Powered By 画RSS


三浦「ヒキオって結構良い体してんだね・・・」ボソ

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/10(月) 18:39:55.81 ID:jKRuWKwG0
八幡「は? 何か言ったか?」

三浦「は? 何も言ってないんだけど。マジキショいわ」

葉山「まぁまぁその辺で・・・」ニコ

八幡「結局俺は罵倒される運命にあるのか・・・Irony of fateだな」

葉山「え? えーと、その・・・」

三浦「運命の皮肉って意味?」

八幡「・・・直訳するとそうなるな」

三浦「まさにヒキオにぴったりの言葉じゃん」

八幡「真に受けるなよ・・・」

三浦「・・・ふん」プイ

葉山「(しかし、先程優美子が呟いた言葉は一体・・・?)」




2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/10(月) 18:47:14.28 ID:jKRuWKwG0
由比ヶ浜「最近ヒッキーと優美子って仲良くなったよね」

八幡「確かに一時期よりは状況が良くなったな。俺はあいつをただのリア充だと思っていたが、本当の正体はオカンだった」

由比ヶ浜「オカンって何だしwww」

八幡「草を生やすなビチヶ浜」

由比ヶ浜「(´・ω・`)」

八幡「・・・でもまぁ、お前の親友でもあるしな、下手なまねはできないが」

八幡「かと言って俺はあいつと関わりが多いわけではない、いつも通りに過ごすさ」

由比ヶ浜「そっか、できれば優美子と関わる機会を増やしてほしかったんだけどな・・・」

八幡「お前は俺の保護者か」



3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/10(月) 18:53:50.05 ID:jKRuWKwG0
由比ヶ浜「ほ、保護者って!? ということはヒッキーは私の息子? ダメだよヒッキー、私達親子なんだよ・・・?」

八幡「そんな幼い母親がいてたまるか。てか自重しろビチヶ浜、シャレにならん」

雪ノ下「比企谷君の言う通りよ、由比ヶ浜さん。今のは冗談にしても笑えないわ、おまけに物凄く下品だったし・・・」

由比ヶ浜「ほ、ほんのジョークだよ!///」




雪ノ下「そういう軽率な言動は控えるべきよ、由比ヶ浜さん <●> <●>」




由比ヶ浜「う・・・はい」シュン

八幡「(いや、だから雪ノ下のあの目は何なんだよ!?)」ゾワ



7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/10(月) 19:01:40.14 ID:jKRuWKwG0
八幡「(今日も順調に捗ったな)」

八幡「一息つくか・・・」ガタ



― キッチン ―

八幡「ん・・・?」

八幡「(今日は疲れたから洗い物は明日にするって小町が言ってたけど、いつの間に片付いているんだ?)」

八幡「(やっぱり明日するの面倒くさくなってやったのか?)」

八幡「シンクまで綺麗になっているな・・・ここまで念入りにしなくても良いのに」



― 翌朝 ―

八幡「さて、着替えるか」スッ

八幡「(ん? こんな香水買った覚えないぞ? 俺が忘れているだけか?)」

八幡「(しかも女物だし・・・小町のではなさそうだな)」

八幡「(これは一体・・・?)」

小町「お兄ちゃん、早くご飯食べて!」コンコン

八幡「はいはい、今行くよ」チラ

八幡「・・・・・・」



8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/10(月) 19:03:27.29 ID:jKRuWKwG0
八幡「結局持ってきてしまった・・・」

八幡「(何故か目に留まって持ってきてしまった・・・これは一体誰が買ったんだろう・・・?)」

三浦「ヒキオ」

八幡「ん? 三浦か」

三浦「ヒキオそれどうしたの?」

八幡「これか? 実は俺の部屋にあったものでな、買った覚えはないんだが」

三浦「へぇ~・・・で、使ってみたの?」

八幡「は? いや、これ女物みたいだぞ? さすがに使うのは・・・」




三浦「どうして? <●> <●>」




八幡「!?」ビク

三浦「別に使っても良いじゃん。変な物が入っているわけでもないし」

八幡「なんでそんなことわかるんだよ?」

三浦「いいから、ほら。今ここで使ってみなよ?」グイグイ

八幡「わ、わかったよ・・・」シュッ シュッ

八幡「(あ、結構良い匂い・・・)」

三浦「ほらね? 何ともないじゃん」

八幡「・・・まぁな」

三浦「折角だし今度からそれ使ってみたら?」

八幡「気が向いたらな・・・」

八幡「(しかし、この匂い・・・どこかで嗅いだことがあるような・・・?)」




三浦「・・・・・・」






10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/10(月) 19:08:23.44 ID:jKRuWKwG0
八幡「なぁ、由比ヶ浜」

由比ヶ浜「なに?」

八幡「・・・・・・」クンクン

由比ヶ浜「ふぇ!?///」ビク

八幡「・・・違う(あの匂いじゃない・・・)」

由比ヶ浜「ヒッキーのアホ! エッチ! バカ!///」

八幡「(この香水の匂いは一体どこで・・・?)」




雪ノ下「<●> <●>」

八幡「雪ノ下」

雪ノ下「え?」

八幡「・・・・・・」クンクン

雪ノ下「え!?///」ギョ

八幡「良い匂いがする(違う・・・)」

雪ノ下「///」



14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/10(月) 19:21:16.33 ID:jKRuWKwG0
八幡「ただいま」ガチャ

八幡「ん?(あの香水の匂い・・・何で玄関に?)」

八幡「(俺のが汗で濡れて匂いが広がった・・・? いや、それにしては・・・)」

小町「おかえり、お兄ちゃん」

八幡「小町、なんか玄関匂わないか?」

小町「なんか小町が帰ってきたときから家中不思議な匂いがするんだよねぇ~」

小町「でも不快な匂いじゃないから良いんじゃない?」

八幡「あ、あぁ・・・」



16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/10(月) 19:30:26.96 ID:jKRuWKwG0

― 風呂場 ―

八幡「ふぅ・・・(さっぱりした)」ガチャ

八幡「(あれ・・・? またあの匂いだ・・・今度は少し強めに漂っている)」フキフキ

八幡「(本当に何の匂いだ・・・?)」フキフキ






ススススススス・・・      トン      ギシ・・・      ギィ






八幡「(ん? 小町か?)」フキフキ

八幡「おい小町、まだ体拭いてる途中だぞ?」チラ














三浦「<⦿> <⦿>」













八幡「」

八幡「」ゴト

八幡「」

八幡「」








三浦「やっぱりヒキオって良い体してるよね・・・」サワサワ









17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/11/10(月) 19:38:03.64 ID:jKRuWKwG0
八幡「(昨日の夜も記憶が曖昧になってしまった)」

八幡「(気づいたらベッドの上で朝を迎えていた・・・)」

八幡「(こころなしか全身にあの香水の匂いが付着していたような気がする)」

三浦「ヒキオ」

八幡「三浦か・・・」

三浦「あの香水はまだ使っているの?」

八幡「一応害がないことはわかったからな、なくなるまで使ってみるよ」

三浦「ふふ・・・そっか・・・」









三浦「大切に使えし。それ、高かったんだから <●> <●>」








八幡「え・・・?」




――― 終 ―――





元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1415612385/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「俺ガイル」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ