Powered By 画RSS


P「暇だから>>3と>>5する」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 00:02:27.72 ID:JOmdpQz1O
事務所

P「あー暇だー」

P「午前中に書類は全部終わったし、暇だー」




3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 00:03:38.92 ID:fw4AUkZAO
あずさ


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 00:06:18.32 ID:CnuC3z5Jo
猥談


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 00:10:13.07 ID:JOmdpQz1O
P「よし!あずささんと猥談だ!」

P「お!ちょうどいい所にあずささんが!」

P「あっずっさっさーん!」

あずさ「あら、プロデューサーさん」

あずさ「こんにちは」

P「あずささん! >>+2 >>+4 >>6

あずさ「あ...あらあら...//」


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 00:11:27.94 ID:XB/6oowT0
本番で立たない男は嫌いですか…?


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 00:11:35.48 ID:nNtex9ego
残念


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 00:13:59.77 ID:BzGnePz0o
何cm未満はアウトですか


17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 00:22:10.29 ID:JOmdpQz1O
P「本番で立たない男は嫌いですか…?」

あずさ「ほん...ばん...?」

P「えぇ、本番です」

あずさ「えっと、どういう意味なのかなって」

P「意味を分かってもらえないなんて...」

P「残念です」

あずさ「あ...あらあら...」

P「では言い換えます」

P「何cm未満はアウトですか 」

>>+2 コンマ30以下であずさが猥談だと気付く


19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 00:23:43.25 ID:BzGnePz0o
いやー


22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 00:28:22.11 ID:JOmdpQz1O
あずさ「プロデューサーさん、もしかしてそれって...」

P「あれ?何の話か分かってもらえました?」

あずさ「えっと...その...//」

P「さて、何の話だと分かってもらえたんですか?」

あずさ「それは...」

あずさ「......の話かな~なんて//」ボソボソ

P「ん?よく聞こえないんでもう一度言ってもらえますか?」

あずさ「で、ですからぁ...//」

あずさ「>>+2


24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 00:29:37.57 ID:BzGnePz0o
性行為


26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 00:38:04.06 ID:JOmdpQz1O
あずさ「性行為!...の、話なのかな、って...」ウルウル

P(あずささんが、卑猥な言葉を口にしながら目を潤せてる...)

P(これは...)

P「グレイト!!」

あずさ「へ?」

P「いえいえ」

P「それより、俺が性行為の話をしてると!」

P「俺がそんな人間に見えますか!?」

あずさ「でもさっき、本番とか、何cmとか...」ウルウル

P「ふーん。俺のこと、そんな風に見てたんですね?」

あずさ「えっと、それは...」ウルウル

P「そもそも本番とか言ってたのは、>>+2 と言うことです」

P「何cmの話も、>>+4な話のことだったんですよ?」

あずさ「えっ...?」


28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 00:40:51.41 ID:gFRZYQJZo
ちんこの大きさ


29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 00:42:41.37 ID:XB/6oowT0
フル勃起のときの大きさ


30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 00:44:14.55 ID:4x8C8j+5o


31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 00:52:44.05 ID:JOmdpQz1O
P「そもそも本番とか言ってたのは、ちんこの大きさのことです」

P「何cmの話も、フル勃起のときの大きさの話だったんですよ?」

あずさ「え//」

P「あ、ヤベ!」

あずさ「だ、ダメですよ!事務所でそんな話したら...」

あずさ「この事務所には、中学生も居るんですよ!」

あずさ「プロデューサーさん、めっ!!です!」

P「ごめんなさい!!」


32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 00:54:35.26 ID:JOmdpQz1O
P「あずささんの、うるうるした瞳、最高だったなぁ」

P「めっ!って叱られるのも最高!!」

P「さて、次は>>+2>>+4でもしようかなーっと」


34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 00:55:48.75 ID:b9YHajFAo
社長


36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 00:56:26.42 ID:4x8C8j+5o
賃上げ交渉


37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 01:04:38.43 ID:JOmdpQz1O
P「俺の賃金上げて下さい!」バン!

社長「いきなりなんだねキミィ」

P「もう耐えられないんです!月々手取り>>+2万なんて...」

社長「し、しかしだね?キミの先輩プロデューサーである律子君も>>+3万で頑張ってくれてる訳だし...」


39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 01:06:57.12 ID:BzGnePz0o
19


40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 01:07:13.93 ID:4x8C8j+5o
30


42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 01:15:38.74 ID:JOmdpQz1O
P「もう耐えられないんです!月々手取り19万なんて...」

社長「し、しかしだね?キミの先輩プロデューサーである律子君も30万で頑張ってくれてる訳だし...」

社長「君が新卒なことを考えると、妥当だと思うのだがねぇ」

P「グッ...」

P(ダメだ、このままでは言い負かされてしまう!)

P(何か、何か社長を言いくるめる方法は...!)

P(そうだ...!)

P「社長!」

社長「何かな?」

P「>>+2!」


44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 01:17:55.74 ID:M+KhXFMDO
労基署に駆け込みますよ


46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 01:22:56.04 ID:JOmdpQz1O
P「社長!労基署に駆け込みますよ!!」

社長「し、しかしだねぇ」

P「社長...!ご決断を!!」

社長「ぐぬぬ...」

>>+2コンマ偶数で説得成功。奇数で失敗。
10以下で???。


48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 01:27:39.25 ID:vs/CRwcpo
ほい


51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 01:34:07.30 ID:JOmdpQz1O
社長「残念ながら、今給与を上げることは出来ない」

社長「君も、今の765プロの財政状況は知っているだろう」

P「...」

社長「君はプロデューサーだろう?」

社長「今は耐えて、アイドルのプロデュースに努めて欲しい」

社長「アイドル諸君が売れ始めたら、改めて給与に関しても見直そう」

社長「すまないが、それで勘弁してくれないかね?」

P「...」


52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 01:38:03.55 ID:JOmdpQz1O
P「ダメ元で行ってみたけど、やっぱりダメだった」

P「これからもプロデュース頑張ろう!」

P「しかし、今は特にすることがないのも事実」

P「とりあえず>>+2>>+4するか」


54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 01:40:09.10 ID:4x8C8j+5o
律子


56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 01:40:58.53 ID:vs/CRwcpo
メガネ交換


57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 01:44:50.35 ID:JOmdpQz1O
P「律子とメガネを交換しよう!」

P「しかし、律子が素直に応じてくれるとはとても思えん」

P「どうやって交換するか...」

P「そうだ!>>+2して交換しよう!」


58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 01:50:25.04 ID:4x8C8j+5o
キスするふり


59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 01:55:51.25 ID:BzGnePz0o
社長命令


60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 02:07:39.19 ID:JOmdpQz1O
P「そうだ!社長命令ってことにして交換しよう!」

P「お?そろそろ律子も帰って来る頃か?」

ーー

律子「ただいま戻りましたー」

P「おかえりつこ!」

律子「...何言ってるんですか、プロデューサー」

P「まあまあ」ハハハ...

律子「はぁ...」

P「そうそう、社長命令で俺と律子のメガネ交換することになったから」

律子「...は?」

P「いや、だから、俺と律子のメガネを交換することになったから」

律子「は?」

P「いや、だから...」

律子「そうじゃなくて、何でそんな命令が出たのか知りたいんです!」

P「それは>>+2だからだ!」

これ以降の安価で、コンマ10以下が出ると律子がキレます


62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 02:11:03.03 ID:BzGnePz0o
先輩の見ているものを知るため


63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 02:16:46.57 ID:JOmdpQz1O
P「律子の、先輩の景色を見るためさ...!」

律子「プロデューサー...!」

P「律子...!」





律子「...いい加減なこと言ってると吹っ飛ばしますよ?」ヒクイコエ

P「いや、これは社長命令で...」

律子「ほー?では社長に電話して聞いてみましょうか?」

P「ごめんなさいワタクシが悪かったです」ドゲザー

律子「分かればよろしい!」


64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 02:25:58.53 ID:JOmdpQz1O
律子「そんな事より、早く仕事してください!」

P「でも、書類はもう終わって...」

律子「プロデューサーの仕事はそれだけじゃないでしょう?」

律子「営業に、企画に、まだまだやることは山ほどありますよ!」

P「...そうだった」

P「俺には、みんなをトップアイドルにするっていう夢があったんだ!」

P「遊んでる暇なんてない!ガンガン営業!そうと決まれば行くぞ!響!」

響「プロデューサー!自分、頑張るぞ!!」

響「自分と一緒なら、トップアイドルなんてなんくるないさー!!」

こうして、響は怒涛の勢いで人気を獲得し、見事1年でトップアイドルになりました。

今では、アイドルを引退し、プロデューサーと幸せに暮らしているそうです。

終わり


65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 02:26:55.33 ID:JOmdpQz1O
安価スレだったけど、可愛い響が書けて良かったです。

眠くなったので寝ます。

おやすみんごす。


66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 03:31:29.55 ID:b9YHajFAo
なんて強引な


67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/28(火) 09:54:27.19 ID:bL6LCv360
かわいい響が見れてよかった乙


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1414422147/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ