Powered By 画RSS


ちなつ「京子先輩に見られた」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 20:41:28.44 ID:1cqeEwqH0
~娯楽部~

ちなつ「んっ…くっ、先輩…せんぱいぃぃぃ///」

ちなつ「もっと、もっと強く…そ、そこっ、ひゃっ///」

ちなつ「チーナ、逝っちゃう…逝っちゃうよぉっ///」ビクビクーッ

ちなつ「はぁ…はぁ…はぁ…」


ゴトンッ


ちなつ「ひゃっ!?」

ちなつ「だ、誰か居るんですか!?」




3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 20:43:01.60 ID:1cqeEwqH0
京子「……」

ちなつ「きょ、京子先輩、今日はもう結衣先輩たちと帰ったはずじゃ!?」ササッ

京子「あ、いや、忘れ物を取りに来たんだけど…」

ちなつ「……そ、そうですか…」

京子「……うん」

ちなつ「……京子先輩、見ました…?」

京子「……ごめん、見るつもりはなかったんだけど…見ちゃいました…」


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 20:45:00.31 ID:1cqeEwqH0
京子「あ、い、言わないよ!誰にも!そ、それに、皆、やってる事だし、気にすること…!」

ちなつ「……」ウルッ

京子「ちなつちゃん…」

ちなつ「嘘です、誰も、こんなえっちな事、してません…」ヒックヒック

ちなつ「ぶ、部室でなんて…そんなの、変態です…私、変態なんです…」グスン


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 20:46:44.25 ID:1cqeEwqH0
京子「そ、そんな事ないよ、ちなつちゃんは、変態なんかじゃ…」

ちなつ「じゃ、じゃあ、京子先輩、部室で、したり、するんですか?」ヒック

京子「そ、それは///」

ちなつ「や、やっぱり、しないです、そんな、私以外は…」ヒックヒック

京子「い、いや、や、やるよ、私も、やってたよ、前に!」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 20:47:49.40 ID:1cqeEwqH0
ちなつ「嘘です…京子先輩、私の為に、嘘付こうとしてるだけです…」グスン

京子「ほ、本当だって!信じて、ちなつちゃん!」

ちなつ「じゃあ…今、やってください…」ヒック

京子「……え?」

ちなつ「い、いま…ここで、やって見せてください…」ヒック


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 20:49:19.66 ID:1cqeEwqH0
京子「え…あの、何を?」

ちなつ「オ・ナ・ニー」

京子「  」

ちなつ「や、やっぱり…嘘、だったんだ…京子先輩、優しいから、私を慰めようと…」ヒック

京子「え、あ、いや、嘘じゃないけど…けど、それって1人の時にするものだし///」

京子「い、いま、ここで、ちなつちゃんが見てる前でっていうのは、難しいよ///」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 20:52:16.48 ID:1cqeEwqH0
ちなつ「わ、私のことは、妄想だと思ってくれていいです…」ヒック

ちなつ「私を…ネ、ネタに使ってくれてもいいですから…」グスン

京子「そ、そ、そんな///」

ちなつ「お願いします、京子先輩…」グスン

ちなつ「わ、私を、信じさせてください…でないと、私、私、明日からもう…」ヒック


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 20:52:49.63 ID:1cqeEwqH0
京子「わ、わかった、…判ったから、もう、泣かないで…」ナデ

京子「私、やるから、その、ここで///」

ちなつ「京子先輩…」

京子「えと、どうしよう///」

ちなつ「はい、この座布団の上に、座ってください…」

京子「あ、ありがとう、ちなつちゃん///」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 20:53:35.31 ID:1cqeEwqH0
京子「……」ペタン

ちなつ「……」

京子「……」モジモジ

ちなつ「……はやく」

京子「あ、は、はい……」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 20:54:55.54 ID:1cqeEwqH0
京子(どうしよう、自慰なんて///)

京子(やり方、わからないよ///)

※(歳納京子は天使ですのでオナニーしたことありません)

京子(えっと、ちなつちゃんがさっきやってたのは、確か…パンツに指を当てて…)

京子「////」サワッ

ちなつ「京子先輩、良く見えません…足、もう少し…」

京子「あ、う、うん///」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 20:56:42.03 ID:1cqeEwqH0
京子(こ、このまま、揉めばいいのかな…)

京子「////」モミモミ

京子(うう、良く分からない…)

京子(くすぐったいだけな気が…)

ちなつ「……」

京子「ち、ちなつちゃん、そんなに見られると///」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 20:57:43.31 ID:1cqeEwqH0
ちなつ「あ、そうでしたね、すみません」

ちなつ「ネタがないと、やりにくいですよね」

ちなつ「じゃあ、あの、私の…スカートの中…」チラッ

京子「……!」

ちなつ「み、見ます?///」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 20:58:32.18 ID:1cqeEwqH0
京子「……う、うん」ジクッ

京子(え、な、何だろう、お腹の下の方が、何か、熱い…)

ちなつ「じゃ、じゃあ…恥ずかしいけど、私の、中…見てください…」スーッ

京子(ち、ちなつちゃんのスカートが、捲られて…)

京子(太腿が見えて…)

京子(そ、その奥が…え、肌色…も、もしかして、ちなつちゃん…)


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 20:59:59.87 ID:1cqeEwqH0
京子(ぱ、ぱんつ、履いてない…?)

京子(ちなつちゃんの、恥ずかしい箇所が…全部見えてる///)

京子「////」クネクネ

京子(な、なに、凄く、切ない…切ないよ…)

京子「////」クチュ

京子(な、なんだろう、指で触れてるパンツが、濡れてきた…)

京子「////」クチュクチュ

京子(わ、わたし、お漏らししちゃったの…?)


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:01:07.65 ID:1cqeEwqH0
京子「ち、ちなつちゃん、私…私///」

ちなつ「え、京子先輩、私のスカートの中、見ただけで」

ちなつ「もう、濡れてきてるんですか?」

京子「ぬ、濡れて…るよ…ちなつちゃん、ちなつちゃん///」

京子「ど、どうしよう、私…私、お漏らししちゃった///」

京子「わ、わたし、どうしちゃったんだろ、なんだかおかしいよ、ちなつちゃん///」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:01:49.49 ID:1cqeEwqH0
ちなつ「京子先輩…もしかして…」

ちなつ「オナニー、はじめてなんですか?」

京子「ち、ちなつちゃん、恐い、恐いよ、私…私…」プルプル

ちなつ「だ、大丈夫ですから、京子先輩、そのまま、そのまま指のスピードを上げて」

京子「ち、ちなつちゃん、だめ、だめだよ、こ、こわい…」プルプル

ちなつ「大丈夫、私がついてますから、ね?ほら、抱っこしてあげますから」スッ


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:02:37.82 ID:1cqeEwqH0
ちなつ「安心して、私の胸の中で、そのまま指の動きに身を任せて…」

京子「ふあ///ちなつちゃん、ちなつちゃん///」プルプル

京子「んっ!んんんんっ!」

京子「んああああっ!」ビクビクビクーッ

京子「……」ハァハァ

ちなつ「京子先輩…」ナデナデ


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:04:02.15 ID:1cqeEwqH0
ちなつ「京子先輩、落ち着きました?」

京子「……うん///」

ちなつ「京子先輩、はじめてだったんですね…」

京子「ご、ごめん…嘘ついて…」

京子「私、部室どころか、自分の部屋ででも…まだ…」

ちなつ「……私のほうこそ、ごめんなさい」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:04:40.13 ID:1cqeEwqH0
ちなつ「はじめてなのに、私みたいな変態につき合わせて…」

京子「ちなつちゃんは、変態じゃないよ…」

ちなつ「変態ですよ…自覚してますから…」

京子「……仮に、変態だとしても、変態という名の聖女だよ…」

京子「だって、何も判らないままで泣きかけてた私を、優しく抱きしめてくれたんだもん///」

ちなつ「京子先輩…」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:07:10.32 ID:1cqeEwqH0
京子「さ、さて、今日は、もう帰る?」サッ

ちなつ「そ、そうですね、色々ありましたが…今日はもう帰りましょう…」

京子「うん、じゃ、一緒に帰ろう?」

ちなつ「……はい///」

京子(ち、ちなつちゃん、可愛い…何時もより、何倍も///)


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:07:35.83 ID:1cqeEwqH0
京子「さて、鍵も閉めたし…と、あ、しまった」

ちなつ「どうしたんです?」

京子「忘れ物とってくるのの忘れてた///」

ちなつ「もう、京子先輩ったら」クスッ

京子「ちょっと待っててね!」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:08:18.25 ID:1cqeEwqH0
京子「ただいま!」

ちなつ「早かったですね、京子先輩、何を忘れてたんですか?」

京子「うん、皆を撮ろうと思って持ってきてたデジカメを部室の中に忘れちゃってて…」

ちなつ「デシ……カメ……」

京子「さ、ちなつちゃん、帰ろう?」


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:10:39.01 ID:1cqeEwqH0
ちなつ「そういう、事だったんですね…」

京子「ちなつちゃん?」

ちなつ「そのデジカメで、私が、自慰してる所を…隠し撮りしてたんですね…」

京子「え、ち、ちなつちゃん?何を言って…」

ちなつ「その映像で、覚えたばかりのオナニーをして…更に、私を脅迫するつもり…なんでしょう?」


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:12:49.09 ID:1cqeEwqH0
京子「え、ち、違うよ、そんな、ちなつちゃんの恥ずかしい映像なんて撮ってないよ!」

京子「ほ、ほら、SDカード、確認してくれていいから!」

ちなつ「さっき、部室に戻った時に、カードだけ入替えたんですよね…」

ちなつ「京子先輩、ひどい…私、私、信じてたのに…」

京子「ちなつちゃん、話を聞いて!」


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:13:42.15 ID:1cqeEwqH0
ちなつ「いいです…いいですよ、脅迫すれば、いいじゃないですか…」

ちなつ「そんな映像を撮られちゃった私は、もう、京子先輩の言いなりになるしかないですから…」

ちなつ「え、えっちな脅迫とか、すればいいじゃないですか…」

京子「ちなつちゃん、違うよ、私は…」

ちなつ「そんな、演技はもう、いいです…」

ちなつ「な、何をして欲しいんですか?また、スカートの中、見せて欲しい、とか?」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:14:49.16 ID:1cqeEwqH0
京子「////」

ちなつ「それとも、私の、胸を見たい、とかですか?」

ちなつ「何でも、言う事、聞きますよ…脅迫されてるから、仕方ないですし…」

京子「あ、あの、ちなつちゃん///」

ちなつ「はい、何ですか、京子先輩…」

京子「と、とりあえず帰ろうよ///」


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:15:37.90 ID:1cqeEwqH0
ちなつ「つまり、京子先輩は家に帰るから私も来い、という意味ですよね…」

ちなつ「自宅に連れ込んで、本格的に…ですか…」

ちなつ「京子先輩、本当に…腹黒ですよね…」

京子「ち、違うよ、そんな事考えてないよ///」

ちなつ「判ってます…従わないと、映像バラまくんでしょ…」

ちなつ「絶対に京子先輩の家に行きますから、大丈夫です…」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:16:51.27 ID:HivO0yhYO
ちなつちゃん上手いわ


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:18:16.48 ID:1cqeEwqH0
~京子宅~

京子(上がり込まれてしまった…)

ちなつ「さあ、京子先輩、私は何をすればいいんです…?」

京子「え、あの、ちなつちゃん、泊って行くの?」

ちなつ「……泊って行かないと、どうなるんですか?」

ちなつ「突然夜中に電話かけてきて『今から10分以内に全裸で走って来い』とか」

ちなつ「言って来るつもりですよね…」

ちなつ「京子先輩の、変態…」

京子「……!」ゾクリ


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:50:11.65 ID:1cqeEwqH0
京子(ど、どうしたんだろ、わたし、変態って言われて、何か、ゾクッとした…)

ちなつ「そんな目には合いたくないですし、泊るしか、ないじゃないですか…」

京子「う、うん…判った、泊っていいから、ね?」

京子「もう、普通にしようよ?脅迫とか、しないからさ?」

ちなつ「本当ですか……?」ミアゲ

京子(う、また、凄く可愛い///)


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:50:34.07 ID:1cqeEwqH0
ちなつ「京子先輩…」

京子「は、はい!?」

ちなつ「今日、ご家族の方は…?」

京子「え、ああ、親達は旅行に行ってるけど…」

ちなつ「つまり、今は、京子先輩が、家の主…という事ですよね」

京子「う、うん、一応、そうなるのかな?」


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 21:52:29.55 ID:1cqeEwqH0
ちなつ「…判ってますよ、呼んでほしいんですよね、京子先輩」

京子「え?」

ちなつ「ご主人様…って」

京子「な////」

ちなつ「私から自主的に、言わせるよう、仕向けたんですよね」

ちなつ「京子先輩、本当に…変態です」

京子「……!」ゾクゾクッ


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:05:44.98 ID:1cqeEwqH0
ちなつ「私は、いいですよ…あの映像がある限り、京子先輩の奴隷と変わりありませんから」

京子「ち、ちなつちゃん、だからそれは///」

ちなつ「ご主人様…?」スッ

京子(う、か、顔が近いよ、ちなつちゃん////)

ちなつ「ご飯、食べに行きましょうか?食べさせて、あげますよ」

ちなつ「これも、奴隷の務め…ですよね?」

京子「///」


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:06:07.97 ID:1cqeEwqH0
ちなつ「はい、ご主人様、アーンしてください」

京子「あの、ちなつちゃん、自分で食べられるから///」

ちなつ「そう言って、食べさせてあげないと、あとからお仕置きするつもりですよね…?」

ちなつ「その手には乗りません…」

ちなつ「ご主人様が、そういう気なら…」モグモグ


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:06:37.84 ID:1cqeEwqH0
ちなつ「……」チューッ

京子(ふえ、ち、ちなつちゃん、口移しで…////)

ちなつ「ぷはっ……こうして、少しずつ、食べさせてあげます…」

京子「ち、ちなつちゃん///」

ちなつ「こういう事を、望んでるんですよね…京子先輩…」フッ

京子「み、耳に息吹きかけないで///」

ちなつ「だって、京子先輩…本気で拒絶しませんし…」


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:07:01.74 ID:1cqeEwqH0
ちなつ「口では綺麗事を言ってますけど…本当は…」

ちなつ「本当は…いやらしい、変態さんなんですよね…」

京子「……!」ゾクゾク

京子「ち、ちがうよ……ち、ちなつちゃんが、勝手に…」

ちなつ「私が勝手に…?」

ちなつ「…そうですね、そういう名分があれば…えっちに事をしても」

ちなつ「私のせいにできますからね…」

ちなつ「本当は、京子先輩自身が、望んでる事でも…」


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:07:29.33 ID:1cqeEwqH0
京子(わ、私、本当に、変態さんなのかな…)

京子(そう呼ばれて、ドキドキするし…)

京子(あ、けど…)

京子「あ、あの、ちなつちゃん?」

ちなつ「何です?ご主人様…」

京子「私が変態だったら…あの、ちなつちゃんも変態なんだし…)

京子「お似合い…かなって///」

ちなつ「なっ/////」


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:11:33.46 ID:1cqeEwqH0
ちなつ「////」

京子「////」

ちなつ「ご、ご主人様!」ドン

京子「は、はい!」

ちなつ「…お風呂入りますよ///」

京子「う、うん」

京子「……え?一緒に?」


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:11:45.99 ID:77XQkRUT0
何この変則的調教w

いいね!


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:19:18.23 ID:1cqeEwqH0
~お風呂~


ザバーン


ちなつ「ふう…///」

京子「ふう…///」

ちなつ「……」

京子「あのさ、ちなつちゃん」

ちなつ「何ですか、ご主人様」

京子「仮に私が本当に映像を撮っていたしても…」

京子「絶対に、他の子には見せないから…」

ちなつ「……」


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:19:41.96 ID:1cqeEwqH0
京子「ちなつちゃんがどう思っても、私にとってちなつちゃんは、大切な人だから」

京子「だから、もし、本当に、私と居るのが嫌なら、その、言ってね…」

ちなつ「……そんなこと」

ちなつ「言われなくても判ってます…」

京子「うん……良かった…」


95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:28:52.40 ID:1cqeEwqH0
ちなつ「…さあ、ご主人様」

京子「ん?」

ちなつ「身体…洗ってあげますから、来てください」

京子「え、そ、そんなの、自分で///」

ちなつ「……ご主人様?」

京子「ち、ちなつちゃん、怖いよ…」


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:29:21.86 ID:1cqeEwqH0
京子「/////」

ちなつ「……ご主人様って、本当に、肌綺麗ですね」ゴシゴシ

京子「あ、ありがと///」

ちなつ「髪も綺麗ですし…いい匂い、します…」

京子「ち、ちなつちゃん///」

ちなつ「今日は、汗かきましたから…ちゃんと、綺麗にしないと、いけませんよね…」スッ

京子「あ、そこは///」


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:29:49.18 ID:1cqeEwqH0
ちなつ「駄目です…ご主人様…逃げないで…」クチュ

ちなつ「ご主人様の大切な場所も、ちゃんと、私に、綺麗にさせてください…」スリスリ

京子「け、けど…ふぁ///くっ///」

ちなつ「優しく、しますから…ね?」シュッ

ちなつ「きれい、きれいに、しましょう…」コリッ


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:30:19.06 ID:1cqeEwqH0
京子(だ、だめ、さっきみたいに…また…また///)

京子(石鹸の泡が、ぬるぬるして、切ない、切ないよお///)

京子「ち、ちなつちゃん…も、もう///」

ちなつ「ご主人様…可愛い…」

ちなつ「もう、来ちゃったんですね…いいですよ…」


99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:30:40.88 ID:1cqeEwqH0
ちなつ「また、抱っこしてあげますから…」

ちなつ「私の、胸の中で、ね?」チュッ

京子「うあああっ、くっ、んうううっ」ビクッ

京子「んんんんっ!」ビクーッ

ちなつ「本当に、ご主人様は、変態です…」ナデナデ


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:40:38.75 ID:1cqeEwqH0
~京子の部屋~


京子「……」ポー

ちなつ「ご主人様?大丈夫ですか?」

京子「……」ポー

ちなつ「……しまった、良く考えたら」

ちなつ「オナニーしたのも今日が初めてだったんですよね…」

ちなつ「色々刺激が強すぎたかもしれません…ちょっと反省…」


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:41:08.49 ID:1cqeEwqH0
ちなつ「ほら、ご主人様、もう今日は寝ましょう?」

京子「……」ポー

ちなつ「はい、お布団に入って…」

京子「……」ポー

ちなつ「言いなりですね、ご主人様…」

ちなつ「布団を上からかけて…と」

京子「……」キュッ


104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:41:27.40 ID:1cqeEwqH0
ちなつ「あれ、ご主人様?」

ちなつ「裾、掴まれちゃった…」

京子「……いっちゃ、やだ」

ちなつ「……」

ちなつ「もう、ご主人様、甘えん坊ですね…」

ちなつ「寝るまで、一緒に居てあげますから…ね?」

京子「……」コクコク


105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:42:56.18 ID:6X8TizuD0
京子ちゃんが天使過ぎてつらい


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:50:21.37 ID:1cqeEwqH0
ちなつ「……」ナデナデ

京子「……」

ちなつ「……ご主人様?」

京子「……」zzz

ちなつ「もう寝ちゃった…よっぽど、疲れてたんだなあ…」

ちなつ「……可愛い」ツンツン


109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:50:55.49 ID:1cqeEwqH0
ちなつ「こんな変な関係になってしまいましたけど…」

ちなつ「私、嬉しかったです…」

ちなつ「部室で、京子先輩が、私の為に、自慰してくれて…」

ちなつ「お風呂で、私の事を、大切な人だって言ってくれて…」

ちなつ「昨日までは、考えられなかった事ですけど…」

ちなつ「ご主人様、貴女が、好きです」

ちなつ「大好きです…」チュッ


113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:59:15.78 ID:1cqeEwqH0
~翌日~

~娯楽部~


ちなつ「あ、ご主人様、こんにちわです」

結衣「  」

あかり「  」

京子「ち、ちなつちゃん、な、な、な、何を///」

ちなつ「あれ、ご主人様、ひょっとして昨日の事、忘れてます?」

京子「わ、忘れてないよ///けど、朝、ちゃんと言ったでしょ///」

京子「みんなには内緒にしようって///」


114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 22:59:35.06 ID:1cqeEwqH0
ちなつ「……それで、ご主人様って呼ばなかったら、後で私に罰を与えるつもりなんですよね?」

ちなつ「また、お風呂で、えっちなサービス、させるつもりですか…」

京子「ちょ、ちなつちゃん///」

結衣「  」

あかり「  」

ちなつ「それとも…部室で、私をネタにもごもご」

京子「ちなつちゃん、しーっ!それはしーっ!」


115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:00:00.20 ID:1cqeEwqH0
結衣「京子、ち、ちなつちゃんと、何やってるの?何があったの?///」

京子「な、何もないよ!気のせいだよ!」

結衣「けど、ちなつちゃん、さっきからずっと京子の事をご主人様って///それに部室でって///」

ちなつ「はい、結衣先輩、すみません…私、京子先輩の…奴隷に、されちゃったんです///」

結衣「  」

あかり「  」


117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:01:05.40 ID:1cqeEwqH0
京子「もう!ちなつちゃん!」

ちなつ「はい、何ですか、ご主人様…何でも、言う事、聞いてあげますよ…」

京子「もう…もう…///」

ちなつ(京子先輩、昨日の告白は、聞こえてなかったんだろうな…)

ちなつ(何時か、ちゃんと告白してあげたい…)

ちなつ(けど、それまでの間は…)

ちなつ(私は京子先輩の奴隷ですよ…)








119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:03:24.25 ID:x9CU7kJS0
乙乙乙


122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:07:02.73 ID:6X8TizuD0
素晴らしいたまらん乙


126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:10:35.35 ID:JiVWj4w3O
よかったぜ、乙


127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/08(火) 23:15:13.99 ID:8VUBGhQd0
大変宜しゅうございました
乙乙





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ゆるゆり」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ