Powered By 画RSS


カルト「アルカお兄ちゃん、体拭くから着物脱がすね。」

6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 11:24:06.95 ID:zbVPYVel0
カルト「行ってきます、お母様」

キキョウ「いつも助かるわ」




ガチャ

カルト「おはよう、アルカお兄ちゃん」

アルカ「……」

カルト「体拭くから着物脱がすね」




7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 11:33:27.09 ID:zbVPYVel0
カルト「よいしょ、よいしょ」

アルカ「……」

カルト「待っててね、すぐ終わるから」

アルカ「……」

カルト「最近寒くなってきたよね」

アルカ「……」

カルト「キルアお兄ちゃんが出て行ってから随分経つなぁ」

アルカ「……」

カルト「お兄ちゃんは何か変わったことあった?」

アルカ「……」

カルト「……はい、お疲れ様」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 11:43:42.33 ID:zbVPYVel0
カルト「お母様、終わりました」

キキョウ「あら、ありがとうね」

キキョウ「もう皆食卓についているわ、カルトちゃんも朝食を摂りなさい」

カルト「はい、お母様」


ミルキ「兄貴、オレ昨日すげえもん手に入れたんだぜ」

イルミ「なんだい」

ミルキ「じゃーん!グリードアイランドのROMカード!」

シルバ「お前、新聞を」

キキョウ「食事中は禁止です」

シルバ「はい」

カルト「……」モグモグ

ゼノ「……」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 11:53:50.57 ID:zbVPYVel0
シルバ「ごちそうさま、さて仕事だ」

シルバ「イルミ、行くぞ」

イルミ「了解」

シルバ「ミル、ターゲットの動向を逐一知らせろ」

ミルキ「了解」

キキョウ「あなた、ゴミ出しお願いできるかしら?」

シルバ「了解」

カルト「……」スタッ

ゼノ「カルトや、ミケの散歩か?」

カルト「はい」

ゼノ「どうじゃ、ワシも連れてってくれんかの」

カルト「はい?」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 11:54:55.65 ID:66HDci/a0
シルバ弱すぎワロタ


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 11:57:48.53 ID:7wVbXQwk0
実際の強さと家庭内ヒエラルキーは関係なんもんな


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 12:05:59.02 ID:zbVPYVel0
ミケ「わおおおおおおおん」ドスドス

カルト「めっ!急いじゃダメだってば!」

ゼノ「まだ慣れんようじゃな」

カルト「前はキルア兄ちゃんの担当でしたから……」

ゼノ「ふむ、リード貸してみい」

カルト「はい」

ミケ「わおおおおおおおおん」ドスドス

ゼノ「こら」

ミケ「くう~ん……」

カルト「わあ……」

ミケ「ばふっ!」ブリブリっ

カルト「あ……」

ゼノ「マズイ、龍頭戯画!」ぐわしっ

カルト「ええええええええええええ!?」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 12:29:30.53 ID:zbVPYVel0
ゼノ「縁側で一服、ええのう」

カルト「あの、お爺様」

ゼノ「気にするでない、ワシは非番じゃ」

カルト「いえ、さっきの」

ゼノ「ああ、念か……」

カルト「?」

ゼノ「本当は別の話をしようと思ったんじゃが、まあよい」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 12:37:37.91 ID:zbVPYVel0
ゼノ「とまあこれが大まかな念の概念じゃ」

カルト「し、知りませんでした……」

ゼノ「教えてないからの」

カルト「僕にも出来るようになるんですか?」

ゼノ「それはお前さんの努力しだいじゃよ」

カルト「……教えてください、念を!」

ゼノ「ハナからそのつもり、まずは瞑想からゆくぞ」

カルト「はい!」

ゼノ(う~む、順番が狂ったわい……キルにも教えとらんというのに)


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 12:51:42.17 ID:zbVPYVel0
カルト「お兄ちゃん」ごしごし

アルカ「……」

カルト「昨日、お爺様に念を教わったよ」

アルカ「……」

カルト「今はまだまだだけど……」

アルカ「……」

カルト「もっともっと強くなって」

アルカ「……」

カルト「僕がお兄ちゃんを守るから」

アルカ「……」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 13:01:56.50 ID:zbVPYVel0
ゼノ「姿勢を正せ、心が乱れる」

カルト「はい」

ゼノ「焦るな」

カルト「はい」

ゼノ「心を静め、己を包むオーラを感じ取れ……」

カルト「……」

ゼノ「……」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 13:17:00.52 ID:zbVPYVel0
ゼノ「本日はここまで」

カルト「はい」

ゼノ「カルト」

カルト「はい」

ゼノ「くれぐれも焦るなよ、身に付き易い物はそれだけ早く役に立たなくなる」

カルト「はい……」

ゼノ「さて、そろそろ夕飯か」

ゼノ「よっと」

カルト「!」

ゼノ「一度やってみたかったんじゃ、お姫様抱っこ」

カルト「え……え……///」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 13:31:05.71 ID:zbVPYVel0
カルト「お爺様、やめてください!」

ゼノ「いいじゃんちょっとぐらい」

カルト「ダメです!」

シルバ「ん」

キキョウ「あら」

イルミ「あ」

ミルキ「え」

ゼノ「ほっほ、遅かったようじゃな」

カルト「うぅ……」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 13:42:30.30 ID:zbVPYVel0
カルト「でね、お爺様ったら……」

アルカ「……」

カルト「すごく恥ずかしかったんだから」

アルカ「……」

カルト「お兄ちゃんもしてあげよっか?とっても恥ずかしいんだよ」

アルカ「……」

カルト「ううん、なんでもない」

アルカ「……」

カルト「はい、おつかれさま」


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 13:51:10.07 ID:zbVPYVel0
カルト「はぁ……」

カルト「今日の修行は終わったし、ミケの散歩も終わったし」

カルト「もうやることないなぁ」

カルト「そうだ!今日は皆お休みなんだ」

カルト「よし!」トコトコ


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 13:54:32.89 ID:zbVPYVel0
カルト「おかあさ……」

キキョウ「あなた」

シルバ「ゴミは出した」

キキョウ「あなた」

シルバ「新聞も取ってきた」

キキョウ「あなた」

シルバ「風呂掃除も終わった」

キキョウ「あなた」

シルバ「タイムセールか、今から行くところだ」

キキョウ「いつもありがとうございます」

シルバ「うむ」

カルト「……」トコトコ

シルバ「?」


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 14:07:15.42 ID:zbVPYVel0
カルト「……」トコトコ

イルミ「やあカルト」

カルト「今なにしてるの?」

イルミ「なにも」

カルト「……」

イルミ「そうだ、お兄ちゃんと遊ばないか」

カルト「うん!」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 14:17:10.29 ID:zbVPYVel0
イルミ「お兄様って言ってごらん」

カルト「お兄様」

イルミ「にぃにって言ってごらん」

カルト「にぃに」

イルミ「いい子だ、じゃあ次は『にぃに、僕にあんなことやこんなことしてください』って言ってごらん」

カルト「え?」

イルミ「さあ、言ってごらん」

カルト「……にぃに、僕にあんなことやこんなことしてください!」

イルミ「はっはっは、イケナイ子だな」

カルト「?」

イルミ「そんなこと言ったら本当にあんな事やこんな事をされてしまうぞ」

イルミ「気をつけなよ、はっはっは」スタスタ

カルト「?」


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 14:20:04.39 ID:kCtHgbc80
はっはっはじゃねーよwwww


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 14:23:49.19 ID:BSUS1zw9O
カルトきゅんかわいい


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 14:41:37.29 ID:zbVPYVel0
ミルキ「コフー!コフー!」カタカタ

ミルキ「暗殺一家の次男だけど質問ある、っと」ターンッ

ミルキ「伸びろ伸びろ!」コフー

カルト「……」ジー

ミルキ「わあっ!なんだよ急に!?」

カルト「なにやってるの」

ミルキ「別に……見るなよ」コフー

カルト「……」カチカチッ

ミルキ「おい、勝手に触」

『あんあんっ!あん!あんっ!ぬほっしゅごい!にんしんかくじつ!』

カルト「わ……」

ミルキ「バカ見るな!今すぐ出てけえええええええええええ!」


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 14:58:18.82 ID:zbVPYVel0
カルト「結局ひとりになっちゃった」

アルカ「……」

カルト「お兄ちゃん」

アルカ「……」

カルト「今日はずっとここにいるから」

アルカ「……」

カルト「あったかいね、手握ると」

アルカ「……」

カルト「……Zzz」


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 15:12:30.51 ID:zbVPYVel0
主婦「それよこしなさいよ!」

主婦「うるさいわね!」

シルバ「ちいっ!」

主婦「ちょっとあんた、邪魔よ!」バッ

シルバ「!」

ゼノ「どうじゃ?」

シルバ「背後から一撃、見事だな」

ゼノ「ふむ、仕方ない……円を使うか、アレは神経削るからしんどいんじゃが」

ゼノ「青果売場から始めて惣菜売場に追い詰めるとしよう」

シルバ「親父、大丈夫か?」

ゼノ「やれやれ、全くもって割に合わん仕事じゃて」


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 15:16:40.14 ID:FluM7hMK0
主婦強すぎんだろwww


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 15:23:34.05 ID:zbVPYVel0
ゼノ「シルバ、サポートせい」

ゼノ「ワシが店員の動きを止めたら諸共で構わん、やれ」

シルバ「了解」

ゼノ(本命商品はまだ先、今は客引きの段階である以上うかつに手を出せん)

主婦「店員さん、私にもちょうだい!」

ゼノ(と普通の使い手ならば思うじゃろうが)

店員「押さないで!まだまだありますから!」

ゼノ(フン……時間稼ぎがミエミエじゃ!)

ゼノ「龍頭戯画!!!」

店員「!」

ゼノ「今じゃ、やれ!」


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 15:33:08.15 ID:zbVPYVel0
ピピピピ ピピピピ

シルバ(ゾルディック家専用無線機、これが鳴るのは……)

シルバ「イルミか」

イルミ『いまどこ?』

シルバ「スーパーだ」

イルミ『間一髪か、あー良かった』

イルミ『ついでに買ってきて欲しいんだけど』

シルバ「トリートメントか」

イルミ『あ、分かった?』

シルバ「髪は男の命だからな」


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 15:38:39.95 ID:zbVPYVel0
ゼノ「目当てのものは手に入ったか」

シルバ「ああ、後はイルミの追加分を…」

シルバ「……」

ゼノ「どうかしたのか」

シルバ「親父、おやつ売場はどこだ?」







店長「店が……俺の店があああああああ」


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 15:49:22.41 ID:zbVPYVel0
シルバ「ただ今帰った」

キキョウ「お勤めご苦労様、お義父様もお疲れさまです」

ゼノ「うむ」

キキョウ「あらどうしたの?そんな大きな袋抱えて…」

シルバ「……」

キキョウ「あなた」

シルバ「待て、これはだな」

キキョウ「見せてください」

シルバ「はい」

キキョウ「……まあ!お菓子ばっかりじゃない!」


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 16:09:35.04 ID:zbVPYVel0
キキョウ「私は一言も頼んでいません!」

シルバ「はい」

キキョウ「お義父様!一緒にいながら何故止めてくださらないのですか!?」

ゼノ「スマン」

キキョウ「ああもう!家計を殺す気ですかあなたは!」ゴゴゴ

シルバ「硬は駄目だ、死んでしまう」

シルバ「それに……これは俺の自腹だ」

キキョウ「え?」

カルト「お帰りなさい、お父様」トコトコ

シルバ「いい所に来た……カルト、お土産だ」

カルト「わぁ……ありがとうございます!」

キキョウ「あ!な!た!そんなに買い与えてどうするんですか!」

シルバ「待て、硬はやめろ!本当に死んでしまう!」


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 16:27:23.45 ID:zbVPYVel0
シルバ「湯加減よし」

シルバ「ククク、俺以上にそつなく家事をこなす殺し屋はそういまい」

シルバ「……そろそろだな」

キキョウ「湯加減はどうですか?」

シルバ「来たか」

キキョウ「?」

シルバ「こちらの話だ、今日もいい湯加減だぞ」

キキョウ「あらそう、じゃあ一番風呂は」

シルバ「俺がいただく」

キキョウ「あなた、今なんと…」

シルバ「キキョウ、二度は言わんぞ」

キキョウ「あなた……」


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 16:36:39.82 ID:zbVPYVel0
シルバ「カルト」

カルト「はい」

シルバ「風呂に入るぞ」

カルト「……お母様は?」

シルバ「今日は俺と入るぞ」

カルト「お父様と?」

シルバ「たまにはいいだろう」

カルト「はい!」


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 16:50:16.51 ID:zbVPYVel0
シルバ「……」ワシャワシャ

カルト「……」

シルバ「流すぞ、目を閉じろ」ジャー

カルト「……」

シルバ「どうだ、もう自分で洗えるようになったか?」

カルト「あばばば」

シルバ「すまん、流し終わってからでいい」

カルト「……」

シルバ「ん、次はトリートメントだ」


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 17:00:35.39 ID:zbVPYVel0
シルバ「よし、いいぞ」

カルト「ありがとうございます」

シルバ「髪は男の命だ、手入れを怠るな」

カルト「はい」

シルバ「そうだ、背中を流し合おうか」

カルト「背中?」

シルバ「ああ、俺も小さい頃親父と良くやった」

カルト「はい!」

シルバ「では早速頼む」

カルト「……」ゴシゴシ

カルト(お父様の背中……おっきいな……)


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 17:10:03.14 ID:zbVPYVel0
カルト「……」ゴシゴシ

カルト(お父様は……)

シルバ「親父に聞いたんだが」

カルト「?」

シルバ「念を教わっているらしいな」

カルト「は、はい」

シルバ「念の戦闘は殺しの技術とは似て非なるものだ」

シルバ「お前はまだ幼い、力の使い方を間違えるなよ」

カルト「お父様……」

シルバ「そろそろ替わろう」


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 17:20:08.36 ID:zbVPYVel0
シルバ「まだ背中は小さいな」

カルト「はい……お父様」

シルバ「なんだ」

カルト「お父様は、アルカお兄ちゃんの事どう思っているんですか?」

シルバ「カルト……」

カルト「……」

シルバ「……流すぞ」

カルト「はい……」

シルバ「……」

カルト「……」

シルバ「さあ、100まで浸かってあがろう」

カルト「はい……」


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 17:34:46.16 ID:zbVPYVel0
ちゃぷん

カルト「……」

シルバ「カルト、こっちに来い」

カルト「はい……」

シルバ「カルト」ぎゅう

カルト「!?」

シルバ「さっきはスマン、まさかお前からそんな言葉が出てくるとは」

カルト「お父様……」

シルバ「アルカは俺の息子だ」

シルバ「お前も、イルミも、ミルもキルも」

カルト「……」

シルバ「みな大事な俺の息子だ」

カルト「本当?」

シルバ「ああ、本当だ」


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 17:53:02.98 ID:zbVPYVel0
キキョウ「カルトがそんな事を?」

シルバ「子の成長は気付きにくいものだ」

シルバ「だがあいつは、俺達以上に多くを考えている」

キキョウ「……」

シルバ「変わらんとな、俺達も」

キキョウ「……」

シルバ「どうした、やけに静かだな」

キキョウ「あ、いえ、そういうわけでは…」

シルバ「風呂の件を気にしているのか?」

シルバ「俺の目を見ろ、怒ってなどいない」

キキョウ「あなた……」

シルバ「いつものお前でいろよ、家庭は女が強いぐらいが丁度いい」


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 17:54:29.97 ID:AK2Wcz8N0
なにこのできたパパ


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 18:05:19.62 ID:zbVPYVel0
翌日

カルト「おはよう、お兄ちゃん」

アルカ「……」

カルト「待っててね、すぐ綺麗にするから」

シルバ「……」スッ

カルト「お父様!」

シルバ「今日はお前も仕事だ、わかっているな」

カルト「はい、勿論です」

シルバ「それと……俺にもやらせてもらえないか?」

カルト「あ……はい!」


99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 18:13:19.75 ID:zbVPYVel0
キルア「今更なんだけどさ」

ゴン「なあに?」

キルア「そんなに嫌じゃなかったんだよなぁ、ウチにいんの」

ゴン「え、じゃあなんで出て行きたかったの?」

キルア「ぶっちゃけ反抗期」

キルア「あと友達欲しかったし」

ゴン「そーなんだ」

キルア「その内招待してやるよ」

ゴン「ホント!?」

キルア「ああ……実はここだけの話、ウチの親父おフクロに頭あがらなくてさ…」ペラペラ


おわり


100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 18:14:53.77 ID:6YvQXHwA0
>>99
モツカレ アルカのキャラほぼ不明なのによくやった


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 18:14:56.24 ID:KZ50DftiP
乙!


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/26(水) 18:15:10.27 ID:bDE7EfgB0

ほんとに飛び出す理由がわからんくらい良いとこだな





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ