Powered By 画RSS


祐一「舞を爆笑させたい」佐祐理「爆笑ですかー」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 21:40:23.11 ID:YH6fA9L00
病院

ガタッ

祐一「どうした?」

舞「……いつもの検査」

祐一「あっ、もうそんな時間か」

佐祐理「行ってらっしゃーい」パタパタ

祐一「佐祐理さんは行かなくていいんですか?」

佐祐理「私と舞は時間が違うんですよ」

舞「……」バタン

シーン

祐一「佐祐理さん、ちょっといいですか?」

佐祐理「なんでしょう」

祐一「あのいつも澄まし顔な舞を爆笑させて見たくありませんか」コソコソ

佐祐理「いきなり何を言い出すかと思えば面白そうですねー」




2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 21:44:22.69 ID:YH6fA9L00
佐祐理「私は彼女が笑った所は見た事ありますがそこまで笑った所は見た事ないですねー」

祐一「だからこそですよ!」

佐祐理「あははー。祐一さんの情熱が伝わってきました、私も出来る限り協力しましょう」

祐一「YES!」



コツコツ

祐一「帰ってきたぞ…準備はいいですか佐祐理さん…っ!」

佐祐理「おっけーです」


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 21:48:14.16 ID:YH6fA9L00
ガラッ

舞「……ただいま」

祐一「舞!今すぐ佐祐理さんを見ろっ」

舞「……?」

佐祐理「まーいー」

祐一(額に肉、頬にはうず巻き、瞼に目の3段豪華セット!これで笑わない奴はいないだろう(もちろんサランラップの上から書いた))

舞「……!」

祐一「……」ゴクリ


舞「……落ちる?」

祐一「ダメかーっ!」


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 22:16:20.58 ID:YH6fA9L00
次の日

祐一「ダメでしたね」

佐祐理「ダメでしたね」

祐一「くっ…やはり顔芸程度は難なくスルーか。なら実力行使でいってやる!」

佐祐理「いやーやめておいた方がいいと思いますが…」

祐一「大丈夫ですよ。流石の舞も患者の身、剣では遅れをとったがこれでも柔道やってたから余裕……おっ、来たか!」


ガラッ

舞「……ただいま」


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 22:20:01.35 ID:YH6fA9L00
祐一「川澄舞!覚悟ぉぉーっ!!」

舞「…っ!?」

シュッ

ガシッ

祐一「えっ」

バンッ

祐一「ふげっ…!」

舞「……急に来たから……痛む?」

祐一「ぜ、全然そんな事ないぞ…」

佐祐理「あははー」

祐一「笑わないで下さい!」


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 22:25:05.83 ID:YH6fA9L00
次の日

祐一「ダメでしたね」

佐祐理「ダメでしたね」

祐一「いやあ、いくらあいつと言えど女の子だと躊躇してしまいますね。だから負けたんです、ええ」

佐祐理「そうですかー」

祐一「やはり無理やり笑わせるのは悪いから路線変更で漫才か落語をやりましょう」

佐祐理「ネタはあるんですか?」

祐一「ええ!そりゃとっておきの伝家の宝刀が……っとこの音は…」



ガラッ

舞「……ただいま」


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 22:29:55.00 ID:YH6fA9L00
テンテケテンテンテン

祐一「よく来てくれました、ささ!どうぞ中へ入ってお客さんっ!」

舞「……」ギシッ

佐祐理「舞、落語を今からやるみたいだから見ようねー」

祐一「これはあっちの友人のイノハラゆー男の話で~…」




祐一「ってお前そりゃ、ごっかんって言うんだよと!……お後がよろしい様で」ススッ

佐祐理「あははー」

舞「……ぱちぱち」

祐一「……」


13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 22:34:06.54 ID:YH6fA9L00
祐一「ダメでしたね」

佐祐理「ダメでしたね」

祐一「仕方が無い…出来るだけこの手は使いたくなかったが……」

佐祐理「奥の手があるんですか?」

祐一「その通り、ズバリ誘い笑いですよ」

佐祐理「というと?」

祐一「ほらっ、経験ありませんか?誰かが物凄い勢いで笑ってると自分もつられて笑いそうになること」

佐祐理「あった様な無かった様なー」

祐一「あるんです!……っとベストタイミング」


ガラッ

舞「……ただいま」


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 22:38:10.35 ID:YH6fA9L00
祐一「……っつ…!」

佐祐理「くすくす」

舞「……?」

祐一「ヒーッヒッヒッヒ!」

佐祐理「ふふっ」

舞「……」

祐一「あーっはっはっは!」バンバン

佐祐理「うふふーっ」

舞「……」ムスッ

祐一「あへへへーっ!!」ゴロンゴロン

佐祐理「あははー」

舞「……」ガチャン


15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 22:42:04.94 ID:YH6fA9L00
祐一「怒られましたね」

佐祐理「怒られましたね」

祐一「もはや俺たちだけで解決するのは不可能だと感じました」

佐祐理「私もそう思います」

祐一「なのでコイツに助けてもらいます!」

ガサッ

佐祐理「それは漫画ですか?」

祐一「あさりちゃんです、これで笑わない奴はもはや人間では無い……っと」



ガチャン

舞「……ただいま」


17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 22:46:58.78 ID:YH6fA9L00
祐一「舞…」

舞「なに?」

祐一「幼舞のバニーverを見てどストライクだった。だからこいつを読んでくれ」サッ

舞「……分かった」



舞「……」

祐一「……」ジーッ

佐祐理「……」ジーッ





舞「……」ポロポロ

祐一「おっ、おいどうした!?」

佐祐理「舞!?」


18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 22:50:00.74 ID:YH6fA9L00
祐一「泣かせてしまいましたね…」

佐祐理「泣かせてしまいましたね」

祐一「まさか買ってきたあさりちゃんが初期の物だとは思っていませんでした」

佐祐理「泣けますよね」

祐一「しかし、これじゃあ本当に打つ手が無くなってきたぞ…」

佐祐理「どうするんですか?」

祐一「うーむ……おっと」



ガチャン

舞「……ただいま」


19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 22:56:45.17 ID:YH6fA9L00
祐一「おかえり舞」

佐祐理「おかえりなさい」

舞「……うん」

祐一「ごめんな、今回は何も用意してやれてない」

舞「…なんのこと?」

ガチャ

看護師「お二人とも、お昼の時間ですよー」

祐一「おおっ。今日のも美味しそうだ!舞、これくれよ俺のツナマヨと交換だ」

舞「分かった」

看護師「勝手にメニューを買えないで下さい!?」

佐祐理「あははー。祐一さんは食いしん坊ですね」

祐一「学生たるもの常に成長しなくてはならないのです」

看護師「それより患者さんが優先です!」

ガヤガヤ



舞「……」ニコッ





終わり


21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/30(火) 23:17:50.32 ID:YH6fA9L00
リトバスから離れてみた(ネタ考えてないけど次はAIR書こう…)


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1412080813/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ