Powered By 画RSS


まどか「なんで中沢君ってモブなのに名前があるんだろう」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/31(日) 01:37:35.38 ID:BT0TqUbZ0
さやか「誰?中沢って」

まどか「ほら、あの1話で早乙女先生にムチャぶりされてた人」

さやか「あー。あのクラスメイトの人ね」

さやか「ただのモブなんじゃないの?」

まどか「でもエンドクレジットにナカザワって書かれてるよ?」

さやか「名前があるだけでしょ?」




2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/31(日) 01:38:18.41 ID:BT0TqUbZ0
さやか「名前のあるモブなら別に珍しくもないよ」

さやか「あのホスト二人組だって、片方は名前で呼ばれてたし」

まどか「ショウさんって呼ばれてた人もエンドクレジットでは『ホストA』扱いなんだよ!」

さやか「あ、そうなの?」

まどか「中沢君だけがおかしい……これは一体……?」

さやか「うーん。 ま、考えすぎだよ」


3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/31(日) 01:38:54.11 ID:BT0TqUbZ0
まどか「これが第一話のやりとりだよ」

   早乙女「今日は皆さんに、大事なお話があります!」

   早乙女「目玉焼きとは、堅焼きですか?半熟ですか?
       はい!中沢君!」

   中沢「え!? ど、どっちでもいいんじゃないかと…」

   早乙女「その通り!どっちでもよろしい!」

さやか「そういえばこんなシーンあったね」

まどか「ねっ!あの早乙女先生を納得させる答えを出してるんだよ!?」

さやか「そんなの偶然…」

ガラッ

ほむら「話は聞かせてもらったわ!!」

さやか「転校生!?」

まどか「ほむらちゃん!!」


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/31(日) 01:39:58.74 ID:BT0TqUbZ0
ほむら「私が魔法少女じゃなかった頃も、
    彼は先生の問いに正解を出していたわ」

   早乙女「今日は皆さんに、大事なお話があります!」

   早乙女「シュークリームを食べるときは、お皿を出しますか?
       そのまま食べますか?はい!中沢君!」

   中沢「え!? ど、どっちでもいい……といいますか
      あとで洗うのが面倒だからそのままでいいんじゃないかと…」

   早乙女「その通り!どっちでもよろしい!」

さやか「いやだから偶然……」

ほむら「『シュークリームを食べるときの皿の有無』なんて不毛な問いに対して
    ピンポイントで彼女の望む答えを言った」

ほむら「つまり、彼は最初から答えを知っていたのよ」

まどか「なるほど…!」

さやか「うーん……」


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/31(日) 01:40:37.68 ID:BT0TqUbZ0
さやか「ちょっと待ってよ。『どっちでもいい』って答えてるだけじゃん
    その中沢君の性格が早乙女先生と合ってるだけじゃない?」

ほむら「普通に考えればそうね。でも……」

まどか「偶然にしては、できすぎてる気もするよね…」

さやか「いやー、卵の焼き加減なんて好みの問題じゃん
    キュウべぇだって好き嫌いせずに食べるよ」

まどか「卵……キュウべぇ……」

まどか「…………まさか!」

さやか「まどか?」

まどか「分かったよほむらちゃん!」

ほむら「ほんとなの!?まどか!!」


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/31(日) 01:42:32.28 ID:BT0TqUbZ0
まどか「キュウべぇの本名はインキュベーター、孵卵器
    つまり卵を孵化させる機械」

まどか「そして卵の焼き加減という問題……」

ほむら「そうか!半熟は魔法少女を、堅焼きは魔女を表している!」

さやか「えぇっ!?」

まどか「そう、つまりこの問題は―――」

まどか「魔法少女側か、魔女側かを迫る質問の暗喩だったんだ!!」メタファー!

ほむら「な、なんだって!」
さやか「な、なんだって!」

ほむら「どういうことなの、まどか!」

まどか「つまり、中沢君の発言には全てメッセージが込められている!」


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/31(日) 01:44:31.81 ID:BT0TqUbZ0
まどか「だけど、その意味まではわからないよ…」

ほむら「これは詳しく調べる必要があるわね」

まどか「よーし!まどか☆マギカ☆リサーチャー出動っ!」バッ

ほむら「いえっさー!」ビシッ

さやか「なにこれ……」



――

――――

まどか「と、いうわけで巴マミさんの家へやってきました!」

マミ「こんにちは、超常現象の専門家・巴マミです
   なんでも聞いてくださいね」

さやか「うわぁ。マミさんノリノリだぁ」


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/31(日) 01:44:58.33 ID:BT0TqUbZ0
マミ「なるほど……名前を持ったモブ……ですか」

まどか「はい」

マミ「んー、モブ・中沢君には確かに不思議な力を感じるわ」

さやか「会ったこともないのにですか」

マミ「モブという言葉でで一括りにするのは、あまりにも非凡ね
   "モーブル・オブ・ファーステスト・ナカザワ"というのはどうかしら」

まどか「ですね」

マミ「あと私の中では、彼はどっちでもいいっていうわけじゃないのよね」

さやか「はあ」

マミ「不当な"問い"を"破壊"してるの」

マミ「"選択肢を超越せし者共"ね」

さやか「今は中沢君一人の話ですよ」

マミ「それとね……」

さやか(そういや転校生はどこに行ったんだろ)


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/31(日) 01:47:11.62 ID:BT0TqUbZ0
一時間後

まどか「20XX年、地球はホスト軍団による"救済"によって、
    滅亡の危機に瀕していた
    しかし、これを『私ガイナイト彼ハ駄目ダカラー』と
    受け入れるものもいた」

さやか「完全に脱線しちゃったね」

まどか「マミさん、今日は貴重な話をありがとうございました」

マミ「どういたしまして。また来てね、私も楽しかったわ」

まどか「それじゃあさやかちゃん、教室へ戻ろう」

さやか「あ、最初に話してた場所、教室だったんだ」


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/31(日) 01:47:54.04 ID:BT0TqUbZ0
―教室―

まどか「ほむらちゃんただいま!」

ほむら「遅かったわね。なにか収穫はあったの?」

さやか「いや全然」

ほむら「こっちはとんでもないものを見つけたわ!」

AA_140989251341975100.png

さやか「何この落書き」

ほむら「これは設定資料集のモブキャラのページの書きこみよ」

まどか「中沢君の絵の上にだけちょこんと書かれてる!」

ほむら「よく見てて、これを……」


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/31(日) 01:48:53.94 ID:BT0TqUbZ0
ほむら「まず「ナ」「ワ」を入れ替える」

AA_140989257663118200.png

ほむら「そして「カ」の上部分と「ザ」の左部分を分解して、
    「ワ」「ナ」に付け加える」

AA_140989262610812700.png    

さやか「えっ、まさかこれは…」

まどか「そうか!私たちはとんでもない勘違いを…!」


13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/31(日) 01:49:37.27 ID:BT0TqUbZ0
ほむら「あとは形を整えると……」

AA_140989266810095800.png

ほむら「つまり中沢君とは!」

ほむら「脚本家・虚淵玄さんそのものだったんだよ!!!!!」

「「 な、なんだってー!!! 」」


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/31(日) 01:50:11.02 ID:BT0TqUbZ0
まどか「ど、どういうことなのほむらちゃん!!」

ほむら「彼の存在はなんらかのメタファー……ということまで推測したわよね?」

さやか(そうだっけ。1時間近くムダ話聞いてたから覚えてないや)

ほむら「卵の焼き加減がどっちでもいい
    これは魔法少女と魔女には優劣、優先順位がないということを示している」

ほむら「どちらかを悪者にして終わりではないってことね」

まどか「あ! そういえば虚淵さん「QBを倒して終わり、にはしたくない」って言ってた!」

ほむら「そう。彼はまどか☆マギカに色々な思いを詰めているわ
    原作者と同時にファンなのよ」

まどか「なんだか照れちゃうね」

ほむら「そして中沢君が本編で言ったセリフはもうひとつあるわ」

ほむら「美樹さやか。あなたは覚えてるはずよ」

さやか「…………あー」

さやか「 『上条、怪我はもういいのかよ』 」


15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/31(日) 01:50:47.22 ID:BT0TqUbZ0
まどか「そうか!上条君が退院したときに話しかけたのも中沢君だ!」

ほむら「彼が虚淵さんの分身であるなら上条恭介の容態も知っていたはず」

ほむら「その上で「ケガ」と表現した」

ほむら「これは体についての話を早々に切り上げるため!
    美樹さやかが上条恭介に『話せなかった』ではなく『話さなかった』状況を作るため!」

まどか「そうか!先生の質問に『正解』で答えたのも余計な時間をとらせないため!
    HRの時間にほむらちゃんを印象づけるためだったんだ!」

さやか「時間を無駄にしない……さっきまでのマミさんの逆だ!」

ほむら「私の隣の席なのも、先生との会話を円滑にすすめるためだったわけね」

まどか「なるほど!」


16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/31(日) 01:51:46.35 ID:BT0TqUbZ0
さやか「うん」

まどか「……」

さやか「もういい?」

まどか「あ、やっぱり気づいてた?」

さやか「さすがに飛躍しすぎかな」

ほむら「そう、私たちの世界は
    中沢君のおかげで滅亡の運命から逃れていたのだ――」

まどか「ほむらちゃん、もういいよー。バレちゃってた」

ほむら「あら、残念ね」

まどか「MMRごっこ楽しかったね」

ほむら「そうね」

さやか「ごっこ遊びだったのかー」


17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/31(日) 01:52:49.18 ID:BT0TqUbZ0
まどか「次はどうしようか?」

さやか「まだやるの?」

ほむら「『なぜ感情のないQBが宇宙の寿命にこだわるのか』とかどうかしら」

まどか「それいいね!宇宙の意志により誕生したとか!」

ほむら「それは無理ね。地球を見つけた時驚いたと言っていたでしょう」

さやか「それ驚いた時点で感情あるじゃん…」

まどか「じゃあQBには上司がいるとか!」

ほむら「それならありえるわね。地球を植民地扱いする宇宙人」

まどか「おおっ!地球の危機っぽくなるね!」

さやか「…営業部長?」

まどか「実はそれは私たちのよく知る人物だった!とか」

ほむら「まずありえないけど、そっちのほうが盛り上がるわね」

まどか「調査を続けると謎の人物から手紙が届くとかもいいね!」

ほむら「ミスター〇〇とか書いてあるパターンね」

なかざわ「わたしです」

まどか「それでNASAに解析を頼むけど断られるの!」

ほむら「実際には無理だから次はそのあたりの役を巴マミにしましょう」

まどか「あとはそれっぽいナレーションを入れれば完璧だね!」

さやか「なんだ今の」

おわり


18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/31(日) 01:55:13.34 ID:BT0TqUbZ0
くぅ~疲れましたw これにて完結です!
実は、ネタレスしたら代行の話を持ちかけられたのが始まりでした
本当は話のネタなかったのですが←
ご厚意を無駄にするわけには行かないので流行りのネタで挑んでみた所存ですw
以下、まどか達のみんなへのメッセジをどぞ

まどか「みんな、見てくれてありがとう
ちょっと腹黒なところも見えちゃったけど・・・気にしないでね!」

さやか「いやーありがと!
私のかわいさは二十分に伝わったかな?」

マミ「見てくれたのは嬉しいけどちょっと恥ずかしいわね・・・」

杏子「見てくれありがとな!
正直、作中で言った私の気持ちは本当だよ!」

ほむら「・・・ありがと」ファサ

では、

まどか、さやか、マミ、杏子、ほむら、中沢「皆さんありがとうございました!」



まどか、さやか、マミ、杏子、ほむら「って、なんで中沢くんが!? 

改めまして、ありがとうございました!」

本当の本当に終わり


19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/31(日) 02:35:57.90 ID:UDl6PvcmO
おつ


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1409416645/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「まどかマギカ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ