Powered By 画RSS


グレファー「安価で遊戯王の女モンスター犯す」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 00:10:59.90 ID:J/sJx+qjO
グレファー「やはり可愛い女の子は国産ゲーの強みだしな。MTG?ヒロイン格が白眼剥いてるとか無いわ(燃え立つなんちゃら)」

グレ「精霊界じゃデュエルの勝敗が大半の事を決めるから、強いデッキが無きゃな。この俺のデッキは>>4だ」




2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 00:12:38.19 ID:hRUKQBjm0
バンデモニウム(ゼラ系統入り)


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 00:13:10.64 ID:bVzfzzRuO
城之内デッキ


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 00:13:13.72 ID:tpYdNrU50
凡骨エクゾ


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 00:16:26.68 ID:J/sJx+qjO
グレ「バニラの俺らしく凡骨エクゾだ」

グレ「さて、最初の相手は誰にしようかな……こいつだ!」>>9


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 00:17:37.95 ID:2qqNZ8wE0
白魔導士ピクル


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 00:18:14.12 ID:SFua8aUy0
ブリューナク


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 00:18:18.26 ID:hRUKQBjm0
荒野の女戦士


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 00:18:27.65 ID:zROdkDxB0
BMG


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 00:21:22.06 ID:cV1rMihb0
いきなりか


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 00:21:23.82 ID:G548eEf30
汚されちゃう


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 00:22:47.96 ID:Bv0av9gnO
パンツ脱いだ


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 00:26:02.48 ID:J/sJx+qjO
グレ「やっぱりBMGは王道中の王道だな。さっそくだが突撃するぞ」




グレ「デュエルに勝ったらレイプさせてもらうぞ!」

BMG「い、いきなり何よ!?」

グレ「問答無用!先行はじゃんけんホイ!勝ったから先行な!」

BMG「ちょっとー!」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 00:29:47.76 ID:J/sJx+qjO
BMGのデッキ>>22


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 00:30:36.76 ID:Y5LI2ZCRi
ブラックマジシャン軸魔法使いじゃね


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 00:30:48.46 ID:Bv0av9gnO
ガチBF


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 00:31:07.20 ID:zROdkDxB0
先行クェーサー


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 00:33:03.61 ID:cV1rMihb0
じゃんけんホイとか可愛いなwww
いきなり先行ドロー!とか言って
始めるのかとおもた


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 00:53:12.64 ID:J/sJx+qjO
グレ「モンスターセット凡骨発動カードセットどうぞ」

BMG「うう……ドロー!手順略フォーミュラ司書司書クエーサーどや!」

グレ「」

BMG「クエーサー二回攻撃」

グレ「おうふ」ホーリーエルフ撃破&LP8000→4000
BMG「……心許ないけどターン終了」

グレ(効果モンスターの乏しい俺のデッキ……だが逆転の策はある!)

グレ「俺のターン、ドロー前にサンダーブレイク!対象はクエーサーだ!」

BMG「な、なんでそんなアド損カードを!?無効!4000の壁、そうそう破れないわよ!」



グレ「グレファーホーリーエルフハープの精ハープの精ジェネティック右腕右足リロード発動グレファーグレファー左足右足ハープの精左腕揃ったオラァ」


BMG「」


BMGを倒したぞ!てゆーかワンキル系すぎてデュエル描写しようがないぞ!


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 00:54:32.09 ID:zROdkDxB0
はえぇwww
wktk


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 00:55:12.82 ID:J/sJx+qjO
グレ「さて、記念すべき第一回。せっかくだからこのカードを使ってレイプしてやろう」

このカードとは>>36


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 00:55:35.77 ID:y/LJd1CE0
凡骨エクゾ正解やったな


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 00:56:04.02 ID:y/LJd1CE0
すまん


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 00:56:07.93 ID:J/sJx+qjO
さいあんか>>40


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 00:56:33.01 ID:y/LJd1CE0
ワームヤンガス


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 01:16:00.79 ID:J/sJx+qjO
ヤンガスってドラクエ8だよな、ヤガンだよな


グレ「ワーム・ヤガンを召喚。さあ、持ち上げろ」

BMG「きゃ、きゃああああ!?」


ヤガンの二股に分かれた身体の先端から伸びる触手が、それぞれにBMGの脚を絡めとり、開脚した状態で固定する。

グレ「ククク、もう逃げられんぞ……フン!」

材質のよくわからない服をずらし、下着を引きちぎって秘所を顕にする。
薄い金の茂みを掻き分けると、そこには殆ど使い込まれてないような慎ましい割れ目があった

グレ「ほう、綺麗なものだな。てっきり師匠とヤりまくってるもんだと……」

BMG「な、なんで知ってるの!?」


グレ「畜生あのLV72500バニラ()は絶許!オラァ!」

BMG「イヤアアア、師匠だけのなのにー!」

悔し涙に滲む世界を見ながら、グレファーは怨嗟を込めて目の前の肉穴に腰を叩きつけた。

BMG「ぐっ、いやあ、ひいい!!」

グレ「この、このっ!オラァ!」パンッパンッ
グレ「ヤガン、お前もやっていいぞ!てゆーかやれ!」


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 01:39:04.19 ID:J/sJx+qjO
ヤガン「」ウネウネ
ヤガンの右腕(?)の触手が伸びる。それは太ももを伝い、BMGの股間より少し後ろ……肛門に辿り着く。

BMG「え、うそ、ウソ!?あ、ダメ、そんなのダメぇぇぇぇぇ!そこ、おかしいよぉぉぉ!」

グレ「んだよ、そっちは初めてか?ヤガン、全力でぶちこめ」

ヤガン「」ウネウネ

細い触手が束になり、グレファーのそれより一回り大きな塊を作る。そしてそれは、先行した何本かの触手に導かれ、まっすぐにBMGの直腸を貫いた。

BMG「イヤアアアアアアアア、痛いィィィィィ!」
メリメリと、すぼんでいた肛門が裂ける寸前まで広がる。その苦痛は到底耐えられるものではなく、BMGの瞳から涙が零れた。

グレ「ハハハ、そうだ、その怯えた表情が最高なんだ、よ!!」パンッ!!
グレ「出すぞ、BGM子宮精子オラァ!」ドピュ

BMG「あ……ぁぁ…………」

グレファーが射精した時には、既に気を失っていたのか、BMGはピクリとも動かなくなっていた。

グレ「はん、遊戯王のアイドル面しやがって、その実中古のマグロだとはな。ワームども、もうこいつはくれてやる」

グレファーがBMGへの興味を失って去ると、その跡にテンタクル、イリダン、ノーブル、ウォーロード……続々とワームが集い、気を失った少女を囲んでいく。
そして、誰のものともわからぬ触手がBMGの身体へ伸び、彼女の服をむしり取ると……

グレ「次の相手は>>60だ」


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 01:39:52.13 ID:M+tKvSt/0
疾風の暗黒騎士ガイア


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 01:41:53.06 ID:/PoLXw4z0
ヴェノミナーガ


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 01:41:58.01 ID:7KW4xIJd0
ヒータ


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 01:44:16.77 ID:ixvSwMid0
危なかったな


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 01:52:46.62 ID:J/sJx+qjO
ヒータ「ん?何か用か、オッサン?」

グレ「お、オッサン……だと……?許さん、レイプしてくれる!!」

ヒータ「はあ?アンタ頭沸いてんのか?沸いてんだろ!」

グレファー「うるせえデュエルだ!」

ヒータ「やっぱり頭沸いてやがる!」

グレファー「先行モンスターセット」

ヒータ「伏せ伏せどうぞ」

グレファー「ガードオブフレムベル反転ジェネティック召喚シンクロカタストルついでに凡骨と伏せ」

ヒータ「グラバどや!オレのターンステルスバードどや!」

グレ「凡骨ターボどや!量産工場で手札にバニラ10枚どや!人投げトロールに決戦の火蓋どや!」

ヒータ「な、なんだと!?」LP8000→0


グレ「この生意気な小娘には>>66を使ってやる」


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 01:53:50.67 ID:M+tKvSt/0
ホーリージャベリン


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 01:54:53.84 ID:5gP/6EWo0
おれとおまえを超融合


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 01:55:09.01 ID:7KW4xIJd0
フリント


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 02:16:40.11 ID:J/sJx+qjO
ヒータ「クソっ、なんだこれ!?外せよ!」ガチャガチャ

グレ「せっかくつけた拘束具を外す奴があるかよ?」

赤い髪の少女は、フリントによって腕を拘束されていた。鎖は胸を強調するように巻き付いているが、彼女はそれによって引き立つものは生憎持ち合わせていなかった。

グレ「生意気なガキにも、更正のチャンスをやろう。跪いて詫びろ」

ヒータ「この、ざけんな!」

叫びながら、体当たりを仕掛ける。
だが、戦士として訓練してきたグレファーにそれを避けるなど造作もなく、勢い余ったヒータは無様に地面へ転がった。

ヒータ「いつつ……ぐえっ!?」

転がったヒータの背を踏みつけると、グレファーは彼女のスカートの内へ手を伸ばす。

ヒータ「や、やめろ、嫌だ、やめて、謝る、謝るから!!」

グレ「あん?時間切れだ、小娘。ギリギリまでヤバくならないと気がつかない馬鹿娘は、しっかり躾てやらなきゃな」

下着が引きちぎられる。グレファーは臨戦態勢になった肉棒を取り出し、ヒータに見せつける。逞しい体躯に見合う、立派な逸物だった。
いよいよ追い詰められたヒータは涙ながらに懇願を続けるが……

ヒータ「お願いだ、他に何でもする、何でもするから!嫌だ、初めてなんだ、だからっ、だから……」
グレ「へえ、初めてか、そりゃ嬉しいことを聞いたな!」ブチィッ


その懇願は、聞き届けられなかった


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 02:18:04.73 ID:s/EVtSXW0
興奮してきた


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 02:20:51.65 ID:oEHgTtNW0
すばらしいぞ


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 02:22:43.40 ID:/PoLXw4z0
流石悪堕ちした方が強いグレファーだな


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 02:36:07.09 ID:J/sJx+qjO
ヒータ「ぐあっ……ぁ……」

グレ「くっ……初物だから、キツいな……」

ヒータ「ぅ……オレの……初めてが……」

ヒータの表情が絶望に染まっていく。
普段は気の強さを象徴するつり上がった目は、今や光を失い、涙に濡れていた。

グレ「オラ、動かすぞ」

ヒータ「や、やめ……痛……ぁぁ……」

身を捩って逃れようとするものの、深く突き込まれた肉棒はその程度で抜けるはずもなく、鮮血を溢す膣へ余計なダメージを与えるだけだ。
グレファーは、キツく侵入者を拒む膣を無理矢理こじ開け、ゆっくりと抽挿を始める。

ヒータ「い……いたい……」

グレ「そうかそうか、それは良かった。こいつに懲りたら、そのクソ生意気な性格を直すんだな!」

程なく、グチョグチョとピストン運動が始まる。破瓜血を潤滑油にした、苦痛に満ちたその行為は、少女の心を引き裂いていく。


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 02:52:57.11 ID:J/sJx+qjO
グレ「さてと、俺はこのまま五回ほど楽しもうかと思ってるが、そんな苦しそうな様子じゃそんなに持たないだろう?」

ヒータ「ぐるじい……いだい……」

グレ「俺もそこまで鬼畜じゃないからな、ちゃんと詫びれたら回数を減らしてやろう。どうだ、嬉しいだろう?」ズッ、ズプッ

ヒータ「あ゛あ゛あ゛……」

グレ「なんだ?嬉しくないのか?なら、予定通り五回」

ヒータ「うれ゛じい!嬉しいです!だから、ごめ゛、ごめ゛んなさい!」

プライドも何もかもをかなぐり捨て、ヒータは声を張り上げた。
これ以上の屈辱など考えられなかったが、この耐え難い苦痛が早く終わるためなら、そうも言ってはいられなかった。
だが、この程度の屈辱など序の口に過ぎない事を、ヒータは思い知らされる。

グレ「そんなもんじゃ誠意が伝わらねえぞ。『おバカな負け犬ヒータちゃんは、グレファー様に二度と逆らいません。グレファー様の命令になんでも従う奴隷になりますから、どうか処女マンコレイプの回数を減らしてくださいませ』とか、それくらい言ってみやがれ」

ヒータ「あ゛あ゛……いう、いいます……いわせてください……」

苦痛から逃れたい一心で、勝手に卑屈な言葉が漏れた。

グレ「じゃあ、ちゃんと言えよ?おバカな負け犬ヒータちゃんは、ほら」

ヒータ「う……エグッ、お、おバカな負け犬……ヒータ、ちゃんは……」


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 03:14:36.70 ID:J/sJx+qjO
ヒータ「しょじょまんこれいぷの……かいすう……へらしてくださいませ……」

決して長くはないその文言だったが、言い終わる頃にはヒータのプライドは跡形もなく壊れつくし、涙も枯れ果てていた。

グレ「はい、よく言えました。じゃあ今日の回数は減らしてやるよ、今日のはな。オラ、出すぞ!」

ヒータ「はい……グレファーさまの……ください……」

逆らわず、なるだけ男の喜びそうな事を言う。それが苦痛を少しでも減らすと信じて。
だが、それが自らの心を犯し、惨めな存在へ貶める事に、少女は気付く事ができなかった。

グレファー「オラァ!」ドピュドピュ!!

ヒータ「あ…………」

熱い何かが体の中に広がり、出された事をヒータは理解する。

ヒータ(終わった……ようやく解放され……)

グレ「意外と処女の癖に具合がいいな。十発でもイケるかもしれん。ほら、ボーッとすんな、今のリップサービス良かったぞ、ちゃんと続けたらあと四回で済ませてやる、ほらやってみろ」

ヒータ(ああ、もうダメだ……約束が違うのに、こいつに逆らう気が起きない)

ヒータ「はい、グレファー様……グレファー様の奴隷のヒータに、もっと種付けしてくださいませ……」

そして、心を砕かれた少女は、奴隷へと身をやつした。


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 03:15:56.57 ID:A1UFIAo+0
ちょっくらグレファー破いてくる


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 03:17:25.35 ID:J/sJx+qjO
次の被害者は>>94で
すまんちょっと休憩


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 03:25:59.78 ID:A1UFIAo+0
ワイト夫人


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 03:28:16.57 ID:TVlQ8TOI0
ピケル


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 03:28:22.59 ID:Dr30y71w0
ディアン・ケト


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 03:29:03.53 ID:++USBeae0
やりやがったwwww


100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 03:34:30.16 ID:g+1Bu/n9i
期待


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 03:39:13.05 ID:J/sJx+qjO
グレ「ヒータが本当に何をさせても逆らわなくなった。都合のいい肉奴隷になると同時に、タッグデュエルもできるようになった」

グレ「ともあれ次は治療の神。女神とくればそりゃあ美人だろうなぁ、グヘへ」

ヒータ「ぐ、グレファー様?あの、治療の神は」

グレ「オラ、治療の神とやら、レイプしに来たぞ」

ディアン・ケト「え?」

ヒータ「だから言いたかったのに……」




怒りの業火エクゾードフレイム!


>>105 タッグも可


105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 03:41:45.14 ID:/PoLXw4z0
黒翼の魔術師


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 03:58:02.22 ID:J/sJx+qjO
グレ「酷いもん見たぜ、腹いせにこいつだ。」

黒翼「……何ですか、あなたは?」

グレ「お前を犯しに来たんだよ」

黒翼「……無駄よ」


黒翼「先行スタダ&ビースト切ってバスターモードサーチ&セット、そちらターン開始時に起動でスタバ」

グレ「意地発動無効にされもう一枚発動カードセットエンド」

黒翼「殴ります」

グレ「」8000→5000

グレ「ドロー前にサンダーブレイク、以下同文オラァ!」

黒翼「」


グレ「>>111のカードを使ってやるぜ」


109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 03:59:25.59 ID:rTwVZ8bV0
ディアンケト終わりかよ…


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 04:00:39.30 ID:TVlQ8TOI0
ならず者傭兵部隊


114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 04:12:12.61 ID:J/sJx+qjO
グレ「ゲヘへ、小綺麗な姉ちゃんだな」

傭兵「ウヘへ、なかなかここまでの上玉はお目にかかれねえや」

下卑た男達に囲まれ、黒翼の魔術師は小さく縮こまる。

グレ「おいヒータ、お前は前座だ。ちょっと百合ってほぐしてやれ」

ヒータ「かしこまりましたの」


128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 08:41:33.52 ID:J/sJx+qjO
ヒータ「ん、ちゅっ……」
黒翼「んーっ!?」
同性に唇を奪われる突然の事態に、黒翼の魔術師は戸惑う。混乱した黒翼の魔術師にろくな抵抗はできず、ヒータの舌が無防備になった口内へ容易く侵入し、そこを蹂躙する。
絡み合う舌から伝わる温もりが、黒翼の魔術師の頭を甘く痺れさせる。唾液を吸い取られるような口付けが、心をも奪い取っていく。

ヒータ「んふ……」
黒翼「ぷはっ……はぁ、はぁ……」
ようやく口を解放された頃には、黒翼の魔術師の目は潤み、抵抗の意思も蕩けてなくなっていた。

ヒータ「ふふ、もう下もぐちゃぐちゃだな……」
ヒータの手が、黒翼の魔術師の股間を愛撫する。そこは黒いスカートが更に黒くなるほど蜜が零れていた。

黒翼「ぁ……ぃゃ……」
ヒータ「嫌なら、どうして抵抗しないんだ?違うだろ、オレに犯されるの……期待してるだろ?」
ヒータの手がスカートの中に滑り込み、直接彼女の性器に触れた。

黒翼「ふああ!?」
ヒータ「ん……ぬるぬるで、すごい……指が吸い込まれるみたいだ」

黒翼「あっ、あっあ……」
意識せず、黒翼の魔術師の膣は差し込まれたヒータの指を食い締める。それによって自らを襲う快楽を大きくしてしまい、黒翼の魔術師はヒータの思うがままに快楽に溺れる。

黒翼「ん……ちゅっ、ちゅー」
ヒータ「……れろっえろ……」
最早思考もままならなくなった黒翼の魔術師は、自分からヒータへ口付けた。それを受け入れ、侵入してきた舌を絡めとり、ねじ伏せると、黒翼の魔術師は全身を脱力させて無抵抗になった。
すっかり虜になった彼女を、ヒータは……力一杯突き放した。
ヒータ「グレファー様、どうぞ……準備ができました」


133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 09:30:39.49 ID:J/sJx+qjO
グレ「ククッ、ずいぶん蕩けてやがるな」
傭兵「さて、さっそくやっちまおうか」
黒翼「ふぁ……そんな……」
抵抗できない黒翼の魔術師の衣を、数名の傭兵が引きちぎった。

黒翼「あ……だめ……」
グレ「こんなにグチョグチョにして、ダメなわけがあるか!入れるぞ、オラ!」
グチュリ。逞しい肉棒を突き込むと、貫かれた秘所から赤いものが垂れる。

黒翼「あはぁ!あく……」
黒翼の魔術師の口から、苦痛と快楽の入り交じった声が漏れた。

グレ「何だ?処女のクセにもう感じてんのか?」
黒翼「そ、そんなっ、事……やああ!?」
既にヒータの愛撫に蕩けた彼女の膣は、まだ慣れるまでには到らぬものの、着実に快楽をもたらしていた。

グレ「傭兵ども、こんなに感じられちゃあレイプらしくねえから、無理矢理ケツも犯せ!」
傭兵「おうさ!」
正常位の姿勢からひっくり返り、四つん這いになった黒翼の魔術師を下から突く姿勢に入れ替わる。
突き出された尻の谷間の、小さく閉じた蕾が衆目に晒され、黒翼の魔術師は羞恥に小さく悲鳴を上げた。それを意に介さず、彼女の太ももまで垂れた愛液を適当にまぶすと、傭兵の一人が未開拓の肛門に逸物を宛がい、貫いた。

黒翼「あ、あぎィ!?くるし……」
グレ「そうそう、この苦しげな表情だよ!オラ!もっと泣き叫べ!」
ズンと下から突き上げる。上がる悲鳴。苦痛と、それに僅かに混ざる快楽に錯乱した黒翼の魔術師の視線が、何かを探すようにさ迷い、一点で止まった。

グレ「あん?なんだ、ヒータちゃんにご執心か?」
苦痛と快楽にぐちゃぐちゃに掻き乱された彼女の頭は、快楽だけを与えてくれた少女にすがろうとする。だが、そんな心情を解さない男は、彼女を更なる責めに使うことに考え至る。

グレ「おい、余ってる傭兵どもはヒータを犯していいぞ。こいつに見せつけながらな」


141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 10:22:15.27 ID:J/sJx+qjO
ヒータ「はい……どうぞ、オレの身体を使ってください……」

ローブと、独特な形の服を脱いで、ショーツ一枚になる。少し躊躇した後、最後の一枚もスルリと脱いだ。

傭兵「おお、あのガチムチにヤられたわりにゃ綺麗なもんじゃねえか」
傭兵「ほら、奉仕してみろ。口でだ、口」
傭兵「あ、じゃあ俺は手で頼む」
傭兵「ぼ、ボクは腋でしてほしいな……」
傭兵「ちょっ、お前どんだけ変態だよ?あ、髪コキさせて貰うな」
集った傭兵達が好き勝手にヒータの身体を弄ぶ。それらを僅かに顔をしかめながらも受け入れるヒータ。

ヒータ「んっ……ぺろっちゅぱ……んっ、ん……」
傭兵「おっ、おお……いい具合だ……出すぞ!」ドピュッ
傭兵「くああ、つやつやの髪の毛、良すぎる!」ドピュッ
傭兵「あああ、脇に出る!ワキマンコ孕めっ、孕めぇ!」

黒翼の魔術師に見せつける為、傭兵達は我慢せずに白濁をぶちまけ、ヒータの姿を凄惨に彩る。生臭い性臭の只中でヒータの頭は機能を麻痺させ、表情は自然と虚ろな笑みへ変わっていた。
奴隷のオレは、笑った方が男が喜ぶから。ヒータはもう、ただ男のために奉仕する存在に成り果てていた。

グレ「どうした?楽しそうだろ、ヒータの奴」
黒翼「う……ああ……」
グレ「ほら、よく見てやれ。あれがヒータの本当の姿なんだよ」
黒翼「うあ、ヒータさん……ヒータさん……」
グレ「おっ、やっぱりか。ヒータがザーメン被る度に締め付けやがる」
黒翼「あっ、おっ、ヒータさん、ヒータさん……」
グレ「ハハハ、年下の小娘にお熱だなんて、とんだ変態だ!オラ!中出しくれてやる!」ドピュッドピュッ
黒翼「ああああああああ!」


142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 10:36:45.14 ID:J/sJx+qjO
黒翼「んああっヒータさん、ヒータさぁん」ズパンッズパンッ

黒翼の魔術師は、以前の凛とした雰囲気を欠片も残さず、這いつくばって肉穴を貪られていた。
可憐な声で、ただ思い人の名だけを呼び続けながら……

傭兵「あーあ、ぶっ飛んじまったよ」
傭兵「百合っ子を犯すシチュは個人的にゃ大好物だから、これはこれで」
傭兵「ほら、中出し十発目だ!」



グレ「傭兵どものペットなら、いつでも借りれるから丁度いいな」

ヒータ(ごめんな、黒翼の……たまに慰めてやるから……)


グレ「さて、そろそろ最後かな?」
次のお相手>>147


145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 10:39:41.04 ID:3YOdEStw0
コスモクイーン


146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 10:41:27.05 ID:8izxfXqa0
ゴブリン突撃部隊


147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 10:41:30.12 ID:fTttJMvy0
ドリアード


150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 10:42:12.73 ID:Q6/kcIIu0
>>147
GJ


158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 11:25:05.44 ID:J/sJx+qjO
グレ「最後はやっぱりバニラ最高峰の人気を誇るドリアードだな!」

デッキのホーリーエルフ「(゚ω゚)Σ」
デッキのハープの精「(´;ω;`)」

グレ「そうと決まれば行くぞ、ヒータ!」
ヒータ「はい、仰せのままに」


ドリアード「何ですか、あなた達は?」
グレ「デュエルに勝ったらレイプさせてもらうぞ!」
ドリアード「あらあら……」

精霊使いドリアード「では、私たち二人を相手してもらいましょう!」

グレ「ふ、二人だと!?ならヒータ、タッグデュエルだ!」
ヒータ「では、タッグ用のデッキにします。」

ヒータ「先行5伏せファイアートルーパー召喚効果発動」
ドリアード「えっ」LP8000→7000
ヒータ「メイン開始に仕込みマシンガン」
ドリアード「えっえっ」LP7000→5800
ドリアード「ダークグレファー召喚儀式魔神切って儀式魔神サーチ攻撃」ヒータ「魔法の筒」
ドリアード「えっえっえっ」5800→4100
ヒータ「ファイアーダーツ二枚、一回目(コロコロ)1200ダメージ、二回目(コロコロ)800ダメージ」
ドリアード「あうあう」LP4100→2100
グレ「俺のターン、火炎地獄打ってエレキリン攻撃で」
ドリアード「なにそれひどい」LP2100→-100

グレ「タッグデュエルならフルバーン安定だろ。>>161を使ってやる」


160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 11:29:31.03 ID:tin28E630
精神寄生体


161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 11:29:49.86 ID:f6WbKgZs0
ブレインクラッシャー


162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 11:35:09.80 ID:2qqNZ8wE0
鬼畜www


163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 11:40:32.61 ID:J/sJx+qjO
グレ「ブレインクラッシャー召喚」

ドリアード「な、あ……」
精霊使い「そんな……」

グレ「やれ」

ブレインクラッシャー「」ギチギチギチ……

ドリアードs「キャアアアアアア!」


179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 13:22:05.77 ID:J/sJx+qjO
ドリアード「グレファー様ぁ……」ペロペロ
精霊使い「ふぐ、んぐ……」ペロペロ

グレ「すっかり従順になっちまったなあ。え?」
ドリアード「はい、私たちはグレファー様の忠実なる僕です」
精霊使い「じゅぽっ、ぐじゅっぷ」

そっくりな容姿の二人が跪き、精霊使いがフェラチオで、ドリアードがアナル舐めで奉仕をしている。
全裸にトレードマークの大きな帽子を被っただけの二人は、意思のない虚ろな笑みを浮かべている。
実のところ、二人が帽子を被ったままなのはブレインクラッシャーの攻撃の傷痕を隠す意味合いを持っていた。

グレ「あー、いい具合だ。一発目、出すぞ」ドピュ
精霊使い「んくっ、ごく、ごくん……」
ドリアード「ああ、グレファー様の精液、羨ましいです……」

もはや二人は、機械的にグレファーを喜ばせる為だけの生き人形であった。

グレ「ドリアード、ハメてやるからケツ出しな」
ドリアード「ありがとうございますぅ……私のおマンコ穴を、どうぞお使いください」
精霊使い「では、私は乳首をお舐めしてご奉仕致します」

元々二人の息があっていた為か、奉仕の息もぴったりで、グレファーを楽しませる。
だが、その姿は端から見るヒータには非常に痛ましく映り、まだ幼い彼女の心を抉った。

グレ「出るぞ、孕め!」ドピュッ
ドリアード「ああーん、あつぅい……」
精霊使い「ん……ご満足、頂けましたか?」
ヒータ(うっ……見ていられない、吐き気がする)

グレ「しっかし、やっぱりぶっ壊れちまうとどうにもマグロになっちまうな。そうだな……>>182」


180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 13:25:21.84 ID:A5IjoNoMO
ガスタの希望カムイきゅん!!
駄目なら水の踊り子で


181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 13:28:05.00 ID:Bsy0MLXa0
ワイト夫人


182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 13:28:45.85 ID:/dqpar290
リチュア・エリアル


183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 13:30:30.61 ID:NtVr6atHO
僕っ子だと…


185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 13:45:45.00 ID:J/sJx+qjO
グレ「リチュア・エリアルでも犯すか。この二人は丁度いい、おい、儀式対策を教えろ」

ドリアード「はい、ぶっちゃけサーチ依存特殊召喚依存だから、ライオウでロックするだけで苦しいし、封魔の呪印で儀式止められたら詰みます。」


グレ「という訳でデュエルだ!」

エリアル「な、なんなの!?」

グレ「先行3伏せモンスターセット」

エリアル「えっと、儀水鏡からマインドオーガス」

グレ「呪印」

エリアル「サレンダー」

グレ「酷いスピードデュエルだったな。降参と言うので少し優しくしてやろうと思うが、何のカードを使おうか>>187」


186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 13:47:48.85 ID:/PoLXw4z0
ゴギガ・ガガギゴ


187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 13:47:51.74 ID:tin28E630
D・ビデオン


191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 14:01:42.58 ID:J/sJx+qjO
グレ「さて、ヤらせて貰うぞ」

エリアル「うう……あんまり酷くしないでください」

グレ「まあ、サレンダーした相手を痛め付けようとは思わんさ」

エリアル(僕、初めてなんだけど……仕方ないか)

エリアル「優しく、してね」


ヒータ「●REC」


192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 14:05:47.89 ID:2Esik4d2O
ビデオンナイスだな


193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 14:08:07.52 ID:ywmtnrVp0
ビデオン焼いたら売ってくれ


194:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 14:11:53.15 ID:J/sJx+qjO
グレ「どうだ、俺の手マンは?」

エリアル「わ……悪くはないけど、そんな言い方、やめてほしいなって」

グレ「悪い悪い。それじゃあこいつはどうだ?」

エリアル「んあっ、そこ、クリは弱いのっ……」

グレ「おやおや、ずいぶん声音が変わるじゃないか」

エリアル「こんなの、ダメなのに、僕……」

グレ「ほら、このまま一度イッちまえ!」

エリアル「ふあ、ふやあああ!」ピクッピクッ


ヒータ「●REC」

ヒータ(AV男優みたいなセリフ回しになってるな……)


196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 14:21:33.34 ID:J/sJx+qjO
エリアル「あ、あふ……」

グレ「さてと、それじゃあ本番と行こうか」
エリアル「は、はい……僕、初めてだから、優しくしてください……」
グレ「わかった。じゃあ、よくほぐして……」クチャクチャ
エリアル「んっ……」
グレ「痛かったら言うんだぞ」
エリアル「は、はい……」

ズブリ

エリアル「っつ……う……」
グレ「くっ……入ったぞ。痛みが引くまで、少し待っててやる」
エリアル「う、うーっ、ふう……わかっ、た……」


エリアル「うん、もう大丈夫……」
グレ「よし、それじゃあ出し入れするぞ……」グチュッグチュッ
エリアル「あっ、あっ、ああっ!」

ヒータ「●REC」
ヒータ(オレの時はあんなに滅茶苦茶されたのに……クソっ、後で見てろよ)


204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 14:35:55.56 ID:J/sJx+qjO
グレ「クソっ、腰が止まらねえ!このまま出すぞ!」パンッパンッ
エリアル「わ、わかった、僕の中に、どうぞ!」
グレ「うっ」ドピュピュ
グレ「ふう……」
エリアル「はあ、はあ……せ、精液が……中に……」

グレ「初めてのセックスはどうだったか?」

エリアル「……き、嫌いじゃなかった……かも。でも、僕、やっぱり無理矢理じゃない方がよかったかな……」

グレ「そうか残念だな、また無理矢理ヤらせて貰うつもりだから。ヒータ、撮れてるか?」

ヒータ「はい、バッチリ、フルハイビジョンです」

D・ビデオン「変形!シャキーン!」

エリアル「え、な、ウソ……!?」
グレ「まあ定番だが……ビデオをばら蒔かれるか、俺の奴隷になるか選んで貰おうか」
エリアル「そんな……そんなのって……」
ヒータ「グダグダ言ってねえで、早く決めろ!奴隷か、晒し者か!」
エリアル「ひ!?ど、奴隷の方が……いや、奴隷がいいです!僕、奴隷になります!」

ヒータ(こんな生ぬるいプレイで奴隷とか抜かして、オレのヤられた分、お前にも味わって貰うからな!)

グレ「プレイ事態が普通だから、実はあんまり書いてないな。さて、>>206を犯すか。」


205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 14:36:49.61 ID:zxLbp/8Y0
シモッチによる副作用


206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 14:37:07.97 ID:ywmtnrVp0
ブルーアイズホワイトドラゴン


207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 14:37:51.29 ID:yZkeRGN90
>>206ちょ…www


215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 15:00:09.16 ID:m8MkVux+0
カイバーマン「>>206貴様ーー!!」


209:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 14:43:31.28 ID:ywmtnrVp0
本当に取れるとは思ってなかった
今は反芻している


211:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 14:45:14.71 ID:DWP0EcB80
かってに反芻しとけww


212:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 14:47:05.75 ID:2Esik4d2O
社長が黙ってないぞ


214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 14:52:02.33 ID:ycZpC6DG0
これは


よくやった


217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 15:08:27.69 ID:J/sJx+qjO
白龍「あんぎゃー!」

ヒータ「ちょっとちょっとちょっと、青眼の白竜ってATK3000の最強クラスのドラゴンじゃない!」
グレ「男にはな……ヤらなきゃならない時があるんだよ!うおおおお」
白龍「ぎゃーす」(我に挑むか、か弱きものよ)
白龍「おんぎゃー」(我の先行、正義の味方カイバーマンから青眼の白竜召喚)
グレ「対ドラゴンに少し構築を変えてあるぞ!スピリットドラゴン召喚、手札のサファイアドラゴン二枚を捨てて相討ち!ついでに意地発動伏せ1!」
白龍「ぎゃーす」(ほう、やるではないか。だが、これはどうかな?正当なる血統でブルーアイズを蘇生!)
グレ「なに!?」
白龍「ぐぎゃー」(我のターン、融合で究極龍召喚!バーストストリーム!闇の量産工場で青眼の白龍を回収してターン終了!)
グレ「ぐああっ!」LP8000→3500

グレ「しかし、伏せを割らなかったな!馬鹿め!凡骨ターボ!リロード!ターボ!手札7枚どや!」
グレ「決戦の火蓋から岩石の巨兵、ジェネコン、俺を展開!AOJディサイシブアームズ!効果で手札の光属性破壊」
白龍「」LP8000→2000
グレ「ガードオブフレムベルと俺で降臨、AOJカタストル!攻撃で勝った!」

白龍「なんと」
グレ「ファック!」
白龍「アッー」

ヒータ(で、伝説の龍を倒すなんて……格好いい……ポッ)

グレ「元は美人だったらしいが、ドラゴンはドラゴンだったぞ。次は>>220だ……」


218:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 15:10:13.48 ID:XOhGOQi10
普通に倒したwww


219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 15:10:30.13 ID:2Esik4d2O
ガガガガール


220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 15:10:33.18 ID:dsf5mv2N0
霞の谷の祈祷師ちゃん!


225:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 15:13:41.90 ID:2Esik4d2O
ヒータ惚れてる…


226:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 15:14:13.04 ID:VyVt4chq0
えくぞで勝つかと思ったのにwwwwwwww


234:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 15:46:16.79 ID:J/sJx+qjO
祈祷師「あなたの来た理由はわかっていますわ」

グレ「なん……だと……なら話が早い、じゃんけんホイ」

祈祷師「私の先行……カードセット、モンスターセット、終了」

グレ「俺のターン、ドロ」

祈祷師「トラップ発動、マインドクラッシュ。封印されしエクゾディアを捨てなさい」

グレ「な……なんだと!?なぜ持っているとわかった!?」

祈祷師「目隠ししていれば、手札くらいは分かるようになりますわ」

グレ「なんだよそれ!?ええい、今引いた意地発動!伏せ1!」


祈祷師(とは言え、対応できるカードを引かなくてはお話になりませんわ……意地を捨てるべきでしたか)

祈祷師「ハンターアウル攻撃」

グレ「ターボ!リロード!手札11枚!決戦の火蓋と人投げトロールで両腕両足ほか色々射出どや!」

祈祷師「手札が分かっても特別勝てるわけじゃない、ロバさんみたいには行きませんわね……」

グレ「なーにかな、なーにかな!今週は、これ!>>237」


235:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 15:48:24.07 ID:4Tlnac5s0
禁じられた聖杯(媚薬)


236:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 15:48:29.54 ID:A5IjoNoMO
D・クリーナンでたのむ


237:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 15:48:38.98 ID:tin28E630
ヒステリック・パーティー


238:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 15:50:35.46 ID:A5IjoNoMO
どうなるんだ…


239:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 15:51:26.16 ID:dsf5mv2N0
呼び出されるハーピーはサイバーボンデージ着用なのか?それが問題だ


240:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 15:56:22.30 ID:VAQrEZKC0
祈祷さんは目隠しがエロいよな


244:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 16:07:21.19 ID:dsf5mv2N0
>>240
目隠しよりもあの衣装


246:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 16:14:43.76 ID:J/sJx+qjO
グレ「そもそもそんな目隠ししやがって、お前M嬢にしか見えねえんだよ!」
祈祷師「それは言いがかりですわ」
グレ「言いがかりかどうかは、こいつで試してやる!ヒステリックパーティ!」
ハーピィレディSB×2、ハーピィクイーン×3が現れた!
SB1「スタッフが馬鹿だったから!私はこんなことに!」パシーン
SB2「アンデット族よりマシ?悪いのは悪いのよ、比較じゃないの!」パシーン
祈祷師「ああーん、痛いですわ!」
Cyberボンテージを着たハーピィレディSB(サイバーボンテージ)が、英語力の残念な開発の元に生まれた鬱憤を晴らすべく鞭を振るう。
巧みに操られた鞭は決して致命的なダメージは与えず、しかし衣服を裂きながら多大な苦痛を彼女にもたらす。しばらくの後、目隠しを残した衣装が全て剥ぎ取られた時には、全身に赤いみみず腫ができていた。
クイーン1「ウフフ、ずいぶん可愛い姿になったじゃない」
クイーン2「で・もぉ、本番はこれからよ?」
クイーン3「まあ、バてようが徹底的に苛めるんだけどね」
クイーン三体がそれぞれに祈祷師の頭、左右の脚を鳥の足で押さえ込み、次いでSBが両腕の自由も奪う。
クイーン1「アンタも鳥獣なら、この責めの辛さは分かるんじゃないかしら?」
祈祷師「え……ま、まさか!?」
クイーン2「そう、そのまさかよ!」
五体のハーピィが、一斉に祈祷師を襲う。羽毛で。
祈祷師「や、やっキャハハハハ、ちょ、無理、無理ですわ、イヤアアアハハハハ、ダメ、死ぬ、死んじゃう!?」
クイーン3「だーかーらー、バてようが徹底的にやるって言ったじゃん。発狂しても続けてあげるわ」
祈祷師「いや、ワキ、ワキダメぇぇぇぇぇ!おかしくなるぅぅぅぅぅ!」

グレ「濃厚な百合スレになってしまう、てゆーか俺が割り込む隙がない。>>237は何て事をしてくれたんだ!」
>>250 別のカードでどうにかするか、次なる被害者か


247:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 16:15:51.36 ID:XOhGOQi10
次の被害者なの?
別のカードで百合展開をどうにかするの?


248:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 16:16:58.51 ID:DjwkcPdy0
パペット・プラント


249:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 16:17:27.94 ID:dsf5mv2N0
ゴブリン偵察部隊も呼び出しハーピーごとレイプ


250:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 16:17:29.26 ID:tin28E630
それを>>250で決めるんだろ
安価下


251:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 16:17:31.43 ID:1ZNba+300
ディアン・ケト


252:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 16:17:34.80 ID:J/sJx+qjO
>>247
その選択も250に委ねるst


253:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 16:18:12.61 ID:DjwkcPdy0
おい


255:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 16:21:13.94 ID:dsf5mv2N0
怒りの業火!二回目か


256:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 16:23:07.21 ID:J/sJx+qjO
クイーン2「アハハ、くすぐられてお漏らししちゃったの~?やっぱり変態マゾだね!」

祈祷師「いやあ、違うのにぃアハハ、やめ、やめてぇぇ」

SB1「苛めがいがあるいい子じゃない、ウフフ」


グレ「畜生ハブかよ。クソっ、回復系の可愛い子でも漁るか。踊る妖精とか白衣の天使とかいるだろ」

ヒータ「あ、そっちはまた……」

ディアンケト「こんにちは」


地獄の業火エクゾードフレイム!


>>258どうにかしてください……


258:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 16:23:24.50 ID:NSq1yVPQO
MTG始めた俺への当てつけか!
ウィンダ愛してる


261:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 16:35:33.68 ID:tNZO0Jtq0
これはウィンダ使ってどうにかするの?


263:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 16:53:39.75 ID:dsf5mv2N0
>>261
そうだと願いたい


264:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 16:53:41.58 ID:J/sJx+qjO
>>258「ウィンダちゃんちゅっちゅChu!(^3^)-☆」
ウィンダ「ちょっと>>258さん、寄りすぎです!」
>>258「さいきんレイプ魔が暴れてるらしいけど、ウィンダちゃんは僕が守るからね!」


グレ「なにあれうざい。ウィンダは可愛いから、寝取るか」
ヒータ「オレもあれはドン引きだわ。叩き潰すのに協力してもいいかなって」

グレ&ヒータ「タッグデュエルだ!」
>>258「な、なんだお前ら!!」

グレ「俺が勝ったら貴様の前でウィンダを種付けレイプしてやるぁ!」
ヒータ「恨みは無いが、ヤられて貰う!」

>>258「貴様が噂のレイプ魔か!悪堕ちしたらケダモノ族なだけあるぜ!だが、制限改訂で最強になった俺のカオスライロは無敵だ!」

ヒータ「先行ガン伏せモンスターセット」
>>258「ドロー援軍ソラエクソラエクぶんぶん開闢ジェイン攻撃オラァ!」
ヒータ「開闢に魔法の筒オラァ!デスコアラ1200点オラァ!」LP8000→5000
>>258「終了時ジェイン効果でバルブガロスうめぇ」LP8000→3800
グレ「知るかよセメタリーボムで1000、伏せ1、ご隠居の猛毒薬オラァ!」
ウィンダ「わ、私のターン……えっと、バルブ蘇生でトリシュ」LP3800→2000
グレ「バルブ蘇生の瞬間に自業自得ざまぁ」
ウィンダ「あ……」

グレ「>>266を使って盛大にやってやる」


265:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 16:57:14.43 ID:Bcc7dT8W0
霞の谷の祈祷師(さっきとは別人


266:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 16:57:23.05 ID:7xPaiZeW0
白ぽーたん


272:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 17:08:48.19 ID:tin28E630
ヒータがグレファーの相棒と化してる


273:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 17:16:31.62 ID:J/sJx+qjO
グレ「出でよ、淫獣ホワイトポータン!」
ヒータ「うわなにこのイラッ☆彡とする顔」
ポータン「ぽたぽた」

グレ「とりあえず二体は>>258を押さえつけろ」


>>258「ウィンダー!」
グレ「さて、>>258。お前はウィンダを愛していると言ったな?」
>>258「そ、それがどうした!!」
グレ「ほう……コンボデッキ使いの彼女とのタッグでライトロードを使う奴が、愛していると?」
>>258「な……何!?」
グレ「彼女のデッキはマテリアルゲート。コンボパーツをサーチして戦うデッキにライトロードなんて……」
>>258「そ、そんな……」

ヒータ「準備出来ました、グレファー様」
>>258「や、やめてくれ、俺はどうなってもいいから、ウィンダだけは――」
グレ「ククッ、じゃあ始めようか。最高の凌辱ショーをな!」


280:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 17:58:00.03 ID:J/sJx+qjO
ヒータ「さあ、今回は私のディメンション・マジックショーをご覧いただきありがとうございます。さっそくですが、今日のアシスタントを勤めてくださるガスタの巫女ウィンダちゃんの登場です!」
ウィンダ「いや、離して、離してー!」ガチャガチャ
一部の魔法使いサポートに合わせてマジシャン風の衣装になったヒータが、二人の観客の前に出る。彼女の手に握られた鎖に引き摺られ、全裸でキャスターつきの拘束具に繋がれたウィンダも登場する。
ヒータ「さあ、ここにいますは種も仕掛けもないホワイトポータン。この顔、見てるとイラッとしますよねーじゃあ隠しちゃいましょう」
ヒータ「まずはホワイトポータン消失マジック!そぉい!」
ウィンダ「ひぎぃっ!?」
剥き出しのウィンダな尻に、魔法の筒が突っ込まれる。
拡張も何もされてない肛門にそれなりの太さの物が進入し、筆舌に尽くしがたい激痛がウィンダの肛門を襲う。
>>258「う、ウィンダ!」
ヒータ「さあ、ここにあるのはただの筒、何もない筒ですよー!彼氏さんもほら、見て見て、見ろよ!」
>>258の顔に押し付けて、筒が空であることを確認させる。
ヒータ「この筒に、ポータンをー……オラァ!」
ウィンダ「うぎゃあああああ!!」
ヒータが筒の中にホワイトポータンを押し込むと、筒の反対側から出るはずのホワイトポータンは、どこかに消えてしまった。
同時にウィンダの腹が膨らみ、悲鳴が上がったが、ヒータは気にすることもなくショーを続ける。
マジカルシルクハットの中から更にホワイトポータンを取り出す。


281:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 18:08:09.24 ID:tin28E630
>>258のせいでウィンダがとんでもないことに


282:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 18:09:18.03 ID:tNZO0Jtq0
ヒータノリノリだなwww


283:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 18:10:39.90 ID:zxLbp/8Y0
ポータンわからないからググったらムカツク顔してた


284:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 18:16:39.71 ID:J/sJx+qjO
ヒータ「きゃあ、ホワイトポータンがこんなに沢山!どいつもこいつもうざい顔だし、消しちゃいましょう!そぉい!オラァ!そりゃ!」
ウィンダ「ぎゃ!ぐあ!あああああ!?」
先ほどの筒にポータンを追加で詰め込むと、やはりホワイトポータンは消失している。
同時にウィンダが苦しみ悶えたが、五匹目のポータンが消えたとき、失禁しながら気を失った。

>>258「も、もうやめてくれ、やめてくれーっ!」
ヒータ「あらあらお兄さん、泣いちゃいましたか。そうですね、ホワイトポータンが可哀想ですもんね。じゃあホワイトポータンの帰還マジックです!よっと!」
ヒータは観客に笑顔を振り撒きながら、ウィンダの肛門に突き刺さった筒を抜き去り、膨らんだ彼女の腹を蹴り上げる。
ウィンダ「がっ、うぐ……やめて、ダメ、ダメぇぇぇぇぇ!」
ウィンダの肛門がメリメリと内側からこじ開けられ、白いものが姿を現す。
ヒータ「ほら、息んで息んで、ひっひっふー、だからな」
ウィンダ「う……ぎ……ぐああああ!」
絶叫が上がると同時に、ウィンダの肛門からホワイトポータンが産み落とされた。
ガクリと全身が脱力し、再びウィンダが気を失う。
ヒータ「あらら、また気を失っちゃいましたね。そんなときはコレ、体力増強剤スーパーZ!」
指先一つ動かせないウィンダに、毒々しい色のドリンクを口移しで飲ませる。
ウィンダ「う、ああ……お願いです、も、ゆるして……」
ヒータ「じゃああと四体、ちゃんと出しましょうねー」
ウィンダの顔がざっと青ざめる。
ヒータ「さあ、次の子も、脱出させてやれよ!そら!」
腹を強く圧迫され、ウィンダの中のポータンが無理矢理押し出され、そのまま肛門へ到達する。
ヒータ「さっきより少し慣れたから楽だろ、たあ出せ!」
ウィンダ「が……あ…………アアアアア!」
やっとの思いで二体目が出たところで、三度ウィンダは気絶した。


286:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 18:24:05.62 ID:KMpA7kg4P
ヒータなんか恨みでもあるのかwww


287:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 18:30:45.44 ID:tin28E630
グレファーが全然喋ってねえ


290:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 18:53:03.65 ID:J/sJx+qjO
一体をひり出す度にウィンダは気を失い、その度に回復をしながら、ようやく全てのホワイトポータンの帰還マジックが完了した。

ヒータ「ごめんなさいお兄さん、同じマジックを五回も見たら、感動の涙も枯れちゃいますよね」
>>258は繰り返し見せられた惨劇に、既に心を壊しかけていた。
ウィンダもまた心身ともにボロボロになり、されるがままの肉人形と化していた。
ヒータ「では本日最後の演目は、生命の神秘を教えてくれる、ウィンダちゃんの種付け孕ませショーです!ゲストのグレファー様、どうぞ壇上へ」

別にステージになっているわけではないが、二人を茶化し嘲るためのショーの体裁のまま、グレファーがウィンダの腰を掴む。反応は返らない。
グレファーはあまりマグロ相手は好きではなかったが、今回はそれ以上に面白い余興があったので、その興奮のままにウィンダを貫いた。
破瓜の血だけを潤滑油に、死体のように動かないウィンダを犯す。

ヒータ「アハァッ、そっか……自分で壊すから、愉しいんだ……」

脳を破壊された二人のドリアードの姿と、心を壊された目の前の二人。
さして変わらない筈なのに、前者に感じた恐怖を今は感じない。
人形のように犯されるウィンダの、緩みきったアナルを見たとき、ヒータはその理由に思い至ったのだ。
そうすると、自らが壊した二人が、自らを壊したグレファーが、ヒータにとってより愛しいものだと感じられた。

ヒータ「あ、手が勝手に……オナニーしちゃう……んあっ!」

他者を破壊する悦楽にまみれた自慰は、ヒータの人生で最高の快楽を伴っていた。
やがてグレファーがウィンダに白濁を放つと、時を同じくしてヒータも、人生最高の絶頂に到達したのであった。


292:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 18:58:26.04 ID:XOhGOQi10
ヒータスレになってんじゃねーかwwww


296:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 19:10:03.15 ID:J/sJx+qjO
グレ「それにしても、だ」
ヒータ「何ですか、グレファー様?」
グレ「何か恨みでもあったような犯し方だったけど、なんなんだ?」
壊れてしまった二人を尻目に、グレファーとヒータが話していた。
ヒータ「ん……えっと、まあ、なんだその……」

ヒータ「コイツらとか、エリアルとか、DTテーマで同期の関係者が出てるのに、ラヴァルとジェムがはノータッチでさあ……ムカつくじゃん」


遠くで聞いていたエリアルを悪寒が襲う。

ヒータ「だから、ちょっと、なんだ。やり過ぎても仕方ないよな、って」


ふと脳裏にダークグレファーの使用率がよぎり、グレファーは背筋がすっと冷える感覚を覚えるのだった。

《了》



どうも遅筆野郎に長いことお付き合い頂きありがとうございました。私の嫁はサイレントマジシャンLV8です。ヒータは娘です。
また暇なときに遊戯王OCG安価スレを立てるかもです。それではまた


297:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 19:12:00.22 ID:zxLbp/8Y0



298:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 19:15:36.80 ID:Bcc7dT8W0

祈祷師をもっと長く書いて欲しかった


299:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 19:16:34.17 ID:n/FiF1dbQ



300:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/23(金) 19:19:09.07 ID:nm2eRve90






このエントリーをはてなブックマークに追加

 「遊戯王」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 名無し 2011/12/27(火) 11:16:54

    たとえウィンダがやられたとしても、まだウィンやエリア、アウスがいるぞーーーー!!!


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ