Powered By 画RSS


花陽「あ、安価で……にこちゃんと仲良くなりたいと思います…!」

1 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 14:28:56.48 ID:DAdhAI6XO
花陽「アイドル好きの先輩であるにこちゃんともっと仲良くなりたいです……」


花陽「あ、あの……なにをすればいいと思いますか!?」



>>3
えっちぃのは……その、ダメですよ…?




2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 14:29:54.90 ID:a5X+NZRLO
穴を掘る


3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 14:30:02.86 ID:FWFpehbMO
買い物に付き合おう


4 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 14:33:09.40 ID:DAdhAI6XO
花陽「そ、そうだ! お買い物に誘えば……もっとにこちゃんのこと、よく分かるよね?」


花陽「よし……」


・・・


花陽「に、にこちゃん!」

にこ「花陽? いきなりどうしたの?」

花陽「あ……あの、あの…」

にこ「?」

花陽「私とお買い物につきあってください!!」

にこ「いいわよ」

花陽「へ……ぁ、い…いいの?」

にこ「もっと当たり前でしょ? んで、今から? どこにいくの?」

花陽「え……えと、じゃあ……>>6とか…」


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 14:33:50.92 ID:FWFpehbMO
洋服屋


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 14:34:08.77 ID:AvZ6nCSoO
す、スーパーマーケット


7 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 14:39:05.16 ID:DAdhAI6XO
花陽「す、スーパーマーケットとか…」

にこ「スーパーマーケット? なに、晩御飯の買い出し?」

花陽「う、うん……その、今日はお母さんが夜遅いから、私一人なの」

にこ「なるほどねぇ……」

花陽「だから、お料理の得意なにこちゃんに、美味しいお料理のメニューなんて教えてもらえたらなって」

にこ「それならこのにこにお任せよ! 花陽のほっぺたが落ちちゃうようなご飯を作ってあげるわ!!」

花陽「……えっ、作る!?」

にこ「ええ、どうせ教えるなら作りながらの方がいいでしょ?」

花陽「ま、まあ……」

にこ「じゃあ行くわよ、さっさとしなさい」ズルズル

花陽「だっ……ダレカタスケテー」


8 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 14:40:59.17 ID:DAdhAI6XO
〜スーパーマーケット〜

にこ「よーし、たくさん作るわよー」

花陽「に、にこちゃん……」

にこ「ん?」

花陽「えと、何を作るの?」

にこ「そうねぇ……花陽は何が食べたい? だいたいのものなら何でも作れるわ」

花陽「す、すごいなぁ……それじゃあ、>>10が食べたいな」


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 14:41:42.27 ID:6bHV8EihO
もんじゃ焼き


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 14:42:49.03 ID:st3JHMJsO
コロッケ


11 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 14:48:33.92 ID:DAdhAI6XO
花陽「コロッケが食べたいな」

にこ「なら、ジャガイモたくさん買わないとね」

花陽「ほ、ほんとにいいの? ご馳走になっちゃって……」

にこ「いいって言ってるでしょ? 先輩の誘いを断るつもり?」

花陽「そ、そういうわけじゃ……」

にこ「ふふん、それなら潔くご馳走されなさい」

花陽「は、はいっ!」

・・・

にこ「ジャガイモ、安売りしててよかったわね」

花陽「たくさん買えたねぇ…」

にこ「あとはチビたちにお菓子でも買ってあげようかしら」

花陽「お菓子?」

にこ「うん、あの子たちみんな大好きだから」

花陽「ふふっ」

にこ「……なによ」

花陽「にこちゃんって、優しいお姉ちゃんだね♪」

にこ「うっ……うるさい///」


12 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 14:56:26.69 ID:DAdhAI6XO
〜にこホーム〜

にこ「ただいまー」

ここあ「おかえりおねーちゃん!」

こころ「おかえりなさい、お姉さま」

にこ「ただいま。こころ、ここあ」ナデナデ

虎太郎「おかえり〜」

にこ「虎太郎も、ただいま」ナデナデ

花陽「お、おじゃまします……」

こころあ『あ、あなたは…!』

虎太郎「ばっくだんさ〜」

花陽「あ、あはは……」

にこ「こーら、もうμ'sはバックダンサーじゃないのよ?」

虎太郎「おお…」

こころ「それで……小泉さんは……」

にこ「ああ、花陽は今日は一緒にご飯食べるのよ」

花陽「よ……よろしくお願いします」

こころあ『よろしくお願いします!』

虎太郎「よろしく〜」ピコッ


13 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 14:57:49.38 ID:DAdhAI6XO
にこ「さあ作るわよ!」

花陽「わ、私は何をすればいいですか……!」

にこ「えっと……じゃあ>>15をしてもらおうかな」


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 14:58:09.77 ID:afArOMQgO
不思議な踊り


15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 14:58:24.21 ID:5AKVOkk3O
手洗いうがい


16 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 15:10:53.07 ID:DAdhAI6XO
にこ「まずは手洗いうがい! 食品を扱うんだから、ちゃんと綺麗にするのよ」

花陽「は、はいっ!」

ジャー

バシャバシャ

アワアワ

バシャー

花陽「綺麗になりました!」

にこ「爪の間も綺麗になってるわね……よし、完璧よ!」

花陽「えへへっ」

にこ「ではまず、ジャガイモの泥を洗い流して……」

花陽「はい!」

にこ「洗ったらジャガイモを一周回して切れ目を入れる」

花陽「はい!」

にこ「これをふかす」

花陽「ふむふむ」

にこ「いい感じになったら取り出して、氷水に入れて……皮が縮んだら両手でするりと剥く」

花陽「おお……す、すごいよにこちゃん! 綺麗に剥けたよぉ」

にこ「あとはジャガイモを潰して、炒めたひき肉や玉ねぎと混ぜて、形を整える」

花陽「うわあ……これを揚げるんだね!」

にこ「そういうことね。揚げるのは私がやるから、花陽は>>18しててくれる?」



17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 15:12:29.11 ID:GqWbEUaWO
盛り付け


18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 15:12:54.48 ID:mAmQ+d+rO
じゃがいもの皮剥き


19 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 15:19:11.17 ID:DAdhAI6XO
にこ「ジャガイモの皮むきを続けてくれる? けっこうな量なのよ」

花陽「はいっ!」イソイソ

にこ「ふんふふん〜♪」ジュー

花陽「わあ、美味しそうな色だね……」

にこ「美味しそうじゃなくて美味しいのよ。なんたってこの私が作ってるんだから」

花陽「えへへ、そうだねっ」ニコリ

にこ「っ…///」

花陽「にこちゃん?」

にこ「な、なんでもないわよ! ほら手が止まってる!」

花陽「は、はいぃっ!」

にこ(面と向かって頷かれると照れるのよ……バカ!)

・・・

花陽「皮むき終わりました!」

にこ「偉いわよ、よくがんばったわね」

花陽「えへへっ!」

にこ「じゃあご飯任せていい? こっちまだ終わりそうにないから」

花陽「お任せください!!」



20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 15:19:55.28 ID:gYR8d/yQ0
安価にしては平和だな
いいぞ


21 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 15:23:11.03 ID:DAdhAI6XO
〜数分後〜


花陽「炊けたよぉ〜!」

にこ「こっちも揚がったわ! それじゃあ盛り付けて食べましょ!」

花陽「うんっ!」

・・・

『いただきまーす』

ここあ「コロッケだー!」

虎太郎「ころっけ〜」

こころ「おいしいです、お姉さま!」

にこ「ふふん、でっしょー?」

花陽「い、いただきます……あむ」モグモグ

にこ「どう?」

花陽「おいしいです…!」

にこ「そう? よかった」

花陽「ありがとう、にこちゃん!」

にこ「ふふん、また頼ってもいいわよ?」

花陽「うんっ♪」


22 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 15:27:02.07 ID:DAdhAI6XO
『ごちそうさまでした!』

ここあ「あそぼー!」

花陽「わ、わたし?」

ここあ「うん!」

花陽「で…でも、お片づけが……」

にこ「いいの、こっちは私に任せて。花陽はみんなと遊んであげて?」

花陽「う、うん……ごめんねにこちゃん」

にこ「ふふっ」

こころ「なにして遊びましょうか?」

花陽「私はなんでもいいよ?」

ここあ「じゃあね、>>24!!」


23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 15:28:21.03 ID:T3nxi+IyO
トランプしよう


24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 15:28:37.00 ID:kYvXirdrO
おままごと


25 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 15:31:53.08 ID:DAdhAI6XO
ここあ「おままごと!」

花陽「ふふ、いいよ? 私はなんの役かな?」

ここあ「私がおねーちゃんで、虎太郎は弟。こころおねーちゃんがお母さん! 小泉さんは>>27だよ!」


26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 15:35:38.92 ID:kYvXirdrO
主婦


27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 15:37:29.58 ID:y9QK9HCSo
不倫相手


29 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 15:45:50.65 ID:DAdhAI6XO
ここあ「小泉さんは不倫相手!!」

花陽「」

こころ「」

ここあ「ふうふが、パパの不倫相手とお母さんのドロドロなシナリオなんだよ!」

花陽「な、なんてリアルおままごと……」

こころ「そ、それは流石に……」

虎太郎「ふりん〜」

こころ「と…というか、不倫なんてどこで覚えたの!」

ここあ「ドラマ!」

花陽「ああ……なるほど……」

こころ「ごめんなさい小泉さん……」

花陽「い、いいよぉ……あは、あはは」

花陽「だ、だれかたすけて……」

にこ「>>31


30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 15:47:44.32 ID:ucrBu97LO
ほら、花陽お姉さん困ってるでしょ!


31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 15:49:24.33 ID:/d+0z8kXo
奥さんが二人もいたらややこしいにこ


33 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 15:51:43.29 ID:DAdhAI6XO
にこ「奥さんが二人もいたらややこしいにこ」

ここあ「じゃあおねーちゃんはパパ役する? 小泉さんと不倫するけど」

にこ「う……」

花陽「あ、あはは……」

こころ「えっと…じゃあ>>35ということでどうでしょうか……」



34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 15:56:29.19 ID:ucrBu97LO
おままごとはやめる


35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 15:56:49.88 ID:xAIJ9f6UO
浮気相手じゃなくて子供にする
もちろんにこも子供役


37 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 16:00:52.53 ID:DAdhAI6XO
こころ「小泉さんもお姉さまも、子供ということでどうでしょうか? そんなドロドロのシナリオなんて……ね?」

ここあ「むう……こころおねーちゃんが言うなら」

虎太郎「こども〜」

ここあ「じゃあ、お母さんに子供が四人だね! 大家族だ!」

にこ「あはは、今とあんまり変わらないわね?」

花陽「でも、楽しいからいいじゃない?」

にこ「……ふふ、まあね」

ここあ「よし、はじめるぞー!」


38 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 16:05:04.31 ID:DAdhAI6XO
ここあ「まーまー」

こころ「はいはい、どうしたの?」

ここあ「おねーちゃんが私のお菓子とったー!」

にこ「!?」

ここあ「もう、お姉ちゃんなら我慢しなさい!」

にこ「ご、ごめんなさい……?」

ここあ「ふふ、ちゃんと謝れて偉いわね」

にこ「え、えへへ……」


花陽「な、なんだろね……あれ」

虎太郎「おままごと〜」

花陽「うん……そだね」

にこ「花陽! あんた、虎太郎と遊んでばっかりいないでこっち来なさいよ!」

花陽「ええっ!?」

こころ「あらあら、オシメの時間かな〜」

花陽「わたし赤ちゃんなのぉ!?」

虎太郎「あかちゃん〜」


39 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 16:09:16.32 ID:DAdhAI6XO
こころ「さあ、オシメかえましょうね〜」

花陽(な、なんでこころちゃん……ノリノリなの)

花陽「いや、まってえええ!!」

こころ「なんですか?」

花陽「ほんとにかえちゃうの!?」

こころ「おままごとですから、フリだけですよ」

花陽「そ、そうだよね……あ、あはは…」

ここあ「>>42


40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 16:22:41.18 ID:rTx8GEfPO
わたしとまま(こころ)で抑えるからおねーちゃんが変えるんだよ


42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 16:42:16.64 ID:wZR/sTC2O
にこにーのパンツ脱がすニコ


43 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 16:53:42.23 ID:y5+INUg8O
ここあ「じゃあ私はにこにーのオシメかえるー!」

にこ「私も赤ん坊なの!?」

ここあ「ふっふっふ……さあパンツを脱いでオシメを履きましょうねー!」

にこ「フリじゃないの!?」


虎太郎「ほんきも〜ど〜」


こころ「フリだけなので安心してください……」

花陽「ふ、フリだけでも恥ずかしいよお……!」

ここあ「いくぞー! おねーちゃん!」

にこ「い、いやだ! こないでー!」


にこぱな『だれかたすけてー!!』


>>45
1.にこママ帰宅
2.にこ怒る


44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 16:54:22.71 ID:6FrJdWako


45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 17:08:22.67 ID:DVqPBUT9O
1


46 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 17:25:49.20 ID:y5+INUg8O
にこママ「ただいまー」ガチャ


みんな『!!』


にこママ「……なにしてんの、あんたたち」


・・・説明中


にこママ「そう…遊んでただけなのね」

みんな『はい』

にこママ「ならよし、存分に遊びなさい!」

みんな『はい!』



にこママもいっしょに、普通のおままごとで遊びました


47 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 17:37:07.89 ID:y5+INUg8O
・・・


花陽「そろそろ帰るね……」

にこ「ん、一人で大丈夫なの?」

花陽「へ?」

にこ「家、一人なんでしょ?」

花陽「い……一応、お母さんも帰ってくるから。たぶん明け方だけど」

にこ「ならいいけど……それなら送っていくわ」

花陽「そ、それこそ悪いよぅ……」

にこ「いいからいいから」

花陽「>>50


50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 18:00:17.14 ID:v4xJQofZO
じゃあ…お言葉に甘えるね


51 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 19:16:10.63 ID:UM0LQQWhO
花陽「じゃあ…お言葉に甘えるね」

にこ「最初からそう言えばいいのよ。ちょっと送ってくるわねー」

にこママ「はーい」

こころ「また来てくださいね、小泉さん!」

ここあ「またあそぼーね!」

花陽「うん♪」

虎太郎「はなよ〜」

花陽「またね、虎太郎くん」

・・・



花陽「ふう……ごめんね、今日は」

にこ「いいのよ、みんな楽しんでたし……私も楽しかったから」

花陽「にこちゃん……」

にこ「またいらっしゃいよ。今度は私の得意料理を振舞ってあげるから」

花陽「わあ……ほんと? 嬉しいなぁ」

にこ「ふふん」

花陽「……ねえ、にこちゃん」

にこ「なに?」

花陽「ありがとう」ニコリ

にこ「……ええ」ニコリ




にこちゃんのお姉ちゃんな一面を見れて、なんだかとても嬉しかったなぁ……えへへ

ちょっとは仲良くなれたよね……?


またいっしょに遊べたらいいなぁ


〜にこちゃんは立派なお姉ちゃん編・完〜


52 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 19:22:42.49 ID:UM0LQQWhO
花陽「にこちゃんのコロッケおいしかったなぁ……えへへ」

花陽「またみんなで遊びたいなぁ……」


花陽「……そうだ、今度は>>53で仲良くなろうかな♪」



53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 19:23:56.95 ID:X/ZbF+oJO
家に招く


54 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 19:26:58.93 ID:UM0LQQWhO
花陽「そうだ! この前はお邪魔したし、今度は私が招待してあげればいいかな……」

花陽「……でも、招待して、どうしよう?」

花陽「誰かに相談しようかなぁ」

花陽「とりあえず>>56ちゃんに相談してみようかな!」


55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 19:27:11.91 ID:QezQltP3O
真姫


56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 19:27:26.90 ID:PE11aV6d0
絵里


58 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 19:35:46.48 ID:UM0LQQWhO
〜生徒会室〜

花陽「し、しつれいします……」

絵里「あら……花陽、どうしたの?」

花陽「あ、あの……絵里ちゃんに相談があって……」

絵里「私でいいなら聞くわ」

花陽「あ、あの……私ね、にこちゃんをおうちに招待したいんだけど……」

絵里「花陽がにこを……ねぇ」

花陽「そ、そんな変な意味じゃないよ!?」

絵里「私は何も言ってないんだけどなぁ……?」

花陽「あ、ぁぅ……///」

絵里「ふふ、からかってごめんなさい。にこを招待したいけど、何をしてあげればわからない……そういうことよね?」

花陽「う、ん……///」

絵里「なら、>>58なんてどうかしら?」


59 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 19:37:28.31 ID:UM0LQQWhO
絵里「間違えたわ。>>61よ!」


61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 19:39:28.78 ID:ZCAHfiJ3O
にこをレイプ


62 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 19:40:40.56 ID:UM0LQQWhO
エロは無しでお願いします
すみません
安価下にします


63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 19:41:23.12 ID:y9QK9HCSo
にこと同衾


66 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 19:47:11.15 ID:UM0LQQWhO
絵里「にこと同衾するのよ!」

花陽「どうきんって……?」

絵里「同衾っていつのは、まあ言うなれば同じ布団で寝ることね」

花陽「はぁ……同じ布団で……って、ぇぇえぇええええっ!!?」

絵里「つまりはパジャマパーティーってやつね」

花陽「で、でも同じ布団っ……その、うぅ……///」

絵里「友達なら普通じゃない? 穂乃果と海未とことりも、お泊りのときはみんなで同じ布団らしいし」

花陽「三人で……?」

絵里「布団をふたつくっつけて、ね」

花陽「なるほどぉ…」

絵里「というわけで、にこに泊まりにきてもらえばいい。わかった?」

花陽「は、はい……///」



67 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 19:54:45.28 ID:UM0LQQWhO
花陽「……に、にこちゃん!」

にこ「ん、どうしたの?」

花陽「こ…この前は本当にありがとう!」

にこ「ああ、いいのよ……って、何回も言ったじゃない」

花陽「あ、あはは……それで、ね? あの……この前のお礼をしたいなって」

にこ「お礼? そんなのいらないわよ」

花陽「しなくちゃ私の気が収まらないの! ……ね、お願い」

にこ「わ、分かったわよ……そこまで言うなら」

花陽「ほんと? じゃあ、今度の土日は暇かな?」

にこ「練習もないし、暇ね」

花陽「じゃあうちに泊まりに来ない? またお母さんが遅くて……」

にこ「……わかったわ、じゃあお邪魔するわね」

花陽「うんっ! えへへっ」


68 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 19:56:59.86 ID:UM0LQQWhO
そして土曜日


〜ぱなホーム〜

花陽「……もうすぐにこちゃんが来ます」

花陽「お部屋の掃除は完璧、埃一つないくらい綺麗にしました」

花陽「あとは何か忘れてることはないかな……?」


>>70
無ければにこちゃんが来訪します


69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 19:59:50.73 ID:jKnoBOvjO
集めたアイドルグッズ全部持ってくる


70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 19:59:53.10 ID:+nQo4JyGo
来訪カマン


71 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 20:13:45.94 ID:UM0LQQWhO
ピンポーン

花陽「!!」


・・・


にこ「お邪魔します」

花陽「い、いらっしゃいにこちゃん」

にこ「ちょっと早かった?」

花陽「ううん、大丈夫」

にこ「そう?」

花陽「ほら、あがってあがって」

にこ「ええ」

〜リビング〜

にこ「当たり前だけど、うちより広いわね」

花陽「あ、あはは……」

にこ「さてと……お泊りっても暇だし、何かしましょ? 花陽が喜びそうなもの、色々もってきたのよ」

花陽「!!」

にこ「例えば>>73とかね」


73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 20:16:21.62 ID:LyMj/8uW0
魚沼産コシヒカリ


74 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 20:32:24.96 ID:UM0LQQWhO
にこ「ふふふ……これ、なんだと思う?」ガサッ

花陽「そ、それは……魚沼産コシヒカリ!!」

にこ「ふふん、驚いた?」

花陽「ふぉぉ……ほわぁぁ……!!!」

にこ「!?」

花陽「にこちゃん大好き!」ダキッ

にこ「!!」

花陽「にこちゃ〜ん!」ギュー

にこ「ちょ、離れなさいよ!」

花陽「あ……ご、ごめんね。えへへ……嬉しいなぁ」

にこ「今日はこれで美味しいお米を炊いて食べさせてね?」

花陽「うん!」



75 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 20:34:08.72 ID:UM0LQQWhO
にこ「……さて、夜までなにする?」



花陽「そうだねぇ……じゃあ、>>77とか、どうかな」





76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 20:34:55.05 ID:SJ7Sx8vnO
料理


77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 20:35:17.25 ID:1i8+TJadO
アイドルのライブのBD鑑賞会


78 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 20:51:07.57 ID:jR0aVo+D0
花陽「じゃあ、私の持ってるアイドルのBDでも見る? もしかしたらにこちゃんも見たことあるかもだけど……」

にこ「なに言ってるの? アイドルのBDは何度見たって飽きないものよ! それに、知ってるやつなら花陽と語れるじゃない」

花陽「にこちゃん……そうだね、じゃあすぐ持ってくるね!」

にこ「ええ」

・・・

ミンナーキョウハアリガトーッ!

タノシンデイッテネー!!

花陽「センターの子、本当に可愛いよねぇ……」

にこ「確かに、センターは圧倒的ね。でも私は両サイドを固める二人も…」

花陽「それならセンターを支えるサイドも…」

にこ「ふふん、分かってるじゃない」

花陽「もちろんです!」

〜♪

にこ「ここ、このシーン!」

花陽「そうだよね! ここでみんながターンするの、タイミングピッタリだよね!」

にこ「私たちもこんなところを強化したいのよねぇ…」

花陽「うんうん、今度、絵里ちゃんに言ってみよう!」

にこ「で、次の……」

花陽「それから……」


79 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 20:58:55.32 ID:jR0aVo+D0
花陽「はあ……見終わったねえ」

にこ「そうね。これからどうする?」

花陽「うーん……にこちゃんどうしたい?」

にこ「私は……>>81したいわ」


80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 21:06:51.85 ID:+nQo4JyGo
かよちんのアイドルとしての魅力トーク


81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 21:11:54.66 ID:vfjQHkyLO


82 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 21:28:33.50 ID:jR0aVo+D0
にこ「花陽!」

花陽「は、はいっ!」

にこ「あなたが今、アイドルとしてどの程度完成しているか私が語ってあげるわ!」

花陽「えぇっ!?」

にこ「もちろんアイドルは日々精進よ。完成なんてありえない…でも現段階でのレベルを見てあげる!」

花陽「ぅ、は…はい!」

にこ「まずは>>84よ」


83 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 21:29:18.43 ID:+YMZZsyVO
ポーズ


84 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 21:32:24.49 ID:gMNtvutJO
色気


85 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 21:39:26.43 ID:jR0aVo+D0
にこ「まずは色気ね」

花陽「い、色気……///」

にこ「アイドルとして、人々を魅了する色気が必要なのは分かるわね?」

花陽「はい……」

にこ「あると思う? 自分に」

花陽「思えません……」

にこ「>>87


86 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 21:43:26.95 ID:CDQ3wyVYo
ならば希に聞くんだにこ


87 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 21:43:35.07 ID:WgIko7WyO
黙れ!おっぱい魔人!


89 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 21:53:07.41 ID:jR0aVo+D0
にこ「黙れおっぱい魔人!」

花陽「おっ…!?」

にこ「あんた……μ'sの中で三番目よ!? 82でしょ!? もっとそれうまく使いなさいよ!!」

花陽「ぇぇぇええええっ!!?」

にこ「ただ使えってことじゃないわ。そんなことするならグラビアでも行けって話よ」

花陽「は、はあ……」

にこ「エロさを出さず、色気を出すの」

花陽「む、むずかしいよ…それ」

にこ「ふふん。それは問題なし、すぐ近くに色気の塊が二人もいるじゃない」

花陽「色気の…」

にこ「希と絵里よ!」

花陽「!!」

にこ「ま、色気については二人を見てれば問題ないわ。次の話題ね」

花陽「ま、まだやるの…?」

にこ「花陽の魅力を余すことなく判定してあげるから任せなさい。良いところも悪いところも全て、ね♪」

花陽「はぃ…」

にこ「次は>>91よ」


91 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 21:54:56.32 ID:gBTOzdw9O
M字開脚


93 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 22:01:39.97 ID:jR0aVo+D0
にこ「ちょっと花陽、そこでM字開脚してみなさい」

花陽「!?」

にこ「ちょっとでいいから、ズボンなんだし問題ないでしょ」

花陽「う、うぅ……わかりました///」

・・・

花陽「…で、なんだったの?」

にこ「今のM字開脚はね、下半身の筋力を見たのよ!」

花陽「下半身の…筋力?」

にこ「そう、主に下半身の筋力はダンスに必須!! あれを安定させられるくらいの筋力がなければ無理よ!」

花陽「そ、そんなぁ…」

にこ「でも絵里の訓練のおかげで、筋力は申し分なかったわね」

花陽「そうかなぁ…?」

にこ「もちろんよ」

花陽「そっか…えへへ、よかったぁ」

にこ「ふふん、じゃあ最後は>>95!」


94 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/20(月) 22:04:11.85 ID:LyMj/8uW0
歌唱力


95 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 22:04:40.59 ID:oOhOpkbdO
おしりの匂いかがせなさい


97 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 22:15:24.50 ID:jR0aVo+D0
にこ「ちょっとお尻の匂い嗅がせなさい」

花陽「絶対にノー!!」

にこ「むぅ……」

花陽「ななななんでそんなことするの!!?」

にこ「ほら、お尻の匂いで風邪とか分かるじゃない?」

花陽「私はわんちゃんじゃないよぉ!」

にこ「なら……まあ体調管理は良しとするわ」

花陽「にこちゃんのばか……」

にこ「ごめんごめん、ちょっとした冗談みたいなものだから」

花陽「冗談にもほどがあるよ…」

にこ「すみませんでした」

花陽「もう…」

にこ「じゃあ花陽のアイドルレベルは私の理想したレベルにも近いことだし、談義は終了ね」

花陽「あ、うん」

花陽(に…にこちゃんの理想……///)

にこ「さて、次はなにする? ご飯にもまだちょっと時間あるし」

花陽「じゃあねぇ……>>98とかどうかな!」


98 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 22:17:12.13 ID:8JqVUC6bO
おやつ


99 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 22:21:08.90 ID:jR0aVo+D0
花陽「おやつにしない? 穂乃果ちゃんのお店でおまんじゅう買ってきてるんだぁ」

にこ「なんだか悪いわね」

花陽「にこちゃん喜ぶかなって思って」

にこ「ふふ、ありがと」

花陽「えへへっ」



100 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 22:40:04.11 ID:jR0aVo+D0
モグモグ

にこ「はあ…ほむまん美味しい」

花陽「大福も美味しいよぉ…」

にこ「けっきょく花陽はお米なのね」

花陽「お米は神様の作物だからね!」

にこ「ふうん……ほんとお米が好きね」

花陽「にこちゃんは嫌い?」

にこ「好き」

花陽「だよねぇ……えへへっ」

にこ「なに喜んでるの?」

花陽「お米を好きになってくれるのは嬉しいからっ!」

にこ「ふーん…」

花陽「ふふふっ」

にこ(いい顔してるわ……)

にこ(……いたずらしてみようかな)

いたずら内容
>>101


101 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 22:41:50.08 ID:+nQo4JyGo
大福ほっぺをもにゅもにゅする


103 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 22:56:10.40 ID:jR0aVo+D0
花陽「んふふ〜♪」モキュモキュ

にこ(大福みたいなほっぺたが大福食べてる…)

花陽「おいしいなぁ…えへへへ…」

にこ(……ちょっとほっぺた触ってみたい)

花陽「ん、にこちゃん?」

にこ(……触っちゃお)ムニ

花陽「に、にほひゃん…!?」

にこ(うわ……やわらかっ……!)モニュモニュ

花陽「に〜ほ〜ひゃ〜ん〜!?」

にこ(のびる……)ムニョー

花陽「ひゃぁあああ……」

にこ(これはすごい……凛や希が触りたがるのも分かるわ……)

花陽「ひょっほぉ……」

にこ「あ、ごめん」パッ

花陽「ひどいよぉ…」ウルウル

にこ「……」

にこはどうする
>>105


104 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 22:57:03.38 ID:WSN/QhSnO
胸を揉む


105 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 22:57:31.81 ID:6FrJdWako
他の場所のやわらかさも確認


106 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 23:05:04.47 ID:jR0aVo+D0
にこ「どれどれ」プニ

花陽「な、なんで太もも触るの!?」

にこ「いや……やわらかいなって」

花陽「なにがしたいのぉお……」

にこ「いやあ…やっぱり全身やわらかいわ…」プニプニ

花陽「身体中くすぐったいよぉ…」

にこ「あと胸だけだから」

花陽「ダメー!」

にこ「ちえっ…」

花陽「もう!」

にこ(花陽が怒った……)


107 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 23:07:29.21 ID:jR0aVo+D0
花陽「……」プンスコ

にこ「ごめんね花陽……」

花陽(ふんだ、にこちゃんひどいよ! やめてって言ったのに……)

花陽(……仕返ししちゃおうかな)

花陽(今だけ花陽は悪い子になります……ごめんなさい神様お米様)

悪い子になったかよちんは、どんないたずらをする?
>>110


109 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 23:09:29.20 ID:IECafoFCO
こちょこちょする


110 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 23:09:36.09 ID:CDQ3wyVYo
激辛明太子おにぎりを
にこにプレゼントする


112 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 23:13:10.29 ID:jR0aVo+D0
花陽(今日の夜、おにぎりに明太子入れてあげよう)

花陽(にこちゃんの嫌いなものを食べさせるなんて……花陽は本当に悪い子です……)

花陽(怒られても仕方ありません、ううぅ……)ガタガタ

にこ「は、はなよ……?」

花陽(でも、決めたんだもん! 今だけ悪い子の私を許してください!)


113 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 23:17:59.59 ID:jR0aVo+D0
〜夕食〜

『いただきまーす!』

花陽「わあ、にこちゃんのご飯はやっぱり美味しいなぁっ」

にこ「そう言ってくれると嬉しいわ」

花陽「えへへ……毎日食べたいくらいだよ〜」

にこ「…た、たまになら作ってあげてもいいわよ……?」

花陽「ほんと? えへへ、嬉しいなっ!」

にこ「ふふっ」

花陽(ここだっ!)

花陽「にこちゃん、私お手製のおにぎりです! 特別な具を中に入れてるから、目を閉じて食べてね!」

花陽(じゃないとはみ出た赤色でバレちゃうから…)

にこ「わあ……じゃあ、いただくわね」

花陽(に、にこちゃんが悪いんだよ……? 嫌だって言ってるのに何度もするから……私の話を無視するから!)

にこ「あーん」パク

にこ「……」

にこ「>>115


115 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 23:21:52.09 ID:Gbbl2ZWSo
あああああああああああああああああああっっ!!!!!!


116 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 23:29:00.17 ID:jR0aVo+D0
にこ「あああああああああああああああああああっっ!!!!!!」

花陽「に、にこちゃぁぁああああん!!! お水ですぅ!!」

にこ「」ゴクゴクゴクゴク

にこ「ぶはあっ……花陽ぉ!!」

花陽「ひぅぅっ…」ビクッ

にこ「……>>118


117 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 23:30:38.57 ID:izH2dJC0O
よくやったわね


118 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 23:31:04.33 ID:+nQo4JyGo
激にこぷんぷん丸


119 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/20(月) 23:36:23.76 ID:jR0aVo+D0
にこ「……激にこぷんぷん丸よ」

花陽「!?」

にこ「私を怒らせた罪……絶対に許さないわ!」

花陽「ご、ごめんなさぁい……」ウルウル

にこ「泣いて謝るくらいなら!」

花陽「にこちゃんが悪いんだよ!」

にこ「!?」

花陽「やめてって言ったのに……何度も何度もほっぺた引っ張るし、色んなとこ触るし……」

にこ「は、はなよ……」

花陽「やめてって言ってもん」

にこ「そう……なのね。ごめん、私が悪かったわ」

花陽「>>121


120 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 23:38:38.83 ID:thFqk8zo0
普通に頼んでくれたらいくらでも触らせてあげたのに……


121 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/20(月) 23:39:39.01 ID:OVmBhSOnO
うえ


123 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 00:13:06.74 ID:dG6con5V0
花陽「普通に頼んでくれたらいくらでも触らせてあげたのに……」

にこ「いくらでも?!!」

花陽「あっ…ち、ちがうよ! 今のはその、言葉の綾で……と、とにかく許可とってください!」

にこ「許可をもらえば触っていいの?」

花陽「ま、まあ……最近は凛ちゃんも希ちゃんも聞いてからだし」

にこ「じゃあ、いま触っていい?」

花陽「ご、ご飯を食べてからで…」

にこ「やった!」


124 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 00:19:29.19 ID:dG6con5V0
『ごちそうさまでした!』

花陽「おなかいっぱいだね……」

にこ「ええ……お米がおいしいからたくさん食べちゃったわ」

花陽「だよねだよね! さすがコシヒカリだね!」

にこ「なに言ってんの、花陽が炊いたから美味しかったのよ」

花陽「そ、そんな…///」

にこ「私が炊いてもこんな美味しいお米にならないもの。さすがね、花陽」

花陽「えへへ……///」

にこ「さて、お風呂入りましょ?」

花陽「あ、沸いてるからはいっていいよ?」

にこ「お風呂に入ると言ったわ」

花陽「そ、そんなの恥ずかしいです…」

にこ「問答無用! 泊まりに来てまで一人で入ってらんないわ!」

花陽「だ、だれかたすけてー!」


125 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 00:30:50.97 ID:Xu9aSSsFo
チョットマッテテー


126 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 00:32:45.53 ID:dG6con5V0
〜お風呂〜

かぽーん


にこ「はあ…あったかいわー」

花陽「は、はい……」

花陽(き…緊張しちゃうよぉ……)

にこ「もうちょっとこっち来なさいよ」

花陽「はぃ……」

にこ「…なに緊張してんのよ、今更そんな間柄でもないでしょ?」

花陽「だ、だってぇ……」

にこ「だって、なに?」

花陽「>>128


127 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 00:36:47.64 ID:nj9sYZ7Qo
指がいやらしい動きしてる


128 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 00:36:50.62 ID:TKdtSaY00
胸を見られるのが恥ずかしい


131 :おやすみなさい ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 01:38:09.61 ID:dG6con5V0
花陽「だって、にこちゃんに胸を見られるのが恥ずかしくて……」

にこ「ふうん……」ジロジロ

花陽「に、にこちゃん!」

にこ「ほんと大きいわね……」

花陽「み……みないで……///」

にこ(……頼んだらお触りおっけーなのよね)

にこ「ねえ、さっそくなんだけど、触ってもいい?」

花陽「>>134


134 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 02:03:34.05 ID:jna1gFSkO
先ににこちゃんのちっぱいを触らせて?


136 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 10:17:29.95 ID:dG6con5V0
花陽「……それなら、先ににこちゃんのちっぱいを触らせて?」

にこ「」

花陽「ぁ……ぁ、ぃゃ、その……///」

花陽「さ、されっぱなしなのは嫌ってだけだから!! ほんとだから!」

にこ「う、うん」

花陽「だ……って、にこちゃん…胸触りたいなんて……///」

にこ「…わ、わかったわよ。どんと来なさい!」

花陽「!」


137 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 10:20:13.81 ID:dG6con5V0
花陽「し、しつれいします……」ペタペタ

にこ「…///」

花陽「…///」ペタペタ

にこ「…どうよ」

花陽「ええっ!?」ペタペタ

にこ「触った感想くらい言いなさいよ!」

花陽「感想!?」ペタペタ

花陽「え、ぇと……その」

花陽「>>139


138 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 10:20:56.31 ID:duJdurSuO
やっぱり小さい


139 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 10:21:20.85 ID:sg6Rjk07O
ハリが合って最高だったよ!


140 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 10:30:10.67 ID:dG6con5V0
花陽「は、ハリがあって最高だったよ!」

にこ「慰めはいらんわ!」

花陽「ごめんなさい……」

にこ「じゃあ今度は私の番ね」

花陽「ぅぅ…///」

にこ「ぅゎ…」モニ

花陽「ひゃぁ…///」

にこ「重た……」モニモニ

花陽「っく、ぁ…」ビクッ

にこ(あ、これ以上はヤバイ)パッ

花陽「はぁ、はあ……///」

にこ「だ、大丈夫…?」

花陽「ぅん…///」

花陽「……感想は?」

にこ(聞くのね…)

にこ「感想は……>>143


141 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 10:34:39.57 ID:aK7BwTfUO
大きいわすごく大きい


143 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 10:36:09.06 ID:F/lQZqolO
揉めば揉むほど手に吸い付く柔らかさだったわよ。羨ましい(ボソッ


144 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 10:42:45.79 ID:dG6con5V0
にこ「揉めば揉むほど手に吸い付く柔らかさだったわよ」

にこ「……羨ましい」ボソッ

花陽「ぁ、ぅう……///」

にこ「ふんっ」

花陽「……の、希ちゃんにわしわししてもらえば、おっきくなるんじゃない?」

にこ「あれだけは嫌!」

花陽「な、なんで?」

にこ「だって……>>146


145 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 10:44:57.32 ID:F/lQZqolO
あの子レズだから


146 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 10:45:55.97 ID:9uI/zO64O
胸囲的な差を思い知らされる


147 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 10:50:27.01 ID:dG6con5V0
にこ「だって、胸囲的な差を思い知らされるんだから!」

花陽「あぁ…」

にこ「嫌なのよ! あんなデカイ塊引っ提げたのに、これ見よがしに胸触られるの! 悔しいじゃない!」

花陽「お、おちついてにこちゃん…」

にこ「その点、あんたやことりはいいわよ! でかいもん!」

花陽「はぃ…///」

にこ「なんで希は私ばっかりぃ…」ギリギリ

花陽(……どうしよう)

どうしたらいいですかぁ…
>>150


150 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 10:53:06.44 ID:hNXKlfSNO
わしわし


152 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 11:03:28.28 ID:dG6con5V0
花陽「え、えいっ!」ワシワシ

にこ「なにすんのよ!」

花陽「にこちゃんの胸は小さくても、その良さがあるよ!」

にこ「えぇっ!?」

花陽「私はにこちゃんの胸、好きだよ! だから落ち込まないで!」

にこ「は、はなよ……」

にこ「……私、そこまで言ってない」

花陽「はぅぁっ…!!」

にこ「誰も嫌いとまで言ってないわよ…ただ大きいのと比べられるのが嫌なだけで」

花陽「ご、ごごごごごごめんなさいぃぃぃぃいいいいっ!!!」

にこ「ちょ…は、花陽?」

花陽「わ、私…身体洗ってきます!」ザバッ

にこ「あ、うん」

花陽「ぅぅぅう……///」

にこ「……ありがとね、花陽」

花陽「……///」


153 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 11:07:17.00 ID:dG6con5V0
花陽(は、はやく洗って出ちゃお……///)アワアワ

花陽(気まずい……///)

にこ「……ねえ、花陽」

花陽「ぴゃあっ!?」ビクッ

にこ「」ビクッ

花陽「な、なんですか……?」

にこ「……>>155


155 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 11:25:35.75 ID:nj9sYZ7Qo
背中洗ってあげる


156 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 11:50:45.35 ID:e7wJP4qvO
にこ「……背中洗ってあげる」

花陽「えぇぇっ!?」

にこ「いいから」

花陽「は、はぃぃ……」

にこ「ったく……見てらんないのよ。お肌はタオルで洗うと傷ついちゃうのよ?」

花陽「は、はぁ」

にこ「だから手洗いで、マッサージすふようにしなくちゃね」ニュルニュル

花陽「手洗い……!?」アワアワ

にこ「どう? 気持ちいいでしょ?」ニュルニュル

花陽「ゃ、あっ……その、恥ずかしぃょぉ…」

にこ「洗ってるだけだから…」

花陽「ぅう…」

にこ「……花陽は肌が綺麗なんだから、もっと大事にしなさい」

花陽「へ?」

にこ「色白ですべすべで、ぷにぷにだし。本当ならパックさせたいくらい」

花陽「あ、あれは……」

にこ「はい、終わり。流すわよ」ザバー

花陽「ありがとうにこちゃん」

にこ「いーえ」

花陽「お返しに私も洗ってあげるね」

にこ「じゃあお願いするわ」

------
----
--


157 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 11:54:56.86 ID:e7wJP4qvO
〜ぱなルーム〜

にこ「さっぱりしたわー」

花陽「あとは寝るだけだね」

にこ「あ……じゃあ私は床で寝るわ」

花陽「ダメだよ! にこちゃんは私と一緒にベッドで寝ようよ!」

にこ「はあ!? な、なんでよ!」

花陽「……ダメ?」

にこ「だ、だって……恥ずかしいじゃない」

花陽「そんなことないよ! 私はにこちゃんと寝たかったのに……」

にこ「っ!」ドキッ

にこ「……あーもうっ! その顔は反則よ! わかった、わかったから!」

花陽「あはっ」



158 :saga 2014/10/21(火) 11:56:55.36 ID:e7wJP4qvO
モゾモゾ

にこ(お互いに背中を向けあって寝てるこの状況……)

花陽(自分から誘っていながらぐっすり眠れる気がしません……)

にこ(……どうしよう)

花陽(だ、ダレカタスケテー…)


ダレカタスケテー
>>160


159 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 12:01:23.92 ID:9uI/zO64O
恋バナでもする?


160 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 12:01:48.18 ID:VXebRkZ1O
突然の雷
なんと外は雷雨だった


161 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 12:14:23.74 ID:e7wJP4qvO
カッ


にこぱな『!!』


ドガシャァァァーン


花陽「きゃぁぁっ!!」ギュゥゥッ

にこ「ぐふぅっ!?」


ゴロゴロ…


にこ「か、雷……だから、落ち着いて花陽……それから離して」

花陽「こ…怖いよぅ…」ギュッ

にこ「花陽…大丈夫だから」

花陽「にこちゃぁん…」ギュゥ

にこ「大丈夫よ、私がいてあげるから」ナデナデ

花陽「うん…」


ピシャーン


花陽「ぁぅうう…」

にこ「大丈夫、大丈夫よ」ナデナデ

花陽「にこちゃん…」

にこ(なにか元気付けることは出来ないかしら)

にこ(少し元気になれば寝られると思うんだけど……)

何をすれば元気になるかしら
>>164


162 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 12:23:54.05 ID:sp+kWWP1O
キスでもすればええ


164 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 12:26:04.70 ID:P9zrb6YiO
抱きしめて子守唄歌おう


166 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 12:30:11.74 ID:e7wJP4qvO
にこ(……よし)ギュッ

花陽「にこちゃん…?」

にこ「ねーんねーんころりよ〜♪」ナデナデ

花陽「……」

にこ「ぼうやは良い子だ ねんねしな〜」ナデナデ

花陽「……ありがとう、にこちゃん…」ギュッ

にこ「……」

にこ「……おやすみ、花陽」ナデナデ

花陽「うん、おやすみ…にこちゃん」


167 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 12:33:05.98 ID:e7wJP4qvO
(・8・)ちゅんちゅん朝ちゅん


花陽「zzZ」

にこ「ふぅ……んん、っ……」ノビー

にこ「……花陽はまだ寝てるのね」

にこ「ふふ、よかった…ぐっすり眠れてるみたい」ナデナデ

花陽「おこめぇ…」

にこ「夢の中までお米っ……ふふっ」

にこ「よし、花陽が起きるまでにご飯作っちゃいましょうか」

にこ「他に何かしてあげること、あるかな?」

ないならご飯作って花陽を起こすわよー
>>170


170 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 12:35:50.29 ID:QyQH14/xO
寝顔撮影


171 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 12:38:54.62 ID:e7wJP4qvO
花陽「おこめ……えへへぇ……」

にこ「……」

にこ(いい顔してるわ)

にこ(そうだ、写メ撮っとこ)カシャッ

にこ(……ふふふ、さすが私。うまく撮れてる)

にこ「さて、ご飯作るかー!」


172 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 12:41:22.46 ID:e7wJP4qvO
30分後

花陽「ふぁ……」

花陽「ん、んぅ……」


花陽「……あれ、にこちゃんは?」


〜リビング〜

花陽「いい匂い…」

にこ「あら、起きた? おはよう花陽」

花陽「おはよございましゅ…」ムニャムニャ

にこ「まだ寝ぼけてる? 顔洗ってきなさい」

花陽「はぃ…」



173 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 12:45:05.52 ID:e7wJP4qvO
・・・

『いただきます』

花陽「美味しい……」モグモグ

にこ「そりゃどうも」

花陽「ごめんね、手伝えなくて…」

にこ「いいのよ、それくらい」

花陽「なにかお礼を……」

にこ「なんでそうなるのよ」

花陽「でも…」

にこ「じゃあねえ……>>175


174 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 12:58:02.99 ID:ftKLJ+usO
寝顔待ち受けにしていい?


175 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 12:59:46.38 ID:vO8dab4p0
また今度ウチに遊びに来なさい


176 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 13:09:00.00 ID:e7wJP4qvO
にこ「じゃあねえ、またうちに遊びに来なさい」

花陽「……え?」

にこ「こころたちも花陽のこと気に入ったみたいだし、今度は泊まりで来なさいよ」

花陽「い、いいの?」

にこ「招待してるんだから、悪いわけないでしょ?」

花陽「……うん、絶対に行くね!」

にこ「ええ、私も楽しみにしてるわ」

花陽「うんっ!」


〜にこちゃんとお泊まり編・完〜


177 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 13:17:26.54 ID:e7wJP4qvO
花陽「お泊まり会、楽しかったなぁ……えへへ」

花陽「今度はにこちゃんのおうちの招待されちゃったし、もっと仲良くなれたきがする……うふふ」

花陽「でもでも、もっと仲良くなれたらアイドル談議も燃え上がる気がします!」

花陽「今度は何をして仲良くなろうかなぁ」

花陽「よし、また相談だね」

誰に相談しようかなぁ?
>>180


178 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 13:17:49.61 ID:P9zrb6YiO
絵里


179 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 13:18:19.96 ID:roEEAGzCO
海未


180 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 13:18:50.06 ID:WYfeIrnCo
真姫


181 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 13:22:43.78 ID:e7wJP4qvO
花陽「真姫ちゃん!!」

真姫「ヴェェ!?」

花陽「にこちゃんと仲良くなりたいんだけど、何をすればいいかな!」

真姫「……とりあえず、説明プリーズ」

・・・説明中

真姫「なるほどね、仲良くなりたいと」

花陽「うん」

真姫「十分仲良しに見えるけど?」

花陽「もっと、仲良くなりたいんです…」

真姫「ふうん……じゃあ>>185とかは?」


183 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 13:28:11.02 ID:WYfeIrnCo
アイドルとしてのキャラ作りのレッスンをしてもらう


185 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 13:29:36.21 ID:oNrDBexZO
>>183


187 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 15:15:27.02 ID:e7wJP4qvO
真姫「アイドルとしてのキャラ作りのレッスンをしてもらうとか?」

花陽「それだよ真姫ちゃん!」

真姫「あ、そう?」

花陽「さっそくお願いしてくるねっ!」バタバタ

真姫「あ……はい」

真姫「……まあいいか、凛と遊ぼ」


188 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 15:40:33.37 ID:e7wJP4qvO




花陽「にこちゃん!」

にこ「また花陽……?」

花陽「アイドルとしてのキャラ作りレッスンをお願いします!」

にこ「……本気?」

花陽「はい!」

にこ「わかった、じゃあこれからあんたは>>190のキャラを作ってもらうわ!」


190 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 15:49:02.27 ID:MEd9dJh3O
にこ


191 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 16:52:04.39 ID:oJIRndhyO
にこ「あんたには私のキャラでやってもらうわ!!」

花陽「ええっ!?」

にこ「前にキャラチェンジしたとき、私は似てないと思ったけど皆が似てる似てるってうるさいのよ。だから私のキャラを真似しなさい」

花陽「は、はあ……」

にこ「できるわよね?」

花陽「は、はい! ……でも、にこちゃんのキャラでなにすればいいのかな?」

にこ「え……じゃ、じゃあ>>194してもらうわ!」



192 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 16:53:19.53 ID:JN/FXcFeo
にっこにっこにー


194 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 17:03:33.97 ID:RlscDNrYo
ポテト盗む


195 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 18:18:18.87 ID:oJIRndhyO
にこ「穂乃果のポテトを食べるの」

花陽「……それ、にこちゃんがやってたよね」

にこ「だから、花陽もするのよ」

花陽「なんで!?」

にこ「な、なんでって……そりゃ>>197だからよ!」


196 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 18:24:36.80 ID:9uI/zO64O
他のアイドルの技を盗む練習


197 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 18:27:04.15 ID:vO8dab4p0
アイドル界で生き残るには狡猾さが必要


198 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 18:35:42.63 ID:oJIRndhyO
にこ「アイドル界で生き残るには狡猾さが必要なのよ!」

花陽「!!」

にこ「他者を蹴落としてでも上を目指す……アイドルには黒さも必要なの! 花陽も分かるでしょ!?」

花陽「負けられない戦い……それがアイドル!」

にこ「よし、そうと決まればマックにいくわよ!」

花陽「はいっ!」


200 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 18:45:19.06 ID:oJIRndhyO
〜マック〜

穂乃果「みんなで来るのも久々だよねー!」

海未「最近は練習ばかりでしたからね」

にこ「たまには息抜きも必要よねー」

凛「必要にゃ〜」

海未「今日だけですからね」

穂乃果「わーい!」

にこ(いいわね、花陽!)キュピーン

花陽(は、はい!)キュピーン

穂乃果「はあ……ポテトうま〜!」

にこ「ねえ穂乃果?」

穂乃果「なーに?」

花陽(いまだ!)キュピーン

コンマ50以上なら成功
あと3回
>>201


201 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 18:47:42.01 ID:TKdtSaY00


202 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 18:49:31.95 ID:oJIRndhyO
花陽(そーっと……)ソローリ

にこ(あ、ばか!)

穂乃果「花陽ちゃん……?」

花陽「……あ」

穂乃果「……えっと、ほしいの?」

花陽「ぇ、えっと……」

花陽(に、にこちゃんなら、こんなときにこちゃんなら……)

花陽「>>204


203 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 18:57:30.78 ID:uHP6/qxXo
にっこにっこにー


204 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 19:00:52.48 ID:9uI/zO64O


205 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 19:19:38.72 ID:dG6con5V0
花陽「に、にっこにっこにー!!」

穂乃果「」

真姫「なにしてるのよ……にこちゃんの真似なんて」

花陽「ご、ごめんね穂乃果ちゃん……」

穂乃果「う、うん……食べたかったら言ってくれれば……」

花陽「あはは……ありがとう……」

にこ(……花陽、トイレいくわよ)キュピーン

花陽(は、はい)キュピーン

・・・

にこ「なに見つかってるのよ」

花陽「ごめんなさい……」

にこ「まあいいわ、にこがお手本を見せてあげるからよく見てなさい」

花陽「はい!」

花陽(ポテトの盗み食いレッスンになってるよにこちゃん……)

・・・

穂乃果「でね〜」

花陽「うんうん」

凛「すごいにゃ〜」

にこ(いまね!)

コンマ50以上なら成功
>>207


207 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 19:30:24.25 ID:ufmYpQoVO
ksk


208 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 19:51:59.76 ID:dG6con5V0
にこ(ていっ!)

穂乃果「にこちゃん!」

にこ「!?」

穂乃果「花陽ちゃんにも言ったけど、ほしいなら言ってよ!」

にこ「は、はーい……」

花陽(ポテト盗み食いレッスンは失敗だね……)


・・・


にこ「なんかいつの間にかポテト盗み食いレッスンになってたわ」

花陽「そうだよね……」

にこ「今度こそアイドルらしいレッスンするわよ!」

花陽「はい!」

にこ「次のレッスンは>>210!!」


209 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 19:54:57.16 ID:ftKLJ+usO
トークスキル


210 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 19:55:24.97 ID:L2nuSAlgo
1日1万回感謝のにっこにっこにー


211 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 20:01:43.38 ID:dG6con5V0
にこ「一日一万回! 感謝のにっこにっこにーよ!」

花陽「一万回しちゃうのぉ!?」

にこ「しちゃうのよ!」

花陽「の、のどが壊れちゃうよ……」

にこ「バカね花陽! これは喉を鍛える訓練でもあるのよ!」

花陽「!!」

にこ「さあ、やるわよ!」

花陽「は、はいっ!」

にこ「にっこにっこにー!」

花陽「にっこにっこにー!」

にこ「にっこにっこにー!」

花陽「にっこにっこにー!」

にこ「にっこにっこにー!」

花陽「にっこにっこにー!」


・・・


212 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 20:07:02.72 ID:dG6con5V0
9999回目


にこ「に゙っ゙ごに゙っ゙ごに゙ー゙!」

花陽「に゙っ゙ごに゙っ゙ごに゙ー゙!」


10000回目


にこ「に゙っ゙ごに゙っ゙ごに゙ー゙!」

花陽「に゙っ゙ごに゙っ゙ごに゙ー゙!」

にこ「お゙わ゙っ゙だー゙!」

花陽「も゙ゔや゙だー゙!」

・・・

にこ「はあ、はあ……つ、疲れた……」

花陽「の、のどががらがらです…」

にこ「……これ、きっついわ…」

花陽「うん……」

にこ「……あと、どうしよ」

花陽「え……?」


最後のレッスン
>>215


213 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 20:14:02.11 ID:IV/++0F1o
百合営業の練習でもしとこか


215 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 20:15:21.98 ID:OP4Vp/BtO
酔ったふりの演技


217 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 20:20:39.42 ID:dG6con5V0
にこ「酔ったふりの演技よ」

花陽「酔った……って、でも私たち未成年だよ…?」

にこ「だから演技なのよ! 酔った女の色気を手に入れるための!」

花陽「ほぇぇ…」

にこ「とりあえず私をキュンってさせてみなさい」

花陽「は、はい……」

にこ「部室でやるわよ。恋人と二人で飲んでるときの少し酔った女を演じなさい」

花陽「こ、こいびと……///」

にこ「恋人役は私がやるから、ファイトよ!」

花陽「うん……」


218 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 20:24:00.56 ID:dG6con5V0
・・・


にこ「うふふ」

花陽「あはは」

にこ(二人でお酒飲みながらの会話なんて分かんないわよ!)

花陽「はふぅ……」

にこ(来るわね……きなさい、あなたの演技を見てあげる!)

花陽の演技
>>220


219 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 20:26:10.57 ID:2Qm6YSiSO
迫真


220 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 20:26:21.85 ID:UjdzI+0kO
中の人的な謎テンション


223 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 21:14:52.99 ID:dG6con5V0
花陽「はぁ……あはは、なんか酔ってきた〜」

にこ「少し休む?」

花陽「ぇええーーだいじょぶだいじょぶ、もっとのもー!」

にこ「い、いや……あの」

花陽「にこちゃんもほらー! あはははっ」

にこ(このテンション…普段と正反対ね!)

花陽「はぁぁあぁ…あははは、楽しい!」

にこ「そ、そうね!」

花陽「ねえねえにこちゃーん……」

にこ「どうしたの?」

花陽「>>225


224 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 21:15:27.52 ID:2oepogEro
大好きっ!


225 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 21:16:15.35 ID:uHP6/qxXo


226 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 21:19:42.48 ID:dG6con5V0
花陽「大好きっ!」

にこ「!?」

花陽「にこちゃーんだいすきーあははははっ、ちっちゃくてかわいいー」

にこ「うっさいわ!」

花陽「ちょ、触っていい? ねえ触っていい?」

にこ「いやよ! ってかそろそろ演技終わり、元に戻して! ほらほら!」

花陽「ぁ……ご、ごめんなさぃ……」

にこ(テンションの落差激しい……)

花陽「ど、どうだった……? 私の演技」

にこ「え……えっと、ね……」

花陽の演技はどうだった?
>>228


227 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 21:20:20.87 ID:KLw/iqriO
合格よ超合格!ギュッ


228 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 21:22:15.44 ID:RlscDNrYo
ダメダメ 嫁に来なさい


229 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 21:25:04.60 ID:dG6con5V0
にこ「ダメダメ。嫁に来なさい」

花陽「…………え?」

にこ「え?」

花陽「……ど、どういう……こと?」

にこ「>>232ってこと」


231 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/21(火) 21:26:28.01 ID:cW00Ai300
花陽は私のもの


232 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 21:28:19.06 ID:Tnn5T2Oqo
つまり、そういうこと


234 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 21:48:42.73 ID:dG6con5V0
にこ「つまり、そういうこと」

花陽「はぁ………………って、ぇぇええええええええええっ!!?」

花陽「わ、わたし……にこちゃんと結婚しちゃうのぉ!?」

にこ「>>236


236 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 21:51:13.03 ID:bNP7AHwNO
チャペルにみんな集まってるわ


238 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 21:54:19.63 ID:uHP6/qxXo
マッハな展開にワラタ


239 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 21:58:51.58 ID:dG6con5V0
にこ「チャペルにみんな集まってるわ! さあ行くわよ!」

花陽「だ、ダレカタスケテー!!」


〜チャペル〜

リンゴーン

リンゴーン

穂乃果「花陽ちゃん綺麗だよー!」

凛「かよちんおめでとにゃー!」

絵里「ハラショー!」

真姫「おめでと、ふたりとも」

パチパチ

にこ「ふふふ、みんなありがとう!」

花陽「」

にこ「ほら、花陽も」

花陽「ア、アリガトウゴザイマス…」

にこ「ふふふ、緊張しちゃって」

牧師(希)「健やかなるときも……ぇと、……うん、誓いますか?」

にこ「誓います」

花陽「ち、誓います……?」

希「では、誓いのキスを」

にこ「いくわよ……」

花陽「は、はひ……」

花陽(な……なんでこんなことに……?)

花陽「こ、これって夢……?」

にこ「>>240


240 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 22:01:03.99 ID:/i4EgDz+O
夢だったらどうするのかしら?


242 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 22:03:47.79 ID:dG6con5V0
にこ「夢だったらどうするのかしら?」

花陽「ゆ、夢だったら……夢なら、なんでもできるかなって」

にこ「ふぅん……じゃあなんでもしちゃいましょ?」

花陽「えっ……?」

にこ「さあ、まずはキスをするわよ」

花陽「……>>245


244 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/21(火) 22:20:42.80 ID:cW00Ai300
うん


245 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 22:20:58.05 ID:Tnn5T2Oqo
んっ…(にこちゃんもとろけるでぃーぷなキス)


247 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 22:28:33.23 ID:dG6con5V0
花陽「んっ……」

にこ(っ……舌を……!?)

花陽「ちゅ、ぢゅる……くちゅ、こきゅっ……」

にこ「んは、ぁっ…ちゅっ……」

花陽「にほはゃぁん……ちゅる、ぢゅく……」

にこ「ん、んぁ……はぁ、んっ……」

花陽「ぷはっ……えへへ、ごちそうさまでした///」

にこ「」キュンッ

にこ「>>250


249 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 22:32:10.87 ID:TVbX+gQ+0
もっと…


250 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 22:32:48.75 ID:sJLptOhkO
まだ足りないわ、もっとしてちょうだい


252 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 22:37:17.01 ID:dG6con5V0
にこ「まだ足りないわ……もっとしてちょうだい」

花陽「う、うん……ちゅっ」

にこ「ちゅく、ぢゅぱっ……れろ、ちぅ」

花陽「くちゃ…ぢゅる、ごくっ……ん、はっ…」

にこ「ちゅく、くちゅる……」

花陽「はぁ……んっ、は……」

にこ「花陽……」

花陽「にこちゃん……」

にこ『だいすき』花陽


〜にこちゃんとアイドルレッスンの末結婚編・完〜


254 : ◆8oOW4uaK9Q 2014/10/21(火) 22:49:30.52 ID:dG6con5V0
おしまいです
ありがとうございました


255 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 22:52:42.89 ID:WYfeIrnCo
乙乙


257 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/21(火) 23:19:50.48 ID:IV/++0F1o
大変よろしゅうございました


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413782936/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ラブライブ!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ