Powered By 画RSS


男「おや、あの女の子…」 杏子(金が無くなったからクズを釣る)

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 20:47:19.22 ID:6eqVRnUe0
男「君、こんな時間に何をしてるんだい?」

杏子「帰る家がないのさ。どこか泊まる場所ないか考えてるところ」

男「………事情があるんだろうな。深くは聞かない」

杏子「そうかい」

男「あてがないなら俺の家に来るか?」

杏子(キターーー)「いいぜ」




4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 20:51:07.15 ID:6eqVRnUe0
杏子(体目当てのロリコン野郎め。いい時代になったな。家出ビッチが増えたせいで釣れやすくなった)

男「ここが俺の家だよ」

杏子「そうかい」(金盗んで逃げても被害届は出せない。楽なもんだぜ)


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 21:00:07.82 ID:6eqVRnUe0
男「お腹空いてる?」

杏子「別に。ただ、夕食は出して欲しいな」

男「じゃあまずお風呂に入ろうか。少し臭うからね」

杏子「におっ」





杏子(そうだな。まずは風呂に入るか)

杏子「分かったよ。風呂に入ればいいんだな」

男「うん、洗ってあげるよ」ヌギヌギ

杏子「いらん。覗くな変態」

男「髪長いから洗いにくそうだと思ったんだけどなぁ」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 21:04:46.35 ID:6eqVRnUe0
杏子(風呂場に乱入してくるかと思ったが、そんなことはなかったぜ)


杏子「と、1度は見直したんだが」

杏子「着替えが女物の下着、ワイシャツ、半ズボン、首輪……」

杏子「なんだこの首輪は!!」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 21:11:41.18 ID:6eqVRnUe0
男「首輪?」

杏子「なんで着替えにあんなもんが混じっていたんだ」

男「チョーカーの一種さ」

杏子「あんなチョーカーあってたまるか」

男「可愛いじゃない」

杏子「可愛くねぇよ!」

男「うちの義妹も似たようなの付けてたけど可愛かったぞ」

杏子「どんな妹だよ!!」

予想以上に危ない奴の家に入ってしまったらしい


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 21:26:03.18 ID:6eqVRnUe0
男「まぁ無理強いはしないでおくよ」

杏子「当然だ。無理強いされたら、このまま出ていく」

男「それは困るな。せっかく作った晩ご飯が無駄になる」

杏子「食べ物を粗末にするわけにはいかないからな。あたしも困る」

男「出ていくにしても、ご飯は食べていきなさい」

杏子「よくわからん奴だな」

男「さて、俺も風呂に入ってくるか。ご飯はその後でいいな?」

杏子「かまわねーよ」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 21:30:58.30 ID:6eqVRnUe0
男「おお、そうだ。名前はなんていうんだ?」

杏子「いまさらかよ。杏子だ。銀杏の杏に子供の子で杏子」

男「うん、いい名前だ。これからアンアンって呼ぶよ」

杏子「意味が分かんねぇよ。あたしはきょうこだ!」

男「アンアンって愛称、可愛いじゃないか!!」

杏子「普通に杏子って呼べ!!」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 21:31:17.34 ID:HRP0Z9iD0
あんあん!


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 21:38:04.01 ID:6eqVRnUe0
男「ツンデレなところも可愛いーーーー」

杏子「ぎゃーー、いきなり抱きつくな。臭い汗臭い」

男「ほーら杏子、すーりすーり」

杏子「油が顔に付いて気持ち悪いー。やめろ、今すぐ止めろ」

男「分かった。風呂で顔洗ってからにする」

杏子「風呂上がりでもお断りだ」

男「そうだ、俺の名前は田中裕介。おにいちゃんって呼んでいいぞ」

杏子「おっさん、早く風呂行ってこい」

男「ま、まだ24だっ。おっさんじゃないやい」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 21:39:27.20 ID:f1whrQSE0
よう田中


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 21:43:45.01 ID:6eqVRnUe0
おっすおっす


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 21:44:28.19 ID:LQX9yUAS0
なんだ田中か


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 21:48:48.83 ID:VAPkw8TgO
田中乙


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 21:50:00.54 ID:6eqVRnUe0
杏子「さて、おっさんが風呂に入った」

杏子「金盗んで逃げるなら今だな」

杏子「……………」

杏子「飯を無駄にするわけにはいかないから、飯食ってから寝るまで待ってやろう」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 21:56:14.17 ID:6eqVRnUe0
田中「ふぅ、いい湯だった」

田中「あんあんエキスがシミ出していたからだな」

杏子「気持ち悪いこといってんじゃねぇ」

田中「いやいや、本当だって。実際、お湯真っ黒なってたし」

杏子「喧嘩売ってるんだな。そうなんだな?」

田中「そんなことよりご飯にしようず」

杏子「いいけどムカツクな」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 22:01:28.10 ID:6eqVRnUe0
男「今日の夕食はマーボーカレーだ」

杏子「初めて聞く料理だな」

男「マーボー豆腐のタレをカレーに入れたものだ」






杏子「ごちそうさん、悪くはなかったよ」

男「気に入ってもらえて何よりだ。それでこれからどうする。遊ぶか? 寝るか?」

杏子「>>30」

1、遊ぶ

2、もう寝る


29: 忍法帖【Lv=30,xxxPT】 :2011/10/26(水) 22:02:03.88 ID:65s4o4+b0
1


30: 忍法帖【Lv=30,xxxPT】 :2011/10/26(水) 22:02:20.22 ID:65s4o4+b0
1


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 22:07:18.09 ID:6eqVRnUe0
杏子「寝るには早いし、なんかしようぜ」

男「遊び道具は……ボール、フリスビー、猫じゃらしに」

杏子「なぁ、私のことなんだと思ってるんだ?」

男「あんあん」

杏子「意味が分からねぇよ」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 22:11:05.37 ID:6eqVRnUe0
男「トランプがあるし、神経衰弱でもするか」

杏子「数ある遊戯の中でなんでそれを選んだんだ」

男「昔、義妹とよくやっていたのさ」

杏子「妹さんは………いや、いい」

男「2年前に亡くなったよ」

杏子「……ごめん」

男「いいんだ」


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 22:21:37.58 ID:6eqVRnUe0
男「トランプとPS3くらいしかないけど、なにする?  鬼ごっこ?」

杏子「トランプもPS3も関係無い鬼ごっこがなんで出てきたかはおいといて、PS3かな」

杏子「レースゲームか格ゲならなんとか出来る」

男「レースゲームはバーンアウト。格ゲーはメルブラとスト4があるな」

杏子「ストリートファイターなら昔やったことある。それにしよう」


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 22:34:09.64 ID:6eqVRnUe0
杏子「眠くなってきた」

男「2時間以上やってたからね。寝る準備しようか」

杏子「そうしてもらえると助かる」

男「では、ダンボールに毛布を敷き詰め………」

杏子「何やってるんだ?」

男「あんあんの寝床の準備」

杏子「お前のベッド貸せ。な?」


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 22:45:38.51 ID:6eqVRnUe0
男「仕方ないな。一緒に寝てやるよ」

杏子「そろそろぶん殴るぞ」

男「さぁ、お兄ちゃんの胸に飛び込んでおいで」

杏子「飛び込んでおいでとか言いつつ、抱きつくんじゃねぇ」

杏子「こら、ベッドにひきづりこむな」



男「おやすみ」

杏子「……へいへい」


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 22:52:47.21 ID:6eqVRnUe0
杏子「こいつ、本当に寝やがった」

杏子「………世の中下心で寄ってくる男ばかりだと思ってたけど、疑いすぎたのかもな」

杏子「今までの奴らの中にも、親切心で泊めようとしてくれた奴もいるのかもしれねぇ」

杏子「あたしはそんな奴らも裏切って金盗んで逃げてたんだよな」

杏子「……………親父の教えから目をそらしてから、あたしはすっかり汚れちまったな」



杏子「おっさん、あったかいな」

杏子「少しだけ、オヤジをを思い…だし………」


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 23:00:33.64 ID:6eqVRnUe0
よくあさっ


男「おはようアンアン」

杏子「あんあんって呼ぶな。おはよう………まだ6時じゃねぇか」

男「あんあんは朝はご飯派かい。パン派かい?」

杏子「質問無視かよ」

男「義妹は我侭なものだからね。多少の強引さは必要さ」

杏子「さよけ。ご飯でもパンでもいいよ」

男「それは良かった。うちにはご飯しかなくてね」

杏子「じゃあ、なんで聞いたんだよ。うぜぇ、超うぜえ!!」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 23:08:58.88 ID:6eqVRnUe0
男「パンがいいのなら、一緒に買いに行けばいいだろう。朝食後の散歩が朝食前になるだけだ」

男「それくらいのワガママは言ってくれていいんだぞ」

杏子「それじゃあ……朝食はもう少し後にして欲しいかな。寝起きじゃ食う気が起きない」

男「分かった。じゃあ、先に散歩に行こうか」

杏子(付き合ってやるのが義理だよな)

杏子「そうしてくれ」

男「じゃあ、この首輪を……」

杏子「氏ね。今すぐ、飯の準備して氏ね」


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 23:15:55.34 ID:6eqVRnUe0
男「義妹も最初は嫌がってたなぁ」

杏子「当たり前だろ」

男「数年で慣れたけど」

杏子「妹さんご愁傷さま。心の底から」

男「今日のところは首輪なしでいっかぁ」

杏子「一生しねぇよ」

杏子(今日のところは……って、しばらく泊めてくれるのか?)

杏子(いや、甘い考えは止めておこう。いつでも出ていける心構えはしておかないと)


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 23:22:43.30 ID:6eqVRnUe0
男「いい天気だな。あんあん」

杏子「誰があんあんだ。あたしは杏子だ」

男「そういや田中杏子って名前だっけ」

杏子「佐倉杏子だ」

男「義妹なんだから田中あんあんもしくは田中杏子でいいじゃない」

杏子「よくねぇよ」

男「杏子はツンデレだなぁ。むふー」

杏子「おっさんさぁ。周りの人に「一緒にいると疲れる」って言われないか?」




さやか「………杏子?」


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 23:27:45.41 ID:6eqVRnUe0
杏子「さ、さやかっ」

男「さやかちゃん?   杏子のお友達?」

さやか「あ、はい。杏子のお友達ですけど」

男「そうなのか?」

杏子「そ、そうだよ(/////)」

男「そうか。じゃあ、君もうちの子になりなさい」


さやか「はぁ?」


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 23:28:38.39 ID:+/P52FB70
この田中って奴なんかのキャラか?


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 23:31:18.46 ID:6eqVRnUe0
>>70
男の名前。どうでもいい設定なので気にしなくても問題ない


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 23:32:46.80 ID:c7DNbqZH0
田中のヤロー!!


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 23:33:37.21 ID:maYWABg20
田中絶許


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 23:34:57.80 ID:6eqVRnUe0
さやか「うちの子って、無理。無理です。何言ってるんですか」

男「そうか。君には帰る家があるんだね」

さやか「ありますよ。人を野良犬みたいに言わないでください」

男「残念だよ。気が変わったらいつでもいらっしゃい」




杏子「遠回しにあたし野良扱いされてね?」


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 23:35:34.66 ID:ISmSfjOL0
野良みたいなもんじゃない


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 23:43:54.44 ID:6eqVRnUe0
さやか「杏子、あんた大丈夫なの?」ヒソヒソ

杏子「ああ、その、大丈夫だぜ(金奪って逃げるつもりだったなんて言えねー)」ヒソヒソ

杏子「何かあっても魔法少女の力があればどうにでもなる」ヒソヒソ

さやか「それもそうか」



さやか「それで、あの人は何者なの?」ヒソヒソ

男「杏子のお義兄さんだ!!」ドンッ

さやか「ビクッ」

杏子「ビクッ」


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 23:52:50.81 ID:6eqVRnUe0
さやか「聞こえてたんですか?」

男「あのカッコイイお兄さんは杏子のお兄さん? って部分は途切れとぎれ聞こえた」

杏子「カッコイイもお兄さんも言ってねぇよあたしたち」

男「ソウルボイスが聞こえたのさ」

杏子「さやかぁ。腕のいい精神科医知らねぇか?」

さやか「知らないよ」



さやか「私はこの辺で。じゃーねー」

杏子「ああぅ、さやかにまで逃げられた」


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 00:00:56.95 ID:lJa0M6ZB0
男「追わなくていいのかい?」

杏子「お前のせいで引かれたんだろ!」

男「ごめん」

杏子「いきなり素直になったな。調子狂うぜ」


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 00:06:57.00 ID:lJa0M6ZB0
杏子「さやかの誤解は後で解けばいい。この際だ。色々聞かせてもらう」

杏子「>>95」

1,なんで私に優しくする

2、その他(質問内容を書いてくれ)


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 00:07:47.41 ID:369xvvZQ0
ksk


95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 00:09:56.41 ID:he3FJxSn0
1
2を考えたけど思いつかなかった


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 00:12:45.91 ID:lJa0M6ZB0
杏子「なんで私に優しくする?」

男「義妹に優しくするのは当たり前の行為だろう」


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 00:15:51.49 ID:lJa0M6ZB0
杏子「なんで私を妹にした?」

男「可愛かったからかな」

杏子「嘘だ」

男「可愛いだけじゃ理由にならない?」

杏子「嘘くさすぎるだろ」

男「本当の理由も大して変わらない嘘臭ささ」


100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 00:20:26.41 ID:lJa0M6ZB0
男「寂しかったんだ」

男「そして、君は彼女に似ていた」

男「俺の義妹に」





男「義妹はオヤジが連れてきた子だ」


104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 00:31:36.79 ID:lJa0M6ZB0
男「初めはお互いどう接していいのか分からず警戒し合ってた」

男「そういう経緯があるからだろうか、最終的にすごく仲がよくなったよ」




男「経緯がどうあれ、一緒に過ごしていれば情が湧く」


139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 07:31:46.72 ID:lJa0M6ZB0
男「その義妹も2年前に亡くなった」

男「大学を出て一人暮らしを始めてからはあまり会ってなかったし」

男「義妹が亡くなった時はもっと家に帰っていれば良かったなんて思ったりもした」

男「それからはあまり義妹のことを気にしないように生きてきたつもりだったんだが」

男「昨日君を見かけたときに、ふとあの子のことを思い出してね。それで声をかけたんだ」

男「内心寂しかったんだろう。昨日も君を義妹として扱っていた」

男「失礼な話だったな。すまない」

杏子「……別にいいよ」


142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 07:37:57.13 ID:lJa0M6ZB0
男「君が良ければいつまででも家に居てくれていい。どうせ独り者だ」

杏子「一人ぼっちは寂しいもんな………しばらく泊まってってやるよ」

男「湿っぽい話になってしまった。そうだな、今日仕事が終わったら墓参りにでも行こうかな」

杏子「あたしも行っていいかい」

男「ありがとう。義妹も喜ぶよ」

男「さて、帰って朝食にしようか。これ以上のんびりしていると遅刻してしまいそうだ」

杏子「そうだな」


144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 07:41:24.44 ID:lJa0M6ZB0
男「じゃあ、仕事に行ってくるからあんあんにスペアキーを渡しておくよ」

杏子「だからあんあんじゃねぇっての」

男「首輪はここに置いておくから出かける時には付けるんだよ」

杏子「だから、付けねぇよ!!」


146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 07:48:36.54 ID:lJa0M6ZB0
午後、マミ家のお茶会


杏子「というわけで、今田中って奴の家に泊まってる」

マミ「危ない人じゃなければいいんだけど」

杏子「頭はおかしいが、悪い奴じゃないと思う。いざとなったら魔法少女の力でなんとでもなるしな」

さやか「あんあん」ボソ

まどか「デュフwさやかちゃww」

杏子「あ?」

ほむら「美樹さやか、止めなさい」プルプル

杏子「さやかぁ。お前まさか」

さやか「ごめんw今朝のこと、学校中に広まっちゃったww」

杏子「さやか、てめー」



マミ(あれ、そんな噂聞いてないよ。私)


147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 07:49:52.15 ID:369xvvZQ0
デュフ・・・だと・・・いいぞもっと


149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 07:56:15.89 ID:iuTTih8p0
デュフwwwwwじゃなくてティヒヒwwwwwだと思うんだが


153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 07:59:55.01 ID:lJa0M6ZB0
ティヒを押し殺したような笑い声を想像したらデュフになってしまったんだ


150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 07:58:48.13 ID:lJa0M6ZB0
杏子「そろそろあいつが帰ってくる時間かな。あたしはそろそろ帰るよ」

マミ「じゃあ、今日はお開きにしましょうか」

さやか「ありがとうございました。マミさん」

杏子「ケーキうまかったぜ」

まどか「紅茶も美味しかったです」

ほむら「まどか、家まで送ってくわ」

マミ「じゃあまたね」


154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 08:06:08.27 ID:lJa0M6ZB0
杏子「バイク持ってたのか」

男「車は維持費が高いからね。代用品の250CC。少し遠いから後ろに乗ってくれ」

杏子「あいよ」

男「じゃあいくか」




男「ついたよ。こっちに来て………これが義妹のお墓だよ」

杏子「」


155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 08:07:49.86 ID:lJa0M6ZB0
   ┌─┐
   │た│
   │ま│
   │の│
   │お│
   │は│
   │か│
 ┌┴─┴┐
 │| 三三 |│
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



杏子「猫の墓じゃねーか」

男「うん、そうだよ。ペットは家族。メスにゃんこは義妹さ」


156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 08:11:46.43 ID:lJa0M6ZB0
杏子「お前、あたしをペット扱いしてたのか」

男「家族扱いだよ。たまも君も大事な義妹さ」


杏子「しつこく首輪付けさせようとしていたのも」

男「いや、あんあん猫っぽいし似合いそうだなぁって」

杏子「そのあんあんって名前も」

男「可愛いだろう」

杏子「やっぱペット扱いじゃねーか。いくらあたしでも怒るぞ」


158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 08:12:53.82 ID:369xvvZQ0
まさかのwwwwwwwwwwくっそわろたwwwwwwwwwwwww


159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 08:16:03.49 ID:lJa0M6ZB0
杏子「………ちょっと待て。貸してもらった服、妹さんのだと思っていたがこれなんだ」>>7

男「ちゃんとお金払って買ったものだよ?」

杏子「金払えばいいってもんじゃねーよ。このド変態」




杏子「しんみりしたり同情したりして損した。あたしの涙返せ!!」

おわり


160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 08:17:31.28 ID:369xvvZQ0
いやー楽しませてもらったよ乙
田中はやっぱり田中だったかwwwwwwwwwwwwww


161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 08:19:15.33 ID:lJa0M6ZB0
文句を言いつつも杏子はちゃんとお墓参りをしましたとさ

こんなアホなスレに付き合ってくれてありがとう
俺、無事に仕事から帰ってこれたら義妹にスーリスーリするんだ……


162:まーみん ◆gPWlwXt2NI :2011/10/27(木) 08:21:22.44 ID:UBx99N89O
ROMってたよ
乙でした
杏子ちゃんとマミさんがとても可愛らしくて天使だったよ
あと田中


163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/27(木) 08:24:14.05 ID:1VrYUBf60
乙乙乙


164: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/10/27(木) 08:35:07.03 ID:KHKItnXf0
乙でした





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「まどかマギカ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ