Powered By 画RSS


紬「私を貴方の調教肉便器にして下さい!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 09:42:30.41 ID:Hf2XoWWT0
紬「前からの憧れだったんです!」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 10:24:57.18 ID:k755ooMc0
紬「私を貴方の調教肉便器にして下さい!」

さわ「へっ!?ムギちゃん何を言ってるの?

紬「私を貴方の調教肉便器にして下さい!」キラキラ

さわ「どうしましょう」




7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 10:27:32.72 ID:k755ooMc0
紬「お願いします!私を先生の調教肉便器にしてください!」

さわ「教育者としてこの子をどうにか正しい方向へ教育しなくては」

紬「教育・・・///」ぽっ

さわ「待って、そっちじゃないわ!」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 10:30:45.33 ID:k755ooMc0
紬「お願いします、私先生の調教肉便器になりたいんです!」

さわ「ちょっとムギちゃん?あなた私を勘違いしてるわ
私はそんな趣味ありません!」

紬「教育してください!」

さわ「どうしましょう」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 10:39:04.83 ID:k755ooMc0
紬「あの、脱ぎますか?///」

さわ「脱ぐな。着ろ!」

紬「先生の調教肉便器になりたいんです!」

さわ「そう言うのお断りしてるから私」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 10:42:11.41 ID:k755ooMc0
紬「そういうのお断りしてる?」

さわ「ん?」

紬「前にも先生の調教肉便器になろうとした人が?」

さわ「毎年一人はいるわね」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 10:43:48.70 ID:k755ooMc0
紬「おのれ・・・先生は私だけのものなのに!」ギリッ

さわ「いえ、違います」

紬「私は先生だけの調教肉便器なのに!」

さわ「いや、違います!」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 10:47:34.69 ID:k755ooMc0
紬「調教肉便器になりたい調教肉便器になりたい調教肉便器になりた~い!」バタバタ

さわ「駄々をこねてもダメですっ!」

紬「どうすれば先生の調教肉便器になれますか?」

さわ「させません!ならせません!」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 10:53:39.24 ID:k755ooMc0
さわ「私があなたの担任をしている限り、あなたを悪い方向に傾けたりはしないわ!」

紬「~~~~///」きゅんっ

さわ「・・・え?」

紬「今のは『卒業したら永久就職させてあげる』という?」

さわ「違います」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 11:03:32.85 ID:k755ooMc0
紬「じゃあ調教肉便器にしてください!」

さわ「じゃあの意味がわかんない」

紬「先生の調教肉便器になりたいんです!」

さわ「無限ループか!」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 11:22:33.29 ID:k755ooMc0
なんだかんだあって二人はお付き合いし始めましたとさ

ある日の放課後


さわ「あら?ムギちゃんまだ帰らないの?」

紬「さわ子先生!」

さわ「みんなといっしょに帰らなかったの?」

紬「えへへ、先生といっしょに帰ろうかなって思って待ってたの」

さわ「あら♪」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 11:29:22.58 ID:k755ooMc0
紬「あと、ちょっとひとりで考えごとを・・・」

さわ「ふふっ思春期ねぇ」クスクス

紬「ふふっ」
紬(やっぱりさわ子先生といると安心するなぁ)

さわ「そろそろ暗くなるわ。送って行ってあげるから帰りましょ?」

紬「は~い」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 11:31:48.39 ID:k755ooMc0
さわ「はい、どうぞ」ガチャ(車)

紬「失礼しまーす」ぱたん

さわ「ムギちゃんにも悩み事でひとりになりたい時があるのねー」

ブルンッ
ブロロロロロ・・・

紬「まぁ・・・思春期ですから?」

さわ「あはは!若いっていいわねー」

紬「大人の方がいいわよ~」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 11:33:57.92 ID:k755ooMc0
さわ「大人も大変よ~?嫌なこともいーっぱい」

紬「ふーん?」

さわ「楽しいことも・・・まあ有るけどね」

紬「先生も大変なんだ?」

さわ「そうよー?」

紬「悩み事がある生徒の送り迎えをしたりとか?」

さわ「それは・・・嫌じゃあないわね」

紬「ふーん?」

さわ「調教肉便器になりたがる生徒なんて特に大変!」

紬「あっ、あの、その話はもう・・・///」

さわ「ふふふー♪」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 11:40:04.73 ID:k755ooMc0
紬(あの頃の私、なんであんなバカな事言ったのよ~!)かぁぁ///

紬(・・・さわ子先生、優しいくしてくれるなぁ)

紬(でも、まだ私とさわ子先生は生徒と教師の枠を超えた関係にはなれていない)

紬(それが悩みなんだけどなー)


さわ「ねえムギちゃん。まっすぐおうちに帰りたい?」

紬「えっ?」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 11:42:57.79 ID:k755ooMc0
さわ「悩み事があるのなら、このさわ子先生がどっかに気晴らしにでも
連れてってあげよっかなー?なーんてね」

紬「えっ?えっと、えっと」あたふた

さわ「気を使わなくて良いのよー?
ムギちゃんには何時もお茶やらお菓子やらでお世話になってるし、そのお返しだと思ってね」

紬「あ・・・」

さわ「それに、まあ・・・私の恋人だしね?///」

紬「・・・えへへ///」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 11:43:42.43 ID:k755ooMc0
紬(こ、これはチャンス!?)
紬「それじゃあ、えっと、行きたい所があります!」

さわ「お、連れてく連れてく~どこに行きたいの?」

紬「あの・・・のおうちに///」

さわ「ん?聞こえなかったわ?」

紬「その・・・さわ子先生のおうちに行きたいです///」

さわ「・・・え?」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 11:48:06.83 ID:k755ooMc0
さわ「私んちって、他にもっと良いとこがあるでしょう?」

紬「先生のおうちが良いの・・・!」

さわ「うーん、でもねー」

紬「ね?お願い先生・・・」うるうる

さわ「その・・・『私の恋人として』って意味、よね?///」

紬「・・・・・・はい///」

さわ「うぅ~~///どうしましょう・・・」

紬「ね?お願いさわ子先生・・・ううん、さわちゃん///」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 11:53:59.07 ID:k755ooMc0
さわ「さわちゃんって・・・///」

紬「ずっと、ずっとそう呼びたかったの///」

さわ「~~~~っ///あなたはまだ私の生徒なのよ?」

紬「ごめんなさい。約束守れそうにないの
・・・今夜だけでも良いから、お願いさわちゃん///」うるうる

さわ「うぅ・・・ムギちゃんに頼まれると弱いわねぇ」

紬「お願い、もし今夜さわちゃんといっしょに過ごせたら
あとは卒業までガマンできるから・・・ね?///」うるうる

さわ「あぁ、もう!・・・今日だけよ?///」

紬「さわちゃん・・・///」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 11:59:59.95 ID:k755ooMc0
さわ「いいわ。今夜あなたは私と・・・恋人として、その・・・///」

紬「さわちゃん・・・」

さわ「えっと、かっこいい事言おうと思ったんだけどうまいこと思いつかないわ
あはは、緊張してるのかしら?」

紬「ねえ、聞いて欲しいのさわちゃん・・・」

さわ「なぁにムギちゃん?」

紬「今夜私を・・・抱いてください///」

さわ「ぁ~~~~///」かぁぁぁ


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 12:09:39.54 ID:k755ooMc0
ブロロロ・・・キッ!

さわ「着いたわ」

紬「さわちゃんのマンション///」

さわ「もう、前も来たじゃない?」

紬「え~?そのときはみんなといっしょだったし」

さわ「そうだったわね」

紬「お邪魔しまーす♪」ガチャ

さわ(散らかってなかったわよね?)


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 12:12:28.29 ID:k755ooMc0
さわ(・・・。)バタン

紬「え?さわちゃんどうして入って来ないの?」

さわ「あー、いいからムギちゃんは座っててちょうだい」

紬「??」

さわ「ただいま~」ガチャ

紬(あ~!)
紬「さわちゃんおかえりなさい♪」

さわ「ただいまムギちゃん♪」ぎゅっ

紬「ふぁ///」どきっ


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 12:16:36.51 ID:k755ooMc0
さわ「一人暮らしだったから『おかえり』って言ってもらうのひさしぶりよ~」ぎゅ~っ

紬「さ、さわちゃ///」ドキドキ

さわ「あー、ムギちゃんただいま~」ぎゅっ なでなで

紬「あぅ・・・おかえりなさい///」むぎゅっ

さわ「いいものね。出迎えてくれる人がいるのって」

紬「そう、ですね///」ぽーっ


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 12:22:32.24 ID:k755ooMc0
さわ「さて、と」

紬「えっ///」

さわ「まずはごはんでも食べましょうか?」

紬「あっ、そうよね?///」

さわ「ムギちゃん、今えっちな事考えたでしょ?」

紬「ちっ、違うもん!///」

さわ「もームギちゃんたら~♪」ニヤニヤ

紬「さわちゃんのイジワルっ!」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 12:27:48.11 ID:WahgTf7x0
かわいいなオイ


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 12:31:57.08 ID:k755ooMc0
紬「えへー、さわちゃんとごはんだ~♪」

さわ「いつもいっしょにお弁当食べてるじゃない」クス

紬「でもいっしょにお料理するのは初めてよー?」

さわ「楽しい?」

紬「うん!さわちゃんとキッチンに立つのが夢だったの~」ニコニコ

さわ「それはそれは」クスクス


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 12:45:25.95 ID:k755ooMc0
紬「せーの!」

さわ紬「いただきまーす!」

さわ「ん~、おいしい!」

紬「えへへ///」

さわ「あー、格別の味ね~」しみじみ

紬「いつも私が作ったお弁当食べてるじゃない」クスッ

さわ「それはほら、いっしょにお料理して、私の部屋で食べるのは初めてじゃない?」

紬「ふふっ、いつもよりおいしい?」

さわ「もちろんよ!恋人と二人きりのごめんはおいしいに決まってるわ」

紬「・・・それはそれは///」かぁぁ


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 12:54:56.93 ID:k755ooMc0
さわ「ごちそうさまでした」

紬「お粗末さま~」

さわ「洗い物はやっておくから、お風呂入ってきていいわよ」

紬「・・・はい///」
さわ「あっ・・・///」

さわ「い、今のは、その・・・ちょっと待って、違うのよ。
普通にお客さんに一番風呂をすすめるノリっていうか、心の準備がまだって言うか・・・」あたふた

紬「ふふふっ」クスクス

さわ「あっ!笑ったわね!?」


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 12:57:01.45 ID:k755ooMc0
紬「だってさわちゃんが~」クスクス

さわ「ううっ、恥ずかしいわね///」

紬「ねえさわちゃん?」

さわ「何よー?」

紬「もう、機嫌直してよ」クスっ

さわ「う~~」

紬「いっしょに・・・お風呂入らない?///」

さわ「えっ///」ドキッ


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 13:08:17.19 ID:k755ooMc0
紬「良いでしょ?恋人同士なんだし///」ドキドキ

さわ「そう来たか・・・」ドキドキ

紬「ね?その・・・
お風呂入ってから、さわちゃん待ってる時間とか何をしてれば良いかもわからないし///」

さわ「・・・いいわ」シュルッ パサッ

紬「あぅ///さわちゃん・・・///」ドキドキドキドキ

さわ「あなたが言い出したのよ?いっしょに入ろうって///」がばっ

紬「あっ///」

さわ「制服・・・脱がせてあげるわ///」


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 13:22:14.52 ID:k755ooMc0
紬「さ、さわちゃ・・・やっ///」ビクッ

さわ「どうして恥ずかしがるの?恋人同士・・・なんでしょ?///」

紬「あのっ、でも、あっ///まだ心の準備がぁ///」

さわ「キレイな肌・・・キレイな髪・・・」さらっ

紬「あぅっ///」ひくん

さわ「ムギちゃん髪の毛長いから、うなじが見えるだけでなんだか興奮してきちゃったわ」ちゅっ

紬「んんっ///さわちゃ・・・///」ドキドキドキドキ

さわ「お風呂、入りましょ?全部洗ってあげるわ・・・私の手で///」さわっ

紬「はぁ、はぁっ・・・はい、お願いします///」


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 13:30:57.27 ID:k755ooMc0
シャァァァァ・・・

さわ「ハァハァ、ムギちゃん、ムギちゃんっ」ニュルッヌルッ

紬「はぁん///さわちゃん・・・そこはぁ///」ひくひくっ

さわ「あなたが誘ったのがいけないのよ?」ニュルニュル

紬「はぅ、そんなぁ・・・あっ///」ビクッ

さわ「私は・・・生徒にこんなことしちゃダメだと思ってガマンしてきたのに///」クチュ

紬「あぁんっ、さわちゃぁん・・・///」とろぉ


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 13:38:27.23 ID:k755ooMc0
さわ「私はもうガマンなんてしないわ!」クチュヌチュ

紬「あっあっ、さわちゃん・・・さわちゃんっ///」ビクッビクン

さわ「あなたは、ムギちゃんとは私のものよ///」ちゅっ

紬「んむぅ・・・ちゅっ、ちゅぱっ」
さわ「ちゅっちゅ、ちゅぱ、れろっ」

紬「・・・はぁ、さわちゃんと私が・・・嬉しいよぉ///」ぎゅっ

さわ「ムギちゃんは・・・私だけのものよ///」ぎゅっ

紬「さわちゃん・・・」ちゅっ
さわ「ムギ・・・」ちゅっちゅ


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 13:44:12.72 ID:k755ooMc0
紬(高校3年生の私は、あるひとと恋をしました)

紬(それは他人に知られれば咎められるものだったのかもしれません)

紬(それでも、私たち二人には関係無かった・・・)

紬「願くばこの幸せがもっと永く続きますように」


おしまい!


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 13:48:06.26 ID:q+ORvR0bO

ムギさわはあんまりないから良かったよ


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 13:50:40.36 ID:lZ0005DvO

路線変更は正解だったな
二人ともよかった


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/30(日) 13:58:52.58 ID:GHBcJ1Bw0
変態路線かと思ったらそんなことはなかった
そんなことはなくて良かった乙





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「けいおん!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ