Powered By 画RSS


不良娘「…」男「…」ジィー

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 07:20:54.31 ID:FHeNAPOIO
男「…」チラッチラッ

不良娘「んだよ、さっきからオイ」

男「ん? なんでもないよ?」

不良娘「何でもなくはないだろ、こっち見てるじゃねえか」

男「いや、気のせいだと思う」ジィー

不良娘「全然気のせいじゃねぇな」

男「じゃあ見てない」ササッ

不良娘「そういうことじゃねえよ? 両手で顔隠して、そんで許されるってわけでもねえよ?」


男「……」

不良娘「……」


男(もういいかな?)チラッ

不良娘「殴られてェーのか」




2 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 07:21:37.24 ID:FHeNAPOIO
男「…ふぅ、冗談が通じない婦女子だなぁ」

不良娘「オレは笑える冗談しか受け付けない」

男「じゃあキミの笑いのツボがおかしいんだと僕は思った」キッパリ

不良娘「そっくりそのままお返ししてやるよ、その言葉」

男「はっは、ああ言えばこう言うなあまったく」

不良娘「同じ言葉は二度も使いたくは無いぞ、こっちも」

男「実に僕もだ」

不良娘「そうか、お互い意見があったってコトでじゃあどっか消えろ、去れ」

男「わかったわかった」スタスタ…

男「どっこいよしょ」すとん

男 フゥー

不良娘「うん。ふぅー、じゃねえよ? やっぱお前頭どっかおかしいのか?」

男「うん」

不良娘「認められちまったらなんもいえねーなオレ!」


3 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 07:22:53.83 ID:FHeNAPOIO
男「たまには頭の悪いフリとか? くだらなーい冗談も言いたいお年ごろってやつ? 高校生ってね……ふぅう…」

不良娘「いや、最後に黄昏た感じにため息吐かれても困る以前にイラつく[ピーーー]ッ!」

不良娘「あとゼッタイにお前頭おかしいから、冗談でもなんでもないからそれ」

男「おや? 急にこの娘ってばおしゃべりになったぜ。いやはや、僕のこと気になり始めちゃったのかな?」

不良娘「呪い[ピーーー]ぞ」

男「呪殺を目論むなんて…」

不良娘「苦しんで死ぬ姿が見たいからです」

男「あー……それは、ちょっと~……」

不良娘「なんかムカつくなその感じ…! んだよ上司の誘いを断る部下かよ!」

男「いやぁ母親のネチネチした小言を流すときの僕なんだよね」

不良娘「いらねェよそんな情報。あとお前、母親に対して下手だな! オレにはこんな横着なのによ!」

男「内弁慶成らぬ外弁慶だね☆」

不良娘「ただの性格悪いやつじゃねーか、知ってたけどよっ」


4 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 07:23:38.20 ID:FHeNAPOIO
男「ふふふ、そろそろ気づくかな…キミがだんだんと僕のペースに引きこまれてることを…ぐふふ」

不良娘「好きで巻き込まれてるんじゃねえからな、この低身長」

男「…今、なんて?」

不良娘「チビ」

男「っ……!?」

不良娘「童貞顔」

男「っ……女の子がそんなハシタナイこというんじゃありません…っ!!」

不良娘「そこじゃねーだろ、お前はそこ反応するべきところじゃねえだろ」

男「え?」モシャモシャ…

不良娘「お前に文句言ったんだから、オレのことを気にする前に文句のこと、」

不良娘「あっ、テメ、なに食ってんだゴラァッ!?」
     
男 モシャモシャ…ゴクン

男「?」

不良娘「ん? じゃねーよ!」


5 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 07:24:27.80 ID:FHeNAPOIO
男「ああ、だってお腹空いてたから……うん……」スッ…

不良娘「なにそっとパンの袋を渡そうとすんだよッ! つかお前人が話してる時になに食って…ッ」

男「あ、袋食べる?」

不良娘「くわねぇええええよ!! チョイスおかしからなっ!!」

男「え? 食べないんだ……僕はてっきり、いやなんでもない」

不良娘「てっきりのなにもくわねーから! 誤魔化さなくても言いたかったことまるわかりだ!」

男「しまった、もしかして最近は廃り始めちゃってる雑食系女子じゃない?」

不良娘「流行っても廃ってもいねえーよんなジャンルゥ!!」

男「なんだなんだ元気な女の子だよまったく、近所迷惑はなはだしい」

不良娘「ッッ……だれのせいだと思ってんだぁあああああ!!」ダダダダ!!


不良娘 オラァアアアアアアアアア!!


がすっ ずさぁああああああ…


不良娘「はぁっ…はぁっ……あ、あれ…?」ニギニギ

男「…」チーン


6 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 07:25:12.99 ID:FHeNAPOIO
不良娘「なん、で……って、お、おいっ……大丈夫か?」

男「大丈夫、慣れてるし」むくり

不良娘「お、おう。そ、そうか……ならイイんだけどよ……うん……」

男「そっちこそ平気?」

不良娘「えっ……?」

男「拳見せてよ、怪我してるかもしれない」

不良娘「えっ、あっ、いやっ、ちょ……ちょっとまて! オレに触れるな!」

男「いいからいいから」

不良娘「嫌ホント! マジでヤバイから駄目だって……っ!」

男「大丈夫大丈夫、先っちょだけだから」

不良娘「なにが先っちょだけだッ!」ビュッ

男「ウブッ」ぱしーん!

男「…だが、捕まえた」

不良娘「あっ」


7 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 07:25:54.71 ID:FHeNAPOIO
男「ふむふむ、なるほど。なんだか潰れてるね、拳」

不良娘「えっ? あ、うん……まぁ、しょっちゅう人殴ってたし、」

男「おやおや駄目だよ、女の子が人の顔ばっか殴っちゃ」

不良娘「顔限定にすんな」

男「冗談。まぁ何ともなさそうでよかった、ごめんね急に握って」すっ…

不良娘「あ、うん……別にいいけどよ……」

男「………」

不良娘 モジモジッ

男「もしかして、僕に惚れた?」

不良娘「…もっかい殴るぞ」

男「これまた冗談、一々真に受けないでよ」

不良娘「……」

男「…なにか言いたいのかい?」

不良娘「あたり前だろ、テメー何者だよ…」


8 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 07:26:32.72 ID:FHeNAPOIO
男「そこの白鳥高校に通う二年生、名前は男、因みにハーフ、後絶賛彼女募集中」

不良娘「いらんそんなオマケ」

男「えー」

不良娘「…んだよ、つまりはお前はあそこのお金持ち学校の生徒か、どうりで目に付くうざったらしい制服だと思ったわけだ」

男「でしょう」

不良娘「お前が同意するな」

男「いや、本気でそう思ってるよ」

不良娘「…、なんで?」

男「あれれ? 喋って欲しいの?」

不良娘「いや、一気に聞きたくなくなったわ」

男「はっは、実はそうだろうと思って予めメモっておきました」

男「はい、これどうぞ!」

不良娘「……」


9 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 07:27:01.26 ID:FHeNAPOIO
ビリッ ビリビリビリ


男「…」


ビリビリッ……パサァアアア…


不良娘「ありがとな、面白かったよ」

男「ちなにみに第二章もあるよ!」

不良娘「…」

男「…あるんだよー!」

不良娘「…」

男「…ごめん」

不良娘「わかればいい」

不良娘「…なぁ、お前の名前はわかったよ、んでさ」

男「男で」

不良娘「…は?」

男「男って呼んで欲しい、贅沢を言えば可愛くキュートな感じで」


10 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 07:27:35.89 ID:FHeNAPOIO
不良娘「やだ」

男「やだ!」

不良娘「チッ、じゃあ! 男ぉ!? テメーはよぉ!」

男「おおぉう!? んだよぉ!?」

不良娘「うぜぇえよ! 一々オレの邪魔をすんじゃねえよテメェ!」

男「いいから早く言、ゴメン! ナグラナイデ!」

不良娘「だからよォ…! その金持ちの男はぁ!? さっきからなにオレに構ってきてやがんだよ! 本音をいえ本音を!!」

男「本音?」

不良娘「ああっ…! 本音だ、本音!!」

不良娘「初対面の奴にこんだけ話し込んでくるってことはワケがあんだろが!」

不良娘「なぁっ!? 言ってみろよ、黙ってないできちんとはなせや!!」

男「…」

不良娘 フゥーッ!フゥーッ!


11 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 07:28:12.28 ID:FHeNAPOIO
男「…ふむ、じゃあ時間も頃合いだし正直に話すか」

不良娘「おうっ! はやく言えやっ!」

男「あ、でもその前にちょっと教えて欲しいんだけどさ」

不良娘「ああぁ!? んじゃもうこのさい答えてやるよ!」

男「ありがとう、聞きたいことは単純コトなんだけど」


男「君の名前、なんていうのかな?」


不良娘「オレの名前っ!? んなこと聞きてぇーのかお前はっ!?」

男「是非に」


「ああ、そうかよ……本当、金持ってる奴らは何考えてんのかわっかんねーな…!」

「ああ、いいよ…言ってやろーじゃねえか、オレの名前はだなっ……!」

「──【不良娘】だっつーのッ!! 覚えとけ腐れチビ童貞野郎!!」


12 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 07:28:55.93 ID:FHeNAPOIO
男「…」

男「其の名で間違いないか」

不良娘「ああ、そうだよ。なんか文句でも───」


「『我が命は黄昏より遠き?なり、森羅万象この世の理に背く一族なり』」


不良娘「えっ…?」


「『故に行いは悪にあらず、神の加護を授けた過ちと知れ』」


不良娘「…なに、いってんだお前…」


「『されど知らしめよ、背くものは我だけにあらず』」

「『無に還すべき命はあれど、生き道彷徨う命はここにあり』」

「『呪印に継ぐ果て無き答えを求めん。我が名は契約に基づき血を引く者、神の加護を受けし身がここに命ずる』」



「───彷徨える命、彼の者を解放せよ」


13 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 07:30:06.33 ID:FHeNAPOIO
ぱぁあああああああああんんん!!


不良娘「………え?」

不良娘「どういうこと? これ?」


男「うん、君を僕のパートナーにした」

不良娘「は?」

男「…詳しいことは僕にもわかんね、死んだじっちゃんに教わったことをやっただけだから」

男「けれど、確かに僕がやってのけたことは、君がここに縛られていた制約を解いてやったってこと」

不良娘「…」

男「これからは自由だ、後の世を満喫するがいい」

不良娘「……お前…」

男「ま、僕のパートナーって時点で自由度は格段と下がるけど。しかたない、必要なことだと……」

不良娘「まてよ!!」

男「なんだなんだ、僕はお腹空いてるんだ」


14 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 07:31:13.27 ID:FHeNAPOIO
不良娘「お前の腹の具合はしらねえよ…ッ! というかお前、最初から気づいて……ッ」

男「当たり前、なにいってるんだ本当に」


男「───この交差点で交通事故によって、命を落とし」

男「この場の地縛霊となったことぐらい知ってて当然だ」


不良娘「……やっぱ、オレって死んでるんだな」

男「知らなかった?」

不良娘「しってたよ! 交通事故に合った時の……痛みもまだ覚えてる、だけど、だけど……」

不良娘「こんなことになっても、すぐには理解するなんて、」

男「理解しろ、それが命を失くした者の末路だ」

不良娘「ッ……」

男「生きているうちに、随分と好き勝手なことを繰り返してたみたいだね、調べるとボロボロ出てきた」

男「しかし、死んでなお好き勝手なことを繰り返すな、迷惑極まりない」

不良娘「お、オレはっ……」

男「五月蝿い」


15 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 07:31:53.58 ID:FHeNAPOIO
男「死者が生者に口を出すな。理を背く存在は無に還すのが本来、僕の義務」

男「キミごとき雑念、デコピンで吹き飛ばす事も可能だ」

不良娘「………」

男「なんだなんだ、黙ってちゃーなんにもわからないじゃないか、なんか言ってくれ」

不良娘「……お前は、一体何者なんだよ」

男「除霊師家系の末裔」

不良娘「…ボケろよ」

男「ん? そっか、じゃあボケてみる」


男「どうか僕と、付き合ってください」


不良娘「……ボケなのか? それ?」

男「ううん、君の言うとおりにやるなんて嫌だし」

不良娘「じゃあ……」

男「本気だ、ボケでもないし、全然冗談なんかじゃない」


16 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 07:32:37.44 ID:FHeNAPOIO
男「だからこそ、僕はここにいる。君を地縛霊から背後霊へ、その為の準備はやってのけた」


男「最初に【キミへの供物を渡す行為】もやった、」

男「【僕が君の名前を知る名渡し】」

男「制約を破る意味での【儀式紙破り】も」


男「さあここまでやってあげたんだ、
  君がどれだけ過去、暴力を行なってきたとしても僕はそれを許そうじゃないか」ニッコリ


男「──僕は君に惚れちまったんだぜ。けれどキミは幽霊? はっは、知ったことじゃない」

不良娘「…悪趣味だなテメー」

男「どんとこい、汚名なんてものは我が一族にふさわしいもんだ」

不良娘「しらねぇよ、んなことは」

男「じゃあこれから知ればいい。むしろドンドン教えるさ」すっ

不良娘「……」

男「地と血に縛られ可哀想な地縛霊、」

男「けれど今日から君は自由だ、これからは僕の囲いの中でまた───暴れるがいい」


17 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 07:35:58.28 ID:FHeNAPOIO
不良娘「…また、暴れ回れんのか。オレ」

男「うん、僕が許す」

不良娘「…このクソったれな世界で、また?」

男「勿論だとも。死んでなお……この世に残り迷惑かける君に惚れたんだ」

不良娘「は、ははっ……お前、本当に頭どうかしてるよ」

男「自由は恐いかい?」

不良娘「いや、まったくだ」

男「じゃあなにか不満があるのかな?」

不良娘「思ってもない展開に不満なんてねぇよ、けど特にお前のパートナーってやつが気に食わん」

男「そこは嬉しいって言って欲しいかな、僕的に」

不良娘「断る」

男「素敵な返事だ、そうこないと僕が惚れるわけがない」

不良娘「変態が」

男「最高だね」

不良娘「死ね」

男「君と同じになれるなら本望だ」


18 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 07:36:44.82 ID:FHeNAPOIO
不良娘「……いや、マジでおれに惚れてんの?」

男「悪い?」

不良娘「さっきはなんというか……冗談風に流したけど…マジやばいなお前…」

男「そこまで僕はおかしくないお、うん」

不良娘「そうか、そうかもしれないな」

男「おっ?」

不良娘「…自由なんだろ、だったらオレも自由なりに知っていくさ」

男「はっは、じゃあ気さくになんでも訊いてくれ。なんでも答えるよ」

不良娘「おう、そしたらまずは……お前は一体何者だよ」


男「僕はただ高校生」

不良娘「嘘つけ」


owari


19 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 07:37:22.26 ID:FHeNAPOIO
以前どこかで投下したものリメイク

ではではノシ


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1418682054/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「男女」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ