Powered By 画RSS


まどか「マミさんを拷問して永遠に苦しめ続けたい」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 17:28:17.59 ID:MlU+Qz5E0
まどか「どうかな?」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 18:05:01.93 ID:WiStVQHG0
マミ「え? 何言ってるの鹿目さん?」

まどか「ウェヒヒwwwこっちの話だから気にしないでマミさんwww」

マミ「あらそう?」

まどか「うんwwww」

ほむほむ「…………まどか、ちょっと」

まどか「はーいwww ほむらちゃんに呼ばれたからまたねマミさんwww」

マミ「わかったわ。また明日ね鹿目さん」



まどか「で? 何か用なのほむらちゃん?」

ほむほむ「もうやめましょうまどか……こんな事しても誰も幸せになれない!」

まどか「るっさいなあ……黙れよ」

ほむほむ「ヒッ!」

まどか「どうしたのほむらちゃん? 震えてるの?」スッ……

ほむほむ「やめ……やめてまどか……いやぁ……」

こんなんがいい


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 18:14:22.22 ID:UzVqbNDw0
>>12
よし頑張れ




20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 18:33:07.84 ID:WiStVQHG0
ほむほーむ
「ん゛ーーっ!! ん゛ーーーっ!!」ヴィーーーーーーーーーーー……

まどか「では第一回、マミさんゲットだぜ!やったねまどかちゃん!計画会議を始めまーす」

ほむほむ「…………」

まどか「拍手」ガッ

ほむほむ「ッ!」パチ…パチ…

「んぎっ!! ぎぃっ!! ん゛ーーーっ!!」ヴィヴィッヴィヴィッヴィヴィッ

まどか「さて、先ずはいつ実行に移すかだけど、ほむらちゃんはどう思う?」

ほむほむ「…………」

まどか「返事」ゴンッ

ほむほむ「痛っ!」ドサッ

まどか「全く、ほむらちゃんは駄目だなぁ。さやかちゃんを見習ってよ」

「…………」ヴィーーーーーーーーーーー……

まどか「あれ? 気絶しちゃった? まだバイブ入れて5時間しかたってないよさやかちゃん。ほーら、電気電気」ビリッ

さやか「ゴオオッ! オゴッ!!」ビクン

まどか「すごーい。さやかちゃん飛び跳ねたwwwギャグボールからよだれだらだら流れてるしおもしろーいwwww」ビリッビリッ


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 18:43:57.18 ID:WiStVQHG0
翌日

仁美「美樹さん、まだ家に帰られてないんですね……」

まどか「うん。お家の人も心配してるし、どこいったんだろうね」

ほむほむ「……(なんであんな顔で嘘が付けるの……)」カタカタカタ

まどか「ほむらちゃんも心配だよね?(昨日は楽しかったね)」

ほむほむ「!?」ガタッ

仁美「どうしました曉美さん?」

まどか「大丈夫ほむらちゃん?(さやかちゃんずっと痙攣しててすっごく綺麗だったね)」

ほむほむ「やめて……やめて……」

仁美「あ、曉美さん?」

まどか「どうしたの!? 顔が真っ青だよ!?(あははwwwさて、今日はどうしよっかなぁ。ほむらちゃんとさやかちゃん入れ替えて会議しよっかなぁwww)」

ほむほむ「いやあっ!!!」ダッ

仁美「曉美さん!? 授業はじまりますわよ!?」

まどか「(クスクスクスクスクスクス)」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 18:50:51.03 ID:WiStVQHG0
放課後

まどか「朝、急にほむらちゃんの様子がおかしくなって……」

マミ「そんな事があったの……もしかして、曉美さんは美樹さんが行方不明になった事と関係あるのかしら……」

まどか「そんなっ!! ほむらちゃんは悪い人じゃありません!!」

マミ「ごめんなさい鹿目さん……うん、そうね。鹿目さんがそう言うなら、私も信じてみるわ」

まどか「ありがとうございますマミさん……」ジワッ

マミ「な、泣かないで鹿目さん! 大丈夫! きっと美樹さんだって見つかるから安心して!」

まどか「はい……(ウェヒヒヒヒヒヒヒwwwwww)」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 19:11:38.23 ID:8idtim1K0
ほむほーむ

ほむほむ「美樹さやか……」

さやか「…………」ピクッ…

ほむほむ「(私は何をしてるの……? ここで美樹さやかを見捨ててまで、まどかを救う必要はあるの……?)」

さやか「たすけ……たす……くださ……ゆるして……ゆるして……」

ほむほむ「ッ! 私は……私は……」

「ほーむーらーちゃーん。あーそびーましょー」

ほむほむ「ヒッ!?」クルッ

まどか「なんちゃってーwwwww驚いた? ウェヒヒwwwwwwww」

ほむほむ「あ……あ……」

まどか「今、ほむらちゃん何してたのかなぁ? ねえ? なんでさやかちゃんを縛ってるロープ掴んでるのかなあ……?」

ほむほむ「これは……違うの! これは……これは……」

まどか「契約、しっちゃおっかなー」

ほむら「それだけはやめてまどか! お願い……」

まどか「どーしよっかなー? ウェヒヒヒwwwwwwwwwww」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 19:19:08.68 ID:8idtim1K0
まどか「キュウベエ、出てきて」

ほむほむ「まどか!? 本気なの!?」

キュウベエ「呼んだかいまどか?」

ほむほむ「キュウベエッ! 消えなさい!!」

キュウベエ「僕はまどかに呼ばれたから出てきただけだよ暁美ほむら」

まどか「そうだよほむらちゃん。キュウベエに用事があるのはわたしなの。ね? 黙ってて?」

ほむほむ「お願いよまどか……お願い……」

まどか「『お願いします』だよね?」

ほむほむ「!?」

まどか「『お・ね・が・い・し・ま・す』さんはい♪」

ほむほむ「おねが……しま……」

まどか「キュウベエ、あのね、契約を」

ほむほむ「お願いします! お願いしますからそれだけはやめてまどか!!」

まどか「はい、よくできましたー。やればできるじゃないほむらちゃん。じゃあ、次は罰を与えないとね♪」

ほむほむ「いや……いや……やめて……やめてぇっ!!」


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 19:31:29.21 ID:8idtim1K0
まどか「めざめたこっころは~~♪」ギチギチ

ほむほむ「やめでぇっ! ゆるじでぇっ!!」

まどか「だからこわっくっな~い♪」カチッ

ほむほむ「ぐるじいっ! じぬっ! じぬぅっ!」

まどか「よし、こんな感じかなぁ。どうほむらちゃん? ギリギリで足が着くように調整してあげたから感謝してね?」

ほむほむ「もうじまぜん! 逆らいまぜん! ゲホッ! ゲッ!! ゆる……ゆるじでぐだざい!!」

まどか「あははwww天井から吊り下げられたほむらちゃんもかわいいね。ほんと……もっといじめたくなっちゃう……」スッ…

ほむほむ「ヒッ!? ぞ、ぞれは!?」

まどか「ウェヒヒヒwwwwwそうでーっす。ほむらちゃんのソウルジェムでーっす♪ さてさてー、ではこれをこうしてー……」カリッ

ほむほむ「いぎぃいいいいいいいいっ!?」ガチャガチャ

まどか「あはははははははwwwwwちょっと引っ掻いただけなのにwwwwwいぎっってwwwいぎぃwwww」カリカリカリカリ

ほむほむ「ぎっ! いだいいだいいだいいだい!! やめでっ! やめっ!! ゲェッ!? ゲッ! ゲホッ!」ガチャガチャガチャ

まどか「ほらほら踏ん張らないと喉が閉まって死んじゃうよーwwwwカエルみたいだよほむらちゃんwwwwウェヒヒヒヒヒwwwwwww」

キュウベエ「帰っていいかな僕?」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 19:41:07.74 ID:8idtim1K0
一方その頃
マミ「ここにもいないか……」

マミ「どこに行ったの美樹さん……みんな心配してるのよ……」

ビルの上
杏子「あいつが噂の巴マミか」ポリポリ

「そうだよ。この街の担当である魔法少女さ」

杏子「チッ! 急に出てくんなキュウベエ」

キュウベエ「今日は呼ばれたり出てくるなと言われたり散々だよ」

杏子「ハァ?」

キュウベエ「こっちの話さ。ああ、それとね杏子」

杏子「なんだよ?」

キュウベエ「本当に警戒すべきは巴マミじゃないかもしれないよ」

杏子「どういうことだ?」

キュウベエ「いずれわかることさ」


まどか「あははははははははははははは」ガリガリガリガリ

ほむほむ「ーーーっ!! ーーーーーっ!? ーーーーーーーっ!!」ガチャガチャガチャガチャガチャガチャ


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 19:48:36.83 ID:8idtim1K0
翌日

仁美「今日は暁美さんお休みなんですの?」

まどか「うん。昨日、様子がおかしかったし心配……」

仁美「そうですか……」

まどか「そうだ仁美ちゃん」

仁美「なんですか?」

まどか「あのね、ほむらちゃんのお見舞いに行こうと思うんだけど、仁美ちゃんも一緒にいかない?」

仁美「そうですわね……確か今日は……うん、あまり遅くならないなら大丈夫ですわ」

まどか「やったぁ! えへへ、嬉しいなあ」

仁美「あらあら、大げさですわよまどかさん? あらいけない、授業が始まってしまいますわ」タタタッ

まどか「ほんとに……楽しみ……ウェヒヒ……」ニタァッ…


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 19:50:02.30 ID:R30Kurku0
パンピーに手を出すのかwww
これ死ぬんじゃね?


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 19:52:09.17 ID:SyH6q1wk0
仁美ちゃん超逃げてー


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 19:58:47.26 ID:8idtim1K0
数日後の繁華街裏路地
「はぁ……はぁ……」ズル…

ガチャッ

杏子「ん?」

「あ……あう……」ドサッ

杏子「おい、どうした!? おい! しっかりしろお前!!」

「あ……あ……」パクパク

杏子「ひでえ……傷だらけじゃねえか。それにその格好、ボロボロだし何があったんだよ」

「う……あう……」パクパク

杏子「無理すんな! 喋んなくていい! すぐ病院連れてってやっから! え? わかったよ!! 聞いてやるから!」スッ

「に……げ…て……」パクパク

杏子「え?」ガッ

ドサッ

さやか「あ……あぁ……」カタカタカタカタ

まどか「よくできましたさやかちゃん。えへへ、新しい魔法少女ゲットだぜー♪」

キュウベエ「言わんこっちゃない。自業自得だよ杏子」


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 19:59:32.39 ID:lVwqucfw0
あんあん……


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 20:14:08.56 ID:8idtim1K0
ほむほーむ

杏子「ん……?」パチッ

杏子「どこだここ……つっ! 頭がガンガンする……」

杏子「え? な、なんだよこれ……? なんで椅子に縛られてんだあたし!?」ガタガタ

杏子「おい! 誰かいないのか!? おい!!」ガタガタガタ

ゴトッ

杏子「!? おい! そこにいんのか!? 何とか言えよ!! うあっ!?」ガタンッ

杏子「いってえ……椅子ごと倒れたから受身も取れねえ……クッソ! 誰だあたしにこんな事したのは!!」

杏子「ん……? おい、そこにいんのか? 返事しろコラ!!」

パチッ

杏子「お? 明かりが……おい、何だよこれ……何の冗談だよ……」カタカタカタカタ

仁美「…………」カクン…カクン…

「ウェヒヒwwwwww三角木馬に仁美ちゃん乗っけてみたんだけれど、2日で壊れちゃったwwwwww」

杏子「テメェかよこんな事したクソッタレは!! 離せ!! あたしとそいつ今すぐ解放しろ!!」

まどか「駄目駄目。あなたの運命を決めるのはわたしだよ。さて、次はあなたの番。壊れちゃ駄目だよ……新しい魔法少女さん♪」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 20:16:41.16 ID:Qv3L+JPX0
仁美ちゃん・・・


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 20:24:48.75 ID:8idtim1K0
まどか「ねえほむらちゃん」パチッ…カタン

ほむほむ「……はい、なんでしょう」パチッ…カタンカタンカタン

まどか「そろそろメインディッシュが食べたいなって思うんだわたし」パチッ…カタンカタン

ほむほむ「……はい」パチッ…カタン

まどか「ウェヒヒwwww楽しみだなぁ……楽しみだなぁ……ウェヒヒヒヒwwwwww」パチッ…カタンカタンカタンカタン

ほむほむ「…………私の負けです……ごめんなさい……許して……許して……」

「ム゛ーーーーッ! ム゛ーーーーッ!!」

まどか「はいこれで5連勝。ほむらちゃんオセロ弱いねえwwwwじゃあスイッチオーン♪」

ごぽごぽごぽごぽ

杏子「ん゛ーーーーーっ!? んぎっ! ンゴォオオオオオオオオオオっ!!」ガタッガタッ

まどか「ウェヒヒwwwwわかるー? 杏子ちゃんのお腹に今、腐った牛乳が流れ込んでるんだよー? ウェヒヒヒヒヒwwwww」

杏子「んぶぇっ!! んぶっ! おごえぇええ!!」ゴトンゴトン

まどか「あはははははwwww恨むならオセロの弱いほむらちゃんを恨んでね杏子ちゃんwwwあはははははwwwww」


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 20:33:27.17 ID:8idtim1K0
喫茶店

マミ「まさかあなたから呼び出しがかかるとは思ってなかったわ」

ほむほむ「…………」

マミ「ここ最近、あなた学校に来てなかったけれど、どこで何をしていたの?」

ほむほむ「…………」

マミ「はぁ……自分から呼び出しておいてずっとだんまり。あなたは何が目的なの?」

ほむほむ「目的……」ピクッ

マミ「あら、ようやく喋ったわね。……そう、目的。ここ最近のあなたの行動は……正直言って不気味だわ」

ほむほむ「……そう」

マミ「はっきり言っておくわね。私はあなたを信用してない」

ほむほむ「……でしょうね」

マミ「でもね、あなたの友達である鹿目さんの事は信用してるの」

ほむほむ「まどかを……信用?」

マミ「ええ。だから私は、信用する後輩の、大切な友達である後輩の友達を信用する。わかる?」

ほむほむ「信用……ふふ……信用ね。ふふふ……あははははは」


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 20:41:57.40 ID:8idtim1K0
マミ「な、何がおかしいのよ!?」

ほむほむ「巴マミ、あなたって本当にいい人だわ」

マミ「な、何よ急に!?」カァッ

ほむほむ「正直な感想よ。そう、あなたはいつもいい人だった。いつもいつもいつもいつも」

マミ「え……? ちょっとあなた……大丈夫? 顔色が真っ青よ?」

ほむほむ「ふふ……いつもそうやって誰かを心配して、誰かの為に、誰かを助けるために魔女を倒していた。どの時間でも! どんな場所でも!!」

マミ「じ、時間? 何を言ってるの?」

ほむほむ「だからあなたは……」

マミ「あれ……? なにこれ……? 身体が……まさかこのお茶……あなた……」グラッ

ほむほむ「とっても愚か者なのよ」

マミ「暁美……ほむら……っ!!」ゴトッ

ほむほむ「私と同じでね」


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 20:43:50.94 ID:MCd3OwrRO
マミさん…


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 20:55:47.45 ID:8idtim1K0
ほむほーむ

ほむほむ「着いたわ。じゃあね巴マミ。できれば次は……次があれば……いいえ、なんでもないわ。さようなら巴マミ。そして……ごめんなさい」スッ…

マミ「(待ちなさい暁美ほむら! クッ! 身体が痺れて動かない……)」

「ウェヒヒwwwwww」

マミ「(鹿目さん!? 鹿目さん逃げて!! 暁美ほむらは危険よ!! お願い逃げて!!)」

まどか「大丈夫だよマミさん」スッ…

マミ「(駄目よ! 魔法少女である暁美ほむらに狙われたら、普通の人であるあなたじゃ勝ち目がない! 私のことはいいから逃げて!!)」

まどか「ウェヒヒwwwwあー……やっぱりマミさんは素敵だなあ……」スルッ

マミ「!?」

まどか「凄い……お肌きれい……同じ女の子として妬けちゃうなあ……」スリッ…スリッ…

マミ「(何をするの鹿目さん!? やめて!! やめなさい!!)」

まどか「あのねマミさん、わたし、一目惚れだったんだ……」ツゥー…

マミ「(離して!! 触らないで!! 嫌っ!!)」

まどか「覚えてるかなぁ? 最初に会った時のこと……」ツン…

マミ「(どこを触って……! さ、最初って……)」


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 21:07:44.30 ID:8idtim1K0
まどか「そう最初。あの時のマミさん、自信に溢れてて、凄くかっこよくて……」クニッ…

マミ「(ひっ! や、やめ! んっ!)」

まどか「壊れやすそうだった」クチュ…

マミ「(~~~~~~~~~っ!!!!)」

まどか「一目見てわかったよ。ああ、この人はとても気高くて、その反面、凄く脆い」クチュックチュッ

マミ「(だめだめだめだめ!! やめてっ!! 触らないで!! やめてよぉっ!!)」

まどか「だからわたし、決めたんだ」スッ…

マミ「(え……? やめて……くれた……?)」

まどか「マミさんを拷問して永久に苦しめ続けたいって」

パッ

マミ「(え……? なにこれ……? 美樹さん……? それにも何人も……吊るされて……)」

まどか「その為に、わたしすっごく練習したんです。えへへ、褒めて下さいマミさん♪」

マミ「(うそ……? 鹿目さん、嘘でしょ? だって私とあなたは……)」

まどか「はい。一番大好きな友達。だから……誰よりも愛してあげる」


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 21:09:27.97 ID:nfphYIkk0
スレタイきた
全員完全に吊るされたのか・・・


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 21:09:52.91 ID:CTnXVQM20
マミさん大好きなのに
これからひどい目に合わされるのに
興奮してきた


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 21:18:40.03 ID:8idtim1K0
まどか「見えるマミさん? 気絶してるさやかちゃんの乳首に洗濯ばさみみたいなのがあるでしょ?」

さやか「…………」

マミ「(やめて……やめてっ!! 美樹さんはあなたの親友でしょ!? 正気に戻って鹿目さん!!)」

まどか「ウェヒヒwwwわたしは正常ですよ? さーて、このスイッチを押すとどうなるでしょー? ポチッとな♪」カチッ…バチィッ

さやか「いぎぃいいいいっ!! あがががががっ!!」ガクガクガク

マミ「(美樹さん!? 美樹さんしっかりして!! 美樹さん!!)」

まどか「電流が流れて飛び起きる訳です。これで朝が弱いさやかちゃんも安心♪ 凄いでしょ? 大変だったんですよ丁度いい電圧調べるの」

さやか「あ……あ……」ピクピク

マミ「(美樹さん!! 私よ!! 巴マミよ!! わかる!? 返事して!!)」

さやか「も……て……ろ……こ…………」ピクッ

まどか「…………」ニタニタ

マミ「(美樹さん!!)」

さやか「……て……ろして……も……う……ころして……」カクッ

マミ「(あ……あ……うあ……ああああああああああああああああああっ!!!!!!)」

まどか「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」


95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 21:20:35.59 ID:lVwqucfw0
さやさや……


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 21:27:42.26 ID:8idtim1K0
まどか「さやかちゃんはね、記念すべき最初の一人目だったんだ」スッ…

さやか「ころ……て……ろして……お……ねがい……ころして……」

まどか「黙れ」ゴッ

さやか「いぎっ!?」

マミ「(っ!?)」

まどか「黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ」ゴッゴッゴッゴッ

さやか「…………」カクンカクンカクン

マミ「(もうやめて! 気絶してる! それ以上やったら美樹さんが死んじゃう!!)」

まどか「っと、いけないいけない。後で傷薬塗ってあげるねさやかちゃん。ウェヒヒwwwwwwwwwww」

マミ「(どうして……どうしてこんなこと……)」

まどか「どうして? それはね、さやかちゃんって黙ってたら凄くかわいいからかな」

マミ「(は……?)」

まどか「折角かわいいのに、言葉遣いが荒いのがずーっと前から気になってて。えへへ」

マミ「(狂ってる……あなた狂ってる……)」

まどか「ウェヒヒwwwwwwwwwww自覚してますwwwwwwwwww」


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 21:34:02.70 ID:8idtim1K0
まどか「さてさて、次はほむらちゃんの番だよ」パンパン

ほむほむ「……はい」スッ

マミ「(暁美ほむら! あなた動けるの!? だったら美樹さんを助けてあげて!! お願いよ!!)」

ほむほむ「…………」

まどか「無駄だよマミさん」スッ…

ほむほむ「あっ……んっ……」

マミ「(な……何してるのあなた達……?)」

まどか「……ぷはぁっ! 何ってキスだよ? ディープなやつ。大人の味です♪ ウェヒヒwwwwwwww」

マミ「(え? どういうこと? え……?)」

まどか「もう、察しが悪いですねマミさん。ほむらちゃんはー……」ツゥッ…

ほむほむ「…………んっ!」

まどか「わたしの奴隷です」クチッ

ほむほむ「あぁっ! んっ!」

マミ「!?」ゾワッ


112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 21:44:51.52 ID:8idtim1K0
まどか「実はこの計画って結構前からあっためてはいたんですけど」ピチャッ…クチクチ

ほむほむ「あっ! あっ! んあっ!」

まどか「実行するには色々と問題があったんですよ」グッ…ズリッ

ほむほむ「ああっ! うあっ!? ひっ!」

マミ「(問題……?)」

まどか「そう問題。具体的には、魔法少女とそうじゃないものの差ってやつです」ズプッ…クチャッ

ほむほむ「ふあああっ!! まどか……まどかぁっ!!」

マミ「(まさか暁美ほむらを利用して……)」

まどか「利用?」グリィッ

ほむほむ「ヒッ!? いぎっいいいっ!!」

まどか「ほむらちゃんはね、自分からわたしのモノになったんですよ。ウェヒヒヒヒヒwwwwwwwwwww」ズルゥ…ズッズッ

ほむむ「おごおおっ! ごわれるっ! ごわれるぅっ!! やめっ! やめでまどがぁっ! ふづうに……ふづうにあいじでよぉっ!!」

まどか「わたしに命令するな」ズブスブ゙ブズズズッ

ほむほむ「ゲッ!! おごっ!? あ……」カクッ

まどか「あら? ほむらちゃん気絶しちゃった。失敗失敗。ウェヒヒwwwwwwwwwwww」


118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 21:55:39.88 ID:8idtim1K0
マミ「うげっ……げぇっ……」ビチャビチャ

まどか「あーあ、マミさん吐いちゃった。身体が痺れてるから、ゲロが喉につまらないか心配だなあ」

マミ「う……ゲホッ……ゲホッ……」ベチャ…

まどか「こんなんで次の仁美ちゃん見れるかなあ? 心配だなあ。ウェヒヒwwwwww」

マミ「(もう嫌だ……見たくない……見たくない……)」

まどか「さーて、次はこっちですよマミさん」グッ…ズルズル

マミ「(痛いっ! やめて! 髪を掴んで引っ張らないで!! いたいいたいいたいいたい!!)」

まどか「わぁ……やっぱり思ったとおりでした」パッ…ゴン

マミ「(痛っ! 床に顔が……鼻血……う……うええ……)」ボロボロ

まどか「マミさんの悲鳴ってすっごく幸せな気持ちになれるなって……それに」ズイッ

マミ「(ヒッ!? なに!? 何をする気!?)」

まどか「んっ……」ペチャ…ピチャ…

マミ「(私の血を……舐めてる……?)」ゾッ

まどか「うん……すっごく美味しいよ。マミさん♪」ニタァ

マミ「」クラッ…パタン


122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:04:54.13 ID:8idtim1K0
マミ「う……?」パチッ

マミ「どこここ……? なにこれ……ガラス?」

まどか「おはようございますマミさん」

マミ「ヒッ!? し、鹿目さん!?」

まどか「あ、痺れ取れたみたいですね。直接頭の中に声が響くテレパシーもいいけれど、やっぱりナマが一番です。ウェヒヒwww」

マミ「そんな事より、私をこんな椅子に縛り付けて私をどうする気!?」ガタガタ

まどか「ウェヒヒヒヒヒwwwwwwww特等席でショーを観てもらおうと思ってwwwwwwwwww」

マミ「ショー……? 何をするつもりなの……?」

まどか「安心して下さいマミさん。マミさんには『まだ』何もしませんから♪」

マミ「まだって……まだってどういうことよ!?」

まどか「それは後からです。さあ、ショーがもうすぐはじまりますから、おとなしくしてて下さいね?」

マミ「こんな椅子……!! 私が本気になれば!!」グッ

まどか「駄目でーす♪」ガリッ

マミ「ひぎいいいいっ!! あ゛あ゛あ゛あああっ!! う゛あああああああっ!」ガタッガタッ

まどか「ソウルジェムって本当に便利だなあ。ウェヒヒヒヒヒヒwwwwwwwwwwあ、まだ何もしないっていう約束破っちゃったwwwwww」カリカリカリカリ


129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:17:24.33 ID:8idtim1K0
マミ「うあ……あ……」ピクピク

まどか「あーあ、やりすぎちゃった。悲鳴がかわいすぎるマミさんが悪いんですよ?」

「んぶぅっ!! んっ! んっ! ん゛ーーーーっ!?」

まどか「おっといけない。ショーが始まりましたよマミさーん。ほら起きて起きて。ガラスの向こうで始まってますよー♪」グイッ

マミ「あうっ! う……?」

仁美「んぶはっ! 嫌ぁあああああああああああああああああっ!! もう許しんぶうっ!?」

マミ「な……何よあれ……あの子、犬に何をされてるの……?」

まどか「ウェヒヒヒヒwwwwwwwわかってるくせにぃwwwww仁美ちゃん、犬に輪姦されてるんですよ♪」

マミ「は……?」

まどか「獣姦ってジャンルがあるんですが、その中でも犬って中々に面白い性質がありまして」

仁美「んごぶぅっ! 抜いてええええっ!! いやあああああああああああああああっ!!」

まどか「射精が近くなると、メスから性器が抜け落ちないように太くなるんです」

仁美「うああ……また……また入ってくる……やだぁああああああああ!! 抜いてよぉ!! これ抜いてよぉ!!」

まどか「生命の神秘ですよね。ウェヒヒヒヒヒwwwwwwwwwwwww」

マミ「うぶっ! うげえぇっ!!」ビチャビチャビチャ


133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:23:06.01 ID:bFFCfO4m0
獣姦で一番ヤバいのは豚だと思うの


134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:24:25.36 ID:lVwqucfw0
イルカもやばいらしい


137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:27:43.22 ID:t9GCKiZU0
皆さん獣姦にお詳しいんですね……


139:マジか。失敗したなぁ:2011/10/23(日) 22:30:12.97 ID:8idtim1K0
まどか「また吐いちゃったんですか? やだなあ汚い」

マミ「げほっ! けほっ! あ……あなたは……」

まどか「?」

マミ「あなたは地獄に落ちるわ……あなたは人じゃない。悪魔……あなたこそ本当の魔女だわ……」

まどか「ひどいなあマミさん」カリッ

マミ「ぐううっ!! 負けない……! 私はこんな痛みなんかに負けない!! 許さないわ鹿目まどか!! あなたは……あなたは絶対に許さない!!」

まどか「へえ……じゃあこんなのはどうかなぁ?」スッ

マミ「え……? 私のとは別のソウルジェム……? も、もしかして暁美ほむらの……?」

まどか「ウェヒヒヒヒヒwwwwwww違うよー♪ これはねー……?」パチッ

マミ「(反対側の暗かった部屋に明かりが……あれは……誰?)」

まどか「あそこにいるマミさんの知らない魔法少女、佐倉杏子ちゃんのソウルジェムだよ」

マミ「佐倉……杏子?」

まどか「それじゃあ、最後のショーの始まりだよマミさん♪」


145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:37:55.77 ID:8idtim1K0
まどか「マミさんって凄く優しい人だと思うんだ」

マミ「急に何を……」

まどか「だから、誰でも助けたいと思っちゃう」

マミ「要点を言いなさい。何をする気なの?」

まどか「ウェヒヒwww慌てない慌てない。さてさて、あそこにいる杏子ちゃんには事前にある事をしています」

マミ「あること?」

まどか「うん♪ あのね、杏子ちゃんは今、手も足も動かない。目も開けなければ音も聞こえないの」

マミ「どういうこと……?」

まどか「魔法少女って普通の人よりも傷の治りが凄いってのはマミさんも知ってるでしょ?」

マミ「ええ。でもそれが何だというの?」

まどか「つまり、何度でも腕や足の健を切ってもしばらくすれば再生するし、眼や耳だって一時的には使えなくてもいずれ治るってことじゃないのかなーと思ったんです」

マミ「じゃ、じゃああそこの彼女は!?」

まどか「はい♪ その実験中というわけです」

マミ「あなたって人は!!」ガタガタッ

まどか「おっと、動かないで下さいね? 下手なことをしたらこのソウルジェム……壊しちゃいますよ? ウェヒヒヒヒヒwwwwwwwwwwww」


146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:39:44.53 ID:66PxOxfV0
クズすぎるwww


148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:41:06.38 ID:t9GCKiZU0
まどっちは研究熱心のいい子だなぁ


149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:42:34.72 ID:CTnXVQM20
近年稀にみるまどカス様やでえw


151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:48:23.51 ID:8idtim1K0
まどか「さてマミさん、一つ質問です。マミさんはわたしのこと、好きですか?」

マミ「そんな訳ない。これほど誰かが憎いと思ったのは生まれて初めてよ」

まどか「へー」ガリッ

杏子「いぎいいいいいいっ!?」

マミ「何をするの!?」

まどか「あーあ、杏子ちゃんかわいそう……身体の自由が効かない状態での痛みって凄く怖いし痛いんですよ? さて、マミさん? マミさんはわたしのこと、好きですか?」ガリガリガリガリ

杏子「あ゛あ゛あ゛あ゛ああああっ!」

マミ「あ……ああ……」

まどか「好・き・で・す・か?」ガリガリガリガリガリガリガリ

杏子「ん゛あ゛あ゛あ゛っ!! ぐぎぃいいいいいいいいいっ!!」

マミ「好きよ! あなたのこと好き!! だから……だからもうやめて!!」

まどか「あはっ♪ 幸せ……。マミさんに好きって言ってもらえてとっても嬉しいです♪」

マミ「ごめんなさい……ごめんなさい……」ボロボロ

まどか「笑え」ガリ

マミ「うあ……あははははは……あははははは……う゛……ひぐっ……あは……あははははははは!!」


157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:55:18.03 ID:8idtim1K0
まどか「マミさん、マミって呼んでもいいですか?」

マミ「はい……」

まどか「やった♪ じゃあ、敬語じゃなくフレンドリーに話しかけてもいい?」

マミ「はい……」

まどか「ウェヒヒヒwwwwwじゃあじゃあ、うーん……これはちょっと言うの恥ずかしいなあ……」

マミ「……好きにすればいいじゃない……」

まどか「あ゛?」カリッ

マミ「なんでもありません! なんでも……ありません……ごめんなさい……」

まどか「えへへ。えっと……あのね、わたしマミのこと大好きなの! ずっと……ずっと一緒にいてくれるかな?」

マミ「は……い……ふっぐ……うぐ……」

まどか「わぁ……夢みたい。ねえマミ? あのね、あのね……」

マミ「…………」

まどか「みんなにやったのと同じぐらい……ううん、もっといっぱいいっぱい……愛してあげるね」


おしまい


158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:56:02.96 ID:8idtim1K0
じゃあの


159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:56:57.31 ID:b2U80emi0
えっ


162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:57:42.86 ID:CTnXVQM20
これからだと思ったら終わってたでござる


163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:58:05.88 ID:y6RQVfuG0
これは……

妄想の幅が広がる
乙乙


166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:58:32.26 ID:66PxOxfV0
ここからが本番じゃないか
直接苦しめるシーンはどうした?


167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:58:51.73 ID:AUgTrOGJ0
えええ
ここまできといて生殺しとかそんな殺生な


168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 22:59:17.36 ID:3vPOo1Uc0
他のキャラの苦しむシーンは多いのに肝心のマミさんが・・・


171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 23:03:52.60 ID:CP9UbFdG0
あとは 想像におまかせしますってことか

乙!


177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 23:17:51.37 ID:dm32aQ6GP
>>157 は俺らを欲求不満で苦しめるつもりか!

乙!


182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 23:35:27.97 ID:AUgTrOGJ0
>>1よりクオリティだだ下がりだと思うけどちょっと続き書いていい?


183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 23:36:24.33 ID:yd3rlYvH0
がんばれ


186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 23:40:02.47 ID:AUgTrOGJ0
じゃあ書いてみる


187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 23:40:37.03 ID:b2U80emi0
やったー!


188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 23:41:05.48 ID:AUgTrOGJ0
マミ「(私は何てことを……どうにかみんなを助けないと)」

マミ「(でも自殺したり逃げようとかしたら佐倉さんのソウルジェムを壊すって言われたわ)」

マミ「(別の部屋に移されて様子もわからないしどうすればいいの……?)」

ガチャ

まどか「ねえ、マミ? お腹すいたでしょ、ご飯作ったから食べて?」イソイソ

マミ「いらないわ……」

まどか「んー? 聞こえなかったなあ、マミ?」ソウルジェムチラチラ

マミ「っ……! う、嬉しいわ、お腹がペコペコだったの!」ゾクッ

まどか「うふふ、しょうがないなあマミは。それじゃ食べさせてあげるね。あーんして?」


190:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 23:42:23.90 ID:AUgTrOGJ0
マミ「(まさか変な薬とか入ってるんじゃ……でも私に拒否する権利なんてない)」アーン

ホカホカ

まどか「あ、このままじゃ熱いよね。やけどしたら大変だからふーふーしてあげるね。はい」フーフー

パク…モグモグ

マミ「(普通においしい……こんなおいしいご飯を作れるのにどうしてあんなことできるの?)」

まどか「おいしい? マミ」ニコニコ

マミ「えっ、ええ、おいしいわ」


192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 23:47:13.98 ID:AUgTrOGJ0
まどか「そう……よかったあ」ニヤァ

マミ「!?」ゾクゥッ

マミ「か、鹿目さん……まさかこれ……」

まどか「んー? 何かなあ? 変な味だった?」ニタニタ

マミ「ヒッ……」モゴッ

まどか「あはは、マミったら真っ青だよ? でも吐いたりしないよね?」

まどか「せっかくマミのために作ったのにそんなの、許さないよ」ギラッ

マミ「グッ……ウグッ……!」ゴクンッ

まどか「ティヒヒ、何考えたのかなあ? そんなこと思いつくなんて、マミって残酷だね?」ニヤニヤ


193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 23:48:25.55 ID:dm32aQ6GP
これはエグい…


195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 23:53:06.07 ID:AUgTrOGJ0
マミ「(違うの? でも私が何を考えたかとは言ってない。もしかしたら……)」カタカタッ

まどか「残しちゃ駄目だよ、マミ。飢え死になんてさせてあげないからね」スッ

マミ「うう……っ」アーン

モグモグ…

マミ「(結局、わからないまま食べてしまった。これで想像が当たっていたら私……)」

まどか「さてと、それじゃ食後の運動しようか? そのまま動けなくておデブさんになったら大変だもんね」


198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 00:01:32.28 ID:hgI9AST30
マミ「運動って、こんな椅子に縛られて何も出来ないわ」ギシギシ

まどか「大丈夫、手はダメだけど脚は外してあげる」カギジャラジャラ

まどか「でも変なことしようとしたら、わかってるよね?」チラッ

マミ「わ、わかったわ」

まどか「ティヒヒ、マミはいい子だね、さやかちゃん達もこれくらい素直ならいいのに」カチャカチャ

マミ「(外れた、いま鹿目さんを拘束して逃げれば……ううん駄目、全員助けられる保証がない)」

まどか「ウェヒヒヒ、それじゃこっちの部屋だよ、マミ」テクテク


200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 00:07:43.75 ID:hgI9AST30
ガチャ

杏子「う、う……ぁ……ぉ……」ギシッギシッ

マミ「さ、佐倉……さん」

まどか「ウェヒヒヒ、魔法少女ってすごいね、さっきはぐったりしてたのにもう動く元気があるよ」ドゴッ

杏子「グッ!? ゲボッ!」

ドゴッ! ゴスッ!

マミ「や、やめ……!」ハッ

まどか「んー? マミ、何か文句あるの?」ジーッ

マミ「ち、違……」

杏子「ま……み……? マミ、さ……?」ゲボッゴホッ


202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 00:11:32.61 ID:hgI9AST30
まどか「!」

マミ「!」

まどか「もしかしてこの子、マミの知ってる

マミ「知らないわ! こんな子知らない! 赤の他人よ!」アセアセ

まどか「ふーん……なーんだ、知ってる子なら滅茶苦茶にしようと思ったのに」ガッカリ

マミ「(そう言うと思ったわ。ごめんなさい佐倉さん、あなたを助けるためなの)」ドキドキ

まどか「そうなんだ。知らない子なんだったら、マミがやってみてよ」ニタァ

マミ「……え?」


205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 00:13:35.81 ID:UxUBbz4u0
精神的に責められてるな


206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 00:14:40.16 ID:ogfibXPqP
マミさんに効果的な攻め方を把握し過ぎだろ


208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 00:22:04.19 ID:hgI9AST30
まどか「知りもしない子なら、マミも心が痛まないでしょ?」

まどか「この子魔法少女だもん、ひどい怪我しても治せるんだから大丈夫だよ!」ニコニコ

マミ「それは……それは違うわ鹿目さん。いくら怪我を治せても、怪我をして平気なわけじゃ」

ドカッ

マミ「アグッ……!」ガクン

まどか「やってみて、って言ったんだよ、マミ。考えを聞いたわけじゃないの。わかるよね?」カミヒッパリ

マミ「で、できない……」ジワッ…

まどか「へえ、マミって本当に優しいね。知りもしない子でも、傷つけるのは嫌?」

マミ「あ……当たり前よ、そんなことするくらいなら……」

まどか「でもね、マミ」


211:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 00:29:49.32 ID:hgI9AST30
まどか「じゃあ魔法少女と争いになったって言ってたときはどうなの?」ギリギリ

まどか「おとなしく黙ってやられてたの? 違うよね?」グググッ

マミ「い、痛っ……だってそれは、向こうが」

まどか「でも傷つけたんだよね? 今さら『本当は戦いたくなかったの』~なんて虫が良すぎないかなあ?」ブチブチ…!

マミ「いぎっ!」ドタン

まどか「あーあ、顔面打っちゃって痛そう」ニタニタ

マミ「ひぐっ……」ハナヂボタボタ

まどか「でもマミがどうしても嫌ならしょうがないな。私がやろうっと」フンフーン


212:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 00:33:16.76 ID:hgI9AST30
ガチャガチャ

まどか「あ、これもまだ試してないなあー」ガチャッ

まどか「これもさやかちゃん達だと死んじゃうかもしれないから杏子ちゃんでなくちゃ」ゴトッ

マミ「や……」

まどか「ん? 何か言った、マミ?」

マミ「や、やります、私にやらせて……」ヒックヒック

まどか「ウェヒヒヒ、なーんだ、やっぱりマミもやりたいんだ? 仕方ないなあ」ニパァ


217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 00:48:54.90 ID:hgI9AST30
マミ「(ごめんなさい、ごめんなさい、佐倉さん……!)」

マミ「(でも黙って見てるくらいなら……うまく手加減すれば)」

まどか「ウェヒヒヒ、それじゃこれ試してみようかなあ」

ゴソゴソ、ギリリ…ガチャン!

マミ「(佐倉さんを台に寝かせて、手足を固定したわ……)」

まどか「ほむらちゃんがいろんなところから道具を取って来てくれて助かるよ、ウェヒヒ」

まどか「あ、マミは手が使えないけどそれでも手伝えるようにしてあるよ」

マミ「(通販番組とかでよく見る自転車みたいな道具が出てきたわ)」

マミ「(でもチェーンが佐倉さんの寝かされた台に繋がってる……嫌な感じがするわ)」


221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 00:56:47.08 ID:hgI9AST30
まどか「それじゃマミにはこれを漕いでもらいまーす」

まどか「食後の運動だから、目標は30分くらいかな? ちなみにさぼったらおしおきだよ」

まどか「はい、ちゃんと座って、それじゃスタートだよ!」ピッ

マミ「っ……ぐぐ……(縛られててバランスが取りづらいわ、それにペダルがすごく重い)」コギコギ

ゴトン…ギギ…ギシ…

杏子「う……? あ、が……」ギリリ…

マミ「ふぅ、ふぅ……」コギコギ

ギリギリ…ゴトン…

まどか「ウェヒヒ、そろそろかなあ?」ワクワク

杏子「ぐっ……!? あ、が……!(手足が上下に引っ張られる……!)」ギシ、ギシッ


224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 01:04:03.52 ID:hgI9AST30
マミ「さ、佐倉さん!?」アセッ

まどか「ウェヒヒ、だめだよーマミ、運動なんだから休んじゃ」カチッ

マミ「ア、ガッ!ヒガァァァァッ!」バチバチィッ!

まどか「ペダルと座席にスタンガンが仕込んであるからね、休んだらそうなるよ?」ニコッ

まどか「もちろんわざと佐倉さんを助けようとしたら、私が後でもっとひどいことするからね?」ニコニコ

マミ「わ、わかったわ……」コギッ…

杏子「がっ……あ、ぁ……ぎっ……」ギチ、ギチッ

ギリギリ…ギギッ

まどか「あ、そろそろ背骨が伸びきった頃かな? 大変だけど頑張って、マミ!」


227:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 01:05:44.82 ID:hgI9AST30
参考画像

a080244a.jpg

>手足をそれぞれのローラーにつながれたロープで縛り、
>そのローラーを回転させることによって犠牲者の体を伸ばしていく拷問具です。
>どんどん伸ばすと間接がはずれ、筋組織断絶が起こり激しい激痛に見舞われ、
>最終的には四肢切断となってしまいます。


228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 01:08:19.30 ID:xy4WMlSn0
なるほどなー


229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 01:09:04.73 ID:NAZFaN2f0
>>227
oh…


230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 01:12:15.36 ID:hgI9AST30
マミ「ひぐっ……ひ、うう……」コギッ…

ガコン

杏子「っ……が、ぁ……ぎぃぃっ!」ギリギリ…ゴキンッ!

杏子「ぐぁ、あがぁぁっ!?」ガクガク

まどか「ウェヒヒヒ、先に手足の関節外れちゃったみたい。すごい声だね、でもまだ15分しか経ってないよ?」

マミ「やめて、もう嫌……嫌ぁ……」ボロボロ

まどか「はあ……さぼっちゃダメって言ったのに。いうこと聞かない悪いマミさんにはおしおきだね」カチッ

マミ「ヒッ!」ビクゥ


232:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 01:21:09.41 ID:hgI9AST30
マミ「……? あ、え? あ、脚が勝手に!?」ギリッ、ギギィ…

杏子「が、あがっ……ぐぁぁぁっ!?」ゴキ、ビキキッ…

マミ「佐倉さん! やめて、止めてよ!」ガタガタ

まどか「マミがさぼるから、自動で漕げるようにしたんだよ。もちろんマミへのおしおきもするけどね」カチッ

マミ「ヒギッ!アガァァァ……ヒィィッ!?」バチバチバチバチィッ

まどか「あはは、芋虫みたいに踊ってる。言うこと聞かないからだよ、マ・ミ・さ・ん?」

杏子「グギャァァァァッ!?」ブチブチ…ゴギン!

マミ「アガッ!ヒギィィィッ……アァァァッ!?」ガクガク…プシャァァァ

まどか「あーあ、マミはお漏らししちゃった。だらしないなあ」

まどか「杏子ちゃんももう手足だけじゃなくて背骨もいっちゃったかな?」ツンツン

まどか「ウェヒヒヒ……運動は楽しかったね、マミ。それじゃ後はさやかちゃんとでも遊ぼうっと」


233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 01:28:33.61 ID:OKDDJMNZ0
さすがまどカスさん


235:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 01:35:47.51 ID:hgI9AST30
翌朝

まどか「マミ、おはようー。朝ごはんだよ」イソイソ

マミ「(あれから気絶してしまったのね、佐倉さんは無事かしら)」

マミ「(私、こんなで本当に他のみんなを助けられるの?)」

まどか「もう、ご飯のときにぼーっとしないで! ちゃんと食べないと元気出ないよ!」ムッ

マミ「ご、ごめんなさい」アーン

まどか「何してるの?」ニコヤカ

マミ「え?」パチクリ

まどか「何を甘えてるのかなあ、マミ? ご飯くらい自分で食べなきゃ」ゴトン

マミ「(ペット用のお皿で床に直置き……まさか)」

まどか「(ニコニコ)」

マミ「い……いただきます……」モゾモゾ


236:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 01:41:33.72 ID:hgI9AST30
まどか「ウェヒヒヒ、マミったらワンちゃんみたい。可愛いなー」

マミ「うう……うぐ、もぐ……」モグモグ

まどか「それじゃ今日は食後のゲームでもしよっか」

マミ「ゲーム?」

まどか「そうだよ。あ、ほむらちゃんも呼ぼうっと」ピポパポ


241:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 01:53:02.51 ID:hgI9AST30
まどか「はい、今度はマミの負けー。それじゃ20秒差だから、また200cc抜いちゃうね」ツププ

マミ「い……いや、やめて……」

まどか「あはは、マミの血ってやっぱり綺麗だなー」チュゥゥゥ

マミ「あ、ぁぁ……」クラクラ

ほむら「……もう限界よ、それ以上血を抜いたら……」フラフラ

まどか「大丈夫だよ、魔法少女だもん。それにマミがマリカー弱すぎだからいけないんだよ、ウェヒヒヒ」

まどか「それじゃ次行くよ。スタート!」


243:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 01:59:27.63 ID:hgI9AST30
その夜

マミ「(うぷっ……さっきから何、この生臭い臭い!)」

まどか「ウェヒヒヒ、マミ、昼間はごめんね。血を抜きすぎちゃった」ガラッ

まどか「お詫びに晩御飯はスタミナが付くメニューにしたよ」

マミ「うぷっ……(この臭い、あのお皿から漂ってきてる、何なの?)」

まどか「じゃーん!」フタアケ

マミ「……!」ゾォォォッ

まどか「マミの血で煮込んだ特製シチューだよ、おいしそうでしょ? 自分の血だもんね」ウェヒヒヒ

マミ「ウ……ゲェェェッ!」ビチャビチャッ


244:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 02:03:28.29 ID:hgI9AST30
まどか「……」

マミ「うぐ、うぇぇ……」ゲボッ

まどか「マミのためにせっかく作ったのに……」ボソボソ

マミ「ふ、ふざけないで、こんなの……」

まどか「食え」ガッ!

マミ「うぶっ!?」ベチャッ!


246:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 02:04:53.72 ID:RBtUWJ0k0
鬼畜度が増してるな


248:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 02:06:43.03 ID:hgI9AST30
まどか「食べてよ、ちゃんと残さず食べてよ!」グイグイ

マミ「うぷっ!グブッ!」ベチョベチョ

まどか「一口でも吐いたら、他のみんな殺しちゃうから」グリグリ

マミ「うぶっ、は、はひっ……食べる、食べます!うぶっ!」グチャグチャ


251:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 02:16:56.44 ID:hgI9AST30
翌日

まどか「マミ、おはようー! 起きてる?」ヒョコ

マミ「起きてるわ……(椅子に縛られたままではろくに眠れないけど)」

マミ「(ゆうべは拷問の手伝いをさせられなかったけど、何もなかったとは限らない)」

マミ「(ぐずぐずしていたら美樹さんや志筑さんは手遅れになってしまうかもしれないわ)」

まどか「今日の朝ごはんは食べやすい雑炊にしましたよー」イソイソ

マミ「ありがとう、嬉しいわ……(我ながら白々しいわね)」

まどか「はい、たくさんあるから食べてね」ホカホカ


254:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 02:24:06.41 ID:hgI9AST30
マミ「ね、ねえ、鹿目さん?」ドクン

まどか「どうしたの、マミ?」ニコニコ

マミ「美樹さんと志筑さんは……どうしてるのかしら」ドクンドクン

まどか「ええー? なんでそんなこと気にするの?」

マミ「ねえ聞いて、あの子達は魔法少女じゃないのよ」

マミ「あなたに酷いことをされたせいで怪我をしても治せない、それどころか死んでしまうかも」

マミ「お願いよ、あの二人だけでも助けてあげて!」ドクンドクンドクン

まどか「……マミってつくづく人のことばっかり考えてるんだね」ハァ…


257:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 02:27:53.24 ID:hgI9AST30
まどか「でももう遅いよ」ニコッ

マミ「……?」ドクンドクンドクンドクン

まどか「さやかちゃんと仁美ちゃんは」

ドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクンドクン

まどか「ここにいるもの」フタアケ…コロン

マミ「(丸い……目玉が)」

マミ「(見覚えのある色の瞳が二組)」

マミ「(こっちを見て……)」

マミ「嫌ぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」


260:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 02:29:51.58 ID:hgI9AST30
マミ「……ぁぁぁぁっ!」ガバァッ

マミ「はぁはぁ、はぁっ……ゆ、夢? 夢だったのね……よかった」ドックンドックン

マミ「でもこのままだと現実になってしまうかも……何とかしなくちゃ……」


262:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 02:31:18.60 ID:gvva8o7R0
夢でよかった


264:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 02:36:55.70 ID:hgI9AST30
>>262
いや、夢は夢だけどね?


マミ「でもどうせならこれも夢ならよかったのに」ギシッ

まどか「ウェヒヒヒ、マミはお寝坊さんだね」

マミ「鹿目さん……(そういえばここ、今までの部屋じゃない!)」


269:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 02:51:50.07 ID:hgI9AST30
まどか「ほむらちゃんの準備は出来てるのに、マミが目を覚まさないんだもん」プンプン

マミ「準備? あなた今度は何を……あ、暁美さん!」

ほむら「ぐすっ……マ、ミ……? あ、ぁぁ……見ないで……いや、嫌よ、まどかぁ……」ボロボロ

マミ「暁美さん!? しっかりして! あ、あなた何をしたの?」

まどか「ティヒヒヒ、私考えたんだよ」

まどか「ほむらちゃんはとってもいい子の奴隷だけど、奴隷はどこまで行っても奴隷なの」

まどか「恋人はマミがいるのに、ほむらちゃんも同じ立場なのは変だよね」


271:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 03:01:06.73 ID:hgI9AST30
まどか「だから、立場の違いをはっきりさせておこうかなって」ティヒヒヒヒ

マミ「な、何よそれ、何をする気なの、ねえ! やめなさい、するなら私だけで十分よ!」ガチャガチャ

まどか「ウェヒヒヒ、やっぱりね。でもマミもそういう態度なのが悪いんだよ?」ギラッ

マミ「え?」

まどか「マミは私の恋人だもん。私だけ見てればいいの……」ズイッ

まどか「なのに、杏子ちゃんのことも、ほむらちゃんのことも心配して。私からマミを取る人なんて要らない」

マミ「ち、違うわ、それは誤解よ! 私が好きなのはあなただけ!」

まどか「マミを惑わす泥棒猫さんは、二度とそんなことできないようにしてあげるね」コツコツ

ほむら「まどか、違うの、私は……嫌、あ、ぁぁ……まどか……」ガタガタ

マミ「もう他の子なんて知らない! どうでもいい! まどかのことだけ見るわ! だから……」ガタンッ!


273:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 03:06:53.46 ID:hgI9AST30
まどか「ウェヒヒヒヒ、マミさん、ほむらちゃんのココに入ってるの、何だかわかる?」グリッ

ほむら「ひ、あぎっ……うぅ……!」

マミ「(な、何あれ? 金属の棒みたいなものが暁美さんのアソコに刺さってる)」

まどか「今でも苦しそうだけど、もっとすごいことになっちゃうから、見ててね?」ネジマキキリキリ

ほむら「あ、ぁ……っ! い、嫌……まどか、お願い、いやぁ……ひ、ぎっ!」ブルブル

マミ「な、何よ、何してるの鹿目さん! 今すぐやめて! やめなさい!」

まどか「うるさいなあー、マミは。じゃあ説明するからおとなしくしてね」キリキリキリ


276:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 03:17:56.08 ID:hgI9AST30
まどか「これもほむらちゃんが取ってきた昔の拷問の道具なんだけど」キリキリ

ほむら「あぎっ!あが、ぁぁ……お腹が、ぁぁ……あぎぃぃぃ!」ガクガク

マミ「あ、あ……(あの苦しみ方は普通じゃない! もしかして、まさか……)」

まどか「羽みたいになってる先の部分がアソコの中で広がって、無理やり広げて」キリキリキリ

ほむら「いやぁぁっ! やっ、がっ! まどっ、かぁぁ……! やめ、がっ、がぁぁぁっ!」バタバタ

マミ「お願い、やめて、やめてっ……!(血がどんどん出てきてる、あんなにされたら暁美さんは……)」

まどか「ずたずたに傷つけちゃうんだって、怖いねー」キリキリキリキリ

ほむら「ぎぃぃっ! たずけ……やべでぇぇっ、まど……あぎゃぁぁぁぁぁっ!?」ビクンビクンッ

マミ「いやぁぁぁぁっ! 暁美さん! 暁美さん! お願いやめてよぉぉぉっ!」


278:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 03:20:23.40 ID:hgI9AST30
参考画像

5a50d543.jpg

こんなえげつない道具考えるとか頭がどうかしてる


279:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 03:26:21.97 ID:jePp06tvP
これがほむほむに挿入されてるのか
……ちょっと興奮してきた


280:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 03:30:18.51 ID:hgI9AST30
ほむら「ア……ア、ァ……」ビクッビクッ

まどか「ほむらちゃん気絶しちゃった。いくら魔法少女でもきつかったかな?」ウェヒヒヒ

マミ「どうしてよ、どうしてこんな酷いことできるの? 前は友達だったのに……」ボロボロ

マミ「あなた、本当にどうかしてるわ。あなたはもう人間じゃない!」

まどか「ウェヒヒヒ、その言葉は前にも聞いたよ。でもマミはそんな私が好きなんだよね」

マミ「それは……だって(私に選択権なんて……)」

まどか「だって何? もしかして言い訳? 杏子ちゃんを傷つけた時もそうだよね」

まどか「マミの力なら私なんて簡単にやっつけられるはずなのに、黙っていうこと聞いてるよね」

マミ「それは、そうしたらソウルジェムを壊すって……」


282:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 03:35:31.81 ID:hgI9AST30
まどか「でも、私なんかが壊すよりずっと早く、リボンで縛ったりできるよね?」

まどか「それに私が寝てる時なら簡単に逃げられるし、ソウルジェムだって取り返せるよね」

まどか「なんで黙っていうこと聞いてるの?」

まどか「さやかちゃんや仁美ちゃんや、杏子ちゃんやほむらちゃんを、助けてあげないの?」

マミ「っ……そ、れ……は……」

まどか「私が好きだから、だよね? マミ!」ダキツキッ

マミ「ひっ! い、嫌! 触らないで!」ガタガタッ


284:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 03:51:08.50 ID:hgI9AST30
まどか「ウェヒヒヒ、やっぱり可愛い悲鳴だね。まだ本気で嫌がってくれてるんだね」サスサス

マミ「うぅ、ひっ……ど、どういう意味……」

まどか「これも言ったよね、マミの脆いところと悲鳴が大好きだって」

まどか「なのに、それを喜ぶようになったら意味ないもん。そうなら本当に殺しちゃおうかと思ったよ」

まどか「でも嬉しいなあ。まだマミの本気の悲鳴が聞けるんだね、ティヒヒヒヒ」

マミ「ひ……!(この子本当に狂ってる!)」


285:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 04:01:41.38 ID:hgI9AST30
まどか「狂ってるって思った? 自分でもそう思うよ」

まどか「でも、そんな私ですら殺せない。マミはやっぱり優しいね」

まどか「その優しくて脆いマミのまま、どこまで壊せるか楽しみだね。ウェヒヒヒヒ」ドスッ!

マミ「痛ぅぅっ! あぁぁぁっ!?」ボタボタボタッ

まどか「ああー、もう、そんなに可愛い悲鳴上げたらほむらちゃん起きちゃうよ」ナイフグリグリ

マミ「あがぁぁぁぁぁっ!」ビチャビチャ

まどか「どうせ手ぐらい魔法少女だからすぐ治るよね。悲鳴はまたいつでも聞けるからいいや」ポイッ


287:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 04:22:53.32 ID:hgI9AST30
マミ「うぐ、あ、ぁ……ひぃ……」ヒダリテチマミレ

まどか「目的忘れるところだったよ。奴隷のほむらちゃんとの違いを刻み込まないとね」

まどか「マミの悲鳴が可愛すぎるのがいけないんだよ。ティヒヒヒ」

まどか「マミを誘惑したいけないほむらちゃんは、アソコを使い物にならなくしてあげたけど」

まどか「愛してるマミには、私がマミをどれだけ好きか刻み込んであげるね」

マミ「何する気なの、嫌……嫌よ!」


289:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 04:28:41.76 ID:hgI9AST30
ごめんもう頭が働かない
この後エロ展開ぽい流れだけど適切なエロ拷問が浮かばない
どのみち明日の夜まで来られないから、乗っ取るなり落とすなりでやってくれ
中途半端ですまん


290:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 04:33:34.03 ID:7wmMyCTj0
なぜベストを


292:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 04:42:01.83 ID:hgI9AST30
>>290
肝心のマミさん拷問がないじゃねーかで乗っ取っておきながら
自分もこの体たらくはすまんと思うが今日仕事やねん……
あとマミさんにとって一番きつい喪失の仕方が浮かばなくて引き伸ばしたが限界だった


293:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 04:47:54.62 ID:m1fBMI41O
いや、まずな
別に落ちるのはかまわんがスレ落ちたら立て直すくらい言えよ
読んでる奴ら馬鹿にしてんのか?


294:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 04:54:47.92 ID:hgI9AST30
>>293
もっともだが正直今の段階でこの後のビジョンが見えてないもんでな……
じゃあ、続き書きたい人がいたら乗っ取ってくれて構わん
いなくて落ちてたら、自分で立て直してみるわ、展開浮かぶかも知れんし
それでいいだろうか


296:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 05:02:04.48 ID:7wmMyCTj0
とりあえず乙
仕事がんばんなさい


297:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 05:31:59.62 ID:jePp06tvP
このままおとすのか?
それとも乗っ取り持ちするか?


298:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 05:32:50.05 ID:xIE5rtSK0
とりあえずほしゅ


330:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 13:40:36.76 ID:uGM5jyIM0
まどか「杏子ちゃんの肌キレイだなぁ…。健康的で」ナデナデ

杏子「うぁ…やめろぉ…」ガクブル

まどか「いい反応するなぁwwwホントに可愛いwwww」

杏子「うぅ…」

まどか「今日はねwwこんなの持って来ましたぁwww」ジャラジャラ

杏子「ヒッ! こ、小石…?」

まどか「そうだよ。ただの小石。そんなに怖がらないでよwwww」

杏子(な、何する気なんだ…)

まどか「ティヒヒ! まずはねぇ…」マングリガエシ

杏子「や、やめ…」

 ズチュッ! グヂュッ!


331:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 13:42:31.44 ID:LpShAwJp0
始まったのか


332:>>331 繋ぎです:2011/10/24(月) 13:43:06.96 ID:uGM5jyIM0
杏子「あぎッ! がッ! や、やめろぉ…ッ!」

まどか「なに、こんなちっちゃな石ころ入れられても大して痛くないでしょww」グチュグチュ

杏子「くあッ!!」ビクンビクン

まどか「ウェヒwww面白ぉいwwwwどんどん行くよーwwwww」ズブズブ

杏子「~~~ッ!!!」

――――――――――――――――――――――――――――――

まどか「杏子ちゃんの中、パンパンになっちゃたねwww」

杏子「ヒュー…ヒュー…」

まどか「もうダウンしちゃうの? これからが本番なのに…」

杏子「……!?」ゾクッ

まどか「あはは。今からギチギチになった杏子ちゃんのここを…」ナデナデ

杏子「…ぁ……」

まどか「…思いっきり殴ります」


333:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 13:50:08.67 ID:uGM5jyIM0
杏子「ぅあ…! ゆ、許して…」

まどか「ダメダメwwwそれじゃあ行っくよーwwww」

 ドムッ!

杏子「あが…ああぁああああああああッ!」

まどか「凄い凄い! 中の小石の感触が分かるよ!」

 ゴッ!

杏子「ぎゃあぁああああ!」

まどか「まだまだー☆」

 ドガッ!

杏子「……ッ!!!」ゲロゲロォ

まどか「うっわ汚ね」


334:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 13:50:25.56 ID:jePp06tvP
おお、はじまったか
しかしマミさんへの拷問はストップか


335:>>334 本編は書いてもらえる可能性があるので:2011/10/24(月) 13:55:30.82 ID:uGM5jyIM0
杏子「…ぁ…あ……」

まどか「あーもーだらしないなぁ杏子ちゃんは」

杏子「…」

まどか「だんまり? こういう時はちゃんとごめんなさい言わないと」メッ

杏子「……ね…」

まどか「よく聞こえないよ! ちゃんと大きな声で!」

杏子「…死ね…クソが」

まどか「」キョトン


338:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 14:04:58.02 ID:uGM5jyIM0
まどか「………え?」

杏子「何…驚いてんだよ…」

まどか「???」

杏子「自分には…誰も逆らわないとでも…思ってたか…?」ゼーゼー

まどか「…」

杏子「誰も彼も…暴力で屈服するってか…?」

まどか「…」

杏子「ヘヘ…ばーか!」

 バキッ!

杏子「がッ!!」ビクンビクン

まどか「…驚いたよ。杏子ちゃんってホントに頭が悪いんだね」オナカグリグリ

杏子「あがあぁあ!! い…づッ!!」

まどか「まいったなぁ…今日はもう終わりにしようと思ってたんだけど…」ニンマリ

杏子「ひっ…」


341:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 14:18:37.29 ID:uGM5jyIM0
まどか「これ以上は用意してこなかったよ。何か無いかなー」ガサゴソ

杏子(な、何だよ…あの道具…)カタカタ

まどか「これはイマイチかなー。他には…」ポイポイッ

杏子(まだあるのかよ…?)

まどか「うん。ちょっと安直だけどコレでいいや!」

杏子「!!!」

まどか「何かは見たら分かるよね!」

杏子「それ、男の…」

まどか「そうだよ! 正しくはディルドーって言うらしいよ!」
    「せっかく石でお腹いっぱいになってもらったことだし…」ニコニコ

杏子(ま、まさか…)

まどか「そのまま入れちゃおっか!」


348:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 14:30:10.31 ID:uGM5jyIM0
杏子(あぁ…! 嫌だ! 嫌だ! 嫌だ怖い怖い怖い怖い怖い怖い)ガクガク

まどか「んー、でもどうしよ…」

杏子「え…?」

まどか「ほむらちゃんから聞き出したやり方じゃないし、結構危ないかも…」
    「死んじゃったらもう楽しめなくなっちゃうし…」

杏子(コイツ…どこまで狂ってるんだ…)

まどか「あ、そだ! ねぇ杏子ちゃん!」
    「さっきの悪口取り消すなら今日はここまでにしてあげるよ」

杏子「…!!」

まどか「私に『ごめんなさい。もう逆らいません』って言って。それから…」
    「『私はあなたに生涯絶対服従を誓います』って。そしたら許してあげる!」

杏子「…うぅ……」ポロポロ


353:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 14:42:11.82 ID:uGM5jyIM0
まどか「あ、泣いた! かーわいー!」

杏子「ヒグ…エグ…」

まどか「泣き叫ぶ声は沢山聞いたけど、そういう嗚咽は違った良さがあるね!」
    「杏子ちゃん気が強そうだから。ギャップあってすっごく素敵!」

杏子「…ぅえぇ……」

まどか「ほらほら、さっさと謝る!」

杏子「や…だぁ…」

まどか「やだじゃないでしょ! はやく!」

杏子「……ぉ…」

まどか「うんうん」

杏子「……死ね…クズ野郎ぉ…」ボロボロ


357:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 14:51:03.73 ID:uGM5jyIM0
まどか「…は?」

杏子「…死ね! 死ね! 誰が謝るか! 死ね!」ボロボロ

まどか「…………何言ってるのか分からない」

 ピト

杏子「ひっ!」

まどか「もう一回言ってみて。ホントに入れちゃうかも」

杏子「…あ…あぁ…」

まどか「はーやーくー」

杏子「…うぇ…っぐ…」

まどか「あ、セリフ忘れたとか? ドジだなぁもう!」
    「『ごめんなさい。もう逆らいません。あなたに生涯絶対服従を誓います』だよ!」

杏子「………ご、ごめ…」


370:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 15:43:37.61 ID:uGM5jyIM0
杏子「……なさい…も…逆らいません」

まどか「よしよしいい子だね。続きは?」

杏子「……あなたに……」

まどか「私に?」

杏子「…ぜ………」

まどか「ぜ?」

杏子「………」ハァハァ

まどか「ぜ?」ピトピト

杏子「…ひぅ!」

まどか「ぜ?」

杏子「…う……嘘だよバーカ。死ね」

 ゴリゴリ!!!

杏子「が、はッ!!!!」


373:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 15:56:44.37 ID:uGM5jyIM0
まどか「あーあ。お腹の中ズタズタになっちゃったね」

杏子「ぉ…ぁ…!」ビクンビクン

まどか「で、さっき何て言ったの?」ゴリィ

杏子「ッ!? ひぎっ!」

まどか「ごめんねー聞き取れなくて。もう一度言って?」グリグリ

杏子「…ぁ! …し…ね…ッ!」

まどか「んー聞こえなーい」ゴリゴリ

杏子「あぎぃいぃッ!! 死…ねえッ!」

まどか「あはははは! 分かんなーい! お腹の中シェイクシェイクぅ!」ゴリゴリゴリゴリゴリ

杏子「ひぎゃああ!!! 死゛ねッ! 死゛ねッ! 死゛ね゛ええええ!!!」

まどか「ちゃんと言ってくださーい! 中がグチャグチャになっちゃいますよー! ウェヒヒャヒャ!」


375:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 16:05:46.13 ID:uGM5jyIM0
――――――――――――――――――――――――――――

杏子「…ぇ……し…ね……しね…」グッタリ

まどか「声小さいでーす! やりなおしー」グッチャグッチャ

杏子「」

まどか「気絶してもダメー☆ 謝るまで続けるよ!」グジュブ! ゴリッ!

杏子「……ぁ…」ピクピク

まどか「ほむらちゃーん! いるー!? 水持ってきてー! バケツでー!」

ほむら「ひっ…は、はい!!」

まどか「杏子ちゃんってば意地っ張りだなぁもう」

杏子「」

まどか「可愛いおっぱい」モミモミ

杏子「」ヒュー…ヒュー…


377:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 16:13:54.11 ID:uGM5jyIM0
ほむら「まどか。水持ってき…!?」

まどか「ありがと。じゃ、杏子ちゃんの目を覚ませてあげて」

ほむら(な、何よコレ…石を入れて殴るだけだって言ってたのに…)

まどか「ほむらちゃん?」

ほむら「ダ、ダメよ…」

まどか「えー」ジロッ

ほむら「本当にダメ! 死んでしまうわ…」ビクビク

まどか「むー仕方ないなー」

ほむら「ホッ」

まどか「じゃあ杏子ちゃんの治療しといてね」

ほむら「……ええ」

まどか「凄いね杏子ちゃんは。本当に最後まで謝らないんだもん」
    「まぁ…その分楽しめたんだけどね! ウェヒヒャ!」

杏子「」

まどか「治ったら…また遊ぼうね…」ニタァ


378:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 16:15:01.42 ID:uGM5jyIM0
おしまい
マミさんの続きはやくぅ!


383:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 16:47:44.41 ID:8lFXgYrA0
乙だぜ

ほしゅ


388:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 17:14:34.85 ID:uGM5jyIM0
はやくきてくれ


397:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 17:50:07.19 ID:RX/sqg6T0
期待あげ


431:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 20:06:15.54 ID:hgI9AST30
おい……続きが書けるかわからないって言ったのに保守されてるとか
どれだけ拷問好きなんだよお前ら。

いやすまん、保守感謝。
あと杏子ちゃん拷問書いてくれた人も感謝。

期待にかなうかはわからんけど、一応展開浮かんだので続き書けると思う。
早ければ11時くらいに来ます。
落ちてれば立て直しするから保守組も無理はしないでね。


434:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 20:09:13.34 ID:jePp06tvP
おお、ついにきたか……


440:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 20:26:10.96 ID:JcYmP8b00
>>431
全裸で待ってる


492:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 23:17:50.74 ID:hgI9AST30
お待たせ
流れは>>287からの続き
今夜も即興です


501:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 23:30:40.57 ID:hgI9AST30
まどか「じゃあまずこのテレビを……この辺でいいかな」ガラガラ

まどか「はいマミ、鍵外してあげるから立ってください」ガチャン

マミ「今度は……何をさせるつもり?」ジャラ

まどか「それはこれから嫌でもわかりますよ。早くしてくださいね」ニコニコ

まどか「じゃあこっち来て、この下に立っててくださいね」

マミ「(今はソウルジェムも握られてる。従うしかないわ)」トボトボ

まどか「この天井から垂れてる鎖に首と手を繋いじゃいまーす」ガチャン!

マミ「うぐ、あ……(首が絞まるほどじゃないけど苦しいわ、とうとう本格的に拷問されるのかしら)」


505:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 23:33:23.54 ID:hgI9AST30
まどか「じゃあまずこのテレビを……この辺でいいかな」ガラガラ

まどか「はいマミ、鍵外してあげるから立ってこっち来て」ガチャン

マミ「今度は……何をさせるつもり?」ジャラ

まどか「それはこれから嫌でもわかりるよ。早くしてね」ニコニコ

まどか「じゃあこっち来て、この鎖の下に立っててね」

マミ「(今はソウルジェムも握られてる。従うしかないわ)」トボトボ

まどか「この天井から垂れてる鎖に首と手を繋いじゃいまーす」ガチャン!

マミ「うぐ、あ……(首が絞まるほどじゃないけど苦しいわ、とうとう本格的に拷問されるのかしら)」


510:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 23:40:42.07 ID:hgI9AST30
まどか「あっと忘れてた。マミのソウルジェムも預かっておくね」ギュッ…スポン

マミ「えっ……ど、どうする気なの? やめっ……」

まどか「ウェヒヒヒ、心配しなくていいよ。後でちゃんと返してあげる」

まどか「次にこのヘッドホンをかぶってもらって」カポッ

まどか「あ、画面ちゃんと見えてる? 嘘をつかずに答えてね」

マミ「(テレビ画面にヘッドホン? もしかして拷問のビデオでも見せようって言うんじゃ……)」コクコク

まどか「それじゃ、ちょっと苦しいけど我慢してねー?」ガラガラガラ

マミ「がっ!? あ、ぐっ……ぁ……(鎖が巻かれて、体が持ち上がって……く、首が、苦しい!)」


514:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 23:46:28.75 ID:hgI9AST30
まどか「苦しい? でも足を踏ん張れば大丈夫だよね、それじゃ……」ゴソゴソ

マミ「かはっ……あ……くぅ……な、何して、るのっ……」プルプル

まどか「んー? マミのパンツ脱がしてるんだよ。ほら足上げて」グイ

マミ「ひっ、や……そ、そんなことして、ぐぅ……何、する気……」

まどか「あは、ここ何日かお風呂入ってないから、マミの匂いがぷんぷんする」クンクン

マミ「や、ぁっ……嗅がないでぇっ!」

まどか「ウェヒヒヒ、いけないいけない。ここを苛めてあげるのはまた後だったよ」

まどか「それじゃちょっと待っててね、えーとあれは……あったあった」ガラガラ

マミ「(また何か持ってきたの? でも後ろが見えないから何なのかわからない)」ドクンドクン


518:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 23:54:50.14 ID:hgI9AST30
まどか「はい、ちょっと脚広げるね」グイッ

マミ「やっ……ひぃっ!? な、何、何か押し付けられて……」プルプル

まどか「ティヒヒ、マミの下には今こんなものを置いてありまーす」ピラッ

(参考画像)

kuntzkamera15_m.jpg

マミ「ひっ!? あ、ぁ……嫌ぁ……」ガタガタ

まどか「ウェヒヒヒ、大丈夫だよ、ちゃんと踏ん張ってれば刺さらないから」ニヤニヤ

まどか「でも我慢できなかったら大変なことになっちゃうかも?」ガリッ

マミ「ひぎぁぁぁぁっ!? あ、が、ぁっ……」ガクガク


519:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 23:55:35.03 ID:3gxik98y0
画像ww


520:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/24(月) 23:56:34.56 ID:ecNCVafi0
このまどかほんと鬼畜だな…


522:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 00:00:19.29 ID:j5JV5GH20
ズブゥ

マミ「あぐ、ぁぁぁっ!?」メリメリ

まどか「ほらほら、早速ちょっと入っちゃったよ。マミの綺麗な場所が大変なことになっちゃう」グッ

マミ「はっ……ひっ……ぁ……お、お願い、こんなの嫌よ……」ハァハァ

まどか「あれれ? さっきほむらちゃんと遊んでた時は、私をやってとか言ってたのに」

まどか「自分が本当にされる番になったら恐くなっちゃったのかなー? マミは」ニヤニヤ

マミ「そ、それは……」

まどか「別にマミが嫌なら他の子と遊んでもいいんだよ?」

マミ「っ……や、やります! 私がやるからお願い!」グスッ…

まどか「そうそう、素直にそう言えばいいんだよ。じゃあ、ビデオでも見よっか?」ピッ


526:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 00:08:26.21 ID:j5JV5GH20
ザザー…パチッ

マミ「(何? この画像……見滝原中? それもこの廊下は、3年の階よね)」

マミ「(わざわざビデオカメラで撮ったのかしら。ちょっと画像が揺れてるわ)」

マミ「(あ、生徒に声をかけた……私のクラスの人だわ)」

男子A『ん、巴さん? ああ、とっても綺麗な人だよね。誰にでも優しいし』

男子B『あー、巴ね。たぶんクラスだけじゃなくて学校全体でも人気なんじゃねーの?』

男子C『あいつ狙ってるやつ、100人くらいいるんじゃね?』

男子D『ちょっと近づきがたい空気がまたいいんだよなー、マジで憧れだわ』

マミ「(な、何これ? わざわざインタビューなんかしたの? でも何のためにこんな……)」

マミ「(でも、こんな風に思われてたんだ。ちょっとうれしい……かな)」フッ

まどか「(ニタァ)」


530:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 00:16:15.95 ID:j5JV5GH20
ザザ…パッ

マミ「(画面が切り替わったわ。学校じゃない……誰かの家?)」

マミ「(あ、さっき出てたクラスの人だわ)」

マミ「(え、でも……何してる……の?)」

男子A『はぁ、はぁ……巴さん……巴さんっ……あっ』ブルルッ

マミ「(わ、私の名前を呼んで……?)」

パッ

男子B『ふぅっ! ふぅ……巴、巴ぇぇっ!』ガクガク

マミ「(な、何なの? 下半身裸になって……何か握ってる?」

男子B『出る、出るぞっ! 巴ぇっ!』ビュクッ

マミ「(ぐったりして……手を拭いてる)」


534:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 00:18:19.53 ID:kOFc4Msi0
なんだ俺か


535:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 00:19:47.67 ID:pGfbfKaC0
無許可で俺だすなよ恥ずかしいから


537:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 00:23:03.28 ID:j5JV5GH20
パッ

男子C『あぁぁぁっ……イク、イクぞ巴ぇ!』ビュルルッ

マミ「(私の写真を見ながら……写真に飛んだ白いものは何?)」

パッ

マミ「(えっ、今度はまた教室? でも放課後かしら、誰もいない……いえ、一人いるわ)」

男子D『は、はっ……マミ、マミぃっ! 好きだぁぁっ……』ガクガク

マミ「ひっ……(わ、私の机にまたがって何してるの!?)」ブルブル

男子D『あああ、出る出るぅっ!』ビュルルッ

マミ「い、ぁ……嫌っ……(白いものが私の机に……あれって、あれって!)」ゾゾゾォッ

ガクン…ギリィィッ!


540:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 00:25:43.09 ID:ZZx/mNg30
中学校なのに上級者多いな


541:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 00:28:08.21 ID:paExqMMhO
>>540
ワロタwwwwww


542:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 00:28:12.17 ID:pGfbfKaC0
基本だろ


543:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 00:29:25.58 ID:7suzbCs80
基本ではねーよ少なくとも


544:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 00:31:39.68 ID:j5JV5GH20
マミ「げぼっ!? がっ……ぁ……ひっ!」プルプル

まどか「ウェヒヒヒ、どうしたのかな、マミ。もう足の力抜けちゃった? だらしないなあ」

まどか「よかったねー、人気者で。みんなマミのこと大好きだってさ」ガリッ

マミ「ひゃぎぃぃぃっ!?」ガクンッ

メキッ

マミ「あ、がっ……あぁぁ……!」ブルブルッ

まどか「まあ、体目当てだけどね。オトコノコって本当に汚いよねー?」グリグリ

マミ「いぎぃぃっ! あ、がっ……やめっ……!」

まどか「つまりマミは、その程度にしか見られてないってことだよ」


546:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 00:38:58.47 ID:j5JV5GH20
まどか「じゃあ男子の部が終わったところで女子の部いってみようか」ピッ

マミ「い、嫌……見たくない……」

まどか「だめだよ、ちゃんと見ないと。せっかくマミに本当のこと教えてあげるために作ったんだから」グイ

ザザ…パッ

女子A『巴さん? 一人暮らしで大変みたいだけど、いい子よね』

女子B『成績優秀でスポーツもできるし、あのスタイルだし。正直うらやましいわ』

女子C『遊びに誘ってもなかなか来てくれないのが残念よねー』


549:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 00:44:12.64 ID:j5JV5GH20
マミ「(この子達もクラスの人たちだ。女の子同士なら、さっきみたいなことは……)」

ザザ…パッ

マミ「(どこかの喫茶店とかかしら? 隠し撮りみたいだけど声は聞こえるわ)」

女子A『やー、でも巴、あいつマジありえないっしょ』

女子B『男子に人気あるからいい気になってるよね』

女子C『一人暮らしで男連れ込んでるらしいし』

女子D『あ、私も聞いた。先公にもカラダ売って内申つけてもらってるって』

女子A『マジで? 最悪ー』

マミ「な……ぐっ! な、何よ……これっ……勝手に人のこと……」ギリギリ


554:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 00:52:06.48 ID:j5JV5GH20
まどか「ウェヒヒヒ、マミってば顔真っ赤だよ。苦しいのかな。それとも怒ってるの?」カリカリ

マミ「い、ぎっ……あが、ぁぁっ……!」ガクガク

ズズ……ズブゥ……ギチギチ

マミ「がぁ、がはっ……ぐ、ぎぃぃっ!」ブルブル

まどか「みんな酷いよね。マミがどれだけ一生懸命みんなのこと守ってるか知りもしないで」ピッ

女『巴? ああ、同じフロアの子ね。一人暮らしなの? 親は何考えてるのかしら』

男『夜に帰ってくるのよく見るね。まあ、最近の子は援交っていうの? 進んでるからね、イヒヒ』

男『そういうバカ女は優しい言葉ちょっと掛けたらコロッと行くね、俺の経験上』

マミ「やっ……やめて……やめてぇぇっ……!」ボロボロボロボロ


558:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 00:58:03.88 ID:7suzbCs80
コレでは別に泣きもしないような気が…


564:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 01:04:26.92 ID:j5JV5GH20
>>558
普段ならそうかもね
でもここまでにかなりメンタル痛めつけられてる状態だから……ってことにしといて


562:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 01:02:02.69 ID:j5JV5GH20
ググッ…メキメキ…

まどか「ほらほら、泣いてないでしっかり足に力入れないと大変だよ」グリュッ

マミ「がっ……ぁ、ぎぃぃっ!? 刺さ、るっ……ぁ……いぎっ!痛いぃぃっ!」ガクガク

まどか「先っぽが完全に入っちゃったねー、初めてだし、濡れてないからすごく痛そう」ニヤニヤ

まどか「ほら、血が滲んできちゃってるよ。返してあげるね」グイ

マミ「うむ、ぐっ……うぶっ!」グリュグリュ


568:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 01:18:19.48 ID:j5JV5GH20
まどか「でもマミは優しいから、こんな人たちでも、自分がどう思われても助けるんだよね」カリカリカリ

マミ「ぐ、ぁぎっ……あ、当たり前、じゃっ……ない……が、ぁぁぁっ!?」ブチッ…ミチ…

マミ「(足が震えてきた、それに汗で滑って、うまく力が……痛くて集中できない……)」

まどか「でも、私は許せないよ、こんな人たち」

マミ「(ゾクッ)」

まどか「だから、ほむらちゃんにも協力してもらって、おしおきすることにしたの」ピッ

マミ「(また画面が……暗くてよくわからない。でも誰かがいるわ)」

まどか「えーと、ズームはここだっけ?」ピッ

ジジー…

マミ「(人が何人か寝転んでるわ。動かない。気絶してるの?)」

マミ「! ま、さか……ぎっ……この、人たち……ぐっ……」


571:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 01:25:52.15 ID:j5JV5GH20
まどか「ウェヒヒヒ、気づいた? 当たりー」ニッコニコ

まどか「さっきマミさんに裏で酷いこと言ってた恩知らずの人たちでーす」

まどか「あ、ちなみにこれはライブだからね。それでこれからどうするかというと……」ピッ…ズーム

ジジ…

マミ「あ、れ……まさかっ……! が、ぎっ……しょ、正気なのあなたっ! く、ぁっ……がっ!」ギリギリ

まどか「正気じゃないよ? だからできるんじゃない、こんなこと」

男『うう……何だここは』

男子『あんたたち誰? 何で俺こんなとこに』

女『部屋にいたら気を失って……』

女子『ね、ねえ、何か変じゃない?』

まどか「ほむらちゃんに言って仕掛けてもらったけど、ほむらちゃんの言うとおりなら……」

ピシ…パキパキ


576:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 01:32:10.09 ID:j5JV5GH20
まどか「もうすぐ孵化すると思うよ?」ニヤァ

パキッ…ズズズズズズ

マミ「あ、ぁぁっ……だめ! 逃げて、だめぇぇっ!」ガタガタッ

まどか「ウェヒヒヒ、こっちの声が届くわけないじゃない。さーて死刑執行のお時間でーす」オンリョウアゲ

男『な、何だよおい、どうなってやがるんだ』

男子『おい誰か! いないのかよ、おい!』

女『何なのよこれ、何よあの生き物、こっちに……がっ!?』

女子『いやぁぁぁぁっ!』

グチャッ! ブシュ、ッグシャァァッ!

ブツン

マミ「あ、ぁ……ああ……嫌……こんな、酷い……嫌ぁぁぁぁっ……!」


577:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 01:34:35.04 ID:ZwFwURWK0
とうとう殺人を


582:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 01:46:17.78 ID:j5JV5GH20
ギシッ…ミシミシ…ズブゥゥ

マミ「が、ぁぁぁっ! ぎぃ……わ、私たちだけじゃ……なくて、普通の人たち、までっ……んぎぃっ!」

マミ「それも、魔女に……あぎ……襲わせる、なん……てぇ……が、ぁ、うぐぁぁぁっ!」ビクビク

まどか「ウェヒヒヒ、だってマミのことを馬鹿にした悪い人たちだもん」

まどか「それでも普通にやったら人殺しになっちゃうから、これなら大丈夫でしょ?」ニコニコ

マミ「あがっ……ぐ……あ、なた、こそっ……魔女、よっ……こんな、こんなことならっ……」ゼエゼエ

マミ「あなたにっ……ぎ……魔法、少女の……がは……ことなんて、教えなければ……かっ……」ヒクヒク

まどか「ウェヒヒヒ、白目むいて泡吹いて、おまけにアソコから血流しながら言ってもおかしいだけだよ」ガリッ

マミ「あがぁぁぁっ! がっ、ぎぃぃぃっ!?」ガクンッ…メキメキ

まどか「痛すぎて気絶もできないでしょ? 魔法少女って強いけどこうなったら逆に不便だよね」カリカリ


585:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 01:56:03.68 ID:j5JV5GH20
まどか「ちなみに首が絞まるけど刺さった部分でギリギリ支えられる長さを出すのは大変だったよ」

まどか「あ、大変だったのは私じゃなくてさやかちゃんか、ウェヒヒヒヒヒ」カリカリ

マミ「がぁ、ぎっ、ぎぃぃぃ……げぼっ! た……たず、けっ……裂げ、るぅぅっ!」ゴリッ…ミシ…

まどか「ウェヒヒヒ、首が完全に絞まっちゃうのと、アソコが裂けちゃうのとどっちが早いかなあ?」カリカリ

まどか「でもこれでわかったでしょ? マミを本当に心から愛してるのは私だけなんだよ」

まどか「ちょっとだけ愛の形が人と違うけどね、ティヒヒヒ」ガリィッ

マミ「あがぁぁぁぁっ!」ガクンッ


588:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 02:09:36.83 ID:j5JV5GH20
ギチギチッ…ゴリュッ…ブチブチッ

マミ「……っ! げ……ぁ……が……っ! ぉ……ごぶっ!」ビクッビクッ

まどか「あーあ、結構頑張ったけどマミでもここまでだったね」

マミ「……」ボタボタ…ジョロロ…

まどか「涙と鼻水とよだれが垂れ流しで、マミの綺麗な顔が酷いことになっちゃってるよ」

まどか「おしっこと血が混じって、うわ、汚っ! あとでほむらちゃんに掃除してもらおうっと」

まどか「あ、今のもちゃんと撮影してあるから、初めての記念に後でまた見ようね、マミ」ニコニコ

まどか「ってもう聞こえてないか、ティヒヒヒ」


591:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 02:18:58.28 ID:j5JV5GH20
パチッ

マミ「ぁ……生きてる……」

マミ「(あんな目に遭っても生きてるなんて、魔法少女ってすごいのね)」

マミ「(いいことなのか悪いことなのか、私にはもうわからないけど)」

まどか「ウェヒヒヒ、マミ、目が覚めたかな?」ヒョコ

マミ「!」ビクゥッ

まどか「そんな恐い顔しないでよ、さっきはごめんね、お詫びにお風呂に入れてあげる」

マミ「(この笑顔、また何かする気ね……でもお風呂は確かに入りたい)」

まどか「ウェヒヒヒ、口を利かないのは反抗のつもり? まあ、嫌って言っても連れて行くけどね」


596:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 02:26:39.72 ID:j5JV5GH20
マミ「痛っ……うぐ……ふぅ、はっ……」ズルズル

まどか「まだ痛いかな? かなり血が出ちゃってたもんね。お風呂に入ってゆっくりするといいよ」トコトコ

マミ「(傷は塞がってると思うけど、そうでなかったらお風呂とか嫌がらせね)」

まどか「はい着いたよ、脱いで……は手錠したままじゃ無理だね、私が脱がせて上げるね」キラッ

マミ「え……は、鋏?」タジッ

まどか「ウェヒヒヒ、心配しなくてもこれでマミの体を傷つける気はないよ。服は切っちゃうけどね!」シャキーンシャキーン

マミ「ひっ……やっ! うぅぅっ……」

まどか「ほらほら、動いたら逆に危ないよ!」ジャキジャキチョッキン

マミ「う、うぅっ……嫌……」モジッ

まどか「ティヒヒヒ、マミの裸も綺麗だね、それじゃ入ろうか」


601:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 02:41:28.62 ID:j5JV5GH20
マミ「(普通にお湯が張ってある。今のところ何もないけど……)」

まどか「じゃあまずは体洗わないとね、私が洗ってあげる」ニコニコ

マミ「(何をたくらんでるの? 何か塗るつもりとか……)」

まどか「どうしたの、何か企んでるとか思ってる? 酷いよ……マミとお風呂に入りたいだけなのに」シュン

マミ「(この子は普通じゃないけど、私を好きには違いない。だったらここは大丈夫かしら……)わかったわ」

まどか「ウェヒヒヒ、それじゃ座って。まず頭からね」シャンプーゴシゴシ

マミ「(気持ちいい、こんな風にお風呂に入れるなんて思わなかった……)」

まどか「流すよー」ザバー


604:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 02:45:42.52 ID:j5JV5GH20
まどか「体も洗って綺麗になったし、それじゃ湯船にどうぞ」

マミ「ええ……(気を張り続けていたらもたないし、今くらい……いいわよね)」

ザバー

まどか「マミ、湯加減は大丈夫かな?」ニコニコ

マミ「ありがとう、ちょっとぬるめだけどちょうどいいわ」ニコ

まどか「そう、よかったぁ」ニヤ

ピッ


605:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 02:52:54.64 ID:j5JV5GH20
バチバチバチバチィッ!!

マミ「あがぁぁぁぁぁっ!?」

まどか「ウェヒヒヒヒ、油断しすぎだよ、ちょっと優しくするとすぐこれなんだから、マミは」ケラケラ

マミ「あぎぃぃっ!がっ、ぎゃぁぁぁっ……!ひぁ……」バチバチバチ…シュゥゥゥ

まどか「高電圧のお風呂は気持ちよかった? さすがに痺れて動けないよね」ニコニコ

マミ「ぁ……ひっ……ど……」ガクガク

まどか「いまさら何言ってるのかな。それにお風呂はまだ終わりじゃないよ」ガタッ

マミ「(今度は何……クーラーボックス? あれに何か入ってるの?)」

まどか「この子達も一緒にお風呂に入りたいって。入れてあげてね!」ドボドボドボ


609:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 02:58:52.65 ID:j5JV5GH20
バシャバシャバシャッ

マミ「ぁ……ひ……!(何これ、魚? ヌルヌルして、気持ち悪い……!)」

ガブッ

マミ「ぁっ……あぎっ……!(い、痛いっ! 噛み付いてきた!?)」

グチュッ!ゾブ…グリュッ

マミ「がぁ……が、ぎっ……ぁぁぁ!(肉に、潜り込んで……い、嫌、痛い痛いイタイ!)」

まどか「あはは、早速仲良しさんだね、マミのこと気に入ったのかな」ニヤニヤ

マミ「あが、ひっ……ぎぃぃっ!(逃げないと、でも……体が痺れて動かない)」

マミ「(腕にもお腹にも足にも、魚が噛り付いてきてる……!)」


611:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 03:02:36.77 ID:hY1UF3wL0
ピラニア?


613:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 03:05:32.07 ID:j5JV5GH20
まどか「その魚ね、カンディルって言うんだって」

マミ「ぎぃぃっ……が、ぁ……ひっ!(何? 何だか聞いたことあるような……)」

まどか「生き物に噛み付いて、頭を突っ込んで肉をどんどん齧っちゃうんだって、恐いねー」

マミ「いぎぃぃっ……ぁ……ひぃぃっ!?(嫌……あそこに、入ってきた……!?)」

まどか「それでね、一番恐いのは」

マミ「ぁ……ぐぎゃぁぁぁっ!?(い……痛いいたいイタイいだいぃぃぃっ!?)」

まどか「お尻とかアソコとか、体の中にも潜り込んでくるんだって……」ニコニコニコニコ

マミ「がぁぁっ……ぎっ! あが、ひっ……い、だっ……たずっ! ごぼぼっ! だずげぇっ!」バチャバチャ

まどか「あ、あんまり暴れないほうがいいよ。音に反応するらしいから」

まどか「あはは、どんどん入って行ってるよ、お肉もどんどん齧られちゃってるね」


614:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 03:06:26.73 ID:cuwe0p7zP
エグい…えぐいよまどっち


616:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 03:07:22.54 ID:SJi00s77P
尿道に入ってく魚だな。ピラニアよりずっと怖い


621:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 03:14:02.89 ID:j5JV5GH20
マミ「がぼっ! ぎぃっ! ぁ……いやぁぁ、ぎゃぅ……いぎぁぁっ! ごぶっ!」バタバタ

ゴリュ、グチュグチュ、ブチュ

マミ「が、ぁっ……がひっ……ごぼっ! げぼっ……」ブクブク

まどか「あーあ、綺麗なお湯だったのにマミさんが汚すから赤くなってきちゃった」ピッ

バヂバヂバヂバヂィッ!

マミ「ひぎゃぁぁぁぁぎぁぁっ!」ビクンビクン

プカー

まどか「ウェヒヒヒ、みんなお腹出して浮かんできた。齧りついて離れないのもいるけど」グイッ

ブチッ

まどか「あ、頭がちぎれて残っちゃった。後でナイフで抉ったら取れるよね、ウェヒヒヒ」

まどか「これ、晩御飯のおかずにしようかな。食べられるのか知らないけど」


623:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 03:23:22.83 ID:j5JV5GH20
マミ「ごぼっ……が……っ……」ブクブク

まどか「あ、いけないいけない。マミが溺れちゃうところだったよ、ティヒヒヒ」ザバー

マミ「げぼっ! がぼっ……ごほ……ごぶっ!」ボタボタ

まどか「あーあ、せっかくお風呂に入ったのにまた血で汚れちゃった。だらしないなあマミは」ズルズル

まどか「魚が体中にぶら下がって面白いなあ。写真撮っておこうっと」カシャ

まどか「えいっ」ブチッ

まどか「えいえいっ」ブチブチッ

まどか「やっぱりほとんど頭が残っちゃった。じゃあこのナイフで……」ズブリ


624:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 03:29:40.25 ID:j5JV5GH20
マミ「ぐぎゃぁぁぁぁっ!?」ビクンッ

まどか「あ、起きちゃった。だめだよ暴れちゃ。頭が取れないよ」グジュグジュ

マミ「あぎぃぃっ! やめっ……い、だっ痛いぃぃっ!」バタバタ

まどか「きゃっ」ガツン

まどか「痛……切っちゃった」ジワ…

まどか「はあ……」

まどか「(チラ)」

スタスタ…バタン


629:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 03:52:42.21 ID:j5JV5GH20
マミ「……ん」パチ

ほむら「……目が覚めたのね」

マミ「暁美さん……? あの子は?」ズキン

マミ「うぐ……ぁ……」

ほむら「ダメよ、寝てなさい。傷の表面は塞がってるけど完治はしてないから」

マミ「あれ? そういえば私、手錠も何もしてない……」

ほむら「まどかが、もう要らないって言ってたわ」

マミ「? どういうこと?」パチクリ


632:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 04:11:05.03 ID:j5JV5GH20
ほむら「そのままでしょう。手錠なんてなくてもあなたを繋いでおけるってことよ」

マミ「何よそれ……どこまで人を見下してるの! あなたや他の子たちにもこんなことして!」ズキッ

マミ「ぐ……それに、一般の人まで巻き込んで、あの子はもう人の心を失ってるのよ!」

ほむら「あなたが魔女以外のことでそんなに怒るなんて初めて見たわ」

マミ「当然でしょ、あの子は……あの子自身がもう魔女みたいなものよ」

マミ「いえ、それより悪いわ。だって、自分が間違っているのを自覚してるんだものね」


633:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 04:27:17.95 ID:j5JV5GH20
ほむら「……そう。それであなたはどうするの」

マミ「あの子を止めるわ。こんな事、もう止めさせなくちゃ」ムクリ

ほむら「やめておきなさい。できっこないわ」

マミ「ああ……そうだったわね。あなたも同罪よ」ギリッ

マミ「自由に動けるのにあの子を止めもしない。それどころか加担したんだもの」

ほむら「そうね。その点について反論はしないわ」

マミ「私に協力する気がないならそれでもいいわ。でも邪魔しないで」


637:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 04:43:49.35 ID:j5JV5GH20
ほむら「それはお願い? それとも命令?」

ほむら「言っておくけど私はソウルジェムを持ってるわ。そしてあなたは持ってない」キラリ

マミ「じゃあ、あなたのそれは脅しかしら?」ギリリ

ほむら「事実を言っただけ。安心して、あなたの邪魔をする気はないわ」フゥ

ほむら「でも気をつけなさい。あなたや杏子の命をまどかが握ってることに違いはない」

マミ「忠告は感謝するわ。でも今動けるのは私だけだもの」

マミ「本当はもう一人いるけど、どうせその気はないんでしょう?」チラ

ほむら「そうね、ごめんなさい」


639:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 04:58:39.61 ID:j5JV5GH20
マミ「そんな白々しい言葉が聞きたいわけじゃなかったけど……わかったわ」

ほむら「いつ、何を、どんな風に実行するかはあなたの自由よ」スッ

マミ「どこ行くの?」

ほむら「どうせもうすぐまどかが来る頃だし、一緒にいない方がいいでしょう」

ほむら「密告なんてしないから安心して……口約束だけどね」バタン

マミ「はぁ……(行っちゃったわ、暁美さんは信用できるのかしら)」

マミ「(だめね、こんなこと考える時点で協力なんて無理な話だったわ)」

マミ「(問題は、暁美さんも言ったように、いつ何をするかよね)」


640:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 05:10:22.30 ID:j5JV5GH20
まどか「ウェヒヒヒ、マミ、起きてるかな?」ヒョコ

マミ「起きてるわ。あんなことした後で、よくそんな風に顔を出せるわね」ジロッ

まどか「うー、マミってばそんな恐い顔しないでよ。愛してるからしたことだもん」プンプン

まどか「でも、手錠も外してあげたから少しは体も休めたでしょ?」

マミ「そうね、それはありがとう(やっぱりわかってて体を縛ってたのね)」

まどか「それでね? よかったらマミとお散歩行きたいなー」ワクワク

マミ「散歩?(また何かする気かしら。でも今度はこっちは完全に自由なのよね)」

マミ「(それに外では人目があるからあまり妙なことはできないはず。逆に私のほうが有利だわ)」

マミ「ええ、いいわ」


705:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 15:59:38.09 ID:j5JV5GH20
テクテク

まどか「マミ、手つなご」ギュ

マミ「ええ……外出なんかして大丈夫なの?」

まどか「杏子ちゃんのソウルジェムならほむらちゃんに預けてあるから平気だよ、ウェヒヒ」

マミ「(いつの間に……)」

マミ「私が逃げるとは思わないの? もう縛ってもないのに」

まどか「他の子を見捨てて逃げるなんて、マミはそんな事しないよ」ニコ


707:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 16:04:44.25 ID:j5JV5GH20
マミ「応援を呼んでくるかもしれないわよ、警察に通報するとか」

まどか「子供が一人で証拠もないのに? すぐには信じてもらえないってマミならわかるでしょ?」

マミ「……」

まどか「それに、そんな事したら私がみんなに何するかわからないもんね? そう思ってるでしょ?」ニコニコ

マミ「(全部お見通しって訳ね……やっぱり直接この子を何とかするしか)」

まどか「あ、あのお店久しぶりに寄りたいな。行こ、マミ」グッ…タタタ


708:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 16:10:38.46 ID:j5JV5GH20
マミ「(買い物に喫茶店……まるで普通の生活に戻ったみたい)」

まどか「あむ。んー、やっぱりここのパフェ美味しいなあ。マミは食べないの?」パクパク

マミ「……どうしてそんな平気な顔して笑えるの」

まどか「ん?」クリームペロッ

マミ「何人もあんな酷い目に遭わせて、よく平気で生活できるわね」

まどか「またそんな話するの? せっかくマミと楽しくデートしてるのに」サクランボー

マミ「デート? ……ふざけないでっ!」ドンッ


709:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 16:17:45.01 ID:j5JV5GH20
ザワザワッ
ナニアレ、ケンカ?

まどか「落ち着いてよマミ、みんな見てるよ」

マミ「ええ、見てもらえばいいわ。あなたが何をしてるのか、全部ぶちまけてあげる!」ブルブル

まどか「……ひ」プルプル

まどか「ひどいよマミ、私はただマミのこと好きなだけなのに」ジワ…

マミ「な……何のつもり、今さらそんな涙なんかに」ハッ

ザワザワ
ナイテルヨアノコ
カワイソー

マミ「(は……嵌められた!)」

まどか「ひっく……うう……」ニヤッ


711:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 16:30:08.63 ID:j5JV5GH20
トボトボ

マミ「(結局あの場にいられなくて出てきたわ。せっかくこの子と1対1のチャンスなのに)」

マミ「(まず私のソウルジェムを取り返さないと。それから……)」ブツブツ

まどか「もう、さっきからまた難しい顔してるよ。もっと楽しそうな顔してよ」ギュッ

マミ「やめて! あんな事された相手にそんな顔できるわけないじゃない!」パシンッ

まどか「ええー……残念。そっか、マミは私と一緒は嫌なんだ」アトジサリ

マミ「当たり前じゃない。できるなら二度と顔も見なくて済むようにしたいわね」フン

まどか「そう、マミがそう言うなら仕方ないかなあ」ジリ…

マミ「ん?」


713:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 16:33:29.65 ID:j5JV5GH20
まどか「じゃあ私は別のとこ行くね。さよなら、マミ!」タタタタッ

マミ「え……? ちょ、ちょっと、いきなり何のつも……」ハッ

マミ「(私のソウルジェム、あの子が持ってる……!)」サァァァ

マミ「ま、待ちなさい! 待って!」ダダダッ

マミ「(は、早く見つけないと! 100m離れたら……ああでも人通りが多すぎる!)」


715:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 16:40:10.58 ID:j5JV5GH20
マミ「ど、どこ行ったの、あの子……完全に見失った……」ハァハァ

マミ「(まだ意識はある、だったら100m以内にはいるはずだけど)」フゥフゥ

マミ「(普通の町の中で100mって、とてもじゃないけど探しきれない……)」ゼェゼェ

テテテテ

マミ「いたっ!」ダダダッ

まどか「(チラッ)」ウェヒヒヒ

マミ「(こっちを見た……馬鹿にして!)」ダダダッ


718:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 16:46:34.22 ID:j5JV5GH20
まどか「ウェヒヒヒ、追いつかれちゃった。でも追いかけてきてくれるなんて嬉しいな」

マミ「ぜぇ、はあ……ば、馬鹿にしないで。わかっててやったくせに」アシガクガク

まどか「うん、マミが欲しいのはこれだよね。でも、これがある限りマミは私と離れられないの」キラッ

マミ「(私のソウルジェム……)」ジッ

マミ「(あんな風にちらつかせて、私がもうバテてるって油断してるわね)」

マミ「(魔力が使えなくても、必死になれば人間どうなるか、思い知らせてあげる!)」グッ

まどか「ウェヒヒ……これ、返して欲しい?」チラッ


720:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 16:55:13.40 ID:j5JV5GH20
マミ「え?」キョトン

まどか「いいよ、返してあげる。はい」ポーイ

マミ「え、えっ? きゃっ!」アワワ…キャッチ

まどか「わー、ナイスキャッチだよ、マミ」パチパチ

スッ

マミ「え?(もう一つ指輪……じゃあこっちは偽物!?)」

まどか「えいっ」ヒョーイ

ヒュゥゥ……ポチャン

まどか「あ、ごめーん、手が滑って川に落としちゃった」ティヒヒヒ

マミ「な、何てことを! どきなさい!」ダダダッ…ザブン!

マミ「ぷはっ!(ど、どこ行ったの、流されちゃったかも……早く探さないと!)」ゴボボッ


725:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 17:02:00.14 ID:j5JV5GH20
まどか「ティヒヒヒ」ニヤニヤ

マミ「……!(今、石の間で光った! たぶんあれが……あった、あれだわ!)」ゴボゴボ

マミ「ぷはっ! ぜえ、ぜえ……やった……(取り返したわ、ソウルジェム……これで)」バシャバシャ

マミ「はぁ、はぁ……これでみんなを……」ハイノボリ

クラッ

マミ「え……?(な、何で、意識が……あ、しまった、こっちが……いえ、こっちも?)」ドサッ

まどか「ウェヒヒヒ、残念でした」トコトコ

まどか「いつものマミならこんな単純なごまかしなんて見破っちゃうと思うけどね」

まどか「よっぽど焦ってたんだね、優しいマミさん?」ツンツン

まどか「あは、服が濡れちゃってエッチな体がよくわかっちゃうよ。これも写真撮らなきゃ」カシャカシャ


729:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 17:13:00.15 ID:j5JV5GH20
ザワザワッ
ナニアレ?

マミ「……」ズブヌレ

まどか「マミ、大丈夫? 支えてあげようか?」カタヲポン

マミ「結構よ、一人で歩けるわ」トボトボ

スケスケジャン
ウハwwwエロスwww

マミ「っ……!」ギュゥ

まどか「気にすることないよ。大丈夫、マミには私が付いてるもん」ポンポン

マミ「(よくも白々しいことを……!)」


733:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 17:30:06.80 ID:j5JV5GH20


ほむら「まどかと1対1になってどうだった? 言った通りでしょ」

マミ「……」ウツムキ

ほむら「自覚してないのだろうけど、今のあなたは余裕がなさ過ぎる。まどかのペースに嵌るだけよ」

マミ「……」オチコミ

ほむら「(私もだけどね)」

ほむら「そうね、一つアドバイスをあげるわ」

マミ「?」チラッ

ほむら「まどかが本当に欲しいのはマミ、あなたの心。あなたがそれを差し出すなら、他の皆は助かるかもね」

マミ「心……無理よ、そんなの。私はあの子が憎くてしょうがない」


735:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 17:39:15.29 ID:j5JV5GH20
ほむら「(やっぱりわかってないわね。それが既に思惑通りなのに)」

マミ「あなたは平気なの? 自分もあんな事されたのに」

ほむら「平気なわけないわ。あんなまどかは見たくない」

マミ「じゃあどうして止めないの? あんなひどいことを許してるの?」

ほむら「言ってもあなたには理解できないでしょう」スッ

マミ「? ……愛してるから、とか言わないわよね」

ほむら「想像に任せるわ」パタン

ほむら「(あなたもある意味では、もう私と同じになってきてるのよ。自覚してないでしょうけど)」


740:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 17:49:37.61 ID:j5JV5GH20
数日後

まどか「ウェヒヒヒ、マミ、今日は久しぶりにデートしよ?」

マミ「(来た、またこのチャンス……今度こそ)ええ、いいわよ」

まどか「前のデートは意地悪してごめんね? 今日は楽しくデートしようね」ウェヒヒヒ

マミ「(あれから数日我慢した……美樹さんや志筑さんのことを考えたらもう限界ね)」

マミ「(今日こそは、この状況を何とかする……!)」


742:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 17:57:10.60 ID:j5JV5GH20
まどか「この服とかマミに似合ってると思うなあ、着てみてよ」

マミ「え、ええ……」

まどか「あ、この後ゲーセン行こうか。杏子ちゃんを見つけたのもそこなんだよ、ウェヒヒヒ」

マミ「(罪の意識なんてあるのか疑わしくなるような無邪気さね)」

マミ「(だめよ暁美さん、私はやっぱりこの子を愛するなんて出来そうにない)」

マミ「(でも……それを言えばみんなが助かる……)」

まどか「どうしたの、マミ? 早く行こうよ」グイ


748:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 18:05:42.27 ID:j5JV5GH20
まどか「ティヒヒヒ、今日は楽しかったからつい遅くなっちゃったね」

まどか「みんなお腹空いてるかな? でも大丈夫だよね、1週間食べなくても平気らしいし!」

マミ「(このデートの時は、この子の精神状態も落ち着いてるように見える)」

マミ「(拷問の時に何を言っても無駄だけど、今なら交渉の余地があるかもしれないわ)」グッ

マミ「か、鹿……まどかさん。話があるの」ドキドキ

まどか「あれ、マミから話があるなんて、何かなあ?」ニコニコ

マミ「あの……私……」ドキドキ

まどか「あ、知らない人に聞かれたくない話かな? じゃあ人のいないところに行こうか」グイ


751:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 18:10:21.90 ID:j5JV5GH20
ヒュゥゥゥゥ

まどか「ウェヒヒヒ、風が強くてちょっと怖いね。でもここなら誰も来ないよ」

マミ「(見滝原で一番高いビルの屋上……なんでこんなところに?)」

マミ「(しかもフェンスとかないわ。落ちたら真っ逆さまね)」

まどか「本当は立ち入り禁止の場所だけど、ほむらちゃんが教えてくれたよ、ウェヒヒヒ」

まどか「じゃあお話しようか、マミ」ニコ


755:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 18:15:21.75 ID:Lh7tUSkFP
え、なに、嫌な予感しかしない


756:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 18:16:46.49 ID:j5JV5GH20
マミ「まどかさん……私の負けよ。あなたのものになる。だから」ガバッ

マミ「美樹さんや志筑さん、佐倉さんに……暁美さんも。他の人はもう助けてあげて!」ドゲザ

まどか「……」アシプラプラ

まどか「何言ってるの、マミ」

マミ「え?」カオアゲ

まどか「そんな言葉だけ聞いても全然嬉しくないよ。だってマミの顔に書いてあるもん」ミクダシ

まどか「みんなを助けるために私が犠牲になればいいって」


759:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 18:22:09.82 ID:j5JV5GH20
まどか「それとも私を馬鹿にするために言ってるのかなあ?」

まどか「だったらマミだけじゃなくて、みんなきつーくオシオキしないと駄目だね」ジトォ

マミ「ち……違うわ! 本心よ! もうまどかさんのことしか考えられないの!」アセッ

まどか「へえ……」

まどか「じゃあ、証明して」ズイッ

マミ「しょ、証明って?」ビクッ

まどか「そうだなあ、私のこと考えながら一人でシテみてよ」


763:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 18:31:20.62 ID:j5JV5GH20
マミ「え……?」

まどか「それとも出来ないのかなあ? さっきの言葉は嘘なの?」

マミ「それは、嘘なんかじゃっ……で、でもそんな事」

まどか「私のことしか考えられないんでしょ? シたいよね? 私でするの嬉しいよね?」

マミ「で、でもこんな場所で」

まどか「場所が何? 私が一番なら場所とか関係ないよね。どこでもできるよね?」

まどか「あ、それともやっぱり嘘なんだ。じゃあほむらちゃんに連絡して、おしおきだね」ピピピ

マミ「や……やる! やるわ! いえ、させてください!」


765:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 18:34:43.32 ID:j5JV5GH20
まどか「じゃあ、してみてよ。見ててあげるから」サガリ

マミ「う……は、はい」オキアガリ

マミ「(でも急に言われたってどうしたら……)」

マミ「(ゆ、指でするとか、すればいいのかしら)」スス…

マミ「んっ……」クチッ

まどか「はぁ」タメイキ


767:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 18:40:39.53 ID:j5JV5GH20
まどか「(ゴソゴソ)」ソウルジェムナデナデ

マミ「あ? ひっ……んふぁっ!?」ビクンッ

まどか「……」サスサス

マミ「や、はっ……あひっ! ま、まどか、さっ……あぁぁっ!?」ガクガクッ

まどか「ほら、早く自分で気持ちよくなったら?」スリスリ

マミ「き、ひぃっ……ふ……あふ、ぅ……ん、ぁっ……」クチュッヌルゥ

マミ「う、ぅっ……くふ……ん……あぅ……」クチュクチュ

まどか「私のことちゃんと考えてる?」ジロリ


771:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 18:47:45.74 ID:j5JV5GH20
マミ「ふ、ぁ……は、はい! ま、まどか、さっ……んぅ、まどか……さ、ん!」ヌチュヌチュ

まどか「……」ヒヤヤカ

マミ「はぁ、やっ……うぁ……ん……や、やだ……どうして……早く、はや……ぅく……」グチュッグチュッ

マミ「まど、かさ……で……気持ち、よくっ……んっ……う、ぅぅ……ひぐっ……」ズニュヌチュ

マミ「ひぐっ……う、ぁぁ……どうして、どうして駄目なのぉ……」ヌブッヌブッ

まどか「はあ……もういいや」サワサワサワ

マミ「んひゃ、ぁ、あふぁぁっ!? あひ、ぐ……んひぃぃっ!」ガクガクガクッ

まどか「もういいよ、さっさといっちゃえば」スリスリスリスリ

マミ「やっ! あぐ、ひゃぁぁんっ! こん、なっ! や、ぁ……きひぃぃっ!?」ビクビクビクッ!


774:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 18:53:32.81 ID:j5JV5GH20
まどか「ビクビクしちゃって、バッカみたい。はい、これ」ズブゥッ

マミ「やは、がっ……な、ひゃひ、入って……んぎゅぁぁぁっ!?」ガクガクガクッ

まどか「あーあ、大変。あんまり締め付けたら壊れちゃうよ?」

マミ「ひっ、ひぎゅぅぅっ!? らめ、らめへぇぇっ! 止めて、とって、取ってぇぇっ!」ジタバタ

まどか「……」フー

……

マミ「ぁ……か……ぁひ……」カタカタカタ


776:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 18:57:10.11 ID:j5JV5GH20
まどか「気絶しちゃったかな? 聞こえる、マミ?」ホッペツンツン

マミ「ぁ……や……いぎたく……な……」カタカタカタ

まどか「えいっ」ゴスッ

マミ「ぐぇっ! げ……ごほっ! ぁ……わ、私……」グッタリ

まどか「マミの気持ち、よーくわかったよ」ジイー

マミ「ぇ……そ、それじゃ……」ハァハァ

まどか「うん」ニコッ


778:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 19:01:10.86 ID:j5JV5GH20
まどか「マミはこれっぽっちも私のこと好きじゃないってことがね」ニッコリ

マミ「ち、違、それはっ……げほっ!」ゼエゼエ

まどか「あ、私でイけないとかそんなことはどうでもいいの」

マミ「え?」

まどか「私のことオカズにするとか、そんなことで私が喜ぶなんて信じちゃうんだ?」

まどか「それって、私の気持ちなんて少しも分かってないってことだよね」


782:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 19:07:45.54 ID:j5JV5GH20
マミ「あ……」アオザメ

まどか「わからないし、わかる気もない。私のものになるとかも全部嘘。そうでしょ?」コツコツ

まどか「もういいよ、何をしたってマミには私の気持ちは通じないってわかったから」コツコツ

マミ「(もういいって、何? 今度は何考えてるの? ……あれ)」

マミ「(ソウルジェムが入ったまま……今ならまどかも向こうを向いてる)」ソッ

まどか「それで、逆に聞くけど」コツコツ

まどか「あなたは私をどうしたいのかな、マミさん?」ヒョイ


788:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 19:18:23.95 ID:j5JV5GH20
マミ「え……ちょっ! あ、危ないわ! 下りなさい!」アセッ

まどか「あれ、わたしなんかのこと心配するんだ」アシブミ

まどか「人間じゃないとか魔女とかいったのに、それでも死なれるのは嫌なの?」カタアシダチ

マミ「(くっ、ソウルジェムに触れられればリボンで……)」グチュッ…

まどか「私は反省なんかしないよ? きっとまた同じことをするよ」ヘリアルキ

まどか「それに、今さら私を捕まえたりしても、みんな元の生活には戻れない」ハンカイテン

まどか「だってもう、私がみんなを拷問して酷い目に合わせた事実は変えられないもの」ヘリアルキ


793:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 19:25:18.57 ID:j5JV5GH20
マミ「それでもみんなあのままよりずっといいわ、そのためにあなたを捕まえて……」グッ

マミ「き、ひっ……う、ぁ……(だ、だめ、刺激が……)」

まどか「魔法少女なら、魔女にやられたと思えば我慢できるかもね」ステップ

まどか「でもさやかちゃんや仁美ちゃんはどうかなあ?」タンタン

まどか「心の傷を一生抱えて生きるんだよ? それって残酷だよね」ニコニコ

マミ「あ、あなたがそうしたんじゃない!」カッ

まどか「ウェヒヒヒ、そうだよ。マミさんのせいでそんな目に遭ったんだよ」ニコニコ


796:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 19:34:32.66 ID:j5JV5GH20
マミ「それだってあなたの身勝手よ! 私が目的なら私だけ狙えばいいじゃない!」

まどか「だって、それじゃマミさんは折れないもの。マミさんの心が私のものにならないもの」

マミ「……話にならないわ。やっぱりあなたは許せない」グチュッ

マミ「あ、ぐっ……くふ……(も、もう少し、もう少し奥に)」

まどか「私が憎いよね、マミさん。だったら殺せば? 初めて会ったときの魔女みたいに」ツマサキダチ

まどか「マスケット銃でかっこよく、悪い私を退治してよ、正義の魔法少女の巴マミさん」


797:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 19:38:18.97 ID:j5JV5GH20
マミ「……憎いわよ。あなたが憎い、でも……でも殺さない、あなたは生きて償うの!」グチュッ

まどか「殺さない? ちがうよマミさん」


スッ…


まどか「マミさんは、殺せないんだよ」


フワ…


まどか「意気地なし」ニコッ


798:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 19:38:43.73 ID:FEhRWduL0
まどまど?


799:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 19:39:07.66 ID:mu7OJjl60
まどっち?


800:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 19:39:28.13 ID:Lh7tUSkFP
ちょ、え?


801:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 19:40:52.16 ID:j5JV5GH20
マミ「! だめぇぇぇっ!」グチュゥッ!

マミ「(届いた!)」ヘンシン!

パァァァァッ

マミ「(まだ間に合う! 飛び出してリボンを伸ばせば!」ダッ


805:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 19:52:27.30 ID:j5JV5GH20
マミ「! あそこね!」パァァッ

マミ「!……」



まどか『一目見てわかったよ。ああ、この人はとても気高くて、その反面、凄く脆い』

まどか『マミさんを拷問して永久に苦しめ続けたいって』

まどか『その為に、わたしすっごく練習したんです。えへへ、褒めて下さいマミさん♪』


807:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 19:53:08.14 ID:j5JV5GH20
ヒュゥゥゥ

さやか『ころ……て……ろして……お……ねがい……ころして……』

ヒュゥゥゥ

仁美『んぶはっ! 嫌ぁあああああああああああああああああっ!! もう許しんぶうっ!?』

ヒュゥゥゥ

杏子『ま……み……? マミ、さ……?』ゲボッゴホッ

ヒュゥゥゥ

ほむら『いやぁぁっ! やっ、がっ! まどっ、かぁぁ……! やめ、がっ、がぁぁぁっ!』バタバタ

ヒュゥゥゥ

まどか『私がみんなを拷問して酷い目に合わせた事実は変えられないもの』

まどか『心の傷を一生抱えて生きるんだよ? それって残酷だよね』


810:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 19:58:06.43 ID:j5JV5GH20
マミ「あ、ぁ……あぁぁ……」ガタガタ


まどか『でもこれでわかったでしょ? マミを本当に心から愛してるのは私だけなんだよ』

まどか『ちょっとだけ愛の形が人と違うけどね、ティヒヒヒ』ガリィッ



まどか「……」パクパク

マミ「(口が動いてる。何か、言ってる)」


まどか「(マ)」

まどか「(ミ)」

まどか「(さ)」

まどか「(ん)」


812:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 20:00:10.69 ID:j5JV5GH20
まどか「(だ)」

まどか「(い)」

まどか「(す)」

まどか「(k)」


パァン…グシャッ


マミ「あぁ、あ……あぁぁぁぁあぁぁぁぁぁぁっ!」


815:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 20:02:30.73 ID:asxHaoSz0
なん…だと…


816:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 20:03:54.05 ID:j5JV5GH20
ほむホーム

ほむら「終わったのね」

マミ「……」コクン

ほむら「こんな結末になるんじゃないかとは思ってたわ」

マミ「美樹さんと、志筑さん……帰してあげないと」

ほむら「そうね、警察になるのかしら、この場合」

マミ「……」

ほむら「……」

マミ「ねえ」


819:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 20:06:36.44 ID:j5JV5GH20
ほむら「何かしら」

マミ「どうして来なかったの」

マミ「あの子のことが好きだったんでしょう? どうして助けに来なかったの?」

ほむら「そうね」

ほむら「これがまどかが望んでいた形だから……かしら」


823:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 20:12:44.18 ID:j5JV5GH20
マミ「わからないわ」

ほむら「そう。あなたはわからないでしょうね、巴マミ」

マミ「わからないのよ、私は」

マミ「どうしてあの子が、こんな酷いことをしたのか」

マミ「あんな最期を選んだのかも、全部」

ほむら「……」

マミ「私がいけなかったの? 私があの子を理解してあげなかったから?」

ほむら「それは違うわ」


825:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 20:17:09.17 ID:j5JV5GH20
ほむら「まどかは、あなたの心を欲したけれど、あなたの理解は必要としていなかった」

マミ「わからないわ」

ほむら「そうでしょうね。でも、だからこそなのよ、巴マミ」

ほむら「決してそれを理解できないあなただから、まどかはあなたを欲したの」

ほむら「そして、まどかはその目的を達したわ」

マミ「……わからないわ」


827:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 20:20:40.09 ID:j5JV5GH20
ほむら「わからなくていいのよ。あなたはそのままでいい」スッ

マミ「どこへ行くの?」

ほむら「警察に連絡するわ。あの子達のことを教えないと」

ほむら「じゃあね、巴マミ」

ほむら「また……次があれば、また会いましょう」パタン


829:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 20:22:39.87 ID:j5JV5GH20



カチッ



830:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 20:23:07.33 ID:j5JV5GH20
おしまい


834:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 20:25:22.87 ID:w1z79reC0
乙でした


837:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 20:26:27.02 ID:mu7OJjl60
乙乙

まどっちが死んでしまったのが残念だけど
おもしろかったぜ


838:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 20:26:47.78 ID:KBRgUSHCO
まどかはマミさんの心を自分にくぎづけに出来ればよかったのか
それがどんなカタチでもいいのなら、確かにこれは効果的かもな


839:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 20:28:09.08 ID:j5JV5GH20
自分のは以上です

乗っ取りで続けたものの、拷問のパターンがループを始めそうだったので切り上げました
その結果中途半端なシリアスが混じってよくわからない最後になってすみません
でも展開の落としどころとしてはこうしか考えられなかった

初代>>1があそこで終わったのがつくづく絶妙なタイミングだったと思わざるを得ない


840:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 20:29:07.81 ID:JVw39MNH0
>>839
俺も乗っ取りだよ。このスレ、俺含めて3人が参加してる
面白かったよお疲れ様


841:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 20:29:56.69 ID:9o+K+5DS0

しかしほむらの闘い、というか地獄は終わらない・・・


845:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 20:37:35.53 ID:j5JV5GH20
だらだら書き続けたのにその間ずっと保守支援、レスくれてありがとう

あと>>293、あの時叱ってくれてありがとう
書き手の礼儀の話で言ってくれたんだと思うけど、
あれ言われなかったら続ける気力なかったかもしれない


風呂の辺りとかみんな活き活きと拷問のアイデア出してたので
かぶらないようにするのが大変だったわ
このスレ読んで変な性癖目覚めたのもいるみたいだけど、
特殊性癖とかマジ大変だぞ気をつけろ

こんなん書いといてマミさん大好きとか言っても信じてもらえないだろうな
もう虐める方向は当分お腹いっぱいってくらい書いたから、
今度はそのうちマミさんが幸せな話でも書こうかとおもう

それじゃ、乙


847:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 20:42:52.35 ID:w7rdFSW9O
マミさん捨て駒にしてない時点でわかるわ!
乙かれだ


848:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 20:44:52.88 ID:FEhRWduL0
幸せなマミさん楽しみに待ってるよ


849:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 20:47:40.39 ID:h8UFiF6p0
マミさんは不幸な方が輝く


850:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/25(火) 20:48:44.74 ID:uZxTRE+10
乙乙





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「まどかマギカ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 名無しさん 2011/10/27(木) 01:53:42

    ムギの拷問SSを思い出したな・・・


  2. 2012/07/09(月) 17:14:38

    ふぅ・・・


  3. 2014/08/03(日) 16:39:46

    モズグス様よりやばいだろ
    ジグソウよりやばいだろ


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ