Powered By 画RSS


律子「バランスの良さ!でしょうか」

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/26(火) 02:16:46.61 ID:ZNYguWTp0
P 「なるほど、バランスの良さか……」

P 「確かに竜宮小町はバランスがいい」

律子「ふふん、そうでしょうとも!私の目に狂いはなかったんですよ!」

P 「そう、言うなればカツカレーのようなバランスの良さ!」



律子「……え? どういうことですか?」




3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/26(火) 02:18:30.38 ID:ZNYguWTp0
小鳥「カツカレー……なるほど……」

律子「え? 小鳥さんは分かるんですか、カツカレーの意味が」

小鳥「ええ、なんとなく、ですけどね」

律子「やばい、全然わからないんですけど……」

小鳥「律子さん、飲食店でカツカレーを食べようと思ったらどこへ行きます?」

律子「……カレーショップですかね。ココイチとか?」

P 「そう! カツカレーとはその名の通りカレーなのだッ!」


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/26(火) 02:19:50.19 ID:ZNYguWTp0
P 「カレーの掛かっていないカツカレーはカレーではない」

P 「カツとごはんだけの汁なしカツ丼!」

P 「だがそれはカレー屋でなくとも食えるシロモノ」

P 「カツのないカツカレーもカツカレーではないが、それはカレー屋で食える」

P 「つまり、全ての食材を飲み込む存在、それがカレー!」


─────────────────────────────────────────

P 「余談だが闇鍋をやるときはカレーの固形ルーを用意しておくといいのだ」

P 「食えない味になったらカレーを入れろ! カレー味になって食えるようになるぞ!」


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/26(火) 02:20:53.59 ID:ZNYguWTp0
P 「竜宮小町におけるカレーとは!」

小鳥「わかりますよ! 伊織ちゃんですね!」

P 「その通ーり! 伊織の強すぎる個性によるインパクトは全てを飲み込む!」

P 「伊織がいるだけでそのユニットは『伊織のユニット』になるのだッ!」

P 「すなわち竜宮小町のカレールー、それが水瀬伊織!」



律子「……なんだろう、もしかしてバカにされてる?」


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/26(火) 02:21:58.05 ID:ZNYguWTp0
P 「だがしかしッ!」

P 「カレーですら完全に飲み込めず、しかもその個性を失わない存在、それがカツ!」

P 「トンカツのサクサクの衣はカレーに浸食されてしまうがそれもまた良し!」

P 「時にはカレーをも超える個性で主役の座を奪いかねない存在」

小鳥「亜美ちゃんですね!」

P 「その通ーり!!」

P 「竜宮小町のトンカツ、双海亜美!」

P 「律子も亜美の世話はさぞかし大変だろう」



律子「……えー……」


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/26(火) 02:23:15.39 ID:ZNYguWTp0
P 「……だがカツカレーはカツとカレーのみでは成り立たない……」

P 「カツカレーを注文してカツにカレーが掛かっただけの皿が出て来たらどうだ?」

小鳥「ありえませんね」

P 「もうひとつ足りないもの、そうッ! それは白米!」

P 「計り知れない包容力で全ての食材とマッチする白米ッ! それは……」

律子「……あー、あずささん、ってことですか」

P 「Exactly(その通りでございます)」

P 「竜宮小町のほかほかご飯、三浦あずさ!」


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/26(火) 02:24:33.46 ID:ZNYguWTp0
律子「なんか納得できるようなできないような……」

P 「そしてもうひとつ」

律子「え? まだあるんですか?」

P 「カレーには付きものの“アレ”が必要だろう?」

小鳥「! わかりました、福神漬けですね!」

P 「YES!YES!YES!」

律子「でも竜宮小町は3人ユニットですよ?」



P 「何を言ってるんだ、竜宮小町は伊織、亜美、あずささん、律子の4人ユニットじゃないか」


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/26(火) 02:26:31.98 ID:ZNYguWTp0
P 「福神漬けはそのまま食べるとちょっと塩辛い」

P 「だがカレーを食べてから食べると甘く感じる」

P 「時には辛く、時には甘く」

小鳥「レッスン中の律子さんは激辛ですものね~」

P 「ライブやステージ成功時の律子は甘々だしな」

律子「////」

P 「皿という舞台(ステージ)の脇にあってカツカレーを見守る存在」

P 「竜宮小町の箸休め、福神漬け秋月律子!」


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/26(火) 02:27:25.18 ID:ZNYguWTp0
P 「どうだ律子、こういうことだろう!」(ドヤァ)

律子(イラッ!)

小鳥(なんだろうこの『俺上手く言っただろう』感は)

P 「もういっそのことカツカレー小町に改名したらどうだ?」

律子「するわけないでしょっ!」

P 「カツカレー小町だとあずささん成分が名前に入ってないからダメか……」

律子「そういうことじゃありませんっ!」


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/26(火) 02:28:42.70 ID:ZNYguWTp0
── 仕事終わり ──

亜美「りっちゃ~ん、帰りにごはん食べて帰ろうよ→」

伊織「そうね、私もお腹減ったわ。どこかで食べてから事務所戻りましょ」

あずさ「あっ、あそこにカレーショップがありますよ~」

亜美「カレ→! いいですな→」

律子(……カレー……)


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/26(火) 02:29:31.04 ID:ZNYguWTp0
伊織「普段あんまり食べないからたまにはいいわね」

律子「……他のとこにしない?」

亜美「えぇ→!? もう亜美の口はカレーの口になっちゃったよ→!」

あずさ「一度カレーを意識したらもうカレーじゃないとダメになるのは何故かしらね~?」

伊織「律子、諦めなさい、もうみんなカレーで決定よ」

律子「……わかったわよ、カレーでいいわ」

伊織「にひひっ、じゃ早速行きましょ」



律子「……注文はカツカレー以外でお願い」

END


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/26(火) 02:33:01.52 ID:kQ8efj5eo
クスッとした


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1408986922/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ