Powered By 画RSS


志希「出来たぞ! 乱雑性精神変質薬だ!」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 22:44:59.09 ID:1jU2fPX+o
P「ほう。そうか」

志希「まぁ褒めるでないぞ? このぐらい朝嗅ぎ前だからな」

P「ちなみに解毒薬は?」

志希「もちろん用意したとも。抜かりはない」

P「よこせ」

志希「置いて来た。事務所の中だ」

P「じゃあ取ってこい」

志希「はぁ」ヤレヤレ

志希「それじゃああたしが楽しめないだろ?」

P「」イラッ

志希「キミが混乱する様をじっくり見させてもらうよ。
   さぁ行こうか! パンドラの先へ!」ガチャ




2 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 22:45:43.04 ID:1jU2fPX+o
きらり「」ドスドス

志希「ほら、見たまえ。きらりがまるで野生の獣のように闊歩しているぞ」

P「見たくない……」

きらり「!?」グル

志希「おや、見つかったようだな」

きらり「に、に、に、に……」ドスドスドス

P(この感じは……!)

志希「近寄ってくるぞ! キミはどうやって対応するんだ!」

きらり「にょわー……」スゥ

P「ここだ! 志希ガード!」ヒョイ

志希「え、ちょ」

きらり「ホールド!!!」ガシィ

志希「あがっ」

P「俺ですらきついきらりの本気抱きつきだ。お前へのお仕置きはこれで勘弁してやろう」

きらり「外れちゃったけど抱き心地いいからこれでいいや」スリスリ

志希「」

P「さてと、最初の関門は抜けたし……とりあえず仲間だな。みく! みくはどこだ!」

みく「なんでs」

まゆ「推参ッ!!」シュタッ


3 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 22:46:17.10 ID:1jU2fPX+o
P「うおおお!? どこから出てきた!?」

みく「そこのk」

まゆ「天井にくっ付いて待機してました!」

P「そ、そうか……」

みく「ところd」

まゆ「如何様でございましょうか!」

P「ああ、解毒薬捜索の手伝いをしてほしいんだ」

みく「わk」

まゆ「御意! P様のためならこのまゆ、如何なるところにも参ります!」

P「頼もしいな。まゆ。それでね、みくの言葉をあまり遮らないで欲しいんだ。
 ほら、いじけちゃってるじゃん?」

みく「ああ、いいですよ。気にしなくて。自分、給湯室の閉まりの悪い蛇口から垂れる
   水を数える仕事あるんで。出しゃばってすいません……」

P「お前にも手伝ってほしいんだ!」

みく「Pさん……」

まゆ「まゆは二人っきりがいいのですが……P様が言うのであれば従いましょう。
   共にP様のために粉骨砕身の精神で行きましょう! みく殿!」

みく「よ、よろしく……」


4 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 22:47:07.90 ID:1jU2fPX+o
P「さてと、ちなみにお前らは解毒薬は見たか?」

みく「やっぱりビンに入ってるんですかね……私は見てませんけど……」

まゆ「まゆも見ておりませぬ」

P「事務所のどこかにはあるらしいから手分けして探そう」

みく「じゃあ私は更衣室行くんで……」

まゆ「まゆは給湯室を」

P「じゃあ俺は仮眠室だな」

P「さて、どんなものが来ても驚かない精神で行かないとな」

ガチャ

P「……誰もいない? いや、布団にふくらみがあるな」ガバッ

桃華「ヘイカモン!」スッポンポン

P「」サッ

P「……幻術だな。俺は何も見ていない」

桃華「ウェイト! ミーがルック出来ない!?」ガバッ

P「ぎゃああああ!! 出てくるな!」

「犯罪者め! 逮捕だ!」ガバッ

P「む! もう一つのベッドから!」

雪美「未成年猥褻容疑で逮捕だゾ☆」

P「オーシット」

雪美「むむっ! 今の言葉は……きっと犯罪だよ!」

P「どこの世界にゴシックドレスの警官がいるんだ」

雪美「本官を馬鹿にするなんて……! 許さないゾ☆」

桃華「ウェイト! ウェイト! ひとまずユーはミーとベッドイン!」グイグイ

P「ええい、袖を引っ張るな!」

雪美「逮捕ー!」グイグイ

P「警官もどきも引っ張るな! ……待てよ、雪美警官!」

雪美「む、なにかな?」キリッ

P「困ってる人を助けるのが警官の仕事だよね?」

雪美「その通りだよ!」

P「桃華が怖くて一人で眠れないみたいだから一緒に寝てくれる?」

雪美「任せるんだゾ☆」

桃華「ノー! チェーンジ! ノー!」

雪美「ほら、布団に入って! ここでぽんぽんしてあげるからね」

桃華「ノー! ぽんぽんノー! ミーがスリープしちmぐぅぐぅ」

P「よし、後は頼んだゾ☆」

雪美「真似は禁止だゾ☆」

ガチャ


5 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 22:47:42.72 ID:1jU2fPX+o
P「……」

P「はああああああぁぁぁぁぁ……」

P「つらい……あとどれだけの別人と化したアイドルを見なきゃいけないんだ……」

P「……そういえば二人はどうしたんだ? なぜいないんだ?」

P「嫌な予感がする。まずはまゆの行った給湯室に行こう」

P「おーい、まゆー。大丈夫かー」

まゆ「」

P「まゆうううううう!?」

まゆ「う……P様……」

P「どうしたんだ! 何が……!」

まゆ「イチゴに……気をつけて……」ガクリ

P「あっ……」

ありす「所詮その人間には私の崇高たる料理を食べる資格がなかった、というわけだ」

P「ありす……」

ありす「さてと、お前にはこの芸術作品を食べる資格はあるかな?」

P「ないよ」

ありす「なるほど。自分で自らがその高みに至って無い事を悟っていたか」

P「違うよ」

ありす「ほう。では何だと言うのだ?」

P「俺にはこの料理が刺身の上にイチゴが乗っているものとしか思えない。
 というかまゆはこれを食ったのか……」

ありす「これにつけて食べることでさらなる高みへ」

P「潰したイチゴと練乳を混ぜたものか……。お前、これ食べたか?」

ありす「味見せずとも私が作るものは常に最高のものだと定められている」

P「食ってみろ」

ありす「……やれやれ、仕方あるまい」ヒョイ パク

ありす「」

ありす「さ、さしゅがは私の芸術作品だ」

P「なんだよ、今の間は。しかも噛んでるじゃねーか」

ありす「イチゴのフレッシュな味とマグロの魚臭さ、そしてイチゴ練乳の甘さが加わり」

P「やめろ、聞くだけで気持ち悪くなる」

ありす「馬鹿な……なぜ!」

P「お前もまだ……到達してないってことだよ。クッキングマスターの頂点にな」

ありす「……そうか。私もまだまだだったな」

P「改心してもらえて嬉しいよ。マジで」

ありす「彼女の開放は私がしておこう。君は行くべき場所……解毒薬を探すといい」

P「ああ、頼んだ」

まゆ「P……様……」

P「大丈夫だ。まゆ。お前は休んでいろ」

まゆ「イチゴ……」

P「それもおそらく大丈夫だ。安心しろ。多分きっと」


6 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 22:48:31.89 ID:1jU2fPX+o
P「さてと……更衣室か」

P「さすがに入れないよな……だがしかし緊急事態」

P「うーんでもなー」

「うわー……」

P「!? 今のはみくの声! これなら合法! これなら合法!」

ガチャ

P「どうした! み……く」

みく「もうだめ……パタリ」

杏「くっくっく。徐々に我が領域が広がって来たぞ」

P「なんだ、このアイドルの死屍累累は!」

杏「おや、新たな獲物かな」

P「杏! お前何を! ……いや、良く見るとこのアイドル達みんな」

杏「さすがはプロデューサー。気付くのが早いな。そう、彼女たちは全て私の手により
  意欲! やる気! 熱意! 向上心! その全てが奪われて堕落した姿だ!」

茜「ダリーーイ……」

卯月「頑張りたいなら他当たってー」

時子「その辺に私を世話してくれる豚落ちてないかな」

P「お前、なんてことを……!」

杏「我が能力の前では全てが無力! そして我が領域がこの事務所全てを覆った時!
  ついに野望が果たされるときが来るのだ!」

P「野望……だと?」

杏「完全なる楽園(オールウェイズ・サボタージュ)の完成だ」

P「なに!? 完全なる楽園(オールウェイズ・サボタージュ)だと!」

杏「そうだ、完全なる楽園(オールウェイズ・サボタージュ)が完成すれば
  アイドル全員がサボるから私だけが怒られることはなくなるのだ!」

P「くっ! お前に完全なる楽園(オールウェイズ・サボタージュ)を完成させる
 わけにはいかない! 阻止してみせる!」

杏「プロデューサーに出来るかな? もう既にそこは……我が領域の中なのだ!」

P「あ、じゃあバックします」ヒョイ

杏「あっ」

P「いやー、すごいな。こりゃ。杏の領域に入ると堕落するってことか。これがつまり
 完全なる……なんだっけ? 楽園? あれとは別の能力って設定かな?」

杏「もう一歩前に出たら教えよう」

P「どうやら領域はここまでのようだな。まぁでも実際に被害者が出ている以上は
 何かしら不思議な力に目覚めていてもおかしくないか」

杏「ふふふ、私を止めたいのならば前に出るがいい」

P「しかも自分から動かないってことは……いや、もしかして動けないんじゃないか?
 例えば動くと堕落させる力が解けるとか」

杏「前に出て確かめてみるがいい!」

P「つまり杏は放置でいいな。まぁ解毒薬が手に入れば問題ないわけだし」

杏「恐れをなしたか!」

P「むしろ暴れるアイドルがいなくなって好都合だな。そのまま頑張ってくれ」

杏「あ、待って! おーい……」


7 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 22:49:29.72 ID:1jU2fPX+o
P「しかしこれでお供二人はやられてしまった。だけど杏のおかげで大分アイドルは
 減っているはずだ。おそらくはあと数人……。ありすは持ってないみたいだし
 杏も解毒薬を囮にしなかったから持ってはいないはず。つまり残ったアイドルが
 解毒薬を持っている」

P「気合を入れないとな。この先何が待っているか……」テクテク

P「……あれ、ここが一番広いから誰かいると思ったが」

クラリス「……」カリカリ

P「クラリスだけか。何書いてるんだ?」

クラリス「エデンの園侵攻計画」カリカリ

P「」

クラリス「自らの保身のために我々をこの地へと追放した傲慢たる園の管理者を
     殺し、生命の樹の実を食べることで私は管理者となり全ての罪を祓おう」

P「なるほど」

クラリス「しかし未だに園は遠く。道は閉ざされたまま。探さなければならぬ。
     エデンの園へと至る道を」

P「すごいな」

クラリス「P。何か案はないのか」

P「悪いのは君じゃない」

クラリス「何を言っているんだ? P」

P「やっぱりバベルが……何か聞こえないか?」

クラリス「馬の……足音?」

パカラッ パカラッ パカラッ

ドンガラガッシャーン

P「」

クラリス「先手を打たれたか!」

イヴ「ヘイ! 落ち着けって! クッソ! 気性の荒い馬め!」

P「事務所の……壁が……」

クラリス「イヴ! その白馬はどうしたんだ!」

イヴ「オーディンのジジイに借りた!」

P「そもそもなんでイヴがクスリの影響を……」

クラリス「オーディン……そうか! その馬なら!」

イヴ「どうしたんだ、クラリス! 頭の上の電球が眩しいぞ! LEDにしとけ!」

クラリス「イブ! 私をそれに乗せてエデンの園に向かってくれ!」

イヴ「エデンの園? どこの公園だ、そりゃ」

P「いや、もうそんなのどうでもいいか……うふふ……」

クラリス「いや、その前にオーディン神のところへ連れていってくれ!」

イヴ「会ってどうすんだ。ただのジジイだぞ!」

クラリス「今こそヴァルハラの門を開け! ラグナロクの時だ!」

イヴ「そいつぁすげーや! 乗りな! 落っこちたら別の迎えが来ちまうぞ!」

クラリス「よし、頼んだぞ!」

イヴ「あいよ! ハイヨー!」

パカラッ パカラッ パカラッ パカラッ……

P「何がクスリだ……馬鹿馬鹿しい……」


8 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 22:50:34.92 ID:1jU2fPX+o
ガチャ

「ついに来たな」

「ふえぇ……」

「遅かったですね」

P「あぁ……?」

愛梨「我々シンデレラガールズの元へよく辿り着いた」

蘭子「ふえぇ……」

凛「歓迎しましょう」

P「ああ……お前らか……」

愛梨「随分と疲労しているようだな」

蘭子「ふえぇ……」

凛「求めていたのはこれですね」スゥ

P「それが解毒薬か……寄越しなさい」

凛「そんなこと言われたらイジワルしたくなりますね。
  例えば胸の間に挟むとか」スカッ

凛「……初代。これを胸の間に挟んで上げてください」ヒョイ

蘭子「ふえぇ……」

愛梨「うふふ。こうかしら」ムギュウ

P「……」

愛梨「ほら、取れるものなら取ってみたらどうだ?
   ん? 手は出せまい。何せキミは初心なプロデューサー」

蘭子「ふえぇ……」

凛「私達アイドルに手なんて出せませんよね?」

P「……」テクテク

愛梨「目の前に来てもどうせ」


9 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 22:51:02.32 ID:1jU2fPX+o
P「……」ムギュウ ヒョイ

愛梨「へっ?」

凛「あのプロデューサーが初代の胸を鷲掴みにした上に臆することなく
  解毒薬をあの胸の谷間から奪い取ったですって!」

蘭子「ふえぇ……」

P「……もう散々だ」

愛梨「な、なんだって?」

P「もう散々だ! うんざりだ! 俺の精神はボロボロだよ!!
 あと何人豹変したアイドルを見ればいいんだ! ああ!?
 何人のアイドルが人外の力を手に入れたのを見ればいいんだ!
 もう嫌だ! 全部終わりにしてやる! おら! 愛梨、口をあけろ!
 お前もこれを飲んで元の暑がりでちょっと天然のケーキ作りが好きな
 女の子に戻るんだよ!」

愛梨「モガッ!? やめろ、そんな大きいの口に! うわ苦い」

P「おら! もっと飲め!」

凛「こ、怖い……」ガクガク

蘭子「ふえぇ……」

ガチャ

P「おら! まだ残ってるぞ! 全部飲み干せ!」

愛梨「もがががが……」

ちひろ「帰って来てみれば一体何なのかな、この事務所は」


10 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 22:51:30.70 ID:1jU2fPX+o
その後、ちひろにより事態は収拾した。
アイドルの記憶は消されて元通りになり、壁の修復もプロデューサーの財布が
ダメージを受ける事も無く、プロデューサーはドリンクによる精神治療が施され
プリッツェンは近所の河原で草を食っているのが見つかり、ラグナロクは阻止された。
新しい戦乙女系アイドルが九人所属したのはまた別のお話。


11 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 22:54:00.83 ID:1jU2fPX+o
以上。出涸らし

以前書いたこれに似た多分一番煎じ
志希『出来たよ! アイドルがはっちゃけるクスリ!』

多分二番
志希「出来たよおおおおおおおおおおお!!! アイドルのみんながあ!! ハイ


12 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/10(水) 23:13:49.59 ID:2kKF1vXTo
おつおつ


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1418219089/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ