Powered By 画RSS


P「まっくろくろすけ?」

1 : ◆BTK4Nt7FSQ 2014/11/27(木) 17:01:18.32 ID:DhPRJzfSO
・短め

・ちょこっとクロス

・ぼちぼち投下して行きます


2 : ◆BTK4Nt7FSQ 2014/11/27(木) 17:02:49.33 ID:DhPRJzfSO
響「うん!プロデューサー、知ってる?」

小鳥「あれでしょう?トトロとかに出てた奴」

響「そうだぞピヨコ。そのまっくろくろすけ」

P「それがどうしたって?」

響「最近拾って飼い始めたんだぞ」

P・小鳥「「……え?」」





3 : ◆BTK4Nt7FSQ 2014/11/27(木) 17:03:56.33 ID:DhPRJzfSO
響「ん?」

小鳥「いや、響ちゃん何を飼い始めたって?」

響「だから、まっくろくろすけだぞ。
この前見付けたんだ」

P「……響」ポン

P「あれはフィクションであり、実在の人物・企業・団体名とは関係ないんだぞ?」

響「そ、そんな事言われなくても分かってるぞ!
でも見付けちゃったんだぞ!」



4 : ◆BTK4Nt7FSQ 2014/11/27(木) 17:06:04.51 ID:DhPRJzfSO
小鳥「…響ちゃん」ポン

小鳥「辛い事があるなら、何時でも相談してくれて良いのよ?」

響「うがーっ!二人共信じてないな!
じゃあすぐ連れて来てやるぞ!」ガチャ バタン!

タッタッタッ…タッタッタッ

響「連れて来たぞ!」ガチャ バタン!

P・小鳥「「早!」」

響「実は紹介しようと思って下に待機させてたんだ」

小鳥「何やってるの響ちゃん」



7 : ◆BTK4Nt7FSQ 2014/11/27(木) 17:14:35.46 ID:DhPRJzfSO
響「それより、ほら!まっくろくろすけのくろ助だぞ!」

コロン コロコロ…

P「……なあ響」

小鳥「……ねえ響ちゃん」

響「何、二人共?」

P・小鳥「「まっくろくろすけって一つ目だったっけ?」」



8 : ◆BTK4Nt7FSQ 2014/11/27(木) 17:16:19.79 ID:DhPRJzfSO
響「あぁ違うぞ。
ほら、よく見たらおっきな目の中に小さな目が一つあるんだ。
だからちゃんと目は二つあるんだぞ」

P「…何かバックベアードみたいなんだが」

響「西洋妖怪と一緒にしないで欲しいぞ」



9 : ◆BTK4Nt7FSQ 2014/11/27(木) 17:17:37.12 ID:DhPRJzfSO
小鳥「まっくろくろすけも妖怪なんだけど…と言うか…ねぇプロデューサーさん」

P「えぇ音無さん…あれ」

P・小鳥「「何か見た事がある…」」



11 : ◆BTK4Nt7FSQ 2014/11/27(木) 17:19:35.20 ID:DhPRJzfSO
P「えっと…響?
そいつ何処で拾ったんだ?」

響「いつの間にかカバンの中に入ってたんだ。
ほら、この前営業に行った時に」

小鳥「…あの、プロデューサーさん…この前の響ちゃんの営業先って…」

P「…あの町です」

小鳥「と言う事は…」

P「多分…」



12 : ◆BTK4Nt7FSQ 2014/11/27(木) 17:20:48.25 ID:DhPRJzfSO
小鳥「ね、ねぇ響ちゃん」

響「ん?どうしたんだ二人共」

P「響…そいつ…くろ助な」

響「うん!ほら、くろ助すっごく良い子なんだぞ!」

P「あぁ今は、まだな…
そいつは元の場所に帰した方が良い」



13 : ◆BTK4Nt7FSQ 2014/11/27(木) 17:22:07.48 ID:DhPRJzfSO
響「……え?」

P「そいつは危険なんだ。
危ないんだよ。元居た所に帰そう響…な?」

響「あ、危なくなんてないぞ!
くろ助はもう、うちの家族なんだぞ!
何でそんな事言うんだプロデューサー!」

P「だけどな響」



14 : ◆BTK4Nt7FSQ 2014/11/27(木) 17:25:27.10 ID:DhPRJzfSO
響「うぅー、そんな事言うプロデューサーなんか…!」

P「!ま、まて、響!」

小鳥「それ以上言っちゃダメよ響ちゃん!」

響「…プロデューサーなんか…プロデューサーなんか……め、迷惑だぞ!!」

小鳥「あ、あぁ~…言っちゃった…」



15 : ◆BTK4Nt7FSQ 2014/11/27(木) 17:28:00.76 ID:DhPRJzfSO
くろ助「メ・イ・ワ・ク」

くろ助「プロデューサーナンカメイワク!」



16 : ◆BTK4Nt7FSQ 2014/11/27(木) 17:29:15.91 ID:DhPRJzfSO
P「ま、まずい!」

響「え?な、何?どうしたんだ、くろ助!
何か形が変わって…」

くろ助→邪悪獣・Pヘッドン「…プロデューーース!」

P「やっぱりアークダーマだったか…」

小鳥「やたら見慣れた姿になりましたね」



17 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/27(木) 17:35:10.44 ID:sV/gN9uoO
また懐かしいのを


19 : ◆BTK4Nt7FSQ 2014/11/27(木) 17:35:15.67 ID:DhPRJzfSO
Pヘッドン「トップアイドーール!!」ドゴン!

P「うわっ!あ、暴れ出したぞ!」

響「やめるんだぞくろ助!」

小鳥「ダメよ響ちゃん!早くこっちへ!」

響「くろ助!くろ助ぇーっ!!」

Pヘッドン「トップアイドール!プロデューースーーー!!」


―――――
―――





20 : ◆BTK4Nt7FSQ 2014/11/27(木) 17:37:32.61 ID:DhPRJzfSO
P「……や、やっと事後処理が終わった……」バタン

小鳥「…こ、こっちもです…」キュー

P「はぁ…まったく大変でしたね…アイツいきなり幼生体から成長はするわ、スーパー化はするわ、防衛隊が出てくるわ…」

小鳥「町中全部をトップアイドルにプロデュースしようとするわ、防衛組も来てくれるわで大騒ぎでしたけど…

P・小鳥「「何とかなって良かった…」」



21 : ◆BTK4Nt7FSQ 2014/11/27(木) 17:38:28.80 ID:DhPRJzfSO
小鳥「今回の事件、TVアニメなら3話か5話分位ありますね」

P「そうですね。
文庫本なら上巻・下巻ってとこですか…
それに、あの後ハム蔵達が響を元気付ける為に色々頑張ったり…」

小鳥「それが元で別の事件に巻き込まれたり、皆の絆がより一層深まったり、でもそのお陰で響ちゃんもすっかり元気になりましたけど…」

P「まぁ…」

P・小鳥「「面倒なんで語りませんけどね」」



22 : ◆BTK4Nt7FSQ 2014/11/27(木) 17:39:23.92 ID:DhPRJzfSO
P「とにかく音無さん」

小鳥「はいプロデューサーさん」

P・小鳥「「お疲れ様でした」」

P「さて、そろそろ響も帰って来ますね」

小鳥「今日も営業でしたよね?…まさか…」

P「いや、今日は陽昇町じゃありませんから大丈夫ですよ…って噂をすれば」

…タッタッタッ ガチャ バタン



23 : ◆BTK4Nt7FSQ 2014/11/27(木) 17:40:13.99 ID:DhPRJzfSO
響「プロデューサー!!」

小鳥「お帰りなさい、響ちゃん」

P「お疲れ様。大丈夫だったか、響」

響「うん!自分、完璧だからな!
それよりプロデューサー」



24 : ◆BTK4Nt7FSQ 2014/11/27(木) 17:40:59.86 ID:DhPRJzfSO
響「今日の営業先で忍術を使う犬を拾ったんだ!
今日からうちの家族だぞ!」

P・小鳥「「……青空町に戻して来なさい!!」」

ゴン「家に返して欲しいんだワン!」


~Fin~


25 : ◆BTK4Nt7FSQ 2014/11/27(木) 17:43:04.01 ID:DhPRJzfSO
と言う訳で終了です

読んでくれた方有難う御座います



元ネタの分からなかった地球の子供達よ、エルドランシリーズで検索するのだ


26 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/27(木) 17:44:24.70 ID:XfE7uL50O


また懐かしいネタを


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1417075278/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ