Powered By 画RSS


王様「おお勇者よ!」 彡(゚)(゚)「ファッ!?」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/15(月) 22:46:52 ID:qkgUjiY6
王様「ついに現れたか」

召喚士「この者が我らが世界を救うため遠き国より召喚されし伝説の勇者です」

彡(゚)(゚)(誰やこいつら…どこやここ…)キョロキョロ

彡(゚)(゚)(ワイは今の今まで実家のリビングでビール飲みながらウキウキで試合みてたはずやのに…)

彡(゚)(゚)「あの、帰りたいんやけど」




2 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/15(月) 22:50:17 ID:qkgUjiY6
王様「そなたは勇者。魔王を倒すために我々がこの世界へと召喚したのじゃよ」

彡(゚)(゚)「話聞けや」

王様「して、名はなんと申す」

彡(゚)(゚)「ガイジかな」

王様「ほほう、そなたの名はガイジと申すか」

王様「近う寄れ」

彡(゚)(゚)「なにいってだこいつ」

大臣「さっさとこんか」グイッ

彡(゚)(゚)「ゴラアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア
ちょうど首位攻防戦真っ最中やぞコラアアアアアアアアアアあああああアアアアアアアアア
ぶっ殺すぞあああああああああああああああああああああああああああああああ」

衛兵「貴様!」ジャキン

彡( )( )「あっ大丈夫っす…」


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/15(月) 22:54:09 ID:qkgUjiY6
彡(゚)(゚)「はよ帰してくださいなんでもしますから!」

王様「ん?いま」

大臣「では早急に魔王を倒して参れ」

彡(゚)(゚)「ファーwwww無理無理無理のかたつむりよ。ワイもう体ダルダルのおっさんやし」

召喚士「ではお主に武器を授けよう」

彡(゚)(゚)「伝説の剣でもくれんのか」

召喚士「これだ。お主を召喚した際に共に現れた伝説の武器だ」


no title


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/15(月) 23:00:05 ID:qkgUjiY6
大臣「なかなか様になっているではないか」

彡(゚)(゚)「めっちゃグリップなじむやん! バッティンググローブないんか」

召喚士「この手袋のようなものなら落ちていたぞ」

彡(゚)(゚)「ファーwwwwwいたせりつくせりやんけ」

王様「では頼んだぞ」

彡(゚)(゚)「しゃーない。それで帰れるんならやったるわ」

召喚士「外には魔物がうじゃうじゃいますのでお気をつけて」

彡(^)(^)「金属バットあったら虎くらいまでなら行けるやろw」


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/15(月) 23:01:31 ID:qkgUjiY6
大臣「酒場にいけば仲間もあつまるぞ」

彡(゚)(゚)「申し訳ないが足手まといはNG」

彡(^)(^)「ほんならいってくるやで~」


彡(゚)(゚)「この道まっすぐいけばええんやな」

彡(^)(^)「あ! 最初の敵や! フルスイングでぶっ殺したろw」


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/15(月) 23:02:05 ID:qkgUjiY6
AA_141879889699139900.png


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/15(月) 23:14:43 ID:NsGP56CI
クッソワロタwww


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/16(火) 00:08:01 ID:mcqC6AhA
嫌いじゃない


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/16(火) 02:34:18 ID:y0OiD2pA
ドラフト一位で指名したい>>1


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/09/16(火) 08:23:48 ID:aozCEVig
話が広がる前に終わった…!?


元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1410788812/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「勇者・魔王系」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ