Powered By 画RSS


女「モフモフ」狐娘「耳と尻尾は触るなよ!?絶対だぞ!?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 22:15:12.29 ID:BPTKAuf80
女「今日もいい天気だなー」スタスタ

女「あれ、こんな所に神社なんてあったっけ?んーおかしいな。…よし!」

狐娘「む?参拝客とは珍しいな。……あ」

狐娘(何だ、急に胸が高鳴るな…。久し振りの参拝客に緊張しているのか?…まったく)グゥゥゥ

狐娘(何だ腹のせいか)




4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 22:18:08.52 ID:BPTKAuf80
神社「」ボロ

女「汚ッ!誰か掃除くらいすればいいのに」

神社「」ボロッ
女「……まぁ、せっかく来たんだし、参拝してこっかな!」チャリンチャリン

女「何かいい事ありますよーに!何かいい事ありますよーに!!」

狐娘「ず、随分と大雑把な願い事だな」ヒョコ

女「単純明快って言って欲しーな!」クルッ

女(おぅ、かわいい子だなぁ…)


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 22:24:20.66 ID:BPTKAuf80
女「……って、だれ!?」

狐娘「簡単に言うと、神的な存在だな」

女「いや、そんなこと聞いてないし」

狐娘「それよりその袋の中身、全て置いて行ってもらおうか?」

女「えぇ!?これ私のお昼ごはんなんだけどー!」

狐娘「そんなこと、私が知るかッ!」グゥゥゥ

女「…………」

狐娘「…………」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 22:32:07.01 ID:BPTKAuf80
狐娘「ちっ違うぞ!今のは……そうだ!屁だ!!」

女「いや、それもどうかと」

―――――― 


女「お腹すいてるなら早く言えばいいのにー」

狐娘「……ふん」モグモグ

女「いっぱいおまけして貰ったんだ!どう?おいしいでしょ?」

狐娘「……まぁまぁ」

女「そっかぁ。じゃあいらないよねー」

狐娘「…うまい」

女「もっと上品に」ニヤニヤ

狐娘「…おいしいです」ボソッ

女「よろしい!」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 22:39:05.15 ID:BPTKAuf80
女「でさでさー。気になってたんだけど、その耳と尻尾なに?」

狐娘「今更か」

女「うん」

狐娘「さっきも言ったが私は神的な存在、まぁ神使と言ったところだ」

狐娘「その名の通り神の使いなのだが、一部で神使そのものを祀り始てな」

狐娘「その影響か知らんが獣の姿から人へと変わったのだ。耳と尻尾はその名残り」

女「へー。可愛いね!」グッ

狐娘「そ、そうか…」カァ

女「でさ~耳触っていい!?尻尾モフモフしていい!?」

狐娘「だ、ダメだ!」

女「なんでー?」

狐娘「なんででもだ!」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 22:46:07.99 ID:BPTKAuf80
女「そこまでイヤなんだー、何か秘密があったり?」

狐娘「えぇい!腹は膨れた!早く帰れ!」

女「帰るけどさぁ~。……他に誰かいないの?ここ」

狐娘「ずっと、私一人だ」

女「じゃあさー、泊りにおいでよ!」

狐娘「……いや、いい」

女「そっかぁ~。美味しいものいっぱい、いーっぱいあるんだけどなー」チラッ

狐娘「……」ピク

女「断られたなら仕方ないよねー」チラッ

狐娘「……」ピクピク

女「じゃあ、家帰ってきつねうどんと油揚げと、お稲荷さんたーべよっと」ガシ

狐娘「…連れてけ」

女「うん!」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 22:53:03.05 ID:BPTKAuf80
女「誰もいないから、思いっきりくつろいでねー。はい、お茶」

狐娘「うむ。そうさせてもらう」

女「そういえば、歳いくつ?」

狐娘「忘れた。まぁ三桁はいってたかな」

女「見た目に反しすぎじゃないかな」

女「それにしても……」ジー

女(胸、大きいな。私より……)

狐娘「お前が小さいだけだ」ズズッ

女「読まれた!?っていうかAで悪かったね!」プンスカ

狐娘「悪いとは言っていない。可愛いじゃないか、小さくて」

女「くっ……!」ガクッ

狐娘「?」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 23:00:48.05 ID:BPTKAuf80
狐娘「神社を離れると面白い物で溢れてるのだな」


狐娘「特にこの、てれびとこたつは気に入ったぞ」ヌクヌク

女「それはよかった」

女(コタツに入ってゆったりしてる狐っぽい女の子…。なんかそそる物がある)

女(……神使も弱点とかあるのかな?)

女(くすぐりとか?…気になる。今はテレビに夢中だし、チャンス!)

女「どれ、無防備な足の裏を……」ツー

狐娘「ひゃぁ!?いっいきなり何をする!!」サッ

女「いや、つい。でも、可愛いねー!」ニタァ

狐娘「か、可愛くなどないっ!このたわけめ…」モジモジ

女(なんか良い…!)


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 23:10:39.04 ID:BPTKAuf80
狐娘「次やったらただじゃおかんぞ!いいな!?」

女「はーい」

女(可愛かったなー。あと一回くらい…!)ソーット

女「え?」ガシ

狐娘「言ったろ。次やったら、ただじゃおかんと…」ニィ

女「まだやってないよ!?やろうとしただけ!」

狐娘「喰らうが良い。秘伝の足つぼ攻撃を!」ギュゥー

女「いたたたたたた!!!!!ギブギブ!!」ジタバタ

狐娘「何か言うことがあるだろう?」ギュゥゥゥー

女「ご、ごめんなさ…いぃ!!」

狐娘「聞こえないな。もっと大きな声で言え」ギュゥゥゥゥゥー

女「ごめんなさぁぁーい!!!!!!」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 23:18:47.26 ID:BPTKAuf80
狐娘「これに懲りたら、もうバカなことはやめろ」

女「……」グスッ

狐娘「……え?」

女「…えぐっ…足…痛いよぉ」グズッ

狐娘「お、おい」

女「うぇぇぇん」

狐娘「…………そ、その、あれだ。ちょっと強くやり過ぎた…かもしれん。す、すまない」オロオロ

女「じゃ、じゃあ……」

狐娘「?」

女「モフモフしていい!?痛っ!」パコォン

狐娘「ダメだ」

女「けちー」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 23:25:27.84 ID:BPTKAuf80
狐娘「……zzz」

女「寝ちゃった」

狐娘「……zzz」

女「なんだろう、この気持ちは……!」ドキドキ

女「今なら尻尾も耳も触り放題!……いや、でも触るなら正々堂々と触りたい」

女「私は一体どうすれば…!!」

狐娘「…ん~、zzz」ゴロン

狐娘「そんなに食えんぞぉ~……zzz」

女「……よし」

女「ご飯でも作って気を…」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 23:30:15.85 ID:BPTKAuf80
狐娘「……」クンクン

狐娘「いい匂い…」

女「あっ起きた?おはよー」

狐娘「暖かいんだな、こたつは」

女「だよねー。でも、風邪ひかないように気をつけないとね」

狐娘「風邪か。引いたことはないが気をつけておく」

狐娘「それより……」

女「気付いてくれた!?」

女「今日は豪勢に作っちゃいましたー!!」

狐娘「……ほう」ゴクリ


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 23:38:11.29 ID:BPTKAuf80
狐娘「た、食べていいのか?」ワクワク

女「どうぞどうぞ!」

狐娘「では!!」

女「ちょっと待った!」

狐娘「?」

女「何か言うことは~?」

狐娘「いただきます!」モグモグ

狐娘「なかなか、うまいな」モグモグ

女「うれしいなー」テレッ

狐娘「お前はきっといい嫁になるな」モグモグ

女「そ、そうかなぁ…」テレッ

狐娘「うむ。そうだ」ズズッ


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 23:42:04.24 ID:BPTKAuf80
狐娘「なんなら、私がもらってやってもいいぞ」

女「うぇい!?」

狐娘「嘘だ」

女「だよねだよね、そうだよね…」

女(い、今ちょっとドキッとしたような、してないような)

狐娘「どうした?食べないのか?」

女「た、食べるよ!」

狐娘「ほれ、口を開けろ。あーんだ」

女「自分で食べれるよぉ…」テレッ

狐娘「いいから、あーんだ」

女「…あーん」パクッ

狐娘「どうだ?美味いだろ」


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/04(金) 23:51:27.87 ID:BPTKAuf80
女「うん、美味しい…かな?自分で作ったものを自分で褒めるのはなんかなぁ」

狐娘「自分が作ったものでも、美味いなら素直に褒めろ」

狐娘「それが勉学、運動、料理…全てにおいて上達するコツだ」

女「そうなんだ。これからも精進いたします」ペコリ

狐娘「うむ。そうするが良い」ニィ

女「は、はい…」カァ

狐娘「なんのつもりだ?」

女「お返し」

女「あーん」

狐娘「私はいい」

女「あーん」

狐娘「強情な奴め」テレッ

狐娘「…あーん」パクッ


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 00:00:54.83 ID:OoeR6fxR0
狐娘「ふぅ~。食べた食べた」ゴロン

女「お粗末さまでした」

女「お風呂沸いてるけどどうするー?」

狐娘「風呂か……。入ろう」

女「お、お背中お流ししちゃおっかなー?」チラッ

狐娘「いや一人で大丈夫だ。案内を頼む」

女「はーい……」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 00:05:17.94 ID:OoeR6fxR0
女「…はぁ~。なんだろう風邪ひいたのかな?さっきからドキドキする」

女「薬飲んでおこうかな~?」

ドタドタドタ

狐女「おい!水しか出て来ないぞ!一体どういうことだ!?」

女「あー、それは……って!!何で全裸!?」

狐女「服を脱いだからだ。それより早く教えてくれ」

女(やっぱ胸大きい……)


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 00:12:33.32 ID:OoeR6fxR0
女「ここを、こうやって。ここをこうすると、こうなって」

狐娘「良く分からんな。面倒だ」

狐娘「よし。お前も一緒に入ってくれ」

女「はーい。って!?本気!?」

狐娘「本気だ。というわけで脱げ。なんなら脱がせてやる」グイッ

女「いーよ!自分で脱げるってば!あっ!?」

狐娘「小さいのにこんなものを着けているのか。可愛いな」プラーン

女「いいでしょ!それより返してよー!」

狐娘「どれ…」クンクン

女「嗅がないでー!!」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 00:19:20.46 ID:OoeR6fxR0
狐娘「ほっ」ズルッ

女「きゃあ!」サッ

狐娘「さて、これであと一枚……」ジュルリ

女「自分で脱ぐから、先に入っててよ~…」

狐娘「こら、隠すな。見えないではないか」

女「見ないでいいって!」

狐娘「まぁまぁ、良いではないか。さぁ、隅に居ないでこっちに来い」ウニウニ

女「手の動きがいやらしいよ…」

狐娘「あっ……」

女「?」

狐娘「お前、すぐそこから離れた方が良いぞ。悪いことは言わん」

女「な、なに?」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 00:26:14.80 ID:OoeR6fxR0
狐娘「お前の後ろに……霊がいる」

女「ウソでしょ?」

狐娘「私は神使だぞ?あ、今肩に手が…」

女「きゃぁぁぁー!!」ダキッ

狐娘「おっと」

女「あ、ああああ、悪霊退散んんん!?」

狐娘「捕まえた。意外と臆病なんだな」ニィ

女「へ……?」

狐娘「最後の一枚、剥いでやろう」スッ

女「だ、誰か助けてください…」

狐娘「神に願うんだな」ニヤァ


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 00:34:59.83 ID:OoeR6fxR0
狐娘「んっ…もう少し、強くしてくれ…」

女「は、はい。こうですか?」

狐娘「すこし痛い、な…」

女「すっスイマセン!」

狐娘「……どうでもいいが、どうした?急にかしこまって」

女「いや、人の背中流すなんて初めてで…。何と言うか…綺麗な肌だね!!」

狐娘「そ、そうか。そんなこと言われたのは初めてだ……」テレッ

狐娘「どれ、次は私がお前の背中を流してやる」

女「えぇ!?で、でも悪いよ…」

狐娘「遠慮するな。さぁ、背を向けろ」

女「う、うん」

狐娘「どうだ?気持ち良いだろう」ゴシゴシ

女「うん。でもちょっと、くすぐったいかも」


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 00:39:22.59 ID:OoeR6fxR0
狐娘「すまんな。それにしても……」ジーッ

狐娘「本当に小さいな」

女「今それ言うんだ!!?」

狐娘「今だからこそだろう。ふむ、小さいな」

女「なんで二回言ったの!?」

女「…はぁ。改めて言われると結構、ショックだなぁ……」ションボリ

女「私だって、牛乳飲んだりして頑張ってるのに」ブツブツ

狐娘「ほお。なら、私が大きくしてやろう」

女「ホントっ!?そんなこと出来るの?」


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 00:46:18.00 ID:OoeR6fxR0
狐娘「なんせ私は神使だからな。余裕だ」

狐娘「後ろを向いたままで良い。両手を挙げろ」

女「こう?」ドキドキ

狐娘「よし、行くぞ……。ふっ!」ムニムニ

女「ひゃぁっ!!ちょっ…いきなり…!なにやって……んぁ!」

狐娘「何って、乳を大きくしているのだ。揉めば大きくなると聞いてな」プニプニ

狐娘「それにしても、あわは流しておくべきだったな。ヌルヌルする」ムニムニ

女「そっ、それ…迷信だからぁ……!や、やめ…」ビクッ

女(胸当たってるしぃ…。やっぱり大きい……)

狐娘「そうか、迷信だったか。ならば、どうすれば良いのか」プニプニ

女「だ、だからぁ…離してよぉ……あっ!」ビクビク

狐娘「おっと、すまん。あまりにも良い反応をしたからな」

女「うぅ~……」ハァハァ


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 00:53:46.29 ID:OoeR6fxR0
女「……」ツーン

狐娘「そう怒るな、可愛かったぞ。胸もお前も」

女「んなっ!?」カァ

狐娘「はっはっは。可愛いな、赤くなりおって」

女(なんか、逆転してる気がする……!)

女(というか、いつになったら私は尻尾モフモフ出来るのかな?)

女(泣き落としは失敗しちゃったしな~。ご飯で釣る?って晩御飯食べ終わっちゃったよぉー!)


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 01:02:18.03 ID:OoeR6fxR0
女(背中流してるときにどさくさに紛れて触っておけばよかったー!!)

女(もう、抑えられない!この際正々堂々とか言ってる場合じゃないよね!む、胸触られたし…)

女(因果応報ってやつだよね!……そうと決まれば)

女「な、なんか疲れちゃったなー……」

狐娘「ふむ。なら、寝るか」

女「うん」ニヤァ

狐娘(それにしても……なんなんだこの高鳴りは)

狐娘(風邪というやつだろうか)


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 01:08:10.09 ID:OoeR6fxR0
女「ごめんね。布団一つしかなくて」

狐娘「気にするな」

女「電気消すよ?」

狐娘「うむ」


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 01:15:43.48 ID:OoeR6fxR0
女(そろそろ寝たかな?)

女「ね、寝てるー?」

狐娘「zzz」

女「よし!」

女「ゆっくり…ゆっくり…」ソーッ

女「お、おぉぉお!」サワサワ

狐娘「ん……んぅ~」ピク

女「か、可愛い…!」サワサワサワ

狐娘「んっ……ゃ」

女「あーん」ハムッ

狐娘「やぁ、っ……んっ、あ…耳……だ、め……」ゾクゾク

女「あれ。も、もしかして~……起きてる?」

狐娘「…………」


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 01:29:02.22 ID:OoeR6fxR0
女「大丈夫か。よかったぁ~」ペロペロ

狐娘「ふわぁぁっ……!なめるな…ぁ……」

女「寝てるんだもんねー、大丈夫大丈夫」

狐娘「お、起きている!いや、起きた!起きたぞ!」

女「~~~♪」ペロペロ

狐娘「んぁ……起きてるというのに…!」ゾクゾク

女「もう、起きてても起きてなくてもいいよ……」

狐娘「へ?」

女「こうしてると変な気持が落ちついてくる…不思議。何なのかなこれ……」

女「狐ちゃんに会ったときからこの気持ちが消えなくて…。ごめんね」

狐娘「…わ」

狐娘「私も、お前を一目見たときから心の中にモヤモヤしたものが芽生えてな…」

狐娘「胸が高鳴って、苦しいんだ……」


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 01:35:35.65 ID:OoeR6fxR0
狐娘「風呂場のあれは、その……知っててやった。すまん」

女「そう、だったんだ」

狐娘「うむ」

女「……」

狐娘「……その、お前がいいなら……しばらくここに居てもいいだろうか?」

女「うん。いつまでだっていいよ」

狐娘「ありがとう」

狐娘(駄目だ。もう抑えたくない…)


狐娘「女ぁ…」

女「………んぅ」

狐娘「……ちゅっ…れろっ…」

女(い、いきなりベロ入って…!でも…これ、好き、かも)


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 01:36:13.98 ID:LurEq4Hv0
きた……!


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 01:39:14.80 ID:b6+jd5fL0
わっふるわっふる


89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 01:42:14.85 ID:OoeR6fxR0
女「んっ、んふっ…れろっ…」

狐娘「ちゅっ、ちゅうっ、れろっ、ちゅばっ…」

女「んぅっ、ちゅっ、れろっ…」

女(気持ちいい……)

女「服…脱がせるよ?」

狐娘「う、うむ」スラリ

女(やっぱり綺麗…)

狐娘「あまりジロジロ見るなっ…。次は私の番だからな?」

女「うん」スラリ

女(勢いで来ちゃったけど、どうしよう…。……取りあえず本能の赴くままに!)ギラッ


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 01:47:18.89 ID:OoeR6fxR0
女「せーのっ!」ガシッ

狐娘「ひぁっ…!しっぽは、ダメ…って言ったのにぃ…あぁ!」ゾク

女「今更そんなこと言われてもなー。ごめんね、もう手が止まらなくて」コスコス

狐娘「やぁ…だ、めだからぁ…!しっぽは本当にだめぇ……」ゾクゾク

女「尻尾触るとこうなるんだー。覚えておこう」コスコス

女「もう一回…」ハムッ

狐娘「~~!?」

狐娘「あ、あぁ!本当にだめなんだ…!や、ぁ……」ビクビク

女「そんなに顔赤くしちゃって、可愛いなー」カミカミ

狐娘「か、噛むなぁ…」ゾクゾク

女「涙目になっちゃって…」ジュルリ

女「もっといじめたい…」ガバッ

狐娘「なっ!?」ドサッ


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 01:48:38.63 ID:rNeC/MN90
攻守逆転か……ゴクリ…


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 01:59:54.13 ID:OoeR6fxR0
女「綺麗な胸…。うらやましいなぁ」サワサワ

狐娘「ふぁ、お、お前…意外と、肉食気味なんだなっ……!」

女「そう…かも。ふふ、乳首固くなってきたね」コリコリ

狐娘「う、ぁ…私を、弄ぶなんて……バチが当たるぞっ……ぁあ!」

女(涙目になってる…。かわいいなぁ~)

女「弄ぶだなんて人聞きが悪いな~。それに、先に胸揉んできたのはそっちでしょ~?」

狐娘「んっ……あんっ、や……だ、め」

女「ほらほら」

狐娘「ぁぁあ!こす、る…なぁ!」

狐娘(なんだこの感覚は…!体が熱い)

女「?」ピト

狐娘「はぁ…はぁ…」

女「ここ…こんなに濡れてる」


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 02:06:35.33 ID:OoeR6fxR0
女(触ってもいいんだよね…?)

狐娘「あ、ぁ…っ」

女「ここ、どう?」

狐娘「わかない…気持ちいっ!あん!」

狐娘「ぁ…っん…や、あ…!」ビクビク

女「気持ちいいんだ……」ゴクリ

狐娘「ひっ…ぁん!?」

女「気持ちいい?」クリクリ

狐娘「うぁ…そんなこと、聞くな……」

女「何だか興奮してきたよ」クチュクチュ

狐娘「ふぁぁぁぁ……」ビクビク

狐娘「んっ、あぁ…!?や、ん!」

女「可愛い…」クチュクチュ


99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 02:15:56.41 ID:OoeR6fxR0
狐娘「やぁ!?だ、だめ…はげしっ……!」

女「ハァハァ……ドキドキする」クチュクチュクチュクチュ

狐娘「あっ…ああああああああっ!!」プシャァ

狐娘「はっ…はっ…あぅ」ビクッビクッ

女「だっ、大丈夫!?」

狐娘「はぁ……はぁ……な、なんとかな」

女「ごめんね!手が止まらなくなっちゃって…」

狐娘「良い。そんなことより」

女「?」

狐娘「次は私の番だ」


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 02:23:02.61 ID:OoeR6fxR0
女「……へ?」ドサッ

狐娘「ふふ、さっきはよくも弄んでくれたな」

女「ごめんなさい…」ガクガク

狐娘「さて、どこから責めてやろうか」ピト

女「ひっ!」

狐娘「耳?」

狐娘「首?」

狐娘「胸?」

狐娘「へそか?背中か?」

狐娘「いや、ここか?」ツン

女「ッ!?」

女「そ、その…もうなんか眠いなぁ~…なんて?」

狐娘「そうか、悪いな。寝かせる気はない」カミ


104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 02:26:06.42 ID:OoeR6fxR0
女「ひゃ!だめぇ…」

女「だ、め…。歯ぁ立てないでぇ……」

狐娘「ふふっ」ペロッ

女「あん…!」

狐娘「ほらほら、どうした。お前の方こそ固くしているじゃないか」コリコリ

女「だっ、だってぇ……」

狐娘「だって、なんだ?」

女「それは、その…」

狐娘「まぁ良い。お前が散々弄ってくれたここはどうかな?」

女「そこはダメっ…。謝るから許して…ね?」

狐娘「断る。……ほう」

狐娘「随分な濡らしようじゃないか。可哀想に、今楽にしてやる。私のように」クパァ

女「やっ!見ないで!」


106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 02:30:58.76 ID:OoeR6fxR0
狐娘「綺麗な色だな。どれ」ペロペロ

女「いやっ!?なめちゃダメだってば…!」ビクッ

狐娘「れろっ、ちゅぱっ、んっ」

女「いやぁ…あっ……べ、ベロ入れないでよぉ…。あぁ!」

狐娘「美味いな」

女「はぁー、はぁー…」

狐娘「可愛い奴め」クチュクチュクチュクチュクチュ

女「いっ、いきなりそんなっ!ああっ、やっ…やめてぇ!」ゾクゾクゾク

狐娘「……」ピタッ

女「ふぇ?」

狐娘「仕方ない。そこまで嫌がるなら止めてやろう」

狐娘「さて、寝るとするか」

女「ちょっ、ちょっと待って…」


107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 02:35:48.47 ID:OoeR6fxR0
狐娘「ひょっとして、もっとやって欲しいのか?」

女「そ、そんなことないよ!うん!寝よう!」

狐娘(ふふっ…)


110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 02:43:15.28 ID:OoeR6fxR0
女「はぁはぁ…せつないよぉ」

女(寝れない…。もう、こうなったら自分で……)

女(声を押さえれば大丈夫だよね?)

女「ぅ…」ピト

女(パンツ取り替えないとなぁ)

女「…ぁっ」スリスリ

女(やっぱり気持ちいい…)クチュクチュ

女「あっ…く、んぁ」

女「ん!ひゃぅ…指とまらな、い…」

女「ああっ!!」

女(すごい、気持ちいい。あと、もう少し……)

女(ダメ…!声出ちゃう…)

女(で、でもあとちょっとだけなら…)


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 02:47:04.35 ID:OoeR6fxR0
狐娘「どうした?寝れないのか?」

女「あっえ?いや、そうじゃなくて……」

女(あと少しだったのにぃ)

狐娘「そんなに震えて大丈夫か?そんなに寒いなら私が温めてやる」ニヤッ

女「大丈夫だよ!へーきへーき!」

狐娘「遠慮するな。寂しかったんだろ?」

女「え!?」

狐娘「丸聞こえだったぞ、淫乱娘」

女「そ、そんなんじゃないよ!」

狐娘「ほう…」

女「あっ!」

狐娘「こんなに濡らしてる奴がよく言うな」クチュクチュ

女「ひゃっ!あっ…」


113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 02:51:24.38 ID:OoeR6fxR0
狐娘「ふふっ」クチュクチュ

女「あっ、もうダメ…あぁぁ!」

狐娘「早いな。それもそうか、我慢してたんだものな」クチュクチュクチュクチュクチュ

女「…う、ん」ブルブル

狐娘「もう少し我慢していろ」ピタ

女「ふぇ……?」

女「そ、そんなぁ…。ひどいよ」ウルウル

狐娘「ふ、ふん。バチが当たったと思え」

女「自分一人だけ満足して、ずるいよ」ゾクゾク

狐娘「何を言う。やめてくれと言ったのはそっちだろう」

狐娘「ずるくもなんともない」

狐娘「だがまぁ、言葉で表せばやってやらないこともないぞ?」

女「うぅ……いじわる」


115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 02:58:46.88 ID:OoeR6fxR0
狐娘「さぁどうする?早くしないと寝るぞ」

女「い……」

狐娘「い?」

女「言わない!」

狐娘「ほう。そうか、二言はないな?」

女「ない…かな」

狐娘「ならこれを着けさせてもらうぞ」

女「紐?」

狐娘「さっきみたいに一人でやられては困るからな。ほれ」グイッ

女「やらないもん!」

狐娘「その言葉、忘れるなよ」ニヤッ

女(うぅ……)


116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:04:41.53 ID:OoeR6fxR0
女(勢いで言っちゃったけど、結構…辛いかも)ハァハァ

女(い、いまからでも……。いやいや、そんな恥ずかしいし)ハァハァ

女(気付かれないようにやろうとも、後ろ手に縛られてるからどうにも出来ない)

女(どうしよう……)ウズウズ

女「あの~」

狐娘「何だ?」

女「と、トイレに行きたいんだけど……」

狐娘「そうか、来い」


117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:08:01.93 ID:OoeR6fxR0
女「あの、ドア閉めてちょっとの間、紐を取って貰えると嬉しいんだけどな」ソワソワ

狐娘「そのちょっとの間に済ませる気だろう?ダメだ」

女(ばれてる…)

女「そ、そんなことするわけないよ!ほ、ほら早く閉めて?紐で縛ってあるから大丈夫でしょ?ね?」

狐娘「……いや、このまま見てるとしよう」ジー

女「んなぁ!?出るものも出ないって~」

狐娘「いいから、ほら早く出せ。それとも、やはり一人でする気だったのか?」

女「くぅ……」

狐娘「どうした?そんなに顔を赤くして」

女「やっぱいじわるだぁ……」

狐娘「出ないのか?なら手伝ってやる」グイグイ

女「ちょっ!?お腹おさないでよ!」

狐娘「おっと、手が滑った」クチュ


121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:14:26.53 ID:OoeR6fxR0
女「ひゃ!?」ビク

狐娘「すまんすまん。うっかりしておった」ペロリ

女「……変態」ボソ

狐娘「人に見られて、股間を濡らしてる奴に言われたくないな」

女「言い返せない……」

狐娘「仕置きが必要だな」ペロペロ

女「舐めちゃいや…んっ!」

狐娘「だらしない声を出しおって」

女「ひぅ!んあぁ、ぁあ!」ゾクゾク

狐娘「チュー」

女「はぁぁぁぁぁ……す、吸うのは、反則、っ!」ゾワゾワ

女(…あれ?えっ、あっウソ…?ほんとにおしっこしたくなってきちゃった……)

女(どうしよう。明日まで我慢できそうにないし、今出来る訳ないし…)


123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:18:23.00 ID:OoeR6fxR0
狐娘「…ふぅ。出ないのなら早く立て。寝るぞ」

女「ちょっ、ちょっと待って!その…」

狐娘「ん?もっとやって欲しいのか?それとも本当に尿意が来たか?」

女「う、うん」

狐娘「ほう」

狐娘「我慢は?」

女「ムリ、かも…」

狐娘「見られているのに出したいとは、本物の変態かもしれんな」グイグイ

女「ほ、ほんとうに出ちゃうから!押さないで!!あっ、ダメダメ!!」

女「あぁ!出ちゃう……」ジョォー

狐娘「ふふっ」

女「ひぐっ、えっぐ……もうお嫁にいけない…」

狐娘「変態め」ニタニタ


124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:23:43.10 ID:OoeR6fxR0
女(見られちゃった…)

狐娘「達しそうで達さない、中途半端な快感を引きずりながらさっさと寝ろ」

女「うぅ…」モジモジ

女(今更、お願いできないし…本当にどうしよう)

女(こうなったらもう)ムクリ

女(……)チラッ

狐娘「……」

女「よし」

狐娘「……」

―――――――

女「もう…これしかないよね?」ハァハァ

女「テーブルの角って痛いかな?」コス


127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:28:29.48 ID:OoeR6fxR0
女「あぁ!」コスリコスリ

女「はぁはぁ…」コスコス

女「ここ、いい…!」クリクリ

女「このまま、最後まで…」コスリコスリ

女「あっ、もう、少しっ!」

女「あぁ!ッああ…!」ガシッ

狐娘「はい、そこまでだ」

女「ひっ!?」ガクガク

女「も、もう少し…もう少しだけ……」ガクガク

狐娘「ダメだ」

狐娘「ビシャビシャじゃないか。やりたくはなかったが仕方ないな」

女「な、なにするの…?」


129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:33:39.75 ID:OoeR6fxR0
狐娘「足も拘束する。それだけだ」

女「なんでぇ…?」ハァハァ

狐娘「勝手なことをするからな。最後までしてほしかったら、私にねだれ」

狐娘「ふふっ」ペロッ

女「ひゃう!」ビクッ

狐娘「さっきより敏感なんじゃないか?」ピト

狐娘「こんなに糸を引きおって…」

女「ぁ…っ」ゾク

狐娘「辛いか?」

女「はぁはぁ」コクッ

狐娘「最後までいきたいか?」

女「…!」コクコク

狐娘「ふふっ。まぁ、ここに居てもアレだし、布団に戻るぞ」


131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:37:34.45 ID:OoeR6fxR0
狐娘「ふぅ。さて、と」

女「ハァ…ハァ…」

狐娘「何か言うことはあるか?」

女「もう…ゆるして…はぅ!」ビク

狐娘「それだけか?」クチュ

女「お願い、します…」ボソッ

狐娘「んー?」クチュクチュ

女「んぁ!お、お願いっ!もう、許してぇ…」

狐娘「~~~~♪」クチュクチュ

女「あぁっ、ん!」

女「お願い……」

狐娘「なにをだ?」

女「…最後までぇ…」


132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:43:57.95 ID:OoeR6fxR0
女「…………最後まで、いかせてください!お願いしますぅ…」ウルウル

狐娘「……よかろう」ニヤッ

狐娘「よし、紐を解いてやる」シュルル

狐娘「…では、いくぞ」クチョクチョクチョ

女「ひゃぁん!ひっ、あぁ!い、いきなりそんな!あぁ!」ビクビク

狐娘「可愛いなぁ」クリクリ

女「ソコ気持ちい、い…よぉ…!っん」ビクビク

女「あっ!ひぅ!?」

狐娘「我慢してたんだろ?早く果てるが良いさ」グチュグチュグチュグチュグチュグチュ

女「ひぃや、やあぁあああっ!!」ビクビクビク

女「はぁー、はぁー…」ビクビク

狐娘「……ふふっ」ペロリ

狐娘「まだ終わらないぞ?」


133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:47:23.66 ID:OoeR6fxR0
女「今度はなにを…」

狐娘「ただくっつけてみるだけだ。お前を見てたらこっちまで興奮してきたからな」

狐娘「一緒に果てようじゃないか」ニヤァ

女「ちょっと待って!いまは…んっ」クチュリ

狐娘「熱い…っあ」

女「ああっ!」ビクッ

狐娘「ぬるぬるしてるな…はぁ」ヌチュヌチュ

女「あっあん!」ヌチュヌチュ

女(狐ちゃん気持ちいいよぉ…)

狐娘「っ!?あぁっ!!」

女「んはっ!あっ、もうだめ…!」

狐娘「私も…そろそろ限界だ…あぁっ!!」

女「んっ!!」チュ


135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:50:56.14 ID:OoeR6fxR0
狐娘「んむっ…!」ズチュズチュ

女「はっ…れろっ…」ズチャズチャ

女「んはっ!狐ちゃん…私もう…!!」ズチッヌチュ

狐娘「も、う…だめっ!」ヌチュッズチッ

女&狐娘「「あああぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!」」ビクビクビクッ


137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:56:41.94 ID:OoeR6fxR0
女「むぅー」

狐娘「そ、そのすまなかった…!」

狐娘「つい、度が過ぎてしまったんだ。この通り!」ペコペコ

女「……」ツーン

狐娘「……うぅ」

女「謝るときにはなんていうの?」

狐娘「ご、ごめんなさい」シュン

女「…許して欲しい?」

狐娘「…別に許してもらわなくても良いが」

狐娘「その…あれだ」

狐娘「嫌いには…ならないでほしい」

女(なっ……!)


138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 03:59:13.14 ID:OoeR6fxR0
狐娘「ダメ…か?」ウルッ

女「いや、そんな…嫌いになんて……。むしろ、あの…好きって言うか」ボソボソ

狐娘「何言ってるんだ?もっと大きな声で言ってくれ」

女「だっ、だからぁ…」

狐娘「だからなんだ?早く言え」

女「あ~、その~」

狐娘「焦らすな」

女「散々焦らしたくせに…」

狐娘「その話は置いておけ。で、なんなんだ?」

女「あ~!もう、大好きっ!!だからずっとそばに居てください!!」

狐娘「……」

女(穴があったら入りたいぃぃぃ!!……)カァァァ


139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 04:00:28.50 ID:MXxVtGx40
テラカワユス


140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 04:03:58.77 ID:OoeR6fxR0
狐娘「て、照れるぞ…。私も好きだが…そんな大声で言わなくても」テレテレ

女「……」テレテレ

女「あの…」

狐娘「ん?」

女「居てくれる?ずっと」

狐娘「ああ、そのつもりだ」

女「でも神社は」


142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 04:05:59.85 ID:OoeR6fxR0
狐娘「私を信じたものは加護を受ける。例え私が地球の裏側に居てもそれは変わらん」

女「そうなんだ…。ちょっと安心した」ニヘッ

狐娘「なによりだ」

女「それでさ~」モジモジ

狐娘「まだ何かあるのか」

女「その~……」

狐娘「なんだ?」

女「モフモフしていい!!?」

狐娘「絶対ダメだ!」



おしまい


143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 04:06:53.36 ID:azUNwbjA0

家にも狐娘きてくれねーかな


144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 04:08:14.86 ID:HgdXYv9SP
乙!
やはり狐はいいな


148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 04:19:56.19 ID:h3gjgx9C0

百合最高


152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 05:20:07.05 ID:Cav5x9dR0

いい夢見れそうな気がする


153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 05:21:46.70 ID:esbT6KY40
もふもふしたい
これからの季節、あったかそう


154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/05(土) 05:54:52.88 ID:wep7p8gh0
乙!





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「オリジナル」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ