Powered By 画RSS


響「正月だぞ」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/01(木) 17:15:10.63 ID:V2z2lpfU0.net
千早「そうね」

響「毎年こうなのか?」

千早「必要なものは大晦日までには買い揃えるし」

響「普段の休みも?」

千早「これといって趣味もないし」

響「不健康だなあ」

千早「そう言ってる我那覇さんもこたつから出ないじゃない」

響「えへへ、やっぱり一度入るとね」

美希「千早さん、みかん取って」




4 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/01(木) 17:18:17.53 ID:V2z2lpfU0.net
千早「はい」ポン

美希「千早さん…ここからじゃみかんに届かないの」

千早「腕を伸ばせばいいじゃない」

美希「それだとどうしても体出さないといけないの、寒いの」

千早「しょうがないわね」ムキムキ

千早「はいあーん」スッ

美希「ありが」

千早「うん、美味しい」モグモグ

美希「…」


5 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/01(木) 17:21:23.37 ID:V2z2lpfU0.net
千早「蟻がどうかしたの?」

響「千早って意地悪するキャラだったっけ?」

美希「…」シュン

千早「あの顔が見たくて」

響「あー…確かに可愛い」

美希「いいもん、みかん味のガムあるから」ゴソゴソ

響「…美希、今谷間から出した?」

美希「うん」ムグ

千早「くっ」


6 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/01(木) 17:28:37.29 ID:V2z2lpfU0.net
千早「ところで、何で二人とも私の家に…」

響「実家で過ごそうと思ったけど、飛行機の予約が取れなくて」

美希「ミキも暇だったから」

千早「だからって…」

響「みんな大体実家で家族がいるし、千早のところなら変に気を使わないでいいかなって」

美希「みかんくれないなんて千早さんはケチなの」

千早「なにかしら、こたつの中上手く足を伸ばせない」ギチッ

美希「いぎぃ!?四の字固めになってるの!ロープロープ!!!」バンバン


7 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/01(木) 17:34:50.39 ID:V2z2lpfU0.net
美希「今年多分初めて大声出したの」サスサス

響「初めての相手は千早か」

千早「我那覇さん…誤解を生みそうな言い方ね」

雪歩「はーい、みんなおせちが出来たよー」トトト

美希「待ってましたなの」

雪歩「持ってきた材料とあり合わせだけどね。調味料が少なくて困っちゃったけど」

千早「ごめんなさい。あまり自炊はしないから」

雪歩「あ、ううん、気にしないで」


13 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/01(木) 18:34:56.59 ID:V2z2lpfU0.net
千早「あ、この数の子美味しい」

雪歩「子宝に恵まれるのと子孫繁栄の意味があるんだっけ」

美希「子宝…」

千早「まだそういうのには早いかしら」

響「エッチな想像でもした?」

雪歩「あ、えーっと!海老もあるから」

千早「海老は背が曲がってる様子から長生きの象徴とされてたみたいね」

美希「今の時代長生きしてもしょうがないの、寝たきりだと悲惨だし」

響「年金…貰えないだろうなぁ…」

雪歩「お正月なのに落ち込まないで」アセ


14 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/01(木) 18:39:32.93 ID:V2z2lpfU0.net
美希「…」ブルッ

雪歩「美希ちゃん?」

美希「トイレ…」

千早「ああ、廊下の右側にあるわ」

美希「響、代わりに行ってきて」

響「代われるなら苦労しないぞ」

千早「我那覇さんなら草むらでしても平気じゃないの?」

響「って自分そこまで野生じゃないやーい!」

3人「…」

響「ちょっと、スベったみたいな空気にしないで」


15 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/01(木) 18:42:24.23 ID:V2z2lpfU0.net
美希「奥の手なの。千早さんホースある?」

千早「何する気?」

美希「ミキの中に入れてホースでトイレまで送るの」

雪歩「そ、それはさすがに」

美希「うんしょ」ズル

響「や、本気でするつもり!?」

美希「ジョークだよ」スタスタ

千早「はーびっくりした」


17 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/01(木) 18:45:56.42 ID:V2z2lpfU0.net
千早「あ、毎年恒例の格付けチェック」ピッ

響「一流維持するには全問正解しないといけないんでしょ?」

雪歩「私自信ないなあ」

響「沖縄料理なら即答なんだけど」

千早「ひょっとすると、来年にはアイドル枠で私たちがあそこに居る可能性だってあるわ」

雪歩「あ、あの怖そうな司会の人にイジられるの?」


18 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/01(木) 18:49:11.56 ID:V2z2lpfU0.net
響「雪歩、場数を踏まないと成長できないぞ」

千早「正直、雪歩がゴザの上で幸薄そうな顔をするのは絵になりそうね」

雪歩「えぇ…そっちに期待するの?」

響「今年もいつもどおりガクトが一流で梅宮がそっくりさんとかに落ちるのかな」

美希「ずっと力んでたからしんどいの」スタスタ

雪歩「は、はしたないよ」


19 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/01(木) 18:53:13.33 ID:V2z2lpfU0.net
美希「千早さん」スッ

千早「なにかしらその手」

美希「お・と・し・だ・ま」

千早「美希はどっちかというとあげる側じゃないかしら」

美希「まだ早いよ」

千早「いい美希、卑しい人間に落ちてはいけないわ」

響「そこまで言わなくても」

千早「じゃあ、今日私がお年玉くれると期待してた人は?」

3人「」スッ

千早「全員!?」


20 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/01(木) 18:56:37.88 ID:V2z2lpfU0.net
千早「…しょうがないわね」ゴソ

雪歩「え、ほんとに!?」

響「いやー、自分はどっちでもよかったんだけどぉ」チラ

美希「千早さんがあげたいならお言葉に甘えるの」チラ

千早「はい我那覇さん」

響「うわーい」ゴソ

500円

響「…」シラー

千早「目が怖いわよ」


21 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/01(木) 19:01:41.77 ID:V2z2lpfU0.net
雪歩「牛丼が食べられるね」

美希「これじゃマックでもお腹を満たせないの」チャリン

千早「文句言わないの」

美希「はーいなの」

千早「あ、そうそう。実は書初めをしたの」

響「へえ」

千早「昨日」

雪歩「それ書初めじゃないよね!?」

千早「自信作よ」パラ

『豊乳』

3人「…」

千早「な、なによ!まだ可能性は残ってるでしょ!?」


24 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/01(木) 19:05:20.80 ID:V2z2lpfU0.net
美希「千早さん、あんまり高い目標にするとあとで大変なの」

雪歩「うん…もう少し身の丈にあったことをね?」

響「同感」

千早「ちょっとそこに並びなさい」

美希「いや」

千早「こいつぅ!!」グワシ

美希「やん!」

響「胸を鷲づかみ!?」

千早「この脂肪の塊!肩がこるなら私に吸収させなさい!!」グリグリ


25 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/01(木) 19:09:24.12 ID:V2z2lpfU0.net
雪歩「セルみたいなこと言ってる…」

響「いや止めないと」

美希「やっ……そこっ」ピク

千早「ここか?ここがええのんか?」

響「なんか流れがおかしい!?」

雪歩「あ、あの…千早ちゃん」

千早「あなたも私の餌食になりたいの?」

雪歩「わたしも…触っていい?」

千早「いいわ。そのかわり」ムニ

雪歩「んっ」フニフニ

美希「ふ、二人ともいじらないで」ビクンビクン

響「なにこの構図!?」


26 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/01(木) 19:12:36.72 ID:V2z2lpfU0.net
響(千早が美希の…雪歩が千早に揉まれながら美希の胸を触ってる)

響「なにこれ」

千早「ほら…我那覇さんもこっちきて」グイ

雪歩「じゃあ、今度は響ちゃんのを」ムニ

美希「こうなったら響に怒りをぶつけるの」ワシ

響「あ…あーーーー!!」ビクン


28 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/01(木) 19:17:02.25 ID:V2z2lpfU0.net
春香「うー…さむいさむい」タッタッタッ

春香「ごめーん遅くなって!あけましておめで」ガチャ

4人「…」ゼエ…ゼエ…

春香「とぉーー!?」

千早「あ…春香…」ハアハア

春香「どうしたのみんな!?美希はえっちい顔で息荒いし」

春香「響ちゃんはヘブン状態のあとみたいに涎たらして」

春香「早速姫初めでもおっぱじめたの!?」


29 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/01(木) 19:21:13.11 ID:V2z2lpfU0.net
春香「新年早々おさかんだねえ…」アハハ

雪歩「いやね…みんなの胸が柔らかそうだから品定めをね///」

春香「それでも色々危ないよ!?」

千早「マシュマロみたいなのよね…大きい胸って」

春香「えぇ…」

千早「決めたわ。ないものをねだるより、これからは触って堪能するわ」

春香「今年の決意表明それでいいの!?」


30 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/01(木) 19:24:20.75 ID:V2z2lpfU0.net
響「うー…ひどい目にあったぞ」

美希「春香もこっちくるの」

春香「あ、ああ…それじゃお邪魔して………ん?」

雪歩「どうしたの?」

春香「こたつに4人入ってて…私の入る余地なくない?」

千早「そうね…小さいし」

春香「わたし…のけもの?」


32 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/01(木) 19:29:32.37 ID:V2z2lpfU0.net
春香「…」ポツーン

雪歩「体育座りでこっち睨んでる…」

千早「じゃあ春香、私のひざの上に」ポンポン

春香「いやそこまでしなくてもいいよ」モグモグ

響「そういえば皆は初詣は?」

雪歩「夜のうちに済ませようと思ったけど…そのまま寝ちゃって」

春香「あ、じゃあさ!今からみんなで行こうよ!」

千早「こたつはいいの?後で恨まれそうだし」

春香「そこまで執着してないよ!」


34 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/01(木) 19:34:57.65 ID:V2z2lpfU0.net
美希「はー、こたつから出ると異様に寒いの」ブル

雪歩「わあ…ちらほら雪が降ってるね」スタスタ

春香「じゃあお賽銭入れようか」

千早「…」

響「どうした千早。お札を財布から出したり入れたり」

千早「バストアップ祈願で80が目標だから8000円をいれようか迷って…」

雪歩「そ、そうなんだ」

千早「ああでも…買いたいCDが」

おばさん「ちょっとー後がつかえてるのよ!」ドン

千早「あ」

スポッ

春香「入っちゃった…」


35 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/01(木) 19:39:24.63 ID:V2z2lpfU0.net
千早「…」

響「き、気にすることないぞ!むしろ覚悟が決まったと思えば」

美希「よく食べてよくマッサージすればいいとミキは思うな」

千早「…マッサージできるかしら」サワサワ

雪歩「じゃ、じゃあ改めて!」パンッパンッ

5人「…」

春香「…よし!」

千早「春香はなんてお願いしたの?」

春香「それはもちろん…」

春香「今年もみんなでいっぱい笑えるように、ってね!」ニコ




元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1420100110/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ