Powered By 画RSS


雪歩「あっちむいてぴょん?」

1 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/24(水) 23:36:30.19 ID:e2ZVXyo10
真美「そうだよ」

雪歩「それってどんな遊びなの?」

真美「基本はあっち向いてホイと一緒だね」

雪歩「そうなんだ。でも、ぴょん?」

真美「うん」

雪歩「ぴょんはなんなの?」

真美「それはゆきぴょんの事だよ」

雪歩「ふぇ? 私……?」

真美「うん、あっち向いてホイはじゃんけんで勝った方が指差すでしょ?」

雪歩「そうだね」




3 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/24(水) 23:37:49.00 ID:e2ZVXyo10
真美「あっちむいてぴょんは真美が指差して、ゆきぴょんが同じ方を向かないように頑張る遊びだYO」

雪歩「え、えぇぇぇ!?」

真美「んじゃ~さっそk」

雪歩「ま、まって真美ちゃん!」

真美「んぁ? 何ゆきぴょん?」

雪歩「そ、それって私に何のメリットが……」

真美「あ~、そっか。じゃあ10回しのいだらゆきぴょんの勝ちって事で」

雪歩「それって結構難しいよね…?」

真美「いやいやゆきぴょん、真美の指差してない3つの方を向くだけなんだから簡単っしょ~!」

雪歩「そ、そうかな……?」

真美「そうだよ、楽勝楽勝!」

雪歩「う……、じゃ、じゃあちょっとだけ……」


4 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/24(水) 23:38:41.03 ID:e2ZVXyo10
真美「ゆきぴょんが勝ったらご褒美があるかんね!」

雪歩「え、そうなの?」

真美「メリットといえばそれがメリットかな?」

雪歩「そうだね」

真美「んっふっふ~。それじゃあ今度こそ。あっちむいて~ぴょん!」→

雪歩「…っ」↓

真美「おぉ、やるねぇゆきぴょん」

雪歩「まずは一回だね」

真美「んじゃ続けて。あっちむいてぴょん!」←

雪歩「…っ」→

真美「ほら、楽勝っしょ?」

雪歩「ど、どうだろう……?」


5 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/24(水) 23:39:33.85 ID:e2ZVXyo10
真美「どんどん行くよ~! あっち向いて……ぴょん!」↑

雪歩「…っ」↓

真美「もいっちょ、あっちむいてぴょん!」↓

雪歩「ひぅ!」↓

真美「ありゃ」

雪歩「はぅ~」

真美「まさかこんなに早く負けるとは思わなかった……」

雪歩「やっぱり私はダメダメなんです……」

真美「い、いやいや! ほ、ほら! 特別真美が強すぎた可能性もあるじゃん!」

雪歩「そうなの?」

真美「いや、分かんないけど……。ほ、ほら! 他の人にもやってもらおうよ!」

雪歩「え?」


6 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/24(水) 23:40:10.85 ID:e2ZVXyo10
真美「んっと~。あ、ほら、窓の所に千早お姉ちゃんいるからさ、ちょっと呼んでくるよ!」

雪歩「あ、真美ちゃ……行っちゃった……」




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



7 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/24(水) 23:40:48.42 ID:e2ZVXyo10

真美「千早お姉ちゃ~ん」

千早「あら真美。どうしたの?」

真美「それがさ。かくかくしかじか」

千早「なるほど、まるまるうまうまなのね」

真美「だから、千早お姉ちゃんにもやってもらえないかな?」

千早「えぇ、そういうことだったら」

真美「ホントに!? あんがと!」

千早「それじゃあ行きましょう」

すたすた

真美「連れてきたYO」

雪歩「千早ちゃん……」


8 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/24(水) 23:41:37.44 ID:e2ZVXyo10
千早「萩原さん、早速やってみましょう」

雪歩「う、うん……」

千早「えっと、あっちむいてぴょんだったかしら?」

真美「うん、そだよ~」

千早「分かったわ。それじゃあ、いきます。あっちむいて、ぴょん!」↑

真美(千早お姉ちゃんが真剣な顔してぴょんとか言ってる。いや真美が言わせたんだけど)

雪歩「…っ」→

千早「あっちむいてぴょん!」↓

雪歩「…っ」↑

千早「あっちむいてぴょん!」→

雪歩「ひぅ!」→

千早「あ……」

真美「あ……」


10 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/24(水) 23:42:24.12 ID:e2ZVXyo10
雪歩「うぅ……」

千早「ごめんなさい……」

真美「えっと……」

雪歩「やっぱり私は……」

真美(どうしようこの空気)

がちゃ

春香「ただいま戻りました~」

真「たっだいま~!」

やよい「ただいまですぅ~!」

真美「はるるん、まこちん、やよいっち! ちょうどいいタイミングだよ!」

春香「え?」


11 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/24(水) 23:43:14.19 ID:e2ZVXyo10
真美「実は……」

春香「なるほど、わほわほわっほいって事なんだね」

真「ふむふむ、まこまこまこりんって事か」

やよい「それじゃあ私達もあっちむいてぴょんをしましょう! 雪歩さんの為に!」

真美「ありがとうやよいっち、はるるん、まこちん!」

春香「それじゃあまずは私から。千早ちゃんの敵は私が!」

千早「勝手に殺さないでもらえるかしら」


12 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/24(水) 23:44:02.41 ID:e2ZVXyo10
春香「雪歩、いくよ! あっちむいて、ぴょん!」←

雪歩「…っ」↑

春香「あっちむいてぴょん」↑

雪歩「…っ」↓

春香「あっちむいてぴょん!」→

雪歩「…っ」↓

春香「あっちむいてぴょん!」→

雪歩「ひぅ!」→

真美「あ~」

春香「ん~、ごめ~ん」

雪歩「あぅ……」


13 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/24(水) 23:45:08.82 ID:e2ZVXyo10
やよい「こ、今度は私です!」

雪歩「やよいちゃん……」

やよい「自慢じゃないですけど、私弟達とあっち向いてホイをした時あんまり勝てないんです!」

真美「ホントに自慢にならないね。それ」

やよい「あぅ……。で、でもでも! だからこそ雪歩さんに勝たせてあげられるかな~って」

真「なるほど!」

やよい「さぁ、いきますよ雪歩さん! あっちむいて~ぴょん!」→

べしっ

雪歩「はぅ!」


14 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/24(水) 23:45:59.25 ID:e2ZVXyo10
春香「き、決まった~!」

真「指差す時にやよいもそっちのほうを向いた結果、やよいのトレードマークとも言うべきツインテールが雪歩の顔面にヒット!」

千早「萩原さん、起き上がれません」

真美「わ~ん、つ~、すり~!」

春香「勝者やよい!」

やよい「え? え? って、雪歩さん大丈夫ですか!?」

雪歩「はぅ~……」

真美「こりゃ危険だから続行不可能だね」

やよい「雪歩さん、すみません!」

雪歩「だ、大丈夫だよやよいちゃん……私がダメダメなだけで……」

やよい「そんなこと……」


15 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/24(水) 23:47:18.23 ID:e2ZVXyo10
真「それじゃあ次はボクかな」

雪歩「真ちゃん……」

真「えっと、その、始めてだからうまく出来るか分かんないけど」

雪歩「うん……」

真「ボク、頑張るから!」

雪歩「真ちゃん……!」

春香「何か意味合い違う気がする」

千早「空気が違うわね」

やよい「真さん、頑張ってくださ~い!」

真美「まこちん、ファイトだよ!」

真「いくよ、雪歩……!」

雪歩「うん……!」


16 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/24(水) 23:47:58.19 ID:e2ZVXyo10
真「あっちむいて~、ぴょん!」↑

雪歩「…っ」↓

真「よし。次、あっちむいて、ぴょん!」→

雪歩「…っ」←

真「あっちむいて、ぴょん!」→

雪歩「…っ」↑

真「それ、あっちむいて、ぴょん!」↓

雪歩「…っ」←

真「もういっちょ、あっちむいて、ぴょん!」→

雪歩「…っ」↑

春香「いい感じなんじゃない?」

真美「五回目は始めてだよ!」

やよい「真さん、すごいです~!」


18 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/24(水) 23:49:01.00 ID:e2ZVXyo10
真「あっちむいて、ぴょん!」↓

雪歩「…っ」↑

真美「六回目だ!」

春香「ていうかぴょんを若干可愛く言ってるのが何か……」

千早「えぇ……」

真「あっちむいて、ぴょん!」←

雪歩「…っ」→

真「えい! あっちむいて、ぴょん!」↑

雪歩「…っ」←

真「あとちょっとだ。あっちむいて、ぴょん!」↓

雪歩「…っ」↓

真美「あ~~~!」


19 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/24(水) 23:50:02.54 ID:e2ZVXyo10
春香「惜しい~~!!」

やよい「あぅ……」

千早「あと二回だったのに……」

真「くそっ!」

雪歩「ごめんね、真ちゃん……」

真「いや、雪歩のせいじゃないよ。ボクの力が及ばないばっかりに……」

雪歩「ううん、私がダメダメだから……」

春香「そういうんじゃないから」

真美「う~ん、まこちんでもダメとなると……」

春香「あ、ソファーで美希が寝てるからちょっとやってもらおうよ」

真美「ミキミキいたんだ……」


20 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/24(水) 23:50:59.69 ID:e2ZVXyo10
千早「美希。ちょっといいかしら、美希」

美希「あふぅ、どうしたの千早さん。ミキ、朝からお仕事だったから寝たいんだけど……」

千早「それがね、かくかくしかじか」

美希「ふ~ん、あふあふなのなのなんだ」

千早「えぇ、だからお願いできないかしら?」

美希「ん~、終わったら美希寝てもいい?」

千早「構わないわ」

美希「ん、じゃあ雪歩。やろ」

雪歩「うぅ……。よろしくね、美希ちゃん」


21 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/24(水) 23:51:39.76 ID:e2ZVXyo10
美希「あっちむいてぴょん! なの」↓

雪歩「ひぅ!」↓

真美「え~……」

春香「うそぉ」

真「雪歩……!」

美希「弱すぎなの雪歩。じゃあミキは寝るね」

がちゃ

律子「ただ今戻りました~」

亜美「はろはろ~。帰ってきたYO!」

あずさ「もどりました~」

伊織「はぁ、今日も疲れたわね~」

真美「亜美!」

亜美「およ、真美。どちたの?」


22 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/24(水) 23:52:39.49 ID:e2ZVXyo10
真美「実はさ。かくかくちかちか」

亜美「ふむふむ。まるまるうまうまなんですな」

伊織「何やってんのよあんた達……」

あずさ「でも楽しそうね~」

がちゃ

響「ただいま~」

貴音「ただ今戻りました」

春香「響ちゃん、貴音さん。おかえりなさい」

貴音「おや、今日は勢揃いなのですね」

千早「我那覇さん、四条さん。ちょっといいですか」

響「どうしたんだ千早?」

千早「実は、かくかくしかじかで」

貴音「ほう、まるまるめんようという訳ですか」

響「面白そうだな!」


23 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/24(水) 23:53:42.68 ID:e2ZVXyo10
伊織「それじゃあこの伊織ちゃんが華麗に雪歩を打ち負かしてやるわよ!」

真「負かしちゃダメなんだよ、伊織」

伊織「わ、わかってるわよ!///」

亜美「次は亜美ね!」

貴音「いえ私が」

響「じゃあ自分が!」

あみたか「「どうぞどうぞ」」

響「うぎゃー、なんなのもー!」

伊織「五月蠅いわよあんた達! 私がやってる間にくじ引きでもなんでもいいから決めちゃいなさい!」

あずさ「それがいいわね~」

春香「じゃあいらない紙の裏にあみだくじ書こっか」

伊織「皆行っちゃったじゃない……」


24 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/24(水) 23:54:19.93 ID:e2ZVXyo10
雪歩「よ、よろしくね、伊織ちゃん」

伊織「行くわよ。あっちむいて~、ぴょん!」↑

雪歩「…っ」→

伊織「お次は、あっちむいてぴょん!」↓

雪歩「…っ」←

伊織「あっちむいて、ぴょん!」→

雪歩「…っ」↓

伊織「あっちむいてぴょん!」↓

雪歩「…っ」↑

伊織「あっちむいてぴょん!」←

雪歩「…っ」↑

伊織「やるじゃない。あっちむいてぴょん!」↓

雪歩「ひぅ!」↓


25 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/24(水) 23:55:20.13 ID:e2ZVXyo10
真美「いおりんど~なった?」

伊織「……今終わったところよ」

真美「お、ゆきぴょん勝った!?」

伊織「いえ、五回で終わったわ」

真「そっか、残念だったね。雪歩」

雪歩「うぅ……」

貴音「では次は私の出番ですね」

雪歩「あ、はい……!」

貴音「参ります。あっちむいて、ぴょん!」↑

雪歩「…っ」←

真美(お姫ちんが、ぴょん……)

真(真剣にやってる分逆に……)

千早(面白い……)プルプル

春香(真は人のこと言えないんだけど……)


26 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/24(水) 23:56:06.11 ID:e2ZVXyo10
貴音「次です。あっちむいて、ぴょん!」↓

雪歩「…っ」↑

貴音「まだまだ、あっちむいてぴょん!」→

雪歩「ひぅ!」→

真美「うぁうぁ~。早いよお姫ち~ん」

貴音「無念……」

亜美「んじゃ~、次は亜美だYO!」

雪歩「よろしくおねがいしますぅ……」


27 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/24(水) 23:57:05.43 ID:e2ZVXyo10
亜美「いっくよん。あっちむいてぴょん!」→

雪歩「…っ」←

亜美「もいっちょ、あっちむいてぴょん!」←

雪歩「…っ」↓

亜美「お、いいじゃんゆきぴょ。あっちむいてぴょん!」↑

雪歩「…っ」←

亜美「よいしょお! あっちむいてぴょん!」↓

雪歩「…っ」↑

亜美「うりゃ~! あっちむいてぴょん!」→

雪歩「ひぅ!」→

真美「亜美~……」

亜美「う~ん、ごめんYO……」


28 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/24(水) 23:58:01.53 ID:e2ZVXyo10
響「次は自分だな!」

雪歩「は、はい……」

響「いくぞ雪歩! あっちむいて~、ぴょん!」↓

雪歩「ひぅ!」↓

真美「ちょっとひびきーん!」

亜美「そりゃないっしょ!」

美希「響ってそういうとこあるよね」

律子「あら美希。いつ起きたの?」

美希「さっきだよ」

響「ちょ、もう一回! もう一回やらせて!」

律子「はいはい。次は私の番だから」

雪歩「り、律子さんまで……」

律子「さて、いくわよ雪歩」

雪歩「お、お手柔らかに……」


29 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/24(水) 23:58:31.34 ID:e2ZVXyo10
律子「あっち向いて、ぴょん!」→

雪歩「…っ」↑

律子「さぁもう一度。あっち向いて、ぴょん!」↓

雪歩「…っ」←

真美「あはははは! り、律っちゃんがぴょんって!」

伊織「あっはっはっは、おっかしい!」

律子「な、なによあんた達!///」

亜美「あ~、律っちゃん照れてる~」

律子「て、照れてないわよ!///」

千早「さ、三人共……そんなに、ふふっ。笑ってしまったら……くくく……しつ、しつれ……ふふふっ」

春香「千早ちゃんが一番失礼だよ?」

律子「もういいわよ!///」

亜美「あ~、律っちゃん拗ねちった~」

やよい「亜美! 真美! それに千早さんも! 笑ったりしたらいけません!」

千早「た、高槻さん……! ご、ごめんなさい……」


30 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/24(水) 23:59:04.66 ID:e2ZVXyo10
あずさ「それじゃあ次は私ね~」

雪歩「よ、よろしくお願いします」

あずさ「いくわよ。あっちむいて、ぴょ~ん」↓

雪歩「…っ」↑

あずさ「うふふ、あっちむいてぴょん!」→

雪歩「…っ」↓

あずさ「あっちむいて、ぴょん!」←

雪歩「…っ」↓

あずさ「あっちむいて…ぴょん!」↑

雪歩「…っ」→

真美「いい感じだ……」

伊織「頼むわよ、あずさ……」


31 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/24(水) 23:59:37.38 ID:e2ZVXyo10
やよい「あずささんも雪歩さんもがんばってくださ~い!」

真「流石にボクの8回は抜けないと思うけど……」

春香「真は何で張り合ってるの……?」

あずさ「あっちむいてぴょん!」↓

雪歩「…っ」↑

美希「半分まできたの」

律子「流石はあずささん」

千早「そうね」

亜美「うんうん」

響「いや、何が流石なのか分かんないんだけど……」

貴音「響。お静かに」

響「理不尽だぞ……」


32 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/25(木) 00:00:08.24 ID:e2ZVXyo10
あずさ「あっちむいてぴょん!」←

雪歩「…っ」↑

あずさ「あっちむいて~、ぴょん!」↑

雪歩「…っ」→

あずさ「いい調子よ、雪歩ちゃん。あっちむいてぴょん!」→

雪歩「ありがとうございま、すぅ!」←

あずさ「あっちむいてぴょん!」↑

雪歩「ひぅ!」↑

真美「うぁ~! 惜しかったYO!」

真「やっぱり僕の8回は無理だったね!」

千早「真……」


33 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/25(木) 00:00:57.20 ID:zk829lTL0
亜美「これでみんな負けちゃったね……」

真美「律っちゃんは拗ねて放棄しただけなんだけどね」

あずさ「いえ、勝っちゃったんじゃないかしら」

律子「そうですね」

亜美「もう他に勝負できる人はいないのかな……?」

真美「このままじゃ……」

?「まだだ!」

雪歩「ふぇ?」

?「お前達。ここまでよく頑張った。後は全てこの俺が引き受ける」

千早「この声は……!」

真美「兄ちゃん!」


34 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/25(木) 00:01:30.30 ID:zk829lTL0
P「待たせたな。今までの一部始終見させてもらった、俺が確実に雪歩を勝たせてやる」

春香「そんな! これだけ皆が束になっても雪歩を勝たせることができなかったのに!?」

P「はっはっは。俺を誰だと思ってるんだ? お前達のプロデューサー何だぜ? 安心しろ雪歩。俺が必ず勝たせてやる」

あずさ「プロデューサーさん……」

伊織「任せていいのね……?」

P「あぁ」

千早「プロデューサーを、信じています……!」

P「いくぞ雪歩」

雪歩「は、はぃぃ!」


35 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/25(木) 00:02:06.59 ID:zk829lTL0
P「あっちむいて……ぴょん!」↑

雪歩「…っ」←

P「ぴょん!」←

雪歩「…っ」↓

P「ぴょん!」→

雪歩「…っ」↑

P「ぴょん!」→

雪歩「…っ」↑

P「ぴょん!」←

雪歩「…っ」→

P「ぴょん!」↓

雪歩「…っ」↑

P「ぴょん!」→

雪歩「…っ」↓

P「ぴょん!」↑

雪歩「…っ」→

P「ぴょん!」←

雪歩「…っ」↑

P「最後だ。あっちむいてぴょん!」↓

雪歩「…っ」←


36 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/25(木) 00:03:20.37 ID:zk829lTL0
真美「や、やった……」

真「ぼ、ボクの記録が……!」

千早「流石はプロデューサー!」

やよい「うっうー! 雪歩さん、おめでとうございます!」

響「やったな、雪歩!」

雪歩「うぅぅ……。よかったですぅ~!」

真美「それじゃあ見事勝ったゆきぴょんに~。ちょっと待っててね」

たったったった

亜美「およ、真美どっか行っちゃった」

伊織「それにしても良くあんた10回も負けられたわね」

P「ふっ、じゃんけんで負けるスキルは鍛えられたからな」

貴音「じゃんけん……?」


37 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/25(木) 00:04:34.20 ID:zk829lTL0
春香「プロデューサーさん、カッコ良かったですよ~!」

P「よせやい」

美希「流石はハニーなの!」

律子「こら美希、くっつかない!」

美希「ちぇ~」

真美「お待たせゆきぴょん!」

雪歩「へ?」

真美「じゃ~ん! 見事勝ち抜いたゆきぴょんにプレゼントだYO!」

雪歩「これ、私に……?」

真美「もっちろん! 開けてみて」

雪歩「うん……。わぁ!」


38 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/25(木) 00:06:05.66 ID:zk829lTL0
亜美「なになに~? あれ、それって……」

あずさ「まぁ、おいしそうなケーキね」

亜美「ねぇ真美。それ昨日の夜作ってたやつじゃん」

真美「だって今日はゆきぴょんの誕生日だから! 真美めっちょがんばったんだかんね!」

雪歩「真美ちゃん……。もしかしてこのために……?」

真美「こんなに大事になるとは思わなかったんだけどね。ごめんね、ゆきぴょん」

雪歩「ううん……。ううん! とっても嬉しいよ、真美ちゃん!」

真美「んっふっふ~。喜んでもらえて真美も嬉しいYO!」

伊織「ちょっと、お取り込み中の所悪いんだけど」


39 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/25(木) 00:07:18.97 ID:zk829lTL0
真美「んぇ? なにさいおりん」

春香「私達からも雪歩に!」

美希「プレゼントなの~!」

律子「まさか真美に先を越されるとはね」

雪歩「え。えぇぇぇ!?」

真「雪歩、誕生日おめでとう。一番じゃないのは残念だけど」

雪歩「そ、そんな。とっても嬉しいよ、真ちゃん」

真美「ゆ~きぴょん!」

雪歩「ふぇ?」

みんな「「「「「「「「「「「「「誕生日おめでとう!!!!!!!!!!!!!」」」」」」」」」」」」」

雪歩「みんな……。えへへ、ありがとう!」






おしまい


40 : ◆sIPDGEqLDE 2014/12/25(木) 00:08:28.74 ID:zk829lTL0
終わりです

間に合わなくってごめんね雪歩。
お誕生日おめでとう。

少しでもお楽しみいただけたら幸いです。
それではお目汚し失礼しました。


41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/25(木) 00:10:20.94 ID:tYZeDknMo
乙でした。
いい誕生日SS。


42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/25(木) 00:18:13.33 ID:GglYeKtd0

さすがじゃんけんで鍛えた判断力はだてじゃない


43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/25(木) 01:13:16.66 ID:dza0pkBDO
流石にPだな



元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1419431780/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ