Powered By 画RSS


【咲-Saki-】藤原利仙「勝負です!!神代小蒔!!」

1 : ◆jBL8Qe1.Ns 2015/01/14(水) 14:47:38.24 ID:AucZgKl60
一応リョナ注意。




2 : ◆jBL8Qe1.Ns 2015/01/14(水) 14:48:33.16 ID:AucZgKl60
利仙「…九州赤山高校は永水高校の前に敗れ、私自身も神代小蒔に完敗しました」

利仙「しかし、このままでは終われません!特訓してリベンジあるのみです!」

―――

利仙「というわけで、勝負です、神代小蒔!!」

初美「用事があって出かけようとしたら変なのが来たですよー」

霞「あいにく、姫様はお忙しいわ。私が代わりに相手をしましょう」

利仙「…たかが巫女が、私の相手になるとでも?」

霞「ふっ…巫女じゃないわ。霧島神境の六女仙よ!どちらが格上か、教えてあげるわ」ゴゴゴ


3 : ◆jBL8Qe1.Ns 2015/01/14(水) 14:49:14.64 ID:AucZgKl60
【数分後】


利仙「口ほどにもありませんね…これで終わりですか?」

霞「あ…ああ…こんな…こんなことが…」ガクガク

初美「霞ちゃん!霞ちゃああああああん!!!!」

利仙「どうします?続けますか?」

霞「う…うう…藤原利仙…危険すぎる。だからこそ、ここで私が引くわけには…いか…な……」ガクッ

初美「霞ちゃん!!!しっかりするですよー!!!」ユサユサ

利仙「気を失いましたか…命の保証は出来ません。早く医術の心得があるものに診せることですね」

初美「よくも…よくも霞ちゃんを…」ワナワナ

利仙「おや…あなたも同じ目に遭いますか?そうすると、石戸霞を助ける者がいなくなりますね」

初美「ち、ちくしょーですよー!!!!」ダッ

利仙「さて、障害は取り除きました…次はあなたの番ですよ、神代小蒔」


4 : ◆jBL8Qe1.Ns 2015/01/14(水) 14:49:45.41 ID:AucZgKl60
小蒔「…遅いですね、霞ちゃんたち」

巴「…何かあったのでしょうか?」

?「ええ、わたくしの行く手を阻んだので、少しばかりお仕置きを」

春「誰!?」ビクッ


利仙「神代小蒔…あなたとの決着をつけに参りました」

小蒔「藤原、利仙…?…霞ちゃんに何をしたんですか!?」

利仙「すぐに分かりますよ、すぐにね…」

小蒔「…私に用があるなら周りに手を出さずに私を狙いなさい!卑怯者!!!!」

利仙「わたくしはそのつもりでしたよ?身の程知らずが私の行く手を阻むから痛い目に遭ったというだけの話」

小蒔「…許しません…絶対に…」ゴゴゴ

利仙「やる気になったようですね…では、勝負です」

小蒔「勝負の方式は?」

利仙「…これです!」


5 : ◆jBL8Qe1.Ns 2015/01/14(水) 14:50:30.96 ID:AucZgKl60
前スレ
【咲-Saki-】照「仲直りしたい?なら、この課題をクリアしてもらおう」


―――――

かき氷の早食い対決

ロシアンルーレットたこ焼き(10個中5個がアタリ、より多くアタリを食べたら勝ち、アタリは激辛)

ジャンケン(負けたらそこまでに負けた回数分のデコピンを喰らうことで再チャレンジ可能)

25m自由形(途中で足をついたら10秒のペナルティ、ビート板使用不可)

オセロ

お医者さんに行って注射を受ける(先に泣いた方が負け)

麻雀

―――――


6 : ◆jBL8Qe1.Ns 2015/01/14(水) 14:51:31.00 ID:AucZgKl60
小蒔「こ、これっ!?まさか、霞ちゃん…」

利仙「…身のほどもわきまえず、三分足らずでかき氷を食べた彼女は頭痛に襲われ、そのまま力尽きました」

春「…そんな…霞さん、なんて無茶を…」

巴「待って…まさか、姫様とも同じ種目で勝負を…?」

利仙「当然でしょう?怖気づきましたか?」

巴「お、怖気づくも何も…正気とは思えないわ…」

利仙「この命を賭してでも、私は…神代小蒔に勝つと誓ったのです!!!」

春「…狂ってる…」

小蒔「…いいでしょう」

巴「姫様!?」

利仙「それでこそ神代小蒔、わざわざ愚か者の相手をしたかいがあったというものです」

小蒔「霞ちゃんの仇は取ります、絶対に…」ゴゴゴ

春「姫様…」

利仙「では、さっそく始めましょうか…あなたが無様に命乞いをするさまが楽しみです」

小蒔「ご自由にどうぞ…ただ、たとえ命乞いをしても、私はあなたを許す気はありません」

利仙「その強がりがいつまで持つか…それも楽しみにさせて頂きましょう」


7 : ◆jBL8Qe1.Ns 2015/01/14(水) 14:52:19.67 ID:AucZgKl60
【かき氷早食い対決】

利仙「もぐ………もぐ………もぐ………」

小蒔(…かき氷を早く食べきった方が勝ち、ルールは非常に簡単です)

利仙(ふふふ…かき氷を一気に食べることも可能。確実に勝つためにはそうすれば良い)

小蒔(しかし…そんなことをすれば頭がキーンとしてしまいます…下手をすれば命に関わる…)

利仙(とはいえ、私は3分以内にかき氷を食べきることが出来る。普通に食べたら私が必勝…)

小蒔(藤原利仙はもう半分以上を食べきっている…勝つためには、一気に食べるしかない!!!)ガッ

巴「まさか、姫様…!?」

春「ダメ…そんなことしたら、頭がキーンって…」

小蒔「止めないでください、私は、勝たねばならないのです!!!!」

巴「ダメ!姫様、だめえええええええええええ!!!!」

小蒔(私の体、食べきるまで持って下さい!!!!!)シャクシャクシャクシャクシャク


8 : ◆jBL8Qe1.Ns 2015/01/14(水) 14:52:53.01 ID:AucZgKl60
利仙「…驚きましたね、あの差を覆すとは…しかし…」

小蒔「はあっ…はあっ…ううっ…頭が…」キーン

巴「姫様…姫様っ…」ポロポロ

春「は、早く、医者に診せないと…」オロオロ


利仙「代償は、大きいようですね」

小蒔「うあ…くううっ…」

巴「も、もうやめて、姫様が、死んじゃう…」

利仙「やめても構いませんよ?神代小蒔に勝つのが私の目的ですから…本人の口から敗北を認める言葉が紡がれれば、そこで終わりにしてあげましょう」

春「ひ、姫様…もう十分です…もう…」

小蒔「…続行です」ガクガク

春「姫様っ!?」

利仙「では、次の種目に行きましょうか」

小蒔「ぜえ…ぜえ…」


9 : ◆jBL8Qe1.Ns 2015/01/14(水) 14:53:33.07 ID:AucZgKl60
【ロシアンルーレットたこ焼き】


小蒔(これは…生地が赤くてアタリが丸わかりではありませんか!?)

利仙(…そう、そしてアタリは五個…つまり、先攻なら確実に勝てるというわけです)

小蒔(ぐっ…し、しかし…自らアタリを食べに行くなど…しかし、勝つためにはっ!!!!)

利仙(このたこ焼きの辛さは私が耐えられる限界です!あなたに耐えられますか、神代小蒔!?)

小蒔「あ、ああああああああああっ!!!!」

巴「姫様――――――!!!!!!」

小蒔「み、水っ!!水をっ!!!」

春「はい」

小蒔「」ゴクゴクゴク

利仙「無駄ですよ…わさびの辛さは水で楽になりますが、そのたこ焼きの辛さはカプサイシンによるもの…カプサイシンは水には溶けない。すなわち…」

小蒔「ああああああああああっ!!!」ジタバタ

巴「うそっ!?水を飲んだのに!?」

利仙「辛さを感じたら最後、その辛さは、水では中和できず、持続する」

春「姫様っ!!しっかりしてください!姫様――――!!!!」


10 : ◆jBL8Qe1.Ns 2015/01/14(水) 14:54:05.04 ID:AucZgKl60
利仙「では、私も頂きますよ…この激辛のアタリたこ焼きを!」

巴「なっ!?」

小蒔「あ…ああ…」ガクガク

春「それを食べられたら…姫様は勝つためにもう一つアタリを食べなければいけない…」

利仙「うぐっ…あううっ…」

利仙(やはり、辛いですね。しかし…カプサイシンは脂溶性…牛乳などの脂質を含む飲み物なら緩和出来るのです!!!)ゴクゴク

小蒔「あ…うそ…そんな…」

利仙「どうぞ、あなたの番ですよ」ヒリヒリ

小蒔「私…私は…負けられない…霞ちゃんのためにも…勝たないと…」

巴「ダメ!姫様、もうやめてえええええええええ!!!!!!」

小蒔「うああああああああああああああ!!!」ジタバタジタバタ

巴「姫様―――――――!!!!!!!!」


11 : ◆jBL8Qe1.Ns 2015/01/14(水) 14:54:39.41 ID:AucZgKl60
小蒔「」レイプ目

利仙「これで二敗…ですか、お見事、しかし、息も絶え絶えといったところですね」

巴「いや…姫様…死なないで…」グスン

春「姫様…」ギュッ

利仙「さあ、次の種目に参りましょうか」

小蒔「あ…う…」カクン

巴「見て分からないの!?とても次の勝負が出来る状態じゃないわ!!いい加減にして!!!!」

利仙「同じ種目で戦っているのですからダメージを受けているのはこちらも同じ…それとも、棄権しますか?私はあなたに勝てればそれで良いのですが…」

小蒔「やり…ます…」

春「姫様…無茶です…」

小蒔「大丈夫よ、春…こんなの、へっちゃらだから…」

巴(大丈夫なはずない…姫様以外だったらとっくに死んでいてもおかしくない量の唐辛子を食べている…しかも、その前のかき氷で弱っている状態で…)

春「次の種目は…?」

利仙「ふふ、その状態でも出来る種目ですよ。ただのジャンケンですから」


12 : ◆jBL8Qe1.Ns 2015/01/14(水) 14:55:10.04 ID:AucZgKl60
【ジャンケン勝負】

利仙「ジャンケンポン!!」グー

小蒔「…はあ…はあ…」チョキ

巴「姫様の…負け…」

利仙「いえ、まだ分かりませんよ?ルールは見ましたか?負けた回数だけデコピンを受けることでリトライできます」

巴「今の姫様が、デコピンなんか受けたら…」

春「ダメ…ここは諦めて、姫様…」

小蒔「…リトライ、です…」

利仙「では、遠慮なく」ピシッ

小蒔「うぐううううううっ!!!?」

春「ダメ…このままじゃ、本当に…姫様が死んじゃう…」グスッ


13 : ◆jBL8Qe1.Ns 2015/01/14(水) 14:55:41.90 ID:AucZgKl60
利仙「では、次の勝負です、ジャンケンポン!」チョキ

小蒔「うう…」グー

利仙「負けですか…当然リトライです」

小蒔「はあ…はあ…」ピト

春「姫様には、もう、デコピンをする力も残ってない…」

巴「こんな…こんなの…結果は分かりきってる…お願い姫様!ここは捨てて次の種目で…!!」


利仙「ジャンケンポン!」パー

小蒔「」グー

小蒔「…リトライ、です…」

利仙「頑張りますね…えいっ!」ピシッ

小蒔「あああああああっ!!!」

春「も、もうやめて、姫様!!!降参して次の勝負に…」


利仙「ルールは読みましたよね?おでこを隠さないでください」


巴「…え?」

利仙「しっかり書いてありますよ。リトライをするには『負けた回数分だけ』デコピンを受けると」

春「う…そ………そんな…そんなのって…」ガタガタ

利仙「」ピシッ

小蒔「あぐううううううううっ!!!!」


14 : ◆jBL8Qe1.Ns 2015/01/14(水) 14:57:08.41 ID:AucZgKl60
小蒔「ぜえ…ぜえ…」チョキ

利仙「…」グー

巴「お願い姫様、もうやめて…もう…」

春「おでこが…赤くなってる…もう、見ていられない…」

小蒔「…リトライです…」

利仙「…5回ですよ、本当に良いのですか?」

小蒔「…さっさと…やりなさい…」

利仙「…」ピシッピシッピシッピシッピシッ

小蒔「あぐっ!?うぐっ!?あうっ!あっ、ああああああああああ!!!!!!」ガクッ

小蒔「」カクン

春「あ、ああ…姫様…意識が…」ガタガタ

利仙「これで、しばらくは起き上がることも出来ないでしょう」

小蒔「」

利仙「では、リトライでしたね…ジャンケンポン」グー

小蒔「」

利仙「手を出してないので私の勝ちです。10秒以内にリトライ宣言が無ければ、私の勝ちで決着です」

巴「姫様…お願い、返事をして…姫様…」ユサユサ

春「息はある…けど…」

利仙「10秒経ちましたね。さて、どうせ目を覚ましたら続行と言い出すでしょうから、次の種目の準備をしましょう」

巴「まだ続ける気なの!?」

春「…外道」

利仙「次の種目は準備に時間がかかりますから、休むことが出来てちょうどいいでしょう」

小蒔「」


15 : ◆jBL8Qe1.Ns 2015/01/14(水) 14:58:24.50 ID:AucZgKl60
【水泳(25M)】

利仙「しかし、予想以上に粘りますね。ここまでたどり着けるとは思っていませんでした」

巴「今度は、どんな細工をしているの?」

春「…」

利仙「細工などしておりません。ただ、このプールの中を向こうまで渡りきるだけですよ…ビート板なしでね」

巴「なっ!?」

春「そんなこと、出来るはずがない…ふざけないで」

小蒔「う…うう…」

巴「姫様!意識が戻られたのですか!?」

小蒔「勝負…は?」ハアハア

利仙「先ほどのジャンケン勝負なら、私の勝ちです。次の水泳対決の用意が出来ていますよ」

小蒔「すい…えい…?」

利仙「ええ、水泳です」

小蒔「ふふ…私に水泳で挑むとは、無謀ですね…」ムクリ

利仙「…おや、自信があるようですね?」

小蒔「バタ足の天才と呼ばれた私の力をご覧に入れましょう」フフン

巴「ひ、姫様…ダメ…罠です…」

春「いくら姫様のバタ足でも、この勝負は…」

小蒔「では、始めましょう!」

利仙「ええ、このプールの向こう側へ先にたどり着いた方の勝ちです…ただし、ビート板なしですがね」

小蒔「…え?」

利仙「ちゃんと書いてありますよ?ビート板使用禁止、足をついたら10秒のペナルティ、とね」

小蒔「そ…そんな…まさか、浮き輪もビート板もなしで自分の力で水に浮けとでも…?」

利仙「そのまさかです…では、水着に着替えて、5分後にスタートとしましょう」


16 : ◆jBL8Qe1.Ns 2015/01/14(水) 14:58:55.79 ID:AucZgKl60
小蒔「ガボガボガボっ!」

巴「姫様!無理せず足をついて下さい!溺れてしまいます!」

春「ダメ…そもそも、ここまでの勝負で弱り切ってる姫様には、水に入ることすら辛いはず」

小蒔「ぶはあっ!!はあ…はあ…5Mほど、進みましたか…あと4回で、泳ぎ切れる計算になりますね…」

巴「流石姫様、足をつかずに5Mも泳ぐなんて…そういえば、藤原は…?」

春「―――――――――うそ…ありえない…」

利仙「ふう…ふう…なかなかやりますね、神代小蒔…バタ足を封じられてもなお、天才は天才ですか」

小蒔「な、何故…なぜ、あなたが私より前に居るのですか!?」

利仙「簡単です、あなたより早く泳いだからですよ」

巴「あり得ない…姫様は、30秒で5Mを泳いだのに…それより早く泳ぐなんて…」

春「一体、どんな手を…?」

利仙「10秒経ちましたね…えいっ!」バシャッ

小蒔「あ、ああっ!?」

巴「少し進んで、すぐに足をついた!?」

春「で、でも、3M近く進んでいる…これは…」

利仙「…ビート板なしで泳ぐなど不可能。ならば、足をついて少しずつ進めば良いのです」

小蒔「あ…そんな…そんな手が…」

巴「やられた…この差はもう取り返しがつかない…」

春「そんな…姫様、あんなに頑張って泳いだのに…」


17 : ◆jBL8Qe1.Ns 2015/01/14(水) 14:59:22.73 ID:AucZgKl60
小蒔「ぜえっ、ぜえっ…」

利仙「ふふ…ペナルティなしで泳ぎ切ることによって逆転を狙いましたか…どうせ泳ぎ切ることなどできないのに、愚かな」

巴「姫様…」

小蒔「はあ…はあ…」

利仙「かき氷で弱ったところに、辛いもので体力を削ぎ落され、デコピンで満身創痍、この水泳で疲れ切って動くこともままならない…」

小蒔「ううっ…」

巴「悔しいけど、藤原の言うとおり、姫様は…もう…」

春「そんな…」

利仙「体は十分に痛めつけました…次は、あなたの心を折りに行くとしましょう」

小蒔「ここ…ろ…?」ゼエゼエ

巴「これ以上…何をする気なの!?」

利仙「おや、勝負の種目は見せたはずですが?」

春「…オセロ…究極の頭脳戦…」

巴「そんな…疲れ切った今の姫様に、オセロを打ち切るほどの思考力は…」


18 : ◆jBL8Qe1.Ns 2015/01/14(水) 14:59:51.18 ID:AucZgKl60
黒―利仙
白―小蒔

※数手ずつ進めます


1空空空空空空3
空空空空空空空空
空空空64空空空
空空空○●空空空
空空空●○空空空
空空空28空空空
空空空空空空空空
5空空空空空空7


巴「…初手で隅に打つなんて、何を狙っているの、藤原利仙?」

春「それどころか、四連続で隅に打った…意味が分からない」

巴「彼女が隅にかまけている間に、姫様は中央の黒を壊滅させた…圧倒的優勢」

春「もう、ここから逆転するすべはないはず…なにを考えているの?」


小蒔(…体はボロボロでも、頭は冴えています…この優勢から、そう簡単には負けませんよ!!)

利仙(ふふふ…ここからです…この戦法が恐ろしいのは、ここから…)



19 : ◆jBL8Qe1.Ns 2015/01/14(水) 15:01:32.40 ID:AucZgKl60



●四三二五空空●
空空空一空空空空
空空空○○空空空
空空空○○空空空
空空空○○空空空
空空空○○空空空
空空空空空空空空
●空空空空空空●


利仙「」パチ

小蒔(無駄です、すでに中央は私の勢力圏。近づいてきた黒は、全てひっくり返される定め!)パチッ

利仙「」パチ

小蒔(無駄無駄!その程度ですか、藤原利仙!?)パチッ

利仙「」パチ、クルクルクル

巴「なっ!?」

春「あ、あの隅の黒石が、こんなところで働き始めた!?」

利仙「」ニヤリ

巴「あ、あの無意味に見えた隅への一手は、これを狙っていたの?…何という深謀遠慮…」ガクブル

春「一体、どれだけオセロを研究してきたというの…?」

小蒔(ま、まだです!まだ、石の数では9対8で優勢…勝機はきっとあるはずです…)


20 : ◆jBL8Qe1.Ns 2015/01/14(水) 15:02:52.66 ID:AucZgKl60


●●●●●一二●
空空空○三空空空
空空空○○空空空
空空空○○空空空
空空空○○空空空
空空空○○空空空
空空空四五空空空
●空空空六空空●


小蒔(まずは、黒にダメージを与えます!)パチッ

利仙「」パチッ

巴「ああっ!?姫様の打った石が…」

春「そんな…一番上の辺が、全て黒に支配されてしまった…」

小蒔(ま、まだです…ならば手薄な上から二列目を補強して、一列目からの進撃を阻止します!)パチ

利仙「」パチッ

巴「ああっ!?」

春「そんな…制圧していたはずの中央が、一瞬で相手の支配下に…」

小蒔「ま…まだです…まだ、負けたわけでは…中央の防衛線を守りきれば、きっとチャンスが訪れます…」パチ

利仙「」パチッ

春「う…そ…」

巴「姫様の石が…なくなった?」

利仙「…私の勝ちですね」

小蒔「あ…ああ…そんな…」

春「いったい、何故…?姫様は、悪手らしい悪手は打っていないのに…ここまでの差が…」

巴「序盤の大優勢が、あっという間に…信じられない…」


21 : ◆jBL8Qe1.Ns 2015/01/14(水) 15:03:46.63 ID:AucZgKl60
久「いや、そりゃ初手から四連続で隅に置いたら勝つでしょうよ。てゆうか、あんたらルール間違ってるから」

春「久…どうして?」

久「隅は絶対に返されないからね。あと、中央は固めれば固めるほど一気に返されやすくなるから不利なのよ?序盤では石は少ない方が有利、これ、リバーシの基本ね。あと、もう一回言うけどルール間違ってるから。石をひっくり返せないところには打てないのよ?」

巴「そっちではなく、何故ここに居られるのですか?」

久「むしろなんであんたらここに居るのよ。いつまでたっても迎えに来ないから電話かけたらプールに行ったとか言われて、流石の私も怒ってるわよ?」

春「あ…」

巴「そうでした…そもそもはっちゃん達は竹井さんたちを迎えにいったのでした…」

利仙「くっ、新手ですか…」

久「で、なにやってんのあんた達?」

春「かくかくしかじか黒糖ポリポリ」


22 : ◆jBL8Qe1.Ns 2015/01/14(水) 15:04:28.34 ID:AucZgKl60
久「…へえ?」ゴゴゴゴ

利仙「」ビクッ

小蒔「ひっ!?」

久「で、これのために私に待ちぼうけ食らわせて、二時間以上放置してたって?」ゴゴゴ

利仙(こ、このプレッシャー…下手をすれば荒川さんや百鬼さんと言った修羅たちと同等!?ヒトならざる領域の人間ですか!?)

久「…あんたら、これ舐めなさい」

【チリペッパー100g缶】

小蒔「これは…?」

利仙「そ、それは…まさか…」ガタガタ

久「舐めないなら拳骨をくらわすわ」

小蒔「ひいいいいいいっ!?」

巴「あ、あわわわわわわわ…」ブクブク

春「と、巴さんが、拳骨という衝撃的な発言のショックで失神して…」

利仙「い、いえ…それでも…拳骨の方がマシなはず…」

小蒔「な、舐めれば良いのですね?」ビクビク

利仙「い、いけません神代小蒔!それは―――――!!!」

小蒔「ペロッ…これは…ああああああああああああああああ――――――!!!!!????」

利仙「こ、小蒔!小蒔いいいいいいいいい!!!!!」

久「そっちは拳骨かしら?」

ゴンッ

利仙「ぐ…はっ…」ドサッ

春「あ…ああ…」ガタガタ


23 : ◆jBL8Qe1.Ns 2015/01/14(水) 15:04:56.50 ID:AucZgKl60
久「まったく、くだらないことで人を二時間も待たせないでちょうだい」

春「ご、ごめんなさい…」ビクビク

久「じゃあ、行きましょうか、春」

春「え?」

久「デートよデート、それが私の本来の目的だもの」

春「で、デートって…」カアア

久「二時間も待たされたんだもの、その分楽しませてもらうわ」


24 : ◆jBL8Qe1.Ns 2015/01/14(水) 15:05:24.44 ID:AucZgKl60
利仙「…無事ですか、神代小蒔…?」ピクピク

小蒔「無事とは、言い難いですが、なんとか…」ガクガク

巴「」ブクブク

利仙「…勝負は、引き分けです…お互い、これ以上は無理でしょう…」ズキズキ

小蒔「はい…あの修羅の介入を受けた以上、仕方ないでしょう…」ヒリヒリ


25 : ◆jBL8Qe1.Ns 2015/01/14(水) 15:05:51.99 ID:AucZgKl60
霞「う…う、ん…」パチ

初美「…霞ちゃん?目が覚めたのですかー?」

霞「ここは…そうだわ!?小蒔ちゃんは!?藤原利仙はどうなったの!?」

初美「分かりません、私は霞ちゃんの看病にかかりっきりですー」

霞「…こうしてはいられないわ!早く小蒔ちゃんのところに行かないと!!」

初美「ダメですー!そんな体で何しに行く気ですかー!?」

霞「体は何ともないわ!だから、行かないと!」

初美「なんともないわけないです―!かき氷を一気食いして頭がキーンとなったんですよー?」

霞「でも…あの藤原利仙の覚悟は本物よ!小蒔ちゃんが危ないわ!」

初美「ダメなものはダメです―!お医者さまにも『もう二度とこんなことで呼ばないでください』と言われたほどの無茶をした後なんですよー」

霞「そう…先生には悪いけど、さっそく呼ぶことになりそうね…命がけの無茶、行かせてもらうわ」


26 : ◆jBL8Qe1.Ns 2015/01/14(水) 15:06:41.15 ID:AucZgKl60
咲「多分、それ、そんなくだらないことで呼ぶなってことだと思いますよ」

初美「ふえっ!?」

霞「宮永さん!?なぜここに?」

咲「練習試合の予定でしたよね?誰も迎えに来ませんでしたけど」

初美「あ、そういえば…」

和「失礼極まりないですね…石戸さんが病院に運ばれたと聞いて、それならやむなしかとも思いましたが…」

優希「かき氷を食べて頭がキーンとしたとか、練習試合をすっぽかす理由にならないじぇ」

まこ「…優希はともかく、咲と和に言われるんかい…」

咲「私はもう修羅の世界に足を踏み入れたんですよ?今ではお刺身をわさび醤油で食べるほどです」

和「Gと呼ばれる悪魔すら仕留めた私に、ヒトの常識は通じません。我が往くは修羅の道…車が来ていなければ、点滅している信号だって小走りで渡ってしまいます」


初美「ひいっ!?」ガタガタ

霞「な、なんて恐ろしい人達…」ビクビク


まこ「頭が痛とぉなってきたわ…」

京太郎「…咲以上のポンコツが和以外に居たとは…」


27 : ◆jBL8Qe1.Ns 2015/01/14(水) 15:07:51.81 ID:AucZgKl60
咲「というわけで、練習試合をしに来ました」

小蒔「申し訳ありませんが…我々は、とても試合が出来る状態では…」

霞「ダメっ…小蒔ちゃん、この人たちに逆らったら…」

和「では、選んでいただきましょうか…洗濯ばさみで耳を挟まれるか、麻雀を打つかを」

利仙「ひいいっ!?」ビクッ


優希「あのポンコツのどちゃんが脅す側に回ってるじぇ…」

京太郎「脅しの内容が微笑ましいけどな」

小蒔「し、仕方ありません…多少無理をしてでも麻雀を打つしか…」

利仙「わ、わたくしは関係ありません…ここは撤退させていただきます…」

咲「…私たちが待ちぼうけを喰らったのはあなたのせいだと聞きましたよ、藤原さん?」

利仙「ひいっ!?」



――――麻雀を楽しむか、麻雀を楽しまされるか、選んでください。




28 : ◆jBL8Qe1.Ns 2015/01/14(水) 15:08:23.40 ID:AucZgKl60
こうして、私と神代小蒔のいく度目かの争いは、予期せぬ第三者の介入により共倒れに終わりました。

かき氷を食べきり、激辛たこ焼きを二つも平らげ、25Mもの距離を泳ぎ…それらは徒労に終わりました。

しかし、いつか、いつの日か、私は神代小蒔に勝ちます。

今は、雌伏の時…耐えて、反撃の機を伺いましょう…





29 : ◆jBL8Qe1.Ns 2015/01/14(水) 15:15:33.99 ID:AucZgKl60
ポンコツ寄りの世界観だと前スレもこんなことになるようです。

依頼出してきます。


31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 15:33:07.82 ID:DSDMP/HX0
乙です
かわいい


32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 16:41:49.19 ID:Rw2XhhKlO
癒される~
乙です


33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 17:36:13.13 ID:TupvMY0SO

なんて優しい世界だwwww
でもタコヤキだけはけっこう辛そうだ


34 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 18:21:22.39 ID:XoTdJsxlO
乙です
リョナっていったい何だろう(白目)


35 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/14(水) 19:05:53.27 ID:YjHuZM9EO
リョナっていうからビックリしてたら前スレ見て納得、そして落ち着いた
マジレス久さんかわいい


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1421214448/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「咲-Saki-」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ