Powered By 画RSS


恭介「今日は男三人か…」真人「そうらしいな」謙吾「ふむ…」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 22:01:55.50 ID:+Ul7t2UU0
理樹部屋

理樹「ごめんね皆…」コンコン

恭介「いいから寝てろ、風邪は大人しくしてるのが一番だ」

真人「しかしこれじゃあ暇だな…奇数という事は指がタッチされて5本になったらアウトの奴とか野球盤でチームを組めないという事だからな」

恭介「俺が年上なんだし1対2でもいいぜ?」

真人「馬鹿野郎!それじゃあもし負けても言い訳が出来るし勝ったら勝ったでかっこいいじゃねーか!」

恭介「そうだ、鈴はどこだっ」

謙吾「普通病人のいる部屋で遊ぼうなどと考えるのは俺たちぐらいだ」

恭介「な、ならいったいどうやって暇を潰せば……っ!」

謙吾「こういう時は理樹や鈴がいない時の話をしてみるというのはどうだ?」

恭介・真人「「えっ?」」




2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 22:11:48.66 ID:+Ul7t2UU0
謙吾「思えば俺たちだけでいるのは本当に久しい、どうだこの機会に一つ大人の話をするというのは」

真人「確かにそうだな。アレがあったとはいえその他は全部理樹といたからな!」

恭介「そりゃお前だけだ。…それで謙吾、その大人の話ってのは具体的にどういったものだ?」

謙吾「まずは恋愛からはどうだ?」

真人「おお…流石ロマンティック大統領、初っ端から飛ばしていくぜ!」

理樹(僕は今回は寝たふりしか出来ないけど恭介達のあれこれを聞けるというのは滅多にない幸運だ。大人しく聞いておこう)


3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 22:18:38.12 ID:+Ul7t2UU0
謙吾「ではまず真人から」

真人「お、俺かぁ!?……そうだな、いない。強いて言うなら理…」

謙吾「次」

真人「最後まで言わせろよ!」

恭介「俺か?そうだなぁ、自分で言っちゃなんだが女子生徒とのふれあいは多い方だと思っているが特にこれという女性はいないな、強いて言うなら理…」

謙吾「嘘を吐くな」

恭介「だから居ねえって!」

謙吾「例えば彼女なんかどうだ、ほら鈴が仲良くしてもらっている……」

恭介「あの寮長か…」

真人「えっ、なんだよそれ!」


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 22:24:38.20 ID:+Ul7t2UU0
謙吾「そう、確かあーちゃん先輩とかいうふざけた名前を二木に呼ばせていたな。以前奴が剣道部だった頃そう言っていたのを思い出した」

真人「あの風紀委員長、剣道部だったのかよ…通りで凄まじい眼光だぜ」

謙吾「前にも言ったはずだがな。まあそれはそれとしてどうなんだ彼女とは」

恭介「いや…あいつは本当に俺と合わないというか…今まで見たことないタイプだ。こう調子が狂うんだよ」

理樹(恭介の声が狼狽えている)

謙吾「それこそ正しい男女という物だ。少しはお前もどうしても操れない人間というのが居ることを覚えておいた方がいい」

恭介「うるせぇ!そういうお前はどうなんだよっ」


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 22:36:31.33 ID:+Ul7t2UU0
謙吾「俺か…俺は今はいない…」

恭介「……!」

真人「『今は』ってどういう事だよ?」

恭介「バカっ!それ以上言うな…」

真人「ああ!そういやお前あん時の世界で古式ってや…つ……と………」

謙吾「…そうだな」

理樹(こちらの古式さんがどうなったかは僕も聞いた、部屋は一気に重く、苦しい雰囲気に包まれた)

真人「け…謙吾…」

謙吾「大丈夫だ…俺は……俺は気にしてなど…!」

真人「す、すまん!本当に悪い!!俺って奴はなんて馬鹿なんだチクショォォ!!」

恭介「つ…次の話題に移るぞ!」

理樹(恭介が半ば強引に話を変えた)


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 22:44:03.14 ID:+Ul7t2UU0
恭介「次はあの世界についてだ」

真人「……ほう」

謙吾「理樹は本当に寝てるな?一応確認してみよう」

恭介「だがもし寝ていたら無理やり起こすのは可哀想だ、ここは起きてたら爆笑間違いなしの一発ギャグを飛ばすのはどうだ?」

理樹(確か爆笑というのは大人数の人々が笑いあう様とか誰かが言ってた気がする)

真人「異論はない」

謙吾「俺もだが一発ギャグなぞ持ち合わせていないぞ…」

恭介「ならこういうのはどうだ、耳を貸せお前ら…~~~」

理樹(よく聞き取れない)

真人「へぇー、そいつは腕がなるな」

謙吾「それなら俺にも出来そうだ」

恭介「ようし!じゃあ始めるぞ、ミッションスタートだ!」


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 22:55:19.02 ID:+Ul7t2UU0
真人「わふー!来ヶ谷さんの筋肉はごっついです!」

謙吾「はっはっはっ。もっと褒めたまえ、私の筋肉は貴様らの足元にも及ばん」

恭介「えー!姉御といえどそこまで言われちゃ私とあっても堪忍ならんですヨ、ここは筋肉勝負といきやしょう」

理樹(!?)

真人「ふえぇぇ!喧嘩はやめようぜはるちゃん!ゆいちゃん!」

謙吾「くっ…だからゆいちゃんと呼ぶのはやめろと……ッッ!侮辱か貴様ッッ!!!」

理樹(どうやらモノマネをやっているらしいがどれもなんか雑だ…。けどそれが笑を誘うんだけど)

恭介「……美しくないです」

理樹(恭介が言うとそっち系の人みたいだ)

ガチャリ

真人「お前らうっせえわー!猫が起きるだろうがっ!……あっ」

恭介「げっ!」

謙吾「知るか、貴様らなぞ私の圧倒的な胸と筋肉によって潰される……潰される…?」

来ヶ谷「……どうした、続けろ」

恭介「ちょっ、これは違っ…!」

真人「ゆ、許してく…」

バキッドガッドッシャーン



謙吾「怒った時の奴は、ま…まるで歯が立たん…」

真人「だがこれだけやっても起きないという事は寝てるのは確実だな」

恭介「ああ、それじゃあ話を続けよう」


22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 21:16:47.16 ID:uU7oZ2T10
恭介「ふぅー………」

真人「……」コキッ

謙吾「……」

理樹(さあ話すとなる空気は一変した。それはふざけた雰囲気でも真剣なそれでもなかった。おかしな表現だけどなんというか無事に大切な人を守れた所からくる『爽やか』な感じだったんだ)

恭介「まずはお前達、よくやってくれた」

真人「そりゃお互いだぜ」

謙吾「ああ」


23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 21:20:45.08 ID:uU7oZ2T10
恭介「最初は俺もびっくりしたぜ、まさかあんなオカルトチックなこと出来るとは思わなかった」

真人「しかも俺はそこからわざとマヌケの振りをして理樹と鈴に違和感を与えない様にしたんだからなぁ…あん時の俺はハリウッドスター間違いなしだったぜ」

謙吾「いや…今も充分マヌケだぞ?」

真人「やんのかコラ」

恭介「やーめーろ」


24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 21:26:32.09 ID:uU7oZ2T10
真人「まあ今思えばアイツらも凄えよな!だって死ぬの覚悟していつも通りにやってたんだぜ?」

謙吾「全員、思い残した事があったんだ。それをその世界でとはいえ叶えられたんだから他の生徒に比べればまだ悔いは無い方だろう」

恭介「まっ、元々の精神が硬かったのもあるんだろうな。来ヶ谷の時はちょいと焦ったが」

謙吾「そういえば無茶苦茶になっていたな、あれからどうしたんだ?」

恭介「そこは本人のみぞ知る…」

理樹(何の話だ…?)


25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 21:40:13.55 ID:uU7oZ2T10
謙吾「そうだ、蒸し返す話じゃないのは分かってるんだがな恭介…」

恭介「えっ?」

謙吾「古式、野球、茶番」

理樹(しばしの沈黙)

恭介「……ほ、本当に悪いと思っている…」

真人「俺はノーコメントだ」

謙吾「他にやりような無かったのか?あの時ばかりはお前に殺意が湧いたぞ」

恭介「…じゃあ逆にどうやればお前を倒せた。一度やると決めたお前を捻じり伏せるにはあらゆる手を使っても倒すのは容易じゃない、俺だって身を切る思いだった…お前が世界の一端を担うのを放棄するかもしれないとも思ったぐらいだ」

恭介「だから理樹には悟らせない様に倒すにはあれしか無かったんだ」

謙吾「そうか…なら俺もこれ以上言及はしない、ただ鼻が折れるレベルで一発殴らせろ」

恭介「げぇっ!?」

謙吾「理屈では分かっていても収まらんのだ…真人」

真人「あいよ」ガシッ

恭介「わっ分かった!…俺も覚悟は出来てる、逃げねえよ」

真人「そうか?すぐ病院に連れてってやるから心配すんなよ」

謙吾「では行くぞ…」

理樹(とっ、止めないと!)

恭介「………っ」

スッ

謙吾「なーんて言うとでも思ったかバーカ!」


26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 21:57:58.22 ID:uU7oZ2T10
恭介「……はあ?」

真人「へへっ…」

謙吾「俺はとっくに許しているつもりだ、心配するな」

恭介「謙吾…お前…っ」

謙吾「さ、この話は今後もう無しにしよう。次の話題だ」



謙吾「次は謎の理樹の命を狙った攻撃についてだ」

真人「なんだと!?」

恭介「あー、朱鷺戸な」

理樹(……!)

真人「朱鷺戸か…」

謙吾「朱鷺戸な…」

恭介「お前らほとんど知らねえよな?」

真人「微妙だよなー…ほとんど話してたのはお前だろ?なんか俺たちが出る幕は無かったっていうか…えーとなんだ、コメントに困るぜ」

恭介「訳はあったんだが奴がお前のいう攻撃を理樹にしたのは奴だ」

謙吾「何ィ!?訳というのが気になるがそれなら、俺は少なくとも理樹を助けたという功績があるな!」

恭介「真人も知らん所で助けていたが……それはそうとして先に言っておくがアイツの事は俺は話さんぞ」

真人「…どういう意味だ?俺たちにも教えてくれよっ」

恭介「どうしても聞きたきゃ本人に聞け、ちょいとややこしい話だし俺が勝手に話すのは気が引ける」

謙吾「そうだ、朱鷺戸はどこだ!」

理樹(……)

恭介「それも教えてやらん」

真人「じゃーどうさがせってんだよ!」

恭介「ほら次の話題に移れ」


27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 22:13:59.98 ID:uU7oZ2T10
謙吾「なんで途中から恭介は神北のことを下の名前で呼ぶ様になったのか」

恭介「なんでさっきから俺関係ばっかなんだよ!」

真人「そういやそうだったか?」

恭介「えーっとだな…」

謙吾「能美は呼ばないんだな」

恭介「個人的趣味からじゃねーよ!っていうかロリでもねーよ!」

真人「でもお前って俺らと神北以外に下の名前で呼んでる奴いたか?」

恭介「何でだろうな…実の所俺にもよく分からん、もしかすると小毬の『のほほん』とした空気が自然とそう呼ばせるのかもしれないな……」

真人「お前適当言ってるだろ」

謙吾「お前は年下好きか巨乳好きと見た」

恭介「えっ、アイツそんな胸あったか…?」

真人「やっぱ謙吾っちは見る所見てんだな、このムッツリめ」

謙吾「ちっ、違う!やめろぉ!俺は奴らをそんな目で見た事は断じてないっ!」

理樹(謙吾がどうでもいい所で墓穴を掘った)


29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 22:15:16.65 ID:uU7oZ2T10
(やべえ、書くこと無くなっちまった)


30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 22:41:00.77 ID:NQEHXUDrO
(頑張れ)


31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 23:00:16.95 ID:uU7oZ2T10



謙吾「次は>>32だ」

理樹(ここへ来て安価!?)

真人「とうとう逃げたな」



32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 23:03:48.08 ID:nSNf50t9O
筋肉


37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/22(水) 21:44:18.23 ID:2YlEqdwG0
謙吾「次に筋肉だ」

恭介「いきなり何を言い出すんだお前は」

真人「おお!遂に筋肉の良さが伝わったかっ」

謙吾「違う、そうじゃない!真人、お前は能美の願いを叶えようとした時何をしたっ」

真人「は?クド公の時……?」

恭介「ああ、アレか!」

謙吾「俺達の知らないウチにA.K(アフター筋肉)元年とか勝手に作り出したのはどこのどいつだ」

真人「あー…はいはい」

謙吾「『あー…はいはい』じゃない!なんだあれは!」



38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/22(水) 21:53:44.27 ID:2YlEqdwG0
真人「ありゃ元々俺が始めたんじゃねえよ…理樹に物理と筋肉のどっちを選ぶか聞いたら奴が筋肉を選んだまでだ」

謙吾「それに乗るお前が99%悪いわ!お前のせいで能美の願いの時だけ仕切り直しに世界をやり直して全員微妙な顔してただろーが!」

真人「わっ、わりーかよっ最終的に全員『筋肉いぇいいぇーいっ』やったんだからお互い様だろっつーの!」

恭介「いや…皆正気じゃなかっただろありゃ……」

真人「なんだよ全部俺のせいにしやがって!やんのかコラーッ」

謙吾「望むところだ!」

理樹(その後10分くらい乱闘は続いた)


謙吾「はぁ…はぁ…」

真人「はっ…もう息が切れたか……ぜぇ…」

恭介「気は済んだか?そろそろ話を戻すぞ」


39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/22(水) 22:06:01.49 ID:2YlEqdwG0
恭介「そういや俺も少し気になる事があったんだよ」

真人「なんだよ…俺はもう何もしてねえよ…!」

恭介「別に責めようって話じゃない。むしろフォローと言っちゃなんだが西園の事だ」

謙吾「西園がどうかしたのか?」

恭介「俺達の修学旅行で海に行ったよな」

謙吾「ああ、途中で遊びに寄ったが…」

恭介「謙吾は思いっきりはしゃいでいたから知らんだろうが、俺はその時チラッと見ちまったんだ…真人の良い所をな」キラッ

真人「へっ?」


40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/22(水) 22:14:32.14 ID:2YlEqdwG0
恭介「あれは西園が皆の写真を撮っていた時の事だ……」




砂浜

葉留佳「あははー!回れ回れ~っ!」

クド「わふー!?」クルクル

西園「……」パシャ

恭介「…ん?」

恭介(西園はカメラを持ってきていた様だ、なかなか用意周到だな。しかし写真家じゃないんだし、ただ座って撮影するのも面白くないだろう…どれ俺が…)

真人「おう何やってんだ?」

西園「…皆さんの写真を撮ろうと…ちゃんと井ノ原さんの写っている物もありますよ」

真人「じゃあお前はどーすんだ?」

西園「私はこうして皆さんを見ているだけで充分楽しいですよ」

真人「なーに言ってんだよっ、皆の写真だってのにお前さんが写ってなきゃ意味ねーだろっと!」ヒョイッ

西園「あっ…」

恭介(そういうと真人は西園からカメラを奪い取った)


41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/22(水) 22:30:04.09 ID:2YlEqdwG0
西園「か、返してください…」

真人「やなこったー!」パシャパシャ

西園「あっ…」

恭介(真人は慣れない手つきで西園の写真を撮っていった、そして今度は理樹と俺を呼んだ)

真人「おーい理樹!恭介ー!」

理樹「だから冷たいって…真人何か言ったー?」

恭介「おう、どうした?」

真人「ちょっと来てくれー!写真を撮るからよーっ」




西園「…すいません、本当に…」

理樹「いやいや、写真はそうかしこまる物じゃないよ西園さん」

恭介「その通りだぜっ、さあもっと理樹も西園にくっつけ」

真人「恭介もちょっと右だな…よし、じゃあ行くぞ。はいマッスル!」パシャ



真人「と、こんな感じだ。大丈夫だよな?」

西園「はい。…井ノ原さん、ありがとうございます」

真人「ふっ…名乗る程の物でもないぜ」





恭介「という事があったんだ」

謙吾「…見直したぞ真人」

理樹(あれはそういうことだったのか…)

真人「言われるまで忘れてたぜ…」

恭介「ちなみにその時の写真がこれだ」

謙吾「待ち受けにしてるのか!?」

恭介「ああ、西園とお揃いだ。…それでどうなんだよ真人、あの後西園とは」

真人「あの後かぁ?まー特に変わった事はない気がするけどな…あっ、そうだ、そういえば一度だけ俺だけ練習の後の飲み物がスポドリだった事があったな」

謙吾「分かり易すぎるだろ…」

恭介「少なくとも少しは好感度も上がったんじゃないか?」

真人「ああっ、だといいな」

理樹(なんだかいい話だ)


42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/22(水) 22:42:04.20 ID:2YlEqdwG0
恭介「実は俺、ポニーテール萌えなんだ」

真人「……もう一度頼む」

恭介「実は俺、ポニーテール萌えなんだ」

謙吾「急にどうした…風邪が移ったか?」

恭介「変人扱いすんじゃねーよ!」

恭介「まあ聞いてくれ、最近俺はどうもおかしいんだ」

真人「変人で合ってるじゃねぇか」

恭介「いちいち言及すんな!話が続かんだろっ」

謙吾「それでどうしたって?」

恭介「ああ…最近俺はある特徴を持った女性がいると無性に目で追ってしまうんだ……」

真人「それがポニーテールか」

恭介「ご明察。俺は最初こそ何気なく見ていたつもりだったんだが、日を追うごとにどんどんそれを見つけたら胸がキュンキュンしてしまってな…そして俺は気付いた。自分はポニーテールが好きなんだと」

謙吾「近い関係の者でポニーテールといえば…」

真人「まさか実の妹を…」

恭介「あくまでLIKEだ、それ以上言ったら絶交な」

真人「うえぇぇ!?」


43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/22(水) 22:49:42.97 ID:2YlEqdwG0
恭介「とにかく俺は近頃ポニーテールの子を見つけると声を掛けたくなるぐらい好きなんだ…はい謙吾」

謙吾「いや待て。何故ナチュラルに俺に振る」

恭介「話のネタが無くなった時ってのは猥談か性癖暴露に限る。俺が告白したんだ、必ず答えてもらうぞっ」

謙吾「貴様が勝手に言い出したんだろーが!」

恭介「おいおい…そりゃ無いぜ謙吾っち」

真人「気にすんなって!俺もお前が言ったら言うからよ」

謙吾「くっ……何故こんなことになった…計ったな恭介ぇ…っ!」

恭介「おら早く言えよ」


44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/22(水) 23:03:40.89 ID:2YlEqdwG0
謙吾「お前ら絶対に引くぞ…」

真人「大丈夫大丈夫」

理樹(ごくり…)

謙吾「なんというかその…虫刺されフェチって分かるか…?女子のだな、二の腕とか足の皮膚が蚊に刺されて赤く腫れるだろ?アレに興奮する!以上ッ」

恭介・真人・理樹「「「………」」」

謙吾「うおおぉお!やっぱり引いてるだろ!?だから引くと言ったんだ!」

恭介「いや…それ誰かに喋ったら俺が引かれるぐらいやべえわ」

謙吾「こっ、ここまで言ったんだ!真人はどうなんだっ」

真人「上腕二頭筋フェチ」

謙吾・恭介「「ああ…」」

真人「納得してもらったようだな」


50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/23(木) 21:19:46.58 ID:2ddMFY2Z0
ブルブルブル

理樹「…?」

理樹(携帯に誰かメールを送ってきた様だ、3人は話してて気付いていない様子なのでそっと内容を確認してみる)

鈴『助けろ。皆うっさい(∵)』

理樹(!?)





少し前


鈴部屋

来ヶ谷「本当に男子が1人もいない女子会というのも今まで無かったな。今日は理樹君もいない事だし女子だけでしか話さないトークというものを始めようじゃないか」

葉留佳「おおぉ!そいつは大人の話って奴ですカ!」

クド「わふー!私も大人っぽくなりたいですっ!」

鈴「……っ」

西園「鈴さん。どうかされましたか?」

鈴「何故私もそんなのしなくちゃならない」

来ヶ谷「まあまあ、理樹君とのこれからを考えるならば聞いておいて損はないぞ?」

鈴「理樹……」

来ヶ谷「ではまず初めに『男の性欲はどれだけ高いか』という議題から…」

鈴「やっぱ嫌じゃー!」

来ヶ谷「駄目だ聞け」

小毬「ほ、ほわああ…ゆいちゃんが怖いぃぃ~……」

来ヶ谷「………」

西園「来ヶ谷さん?」

来ヶ谷「ちょっとすまないが席を外させてもらう。なにやら私達のモノマネをやっている馬鹿の声がする」

葉留佳「えっ、声?」

来ヶ谷「場所はそうだな……男子寮、三人だ」

クド「どうやって聞こえて…」

来ヶ谷「これも大人に近付けば自ずと聞こえる様になる。お仕置きをしてくるから3分待て」

バンッ




ガチャ

来ヶ谷「いけないな、いきなり時間を取って」

小毬「な、なにしてきたの……」

来ヶ谷「では再開しよう、確か『理樹君の性欲の高さを予想しよう』という議題だったかな」

クド「わふー!なんだか微妙に違ってませんか!?」


51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/23(木) 21:22:50.21 ID:2ddMFY2Z0
鈴『これが1時間続いたΣ(∵)』

理樹(………)

カチカチ

ピッ




鈴部屋

来ヶ谷「つまり私が言いたいのは~~」

ピロンッ

鈴「……!」ゴソゴソ

理樹『お休みなさい』

鈴「なんでじゃーっ!!」



終わり


52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/24(金) 03:03:06.44 ID:inkV4ass0
ワロタ
おつ


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413810105/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「リトバス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ