Powered By 画RSS


女騎士「今度こそオークなどに不覚を取らん!」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/25(木) 21:36:39 ID:dJnfEMi2
オーク「よう、久しぶりだな…… 懲りない奴め」

女騎士「今日こそは貴様に勝つ!勝ってみせる!!」

オーク「いつも気合いだけはいっちょ前だな」

女騎士「貴様のようなデーモンどもを根絶やしにする為に、私はあの日より更なる研鑽を積んだのだ!以前の私ではない!!」

オーク「くくっ、その為に腹筋バッキバキで女らしさの欠片もない身体になったのか?無駄なことを……」

女騎士「ふん、今なら命乞いをすれば半殺しで済ませてやってもいいぞ……?」

オーク「命乞いをすればだと?ぐへへ…… そいつぁ俺の台詞だ!」




2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/25(木) 21:40:36 ID:dJnfEMi2
―――――
―――


女騎士「はぁ、はぁ、はぁ……」

オーク「どうした、以前の私とどこが違うってぇ?」

女騎士「くっ、殺せ……」

オーク「最初から殺すつもりならじわじわ嬲ったりしねぇよ」

女騎士「くっ」


3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/25(木) 21:46:26 ID:dJnfEMi2
オーク「おーっと、舌を噛ませるつもりはないぜ」

女騎士「もがもがっ!うーっ、ううーっ!ふぐぅうう……!!」

オーク「くくっ、人間の顎の力くらいじゃ俺の指は噛み千切れん。前にも教えたろ?」

女騎士「うぐぅぅ…… ふっ!ふっ!ふっ!!」

オーク「拳にも脚にも体重が乗ってない。その程度ではとてもとても……」


4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/25(木) 21:51:23 ID:dJnfEMi2
オーク「さぁて……」

女騎士「かはっ…… おご、お、おぇっ、むぐぅぅっ!?」

オーク「急拵えだが猿轡をつくってやった。ありがたく咥えてろ」

女騎士「むぐっ、ふぐぅぅ……ッッ」

オーク「さぁて、折角ここまで鍛え上げた腹筋だ。使ってやろう」

女騎士「ひぐぅぅっ!んぐ、んぐぅぅ!」

オーク「う~む、前はどこもかしこもやわらかかったお前の身体だが……」

女騎士「ひあっ、ひあ、ひあぁぁ~~っ!!」

オーク「腹筋コキというのも有りだな!バッキバキでなかなか気持ちいいぞ!!」


5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/25(木) 21:55:05 ID:dJnfEMi2
女騎士「ん~っ、んん~っ!!」

オーク「何を言っているのかわからんな」

女騎士「ほほへっ!ほんはふふほふっ…… ほほへぇ!!」

オーク「まぁ、嫌がっているのだけはわかる。くくっ、たまらんな!」

女騎士「うぅぅ~っ!」

オーク「しかし、腹筋に擦りつけるだけでは些か物足りん。先走りも溢れてきたし、そろそろいいか?」


6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/25(木) 22:01:06 ID:dJnfEMi2
女騎士「!? ふぁへろ!ふぁへろぉぉっ!!」

オーク「聞く耳持たん……なっ!」

女騎士「ぐぁああぁああああっ!!!」

オーク「くくっ、俺のチンポで腹筋が歪になってるぞ?」

女騎士「あぐっ…… ぐっ、お、おげぇぇぇ……っ」

オーク「おいおい、息が詰まって死ぬとかやめてくれよ?楽しめねぇから、なっ!」

女騎士「!? か、かはっ……」


7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/25(木) 22:05:33 ID:dJnfEMi2
オーク「ふんっ、ふんっ」

女騎士「ぐっ、が…… は、おご……っ」

オーク「くくっ、痛さと辛さと苦しさで舌噛むどころじゃねぇだろ?これはとってやるよ」

女騎士「ぷぁっ…… き、貴様ぁ……がふっ!?」

オーク「どうだぁ?濡れてもねぇのに子宮を突き上げられんのはよぉ!!」

女騎士「あぐっ……ぐぅっ、うぐぅ……がはっ」


8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/25(木) 22:10:21 ID:dJnfEMi2
オーク「さぁ~て、今コイツを引き抜いたらどうなるかなぁ?」

女騎士「や、やべろぉ…… う、裏返ってしまうぅ……」

オーク「大丈夫大丈夫、子宮が裏返ってもこうやって奥まで押し込んでやる、よ!!」

女騎士「ふぎゅぅぅうぅうううっ!!?」

オーク「このままずっとゴリゴリ押し付けてやりゃあ早々ひっくり返ったりしねぇだろ」

女騎士「あぐっ、ぐふ…… くぅぅ……っ!」

オーク「いいねぇ、その悔しそうな表情!」


10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/25(木) 22:16:23 ID:dJnfEMi2
―――
――


女騎士「はぁ……あんっ、ふぁっ、あぁ……」

オーク「くくっ、大分感じてきたようだな。マンコが濡れてきてるぜ?」

女騎士「な、何を馬鹿なぁ……」

オーク「おおっと、睨まないでくれよ?怖い怖い」

女騎士「くぅっ、あ、あん……っ く、くそぉお……」

オーク「悔しいけど感じちゃう!ビクンビクン、ってか?」

女騎士「馬鹿にするなぁ…… あぁんっ」


11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/25(木) 22:20:55 ID:dJnfEMi2
オーク「馬鹿にするな、か。なるほど、こんなゆっくりした動きじゃ感じないってことか?」

女騎士「なぁっ!?や、やめろぉっ!!」

オーク「行くぜ女騎士様!おらっ!おらぁっ!!」

女騎士「かはぁっ、がっ、あぐっ、ぐうぅっ!? や、やめろぉっ!おなかがっ、さ、さけるぅぅっ!?」

オーク「そうならないために鍛えた腹筋だろうが!」

女騎士「ち、違う!そんなことのためにっ、き、鍛えたわけじゃっ…… がふっ!?」

オーク「おらおらおらぁっ!」

女騎士「おごっ、お、おおっ、がはぁっ!お、おくつくなっ、ないぞうが、つぶっ、つぶれりゅぅううう!!」


12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/25(木) 22:25:49 ID:dJnfEMi2
オーク「だから早々潰れりゃしないっての!」

女騎士「んぁああああぁああっ!!!」

オーク「イイ声で鳴くようになってきたじゃねぇか!おらっ、ここがいいんだろ?」

女騎士「んあっ、あっ、き、きもひいいわけないらろぉっ!!」

オーク「マンコがこんなに悦んでるのにか!!」

女騎士「あんっ、あ、ああっ、う、うしょらっ、うしょらぁああっ!!」


13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/25(木) 22:30:11 ID:dJnfEMi2
オーク「嘘をついてるのはお前だ!マンコほじられて気持ちいいンだろうが!!」

女騎士「こ、ころしぇっ!こんらくつじょくあじわうくらひならぁ…… ころしてくれぇぇぇっ!!」

オーク「くくっ、死にてぇンなら舌を噛み切ったらどうだ?んん?」

女騎士「あっ、あんっ、あ、あひっ、あひぃぃいいいいっっ!!!」

オーク「できるわけねぇよな?マンコ感じまくってそれどころじゃねぇもんなぁ!!」

女騎士「んぁっ、ああっ、こ、ころしぇ、ころしぇええええっ!」


16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/25(木) 22:36:04 ID:dJnfEMi2
オーク「おっと、言葉とは裏腹に子宮が吸い付いてきてるぜ?よぉし、そんなに子種が欲しいなら軽く一発くれてやるぜ!!」

女騎士「あはぁああっ!あっ、や、やめろぉっ、それは、お願いらだからっ!ああっ!!らめっ、らめらめらめ……」

オーク「駄目なもんかよ!そらぁ、受け取れやぁああっ!!」

女騎士「いやぁあああぁあああああ~~~~~~っっ!!!」

オーク「おおぉ……」

女騎士「あ、あぐっ、ぐぅぅ…… くるひぃっ、らしゅな、らしゅなぁぁ……」


17 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/25(木) 22:37:00 ID:dJnfEMi2
オーク「おふぅ…… 遠慮するなよ、まだまだ出るぜぇっ!」

女騎士「んあぁああああああああ~~~~~っ!!」

オーク「んん~、いいねいいねぇ……」

女騎士「やめろぉ…… もうむり、むりらぁ、おなかいっぱいなんらぁ…… これいじょうは……」

オーク「仕方ねぇ、一旦打ち止めだ」

女騎士「あふぅっ…… うぅ……」

女騎士「んはっ、はぁ……はぁ……っ……」

オーク「……第2ラウンドォ。いや、ラウンド的にはお粗末な戦闘も含めて第3ラウンド、かっ!!」

女騎士「んぎゃぁああああぁああっ!!?」

オーク「おおっと、この感じ…… さっきの射精で開いた子宮ン中に入っちまったみたいだな」

女騎士「し、しぎゅうっ!?う、うしょぉ…… うしょらぁっ!!」

オーク「嘘なわけねぇだろ?マンコに集中してみろよ、子宮ン中に入ってんのがわかるだろ」

女騎士「うしょらぁ!れ、れもっ、おなか、おなかふくらんでるのはなんれらぁ……」


18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/25(木) 22:38:07 ID:dJnfEMi2
オーク「だからそれはお前の子宮が俺のチンポを美味そうに銜え込んでるからだって。そしてぇ!」

女騎士「んはぁぁあああああんっ!!!」

オーク「お前は子宮を犯されて感じてるんだよ!!」

女騎士「ひぎゃぁあああっ!!しぎゅうらめぇ、らめぇぇえええっ!!!」

オーク「くかかかっ、ほれほれほれぇっ!」

女騎士「ふぎぃぃいっ!わ、わかっちゃう、わがっぢゃうぅ!!しきゅうのなか、チンポでえぐられてるのぉぉんっ!!!」


19 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/25(木) 22:38:45 ID:dJnfEMi2
オーク「どうだぁ!子宮をマンコにされてる気分はよお!!」

女騎士「んほぉおおおっ!!おうっ、おぉおんっ!しゅごい、いいっ、しきゅういいっ!もっろ、もっろぉぉおっ!」

オーク「おいおい、子宮は駄目なんじゃねぇのかよ!」

女騎士「んほっ、お、おほぉおおぅっ!しゅごいおくまでっ、ごりごり、ごりごりきてっ!いいっ、んひぃぃいいっ!!」

オーク「こんな屈辱味わうぐらいなら殺せ、そう言ってた奴の台詞とは思えねぇな!」


20 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/25(木) 22:39:21 ID:dJnfEMi2
女騎士「んはぁっ、ああっ!?ぬ、ぬくなぁ、もっろ、もっろおくまれつけぇぇ……」

オーク「いやいや、一旦抜かなきゃお前の好きな奥の方まで犯せねぇだろっ!!」

女騎士「おほぉぉおおおおぉっっ!!ふっ、ふかいっ、しきゅうのおくまれチンポがぁ、ああんっ!い、いぎそうらぁ……」

オーク「お、イクのか?子宮犯されてイッちまうのかぁ?あぁん?」

女騎士「イッ、イグッ!んふぅっ、ふぅ、んふぅ…… イ、イッちゃう!もうイッちゃうのぉっ!!」

オーク「ぐぅぅ……!?し、子宮が締め付けてきやがる!!いいぜ、なら俺も派手にぶちまけてやるぜぇぇっ!!!」

女騎士「イグッ、イグイグイグイグゥ……」


21 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/25(木) 22:39:57 ID:dJnfEMi2
オーク「だ、出すぞオラァアアアアアアアアアアアアッッ!!!」

女騎士「んひゃぁあああぁああああああ~~~~~っ!!!」

オーク「おおおおおおおおおおおっっ!!!」

女騎士「あひぃぃいいいいっ!!ら、らめっ、らめらめらめぇぇぇ……」

オーク「おお、おおおおお……」

女騎士「あはぁああぁ…… あはぁ、お、おひっこぉ…おひっこらぁ……」


22 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/25(木) 22:41:24 ID:dJnfEMi2
オーク「ぐぅ…… 随分と貪欲な子宮だな……」

女騎士「んぁあ…… きもひいぃ…… しきゅうにしゃせぇされへぇ、きもひいぃよぉ・・・おぉんっ!」

オーク「……なら残りも全部くれてやる!だからもっと締め付けろや!!」

女騎士「んほぉぉおおおおおお~~~~~~~~~っっ!!?」

オーク「そらそらそらそらそらぁっ!!」

女騎士「あひっ、うひぃっ、が、がはっ!そ、それぇ、それいいのぉっ!!」


23 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/25(木) 22:42:10 ID:dJnfEMi2
オーク「これで全部だぁっ!持ってけぇぇええ!!!」

女騎士「まっ、まらイグッ、イグゥゥウウウウゥウウウウッッ!!!」

オーク「うぉぉぉおおおお…… こ、これで打ち止めだ……」

女騎士「かはっ…… あ、ああぁ…… がふっ……」

オーク「くくっ、気を失ったか……」


24 : ◆7.jSb0K4QQ 2014/09/25(木) 22:42:45 ID:dJnfEMi2
―――――
――――
―――
――


オーク「ふぃぃ~~~、気持ち良かったぜ?女騎士さまよぉ?……っと、聞こえちゃいないか」

女騎士「――――んっ、う、うぁ……」

オーク「お、鍛えた甲斐があったな?前ン時は気絶したまんまだったのに、えらく成長したなぁ?」

女騎士「くっ、くひょぉぉ…… ころひゅ、ぜっらいに、ころひて、やりゅ……」

オーク「くくっ、それは無理な話だ。なぜかって?」

オーク「それはこのスレがID腹筋スレだからだよ!>>14が見破っていたように、>>1に【ようこそID腹筋スレへ】って書いてあるだろ?」

オーク「わからねぇか?それなら>>1の俺たちの台詞の一文字目と二文字目、つまり二文字ずつ斜め下に抜き取って読んでみろ」

オーク「【ようこそ合いデー腹筋すれへ…】つまり【ようこそID腹筋スレへ…】ってことだぁ!」
AA_141232398806958700.png
ここはとにかく書き込み、出たIDの数字の回数だけ基本の100回に+αして腹筋をするっちゅう、
きのこの山派なトレーニングスレだす。
例1 ID:wwh7KM12 ID抽出 の場合 7+12=19 なのでそこに基本の100回を足して119回頑張りませう。
例2 ID:bicycle. ID抽出 の場合 数字がないので基本の100回頑張りませう。
さあ、最低100回は腹筋するがええ!↓(`・ω・´)


31 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/26(金) 01:20:34 ID:sWKfmiwM

さて、腹筋するか……


元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1411648599/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「女騎士」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ