Powered By 画RSS


内木「ロンスカに戻して!」咲「嫌ですってば!」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/23(火) 17:33:19.48 ID:U8wUkAWV0
内木「責任は取るから!」咲「いいですってば!」の続きです




3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/23(火) 17:36:00.98 ID:U8wUkAWV0
内木「そんなミニスカ駄目だって!」

咲「そんなこと言ってもこれ制服ですし」

内木「大会中はずっとロンスカだったのに…」

咲「それは染谷先輩のを借りてただけです」

内木「ならまた借りれば良いじゃないか」

咲「もう大会は終わったんですから返すのが当然です」

咲「それに一年生の学校指定のスカートは皆この長さですよ?」

内木「うっ、それはそうだけど…」


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/23(火) 17:40:04.88 ID:U8wUkAWV0
咲「私がミニスカだと何か都合が悪いんですか?」

内木「……そ…」

咲「え?」

内木「そ、そんなに肌を露出すると危ないよ!///」

咲「……はい?」

内木「変な男が寄ってくるかも知れないし!」

咲「そんな人いませんって」

内木「同じ麻雀部の須賀くんとかいるだろう!」

咲「京ちゃんはただの友達ですってば」

内木「だいたい何なんだその短さは!制服としてどうかと思うよ!」

咲「そんなこと私に言われても…」


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/23(火) 21:12:20.93 ID:U8wUkAWV0


~~~~


咲「…ってなわけで…」

久「ああ、それでまたロンスカに戻っちゃったわけか」

咲「だって一太さん煩いんですもん」

久「ふふーん、そんなこと言って咲も満更でもないって顔してるわよ」

咲「なっ…ち、違いますってば///」

久「でも咲のおみ足が見れなくなっちゃったのは残念ね」

咲「え?」

久「だって咲の太股って瑞々しくて絶品だったから…」ナデッ

咲「ひゃあっ!?」ビクン!


内木「かいちょおおおおおお!!何してんですかああああああ!!」バターン!


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/23(火) 21:19:26.59 ID:U8wUkAWV0
久「あら、こんにちは副会長」チッ

内木「何舌打ちしてるんですか!てか人の彼女にセクハラしないで下さいっ!」

久「人聞きの悪い。ただのスキンシップじゃないの」

内木「そんなスキンシップありえません!」

内木「咲ちゃん、この人と2人きりになるなってあれ程言ったのに…」

咲「そんなこと言ったって部活の先輩ですし」

久「あんまり余裕ない姿ばかり見せてると嫌われるわよ~」ケタケタ

内木「ぐっ…」


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/23(火) 21:29:45.16 ID:U8wUkAWV0
内木「さっ、帰ろう咲ちゃん!」グイッ

咲「わわっ、引っ張らないでください~」

久「あら、これからデート?いいわねぇ若いって」

咲「いえ。今日はお姉ちゃんが家に帰ってきてるので」

咲「ちょうど良い機会ですし、一太さんを紹介しようかと」

内木「咲ちゃんのお姉さんってインハイチャンプだよね。緊張するなぁ」

咲「大丈夫ですよ、普段のお姉ちゃんは優しいですし」


久(でも重度のシスコンだった気が……さらば副会長)ナムナム


13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/23(火) 22:22:14.11 ID:U8wUkAWV0


~~~~


内木「お姉さんは確か大のお菓子好きって言ってたよね」

咲「はい。暇さえあればお菓子を頬張ってます」

内木「へぇ…ならお姉さんに何か甘いものでも買っていった方がいいね」


――スーパー玉出


内木「うーん、どんなお菓子がいいかなぁ…」

内木「羊羹とか?いや洋菓子の方がウケがいいかな…」

咲「あの、一太さん」

内木「何?咲ちゃん」

咲「これも買っていいですか?」


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/23(火) 22:31:33.82 ID:U8wUkAWV0
内木「ん、どれどれ…」

咲「このアイスなんですけど」スッ

内木「」

咲「一太さん?」

内木「い、いや……うん、構わないよ///」

咲「わーい、ありがとうございます♪」ルンルン


内木(バニラアイスを風船ゴムに詰めて縛ってある…)

内木(…なんていうか…アレに似てる。アレに)

内木(政府がシートベルトとともに着用を義務づけているアレに)


15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/23(火) 22:41:26.07 ID:U8wUkAWV0
内木(ゴム状のところとか。白いものを詰めてるところとか///)ゴクリ

内木「…って何考えてるんだ僕は!散れ煩悩!!」ブンブン!

咲「一太さん?」キョトン



店員「ありがとうございましたー」

内木「さあ、お姉さんへのお土産も買ったことだし行こうか」

咲「はい。あ、アイス食べようっと♪」

内木「えっ…今食べるの?」

咲「はい。家に帰るまでに溶けちゃいそうですし」

内木「そ、そう…///」


19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/24(水) 19:15:50.05 ID:cUkeUUL60
咲「あ、やっぱりちょっと溶けかかってる。早く食べないと…」ガサゴソ

咲「いただきまーす」ハムッ

内木「っ!!」クルッ

咲「一太さん?どうしたんですか、いきなりあさっての方向いちゃって」

内木「い、いや。向こうに知り合いがいたような気がしてね…」

咲「へぇ?」ハムハム


内木(ダメだ、絶対に直視しちゃダメだ///)

内木(咲ちゃんがアレを咥えてる姿なんて見たら…)ダラダラ


21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/24(水) 21:30:59.66 ID:cUkeUUL60
咲「一太さん、暑いんですか?凄い汗ですよ?」

内木(いやこれは冷や汗だから!)ダラダラ

咲「体調悪いんですか?あまり無理しないでくださいね」

内木「ありがとう、心配いらないよ…」

内木(それよりあんまり近づかないで…///)


咲「ああっ!?」

内木「咲ちゃん!?どうしたんだ!?」クルッ


咲「いきなり中身が飛び出してきて…」ビショビショ

内木「!?!?!?」


22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/24(水) 22:59:17.02 ID:cUkeUUL60
内木(咲ちゃんの顔中に…白いものが飛び散って…///)

咲「ハンカチ出さないと……ん、甘い」ペロッ



内木「うおおおおおおおおおおおおおおお!!」ダダダダッ

咲「一太さーん!?」


23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/24(水) 23:50:13.61 ID:cUkeUUL60


~~~~


内木「……おまたせ」

咲「もう、さっきはいきなり駆けていくからビックリしましたよ」

内木「はは…ごめんよ…」

咲「一体どこに行ってたんですか?」

内木「ちょっと家に緊急の電話をね…」


内木(トイレで抜いてたなんて絶対に言えない……)


24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/24(水) 23:55:43.54 ID:wkdbC9WGO
これは仕方ない


28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/27(土) 20:26:46.71 ID:udc4rcSI0
内木「じ、じゃあ気を取り直して咲ちゃんの家に行こうか」

咲「はい。きっとお姉ちゃん首を長くして待ってますよ」

咲「昨日一太さんの話したら、すっごく会いたがってましたから」

内木「へぇ、それは嬉しいな」



咲「着きました。ここが私の家です」

内木「お、お邪魔します」

内木(あー緊張してきた。まずは何て挨拶しようか)ドキドキ

内木(無難に妹さんとお付き合いさせていただいてます、でいいかなぁ)


29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/27(土) 21:30:46.07 ID:udc4rcSI0
咲「お姉ちゃーん、ただい…」ガチャッ



照「しねええええええええええええ!!!!」ギュルルルルルル!!

内木「う、うわあああああああああああああああああ!!!!」


30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/27(土) 21:37:15.80 ID:8M/sAYirO
デスヨネー


31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/27(土) 23:16:15.00 ID:udc4rcSI0


~~~~


久「それで、照さんにふっ飛ばされた結果がその格好なのね」

内木「うう…」ボロボロ

咲「ごめんなさい一太さん。お姉ちゃんが…」

内木「い、いや良いんだ。それだけ咲ちゃんを大切に思ってる証拠だろうしね」

久「で?結局照さんには交際の許可はもらえたの?」

内木「はい、お土産のお菓子効果で何とか…」

久「物で釣ったわけね」

咲「はい。ただ…」


33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/30(火) 00:27:31.39 ID:T6U0K4TW0


~~~~


照『まぁ咲がどうしてもって言うし、しょうがないから交際は認めてやろう』

内木『あ、ありがとうございます』ボロッ

咲『ありがとうお姉ちゃん』

照『……ただし!!』

内木『……ただし?』ゴクリ


照『高校を卒業するまで手を繋ぐ以上の行為は禁止!!いいね!?』

内木『』

照『……い・い・ね!?』ギロリ

内木『は、はいいいいい!!』ドゲザアアア


34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/30(火) 01:18:54.43 ID:T6U0K4TW0


~~~~


久「その条件を受け入れてきたわけ?情けないわね男のくせに」

内木「し、仕方ないでしょう!断ったら多分殺されてましたって!」

久「でも別に律儀に守らなくってもいいんじゃない?照さん別の学校だし」

久「あんたたちがイチャついてたって分かりっこないわよ」

内木「でも…お姉さんとの約束ですし…」

咲「……」


咲「一太さん」

内木「ん、何かな?」

咲「ん…」チュウ

内木「むぐっ!?」


38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/03(金) 00:45:25.18 ID:EJUqMSl30
咲「…ぷはっ」

内木「さささ咲ちゃん、突然何を…///」

咲「…だって、好きな人が目の前にいるのにキスもできないなんて嫌ですから///」

内木(うっ…かわいい///)

久「おーおー、見せ付けてくれちゃって」ヒュー

咲「えへへ」

久「そんなバカップルにいいものをあげるわ」ヒョイ

内木「ん?何ですかその紙切れは?」

久「私がよく利用してるラブホの割引券よ」

内木「」


40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/03(金) 01:59:45.03 ID:EJUqMSl30
久「すでに照さんとの約束も反故にしちゃったことだし、一気に一線も越えちゃったら?」

内木「な、な、な…///」

久「何ならさっそく今日使っちゃっても良いのよ?」ニヤニヤ

内木「そ、そ、そ…///」


咲「…使っちゃいます?一太さん///」ウワメヅカイ

内木「!?!?!?///」



45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/08(水) 01:56:24.67 ID:mFNZwzXk0
―――ラブホ照


内木(結局なんやかんやで来てしまった…)

咲「わぁ、中は結構結構明るいんですね」

内木「そ、そうだね…」

咲「私もっと薄暗い感じを想像してました」

内木「あ、あはは。僕もだよ」

咲「……ああっ!!」

内木「な、な、何っ!?」ビクウッ!

咲「見てください一太さん!お風呂の壁がガラス張りですよ!」

内木「う、うん。ビックリだね、あはは…///」


内木(はぁ…理性を保てる自信がない……)


46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/08(水) 02:09:36.41 ID:mFNZwzXk0
―――隣の部屋


久「あの子達、今頃うまくやってるかしら?」

春「久、何をぼうっとしてるの?」

洋榎「せやで。次はうちの番やねんから焦らさんといてぇな」

胡桃「うるさいそこ!次は私の番だよ!」

久「あら、放っておいてごめんなさいね」

久「大丈夫よ。皆まとめて可愛がってあげるから♪」

春・洋榎・胡桃「久ぁ~//////」


ギシギシ アンアン


47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/08(水) 02:23:22.50 ID:mFNZwzXk0
ギシギシ アンアン


内木(うっ…隣の部屋から微かに響くいかがわしい声が///)

咲「そうだ、テレビでもつけましょうか」パチッ

内木「わ…わあああああっ!!それは駄目だああああああっ!!」

咲「え?」

内木(……あれ?普通のバラエティ?)

咲「どうしたんですか?一太さん」

内木「い、いや…何でもないよ…あ、あはは…」


内木(こういう場所のテレビってHな内容しかないのかと思ってたよ…///)ヒヤアセ


49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/15(水) 00:37:30.79 ID:gAmW47rl0
咲「…あの、一太さん」

内木「ん?」

咲「やっぱり…ご迷惑でしたか?」

内木「へっ?迷惑?」

咲「だってさっきから上の空ですし。…私とそういうことしたくないのかなって…」シュン

内木「そ、そんなことはありえないよ!!」ガシッ

咲「ひゃっ!?」

内木「僕はいつだって咲ちゃんとHなことしたいって思ってるんだからね!!」

咲「あ…そ、そうですか…///」カアッ


内木(はっ…僕は今何を口走って…)ダラダラ


50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/16(木) 01:37:44.44 ID:zDb8FjLN0
内木「あ、そのっ!今のは違くてっ!!」アタフタ

咲「え、違うんですか?」シュン

内木「い、いやいや!そういう意味じゃなくてっ!!」

内木「ええと。なんていうか、その……」アタフタ

咲「……ふふ。今の態度で何となく分かりました。一太さんは正直ですね」クスッ

内木「咲ちゃん……僕は咲ちゃんのことが好きだよ」

内木「この思いが真剣だからこそ、君を大事にしたいと思ってるんだ」

咲「一太さん……」

内木「だから、君が嫌なら何もしないから」

咲「……………」


51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/16(木) 01:45:46.84 ID:zDb8FjLN0
咲「……嫌じゃないです」

咲「私も、真剣に一太さんのこと好きだから」

咲「だから一太さんがしたいなら……してもいいです///」ボソッ

内木「さ、咲ちゃん……///」

咲「ううん。私も……してほしいって、思ってますから///」

内木「……本当に、いいんだね?」

咲「………///」コクリ

内木「僕、経験ないから上手くできないかも知れないけど」

内木「でも、出来るだけ優しくするから」

咲「……はい、一太さん///」

内木「咲ちゃん……///」チュウッ

咲「ん……///」


~~~~



52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/16(木) 01:47:50.53 ID:zDb8FjLN0


数日後、妙に色っぽくなった咲の姿や

照にバレて病院送りになった副会長の姿があったとかなかったとか。


カン!


53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/16(木) 01:48:55.10 ID:zDb8FjLN0
Hシーンを書こうか迷ったんですけどキンクリしました
ぐだぐだになっちゃいましたが読んでくれた人ありがとう


54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/16(木) 01:51:40.51 ID:v1iHa0kYO
乙乙


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1411461189/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「咲-Saki-」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ