Powered By 画RSS


男「能力の説明をすれば強くなる……?」神「ああ」

1 : ◆ZWAJnJ4q9E 2015/01/06(火) 22:31:08.09 ID:O3voUI6xo
――― 隔離された世界 ―――


男「ここが噂の……『隔離された世界』か。ここで能力がもらえるのか」

神「いかにも」

男「うわ!?何だアンタ!」

神「私は神だ。事前に聞いていないか?」

男「あ、貴方が神様でしたか……はい、聞いています。
この『学園能力戦』に参加するための能力を貰えるんですよね」

神「その通りだ、そして一つの『理』も伝える事となっている」

男「『理』……?」

神「この世界、この能力についての……ルールのようなものだ。お前に伝える理……それは、
『自身の能力を説明すればするほど強くなる』ということだ」

男「能力の説明をすれば強くなる……?」

神「ああ、自分でも良い。他人の能力でもいい。とにかく能力の内容、
その他能力を使ったときの詳細な攻撃状況等を事細かに伝えてみろ。さすればお前の能力は飛躍的に強力になるだろう……」


ブゥン


男「ええ!?消えた!?」

男「お、おれの能力は……?」


『案ずるな、貴様には能力を既に授けた』


男「声が……」


『貴様は風使い……自由に風を操り、戦うのだ……』


男「風使い……」




3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 22:36:00.28 ID:O3voUI6xo
ガバッ

幼馴染「お、起きた?」

男「ああ……」

幼馴染「何の能力だったの?」

男「風使いらしい、汎用性高そうでいい能力だ」

幼馴染「いいじゃん!私水使いだしコンボとか決められるかもね!そういや、『理』って聞いた?」

男「ああ、『能力の説明をすると強くなる』、だそうだ……」

幼馴染「ふぅん……私は『強力な技はできるだけ使わない方が成功率が上がる』だってさ」

男「どちらも結構有用なアドバイスだな」

幼馴染「でも不思議だよね、普通自分の能力って話さない方が有利なのに」

男「いやそれが、話すと話さないとじゃレベルが違うみたいなことを神が言ってた。
自分の能力を知られるのは困るけど……仕方ないしこれからは事細かに説明していこう」

幼馴染「うん!」


――――全校生徒の皆さんにお伝えします


男「!」

幼馴染「いよいよなの?」


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 22:39:49.64 ID:O3voUI6xo
――――まもなく、『学園能力戦』が開始されます。


――――ルールは事前にお伝えした通りです。自身の能力を使って最後まで勝ち残ったものを『生徒会長』とします。


――――『生徒会長』になると、学園のできる範囲で貴方の願いをなんでも一つ叶える事ができます。


――――あなた方の現在の体はあくまでバーチャル・リアリティです。破壊されても痛いですが死にません。


――――もちろん、戦闘続行不能になるまで体が破壊されれば失格です。


――――それでは、開始してください。



ビーーーッ!!!


男「はじまったか……」

幼馴染「……どきどき」



ドカァァァァァァン!!!


男「何だ!?」



謎の人物「ククク……」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 22:42:16.86 ID:O3voUI6xo
男「何だアイツ!?黒い布を被っていて姿がわかりづらい!」

幼馴染「シルエットだけしかわからないね」

男「何者だ!」


謎の人物「ククク……自分の素性をバラして何の得がある!!死ね!!」



ドカァァァァン!!!


男「うわああああああああ!!」


幼馴染「きゃああっ!?」


モクモク……


謎の人物「終わりだな。では、次に行くか……」


スタスタ


男「え?マジ?」

謎の人物「え?」

幼馴染「え?」


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 22:44:41.03 ID:O3voUI6xo
男「何これ?ホコリを巻き上げる能力?」

幼馴染「全く痛く無かったよね。ケムい」


謎の人物「うそやん!!!!」


男「そういわれても……えっと、あ、そうだ!俺は風使いだ!!風の刃とかを使って攻撃することができるぞ!」

謎の人物「何で説明!?」

男「俺の風の刃は空気を圧縮して空気砲のようにもできるぞ!お前の手前の空気を圧縮してぶつけてやる!!」


謎の人物「バカめ!そんな説明をした攻撃が当たるわけ」


ボコォォッ!!


謎の人物「ぐわああああああああああああ!!!」


男「やったぜ」

幼馴染「めっちゃ効いたね」


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 22:51:48.83 ID:O3voUI6xo
謎の人物「いってぇ……ハンパねぇ……これ死ぬわ……もう無理……おうち帰る……」

男「メンタル弱いな」

幼馴染「そんな強かったんだ」


謎の人物「こんなに差があるとか聞いてないよ……もう無理マジ無理」


男「たぶん能力の説明をしなかったからじゃないかな」

謎の人物「ヒッ殺さないで……」

男「いや別に殺す気はないです……」


――――


男「爆発使い?」

爆発使い「はい、爆発系の能力です。人は爆発できませんが、人の前の空気とか、物とかを爆散させて攻撃できます」

男「それ言いながら今度やってみたら」

爆発「なんのメリットが!?」

男「そうやると強いって神様が……」

爆発「マジで!?」

幼馴染「マジらしいよ」

爆発「やってみようかな……」

幼馴染「そういえばあなたはどんな理を聞いたの?」

爆発「『たとえ戦闘中であっても相手の話はちゃんと聞けば圧倒的に生存率が上がる』」

幼馴染「あー……」

男「なるほどー……」


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 22:55:50.43 ID:O3voUI6xo
男「というわけで君も強力してくれよ」

爆発「でも生徒会長って一人しかなれないんじゃ?」

男「ノンノン、上位五名までは『生徒会』として様々な商品がもらえるんだよ」

幼馴染「一千万円とか、新たな能力を一つ日常に持ち越せるとか」

男「高性能テレビとか」

爆発「なんか最後適当じゃないっすか?」

幼馴染「とにかく、5人までなら大丈夫なんだよ」

爆発「ウィッス、お供します」

男「よっしゃあ」


バッ!!


男「何だ!?」

爆発「お前、何も……うわぁあ!!」

グサッ!!!

男「爆発使い!!!」

幼馴染「きゃあ!刺された!?」


暗器使い「フッ、あっけない」


男「お前、何者だ!」

暗器使い「答える義理はない」

男「何だと……?なら俺の風で……手前の空気をあっしゅ」

暗器使い「遅い!!」

グサッ!!


男「ぐわあああああ!!」

幼馴染「きゃあああああああ!!」


暗器使い「あっけないな」

爆発「そう?」

男「そんなことないよな」

爆発「そっすね」

暗器使い「えっ」


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 22:58:31.74 ID:O3voUI6xo
爆発「てい」


ドガァァァァァァン!!!


暗器「ぐわああああああああ!!」


男「まだだ!ちゃんと説明を入れるんだ!」

爆発「はい!」


爆発「ククク……俺の能力は『爆発』!生物以外のものであれば、ありとあらゆるものを爆発、爆散させることができる。
今はお前の持つ武器を爆発させた!!」

男「ちなみに距離はどれくらい?」

爆発「自分の手の延長線上1mまで、かつ大きさは半径50cmに収まるものまでしか爆発させることができない……!!」


暗器「クッ……!!なんという威力だ!!」



爆発「効いてる!!」

幼馴染「ほら、やっぱ説明重要だったんだ」

男「しかもアイツ、人の話聞かないから重症だよ……」


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 23:01:30.52 ID:O3voUI6xo
爆発「流石神っすね」

男「俺らは人の話ちゃんと聞くからノーダメだったんだろうね」

爆発「よかったー」


爆発「よーしとどめだ!ていや!」


ドゴォォン!!!!


暗器「ぐわあああああああああああ!!」


ビー

男「お」


――――暗器使い 戦闘不能


男「やったぜ」

爆発「楽勝っすね」

幼馴染「いやいや気を引き締めようよ、もしちゃんと説明して人の話聞く敵が出てきたらやばいよ」

男「確かに」


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 23:04:49.74 ID:O3voUI6xo
ガシャアァアアァァン!!!


ボウッ!!

男「こ、これは!?」

爆発「いきなり近くの木が燃えた!?」

幼馴染「まさか……炎使い!?」



「違うな!!!」


男「誰だ!!」



電気使い「俺は電気使いだ!この電気の力によって木向かって雷を打ち、その結果木が燃えたのだ!」


男「なるほど……

爆発「勉強になる」

幼馴染「こ、こいつ強いよ!!気を付けて!」


電気使い「フッフッフ、その様子だと、理について詳しい様だな。だがこれはどうだ?『電の閃光<スペルイグニッション>』!!」


ガッシャアァァァアン!!!


男「うわっ!?」

爆発「なんて破壊力だ!!!」

幼馴染「そんな……私たちよりも強い!?」


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 23:08:54.53 ID:O3voUI6xo
電気使い「俺が何故強いか気になるだろう!!」

男「気になる!!」

電気「よし!せっかくだから教えよう!俺は神から理を聞いてな、それが
『恥ずかしいと思っても、前口上を忘れない事と、技名を付けることを忘れなければ、各段に強くなれる』ということだったのだ!」

男「なるほど……」


電気「ちなみに、『人の話を良く聞く』と『しっかり技の説明をする』も友人から聞いたぞ!これで俺は無敵だ!」

男「なんて奴だ!!」

爆発「完全な強敵っす!!」

幼馴染「どうしよう……これ勝てないかも」

男「よくわかんないけど頑張れば勝てるだろう」

爆発「作戦会議とかします?」

電気「作戦会議中は待っててやるぞー!!変身とかする時は言ってくれな!メシ食べたいから!」

男「わかった!ありがとう!」

幼馴染「めっちゃいい奴ね」

爆発「その分強いってことっすね」


14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 23:12:15.09 ID:O3voUI6xo
男「電気って風でどうにかなるかな」

爆発「無理っしょ」

幼馴染「電気って光速だよ?どうしようもないって」

爆発「どうしようもなさすぎワロタ」

男「こまったな」

幼馴染「必殺技とかないの?」

男「うーんゆっくり考えたらあるかも」

爆発「逆に水使いさんがなんとかできません?」

幼馴染「あ、そうか……できるかも!ちょっと待ってて!」

男「お」

幼馴染「これをこうして……こうやって……こうすればいいんじゃない?」

男「なるほど、その手があったか!」

爆発「やってみましょう」


電気「おわった?」

男「いいよ!」


電気「ふははは!!ならばいくぞ!『超電気の竜巻<ディストロビアサージ>』!!」


ズアアア!!!


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 23:18:15.33 ID:O3voUI6xo
男「うわ!竜巻が発生した!?」

幼馴染「なんかしたの!?」

男「してない!!」


電気「説明しよう!俺は電気使いの能力をもってして電磁波を操り、その影響で地面の砂鉄が持ち上がり竜巻のように見えるのだ!」


男「なるほど!」

電気「そしてこの技は、その電磁波の圧倒的なエネルギーを一点に集中させ、相手にぶつけると言うものだ!死ねぇーー!!」

グオッ!!

男「ありがとう!!くらえ『空気鉄塊<エア・ハンマー>』!!」


ガンッ!!

幼馴染「そこだっ!!『水爆弾<ウォーター・ボム>!!」


バッシャアアアッ!!!


電気「ぐっ……だが効かぬ!!ディストロビアッ……あれっ!?」


バリッッ……


バリバリバリィッ!!!


電気「ぐわあああああああああああ!!!」


男「やった!」


16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 23:21:04.18 ID:O3voUI6xo
電気「ぐっ……なんだかダメージを受けた気がするがまだダメージ判定が来てない」


爆発「なるほど……今のはエア・ハンマーによって相手の手を殴り、電気攻撃の方向を曲げ、
その先にウォーター・ボムで相手ごと水たまりを作る!そうすることによって相手の電気は水たまりに命中、
びしょ濡れの自分もろとも電気で攻撃してしまったということか……!!」

電気「なるほどそういうことかぐわあああああああああああああ!!!


ドシャアアッ!!


男「やった!!ちゃんと説明したから効いた!!」

幼馴染「説明は後出しでもいいんだ……おぼえとこう」

爆発「逆に言えば、あれだけコンボの入った強力な攻撃でも説明しなきゃ意味ないってことっすね」

男「当然だよ、ここだと説明しないとナイフですら無傷ってなるから」

幼馴染「すごい世界だねー」


17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 23:31:43.57 ID:O3voUI6xo
――――


テクテク

男「数も減ってきたみたいだな……」

爆発「わかるんすか」

男「いやもう1時間くらい経ったし?」

幼馴染「もう決着かなー」

男「ラスト5人はどうなるんだろーな」

ガサッ

男「何奴!!」

「ひっ!!?」

幼馴染「女の子?」

「め、めぇ~……」


男「何だ羊か……」

爆発「羊は関係ないっすね、行きましょ」

幼馴染「えっ」


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 23:35:26.91 ID:O3voUI6xo
――――


男「治療師?」

治療「はい……」

幼馴染「そりゃ戦闘に向かないね……レアだけど大変そう」

爆発「仲間にしてあげてもいいんじゃないですか?」

治療「いいんですか?」

男「うむ、治療師いると助かるしな」

治療「やった!」

幼馴染「そういや理って聞いてる?」

治療「ええと……『治療系は後ろに隠れていれば狙われにくい』だそうです」

男「普通治療系ってまっさきに倒すと思うけどな」

幼馴染「理だし仕方ないんじゃない?神が作ったルールって絶対だよ」

男「なるほどー」


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 23:40:53.19 ID:O3voUI6xo
ドカァァァン!!!


幼馴染「向こうで大きな音が!」

男「行ってみよう」

爆発「ウィッス」

治療「ひええ……」



―――


負傷した人「お前ら……逃げろ」

男「大丈夫ですか!?」

治療「い、今すぐ治療しますね!」

負傷した人「いい……俺は間に合わない。それよりも『ヤツら』は危険だ!今すぐこのゲームを……ぐふっ!!」

男「ふ、負傷した人ー!!!!」


ビーッ

男「奴ら……一体何者なんだ」

幼馴染「とりあえず凄い強い敵かもしれない……警戒しておいた方がいいよ」

治療「ひぇぇ」


20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 23:42:22.66 ID:O3voUI6xo
グッ……!!


男「!?」


男「あれっ……体が!?」

幼馴染「何!?どうしたの!?」


男「セイヤ!!」

バキィ!!」

爆発「痛い!!!」


ドッシャアア


治療「だ、大丈夫ですか!?」

爆発「すごく痛い」


幼馴染「どうしたの急に!?」

男「いやわかんねぇよ!!体が勝手に!!」



影使い「フォフォフォ……」


男「バルタン星人!?」

影「違う」


21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 23:49:23.54 ID:O3voUI6xo
影「ワシは影使いじゃ、キサマの自分の影を自由に操り、人の影を乗っ取ることができる」

影「一度影を乗っ取れば、乗っ取っている間は貴様の体を自由に動かすことができるのだ」

男「な、なにぃ……!?」

爆発「甘いっすね!くらえ!『爆発連打<デッドリーエクスプロージョン>!!』」


ドゴゴゴォォン!!!


モクモク……


爆発「どうだ!俺のデッドリーエクスプロージョンは、持ち物、空気の順に複数の爆発を起こし相手を倒す!
これならダメージはあるはず!!」


影「そちらの方が甘いな!」

バァァァーン!!


男「なにぃーーッ!?」

爆発「どういうことっす!?」


影「理をしらんのか……『こういう操作系の能力を使用中は使用者ではなく操作されている方からなんとかせねばならない』ということを……!」


幼馴染「そ、そうだったの……!!」

爆発「なるほど……!!!それならば操作している敵をほっといて操作されている側に向かうのも自然!!!」


22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 23:54:23.79 ID:O3voUI6xo
爆発「ならば……食らえッ!!『強爆発<スタンドブレイク>』!!!」


ドゴォォォンッ!!!


影「何ィ!?仲間を攻撃しただと!?」

幼馴染「あいつ!!何を……」


モクモク


「『空気鉄塊<エア・ハンマー>!!!』」



ドゴォッ!!


影「ぐわあああああああああ!!!」

幼馴染「えっ!?」


男「さぁ勝負だ影使い!俺は逃げも隠れもしないぞ!」

幼馴染「どういうこと!?」

爆発「風使いさんの影がある地面を爆破したっす……そうするとやっぱり、影もリセットされるようで、
もう一度着くには影が必要っすけど……土煙で奴には見えなかったんすよ」

治療「な、なるほど……!!」


23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/06(火) 23:59:41.10 ID:O3voUI6xo
男「俺のエアハンマーは空気を圧縮した塊による打撃……!
単純なダメージは大きいはず!」

影「な、なんて強さだ……『あのお方』に伝えねば」

男「あのお方?」

影「いけ!!わが影よ!あのお方にこいつの情報を伝えろ!!」


バシュッ!!


男「早い!」

爆発「追いつけない!」

幼馴染「とりあえずこいつの影が伝えるの待とう」

治療「おやさしいですね」

男「待った方が能力強化されそうな気がして」


24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 00:46:11.22 ID:bdA9MCpGo
治療「あのお方、って一体誰なんでしょう」

男「すごい強い能力なんだろうな……」

幼馴染「能力自体は平凡だけど応用がすごいとか」

爆発「それは凄そうっすね……」

男「お、そんな事を言ってる間に体育館についたぞ」

幼馴染「決戦の場所としてはふさわしいよね」

男「破壊される運命にあるけどな」


ギィィィ……


糸使い「フフフ……よくものこのこやってきたわね」


バァーンッ!!

男「なんだこれは!?体育館に糸が張り巡らされている!」

幼馴染「授業がし辛い!!!」

爆発「そこっすか!?」

治療「ひぇぇぇふぇぇぇ~」


25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 01:48:58.60 ID:bdA9MCpGo
ガチャン!!!

爆発「扉が勝手に!?」

糸使い「アハハ!もうこの体育館はアタシの糸が張り巡らされ、ありとあらゆるものが糸によって操作できる!!」

男「何ぃ!!」

糸使い「さらにその糸は強靭!ちょっとやそっとじゃちぎれることはない!!」


パァンッ!!

治療「ひぇっ!いきなり何か飛んできましたよぉ!?」


狙撃手「俺は狙撃手だ」

バァーン!!

糸使い「そう……彼は狙撃手!!この糸の空間で身動きが取れなくなったアンタ達を、狙撃手が撃ち殺す!
これが最高のコンビネーション!!」

男「なんてことだ……これ説明しなくていい世界だったら瞬殺されてたぞ」

幼馴染「助かったね」


26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 01:59:08.62 ID:bdA9MCpGo
男「困った……」

爆発「こんな糸!俺の爆発で!!」


ドカァァァン!!


……ヒュンッ!!

ビシビシッ!!


男「おお!?全然聞いてない!」

爆発「そんなバカなっす!」

糸使い「無駄無駄!!爆発の瞬間糸をたわませれば、爆発の衝撃もダメージも和らぐ!!」

幼馴染「な、なんて便利な糸なの……」

治療「ふぇぇ……このままじゃ皆つかまって殺されちゃいます……」

男「絶対絶命というヤツだな」


28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 02:06:29.93 ID:bdA9MCpGo
男「……そうだ!おらっ!」

どかっ!!

爆発「いたい!何するんすか!!」

男「いいからそのまま……」

爆発「???」

糸使い「スキだらけよ!!」

ヒュヒュンッ!!

男「今だ!セイヤ!!」


スパァッ!!


糸使い「……何!?私の糸が切られた!?」

幼馴染「すごいね」

治療「や、やりました!」

男「ふふ……これは『風刃<ソニックウェイブ>』だ。風でかまいたち的なものを作り出し、
爆発使いを襲おうとして、丁度張っている糸を切り裂いたのさ!!」

糸使い「なるほど……!!」

幼馴染「説明は忘れてないね!!」


29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 02:11:24.31 ID:bdA9MCpGo
パパァンッ!!

男「くそっ!!狙撃手が邪魔で糸使いに近づけない!」

爆発「困ったっすね……でもこのままじゃジリ貧っすよ」

幼馴染「せっかく糸を切ってもまた糸を増やされちゃうよ……」

治療「……そうだ!」

男「ん?どうしたんだ」

治療「ちょっと……耳を貸してください」


―――


爆発「オラァ!!」

ドカァァン!!!

糸使い「無駄無駄!!いくら爆発を起こしても糸は切れない!」

ヒュンヒュン!

男「くそ!俺のかまいたち的なものが当たらない!」

糸使い「攻撃が来ていることがわかれば、その瞬間に糸から力を抜くだけ!
柳にふく風と同じ!糸に攻撃はきかないのよ!」


パパパパァンッ!!

男「くそっ!油断すると狙撃手の攻撃が!」

幼馴染「本当に厄介なコンビね!」

爆発「くっそ……これが爆発で糸とか焼ききれる普通の世界なら……」

幼馴染「泣き言言わない!この世界ではそういう常識とかないの!爆発とか起きなくなっちゃうよ!」

爆発「スミマセェン」

糸使い「アーッハッハッハ!これでアンタたちも終わりだね!」


30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 02:34:13.37 ID:bdA9MCpGo
爆発「ぐわああああああ!」

ぎゅるるん

男「爆発使い!!」

幼馴染「簀巻きにされちゃった……」

糸使い「アハハ!終わりね!!狙撃手!やっておしまい!!」


シーン


糸使い「あれ……狙撃手?」


狙撃手「ぐっ……やられた」

治療「や、やりましたー!」ピョンピョン

糸使い「そんな!いつの間に!?てかアンタ戦いの心得とかないの!?」

狙撃手「違う……理を聞いている。『力の弱い者の奇襲はたとえ迎撃できてもすべきではない』ということだ……」

糸使い「そんな……!!!理なら仕方ないわね!」

男「理なら仕方ないな」

幼馴染「理なら仕方ないねー」

男「よーしくらえ!『空気鉄塊<エアハンマー>』!」

ドゴッ!!

糸使い「きゃふう」

男「勝った!!第一部完!!」

爆発「ほどいてください」

幼馴染「ほっとけば解けるんじゃないかな


31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 02:37:24.95 ID:bdA9MCpGo
糸使い「くっ……このザマでは『あのお方』になんと顔向けすればいいか」

男「あきらめよ」


「もういいわ、下がってなさい」


糸使い「こ、この声は!」

狙撃手「あのお方……!!!」



妹「風使い(おにいちゃん)は、私が片づける」



バァーーーン!!!


男「な、何ィーーー!?妹!?」

幼馴染「妹ちゃん!?」

爆発「え!?ラスボスっっぽいのに妹なんすか!?」

治療「ふぇぇ……逆にラスボスだから妹さんなんじゃないですか?」


32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 02:42:00.39 ID:bdA9MCpGo
男「妹!!何故こんなことを!!お前はこんなことをする奴じゃなかっただろう!!」


妹「願いをかなえて欲しかったの……」

男「何?」

妹「『生徒会長』の顕現を使って……世界を変えるの!そう!
『主人公が急に隠された力を発揮して敵を殲滅する漫画がない』世界に!!!」

男「お前……何を言ってるんだ!!そんな事をしたら、様々な漫画が世界から消えるぞ!!」

妹「うるさい!!お兄ちゃんに何がわかるって言うの!?
訓練されたエリートの兵士が、ちょっと力があるだけの凡庸な主人公に瞬殺されるんだよ!?
こんなことがあっていいはずがない!」

男「いや……そういうのアレじゃん!盛り上がるじゃん!!」

妹「もういい!お兄ちゃんの分からず屋!出てきて!空間使い!」

空間使い「御意」


ヌッ


幼馴染「ひぃ!何もないところから人が!」

空間「私は空間使いだ。人や物、能力などを空間ごと移動させることができる。
しかし、空間を使って直接攻撃することはできないという制限がある」

男「なるほど」

幼馴染「つまり、空間攻撃にビクビクする必要はないってわけね」

爆発「でも……空間使い自体はなんの攻撃方法も持たないってことじゃないっすか?」

治療「え?それじゃあラスボスなのに弱すぎませんか……?」


33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 02:44:50.36 ID:bdA9MCpGo
妹「それは安心して?私が攻撃担当の……炎使いだからね!」


ボッボッボッ


男「火球か!」

幼馴染「まずい!えい!『水壁<ウォータープルーフマスカラ>』!!」

爆発「水の壁が発生した!!」

治療「これなら火球を防げますね!」


ヴォンッ!!!


男「何ッ……!?いきなり火球が目の前に!?」


ドゴォォォンッ!!

幼馴染「きゃあああっ!!」


爆発「ぐぬぬ……なんて威力だ!」

治療「大丈夫ですか!?今治します!」


35 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 03:52:30.18 ID:bdA9MCpGo
妹「どう?これが私と空間使いのコンビネーション……!私の火球を空間使いが移動させ、
ゼロ距離で火炎を叩き込むの!その名も『豪火炎<イグニッション>』……!!」

男「くそっ……なんて完璧な説明だ!」

幼馴染「まずい……さっきのよりはるかに強敵だよ。近づくことさえできない」

男「流石ラスボス、妹なだけある……」

爆発「最近の妹さんってラスボスまでできるんですね~」

男「元気になってる」

爆発「おかげさまで」

治療「きょうだいで争うなんて……そんなのって結構……ロマンチックですよね!」

幼馴染「アリなんだ」

爆発「さすが」

男「ならば……こちらから攻撃すれば!くらえ!『空気鉄塊<エア・ハンマー>!!』

ボッ!!!


シーン


男「あれ?」

空間「空間ごと、貴方のハンマーを移動させていただきました。
妹様に被害が及ぶことのないよう配慮致しました故……」

男「なにっ……普通にチートだ」

幼馴染「攻撃できないってだけでなんでもありじゃん!」

爆発「つまり俺の爆発も空間ごと移動されて……」

治療「ひええ、勝ち目が見当たりません~」


36 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 04:10:50.89 ID:bdA9MCpGo
男「しかたない……『アレ』を使うか」

幼馴染「……アレ?」

男「皆、俺が大技を使うまで、時間を稼いでくれないか!?」

幼馴染「わかった!」

爆発「承知しました!」

治療「がんばります!」


妹「何か仕掛けてくる気……でも無駄!
はじけ飛んで!『爆炎<ファイアエッジ>』!!」

空間「ムン!」

ヴォン!!


治療「ま、また目の前に!」

幼馴染「ウォーター……きゃっ!!」

ジュウッ!!

爆発「熱いッ!!なんだこりゃああ!?」

妹「簡単な事。炎が水とぶつかって『蒸発』したの。
一瞬で気化した水は熱い霧となって貴方たちを襲うわ!」

男「ぐっ……皆、持ちこたえてくれ!」

ゴオオオ


37 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 04:17:25.36 ID:bdA9MCpGo
妹「『火炎連弾<ラピッドファイア>』!!」


ドゴゴゴゴォンッ!!


爆発「ぐぉぉ!!!爆発でかく乱しても防ぎきれない!」

幼馴染「水で不正でもまた熱い霧になっちゃうよ~」

治療「ち、治療が間に合いません……!」

男「……ここまでか!」


妹「無様ね!お兄ちゃん!
もう打つ手がないようだからここでゲームオーバーだね!」

妹「ファイア……あれ?空間使い?」


空間「……グッ」

ガクッ

妹「く、空間使い!?どうしたの!?」

空間「わかりません、急に、眩暈が。
何故だ……頭がふらふらする」

男「……はぁ、はぁ、効いてきたか」

妹「……お兄ちゃん!?」

男「ああ、もちろん俺の仕業だ。本当は説明したくないがな」


38 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 04:32:22.26 ID:bdA9MCpGo
妹「一体何を……うっ!?」 クラッ


男「この……体育館全体の気圧を操作した……ゼェ。
流石にかなり疲れたがな。そしてお前の周りの空気を薄く、気圧を低くしていったのさ……!」

空間「……」フラフラ

妹「ぜぇ……なんで、何で邪魔するの……!お兄ちゃん!」

男「何故って……そりゃ、妹を止めるのも、兄の仕事だろ」

妹「……ひどい!私はただ、努力する人が、その努力に見合った結果をだしてほしいだけなのに!」

男「……」

妹「何で!?何で主人公はすぐ覚醒して敵を倒すの!?何で数日の修業で数年間鍛えた兵士より強くなるの!?
そんなのっておかしいよ!!」

男「馬鹿野郎!!!」

妹「ひっ!?」


男「いいじゃねぇか……急に覚醒したり、何か不自然なくらい強い力で敵を殲滅するのも……
今の読者だって感じてるんだ『非現実だ』とか『非科学的だ』とか……でもそんなんじゃないんだ!
皆、熱い展開に飢えてるんだ!血沸き肉躍る戦いがしたいんだ!強い凄いってもてはやされたい、創作くらいそんな事があったっていいじゃないか!」

妹「お兄ちゃん……」

幼馴染「……さすが」

男「だからもうやめよう、こんなことは。お前だって昔は勧善懲悪好きだったろ?
たいして悪い事してない悪役を、正義の味方が暴力で片づけるお話が大好きで、ずっと読んで聞かせてあげたじゃないか……」

妹「お兄ちゃん……」ポロポロ


40 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 04:36:19.04 ID:bdA9MCpGo
妹「ごめん、ごめんね……。本当は私も覚醒とか大好きなの……
でもね?現実ではちっとも力に目覚めないし……成績だって上がらないし……
こういうゲームに参加でもしないと、なにもできないただの女の子だって言われてる気がして……」

男「妹……」

妹「ただ羨ましかっただけなの……それで嫉妬して……ごめんなさい」

男「わかってくれればいいんだ。さあ、いつもの日常に、戻ろう?」

妹「お兄ちゃん……」スクッ


グサッ!!


妹「……え?」


空間「……」ニコリ


妹「く、空間使い……何をしてるの!?」

幼馴染「ひょええ」

治療「はわわ」


41 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 04:39:14.18 ID:bdA9MCpGo
妹「な、なんで自分にナイフを突き立ててるの!?」


空間「貴方はずっと……どこかためらいがありました」

妹「え?」

空間「私は貴方の美しさに惹かれ、従者となりました。
しかし、その貴方のお顔はいつまでたっても曇ったまま。
そのお顔を晴らす手伝いができますればと、現在まで戦っていたまで……」

妹「それと今、何の関係が……」

空間「私は満足です。貴方の晴れやかなお顔を見れて……
どうか現実世界に戻っても、また会える日が来ますように……」


バシュッ


ビーッ  空間使い  戦闘不能


妹「空間使いッ!!!!」


幼馴染「最後までいい人だったねー」

治療「な、涙が止まりません……いい話すぎますぅ……」

爆発「泣かせるぜぇ……」


42 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 04:42:24.10 ID:bdA9MCpGo
―――――ピンポンパンポーン


男「このチャイムは!」


―――――ただいまを持ちまして『学園能力戦』を終了致します。


―――――皆さま、お疲れ様でした。数秒後に、現実世界に意識を戻します。


幼馴染「……終わった、んだね」

治療「図らずして生徒会に入れました!ヒャッフウ!」

爆発「俺も俺もー!!」

男「ていうか残り全員死んでたんだ……」

妹「私も何気に初耳だけど、きっと影と糸と空間と狙撃手がやってたんだと思うよ」

男「すごいな……まぁあいつら強かったしそれくらい余裕だよな!!」

妹「うん!決して尺の都合とかじゃないから!!」


ヒュンッ……


43 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 04:46:44.62 ID:bdA9MCpGo
――――― 生徒会室


校長「それでは……君が『生徒会長』になったわけだが、願いはもう決まっているのかね?」

男「はい」

校長「ウォッホン。巨万の富を得るもよし、ゲームの能力を現実に持ちだすもよし……。
好きな願いを言いたまえ」

男「はい、俺の願いは……『日本のマンガやアニメを、世界に発信すること』です」


校長「ムムムゥン?何だその願いは、そんなもの業界が勝手にやってくれることであろう?」

男「それでも俺は、これがいいんです。ハチャメチャで不条理で、化学要素のかけらもない、
でも熱くて心が震える……そんな二次元の魅力を、世界にも知ってもらいたいんです」

校長「フォフォ……そこまで言うのであれば、よかろう。
我が組織全ての力をもって、日本の『MANGA』文化を世界に発信させようぞ!」

男「ありがとうございます!」


44 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 04:51:30.04 ID:bdA9MCpGo
――――――


男「そして俺たちは……なんやかんや現実世界でも出会うことができ、平凡な生活を送っている」



幼馴染「まさか妹ちゃん以外全員同い年だとは」

治療「その節はお世話になりましたぁ。今は生徒会の報酬として商品券20万円分をもらったので、
お母さんに親孝行ができてうれしいです」

爆発「能力の持ち出しを選んだら、『速読速記の能力』が当たったんですけどこれどうすりゃいいんすかね?」シャッシャ

妹「皆、元気そうでよかったぁ。現実戻ったら全滅とかそんな恐ろしい展開はないよね」

幼馴染「ダンガンロンパじゃないんだからないない」

空間「して、妹様は生徒会の報酬を何に使われたので?」

妹「え?『家族で行くグアム・サイパンの旅七日間』」

爆発「地味に豪華っすね」

治療「ゲームと違ってやっぱりこっちの報酬って現実的ですね」

男「まあいいじゃん、それはそれで楽しかったから」

治療「あ、風使いさん!」

男「もう風使いじゃないぞ」


45 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 04:55:16.75 ID:bdA9MCpGo
治療「私たちも来春から高校三年生なんですね……」

爆発「普通に受験勉強しないとな……」

妹「こっちの世界は、別に能力を鍛えて世界と戦ったり、
いきなり覚醒して度に出たりしないもんね」

幼馴染「それでよくない?正直毎日命の取りあいとか疲れるよ」

妹「……そーだよね。あはは」

男「よーし、それじゃあ広くなった幼馴染ん家で勉強するか」

幼馴染「えーまた私ん家?」

男「いいじゃんお前、生徒会の権限で『我が家のリフォーム』を選んで広くて綺麗になったんだから」

幼馴染「まぁこの前のゲームあってこその我が家だもんね。仕方ない。どんとこい!」

空間「恐れ入ります」

幼馴染「はっはっはー!苦しゅうないぞー!」

妹「糸使い達も呼ぼうかな」

幼馴染「流石に入らないよ!?」



男「うん、普通だ……まぁ、これはこれで幸せだろうな」


男「ん?急展開や何か落ちがあると思ったか?それがないんだよな。
だってこれ、普通の現実だから」



おしまい。


46 : ◆ZWAJnJ4q9E 2015/01/07(水) 04:56:40.06 ID:bdA9MCpGo
以上です。何で敵味方問わず能力の説明すんだろなってずっと疑問に思ってました。
世界の理ならしゃあないっすよね……。


48 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/07(水) 07:41:20.83 ID:xhLM4k3SO

面白かった


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1420551067/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ