Powered By 画RSS


【モバマス】周子「起きろ―」奏「んー…」

1 : ◆5/VbB6KnKE 2014/10/07(火) 17:07:30.18 ID:41VVCU250




周子「もうお昼ですよー」ユサユサ


奏「もう少しだけ…」


周子「むっ」


奏「…昨日遅かったんだしいいじゃない」


周子「えーでも私目覚めちゃったし」


奏「普段はやる気ないくせに目覚めだけはいいのね」


周子「なっ」


奏「メガネ何処かしら…」ゴソゴソ




2 : ◆5/VbB6KnKE 2014/10/07(火) 17:10:36.36 ID:41VVCU250

周子「…こうしてやる!」コチョコチョ


奏「ちょっ…やっ…あっ、あははっ!」ジタバタ


周子「うりうり」


奏「やっ…やめっ……ええいっ!」ガバッ


周子「ひゃあ!」グイッ



3 : ◆5/VbB6KnKE 2014/10/07(火) 17:12:05.12 ID:41VVCU250

奏に抱き寄せられ、覆いかぶさるような体勢になる私
右手は繋がれ、彼女の体温が直に伝わってくる
広いとは言えない私の部屋のベッドで、密着する私達
メガネを掛けた彼女はいつもより知性的に見えて、雰囲気に呑まれそうになる
「…ん……周子」
彼女が空いていた左手を私の頬に沿える
くすぐったくって少し身を捩る
「ぁ…」
そのまま頭を寄せられ、段々と近づいていく二人の距離
彼女の妖艶な唇が、紅色に光る唇が迫る
心臓の音が高まる
ドクン――ドクン――
更に距離が近づくにつれ、彼女の心臓の音も聞こえてくる
「…」
「…」
そして、あと少し
もう彼女の唇は目の前だ
私は成すがまま、彼女に従うように口付けを――



4 : ◆5/VbB6KnKE 2014/10/07(火) 17:12:40.98 ID:41VVCU250

周子「――おぉうい!?」ガバッ


奏「あら」


周子「え?何今のシリアスなあれ」


奏「さぁ?」


周子「怖いんやけど」


奏「きっと乙女オーラのせいよ」


周子「……乙女オーラ…?」


奏「詳しくは浪漫さんに聞きなさい」



5 : ◆5/VbB6KnKE 2014/10/07(火) 17:13:37.72 ID:41VVCU250

奏「洗面所借りるわよ」


周子「うん」


奏「あ、今日は何処か行く予定?」


周子「ううん適当に」


奏「そ、分かったわ」スタスタ


周子「ゲームしよ」



6 : ◆5/VbB6KnKE 2014/10/07(火) 17:14:59.60 ID:41VVCU250

奏「ふぅ…お昼どうする?」


周子「んー…後でコンビニいく」


<顔だ! 顔面だ! 難しいこたァナンにもない! 要るんだ、欲しいんだ、需要に――


奏「……何?それ…」


周子「紗南ちゃんに貸してもらったー」


<顔にズドン! 顔にドカン!飛び散るアレ! 膝でも肘でも背骨でもないぞ、顔だカオ――


奏「…14歳の娘がこんなのをやっていいのかしら」


周子「いいんやない?紗南ちゃん良識あるし…えい」ポチッ


<ズドン


<サンキュッ


周子「奏もやる?」


奏「いえ…私はぷよぷよでいいわ」



7 : ◆5/VbB6KnKE 2014/10/07(火) 17:15:59.00 ID:41VVCU250

周子「奏ぷよぷよ強いからなー」


奏「貴女が弱いのよ」


周子「連鎖とか考えるのめんどくさいもん」


奏「テトリスでもやってなさい」


周子「うぃっす」



8 : ◆5/VbB6KnKE 2014/10/07(火) 17:16:37.11 ID:41VVCU250

周子「あきたー」


奏「コンビニ行く?」


周子「いこー」


レジェンダリーデナイワー


レジェ…?



9 : ◆5/VbB6KnKE 2014/10/07(火) 17:17:36.09 ID:41VVCU250

周子「んー…これと…」


ブー


周子「んー?」


奏「決まった?」


周子「まだー…アーニャからラインきた」


奏「アーニャから?」


周子「うん…えーと」スッスッ



10 : ◆5/VbB6KnKE 2014/10/07(火) 17:18:30.86 ID:41VVCU250

周子「『遊びにいっていいですか?』だって」


奏「あの娘も暇なのね」


周子「『コンビニいるから迎えにいくー』…っと」スッスッ


奏「お菓子でも買っていきましょうか」


周子「ボルシチとか売ってないかな」


奏「どうかしら…」


ブー


周子「ん…『だったら私の部屋で遊びましょう』だって」


奏「そうね」



11 : ◆5/VbB6KnKE 2014/10/07(火) 17:20:07.74 ID:41VVCU250

ピンポーン


タッタッタッ


ガチャッ


アナスタシア「シューコ、カナデ…いらっしゃい、です――」


周子「はいはいちょっと失礼しますよー」


奏「…また何か始まったわ」


アナスタシア「?」


周子「どうも塩見警察のものです」ピラッ


奏「レシート見せてどうするのよ」



12 : ◆5/VbB6KnKE 2014/10/07(火) 17:21:41.29 ID:41VVCU250

アナスタシア「ボルシチ、買ってきてくれたんです?スパシーバ…ありがとう、シューコ」


周子「はいはい強制捜査ですので…速水巡査、確保を頼む」ビシッ


奏「そのキャラはいつまで続けるのかしら」ガシッ


アナスタシア「アー…確保されました、です…えへへ」ギュッ


周子「うん…飽きたからやめー」


アナスタシア「んぅ……ブィーストルィ…早い、です」



13 : ◆5/VbB6KnKE 2014/10/07(火) 17:22:19.17 ID:41VVCU250

周子「いろいろ買ってきたよー」ガサガサ


アナスタシア「わー」


周子「私ゴージャスセレブプリンー」


奏「ちゃんと食べなさいよ?」


周子「分かってるって―」パクッ


アナスタシア「お昼、食べて無かったんです?」


奏「ええ…起きたのがお昼過ぎだったの」


アナスタシア「アー…」


周子「うまい!」テーレッテレー



14 : ◆5/VbB6KnKE 2014/10/07(火) 17:23:05.98 ID:41VVCU250

周子「…1ニョッキ!」バッ


アナスタシア「…!2ニョッキ!」バッ


奏「…」


周子「…」ジー


アナスタシア「…」ジッ


奏「…3ニョッキ」バッ


周子「4ニョッキ!」


奏「5にょっ――」


アナスタシア「5ニョッキ!」


周子「いえーい奏の負け―」


アナスタシア「アー…勝ちました」


奏「くっ…」



15 : ◆5/VbB6KnKE 2014/10/07(火) 17:24:00.44 ID:41VVCU250

周子「罰ゲーム!イエーイ」パチパチ


アナスタシア「いえーい」パチパチ


奏「こうなったら何でもきなさい」


周子「……えーっと…」


アナスタシア「シューコ、これを」スッ


周子「おぉ…褒めて遣わす」ナデナデ


アナスタシア「ンー…♪」



16 : ◆5/VbB6KnKE 2014/10/07(火) 17:25:10.79 ID:41VVCU250



奏「…」ニャーン




周子「かにゃで…アリやん?」


アナスタシア「ダー…アリです」


周子「それじゃみくにゃんの真似してクリアね」


奏「な…」


アナスタシア「アー…ミクのまね…見たい、です」ワクワク


奏「くっ…」



17 : ◆5/VbB6KnKE 2014/10/07(火) 17:26:36.16 ID:41VVCU250



奏「…にゃ、にゃー…かにゃでは自分を曲げないよっ!」




周子「…」パシャッ


奏「ちょっ…!それはだめ…!」


周子「大丈夫大丈夫、私の秘蔵フォルダ行きだからー」


アナスタシア「シンパチーチナヤ…可愛い、です!」


奏「くぅ…!」


周子「(アーニャがいれば奏弄りほうだいねー…むふふ)」



18 : ◆5/VbB6KnKE 2014/10/07(火) 17:28:13.61 ID:41VVCU250

―――――――――――――――
――――――――――
―――――



<テヤッフェイトゥーペルソナッヤッハッペルソナッテイッテイッテイッテイッキーン!シュワーンヨシッテイッキーン!


周子「…」カチャカチャ


アナスタシア「あわわわ」カチャカチャ


<シュワーンヨシッテイッアタタタタ-ノーテンオトシアッチョーキーン!アグネヤストラー! ケー・オー


周子「いえい」


アナスタシア「アー…クマさんが…」



19 : ◆5/VbB6KnKE 2014/10/07(火) 17:29:05.58 ID:41VVCU250

―――――――――――――――
――――――――――
―――――



周子「やっぱり濃い茶が一番だと思うんだよね」ゴクゴク


奏「え…綾鷹でしょう?」


周子「む」


奏「むむ」


周子「綾鷹は温いとなーあれだからなー」


奏「濃い茶は濃すぎるわね…お茶はすっきり飲めるのがいいと思うのだけれど」


アナスタシア「アー…お水美味しいです」コクコク



20 : ◆5/VbB6KnKE 2014/10/07(火) 17:29:55.00 ID:41VVCU250

―――――――――――――――
――――――――――
―――――


周子「さっあーおーいでっ」


奏「ジャーニー!」


周子「みんなで一緒にっ」


アナスタシア「グッチ!」


周子「楽しく遊っぼっ」


奏「ダイヤ!」


周子「はっちっぽっちっ」


アナスタシア「わんわん!」


周子「かわいい」



21 : ◆5/VbB6KnKE 2014/10/07(火) 17:30:53.27 ID:41VVCU250

周子「今度みくにゃんと歌おう」


奏「…?」


アナスタシア「ヤー…ミクですか?」


奏「…ああ、そういうことね」



22 : ◆5/VbB6KnKE 2014/10/07(火) 17:31:41.91 ID:41VVCU250

―――――――――――――――
――――――――――
―――――


周子「…!?」


アナスタシア「?」


周子「カ、カラムーチョがもうない…!」


奏「好きね」


周子「新手のスタンド攻撃…!?」


奏「カラムーチョを食べ尽くす能力…?何処に使い道があるのよ」


アナスタシア「シューコに大ダメージを…」


奏「ちっぽけな精神ね…」



23 : ◆5/VbB6KnKE 2014/10/07(火) 17:32:37.38 ID:41VVCU250

周子「ブラックサンダーの力を利用した黄金長方形の板チョコ…」モグモグ


アナスタシア「アー…かっこいい、です」


周子「あー…タスク欲しいわぁ」


奏「…そう?」


周子「だって寝ながら移動できるやん」


奏「発想が杏みたいになってるわよ」



24 : ◆5/VbB6KnKE 2014/10/07(火) 17:33:36.06 ID:41VVCU250

周子「あとかわいい」


奏「…確かに」


周子「私はact2が一番可愛いと思う」


奏「1じゃなくて?」


周子「うん」


奏「ふーん…じゃあ、一番ルックスがかっこいいと思うのは?」


周子「ハイウェイ・スター!」


奏「成程ね」


アナスタシア「……?…??」


周子「今度漫画持ってきたげる」


アナスタシア「アー…ありがとう、ございます」



25 : ◆5/VbB6KnKE 2014/10/07(火) 17:34:13.81 ID:41VVCU250

―――――――――――――――
――――――――――
―――――


周子「くもーがーじゃまーしたってー」


アナスタシア「…♪」


周子「ひるーまないぜーふきーとばしてーみせーる」


奏「もう日も暮れてるわね」


周子「あーんカラオケいきたーい」


アナスタシア「ダー…行きたいです」


奏「…行く?」



26 : ◆5/VbB6KnKE 2014/10/07(火) 17:35:10.81 ID:41VVCU250

周子「行こー明日もオフやし」


アナスタシア「行きましょう…!」


奏「門限までには帰るわよ?」


周子「分かってるって―」


アナスタシア「わくわく」


周子「あ、アーニャ今日泊まってく?」


アナスタシア「ダー!お泊り、します!」


奏「ふふ、明日もだらだらしましょうか」





おしり


27 : ◆5/VbB6KnKE 2014/10/07(火) 17:37:14.33 ID:41VVCU250
はやおみーにゃ流行れ(願望)
楓「のあちゃん」のあ「…」
【モバマス】周子「乃々ちゃんは話すときいつも目をそらすねー」
【モバマス】蘭子「ククク…ついに…ついに我が軍勢が誕生したぞ…!」
その他諸々


28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/07(火) 17:53:49.36 ID:Z1H2FUIvO

最高の組み合わせだ


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1412669240/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ