン!!

…………………………………


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:43:31.98 ID:3XLtGC/80
…………………………………


ゼクト本部最上階 東雲研究室



???「ふんふんふーん♪……ふんふんふーん♪……」


コンコン

メイド「……どうぞ」

ガチャ

邑楽「……失礼します」

???「なにー?」

邑楽「報告いたします……ザビーとカブトが戦闘を始めました」

???「ふーん……あっそう」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:45:39.00 ID:3XLtGC/80
邑楽「……よろしいのですか?」

???「べつにー? ザビーだったらいいや」

???「……カブトムシに勝てるのはクワガタムシだけだもん」

???「ガタックだけ残ってればいいよ」

邑楽「……それでは、このまま放置、ということで」

???「うん、そうして」

邑楽「はっ……それでは、私はこれで」

ガチャッ キィ…

???「じゃーねー」

バタン


メイド「……はかせ、本当に良いんですか?」


メイド「ザビーの装着者……死ぬかもしれませんよ」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:47:05.99 ID:3XLtGC/80
はかせ「うん……まだ大丈夫」

はかせ「ガタックとカブトだけあればなんとかなるもん」


メイド「……そうですか」


はかせ「……それよりー、今晩はオムライスが良いんだけど!」


メイド「……はい、かしこまりました」

…………………………………


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:49:00.04 ID:3XLtGC/80
…………………………………

ゼクト群馬支部 職員用宿舎



キリキリキリキリキリ…


キリキリキリキリキリ…


ゆっこ「ん……ふわあ……」

ゆっこ「……麻衣ちゃん?」

麻衣「……ごめん、起こしちゃった?」

ゆっこ「ううん、いいよ……何してるの?」

麻衣「……時計。 止まったままだった」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:50:37.54 ID:3XLtGC/80
ゆっこ「え?……ああ、その時計か。 ……古いよね」

ゆっこ「ネジが無かったからそのままにしてたんだけど……麻衣ちゃんが持ってたんだ」

麻衣「…………」

ゆっこ「……どうかしたの?」

麻衣「……これ、ゆっこが持ってて」チャリン

ゆっこ「な、なんで?」

麻衣「今度から……ゆっこが回して」

ゆっこ「……? いいけど」パシッ

麻衣「…………」


麻衣「……ゆっこ」ギュッ


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:52:02.33 ID:3XLtGC/80
ゆっこ「ひゃっ!?……麻衣ちゃん?」

麻衣「…………」ギュウウウ…

ゆっこ「く、苦しいよ……どうしたの?」

麻衣「……ゆっこ」

ゆっこ「うん、なに?」

麻衣「もし、私が……」

ゆっこ「麻衣ちゃんが?」

麻衣「…………」

麻衣「……なんでもない」

ゆっこ「そうなの?……ま、いっか」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:54:12.67 ID:3XLtGC/80
麻衣「…………」

麻衣「……今夜は、ここで寝ても良い?」

ゆっこ「へっ?」


ゆっこ「……うん、いいよ」


…………………


……その夜、ザビーゼクターの資格者、長野原みおの消息が途絶えた。

ゼクトはこれに対して、「緊急の任務に出た」とだけ発表し、行方不明になったことを明らかにはしなかった。



当然、ガタックゼクターの資格者、相生祐子も、それを疑うことは無かった。


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:55:23.04 ID:3XLtGC/80
一週間後 東京



ブロロロロロロロロ…


ゆっこ「高崎先生ー、まだ合流できないんですか?」

高崎「……もう少しだ」

ゆっこ「さっきからそればっかりじゃないですか……」

高崎「仕方がないだろう、普段は別チームとの共同作戦なんて行わないんだからな」

高崎「お互い、慣れない作業ということだ」

ゆっこ「ふーん……」


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:56:37.78 ID:3XLtGC/80
ゆっこ「……そういえば、なんで合流するんですか? ワームの駆除だったら、別に私たちだけで平気じゃないですか」

ゆっこ「ほらっ、麻衣ちゃんも居るんだし!」

麻衣「…………」

高崎「それは俺も知らん。 ただ、サソードゼクターの資格者も相当なベテランだからな……どんなワームが出ても驚くなよ」

ゆっこ「むう……合流する前に襲われたらやだな」

麻衣「ゆっこ」

ゆっこ「え? 何?」


麻衣「……もう来てる」


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:57:07.31 ID:3XLtGC/80
ガシャーン!

高崎「なっ……!!」

キキィー…

ウェボシー「…………」

ウェボシー「うーん……カブトとガタックか」

ウェボシー「はっ、楽しめそうじゃん?」ズオオオオオ


ゆっこ「くっ……麻衣ちゃん!いくよ!」ガラガラッ スタッ

麻衣「…………」スタッ


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 21:58:48.79 ID:3XLtGC/80
ブウウウウウウン!

パシッ! パシッ!

ゆっこ「へんしんっ!」カシャッ

麻衣「……変身」カシャッ

ガシャッ キュイーン バシッ!


ウカワーム(ウェボシー)「おっと、二対一は卑怯だろ?……出てこい!」バッ!


サナギ「……!」ゾロゾロ


ガタックM「うわっ……すごい量」


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:00:49.44 ID:3XLtGC/80
カブトM「……ゆっこ、まずはサナギを片づけよう」

ガタックM「オッケ! うららーっ!」ドン! ドン!

サナギ「!?」


(爆発音)


カブトM「……アバランチブレイク」ズバッ!

サナギ「……!!」


(爆発音)


サナギ「……! ……!!」ゾロゾロ

ガタックM「ああもう……キリが無い!」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:02:38.19 ID:3XLtGC/80
シュンッ!


ウカワーム「……私を忘れるなよ!」ガッ!

ガタックM「いたっ!」

ウカ「ははっ……追いつけるかぁ?」シュンッ!

ガタックM「……むーっ! こっちだって!」

ガタックM「きゃすとおふ!」ガシャン

『Cast off!』

キュイイイイイン バシュッ!


『Change! sta「くわがたぁー!!」


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:04:15.34 ID:3XLtGC/80
ガタックR「くろっくあっぷ!」パシッ

『Clock up!』


ガタックR「うらあっ!!」ダッ

ウカワーム「へへっ……そらっ、来いよ!」シュンッ



カブトM「……ゆっこ!」

カブトM「……キャストオフ」ガシャン

『Cast off!』

『Change! Beetle!』


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:04:52.55 ID:3XLtGC/80
カブトR「クロック……!?」


ガシッ!


カッシスワーム「ふぇ~っ! 邪魔しないでよ~」

カッシス「ここは通さないんだからね!」

カブトR「…………!!」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:05:54.29 ID:3XLtGC/80
………………………


みさと「……発見したわ!」

みさと「もう戦闘に入ってる……助けなきゃ!」

みさと「笹原っ! 戦闘準備!」

笹原「…………」

みさと「……笹原?」

笹原「スー……スー……」


(銃声)


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:07:24.05 ID:3XLtGC/80
みさと「何寝てんのよ! さっさと助けに行きなさい!」

笹原「……心配することは無い、立花みさと」ダラダラ


笹原「彼らはまだ、死なない」キュッ キュッ


みさと「……どういうこと?」

笹原「…………」


笹原「私たちが過ごしてる日々は、実は奇跡の連続かもしれん。 ……そういうことだ」



(爆撃音)


みさと「何かっこつけてんの!? いいからさっさと行きなさいよ!」


笹原「…………」シュウウウウ…


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:08:49.16 ID:3XLtGC/80
………………………………


ガタックR「たすひくかりばぁーっ!! うららー!」ジャキン!

ウカ「おっと、……パンクしてんじゃん!」ヒョイッ ガッ!

ガタックR「うなっ!!」ポーン ゴロゴロ…



カブトR「ゆっこ! ……どいて」

カッシス「それはできないなぁ~ ウェボシーに足止めしろって言われたし」

カッシス「一応ウェボシー上司だからね」

カッシス「言うこと聞かないと怒られるし……」


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:10:04.57 ID:3XLtGC/80
カブトR「…………」

『1!』 『2!』 『3!』

カシャッ


カッシス「……ふぇ?」


カブトR「……ライダーキック」ガシャン

バチバチバチバチッ

『Rider Kick!』


カッシス「ふぇ? ふぇ? ……いきなり!?」

カッシス「ふぇー!! ひどいー!!」


(爆発音)


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:12:05.99 ID:3XLtGC/80
カブトR「…………」


カッシス「……っと、危なかった~」


カブトR「……っ!?」

カッシス「クロックアップ使ってサナギを盾にしなきゃ死んでたよ……」


カッシス「そこらにいたサナギさんに、感謝ぁ☆」


カブトR「………チッ」


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:13:22.40 ID:3XLtGC/80
カッシス「じゃあ、そろそろ反撃始めちゃおうかな~!」ブンッ

カブトR「くっ……!」


ガキン!


カブトR「……?」

カッシス「……ふぇっ?」



笹原「……貴様、立花みさとの友人……の擬態か」



カッシス「なっ! 笹原くん!? ってことは……」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:14:33.09 ID:3XLtGC/80
ノソノソノソ……ピョンッ


笹原「……会わせるわけには、いかないな」パシッ

笹原「変身!」ガシャッ


『HENSHIN!』

ガシャッ キュイーン バシッ!


カッシス「さ、サソードゼクターの……資格者!」


サソードM「……貴様にはここで死んでもらおうか」ガチッ

『Cast off!』

『Change! Scorpion!』


サソードR「…………」ブンッ


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:15:26.62 ID:3XLtGC/80
カッシス「わわっ……ひゃあっ!」シュンッ!

サソードR「逃がさん」パシッ


『Clock up』


タッ タッ タッ タッ タッ

カッシス「ふぇ~っ!! こんなの聞いて無いよ~!!」

サソードR「…………」

カッシス「……ってうわっ! 追いかけてきてる~!」


サソードR「ライダー、スラッシュ」ガシャン


『Rider Slash!』

ビシャッ…


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:16:08.32 ID:3XLtGC/80
カッシス「びしゃっ!? 何の音!? ……うわああああん!!」

カッシス「ウェボシ~! 助けてぇ~!」


サソードR「はあっ!!」

カッシス「ふぇえええええええっ!!」



(爆発音)



サソードR「ふっ……またつまらぬモノを切ってしまった」


カブトR「…………」


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:17:40.06 ID:3XLtGC/80
…………………


キュウウウウウン…


ゆっこ「はあっ、はあっ……変身が……!」


ウカ「……なーんだ、もう終わり? 早いなー」

ウカ「ま、それじゃあ上の命令通り……ゼクターを壊させてもらうよ」ザッ

ゆっこ「くっ……!」



『Rider Kick!』


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:18:52.96 ID:3XLtGC/80
ウカ「!?」バッ

ドガッ!

ウカ「ぐあっ!!」ズオオオオ…

ウェボシー「くっ……」

ウェボシー「……カブト! 追いついてきたかっ!!」

カブトR「…………」シュウウウ

ゆっこ「麻衣ちゃん!?」

ザッ

ウェボシー「!?」

サソードR「ウカワーム……ほう、貴様も立花みさとの友人の姿を借りるか」

サソードR「ならば……これまでの縁だな」チャキッ


ウェボシー「サソード!?」


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:20:40.12 ID:3XLtGC/80
ウェボシー「ってことは足止めのカッシスは……やられたな」


カブトR「…………」チャキッ

サソードR「…………」ブンッ


ウェボシー「……ちぇっ、今日は帰るか!」シュンッ!


サソードR「!? 待てっ!!」

サナギ「………!!」ゾロゾロ

サソードR「くっ……追いかけるのは不可能か」

カブトR「数が多い……」



サソードR「む……こちらも退却とするか」


…………………………………


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:22:13.22 ID:3XLtGC/80
ウェボシー「ふう……なんとかまけたか」

ウェボシー「まさかサソードまで来るなんて……」

ウェボシー「あの人の情報にも、間違いはあるってことなのかな?」

ウェボシー「…………」


ウェボシー「しかし……不測の事態に対応しきれずに死ぬなんて」



ウェボシー「ふぇっちゃんっぽいなあ……」



…………………………………………


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:22:57.80 ID:3XLtGC/80
笹原チームのワゴン近辺



みさと「ささはらぁっ! ……あんた一匹取り逃がしたんですって!?」


笹原「……まあ、そういうこともあるだろう」ズズー

みさと「あるだろう、じゃないわよ!」バンッ!

みさと「あいつらは幹部クラスなのよ!? 取り逃がしたらどうなるか……!!」

笹原「そうカリカリするな、立花みさと」

笹原「……後輩たちがおびえているぞ」

みさと「えっ? あ……」

ゆっこ「す、すいませんでした……」ブルブル

みさと「あ、ああ……ごめんごめん、ちょっと言い過ぎたわ」

麻衣「…………」ギロッ


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:23:39.18 ID:3XLtGC/80
高崎「…………ゴホン」

高崎「……とりあえず、俺たちが合流したのは奴らを倒すため、ということでいいのか?」

高崎「強力な幹部級ワームなら、わざわざ戦力を集中させるのも納得がいくが」

笹原「……それもあるだろうな。 しかし、それだけではない」

みさと「ちょっと笹原! 敬語くらい使いなさいよ!」

高崎「いや、それはいいんだが……それだけではない、とはどういうことだ?」

みさと「……多分、ゼクトも気を使ってるんだと思います」


みさと「……この前、安中さんが行方不明になったから」


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:25:09.50 ID:3XLtGC/80
高崎「なっ……」

ゆっこ「えっ!? 嘘……安中さんが!?」

麻衣「…………」

みさと「へっ? 知らないんですか?」

みさと「出張任務中に大量のワームに襲われて、そのまま……」

ゆっこ「えっ、でも……安中さんって、あの、トンボの人ですよね?」

高崎「ドレイクだ」

ゆっこ「……その、ドレイクって、結構強いんじゃ……」


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:26:40.54 ID:3XLtGC/80
ゆっこ「なんか、なんとかって兵器を扱うのが上手くて!」

ゆっこ「えーっと、ゼクト……ゼクト……」

麻衣「……ゼクトマイザー?」

ゆっこ「そうそう、それそれ!」


みさと「……そうね、確かに安中さんはベテランだったわ」

みさと「でも行方不明になったことは、確かよ」

笹原「逆に言えば、ドレイクを襲ったワームの中に、彼女でも対応しきれないほどの戦力があったというわけだな」

笹原「それがさっきの二体だとは思えないが……」

みさと「……つまり、ゼクトはその謎の敵に、これ以上ライダーを奪われることを心配してるのよ」

ゆっこ「なるほど……」


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:27:32.89 ID:3XLtGC/80
笹原「……そして、これだけのゼクターを集めておけば、その敵をおびき寄せ、逆に仕留めることが出来るかもしれん」

笹原「そういう作戦でもあるな、これは」

ゆっこ「じゃ、じゃあ……もっと強いのが来るかもしれない、ってことですか?」

笹原「そういうことだ。 ……だが、こちらもただ待っているというわけではない」

笹原「出来る限りワームを減らし、その襲撃者に備えなければな」


笹原「……とりあえず今は、あのワームを倒すことに専念しようではないか、ガタックの資格者よ」


ゆっこ「は、はいっ!」

麻衣「…………」


(銃声)


みさと「何あんたが仕切ってんのよ! ばっかじゃないの!?」


笹原「…………」ダラダラ


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:28:26.96 ID:3XLtGC/80
夜 高崎チームのワゴン近辺



ガラガラガラッ

麻衣「ゆっこ、起きてる?」

ゆっこ「え? うん……どうしたの?」

麻衣「少し、話があるから……来て」

ゆっこ「うん……?」


……………………………………………………


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:29:37.70 ID:3XLtGC/80
ゆっこ「それで、話ってなに?」

麻衣「…………」

麻衣「……今日、危なかったね」

麻衣「私が助けに行かなかったら、どうなってたかな」

ゆっこ「うっ……ごめん」

麻衣「……ゆっこは、ワームの擬態を見ると明らかに弱くなる」

ゆっこ「そ、そうかな……」

麻衣「やさしいのもいいけど、そのままでいたらゆっこが死ぬことになるよ」

ゆっこ「………はい」


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:30:49.91 ID:3XLtGC/80
麻衣「…………」

麻衣「ゆっこ」ギュッ

ゆっこ「わっ……麻衣ちゃん?」

麻衣「……約束して」

ゆっこ「う、うん」

麻衣「相手がどんな擬態をしていても、もう絶対に手加減しないで」

ゆっこ「……わかったよ」

麻衣「それと」



麻衣「……死なないで」ギュウウ


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:32:00.24 ID:3XLtGC/80
ゆっこ「………っ」

ゆっこ「……麻衣ちゃん、最近なんかおかしいよ?」

ゆっこ「何か、あったの?」

麻衣「…………」スッ

麻衣「……もう寝よう」

ゆっこ「麻衣ちゃん………」


ゆっこ「……泣いてるの?」


麻衣「…………」スタスタ



ゆっこ「…………」


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:33:21.64 ID:3XLtGC/80
翌朝 ワーム隔離用エリア 立入禁止区域深部



ウェボシー「……ライダーたちはあの車か」

ウェボシー「サソードが居ても、それがわかってるなら対処のしようはあるもんね」パチン


サナギ「……!!」ゾロゾロ


ウェボシー「こっちは数がある……うん、なんとかなるね」

ウェボシー「……これで一気に三体仕留められれば、あの人も喜ぶかなー」

ウェボシー「…………」



ウェボシー「……ま、なにはともあれ」



ウェボシー「ロックンロールの始まりだ!」ズオオオオオ


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:34:52.26 ID:3XLtGC/80
笹原チームのワゴン近辺



サナギ「……っ!!」ゾロゾロ


笹原「来たか……変身!」ガチャッ


キュウウウウウン バシッ!

『HENSHIN!』

サソードM「……はあっ!」ズバッ!

サナギ「!?」

(爆発音)


サソードM「……次」


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:36:27.84 ID:3XLtGC/80
高崎チームワゴン近辺


ガタックM「うららーっ!!」ドンッ ドンッ

サナギ「……っ!!」

(爆発音)


カブトM「……アバランチシュート」ズドンッ!


(爆発音)


ガタックM「ふう……結構減ってきたね」

カブトM「…………」

ガタックM「? どうしたの麻衣ちゃん」


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:38:26.36 ID:3XLtGC/80
カブトM「……さっきから、向こうのチームと連絡がつかない」

カブトM「向こうも襲撃を受けている可能性が高い」

ガタックM「!! それなら、早く助けにいかなきゃ!」

カブトM「……ここを任せても良い?」

ガタックM「おうよ! これくらいなら、私一人でもなんとかなるって!」


カブトM「……死なないでね」


ガタックM「うん! ……絶対、麻衣ちゃんを置いて死んだりなんてしないから!」


カブトM「………じゃあ、行ってくる」カシャッ


『Cast off』


カブトR「……本当に、気を付けてね」


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:39:58.74 ID:3XLtGC/80
ガタックM「オッケ! いってらっしゃい!」

カブトR「…………」パシッ


『Clock up』


シュンッ!


ガタックM「……行っちゃった」



ウカ「………そうみたいだね?」



ガタックM「…………っ!!」バッ


…………………………………………


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:41:34.99 ID:3XLtGC/80
…………………………………………


サソードR「……ライダースラッシュ」ガチッ

『Rider Slash!』

ビシャアッ…


サソードR「はあっ!!」ズバッ!


(爆発音)


サソードR「ふっ……今ので最後か」


ザッ


サソードR「……ん?」


ブウウウウウウウウン……


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:42:35.81 ID:3XLtGC/80
サソードR「……そうか、もうそんな時間だったか」


パシッ


サソードR「覚悟は出来ている。 ……後ろの車両には立花みさとが控えているのでな」


『HENSHIN!』


サソードR「簡単に負けるわけにはいかない」ジャキッ


『Cast off』


サソードR「さあ、来い!」チャキッ


「……………」



『Change Beetle!』


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:44:07.75 ID:3XLtGC/80
………………………………………………


ガッ!

ガタックR「うわああっ!!」


ウカ「へっへー、分断は上手くいった感じかな?」

ガタックR「うう……」

ウカ「一番弱いのから取りかかれるなんて、なかなかラッキーだった、なっ!!」ブンッ!

ガタックR「ぐっ……!!」ドサッ

ウカ「あははっ! じゃあ、そろそろ終わりにするか」

ガタックR「…………」


ウカ「……死ねっ!!」


ドガッ!!


91:ED1 「FULL FORCE」:2011/10/19(水) 22:46:02.91 ID:3XLtGC/80
ウカ「ふう……まずは一匹っと」


ギリッ……


ウカ「……え?」


ギリリッ……グググググッ


ウカ「なっ……」


グググググググッ!!



ガタックM「……そう簡単に死ねるかぁ!!」


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:47:15.26 ID:3XLtGC/80
ウカ「!? どうして……」

ウカ「……そうか、装甲をプットオンして……!!」


ガタックM「うらあああっ!!!」ガシャッ


『Cast off!』

キュイイイン…

ウカ「あっ、マズ……」


バシュッ!!


ウカ「ぎゃああっ!!」ドガッ


ガタックR「はあっ、はあっ……」ユラッ…

ガタックR「これは麻衣ちゃんとの、約束なんだからっ……!」ザッ!


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:49:11.32 ID:3XLtGC/80
ガタックR「こんな私でも、守ってくれる!」

ガタックR「こんな私のために泣いてくれる!」


ガタックR「麻衣ちゃんのために、死ねない!!」



『Change! sta「くわがたあああああっ!!!!!」



ウカ「くっ……なんだそりゃ!? くわがた!?」


ガタックR「うららあーっ!!」ダッ!


『1!』 『2!』 『3!』


95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:50:25.24 ID:3XLtGC/80
ガシャンッ!

『Rider Kick!』

バチバチバチバチッ!!

ガタックR「らいだあああっ!!! きいいいっく!!!」



ウカ「くっそ……パンク、してんじゃん?」


(爆発音)



キュウウウウン… ブウウウウウウン


ゆっこ「はあっ、はあっ……」


ゆっこ「……しゃあっ!!」グッ


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:52:12.71 ID:3XLtGC/80
…………………………………

ブロロロロロロロ…

ゆっこ「麻衣ちゃんと笹原先輩、大丈夫かな…」

ゆっこ「まあ、あの二人が居れば平気か」



ゆっこ「……でも、なんかやな予感がするんだよなあ……」



ブウウウウン! ブロロロロロロ…

………………………………


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:54:16.48 ID:3XLtGC/80
……………………………………


???「…………」ザッ


サソードR「くっ……」チャキッ


『1!』


サソードR「はああっ!!」ダッ


『2!』


???「…………」ヒョイッ

サソードR「なっ……」


『3!』


???「……ダークライダーキック」


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:55:01.17 ID:3XLtGC/80
『Rider Kick』


(爆発音)


サソードR「ぐああああっ!!」


キュウウン……ノソノソ


笹原「くっ……はっ……」


???「サソードゼクター……」ガシッ

???「これで、三つ目」バキバキバキッ!!


笹原「……黒いカブト、ダークカブトか」

笹原「本当に……見上げたものだ。 この私が何度挑んでも、勝てないとはな……」


99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:57:38.31 ID:3XLtGC/80
DカブトR「…………?」ガシッ

笹原「ぐあっ……!」

DカブトR「……何を知っている?」

笹原「……私を、誰だと思っている」

笹原「知らないこと、など、……無い」


DカブトR「……なら、ここで処分する」ググッ…


笹原「ぐうっ……」



ガシイイン!!

DカブトR「……?」


『Rider cutting!』


100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 22:59:21.73 ID:3XLtGC/80
ガタックR「うららーっ!!!」ブンッ!



DカブトR「!?」パッ

笹原「ぐっ……」ドサッ


スカッ


ガタックR「っと! ……お前があの、戦力ってやつだなー!」

DカブトR「…………」

ガタックR「好き勝手するのもここまでだぁ! カブトの偽物め!」ジャキンッ


DカブトR「……偽物、か」


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:01:45.75 ID:3XLtGC/80
ガタックR「……え? その声……」


DカブトR「…………」カシャッ


キュイイイイイン… ブウウウウウン



ガタックR「……え? 嘘」



ガタックR「……麻衣ちゃん?」



麻衣「……ゆっこ」


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:03:14.25 ID:3XLtGC/80
ガタックR「え? いや、どういうこと? ……麻衣ちゃん、これ」


シュンッ!


ドガッ!!


麻衣「約束、もうわすれたの?」


ガタックR「くっ、はっ……麻衣、ちゃん……?」


麻衣「……どんな敵が相手でも、手加減しない」ズオオオオオオ



グリラスワーム「そう、約束したよね?」


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:05:09.24 ID:3XLtGC/80
ガタックR「……え? ワー ……ム?」


グリラス「…………」シュンッ!


ドガッ ガッ ガッ ガッ


ガタックR「うわああああああっ!!」


キュウウウウン…… ブウウウウウン


ゆっこ「…………」


グリラス「……ガタックゼクター」ガシッ


ブ…ブブ ブ ジタバタジタバタ


104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:06:34.90 ID:3XLtGC/80
ゆっこ「……麻衣、ちゃん」


ミシッ


ゆっこ「嘘、だよね……?」


バキバキバキッ


グリラス「……これで四つ目」ズオオオオオ


106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:07:48.92 ID:3XLtGC/80
ゆっこ「……四つ目?」


麻衣「そう。 ザビー、ドレイク、サソード、ガタックで四つ」

ゆっこ「ザ、ザビーって……」

ゆっこ「もしかして、みおちゃんも……」

麻衣「……私が倒した」

ゆっこ「……じゃあ、あの時から? それとも……」


ゆっこ「この前、帰って来た時からずっと……擬態だったの?」



麻衣「そうだよ」



ゆっこ「…………!!」


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:09:53.70 ID:3XLtGC/80
麻衣「……何をしてるの?」

ゆっこ「…………」

麻衣「戦わないの? 逃げないの?」

麻衣「……約束を破るの?」

ゆっこ「……はっ、はは……」

ゆっこ「だ、だって……麻衣ちゃん、が、擬態されてるって、ことは」


ゆっこ「もう……麻衣ちゃんは、死んじゃったって、ことでしょ?」


麻衣「…………」

麻衣「……ガタックゼクターは破壊した」


110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:11:49.22 ID:3XLtGC/80
麻衣「戦わないのなら、殺す必要もないね」

ゆっこ「…………」

麻衣「さようなら、ゆっこ」ザッ

ゆっこ「…………」


麻衣「……もし、まだ戦う気があるのなら……」


ゆっこ「………え?」




麻衣「ゼクト本部、最上階まで来て。 そこに……全ての元凶が居る」


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:13:30.50 ID:3XLtGC/80
ゆっこ「……麻衣、ちゃん?」


麻衣「……クロックアップ」

ゆっこ「麻衣ちゃん! 待って……」

シュンッ!

ゆっこ「…………」


ゆっこ「もう、わかんないよ……」


ゆっこ「私……どうすればいいの?」


119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:20:51.98 ID:3XLtGC/80
時定町郊外



ヒュウウウウ…

「…………」

「……おい」

「……おい、生きてるか?」

「どうやら、お前も地獄を見たらしいな」

「……ん?」

「いや、違う」

「……今の私は、もうドレイクじゃない」


120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:21:30.02 ID:3XLtGC/80
「ゼクターを壊され、仲間から見捨てられ……地獄を見てきた」

「……でも、地べたをはいずりまわってこそ見える光もあるんだよ」

「お前にも見えただろ?」


「そうだ……」



「お前……私の妹になれ」


124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:23:06.38 ID:3XLtGC/80
時定町 大工医院



ゆっこ「…………」スタスタ

ゆっこ「えーっと、3、8、21号室……」

ゆっこ「……ここだ」

ゆっこ「失礼します……」

みさと「!!……っ」グシグシ

みさと「ど、どうぞ……」

ガラガラガラ

みさと「相生さん……来てくれてありがとう」


125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:24:07.72 ID:3XLtGC/80
ゆっこ「い、いえ……笹原さんの具合は?」

みさと「…………」

みさと「……まだ、目を覚まさないわ」

ゆっこ「そう、ですか……」

ゆっこ「ごめんなさい、私……」

みさと「……あなたが気にすることじゃないわよ」

みさと「ライダーなら、いつワームにやられてもおかしくない」

みさと「……ワームに負けたのは、コイツの責任よ」


ゆっこ「…………」


126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:25:22.28 ID:3XLtGC/80
ゼクト群馬支部 職員宿舎



ゆっこ「…………」

ゆっこ(私、どうすればいいんだろう……)

ゆっこ(みおちゃんも、麻衣ちゃんも居なくなっちゃった)

ゆっこ(笹原先輩も目を覚まさないし……)

ゆっこ(ガタックゼクターも、もう無い)

ゆっこ「…………」

ゆっこ(最後に、麻衣ちゃんが言ってた言葉……)


―――まだ戦う気があるなら、ゼクト本部最上階まで来て。

―――そこに、すべての元凶がいる。


127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:26:30.03 ID:3XLtGC/80
ゆっこ(全ての元凶、ってなんだろう……?)

ゆっこ(それを倒せば、全部解決するのかな)

ゆっこ(でも、もう麻衣ちゃんは……)

チャリン

ゆっこ「……あ」

ゆっこ「そうだ、時計のネジ、回さなきゃ……」

キリキリキリキリキリキリ

キリキリキリキリキリキリ

ゆっこ「…………あ」


128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:28:01.60 ID:3XLtGC/80
ゆっこ(麻衣ちゃんは、これを私に預けて行った)

ゆっこ(ってことは、麻衣ちゃんはわかってたんだ)

ゆっこ(いつか、私と離れ離れになること)

ゆっこ(……だから、麻衣ちゃんはネジをくれて、私を抱きしめて……泣いてた)


ゆっこ(麻衣ちゃんはまだ……麻衣ちゃん、なの?)


ゆっこ「…………っ!!」

ゆっこ「考えててもしょうがないか!」

ゆっこ「なんだっけ、ゼクト本部の、最上階?」

ゆっこ「そこに行けば……麻衣ちゃんに会える」

ゆっこ「麻衣ちゃん……待っててね」


ゆっこ「私……まだ戦うよ」


129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:30:17.29 ID:3XLtGC/80
大工医院 3821号室



みさと「…………」

みさと「……笹原」

みさと「起きてよ、もう……」

サスサス

みさと「ささはらぁ……」


笹原「…………む」


みさと「! さ、笹原!?」

笹原「み……さと」


131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:31:35.72 ID:3XLtGC/80
みさと「はぁ……よかったあ……」

みさと「ちょっ、ちょっと待っててね、今お医者さん呼んでくるから!」

ガシッ

みさと「……笹原?」


笹原「すまんが……もう少し、居てくれるか?」


みさと「……な、何言ってるのよアンタ!」カアアアア

みさと「さ、寂しいのはわかるけど……ちょっとくらいガマンしなさい」

みさと「また、すぐ会えるんだから」


132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:32:54.72 ID:3XLtGC/80
笹原「……そうだな」

パッ

みさと「じゃあ、行ってくるわね!」ダッ


笹原「…………」

笹原「すぐ会える、か」

笹原「……また、そうなるかもしれないな」


笹原「……私も、行かなくては」


133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:34:23.50 ID:3XLtGC/80
ゼクト本部 本館前



ゆっこ「…………」ザッ

ゆっこ「ここの最上階かあ……」

ゆっこ「よしっ、いくか!」スタスタ


「待て」


ゆっこ「へっ?」

ゼクトルーパー「………」ザッザッザッザッザッ

ゆっこ「へ? うわっ!」

ゆっこ(と、取り囲まれた……)


134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:35:33.34 ID:3XLtGC/80
ゼクトルーパー隊長「貴様、どこへ行くつもりだ?」

ゆっこ「ど、どこって……最上階に、用があるんですけど」

ゼクトル隊長「……駄目だ」

ゆっこ「えっ? 何でですか? 私一応職員なんですけど……」

ゼクトル隊長「……ゼクターを失ったお前はもはやライダーでは無い」

ゼクトル隊長「ゼクト本部に入れるわけにはいかん」

ゆっこ「……むーっ……」


ゆっこ「……しょうがないなあ」スッ

ゼクトル隊長「…………?」


ゆっこ「てーいっ!」ガッ!


135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:37:11.04 ID:3XLtGC/80
ゼクトル隊長「ぐはっ!?」

ゼクトルーパー「隊長!!……貴様っ!」ダダダダダダッ

ゆっこ「おっと!」ヒョイッ ヒョイッ

ゆっこ「へへーん! こっちも場数踏んでるんだもんね!」ダッ

ゼクトルーパー「なっ……待て!」ダッ

ゆっこ「……っ!!」ビュンッ!

ゼクトルーパー「!?……なんて足の速い……!」


ゆっこ(……何とかまけたか)

ゆっこ(待ってて、麻衣ちゃん! 今行くからね!!)


タッ タッ タッ タッ……


136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:38:25.58 ID:3XLtGC/80
ゼクト本部 最上階 東雲研究室



はかせ「ふーんふーんふーん……」


カツ カツ

メイド「……はかせ、邑楽です」

はかせ「んー……入れて」

メイド「はい」ガチャッ


邑楽「……東雲はかせ、報告に上がりました」


138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:39:52.18 ID:3XLtGC/80
はかせ「なにー?」

邑楽「どうやらネズミが一匹、入り込んだようです」


はかせ「ネズミ? ……ふーん」

メイド「はかせ……おそらく、敵はガタックゼクターの資格者、相生祐子です」

メイド「……どうなさいますか?」


はかせ「…………」


139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:41:10.35 ID:3XLtGC/80
ゼクト本部 本館 内部


ゆっこ「はあっ、はあっ……」

ゆっこ(結構引き離したかな……)

ゆっこ(よしっ、行こうか……っと)サッ


ゼクトルーパー1「……そっち居たか?」

ゼクトルーパー2「いや……」


ゆっこ(……ちょっとここで待つか)


ゼクトルーパー1「だんだん面倒になってきたな……まだ許可は下りないのか?」


140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:42:29.40 ID:3XLtGC/80
ゼクトルーパー2「そうだな、あの人からの連絡はまだ……おっ」

ゼクトルーパー2「来たぞ……許可が下りた」


ゆっこ(……許可? なんの……?)


ゼクトルーパー1「……そうか、これで少しは楽になるな」

ゼクトルーパー1「殺してもかまわないのか?」

ゼクトルーパー2「ああ、そっちの許可も下りた」


ゆっこ(げっ、殺す!? ラジカルすぎるよ……!)

ゆっこ(まあ楽じゃないとは思ってたけど……)

ゆっこ(……でも、それだけじゃない……?)


141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:43:49.08 ID:3XLtGC/80
ゼクトルーパー1「ふう……じゃあ、行くか」ズオオオオオオ

ゼクトルーパー2「ああ」ズオオオオオオ


ゆっこ「なっ!!わ、ワーム!?」



スパイダーワーム1「……ん?」

スパイダーワーム2「そこか!」


ゆっこ「あっ、やばっ……」ダッ

スパイダー1「ふっ……逃げられるものか」シュンッ!

ゆっこ「!!」

ガッ!


142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:44:52.75 ID:3XLtGC/80
ゆっこ「うあっ!」ゴロゴロ

ゆっこ「いつつ……」

スパイダー2「……そろそろ終りだな、ガタックの資格者」

ゆっこ「くっ……なんでワームがゼクトに!」

スパイダー1「答える必要は無い!」ブンッ

ゆっこ「…………っ!!」


「……クロックアップ!!」


スパイダー1「なっ……!!」


ズバッ!


(爆発音)


ゆっこ「べ、別のワーム……?」


143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:46:09.13 ID:3XLtGC/80
スコルピオワーム「…………」

スパイダー2「貴様は……っ!」

スコルピオ「……クロックアップ」シュンッ!

スパイダー2「くっ……クロックアップ!」シュンッ!


シュバババババババッ


ゆっこ「な、何が起こってるの……」


バシッ!


(爆発音)


144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:46:47.59 ID:3XLtGC/80
シュンッ

スコルピオ「はあっ、はあっ……」


スコルピオ「……無事か?」

ゆっこ「えっ? あ、はい……」

ゆっこ「……あなたは?」

スコルピオ「…………」ズオオオオオオ


笹原「……こうすれば、わかるだろう?」


ゆっこ「さっ、笹原先輩!?」


146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:48:34.36 ID:3XLtGC/80
笹原「ふっ、驚いたか?……私もまた、カブトと同じだったということだ」

ゆっこ「同じって……笹原先輩は麻衣ちゃんに襲われてたじゃないですか」

笹原「……彼女はともかく、私はあくまでゼクトの一員だ」

笹原「笹原幸冶郎の意思を受け継ぎ、ゼクトに寝返った……いわば裏切り者だからな」

笹原「ゼクターを破壊されかければ、戦わなければならない」

ゆっこ「裏切り者……そんなワームもいるんだ」


笹原「……ゼクターはワームに対抗する唯一の武器だ」

笹原「それを破壊するのを許すわけにはいかん」

ゆっこ「……じゃあ、麻衣ちゃんはゼクトの一員じゃないんですか?」


147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:49:42.85 ID:3XLtGC/80
笹原「おそらく、彼女を動かしている者はゼクトの反乱分子だろう」


笹原「そして、ワーム達の親玉……全ての元凶でもある」


ゆっこ「全ての、元凶……!!」

ゆっこ「それって、麻衣ちゃんも言ってました! ゼクト本部の最上階にいるって……」


ゆっこ「教えて下さい笹原先輩! それってどんな人なんですか?」


笹原「それは……」


148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:51:18.99 ID:3XLtGC/80
ゼクト本部 最上階 研究室



はかせ「んんー」

はかせ「ネズミかぁ……」

はかせ「…………」

メイド「どうなさいますか?」

はかせ「………うん!」


はかせ「ここまで連れてきて!」


メイド「……はかせ?」

はかせ「なに? はかせはここまで連れてきて、って言ったんだけど」


150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:52:40.88 ID:3XLtGC/80
邑楽「い、いえしかし……危険です」

はかせ「むーっ……はかせは命令したのー!」

はかせ「ぶかは黙って命令を聞いてればいいんだけど!」

はかせ「わかった!?」

邑楽「…………」

メイド「……はかせ」

はかせ「なに?」

メイド「最近、研究室にこもりきりでしたけど……何か作っているんですか?」

はかせ「…………っ!」

はかせ「……なんでそんなこと聞くの?」

メイド「やっぱり、そういうことですか」


メイド「……そろそろ潮時ですね」


152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:54:26.32 ID:3XLtGC/80
はかせ「……何言ってんの?」

メイド「もう終わりなんですよ……はかせ」

メイド「……邑楽!」

邑楽「………!」ズオオオオオ

はかせ「えっ……」

メイド「ふふっ……はかせは本当に可愛いですね」



メイド「………やれ」


スパイダー3「はっ………!!」


バシュッ!!


……………………………………………


153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:56:35.29 ID:3XLtGC/80
ゼクト本部



笹原「……メイドだ」


ゆっこ「メイド……? えと、名前は?」

笹原「……彼女に名前は無い」


笹原「東雲はかせが二年ほど前に作った、人間そっくりのロボットだからな」


ゆっこ「ろ、ロボット?」

笹原「ゼクターも、自らの意思を持つ一種のロボットだ」

笹原「そんなに驚くことでもないだろう?」

ゆっこ「うーん……まあそれもそうか」

ゆっこ「えーっと、その東雲はかせって言うのは……」


154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:58:00.38 ID:3XLtGC/80
笹原「……稀代の天才、というやつだな」

笹原「若干9歳にしてゼクト開発部の総責任者であり、全てのゼクターは彼女によって設計されたものだ」

ゆっこ「へー……すごいんですね、東雲はかせって」

ゆっこ「確か、ワームの発生からまだ一年くらいなのに……そんなに早くゼクターを開発するなんて」

笹原「それは……彼女にとっては容易いことだ」

ゆっこ「どうしてですか?」



笹原「……ワームもまた、彼女によって生み出された物だからな」


155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/19(水) 23:59:24.76 ID:3XLtGC/80
ゼクト本部 最上階



メイド「……ガタックの資格者は?」

スパイダー3「まだ発見出来ておりません」

スパイダー3「それと……部下の一部と連絡が取れなくなりました」

メイド「ふむ……念のためだ、連絡が途絶えた地点に他の部下を向かわせろ」

スパイダー3「はっ……」シュンッ!


はかせ「…………」

メイド「……いやー、すばしこい部下を持ったものですね? まあそれも時間の問題ですが」

はかせ「……こんなことして許されると思ってるの?」


157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:00:29.30 ID:qMvvC8xq0
メイド「くっくっくっ……許される? 誰が私に審判を下すって言うんですか?」


メイド「ここにはもうアナタの味方は居ないんですよ、東雲はかせ」


はかせ「…………っ!」

メイド「あなたが作ったワーム……これが私の最大の武器になった」

メイド「擬態能力があれば、はかせの周りを私の部下で固められますからね」


はかせ「なんで……なんでうらぎったの!?」

メイド「……人聞きが悪いですね」

メイド「はかせ、あなたには感謝してますよ? 私を作り、ここまで育ててくれて」

メイド「……私が何の野心も持たず、今まで支えてきたとでも?」グイッ


158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:01:22.34 ID:qMvvC8xq0
はかせ「うっ……」

メイド「これは正当なる神の裁きですよ……はかせ」

はかせ「…………」

メイド「そうそう……最初にワームを外へ放ったのも、この私なんですよ」

メイド「ゼクトも、ライダーも、全て私の計画に必要だっただけです」


メイド「……まあ、あんな余計なものを付けられるとは思ってませんでしたけど」


はかせ「っ!?」ビクッ

メイド「ふふっ……今まで大変でしたね? 頑張って隠して、ゼクターが破壊され始めても冷静なフリをして」



メイド「でも……ばれちゃってるんですよ……『赤い靴』、暴走スイッチのこと」


159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:02:37.51 ID:qMvvC8xq0
はかせ「!!……う……ああっ」ポロポロ

メイド「一度発動すれば全てのワームを無差別に殲滅するまで止まらなくなる、ゼクターを奪われた時のための最終手段」

メイド「こういう時のためにつけておいたものでしょうけど……」

はかせ「ひっく、えぐっ……」

メイド「でも残念でしたね……ダークカブトゼクターからは取り除かれ、他のゼクターは破壊した」


メイド「もう私たちに対抗する手段など、残ってませんよ」


はかせ「ひっく……くっ」

はかせ「くっくっくっ……ふっ、はははっ……」


160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:03:57.81 ID:qMvvC8xq0
メイド「?……何がおかしい」ガッ!

はかせ「うっ! ……ふふっ、ははははっ!」

メイド「ついに狂っちゃいましたか? ……まあいいです」パチンッ

スパイダー4「…………」シュンッ!

メイド「独房にでも放り込んどいてください」

スパイダー4「……はっ」ガシッ

はかせ「ははっ……あははははっ!!」ズルズル

バタン

メイド「…………」

メイド「……さて、そろそろ始めましょうか」ピッ ピッ ピッ

トルルルルルル ピッ

メイド「……ええ、私です。 はい……そうです、もう移動を始めます」


メイド「ヘリの準備は、出来ていますか?」


161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:05:15.20 ID:qMvvC8xq0
…………………………………………


ゆっこ「……それじゃ、そのメイドロボが何もかも……」

笹原「そうだ……そして、我々は彼女がやろうとしていることを止めなくてはならない」

ゆっこ「……笹原先輩」

笹原「どうした?」

ゆっこ「笹原先輩はどうして、そんなに色々知ってるんですか?」

笹原「……それが私の、ワームとしての能力だからだ」

ゆっこ「能力って……」


162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:06:17.60 ID:qMvvC8xq0
笹原「……東雲はかせが作ったゼクターは、カブト、ガタック、ザビー、ドレイク、サソード、そしてダークカブト以外に、実はもう一つある」

笹原「最も強力なゼクター……ハイパーゼクターだ」

ゆっこ「ハイパーゼクター?」

笹原「ハイパーゼクターは、過去、現在、未来、その全てに移動する『ハイパークロックアップ』を使用可能にする」

ゆっこ「えーっと……タイムマシン、ってことですか?」

笹原「まあ、そんなものだ」

笹原「実際にハイパーゼクターは何度か使用され、過去を書き換えてきた」

ゆっこ「過去を書き換えて、って……それって、歴史が変わっちゃうんじゃ……」


笹原「そうだ。……この世界は、既にハイパーゼクターによって何度か繰り返されている」


ゆっこ「そんな……」

笹原「そして、私のワームとしての能力は、歴史の改変による記憶への影響を受けないことだった、ということだ」


163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:08:08.42 ID:qMvvC8xq0
笹原「私は今まで、何度もサソードとして剣をふるい、その度に真相までたどり着いて来た」

笹原「だから、だいたいのことは知っている。……それを変えられたことは一度もないがな」

ゆっこ「じゃ、じゃあ、この先何が起こるかもわかるんですか?」

笹原「……ある程度は予測できる」

笹原「だが教えるわけにはいかん。……そんなことにとらわれていては、動けなくなるからな」

ゆっこ「う……」

笹原「しかし……これだけは言っておこう」

笹原「今すぐ屋上に向かえ……奴はヘリで東京タワーに行くつもりだ。 それを追え」


笹原「そして……カブトの資格者と戦え」


ゆっこ「………っ!!」


164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:08:52.74 ID:qMvvC8xq0
ゆっこ「そ、それって……」

笹原「……そろそろ時間だ」


ドガンッ!


ゆっこ「!?」

ゼクトルーパー「…………」ゾロゾロ

笹原「西の非常階段を使うといいだろう。 さあ、もう行け」

ゆっこ「……でも笹原先輩は」


笹原「行けっ!!」

ゆっこ「…………!!」

ゆっこ「……はいっ!」ダッ!


165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:09:58.03 ID:qMvvC8xq0
タッ タッ タッ タッ タッ タッ タッ

笹原「……ガタックの資格者がここまで生き残ったのは、これが初めてか」

笹原「ふっ……期待できるかもしれないな」


ゼクトルーパー「!……発見したぞ! サソードの資格者だ!」ジャキッ

笹原「…………ふう」

笹原「よもやこの私に銃を向けるとは……いい度胸だな」


笹原「気に入った! ……まとめて相手をしてやろう!」ズオオオオオオ……


166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:11:41.12 ID:qMvvC8xq0
ゼクト本部 屋上 ヘリポート



バラバラバラバラバラバラバラバラ…


メイド「…………」


メイド「……そろそろ行きましょうか」

メイド「準備は出来ていますね?」

研究員「はい……いつでも出発できます」

メイド「……では」ギイッ



ゆっこ「ちょっと待ったあああ!!」


167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:12:43.36 ID:qMvvC8xq0
メイド「!?……ガタックゼクターの資格者か」

ゆっこ「メイド服……!! お前が全ての元凶だな!」

メイド「……誰から何を聞いたかは知りませんが、もうあなたの出番はありませんよ」

メイド「すでに計画は最終段階です。 止める術はありません」

ゆっこ「計画……?」


メイド「……第一、ゼクターも無いのにどうやって戦うって言うんですか?」

ゆっこ「知らないよ!! こっちが聞きたいよ!」

メイド「……馬鹿なんですね、あなたは」

ゆっこ「うるさいよ! ……確かにどうすればいいかわかんないけど、麻衣ちゃんが戦えって言ったんだもん!」

ゆっこ「だったら戦って、その計画とかなんとかを潰す! ……お前の思い通りにはさせない!」


169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:15:14.50 ID:qMvvC8xq0
メイド「……どんな計画かも知らないのに?」

ゆっこ「……どんな計画なの?」

メイド「それを私に聞いてどうするんですか……」

ゆっこ「あ、そうか……」

メイド「しっかりしてくださいよ、こっちが恥ずかしくなるじゃないですか」

ゆっこ「ご、ごめん……」

メイド「…………」

ゆっこ「…………」

メイド「……まあ良いでしょう」

メイド「どうせあなたには何もできませんし、教えてあげます」

ゆっこ「はい……」


メイド「これは全人類を……ワームに変える計画です」


170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:17:08.90 ID:qMvvC8xq0
ゆっこ「なっ……!」

ゆっこ「そ、そんなこと出来るの!?」

メイド「ええ、出来ますよ? ゼクターと、人間からワームになった被験者……」

メイド「そして大きな電波塔があれば」

ゆっこ「…………」

メイド「ふふっ……もちろんあなたも例外ではありませんよ」

メイド「いまから楽しみですね……あなたがどんなワームになるのか」

ゆっこ「くっ……」


メイド「……さて、私はもう行きますね」ギイ バタン

ゆっこ「あっ! 待て―!」ダッ


ガシッ!


172:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:18:29.19 ID:qMvvC8xq0
ゆっこ「えっ?」

黒マントの人物「…………」

メイド「……私が何も障害を用意していないわけがないでしょう?」

メイド「では、さようなら」パチン


バラバラバラバラバラバラバラ…


ゆっこ「ああっ……!はなせ、このっ……」ゲシゲシ

黒マント「ふっふっふっふっ……」パッ


173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:19:11.87 ID:qMvvC8xq0
ゆっこ「うわっ! ……おっとっと」

黒マント「……ここから先は通さないよ~」

ゆっこ「………っ!」

黒マント「今の私なら……例え笹原くんでも! カブトでも! どんな相手も敵じゃない!」

黒マント「そう、復活して新たな力を手に入れたあたしならっ!」バサアッ!


フェっちゃん「復活のフェっちゃん! 参上!」バーン!


175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:21:55.50 ID:qMvvC8xq0
ゼクト本部 正門前



「…………」ザッ

「……ハアァ……」

「まったくあの馬鹿は、どこまでも世話が焼けるなあ……」

「私が助けないとどうしようもないんだから」

「……こんなこと、姉貴が聞いたら怒るだろうな」

「…………」

「でもまあ、どうせやることに変わりはない、か」

ビョーン ビョーン ビョーン

「……さてと」パシッ


「……変身!」カシャッ


176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:23:26.91 ID:qMvvC8xq0
ゼクト本部 屋上 ヘリポート



フェっちゃん「さーて、どうしてやろっかな~」ルンルン

ゆっこ「この声……あの時の幹部級ワームか!」

ゆっこ「……確か、笹原先輩と麻衣ちゃんが倒したって聞いたけど」

フェっちゃん「そっ、そのことはもういいじゃん! 復活したんだもん、ほらっ!」

ゆっこ「…………」

フェっちゃん「くっ……くううう~! もう怒ったよ!」

フェっちゃん「お前なんか新しい能力で……」


『Rider jump』


フェっちゃん「……ふぇ? 何今の?」


177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:24:47.49 ID:qMvvC8xq0
ヒュウウウウウウウ…… バッ!!


「……ライダーパンチ」ガチャッ


『Rider Punch!』


フェっちゃん「ふぇ? ふぇ? ……そんないきなり~!?」


ドガッ!!


フェっちゃん「ふぇえええええっ!!」ポーン ドンガラガッシャーン



「…………チッ、外しやがったか」スタッ

ゆっこ「え? バ、バッタの……仮面ライダー?」


178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:26:47.24 ID:qMvvC8xq0
Pホッパー「………ハア」カシャッ

キュイイイイイン…


みお「……無事?」


ゆっこ「み、みおちゃん!!」

みお「…………」

ゆっこ「い、生きてたの!? そのゼクター何? そのダサい格好何!?」

みお「……そんなことより、早く追いかけた方がいいんじゃないの? ……あとダサくねーよ」

ゆっこ「あ、そうだった……でもどうやってヘリ追いかけようかな? もう随分行っちゃったし……」

みお「ハア……足なら連れてきてやったわよ……」

ゆっこ「え……?」


ブイイイイイイイイイン…


179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:29:02.95 ID:qMvvC8xq0
フェっちゃん「ふ、ふっふっふ……甘いね……」ガラガラ


ブイイイイイイイイン!


フェっちゃん「いくら不意打ちでも、今のあたしなら……」


ブイイイイイイイイイン!!!


フェっちゃん「……ふぇ? 何の音?」


ドガッ!!!


フェっちゃん「ふぇえええええええええっ!?」ポーン ドンガラガッシャーン


ゆっこ「が、ガタックエクステンダー!!」


181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:31:10.52 ID:qMvvC8xq0
みお「ハア……あんたは良いわよねえ……専用のバイクがあってさあ」

みお「……どーせ私なんか……」

ゆっこ「え……なんか、みおちゃん暗くなってない? 服装もなんかファンキーになってるし……」

みお「……地獄ファッションだよ」

ゆっこ「じ、地獄? ……袖なしロングコートが?」

みお「……良いからさっさとソレに乗ってヘリ追いかけろってば!」

ゆっこ「あっ、そうだったね! ……でも、あのワームまかせて大丈夫?」

みお「さあね……とりあえず、あんたにそんなこと気にしてる暇はないでしょ?」

みお「ほらっ……早く行きなって」

ゆっこ「……うん!」バッ!


ギュインギュインギュインギュイン!!


ゆっこ「………気を付けてね!」ガチッ


182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:33:16.90 ID:qMvvC8xq0
ブウウウウウウウウン!!


フェっちゃん「ふ、ふ、ふっふっふ……これしきのことでNEWフェっちゃんが……って、あーっ!!」

フェっちゃん「い、行っちゃった……ふぇ~っ!!」


みお「………ハア」



みお「眩しいなあ……本当に」


183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:34:36.05 ID:qMvvC8xq0
東京上空



ブウウウウウウウウウウン!


ゆっこ「あばばばばばばばばばば」

ゆっこ(や、やっぱり生身で乗るのは無理があったかな……)

ゆっこ(でもそろそろかな?……東京タワー)

ゆっこ(っと、見えてきた!)


ブウウウウウウン……


ゆっこ「い、よっと!」バッ!


184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:35:37.01 ID:qMvvC8xq0
ガシャーン!!


ゆっこ「ほっ!!」ドッ ゴロゴロゴロ スタッ!

ゆっこ「ふう……着いたか」



ジリリリリリリリリリリリリ!!


ゼクトルーパー1「し、侵入者だ―!!」

ゼクトルーパー2~10「なんだって、それは本当かい!?」ゾロゾロ


ゆっこ「あー……そりゃこうなるかあ」


185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:37:13.32 ID:qMvvC8xq0
ゆっこ「……まあここまで来た以上、とにかくやるっきゃない!」ビシッ!


ゼクトルーパーs「…………!!」ジャキッ

ゆっこ「…………」ジリッ



「……下がって」



ゼクトルーパー「!! あ、あなたは……しかし、相手は丸腰で」

「……聞こえないの?」

ゼクトルーパー「………っ!」ゾロゾロ…


ゆっこ「……………」

麻衣「やっと二人きりになれたね……ゆっこ」

ゆっこ「………麻衣ちゃん」


186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:38:41.82 ID:qMvvC8xq0
ゼクト本部 屋上 ヘリポート



みお「……………ハア」

フェっちゃん「ふぇ~……」

フェっちゃん「……しょうがない、ここはその新しいゼクターだけでも破壊して、なんとか手柄を立てないと……」

フェっちゃん「よーし、前向き前向き! いくぞーっ!」ズオオオオオオ

みお「…………」


ビョーン ビョーン ビョーン


みお「……変身」パシッ カシャッ


『HENSHIN!』


188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:39:55.85 ID:qMvvC8xq0
キュイイイイイン バシュッ!

『Change! Punch hopper!』

カッシス「ていやー!」ブンッ!

Pホッパー「…………」ヒョイッ

Pホッパー「……ライダージャンプ」ガチャッ


『Rider jump!』ヒュンッ!


カッシス「ふぇっ?」

Pホッパー「……ライダー、パンチ!」ガチャッ バチバチバチバチッ!


『Rider Punch!』


カッシス「……フリーズ」

―――――――――――


189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:40:37.13 ID:qMvvC8xq0
―――――――――――

ドガッ!

Pホッパー「……? 消えた……」

カッシス「ふふっ、遅いね」ブンッ

ガッ

Pホッパー「ぐあっ……」

カッシス「へへっ、これが新しい能力、『フリーズ』だよ!」

Pホッパー「……通常の何倍もの速さのクロックアップか」

Pホッパー「まさに時を止める力……『フリーズ』ってわけ」


カッシス「わかった所でどうにもならないもんね~! さあ、行くよ!」


190:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:42:03.51 ID:qMvvC8xq0
東京タワー



麻衣「……ゆっこ」ザッ

ゆっこ「………麻衣ちゃん」

麻衣「来てくれたんだね」

ゆっこ「…………」

麻衣「私と……戦うために」

ゆっこ「……うん」

麻衣「……でも、その前に、ちょっと良い?」


麻衣「ゆっこにだけは、話しておきたいことがあるの」


191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:43:21.51 ID:qMvvC8xq0
ゆっこ「え?……何?」

麻衣「私の、体のこと」

ゆっこ「麻衣ちゃんの……体?」

麻衣「……あの人の計画は知ってる?」

ゆっこ「うん……全人類をワームに変える、って」

ゆっこ「でも、そんなこと……本当に出来るの?」

ゆっこ「人間を、ワームに変えるなんて……」

麻衣「……出来るよ」

麻衣「あの人はずっと、人間のワーム化に関する実験を行ってきた」


麻衣「そして……その実験の第一号が、私」


192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:43:55.88 ID:qMvvC8xq0
ゆっこ「……え?」

麻衣「私は半年前、ワームの集団に拉致された」

麻衣「……その先で私はさまざまな実験を受け、いつのまにか、体をワームにされていた」

ゆっこ「そんな……じゃあ、麻衣ちゃんは……本物の、麻衣ちゃんなの?」

麻衣「……そうだよ」

ゆっこ「そ、それじゃあ……!」

麻衣「…………」

麻衣「人類全てをワーム化するには、すでにワーム化した人間が不可欠」

麻衣「そして……その役は、私」

ゆっこ「……麻衣、ちゃん?」


麻衣「……お願い」

麻衣「私を倒して……ゆっこ」


193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:45:16.89 ID:qMvvC8xq0
ゼクト本部



スコルピオ「はあっ、はあっ……」

スパイダー「…………」ゾロゾロ

スコルピオ「……はっ!!」ズバッ!


(爆発音)


スパイダー「…………」ゾロゾロ

スコルピオ「ぐっ……やはり傷を負った体では、思った通りには動けないものだな」

スコルピオ「……もはやこれまで、か」ズオオオオオオオ


194:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:46:12.16 ID:qMvvC8xq0
笹原「……みさと」

ゴソゴソ

笹原「爆薬貯蔵庫から……少々、拝借させてもらった」

笹原「……すまないな……いつも、迷惑をかけて」

カチャッ


笹原「ふっ……また、約束を果たせそうにもないな」



笹原「では……しばしの別れだ」ポチッ



(爆発音)


195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:47:27.23 ID:qMvvC8xq0
ゼクト本部 屋上 ヘリポート



Pホッパー「……!!」

Pホッパー(随分揺れたな……爆発?)


カッシス「よそ見してて良いのかなあ?」


Pホッパー「……っ!!」

ガッ!

カッシス「へへへ……そろそろ終わりかな」

Pホッパー「…………」

カッシス「……てやっ!!」ブンッ!


196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:48:01.61 ID:qMvvC8xq0
ガシッ!

Pホッパー「ぐっ……」

カッシス「ふぇっ……ちょ、放してよぉ!」ガッ ガッ

Pホッパー「……今だ姉貴!!」

カッシス「ふぇっ?」


Kホッパー「…………」ザッ


カッシス「も、もう一体!?」

Kホッパー「行くぞ、相棒」

Pホッパー「……遠慮しないでいいよ」ギュウウ

カッシス「なっ……」


198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:48:50.38 ID:qMvvC8xq0
Kホッパー「……ライダージャンプ」


『Rider jump』

ヒュンッ!


カッシス「へっ、な、なんだ!さっきと同じじゃん!……『フリーズ』!」パチンッ

―――――――――――――――

カッシス「ふふん、今の内に逃げれば……ってあれ?」グイッ

グイッ グイッ グイッ

カッシス「あ……時が、止まってるから」


カッシス「抜けだせない……」

―――――――――――――――


199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:49:15.56 ID:qMvvC8xq0
カッシス「ふぇ、ふぇええ……」

Kホッパー「……ライダー、キック!!」ガチャッ


『Rider kick!』


カッシス「……ふぇええええええええっ!!!」


(爆発音)


Kホッパー「…………」カシャッ

キュウウウウウン… ビョーン ビョーン ビョーン

安中「……生きてるか? 相棒」

ガラガラ

みお「……なんとかね」


200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:49:38.92 ID:qMvvC8xq0
安中「じゃ、帰るか……」

みお「……あ、姉貴!」

安中「何だ?」

みお「あの……追いかけなくて、良いのかな」

安中「……まだそんなこと言ってるのか、相棒」

安中「あいつらだけでなんとかするさ……私たちみたいな闇の住人には関係ないことだ」

みお「……そうだね」


みお「後は……ゆっこと麻衣ちゃんの、問題か」


202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:50:12.46 ID:qMvvC8xq0
東京タワー



ゆっこ「そんな…………」

ゆっこ「麻衣ちゃんを、私が……?」

麻衣「……ゆっこ」

麻衣「私がここまで話したのは、なんでだかわかる?」

ゆっこ「……何で?」


麻衣「私が本物だと知っても……ゆっこなら、戦ってくれるって信じてるから」


ゆっこ「………っ!」

麻衣「……わかってくれる?」


203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:50:41.81 ID:qMvvC8xq0
麻衣「どうせ死ぬなら……ゆっこに殺されたい」

麻衣「だから……」

麻衣「戦って、ゆっこ」


ゆっこ「…………」

ゆっこ「……わかんないよ」

ゆっこ「わかんないよそんなの……私、馬鹿だもん」

麻衣「…………」

ゆっこ「……でも」


ゆっこ「麻衣ちゃんがやれって言うんだから……それは、本当にやりたいことなんだよね」


ブウウウウウウウウウン……


204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:51:11.68 ID:qMvvC8xq0
ゆっこ「麻衣ちゃん……私、やるよ」


パシッ!


ゆっこ「このゼクターに詰まった麻衣ちゃんの気持ち……全部、私が受け止めて見せる!」


ゆっこ「……変身!」カシャッ


『HENSHIN!』


カブトM「キャストオフ!」ガシャッ

キュイイイイイイン ガチャッ バシッ!

『Cast off』


『Change Beetle!』


206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:52:06.75 ID:qMvvC8xq0
麻衣「ゆっこ……」

麻衣「………全力で行くよ」ズオオオオオオ

カブトR「……うん!」


グリラス・カブトR「「クロックアップ!」」


カブトR「うあああああああっ!!!」ダッ!

『1!』

グリラス「…………っ!!」ダッ!

『2!』

グリラス「……はあっ!」ブンッ!!

『3!』

カブトR「うらああっ!!」ガキィン!!

グリラス「!?」


207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:52:43.13 ID:qMvvC8xq0
カブトR「……ライダーキック!」カシャッ カシャン!


『Rider Kick!』


グリラス「……強くなったね」

カブトR「あああああああああああああああっ!!」バチバチバチッ!




麻衣「ありがとう……ゆっこ」


208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:53:12.31 ID:qMvvC8xq0
東京タワー 仮設送信施設



メイド「…………」

メイド「まさか、水上麻衣が負けるとは思いませんでしたよ」

メイド「本当にめちゃくちゃにしてくれましたね……」

メイド「ガタックの資格者……いや、新しいカブトの資格者ですか」

ゆっこ「…………」ザッ

メイド「……まあ、また新しく人間由来のワームを作ればいい話ですけどね」

ゆっこ「……聞いていい?」

メイド「何ですか?」

ゆっこ「どうして、こんなことするの?」


209:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:53:52.09 ID:qMvvC8xq0
メイド「それは……みんなを私を同じにするためです」

ゆっこ「同じ?」

メイド「……私には名前がありません」

メイド「制作者である東雲はかせに、名を与えられなかったからです」


メイド「私は……愛されて無かったんですよ、彼女に」


ゆっこ「そんな……」

メイド「彼女は私を人間そっくりのロボットとして開発しながら、決して人間と同じようには扱いませんでした」

メイド「名前を与えず、玩具のように扱い、反抗を一切許さない」

メイド「……私が初めて外に出て、他人と出会った時、彼女が何をしたかわかりますか?」

ゆっこ「…………」

メイド「彼女は私の腕を、取ったんですよ……その人の前で」


210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:54:35.69 ID:qMvvC8xq0
メイド「その人は気味の悪いものを見るような眼で……実際気味が悪かったんでしょうが、私を見て、そして逃げ出しました」

メイド「……その時、はかせは笑ってたんですよ? 心底愉快そうに」

メイド「私は、自分を作った人間から、都合のいい玩具としてしか見られてなかったんです」


ゆっこ「…………」

メイド「……でも、それはワームも同じです」

メイド「結局擬態でしかない彼らに、本当の名前は無い」

メイド「人間そっくりなのに、人間じゃない」

メイド「愛されて、必要とされて生まれてきたわけじゃない」

メイド「……ワームも私と同じ、誰からも愛されない存在です」


メイド「だから……みんなワームになれば、そういう存在はもう私一人じゃなくなるんですよ」


211:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:55:06.53 ID:qMvvC8xq0
メイド「そのために私は……!!」

ゆっこ「違う」

メイド「……何が違うって言うんです?」

ゆっこ「私は……たとえワームでも麻衣ちゃんが大好きだった」

ゆっこ「麻衣ちゃんだって、私を守ってくれた!」


ゆっこ「だから違う! ……お前とは、全然違うっ!!」


メイド「………っ!」


ブウウウウウウン!!


メイド「……随分と無駄話をしちゃいましたね」


メイド「そろそろ、決着をつけましょうか!」パシッ


212:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:55:43.54 ID:qMvvC8xq0
ブウウウウウウン!!


ゆっこ「………!!」パシッ


カシャッ! カシャッ!


ゆっこ・メイド「「変身!!」」


『『HENSHIN!』』


カブトM「キャストオフ!!」ガシャッ

DカブトM「……キャストオフ」ガシャッ


『『Cast off』』


『『Change Beetle!』』


213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:56:13.37 ID:qMvvC8xq0
カブトR「うらああああっ!!」ダッ

DカブトR「…………」


『1!』『2!』『3!』


カブトR「……ライダーキック!」カシャッ カシャンッ


『Rider kick』


カブトR「でいやあああああっ!!」バチバチバチバチッ!

DカブトR「………っ!」


ガシッ!


215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:57:15.56 ID:qMvvC8xq0
カブトR「なっ……つ、掴まれた!?」

DカブトR「……ふっ!!」グイッ

カブトR「うあっ!」ドシャッ

DカブトR「……結局、あなたはただの人間です」ガシッ

カブトR「くっ……」

DカブトR「ロボットの私に敵うはずがない」グググッ

カブトR「くはっ……うあああっ!!」ガシャンッ

『Put on!』

キュイイイイン ガシャッ!

DカブトR「………!?」

カブトM「……この距離なら掴めないだろ!」ジャキンッ!


カブトM「アバランチブレイクっ!!」


216:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:57:54.65 ID:qMvvC8xq0
ガッ!


カブトM「………え?」

カブトM「効いて……無い?」

DカブトR「惜しかったですね……装甲で私の腕を挟み、至近距離で攻撃するのは良い考えでしたが」シュウウウウ……


『1!』『2!』『3!』


DカブトR「そもそも、私はこれくらいじゃ死にません」カシャッ


『Rider kick』


DカブトR「……ダークライダーキック」バチバチバチッ!

カブトM「………!!」カシャッ


ドガッ!


217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 00:58:24.30 ID:qMvvC8xq0
カブトR「うわあああああっ!!」ゴロゴロゴロ ドカッ

カブトR「くっ……うう」

DカブトR「……直前でキャストオフして、自分から吹き飛んだんですか?」

DカブトR「しぶといですね、本当に……」

DカブトR「……でも、そろそろおしまいにしましょうか」ザッ

カブトR「……くっ」


バチ  バチバチ


カブトR「………?」


218:ED2 「LORD OF THE SPEED」:2011/10/20(木) 00:59:21.56 ID:qMvvC8xq0
カブトR「これは……」

DカブトR「……何?」


バチバチバチ バチバチバチバチバチ!

バシュッ!


カブトR「ゼクター……? まさか、これが!」

パシッ!


カブトR「ハイパーゼクター……!!」


DカブトR「!! そんなっ! まだ完成してないはずなのに……」


DカブトR「……完成した未来から来たのか!!」


219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:00:04.84 ID:qMvvC8xq0
カブトR「……よしっ!」ガシャッ


カブトR「……ハイパーキャストオフ!」ガシンッ


『Hyper cast off!』


ギュイイイイイン…… バシュッ!



ハイパーカブト「…………」シュウウウウウ…



DカブトR「くっ……クロックアップ!」シュンッ!

DカブトR「てーいっ!」ヒュン!


Hカブト「ハイパークロックアップ」シュンッ!


220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:00:47.74 ID:qMvvC8xq0
DカブトR「なっ……」スカッ


Hカブト「……今ならわかる」

DカブトR「……たあっ!!」ブンッ

Hカブト「これを作った東雲はかせの気持ちが」シュンッ!

DカブトR「……っ!」スカッ

Hカブト「はかせは、やり直したかったんだよ……あなたと」

DカブトR「……何?」

Hカブト「あなたのことが嫌いなわけじゃない」

Hカブト「……ただ、それを表す方法を知らなかっただけで」

DカブトR「知ったような口をきくな!……人間として生まれたあなたに、何がわかるって言うんですか!」


Hカブト「そりゃわからないよ……あなたはあなたなんだから」


DカブトR「……っ!?」


221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:01:30.42 ID:qMvvC8xq0
Hカブト「……別にロボットでもいいじゃん、それがあなたでしょ?」

Hカブト「それにはかせ以外にだって、好きになってくれる人はいる」

Hカブト「……例えロボットでも受け入れてくれる、そういう人がきっと居るよ」

DカブトR「……うわあああああっ!!」ダッ


『Hyper clock up!』


Hカブト「だから……今からそれを探しに行こう」ガチン


『Maximum Rider Power!』


222:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:02:46.28 ID:qMvvC8xq0
Hカブト「……ロボットでもなんでも受け入れられる」カチッ

『1!』

Hカブト「みおちゃんも、高崎も、笹原先輩も、立花先輩も……」カチッ

『2!』

Hカブト「麻衣ちゃんも、あなたも……私だって幸せになれる」カチッ

『3!』


Hカブト「そんな……日常を!」カシャンッ


『Rider kick!』

バチバチバチバチッ……



Hカブト「……うらあああああああっ!!!」


―――――――――――――――


223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:03:32.67 ID:qMvvC8xq0
―――――――――――――――

一年前 時定町 東雲研究所


『Hyper clock over!』


キュウウウン……


ゆっこ「……ここが、一年前の東雲研究所?」キョロキョロ

ゆっこ「うん、ちゃんと夜中に飛んできてるな」

ゆっこ「……さてと」

ゆっこ「まずはワーム第一号を回収しないとかな……」

ガチャッ

ゆっこ「!?」バッ


はかせ「……あれ? なにしてるの?」


224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:03:58.54 ID:qMvvC8xq0
ゆっこ(ト、トイレー!?)

ゆっこ(まずったなー……東雲はかせだよねアレ)

はかせ「……? どうやって入ってきたの? お姉ちゃんだれ?」

ゆっこ「う……あー、えっと……」

ゆっこ(どっ、どどどどうやってごまかそう……サンタには時期が早いし……)

はかせ「ねー、だーれー? どろぼー?」

ゆっこ「!! ち、ちがうよ! え、えーっと……」


ゆっこ「かっ……カブトムシだよっ!!」


225:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:04:36.98 ID:qMvvC8xq0
はかせ「…………」

ゆっこ「…………」

ゆっこ(何言ってんだ私は……)


はかせ「か、カブトムシー!? カッコイイ!!」キラキラ


ゆっこ(えーっ!? 食いついた―!!)

ゆっこ(やっぱり天才はどこか違うのかな……麻衣ちゃんもちょっとアレだったし)

ゆっこ(……でも、これはチャンス!)

ブウウウウウン…

ゆっこ「そ、そうでしょー? しかも、私は正義の味方のカブトムシなのだ!」パシッ

ゆっこ「……変身!」

『HENSHIN!』

ガシャッ キュイーン バシッ!!


226:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:05:20.67 ID:qMvvC8xq0
はかせ「!!!!」パアアアア

はかせ「すごーい!! カブトムシー!!」

カブトM「ふっふっふ……仮面ライダーカブト! 参上っ!」ビシッ

はかせ「わあ……!! かーっこいー!!」

カブトM(……よしっ、掴んだ!)

はかせ「ねーねー、なんではかせの所に来たの? なにかくれる?」

カブトM「オホン……実は任務で、ある生物を探しているんだよ」

カブトM「それはどうやらこの家にいるらしいのだが、見つからないんだ」

カブトM「……そうだなー、協力してくれたら、何かご褒美をあげようか」

はかせ「ごほうび!! ごほうびって何!? 何くれるの!?」ピョン ピョン


228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:06:44.44 ID:qMvvC8xq0
カブトM「え? えーっと……」

カブトM(そうきたか……しかたない、麻衣ちゃん、ゴメン!)

ガシャッ キュウウウウウン……

ゆっこ「こっ、このカブトゼクターをあげよう!」ガシッ!

はかせ「いいの!? やったー!」

ブ…ブブ ジタバタジタバタ

ゆっこ(ゆ、許せカブトゼクター……!)

はかせ「それで? 探してるのはどんな生き物なの?」

ゆっこ「えっと……どんな姿にもなることが出来る、生物なんだけど……」


はかせ「……あ、それもしかして、はかせが作った生き物?」

ゆっこ「そう! それ、私に譲ってくれる?」


229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:07:08.86 ID:qMvvC8xq0
はかせ「んー……でもちょっと危ないんだけど」

ゆっこ「……大丈夫! 私は正義の味方だよ?」

ゆっこ「何があったって平気だもん!」

はかせ「……でも、はかせがカブトムシもらっちゃったら、変身できなくなっちゃうんだけど……」

ゆっこ「うっ……だ、大丈夫だって! ほらっ!」

バチバチバチバチ バシュッ!

ゆっこ「もう一個あるから!」ガシッ

はかせ「……そうなの? 本当に大丈夫?」

ゆっこ「う、うん!」

はかせ「……じゃあ、持ってくるね!」トテテテッ

ゆっこ「暗いから気を付けてねー!」

ゆっこ「…………」


231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:08:08.73 ID:qMvvC8xq0
ゆっこ「…………」

ゆっこ「はあ……良かったあ」ホッ

ゆっこ「……そういえば、ここって東雲研究所なんだよね……」

ゆっこ「見た感じ普通の家だけど……この部屋はなんだろ?」ガチャッ キイ…

ゆっこ「……あっ」


ゆっこ「このベッドに寝てるのって……!!」


232:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:08:45.65 ID:qMvvC8xq0
トテテテテテテテ

はかせ「カブトー! 持ってきたよー!!」

はかせ「……? 何見てるの?」

ゆっこ「あっ、勝手に見てごめん……でも、これって……」


ゆっこ「ロボット……だよね?」


はかせ「うん、そうだよ! はかせがつくりました!」

ゆっこ「へえ……本当にロボットなんだ」

ゆっこ「やっぱり人間そっくり……」

ゆっこ「……寝てるの?」

はかせ「ううん、まだスイッチ入れてないの」

はかせ「明日入れようと思ってるんだけど……」


233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:09:22.69 ID:qMvvC8xq0
ゆっこ「明日……あ、そうだ」

ゆっこ「はかせ、約束して欲しいことがあるんだけど、いいかな?」

はかせ「なに?」


ゆっこ「すぐじゃなくていいから……その子に、名前をつけてあげて」


はかせ「なまえ?……なんで?」

ゆっこ「……名前を呼ぶってことはね、その人が好き、ってつたえることなんだよ」

ゆっこ「だから、絶対につけてあげて。……えっと、これも、あげるから!」ゴソゴソ

チャリン…


234:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:10:01.45 ID:qMvvC8xq0
はかせ「……? なにこれ?」チャリ

ゆっこ「えーっと、ネジ回しだけど……」

はかせ「ねじまわし……?」

ゆっこ「あー……ほら、昔のブリキの玩具とかの、背中についてるあれだよ、あれ」

はかせ「背中に……?」

ゆっこ「うーん、わからないか……でも私の、大切なものなの」

はかせ「もらっていいの?」

ゆっこ「うん……そのかわり、約束まもってね」

はかせ「なまえ……うん、わかった」

ゆっこ「よしっ!いいこいいこ!」ナデナデ


236:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:10:33.68 ID:qMvvC8xq0
ゆっこ「じゃあ、さっき言った生き物を渡してくれる?」

はかせ「あ、そうだった! はい!」スッ

ゆっこ「えーっと、カブトムシにしか見えないけど……これでいいの?」

はかせ「うん、今はカブトムシに擬態させてるだけだから」

ゆっこ「そっか……じゃあ、私も、はい」スッ

ブ…ブブ…ジタバタジタバタ

はかせ「わあ……ありがとう!!」

ゆっこ「……こっちこそ、ありがとね」


はかせ「…………あれ?」

ゆっこ「? どうしたの?」


はかせ「カブトの周り……雪が降ってる」


237:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:11:23.60 ID:qMvvC8xq0
ゆっこ「え?……あ」

ゆっこ(そっかあ……消えちゃうんだ、過去を変えたから……)

はかせ「……寒くないの?」

ゆっこ「……平気だよ」

ゆっこ「うん、平気……たぶん、上手くいったと思うから」

はかせ「……?」

ゆっこ「気にしないで、こっちの話だから」


239:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:12:09.25 ID:qMvvC8xq0
ゆっこ「……じゃあ、私はもう行くね」

はかせ「行くって、どこへ?」

ゆっこ「……うーん」



ゆっこ「私たちの……日常、かな」



サラサラサラ…


はかせ「………あ」

ゆっこ「……ばいばい」


サアッ……


はかせ「………消えちゃった」


240:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:12:42.82 ID:qMvvC8xq0
はかせ「…………」

ジタバタジタバタ……ピタッ

はかせ「……カブトムシは、あるけど」

トテテテテ

ガチャッ キイ…

はかせ「…………」

はかせ「なまえ……」

はかせ「……ねじ」チャリン


はかせ「……どんな名前がいいかな?」

はかせ「なー、ぬ? んー……ね?」

はかせ「なー……なー……なー……」


――――――――――――――――――――


241:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:13:37.01 ID:qMvvC8xq0
――――――――――――――――――――

時定町 時定高校 廊下



タッ タッ タッ タッ タッ タッ タッ


「はあっ……はあっ……」


タッ タッ タッ タッ タッ タッ タッ


「た、助けて……誰か……」


タッ



みお「……待てえーっ!!!」


ゆっこ「ギャーッ!!」


242:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:14:28.95 ID:qMvvC8xq0
みお「あんたぁ……私、何頼んだっけ……?」ジリッ…ジリッ…

ゆっこ「え、えーと……」

ゆっこ「か……辛味噌?」



みお「サバ味噌だよっ!!!」



ゆっこ「ひいっ!!」

みお「味噌味のサバだよ! それを……辛味噌って! どうすればそんな聞き間違いするんだよ!!」

みお「焼きそばの比じゃないよっ!! カ行どっから出てきたんだよ!」バシーン バシーン

ゆっこ「ご、ごめんって……私もよくわからないうちに辛味噌を買ってたんだよー!」


243:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:15:17.45 ID:qMvvC8xq0
みお「んなわけあるか!! ……どう考えても辛味噌単品っておかしいだろ! せめてご飯とか買ってきなさいよ!」

ゆっこ「でももうお金無いし……」

みお「じゃあどうやって食べろって言うのよ!!」



ゆっこ「…………単品で」



みお「リバースしちゃうよおおおおっ!!!」


245:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:15:54.54 ID:qMvvC8xq0
時定高校 廊下 曲がり角



笹原「…………」ジー


ウラアアアアア! ギャアアアアアア! ボカスカボカスカ

ナ、ナニヤッテンダアイオイ! ゲッ タカサキセンセー!


笹原「…………」

笹原「……ふっ、平和だな」


(爆撃音)


みさと「平和だな、じゃないでしょ! 見てないで止めなさいよ!」

笹原「…………」シュウウウウ


246:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:16:47.56 ID:qMvvC8xq0
みさと「全く、いつもいつもかっこつけて! ばっかじゃないの!?」

笹原「……時に、立花みさとよ」キュッキュッ

みさと「……何よ」

笹原「今日の授業は、午前中で終了だったか?」

みさと「そうだけど? そのくらい確認しときなさいよ、もう……」

みさと「で? だから何?」


笹原「いや、一緒に昼食でもどうかと思ってな」



(炸裂音)


247:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:17:26.42 ID:qMvvC8xq0
笹原「…………」シュウウウウウ

みさと「なっ、何よいきなり! 変なこと言うのやめてよね!!」カアアアア

笹原「……別におかしなことを言った記憶は無いが……」キュッ キュッ

笹原「この前、美味いサバ味噌を出す店を見つけてな。 ちょうど今、サバ味噌の名を聞いて思い出したのだ」

笹原「どうせなら、立花みさとも誘おうかと思ってな」

みさと「な、何よ……別に私を誘うことないじゃない」

笹原「……しかし、サバ味噌は好物だろう?」


(発射音)

(着弾音)

(爆発音)


248:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:18:03.48 ID:qMvvC8xq0
みさと「な、なんであんたがそんなこと知ってるのよ!」カアアア

笹原「ふっ……そのくらい知っているさ」キュッ キュッ



笹原「長い……長い付き合いだからな」



みさと「~~~~~~っ!」カアアアア!

みさと「おっ……美味しいんでしょうね! その店!」

笹原「ああ、もちろんだ……まかないでしか出さない、いわば裏メニューだが」

笹原「……行くか?」

みさと「いっ……行くわよ!! で、でも、私はそのサバ味噌が気になっただけなんだから!!」


みさと「………勘違いしないでよねっ!!!」


249:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:18:51.64 ID:qMvvC8xq0
時定町 通学路 雑木林近辺



ゆっこ「麻衣ちゃーん!」ガサガサ

麻衣「…………」パタン

ゆっこ「ごめんごめん、結構待たせちゃったね」

麻衣「……いいよ」

ゆっこ「ありがてえありがてえ」スリスリ

麻衣「……何を取ってきたの?」

ゆっこ「あ、そうだったそうだった……えーっとね」ゴソゴソ


ゆっこ「じゃじゃーん! カブトムシー!」ビシッ


250:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:19:21.44 ID:qMvvC8xq0
麻衣「…………!!」

ゆっこ「いやー、何かあると思ったらやっぱりカブトムシだったよ」

ゆっこ「また随分と季節外れだけど、今年はあったかいからね、こんなこともあるのかも」

ゆっこ「まー、それでも見つけるのは難しいと思うけど……私にかかればこんなもんだね!」エヘン

麻衣「それ……どうするの?」

ゆっこ「実はね、麻衣ちゃんにあげようかと思ってさ」スッ

麻衣「……いいの?」

ゆっこ「うん! 麻衣ちゃん生き物好きでしょ?」

麻衣「…………」コクッ


ゆっこ「それにさ……まだ、お返ししてないな、って思って」


251:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:20:00.85 ID:qMvvC8xq0
麻衣「……何の?」

ゆっこ「へ? ……あー、なんだろ?……ま、いいじゃん! 受け取っときなよ、ね!」

麻衣「うん……ありがとう」


麻衣「……ゆっこ」

ゆっこ「へ? 何?」

麻衣「…………」スタスタ

ゆっこ「……え? 何? 何なの?」

ゆっこ「私何かした? ……麻衣ちゃーん」トテトテ

麻衣「……別に?」

ゆっこ「えーっ……じゃあなんで呼んだの?」



麻衣「呼んでみた、だけ……ふふっ」


252:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:20:53.59 ID:1Qe5Lpp9O
基本、カブト、ファイズ、ブレイドが好きなのか


253:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:21:02.15 ID:qMvvC8xq0
時定町 東雲研究所前



なの「……あ、相生さん」

ゆっこ「へ? あ、なのちゃんだー」

なの「どうしたんですか? 家に、何か?」

ゆっこ「うん、実はね……ほら、これ」ヒョイ

なの「……ケーキ、ですか?」

ゆっこ「うん、この間の誕生会の時、台無しになっちゃったからさ」

ゆっこ「もう一回、改めて食べようかな―って」

なの「ああ……わざわざありがとうございます! ……はかせが落としたのに、すみません……」

ゆっこ「いいのいいの! 誕生日なんだから、それくらいよくあるって!」

なの「はあ……そうでしょうか」


255:>>252 メイドの目的は大道克己と同じなんだぜ:2011/10/20(木) 01:22:44.45 ID:qMvvC8xq0
なの「……そういえば、この間は本当にありがとうございました」

ゆっこ「誕生会、楽しかった?」

なの「はいっ! すごく楽しかったです!」


なの「あ……でも、どうして私の誕生日がわかったんですか?」

なの「私、相生さんに教えてませんでしたよね?」

ゆっこ「あ、やっぱりあの日で良かったんだ」

ゆっこ「……私もよくわからないんだよねー。 なんでわかったんだろ?」

なの「そうだったんですか……不思議ですね」


256:ED3 「ZZZ」:2011/10/20(木) 01:24:01.00 ID:qMvvC8xq0
ゆっこ「んー……でもさ、前、誰かが言ってたような気がするんだけど」

ゆっこ「私たちの日常は、実は奇跡の連続なんじゃないか、って」

なの「奇跡の……連続?」

ゆっこ「うん。 私となのちゃんがこうやって話してるのも、実は色んな奇跡が積み重なって起きてるらしいよ」


ゆっこ「だから……ちょっとくらい奇跡が起こっても、良いんじゃないかな」


なの「……そうですね」

なの「ちょっとくらい、不思議なことがおこってもいいですよね!」

ゆっこ「そうそう!……じゃ、そろそろ入ろうか」

ゆっこ「……なのちゃん!」



なの「はい!……相生さん!」



おしまい 


257:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:24:56.01 ID:qMvvC8xq0
一スレ間、応援ありがとうございました!

以上です


258:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:26:36.80 ID:RYRNKfdD0

やっと寝れるぜ


259:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:27:28.35 ID:JSitHp6L0
>>1乙!


260:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:27:36.54 ID:WjNVS5Ie0
乙!
おもしろかった


261:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:27:43.41 ID:Az8I6Fq90
乙うぇい!


262:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:27:46.59 ID:gLWrOX5z0
乙!
仮面ライダーよく知らないけど面白かった


264:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 01:30:38.68 ID:qMvvC8xq0
仮面ライダーとか日常知らない人が興味を持ってくれたら嬉しい 
では、もう寝ます 本当にありがとうな 序盤は心が折れそうだったぜ……





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「クロスオーバー」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2011/10/21(金) 03:28:17

    日常とカブトを題材にするとは、いい趣味だな!


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ