Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憧「首を洗って待ってなさい!」友香「楽しみにしてるんでー!」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 20:18:31.95 ID:hgT59nQ60
近畿地区新人戦  個人戦翌日



憧「気晴らしに外に出て来たけど、特に行くとこないなー」

憧「……2位かー」

憧「せっかく奈良で開催されて宥姉も応援に来てくれてたから、優勝したかったのになー…」

憧「まあ宥姉が引退して、人数足りなくなっちゃったから団体戦にはエントリーできず」

憧「初めて出た個人戦で準優勝だから十分すぎる気もするけど…」

憧「うーん…でもなー…」

憧「優勝したのが千里山でも姫松でもなくて、あんな子だなんて…」

憧「あーもうっ!やっぱむしゃくしゃする!」




友香「あ、あのー…」ハァハァ

憧「ん?あ、あんた!」

友香「こ、こんにちは」

友香「な、何を一人でつぶやいてましたんでー?」

憧「な、なんでもないわよ」

憧「てか、こんなところで何してるのよ。近畿1位さん」




2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/18(木) 20:20:06.47 ID:hgT59nQ60
友香「い、一位とかたまたまなんでー」

友香「荒川さんが出てたら絶対負けてたんでー」

憧「そりゃあ、まあそうよね」

憧「チャンピオンが引退した今、あの人に勝てる人なんていないわよ」

憧「でも今回はアジア大会と日程が重なって欠場」

憧「ある意味ラッキーだったわね、お互いに」

友香「でー…」ハァハァ

憧「ていうか、すごい汗ね…」

憧「こんなところで一人で何してるのよ?」

憧「大会終わったから観光?にしても、一人って変よね」

憧「剱谷の人たちはどうしたのよ?」

友香「え、えっと、今日はみんなでお寺に行ってたんです」

友香「そこで座禅っていうのをしたんですけど」

友香「私正座が苦手でー…」

憧「それで走って逃げ出して来たと?」

友香「はいでー…」


3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/18(木) 20:25:18.14 ID:hgT59nQ60
憧「いやいや、部員の人たち絶対心配してるでしょ」

憧「早く戻ってあげなさいよ」

友香「正座はしたくないんでー…」

憧「はあ…まったくねー」

憧「知らないけど早く戻った方がいいと思うわよ」

憧「それじゃあね」

友香「あ、ま、待ってくださいなんでー」

憧「何よ?」

友香「ぶ、部長にはちゃんと連絡します」

友香「夜には戻るって伝えますんでー」

友香「だ、だから、あの…」

友香「わ、私に奈良を案内してください!」

憧「は、はい?」

憧「私が?あんたを?」

友香「だめ…ですか?」

憧「いやいや、なんで私なの」

憧「ほとんど初対面みたいなもんなのよ?」

友香「…私奈良に来たの初めてなんでー」

憧「ああ、帰国子女なんだっけ?」

友香「そ、そうなんでー!」

友香「だから詳しい人に案内してほしかったんでー」


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 20:29:44.85 ID:hgT59nQ60
憧「だからって私じゃなくても…」

憧「チームメイトと観光した方が楽しいでしょ」

憧「そもそも私そんなに市内に詳しくないっていうか…」

友香「やっぱり…だめなんでー?」ウルウル

憧(やばっ……あーもう、泣くのはずるいって…)

憧(そんなに座禅がしたくないわけ…?)

憧「はあ…分かった。案内してあげる」

友香「ほ、ほんとなんでー!?」

憧「そんな目されたら敵わないって」

友香「あ、ありがとうございます!」


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 20:34:08.08 ID:hgT59nQ60
憧「てか、さっきからその中途半端な敬語はなんなの?」

憧「同じ1年だしタメでいいわよ」

友香「ありがとうなんでー、あ、新子、さん…?」

憧「憧でいいって」

憧「どうせ今日一日一緒にいるんだし」

友香「わ、わかったんでー、憧…ちゃん…///」

憧「…まあいいわ」

憧「ほらじゃあ行くわよ、近畿1位さん」

友香「友香でー」

憧「へ?」

友香「私の名前は森垣友香でー」

友香「私もちゃんと名前で呼んでほしいんでー!」

憧「…分かった。悪かったわね、友香」

友香「はいでー!」

憧「じゃあまあ、今日一日よろしく」

友香「こちらこそ、よろっ!」


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 20:39:34.54 ID:hgT59nQ60
憧「って言ってもどこに行くのよ?」

友香「でー?私は全く分からないのでー…」

憧「観光コースも私に決めろってわけね、全く」

憧「そうねー…じゃあまずはベタに大仏でも見にいく?」

友香「だいぶつ?」

憧「あぁ、えーっとそうね…」

憧「大きな人の像…ビッグスタチュー?」

友香「あ!スタチューオブリバティーでー?」

憧「いや、あれと比べられるとさすがに…」


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 20:43:13.42 ID:hgT59nQ60
友香「それで、その大仏ってのはどこにあるんでー?」

憧「東大寺っていうお寺の中にあるの」

友香「お寺……もう正座は嫌なんでー…」

憧「いやいや大丈夫だって!座禅なんて絶対できないから」

友香「よかったでー…」

憧「ここ、奈良駅あたりだからそんな遠くないわよ」

憧「とりあえずバスに乗って行こっか」

友香「りょうかいでー!」

――――――

――――

――


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 20:47:03.48 ID:hgT59nQ60
憧「ふう…ちょうど乗れたわね」

友香「ナイスタイミングでー!」

憧「たぶん10分程度で着くからひとまず休憩ね」

友香「まだ何もしてないんでー」

憧「どうせこれから疲れるんだから今のうちに休んどくの!」

憧「それにしても…まさかあんたが優勝するなんてねー」

友香「自分でもびっくりなんでー」

憧「まあ確かに、友香は団体のときも強かった気がするけど」

憧「本当は阿知賀4人でベスト4独占するつもりだったのにさー」

憧「それを邪魔されちゃうんだもん」

友香「阿知賀にだけは負けたくなかったんでー」

友香「団体で負けたリベンジでー!」

憧「あのときは勝ったといっても超ぎりぎりだったけどね」

友香「……あの後、莉子ちゃんすごく落ち込んでた」

友香「それに先輩たちと戦える最後の大会だったんでー」

友香「だからみんなのためにも絶対勝ちたかったんでー!」

憧「……で、そのみんなに心配かけてこうして抜け出して来たと」

友香「そ、それとこれとは関係ないんでー!」


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 20:52:00.68 ID:hgT59nQ60
憧「ま、今回は私の負けだったけど」

憧「次戦うときはそうはいかないわよ!」

友香「のぞむところでー!」

憧「とは言っても、戦う機会なんてとうぶんなさそうよねー…」

友香「次のインターハイでー?」

憧「そうだ!晴絵に頼んで、剱谷に練習試合を申し込めばいいじゃん!」

憧「もう今年のインハイは終わったから練習試合も自由だよね」

友香「阿知賀と練習試合でー?」

憧「そっ!私たちが剱谷まで行ってあげるから!」

友香「いいね!楽しみなんでー!」

憧「でしょー?」

友香「………そのときはまた兵庫観光に付き合って欲しいんでー…///」ボソボソ

憧「あ、次降りるわよ、準備して。…ん?どうかした?」

友香「……なんでもないんでー」シュン


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 21:04:30.64 ID:hgT59nQ60
友香「おー、大きな赤いお寺でー!」

友香「これが東大寺でー?」

憧「いや、これは別もの」

憧「春日大社っていうの。東大寺と一緒に世界遺産になってるのよ」

憧「ちなみにこれはお寺じゃなくて神社ね」

友香「なにが違うんでー?」

憧「そ、それは私も分からないけど…」

憧(やばっ…巫女がそれ分からないってまずいよね…)

憧「…まあ神社は、日本の神を祀るところなのよ!」

憧「しかも神社には、本坪鈴っていうガラガラするのが基本あるのよ!」ドヤッ

友香「なんで鈴が置いてあるんでー?」

憧「それは……」

憧「…だああああああ!もうっ!だから奈良詳しくないんだって!」

憧「私の分からない質問するの禁止!」

憧「とりあえず春日大社はまた今度にして、東大寺に行くわよ」

友香(今度………?)


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 21:10:36.38 ID:hgT59nQ60
憧「ここからは歩きね。まあ10分くらいで着くから」

友香「じゃあ走ったら5分で着くんでー!」ダッ

憧「ちょっ待って!待ってってば!」ガシッ

憧「もう…なんで走るのよ」

友香「だってせっかくの奈良観光、時間がもったいないんでー」

憧「観光地は人も多いんだから走らないの!」

憧「他の人の迷惑だし、はぐれちゃったらどうするの」

友香「ごめんでー……」

憧(まったく…しずばりの無駄体力ね)

憧「どうせすぐ着くから、ほら行くわよ」


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 21:16:22.78 ID:hgT59nQ60
友香「今度こそこれが東大寺でー?」

憧「そっ、ってもうさっきから東大寺には入ってたんだけどね」

憧「で、これが奈良の大仏よ」

友香「ほんとに大きいんでー」

友香「それにポーズもなんか面白いんでー」

友香「答え分かるけど自信満々に思われるのが恥ずかしくて」

友香「控えめに手を挙げる莉子ちゃんみたいでー!」

憧「なによそれ…でもあのポーズにも意味があるって聞いたことあるわよ」

友香「へー、どんな意味があるんでー?」

憧(―――墓穴掘ったあああああああっ!)

憧「…携帯で調べてみる」

憧「『奈良の大仏 手 意味』っと……あ、あった」

憧「『あの手の形は、[せむいよがんいん]と呼ばれています』だって」

友香「……私まだ日本語が苦手で……英語で説明してほしいんでー」

憧「大丈夫、日本暦16年の私もさっぱりだから」


13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 21:22:15.62 ID:hgT59nQ60
友香「それにしても人が多いんでー」

憧「そりゃあ奈良一番の観光地だからねー」

憧「私たちみたいに観光しにくる人がたくさんいるのよ」

憧「ん?どうかしたの、友香?」

友香「あれ、あそこ、大仏の目の前のところ」

友香「あの人、見たことある気が…」

憧「え?……あ!あの人」

憧「千里山の、一年生!確か……二条さん?」

友香「なんかずっとお祈りしてるんでー」

憧「千里山の人たちも今日は観光してるってことかな?」

友香「話しかけに行ってみるんでー!」


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 21:25:33.20 ID:hgT59nQ60
泉「……」

泉「私が1年生では最強なはずや……」

泉「あんな剱谷とか阿知賀の1年とは格が違うんや……」

泉「私が最強なはずやのに………」

泉「いや、今回の大会はノーカン」

泉「そう、荒川憩が出てない時点でノーカン!無効な大会や!」

泉「本番は次!次で私が高1最強なことを証明する!」

泉「そのためにも……仏様、次の大会では私を勝たせてください!お願いします!」

憧「こっんにちはー」

友香「どもっ!」

泉「へ?あ、あんたら!」


15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/18(木) 21:29:38.28 ID:hgT59nQ60
友香「昨日はお互いお疲れ様でー」

友香「何をお祈りしてたんでー?」

泉「べ、別に何も祈ってへんわ!」

泉「はよう園城寺先輩が元気になるようにとかそういうのや、そういうの!」

憧「ああ…園城寺さん、あれから大丈夫なの?」

泉「幸い特に異常はなくて、すぐに退院できたで。通院はしょっちゅうしてるみたいやけど」

憧「そう…よかった」

泉「いやー、あんたらにまで心配かけてしもうてたんやな」

泉「なんか申し訳ない………ってちがああああう!!」

憧・友香「?」

泉「昨日の1位と2位がこんなとこでなにしてんねん!」

泉「いやまず、だいたいなんであんたが優勝してんねん!」

泉「2年に負けるならまだしも、格下の高校の1年に負けるなんて」

友香「たまたまなんでー」

友香「次はもう優勝できないと思うんでー」

泉「っ!そうや!今回は荒川憩がおらんかった!ただの消化試合や!」

泉「勝負は次!そんときはあんたら二人ともまとめて倒したるからな!」

泉「そこで高1最強は誰か決着つけよやないか!」

友香「望むところでー!」


16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 21:33:17.49 ID:hgT59nQ60
憧「てかあんた一人で観光してるの?」

泉「いや、他のみんなもそこらへんおるで」

泉「千里山みんなで観光しよるからな」



「いずみー、バスもうすぐ出るでー」



憧「げっ、この声は……」

憧「なんで江口セーラがいるのよ!3年でしょ!?」

泉「先輩は推薦で大学決まってるから、ずっと部活に顔出してくれてるんや」

憧「そうなの…」

憧「…友香、行くわよ!」

友香「え?」

憧「ほら早く!じゃあまたね、千里山の人!」

泉「お、おう…」

友香「あ、待って憧ちゃん!置いてかないでー!」

泉「あ、おい!あんたら!今度会ったときは絶対倒すから覚悟しときやー!!」

憧「はいはーい」


17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 21:38:06.65 ID:hgT59nQ60
友香「はあ…なんでそんなに急いで戻って来たんでー?」ハァハァ

憧「あの人に絡むといろいろとめんどうなのよ」

憧「それよりあんた、人見知りじゃなかったの?」

友香「人見知り…でー?」

憧「だって私に話しかけて来たときは、敬語だったしなんか挙動不審っぽかったし」

友香「私そんな変だったんでー!?」

憧「でも、さっきの千里山の人には普通に話してたしさ」

憧「なに?私がそんなに怖そうに見えたってわけ?」

友香「ち、違うんでー!」

友香「たぶん…憧ちゃんに案内をお願いしたかったから…その…緊張したんでー…」

憧「ふーん…まあいいけど」


18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 21:41:22.28 ID:hgT59nQ60
憧「それにしてもあの人、私たちに敵対心かなり持ってたわね…」

友香「二条さんでー?」

憧「うん。強豪千里山のレギュラーだから負けが許されないんだろうけど…」

憧「私たち、まぐれでも1位と2位になっちゃったからこれからは警戒されるかもね」

友香「有名になったんでー?」

憧「まあ名前は覚えられたでしょうね」

友香「なんか、ちょっと嬉しいんでー!」

憧「でもその分研究されるから、楽に勝てなくなるわよ」

憧「とか言って、有名になるのは私も悪い気分じゃないけど」

友香「そういえば、二条さんって昨日は何位だったんでー?」

憧「………さあ?」


19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 21:45:33.20 ID:hgT59nQ60
憧「さーて、じゃあ次はどこに行こうか?」

友香「私おなかが空いたんでー…」グー

憧「そういえばもうそんな時間ね」

憧「おっけ、じゃあお昼ご飯食べに行こっか」

友香「でー!」

憧「そうねー、何か食べたいものある?」

友香「奈良って何が有名なんでー?」

憧「うーん…なんだろ」

憧「奈良漬?まずご飯じゃないしね…しかも友香は苦手そうよね…」

憧「お好み焼き?いや、兵庫にもあるしなー…」

憧「ラーメン?いや、どこにもあるよね…」

憧「あああああ!もう!だから奈良詳しくないって言ってるのにっ」

憧「しょうがない!また先生に頼るわよ!」

友香「…先生?」


20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 21:50:43.18 ID:hgT59nQ60
憧「ここらへんに釜飯のお店があるらしいからそこに行くわよ!」

友香「誰に聞いたんでー?」

憧「だから先生よ!地図まで出してくれるんだからほんと優秀よねー」

友香「阿知賀の先生はすごいんでー」

憧「世界中どこでもすごいのよ!」

友香「世界レベルなんでー?もっとすごいんでー!」

憧「そっ、あんたの携帯でもできるのよ」

憧「…ってことはやっぱ私いらないじゃない!まあいいけどさあ」

友香「?」

憧「さっ、おなか空いたし早く行くわよ」


21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 21:55:05.14 ID:hgT59nQ60
友香「歩いていくんでー?」

憧「うん、10分程度らしいから」

憧「もう走らないでよね」

友香「大丈夫なんでー………ひゃあっ!」ドサッ

憧「え!?なに?どうしたの?」

友香「あ、あれ……」ユビサス

憧「え?どれよ?誰もいないじゃない」

友香「人じゃなくて……あの…大きな……」

憧「?……あーあれね。大丈夫だって、襲われたりしないから」

友香「でもあんなツノが……ひっ…こっち来る……」ブルブル

憧「心配ないって、この子たち人に慣れてるから」

憧「ほーら、ツノにだって普通に触れるんだから」ナデナデ

憧「友香も触ってみなよ」

友香「い、いや……絶対無理でー……」

憧「大丈夫大丈夫!ほら、手貸して」パシッ

友香「えっ…?」

憧「ほーら大丈夫でしょー」

―――ビクッ

友香「ひっ!う、うわあああああ」

友香「やっぱり無理でええええええええ!!!」ダダダダッ

憧「あ、ちょっと待って!走らないでってば!」


22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 21:59:56.61 ID:hgT59nQ60
友香「………怖かったんでー」ハァハァ

憧「はあ…はあ…やっと追いついた」ハァハァ

憧「もう…走らないでって言ったのに」

友香「ごめんなさいでー……」

憧「いやまあ、さっきのは私が悪かったわ」

憧「まさかあんなに鹿を怖がるとは思わなくて」

憧「友香って意外にびびりなの?」フフッ

友香「び、びびりじゃないんでー!」

憧「あはは!でも、さっきの友香、ちょっとかわいかったよ」

友香「か、かわいい……でー?」///

友香(……そういえばさっき手を握られたんでー///)

友香(怖くてそれどころじゃなかったけど、柔らかくてあったかかった気がするんでー///)

友香(もっと我慢してれば、もっと長く手を握って貰えたかも……)

友香(ああもう!私の馬鹿っ!)

憧「……友香ー?どうしたのー?」

友香「なんでもないっ!やっぱり私はびびりなんでー!」

憧「?」

友香「ほら!早くお昼ご飯食べに行くんでー!」

憧「…あれ?仕切るのは私の担当だったはずじゃ……?」


23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 22:02:40.71 ID:hgT59nQ60
憧「着いたわ、ここらへんのはずだけど…」

友香「……もしかしてあれでー?」

憧「うわっ行列じゃん!」

友香「おなか空いたんでー……」

憧「しょうがない、並ぶわよ!」

友香「でえー?」

憧「せっかく来たんだし、並ぶってことはおいしいお店なはず!我慢よ我慢!」

友香「観光も大変なんでー……」

憧「あれ?あの列の一番後ろの人……」


24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 22:07:01.18 ID:hgT59nQ60
やえ「お、阿知賀の中堅じゃないか」

やえ「奇遇だなこんなところで」

憧「こんにちはー、小走さんこそ何してるんですか?」

やえ「ふっ、これだからニワカは困る」

やえ「行列に並んでいるに決まってるだろう!」

憧「あっ、そうですか……」

やえ「ところで隣の子はどちら様?」

友香「森垣友香でー、剱谷高校の1年生でー!」

やえ「ほう、剱谷か。椿野美幸は元気かい?」

友香「先輩をご存知なんでー!?」

やえ「剱谷は、私たち晩成とよく戦った相手。それも同じ先鋒だからな。多少の交流はある」

友香「あ!あなたがあの奈良県1位、晩成の小走やえさんなんでー!?」

やえ「いかにも。兵庫の1年生にも名が知れていたか」

やえ「有名になるのも困り者だな」

やえ「君たちも有名になれるよう頑張れよ、1年生諸君」

やえ「私のように大会で好成績を残せば、自ずと知名度もついてくるさ」

憧「………この子昨日の試合で近畿チャンピオンになったんですけどね」

やえ「なっ――――――」


25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 22:09:38.25 ID:hgT59nQ60
やえ「いや、そんな……まさか……私ですらベスト4が最高なのに……」

やえ「ほんとうなのか……?」

友香「まあ……ほんとうなんでー」

やえ「……そうか、どうやらこちらがニワカだったらしい」

やえ「大変失礼した、近畿チャンピオン。これからも剱谷は安泰ということか」

憧「ちなみに私は2位でーすっ」

やえ「んなっ―――――!?」


26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 22:12:53.32 ID:hgT59nQ60
やえ「それで?その1位2位どうしが、今は仲良くデートということか」

友香(で、デート……///)

憧「いやそんなんじゃないですよー!」

憧「ただ頼まれて私が観光ガイド役をしてるだけです」

友香「……」シュン

やえ「…なるほど、そういうことか」

やえ「それでお昼にここを選んだと」

憧「はい。ただネットで調べて、出てきたのがここだっただけなんですけどね」

憧「小走さんもネットを見て来たんですか?」

やえ「はっ、まさか」

やえ「ニワカは相手にならんよ」

やえ(灼が美味しいって言ってたから来たなんて言えない…)


27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 22:17:12.61 ID:hgT59nQ60
憧「でもこんな並ぶんですねー」

やえ「それだけ美味い店なんだろう」

憧「それは分かるんですけどー…やっぱおなか空いて…」

友香「私もおなかぺこぺこでー…」

やえ「ときには我慢も必要なんだよ、麻雀と同じさ」

友香「麻雀でー?」

やえ「空腹を耐えることで、美味しいご飯にありつけるのさ」

やえ「麻雀だって、鳴きたい気持ちをぐっとこらえて、面前で手を作る」

やえ「それが高い点数につながるだろ?」

やえ「まあ、スピート重視のお前さんには分からんかもしれないな」

憧「むう……私だって面前で頑張ることぐらいありますよ!」

やえ「はは、そうかい悪かった」

やえ「ほらそうこうしてる内に順番が来たぞ。よく我慢したな」

――――――

――――

――


28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 22:20:37.01 ID:hgT59nQ60
友香「ああー美味しかったんでー!」

やえ「うん、さすが灼が言うだけのことはあったな」

憧「え?灼?」

やえ「あ…いやなんでもない」

やえ「それより、二人は次はどこに行くんだ?」

憧「何も考えてないんですよねー」

憧「私もあんまり奈良市内に詳しくなくて…」

憧「あ、そうだっ!小走さんも私たちと一緒に観光しませんか?」

憧「市内のこともっと知ってる人がいてくれたら私も嬉しいし!」

やえ「ほう、おもしろそうだな」

友香(でー……)

やえ「だが残念ながら用事があるから、私は行くことはできないな」

友香(でー)ホッ


29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 22:25:03.02 ID:hgT59nQ60
やえ「その代わりと言ってはなんだがおすすめのスポットを教えよう」

やえ「剱谷の…森垣…だったかな?ちょっとこっちに来て」

憧「え、なによ?私は聞いちゃ駄目ってことなの!?」

やえ「どうせ行くんだから、そのときまでのお楽しみってことさ」

やえ「ちょっとそこで待っててくれ」

やえ「さ、じゃああっちの公園にでも行こうか」

友香「え?ここじゃ駄目なんでー?」

やえ「いいからいいから、はい行くよー」


30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 22:30:24.59 ID:hgT59nQ60
友香「それでおすすめの場所ってどこなんでー?」

友香「正直、私地名とか全然分からないから、言われてもそんな覚えられないんでー」

友香「やっぱり憧ちゃんに言った方がいいんじゃ…」

やえ「……」

やえ「単刀直入に聞く」

やえ「お前、あの阿知賀の子のこと好きなのか?」

友香「え……」

友香「……」

友香「…………」

やえ「図星のようだな」

友香「……なんで、分かるんでー?」

やえ「そりゃお前、反応が分かりやすすぎるからな」

やえ「私じゃなくても分かったと思うよ」

友香「え……?じゃあ………」

やえ「いや大丈夫だ。阿知賀のやつはまだ気づいてない」

友香「よかったでー…」

やえ「よかった、か……お前、気持ちを知られたくないのか?」

友香「だって…憧ちゃんに知られたら気持ち悪いと思われる…」

友香「もう会ってくれないかも知れないんでー」


31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 22:34:40.03 ID:hgT59nQ60
やえ「じゃあ、その気持ちを伝えずに、このままさよならするんだな?」

友香「う……」

やえ「私は、結構お似合いだと思うぞ」

友香「え……?」

やえ「私もある一人の女を好きになってしまった同類だ」

やえ「お前を見てたらどうしても人ごとだとは思えなくてな……」

やえ「だが私もまだ気持ちを伝えきれていない臆病者だ」

やえ「こんなニワカでもいいのなら、協力させてほしい」

友香「……はい、ぜひお願いしますっ!」

やえ「ふふっ、決まりだな」

やえ「では…まずこれからのデートコースを考えよう」

――――――

――――

――


32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 22:37:58.54 ID:hgT59nQ60
友香「おっまたせー!」

憧「もう遅いっ!どんだけ待たすのよ」

友香「ごめんでー」

憧「あれ?小走さんは?」

友香「用事があるからって帰ったんでー」

憧「そっか、残念」

憧「で、いったい何を話してたわけ?」

友香「奈良の観光地について聞いてたんでー」

憧「ふーん…で?何か行きたいところは決まった?」

友香「うん!」

友香「私、あの山に登りたいんでー!」

憧「や、やまー!?」


33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 22:41:29.25 ID:hgT59nQ60
友香「やえさんに夜景がきれいって聞いたんでー!」

憧「あー若草山って確か新日本三大夜景になったんだっけ」

友香「ここから頂上も見えるし、すぐ登れるんでー!」

憧「残念でしたー!あの後ろにあと2つ山があって、3つ目の山が頂上なのよ」

憧「まあそれでも30分程度で登れるけどね」

友香「へーそうなんでー」

憧「でもあそこ5時までしか登山道開いてないはずよ」

憧「夜景見るためなら車で行かないと…」

友香「じゃあ行きは歩きで、帰りはタクシーで戻るんでー!」

憧「うーん…ま、それでいっか」

友香「てか、なんで憧ちゃんなんでこの山について詳しいんでー?」

友香「さっきまでずっと奈良詳しくないって言ってたのに」

憧「身近に山オタクがいるから、嫌でも覚えるのよ!」

憧「ほらじゃあ、閉まらないうちに登っちゃうわよ!」


34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 22:44:44.23 ID:hgT59nQ60
「一人150円になりまーす」

憧「はーい」

友香「でー」

「ありがとうございまーす」

友香「山登るのとか初めてでー!」

憧「そうなの?神戸にも山あるでしょ?」

友香「山があっても、登る機会なんて普通ないんでー」

憧「そっか…私たちの感覚がおかしいのか」

憧「初めてなら気をつけた方がいいわよ。……まあ」チラッ

友香「ルンルンでー♪」ピョンピョン

憧「その元気よさなら大丈夫か…」


35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 22:48:01.85 ID:hgT59nQ60
憧「小走さんには、ここのことをずっと聞いてたわけ?」

友香「他にもいろいろ聞いたんでー!」

友香「阿知賀と晩成の練習試合の話とか」

憧「ちょっ、そんなことまで話してたの!?」

憧「だからあんなに遅かったのね、もう」

友香「もー?」


36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 22:53:40.08 ID:hgT59nQ60
友香「やえさんいい人だよねー」

憧「そうねー。ちょっと上からだけど、私たちのために壮行試合もしてくれたし」

憧「実際あのおかげでインハイ決勝まで行けたんだと思うわ」

友香「だよねー!いい人でー、かわいくて、優しくて、頼りがいもあって」

友香「ほんとすてきな人だと思うんでー!」

憧「…そうだね」ムッ

憧「それなら観光案内も小走さんに頼めばよかったのに」ムスッ

友香「でも……やっぱりそれよりも憧ちゃんの方がいいんでー」

憧「え?」

友香「私の急なお願いを聞いてくれて、一緒に観光してくれてる」

友香「迷惑ばかりかけてるのに、なんだかんだ嫌な顔ひとつせずに私に付き合ってくれてる」

友香「そんな優しい憧ちゃんが一番なんでー!」

憧「なっ……///」

憧「べ、別に私だって楽しくないわけじゃないし」

憧「だからいいのよ全然!」

友香「ふふっ、ありがとうでー!///」


37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 22:56:26.03 ID:hgT59nQ60
友香「って頂上…?もう着いたんでー?」

憧「だから言ったでしょ」

憧「3つ山があるんだって!ここはまだ一つ目」

友香「ってことは、あと二つでー」

友香「どんどん登るんでー!」

憧「ほんと元気ねー」

友香「だってエネルギー源が近くにあるからねっ!」

憧「?」


38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 23:01:25.38 ID:hgT59nQ60
友香「到着でー!」

憧「ふう…友香歩くの速すぎだってー、もう疲れたよー」

友香「あそこにベンチがあるから、そこで休むんでー!」

憧「そうしよー」



憧「でもどうする?夜景見るなら太陽が沈まないと」

憧「日の入りまであと1時間ぐらいあるよ」

友香「それも計算済みでー!」

友香「じゃーんっ!弁当を持って来てるんでー!」

友香「運動しておなかが空いただろうから、これ食べながらゆっくりするんでー!」

憧「えっいつのまに!?」

憧「…てか、友香ってそんな気の利くやつだっけ?」

友香「……」

憧「……これも、小走さんが?」

友香「」ギクッ

憧「なるほどねー…そりゃ友香がこんなこと考えてるはずないもんねー」

友香「…のど乾いた?ジュース買ってくるんでー!!」ダッ

憧「あっ逃げた」


39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 23:05:43.51 ID:hgT59nQ60
友香「おまたせでー!」

友香「あれ?まだ食べてなかったんでー?」

友香「食べててよかったのに」

憧「そんなことするわけないでしょ」

憧「さっ、早く食べよ!」

友香「はいでー!」


  「いただきまーす」


友香「おいしいんでー!さすがやえさん、美味しいお店も知ってるんだ」

憧「うん、おいしいよ!」

憧「ありがとね友香、お弁当買って来てくれて」

友香「え、それは、やえさんのアイデアでー…」

憧「ううん、それにジュースもありがとう、友香!」

友香「ど、どういたしましてなんでー…///」


40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 23:09:51.11 ID:hgT59nQ60
友香「ごちそうさまでー!」

憧「ふう…おいしかった、なんだかんだでもう外は暗いわね」

友香「夜景が見えるんでー!?」

憧「見れるはずよ、展望台に行ってみよっか!」



友香「うわぁー……すごいきれいなんでー!」

憧「私も夜景は初めて見たけど、ほんときれいね……」

友香「憧ちゃんの家はどこなんでー?」

憧「いやー…さすがに見えないでしょ、私の家吉野だし」

友香「じゃあ私の家…」

憧「絶対無理っ!」


41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/18(木) 23:14:10.07 ID:hgT59nQ60
憧「でもやっぱりカップルが多いわねー…」

憧「女二人で来てる私たちってちょっと変なのかな?」

友香「…そんなことないんでー!」

憧「…?」

友香「…憧ちゃん」

友香「…憧ちゃんは、今好きな人いるんでー?」

憧「好きな人?」

憧「うーん…阿知賀は女子校だからねー」

憧「あんまり男の子の知り合いいないんだよねー…」

友香「べ、別に男の子じゃなくても……」

憧「ん?」

友香「……例えば、ほら、阿知賀の大将の子とか…」

憧「しず?」

憧「まあしずは好きだけど、友達としての好きだしなー」


42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 23:18:17.47 ID:hgT59nQ60
憧「そういう友香はどうなのよ?」

憧「好きな人いるの?」

友香「…わ、私は………」

友香「………いるんでー…」

憧「えーっ!そうなんだ!」

憧「もしかして、剱谷の先鋒だった3年生の人とか?」

友香「椿野先輩でー?」

友香「先輩は先輩でー」

友香「優しくて大好きだけど、それだけでー」

憧「…そうなんだ」


43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 23:22:04.31 ID:hgT59nQ60
友香「……憧ちゃん」

憧「なに?」

友香「……」

友香「…私ね、憧ちゃんのことが……」

友香「憧ちゃんのことが……す、す……」

憧「す?」

友香「す……す、すごい怖いと思ってたけどほんとは優しかったんだね」

憧「へ?何よいきなり」

憧「私やっぱり怖そうに見えたの?」

友香「え、えと、だっていろんな人にタメ口だし……」

友香「い、いや、もう怖いだなんてまったく思ってないけど」アタフタ

友香「ち、ちょっとトイレ行ってくるんでー!」ダッ

憧「あっ…ちょっと友香!」

憧「…」

憧「……」

憧「……もう」

憧「やっぱりびびりなんだから……」


44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 23:26:07.69 ID:hgT59nQ60
友香(ああ……結局言えなかった……)

友香(ごめんなさい、やえさん……)

友香(せっかく協力してもらったのに……)

友香(私……やっぱり……ダメだったでー……)

友香(……)

友香(憧ちゃんのところに戻ろう……)

友香(憧ちゃんとさよならするまでを楽しむんでー…)



友香「…ただいまでー!」

憧「あ、友香」

憧「さ、じゃあ帰るわよ」

友香「え…?」

憧「ちょうどお姉ちゃんが迎えに来てくれたの」

憧「だからタクシーに乗らなくても帰れるわよ!」

憧「友香、どこまで送ればいいの?」

友香「えっと…じゃあ…奈良駅まで……」

憧「りょーかいっ、じゃあお姉ちゃんよろしく!」

望「はいよっ」

友香「ありがとう、でー…」


45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 23:29:48.54 ID:hgT59nQ60
友香(……)

友香(……この車が奈良駅に着いたら)

友香(終わっちゃう……)

友香「ねえ…憧ちゃん」

憧「なに?」

友香「…憧ちゃんは今日この後どうするんでー?」

憧「せっかくお姉ちゃんが来てくれてるから」

憧「そのまま乗せてもらって家に帰るかなー」

憧「市内から私の家って、帰るの結構大変なんだよねー」

友香「そう…なんだ……」

友香(…やっぱり…もう終わり…だよね……)

友香「」ピロピロ

友香(ん?メール……?)

友香(あっ…莉子ちゃんから……)


『友香ちゃん、頑張ってーっ!』


友香「……」ウルッ

友香「……うん」

――――――

――――

――


46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 23:33:58.35 ID:hgT59nQ60
憧「はい、到着!」

憧「じゃあ私は友香を見送りに行ってくるから、お姉ちゃんちょっと待ってて」

憧「行こう友香」

友香「はいでー」

友香(私頑張るんでー……莉子ちゃん…やえさん)



憧「さて…友香たちは今日兵庫に帰るの?」

友香「いや、今日まで泊まって明日の朝に帰るんでー」

憧「そうなの?じゃあ、ホテルに送った方がよかったんじゃ…?」

友香「ホテルはすぐそこなんでー」

憧「そうなの、ならよかったけど」

友香「憧ちゃん」

友香「今日は本当にありがとうなんでー」

友香「憧ちゃんのおかげで、今日一日とっても楽しかったんでー」

友香「憧ちゃんさえよければ……また私と遊んで欲しいんでー……」

憧「……」

友香「……ダメ……でー?」ウルウル

憧「……友香」

友香「……はいでー」


47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 23:37:04.10 ID:hgT59nQ60
憧「私もね、すごく楽しかった」

憧「友香と一緒にいれて、今日はすごくいい思い出になったよ!」

憧「だから、次は友香が兵庫を案内してよね!」

憧「……私の……彼女としてさ」

友香「―――う、うんっ!」

友香「……って、でええええ!?」

友香「え、どういう……いま…何て?」

憧「もう二度と言いませーんっ」

憧「びびりな友香が悪いんだからね!」

友香「え……う……」

憧「で、返事は?」

友香「……よ、よろしくお願いします///」


48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 23:39:47.56 ID:hgT59nQ60
友香「……実は…私、憧ちゃんのこと、ずっと前から気になってたんでー」

憧「え?前っていつ!?」

友香「インターハイのときくらい…」

友香「ほとんど、一目惚れだったんでー……」

友香「だから今日初めて会ったとき緊張しちゃって……」

憧「ああ…だから挙動不審だったのね」

友香「ほとんど話したこともなかったから、どう接していいか分からなかったんでー…」

友香「でも、今日たくさんお話してみて分かったんでー」

友香「……やっぱり私は憧ちゃんが大好きなんだってことが」

友香「明るくて、優しくて、今日一日私のために一緒にいてくれた、そんな憧ちゃんが」

友香「私は大好きなんでー!」


49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 23:42:01.21 ID:hgT59nQ60
憧「…私だって」

憧「ずっと振り回されてばかりだったけど」

憧「いつも元気いっぱいで、笑顔で」

憧「そのくせちょっと気を利かせてみたり」

憧「ずっと私のことを気遣ってくれてた」

憧「そんな友香と一日一緒にいたら」

憧「好きになっちゃうに決まってるじゃない!」


50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 23:44:27.04 ID:hgT59nQ60
友香「……うわああああああん」

憧「え!?」

友香「うぅ……ほんとに……嬉しいんでー……」グスッ

憧「もう……笑顔がいいって言ったばかりなのに」

憧「私は友香の笑顔が好きなんだから泣かないでよ」

友香「うぅ…ごめんでー」ゴシゴシ

友香「…いっし!もう泣かない」

友香「これからはずっと憧ちゃんが好きな私でいるんでー!」ニコッ

憧「なによそれ…」アハハ


「友香ちゃーん!」


憧「ん?誰?」

友香「莉子ちゃん!?」


51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 23:47:37.29 ID:hgT59nQ60
莉子「友香ちゃん、ごめんねー」

莉子「邪魔しちゃったよねー…」

莉子「どうしても心配だったから…」

友香「ううん、大丈夫。もう終わったから」

莉子「終わったって…えっ…じゃあ…?」

友香「」グッ (ガッツポーズ)

莉子「わああ…友香ちゃんすごーい!」

憧「ええっと……どういうこと?」

友香「ああえっと……実は正座が嫌で抜け出してきたってのは嘘でー!」

友香「最初から憧ちゃんと会うために、走って街を探してたんでー!」

憧「はあー?ああ、だから汗だくだったわけ!?」

友香「見つからないかと思ったんでー!」

憧「そりゃ私市内の人間じゃないし、あそこにいる方が珍しいわよ」

憧「そんなちょっとの可能性にかけてたってわけ!?」

友香「……それだけ憧ちゃんのことが好きだったんでー」

憧「……もうっ」


52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 23:51:28.29 ID:hgT59nQ60
憧「もうこれからはそんなことしなくても普通に連絡してよね」

憧「時間あるときは遊び行くからさっ」

友香「私もまた来るんでー!」

憧「兵庫に行ったときは観光案内お願いね」

友香「お願いでー、莉子ちゃん!」

莉子「ええ!?私なの!?」

友香「だって私兵庫のこともあんまり分からないんでー」

憧「私が行くまでに調べとくのよ!」

憧「帰ったらすぐ晴絵に頼んで、練習試合申し込むんだから!」

友香「分かったんでー!憧ちゃんに楽しんでもらえるよう考えとくんでー!」

憧「ちゃんと麻雀の練習もしときなさいよ」

憧「次戦うときはリベンジするんだから!」

友香「望むところなんでー!」


53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/18(木) 23:55:59.05 ID:hgT59nQ60
「憧ー、そろそろ行くよー」


憧「あ、私行かなきゃ…」

憧「じゃあまたね友香、元気でね」

友香「憧ちゃんこそ」

憧「……」

友香「……」

憧「……」

友香「……」

憧「ふふっ」

憧「明るさが取り柄の私たちがこんな別れ方とかだめよねっ」アハハ

友香「どうせ恋人同士、いつでも連絡とれるんでー!」アハハ






憧「じゃあね友香、次会うときは負けないから!」



憧「首を洗って待ってなさい!」

友香「楽しみにしてるんでー!」







カンっ!


54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/19(金) 00:08:54.51 ID:kI7PNezIo
乙です


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1411039101/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「咲-Saki-」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ