Powered By 画RSS


少女「いやぁーっ!」 男「あれって……レイプ!?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 14:44:26.37 ID:KsXRR7+Z0
友「じゃあ、また明日なー」

男「ああ。じゃあな」

男「すっかり遅くなったな」

学校からの帰り道。

文化祭の準備が予想以上に長引き、辺りはもう真っ暗だった。

最近夜は冷え込むし、早く帰ろう。

順調に歩みを進めていた、そのときだった。

?「……!! …………!!」

男「ん? 女の子の悲鳴……? 気のせいか?」




3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 14:45:37.45 ID:KsXRR7+Z0
いや。

確かに聞こえた……。

音が聞こえたほうに近づいて目を凝らしてみる。

うっすらと見える。

曲がり角から凄い勢いで現れた人影が、

追いかけてきたらしいもう一つの人影に捕まった。

そして……押し倒された。

男「なんだよ、あれ……」

暗くてよく見えないが、一人目のほうは多分女性だ。

小さい体に、ひらひらとスカートが翻っているのが分かる。

それに対して、もう一人のほうは体の大きさからみて男性。

女の子を押し倒してその手足を押さえつけている。


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 14:47:45.36 ID:KsXRR7+Z0
男「あれって……レイプ!? た、大変だ」

とんでもない場面に出くわしてしまった。

足が震えだす。怖い。怖くてたまらない。

情けないことに一番に出てきた感情がそれだった。

けれど、もう一刻の猶予もない。

女の子は必死に抵抗しているが、力で敵うわけがない。

男「そうだ! 警察、警察を……」

慌てて携帯をポケットから取り出す。

そして思った。

当然、通報を受けた警察官はとんで来るだろう。

けど、それで間に合うのか……?

手遅れになりはしないのか……?

男「……」

俺はもう一度二つの人影を見る。

そして、一歩前へ踏み出した。


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 14:50:56.87 ID:KsXRR7+Z0
少女「いやっ……やめてぇ!! いやーっ!」

?「……」

男「うあああああああ!!」

全力で走る。
そのまま、女の子に乗っかっている男に激突した。

?「っ……」ズシャア

奴は転がりながら吹っ飛び、右手を付いた。

女の子をかばうように前に出る。

足の震えはもう消えていた。

男「く、来るならこい! 警察はもう呼んだぞ!」

携帯を相手に見えるように突き出す。

画面には……110の数字。


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 14:52:37.75 ID:KsXRR7+Z0
?「っ!?」

少し間があった。

携帯の光でうっすらと顔が見えた。

映画に出てくる強盗が被るような、顔全体を隠すマスクを着けていた。

人影はゆっくりと身を翻すと、曲がり角へと消えていった。

男「は、はああ~~~」

気が抜けて、マヌケな声が出てしまった。

襲い掛かってくるんじゃないかと思っていたけど、

意外にも早く諦めてくれたようだ。

男「……はっ! 君、大丈夫……」

少女「……ぐすっ、えぅぅ……」ガタガタ

案の定、女の子は縮こまって泣いていた。


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 14:54:38.37 ID:KsXRR7+Z0
女の子は中学の制服を着ていた。俺の通っていた中学のものだ。

その制服はところどころが破られていて、女性の肌に免疫のない俺は慌てて目をそらした。

……大丈夫なわけがないか。

バカな言葉を発しそうになった自分を殴りたくなった。

男「……」

少女「……すっ、ぐす、ひっく、ぐす……」

どうすればいいんだろう。

気の利いた言葉なんか、少しも浮かんでこない。

俺は学ランを脱ぐと、女の子の肩に被せた。

少女「ひっく……?」

男「ちょっと汗臭いかもしれないけど……」

ほとんど声が出なかったのが自分でも情けない。

女の子は感触を確かめるように肩にかけられた服を握る。

そこで、初めて助けられたことに気付いたようだった。


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 14:57:02.14 ID:KsXRR7+Z0
少女「ふえぇ……ぐすっ」

男「な、泣くなって。ほら、あいつは追っ払ったからさ」

少女「……」コクコク

男(か、かわいい……何かしてあげるべきか……背中をさするとか?
  いや、でも、女の子の体に軽々しく触れるのも……)

少女「ぐすっ――あ、あの、ありがとうございます……」

ふらふらと女の子が立ち上がる。

男「あ、無理しちゃ……」

少女「ひゃ!?」

よろめいた女の子は、そのまま俺に倒れてきた。

反射的に抱きとめる。ふわっと、いい香りがした。


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 15:00:07.69 ID:KsXRR7+Z0
男「……」

少女「……あ」カァァ

ぷに、と色んな柔らかい感触が伝わってくる。

女の子の体って、柔らかいんだな。

そんなことを思った。

男「……」ゴクリ

少女「……」

その体勢からしばらく動くことができなかった。

密着しているからか、女の子の息遣いが伝わってくる。

やがて沈黙を切り裂いたのは女の子だった。


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 15:03:14.36 ID:KsXRR7+Z0
少女「あ、あの、よよよろしければ、おっお名前を教えてくれないでしょうか!?」

意を決したようにそう言って、俺を見る。

顔はトマトのように真っ赤だった。

そして、固まった。俺も……その女の子も。

男「……!?」

少女「……!?」

男「名前なら、よく知ってるだろ……」

妹「お、お兄ちゃん!?」カアアアア

俺は穴があったら入ってその中で死にたくなった。

しばらく二人とも呆然としていた。

だが妹がはっとして俺の体を押しのける。


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 15:05:59.83 ID:KsXRR7+Z0
妹「ちょ、ちょっと近い! 離れてよっ!」

男「あっ、悪い……」

妹(こここ、これどういうことっ!
  まさか助けてくれたのがお兄ちゃんだったなんて……)

男「妹」

妹「ひゃいっ」ビクッ

男「ど、どうした? どこか痛むのか?」

妹「なんでもないっ」

男「そっか……とにかく、家に帰ろう。あいつが戻ってきたら大変だし。父さんにもこのことを話さないと」

妹「あ、うん……っと」クラッ

男「!? おい、やっぱりどこか打ったんじゃ……」

妹「だいじょぶ……だって」

それが強がりだということはすぐに分かった。

昔からそうなんだ……こいつは。


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 15:06:50.25 ID:BYGVQSH70
少女じゃなくて妹とな


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 15:08:30.08 ID:KsXRR7+Z0
男「意地っ張りだな……ほら、おんぶするよ」

妹「え、マジ? は、恥ずかしいって……」

男「頼むから言うとおりにしてくれ」

妹「……」

男「妹」

妹「……わかった! わかったよぅ……」

覚悟を決めたのか、背中に妹が乗っかる。

俺は立ち上がり体勢を立て直すと、家を目指して歩き出した。

妹「……」

男「なんだよ。急に静かになったな」

妹「……別に」


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 15:10:43.85 ID:KsXRR7+Z0
静かだった。

暗闇の中、足音だけが一定のリズムを刻んでいる。

どれほど時間が経ったんだろうか。

もうすぐ家に着くというときに、妹が口を開いた。

妹「……やさしい」

男「え?」

妹「だ、だから……優しいじゃん?
  なんか。いつもはあんまり話さないのに」

男「……」

そういえば……そうかもしれない。

高校生になってから、色々と忙しくなって……。

俺は次第に、妹に対して無関心になっていた。

嫌いなわけじゃない。ただなんとなく、避けていたような気がする。


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 15:13:22.28 ID:KsXRR7+Z0
男「そりゃあ、あんなことがあったからな」

妹「……そっか、そうだよね」

なんだか、声のトーンが落ちた気がした。

何か勘違いさせてしまったのだろうか?

男「ま、それだけじゃないけどな」

妹「……え」

男「やっぱ、大事な妹だからさ。
  俺が守らなきゃ、って思ったんだ」

妹「……っ」

妹の体が少し強張った。

男「? どうかしたか?」


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 15:16:48.16 ID:KsXRR7+Z0
妹「別に……てゆーか、いきなりクサいこと言うなっ!」

男「俺は事実を言っただけだ」

妹「ふーん……お兄ちゃん、シスコンだね」

男「なっ……お前な、いい加減にしないと放り投げるぞ」

妹「やれるもんならねー」

男「くっ……」

なんて生意気なやつだ。

妹「そういえばさあ……」

男「ん、なんだ?」

妹「あいつの前に出たとき、なんか見せてたよね。あれなんだったの?」

男「ああ、携帯のことか? 警察呼んだって分かったら、怯むかなって思ったんだよ」

ポケットから再度携帯を取り出し開く。そこには110の数字。
さっき、暴漢を追い払うのに使ったやつだ。


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 15:20:01.92 ID:KsXRR7+Z0
男「……げ、よく考えるとこれ発信前の画面じゃないか……バレなくてよかった……」

妹「は……? お兄ちゃん、それで相手が襲いかかってきたらどうするつもりだったの?」

男「え、えーと。まあどうにかなるだろって」

妹「……なるわけないじゃん。ばっかみたい」

男「な! バカとはなんだバカとは!」

妹「だってホントのことだもーん」クスクス

あれ……。
楽しそうに笑っている妹の声を聞いて、疑問に思う。

俺たち、こんなに仲良かったっけ?
こんな楽しそうな妹を見るのも、こんなに妹と話すのも、随分と久しぶりだった。

妹「……でも、ありがと。お兄ちゃん……」ボソ

男「え? なんて?」

妹「な、なんでもないっ」

まもなく家に着く。
心なしか、肩を掴む力が強くなった気がした。


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 15:23:37.56 ID:KsXRR7+Z0
・・・


男「ただいま」ガチャ

妹を降ろすと、玄関を開けて中に入る。

その物音を聞きつけてか、リビングからひょこっと顔が出てきた。

父「おお、おかえり。遅かったな……珍しいな、二人一緒なんて」

男「いや、大変なことがあって」

妹「……」

俺は妹の姿が父に見えるように、横にずれた。

父「ッ!? これは……」

男「とにかく詳しいことは後で話すよ」

父「男、お前ついに妹に手を出したのか?
  しかも無理やり……」

男「いいからソファーにでも座ってろ。な?」

俺たちは、ひとまず先程の出来事を話すべく、リビングに向かった。


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 15:26:54.57 ID:KsXRR7+Z0
男「……とまあ、こういうことなんだ」

父「そんなことが!? ……二人とも怪我はないのか!?」

妹「……うん」

男「大丈夫だよ。わりとあっさり逃げてくれたから、怪我とかはしてない」

父「そうか……」ホッ

男「あ、でも……妹がちょっと具合悪いみたいなんだ。
  父さん、ちょっと診てやってくれよ」

父「ああ、任せてくれ。妹、こっちに来なさい」

妹「ん……」

父さんは元医者だ。
今は近くの大学で教鞭をとっている。
腕は確かで、そこらへんのヤブ医者に任せるよりはよっぽど信頼できた。

父「めまいはまだするか?」

妹「……」ブンブン

妹は首を横に振る。

家に戻ってから、妹はいつもの調子に戻ってしまった。

さっきの生意気な様子がうそのように寡黙だ。


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 15:30:12.26 ID:KsXRR7+Z0
父「ふむふむ……心配ない。
  ショックを受けたことによる一時的な疲労だろう。休めばよくなるさ」

男「そうか、よかった」ホッ

父「警察には私が連絡しておこう。二人とも今日はもう休め。疲れただろう」

男「ああ……そうだな、そうさせて貰うよ」

無事帰宅して気が緩んだのか、どっと眠気が襲ってきた。
ふわあ、と大きな欠伸をする。

妹「……お風呂入る」トテトテ

妹はそういうとバスルームに消えた。
やれやれ、父さんにお礼ぐらい言えばいいのに。

父「新しい制服も買わないとな……全く、物騒な世の中になったもんだ」

父さんはぶつぶつと愚痴をこぼしながら携帯電話をいじっている。
邪魔をしないように、部屋にでも行ってるか……。


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 15:33:54.36 ID:KsXRR7+Z0
俺は二階に上がり、自分の部屋に入った。妹の部屋は廊下を挟んで向かい側だ。
ベッドにダイブして、一息つく。
そしてあの暴漢について考える。

男「あのくそ野郎……捕まったら、絶対一発殴ってやる」

ゆっくりと目を閉じる。
俺の意識は、だんだん遠くなっていった――

・・・

・・



男「おとーさん、おかーさん。そのこだれ?」

父「この子は、今日からお前の妹だ。仲良くするんだぞ」

男「いもうと……」

妹「……」ビクビク

母「怖がらないで、妹ちゃん」

男「おいで、いっしょにあそぼうよ」ニコッ

妹「……うんっ」


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 15:36:35.79 ID:KsXRR7+Z0


・・

・・・


男「――はっ」

目が覚めた。
時計を見ると、どうやら30分ほど眠っていたようだ。

男「夢、か……」

なにか懐かしい夢を見ていた気がする。

男「顔でも洗ってくるか」

階段を降り、洗面所に向かった。

男「ふー……」ガラッ

洗面所がある、脱衣所の引き戸を開ける。


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 15:37:55.62 ID:KsXRR7+Z0
妹「へっ……」

男「……」

妹「……」

一瞬時が止まったように感じた。
そこには、一糸纏わぬ姿の妹がいた……。

男「……あ”っ」

妹「……ッ」プルプル

男「ご、ごめ」

妹「バカぁーーーーーーーッ!!!!!!」

……その後必死に謝って何とか許してもらったあと、
俺は顔を洗うついでに入浴を済ませた。


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 15:40:06.24 ID:KsXRR7+Z0
男「さて、寝るか……」

電気を消してベッドに入る。
明日は文化祭だ。
よく寝ておかないとな……。


――――


男「眠れない……」

当然といえば当然なのかもしれない。

あんな強烈な体験をした後で易々と眠れるほど、
能天気な性格ではない。

男(妹は、寝てるんだろうか……)

ふと、向かいの部屋が気になった。


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 15:40:29.97 ID:Dlf8ZjGc0
お約束は大事だよね


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 15:43:46.29 ID:KsXRR7+Z0
やはり心配だ。考えてみれば、
妹は俺よりずっと心に傷を負っているはずなのだ。

さっき見た夢を思い出す。
あの頃の妹は、泣き虫だったな……。
今も壁の向こうで妹が泣いている気がして、心が落ち着かない。

いっそ様子を見に行こうか。
そんなことを考えたときだった。

ドアがゆっくりと開いて、僅かに光が入ってくるのが見えた。
何者かが動く、衣擦れの音が聞こえる。

そのまま入ってくる……。
ドアがゆっくり閉じた。

男(誰だ?)

何者かは、そろそろと俺の寝ているベッドに近づいてくる。
まるで起こさないように気をつけているみたいに。

何者かが、ベッドの横まで来た。
薄目を開けて確認してみる。


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 15:46:12.21 ID:KsXRR7+Z0
男(……妹)

感づいてはいたものの、本当にそうだとは。

男(一体、何が始まるんだ?)

妹「……」スッ

妹の手が布団にかかる。

そのまま布団をめくると、妹はその華奢な体を中に滑り込ませた。

男(え、ええー!?)ドキドキ

妹「……」

男(な、なんだ? どういうつもりだ……?)

妹「……」ギュ

そしてあろうことか、妹は俺の腕に絡まるように密着してきた。

腕に当たる何かの感触――心臓の鼓動が、妹に聞こえてしまわないか不安だった。


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 15:49:31.12 ID:KsXRR7+Z0
妹「……ん」

耳元に息がかかる。

甘い匂いがして、頭がクラクラした。

――もう限界だ。

その緊張に耐えられず、俺は寝たふりをやめる事にした。

男「……何やってんだ、お前?」

妹「ふわッ!?」ビクッ

声を出した瞬間、妹の体が飛び跳ねたような気がした。

妹「あ……う」カアア

男「……」

妹「これは……その、違う!」

男「何が?」

妹「し、仕方なく!
  お兄ちゃんが一人で怖がってるかなって思って、仕方なく来てあげたんだから!」バタバタ


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 15:52:20.52 ID:KsXRR7+Z0
男「あー……分かったから、少し落ち着け」

要するに、一人で寝るのが怖かったから、俺のベッドに潜り込んだ……という解釈でいいんだろうか。

妹「や、やっぱりあたし、戻る」

妹がベッドから出ようと身を起こす。

反射的に、俺はその手を掴んでいた。

男「……」

妹「な……離してよ」

ほんのり赤くなったその顔を見ると、
手を離してはいけないような気がした。

だから言う。

男「そうだな」

妹「え……?」

男「実は怖かったんだ。一人で寝るの。
  ……だから、妹が一緒にいてくれると助かる」

妹「お兄ちゃん……」


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 15:55:01.37 ID:KsXRR7+Z0
男「……」

妹「……わかった。仕方ないなぁ、お兄ちゃんは」

男「そう、仕方ない」

妹「じゃ、じゃあ……おやすみなさい」

男「ああ……」

妹「……」

背中合わせになって転がる。

妹の体温が背中に伝わって、温かい。

男「なあ、妹」

妹「……なに?」

男「明日さ、高校の文化祭なんだ。
  ……その、よかったら……一緒に回らないか?」

妹「文化祭に……あたしと?」

男「うん……ほら、気分転換にどうかなーって思ってさ」

妹「……」


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 15:58:22.01 ID:KsXRR7+Z0
妹は黙ったままだ。
迷っているのだろうか?

男「だ……ダメかな?」

妹「ううん……行く」

男「そうか」ホッ

体勢を変えて、妹の背中に話しかける。

男「俺は準備があるから……そうだな、昼に学校で待ち合わせしよう」

妹「うん、わかった」

男「一人で来られるか?」

妹「大丈夫だよ……お兄ちゃん、あたしのこと子ども扱いしてる?」ムッ

男「中学生になったばかりで、よく言うよ」

妹「子どもじゃ……ない」

妹がこちらを向いた。

向かい合う形になる。

月明かりに照らされた妹の顔は、いつもよりずっと綺麗に見えた。


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 16:00:27.56 ID:KsXRR7+Z0
妹「む、胸だって……大きくなってきてるし」

男「そ、そういうことじゃ……」

妹「確かめて……みる?」

男「へっ?」

そういうと、妹は俺の右手を掴んだ。

俺の手を誘導し……自らの乳房に押し付ける。

ぷにゅ、と生々しい感覚が手のひらに伝わった。

妹「……ッ」

男「ちょっ……」

妹の顔は真っ赤に紅潮している。

そんなに恥ずかしいならやらなければいいのに……。


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 16:03:27.49 ID:KsXRR7+Z0
妹「……ぁっ……」

男「!」

妹の口から甘い喘ぎが漏れる。

その官能的な響きに、無常にも俺のモノはしっかりと反応していた。

バカ……なに興奮してるんだ。
妹だぞ? ありえないって……。

必死に抑えようとするが、俺も男だ。

こればかりはどうにもならない。

妹「ふぁ……んっ、おにい……ちゃん」

耳元で俺を呼ぶ妹の声がする。

脳に直接麻薬を打たれたような、ふわふわとした高揚感があった。

きっと俺はもう理性を失っている。


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 16:05:43.10 ID:KsXRR7+Z0
妹「……あっ、ん……」ビクッ

右手に力を込める。

そのまま、円を描くように小ぶりな乳房を揉んだ。

男「……」

妹「んん……ふぁっ!?」

親指と人差し指で、中央の突起を摘む。

あまり力を入れすぎないように注意しながらこねくり回した。

刺激が強すぎるのか、妹の体が小刻みに揺れる。

妹「お兄ちゃ……おっぱい、もんじゃ……だめぇ……んっ、あっ……」

ふと、妹の手が俺の股間付近に伸びた。

服を押し上げていた怒張は、当然手に当たる。

妹「あ……ここ、おっきくなってる」


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 16:07:30.63 ID:KsXRR7+Z0
男「こ、これはその……仕方なくて」

妹「そ、そうなんだ」

本当に、どうかしている。

妹の胸を触って……妹の声を聞いて、勃起するなんて。
そんなことを考えていると、不意に、妹の手がそれに触れた。

男「……!?」

妹「えっと、こうすれば……気持ちいいんだよ……ね?」

ぎこちない手つきで妹がそれを扱く。
服の上からとはいえ、自分でするのとは全く違う快感が押し寄せた。

男「あ……」

妹「えへへ……気持ちいい?」

男「……」


106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 16:10:02.90 ID:KsXRR7+Z0
俺は右手を布団の中へと移動させた。
ちょうど妹の手とクロスするような形になる。

妹「……え? やっだめ、そこは……」

俺は妹の制止を聞かず、パジャマの中に進入した。

さらさらしたショーツの上から、割れ目を優しくなぞる。
そこは既に、しっとりと湿り気を帯びていた。

妹「あっ……ん、あ……」ビクビクッ

触れただけで軽く達してしまったのだろうか。
妹の体がビクン、と波打った。

妹「お、にいちゃん……」

男「妹……」

もう、どうにでもなってしまえ。
俺が妹のズボンに手をかけた、そのときだった。


109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 16:12:26.93 ID:KsXRR7+Z0
ドン、ドン、ドン、ドン

男「!?」ビクッ

妹「!?」ビクッ

階段を上る足音が聞こえた。
一気に意識が現実に引き戻される。

俺と妹は、弾かれるように背中合わせになった。

トッ、トッ、トッ、トッ……

足音は徐々に近づいてくる。

そして止まった。続いて、ドアが開いて、閉まる音。
この二階には、俺と妹の部屋以外に父さんの部屋がある。
そこの扉の音なのだろう……。

男「行った……みたいだな」

妹「う、うん」

きまずい空気が流れる。


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 16:13:14.91 ID:KsXRR7+Z0
男「……」

妹「……」

俺は心の中で父さんに感謝した。
完全に暴走していた……何してるんだ、俺は。

男「……もう寝よう。明日のこともあるし」

妹「……うん」

そう言うと、俺は目を閉じた。


115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 16:16:10.10 ID:KsXRR7+Z0
翌朝――正午

友「男……どうした? 元気ないな」

男「別に……」ドヨー

学校の屋上。

俺は自分の仕事を終え、友と一緒に休憩をとっていた。

……昨日の夜のことが、朝から頭から離れなかった。
妹とは、朝から今まで一言も話していない。

男「嫌われたかなぁ……」

昼に待ち合わせの約束だが、来てくれるかは怪しいものだ。

俺は深いため息をついた。

友「ふーーーーーん……」

男「な、なんだよ」


119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 16:19:35.53 ID:KsXRR7+Z0
友「女、だな……」

ドッキィィィィ!!

思わず飛び跳ねるところだった。
こいつ……なかなかに鋭い。
さすが、メガネをかけているだけの事はあるな。

友「図星か?」

男「そっそんなわけあるか! 妹のことだ……」

友「妹ぉ?」

男「ああ……ちょっと、色々あってな」

友「ケンカか?」

男「まあ、そんなとこだ」

友「しっかたねえなあ。じゃあいっちょこのオレが、親友を慰めてやろうかなっと」

友はそう言うと、俊敏な手つきでバッグから何かを取り出した。


121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 16:22:30.67 ID:KsXRR7+Z0
男「なんだそれ……? ロボット?」

友「その通り! オレの発明品、スカートめくり君1号だ!」

そういや、友はロボット研究部員だったな。
しかし、そんなマヌケなロボットをよく顧問の先生が許してくれたもんだ。

男「で、どうなるんだよ」

友「いいからこっちに来い!」

俺は友に誘われるまま、屋上を出て下の渡り廊下まで来た。

友「ターゲット発見。初仕事だ。
  ……ゆけ。スカートめくり君1号」

哀れにも犠牲者となったのは、一年生の女子だった。

友の手から放たれ、音もなく彼女の足元へ忍び寄った鋼鉄の悪魔は、
その両腕をスカートに掛ける……。

その滑らかで一瞬の隙もない動きは、
さながら背後から敵を暗殺する忍者を連想させた。

そして……次の瞬間、悪魔が両腕を一気に振り上げた!!


123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 16:25:14.17 ID:KsXRR7+Z0
女生徒「……ふぇっ?」

見事に、いちご柄のパンツが露わになる。

そして甲高い機械音声が聞こえる。

「ピー。セイコウ。セイコウ!」

友「いちご柄はいい。心が洗われる」

女生徒「きゃあああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?!?」

……大惨事だった。

女生徒はその場にしゃがみ込んで大泣きし、周りからの注目を集めている。

友「よし! 男、この調子で次いくぞ次!
  やっぱり縞パンも捨てがたいよなあ! それ!」ハハハ

続いて鋼鉄の悪魔は、スーツのスカートを捉える。

そして黒いレースのパンツが露わになる……。
……ん、スーツ?


125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 16:28:45.29 ID:KsXRR7+Z0
男「と、友……!」

友「え?」

先生「楽しそうだな? 友」ゴゴゴゴゴゴ

友「くぁwせdrftgyふじこlp;@」

凄まじいオーラを伴って現れたのは、担任の先生だ。

確か、ロボ研の顧問でもあった。

スカートめくり君1号は、前に出すぎたのだ……。

先生「私に隠れてこんなモノを作っていたとはな……」

友「いいパンツでした。先生」

先生「来い……説教だ」

襟首を掴まれて連行される友の背中には、どこか哀愁が漂っていた……。


127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 16:31:02.60 ID:KsXRR7+Z0
先生「ああ、そうだ。男」

男「は、はい?」

先生「さっき妹さんに話しかけられてな。お前を探していたぞ。
   一階の靴箱付近で待っているはずだから、行ってきなさい」

男「……!」

男「はい! ありがとうございます!」

妹が来た……!

俺は全速力で、一階に向かった。


131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 16:35:03.04 ID:KsXRR7+Z0
・・・

妹「お兄ちゃん……どこいるんだろ」

まったく、待ち合わせるなら場所の指定くらいしなさいよ。
あたしは心の中で文句を言った。
ほんとに昔から抜けているのだ。

生徒A「ねーほら、あの子見てー」

生徒B「カワイー」

妹「……」

教室の影から、女の子の声が聞こえる。
どうやら、あたしのことを話してるみたいだった。

妹「かわいい、って……」

身に着けている、お気に入りの黄色いワンピースを見る。
今のあたしは、本当にかわいいのだろうか。
硝子に映った自分の姿を見て、ため息をついた。

お兄ちゃんは、かわいいって言ってくれるのかな……。
そんなことを思いながら。


132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 16:38:35.30 ID:KsXRR7+Z0
男「はぁっ、はぁっ……おーい、妹ー」ゼエゼエ

階段からお兄ちゃんがやってきた。
ひどく息を切らしている。

妹「おそいよ。ばか兄貴」

男「悪い。まさか来るとは……ああいや、なんでもない」

妹「いいから行こ。お腹すいた」

男「あっちょ、待てって」

お兄ちゃんの手を掴んで歩く。
作戦が成功した瞬間だった。


136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 16:42:38.96 ID:KsXRR7+Z0
女生徒「お待たせしましたご主人様♪
     アイスコーヒーでございます」

男「あ……はい」タジタジ

お兄ちゃんと昼食を取るためにやってきたのは、メイド喫茶だった。
フリフリの可愛い衣装に身を包んだメイドさんが、
せっせと働いている光景は新鮮だ。

テーブルにはオレンジジュースとサンドイッチセットが二つ、
そしてアイスコーヒーが並んでいる。

妹「なに緊張してんの? ばっかみたい」

男「う……」

妹「お兄ちゃんが列が出来てるからここにしようって言ったくせに」

男「しょうがないだろ、メイドさんは見慣れてないんだ」

そう言ってお兄ちゃんはサンドイッチを頬張る。

男「うん、やっぱ行列が出来てただけあってうまいぞ」

自分のサンドイッチを齧ってみる。
あ……ホントだ。


139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 16:44:51.26 ID:KsXRR7+Z0
妹「おいしい……」

男「だろ?」

自分が作ったわけでもないのに、得意げなお兄ちゃんがおかしかった。
自然と笑みがこぼれる。

メイド喫茶を出て、校舎をぶらぶら歩く。

妹「そういえば、お兄ちゃんのクラスは何やってるの?」

男「俺のクラス? ……じゃあ行くか」

お兄ちゃんについていくと、やけに騒がしいところに来た。
なんだかわーだのきゃーだの、色んな悲鳴が聞こえてくる。

妹「ここって……」

男「お化け屋敷だ」


140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 16:47:50.18 ID:KsXRR7+Z0
妹「……」

男「どうした? 怖いのか?」

妹「誰が! はやく入ろ」

受付「道なりにお進みください」

中は豆電球がぽつぽつと灯っているだけで、とても暗かった。

妹(昨日の夜みたいだ……)

なんとなく昨日のことを思い出して、身震いする。

男「妹、大丈夫か?」ギュ

妹「へ?」

お兄ちゃんの手が手に触れる。
……心配してくれているのかな。

妹「うん……ありがと」

手を握り返す。
温かさが心地いい。


147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 16:54:52.64 ID:KsXRR7+Z0
暗闇の中を歩く。

すると突然、何処からか黒い塊が飛び出してきた。

黒い塊(てめー女連れできやがって! 死ね!)

男「うわ!?」

驚いてバランスを崩したお兄ちゃんの体が覆いかぶさってくる。
押し倒されたような形になった。

股の間に膝が入り込んでいて、ぎゅうっと奥に押し付けられる。

妹「ちょっ……」

さらに手が胸に着地する。
指が食い込む感触に、抗うすべもなく体が反応してしまう。

妹「はぅっ…………」ビクッ

男「妹、ごめん……」

妹「こ、こ、この……」カアア

頭にゲンコツをプレゼントした。


148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 16:57:03.97 ID:KsXRR7+Z0
妹「お兄ちゃんがびっくりしてどうすんの!?」

男「いてて……足踏みやがったんだよあいつ」

そそくさとお化け屋敷を抜け、廊下を歩く。

お兄ちゃんの馬鹿さ加減には本当に恐れ入る。
ただ、お兄ちゃんに体を触られるのは嫌ではなかった。

男「ちょっとトイレ。ここで待っててくれ」

妹「うん」

男子トイレに消える背中を見送る。
一人になれて、実はホッとしていた。
ある決意をしていたからだ。
お兄ちゃんがそばにいると、どうにも心の整理がつかない。


150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 16:59:24.47 ID:KsXRR7+Z0
一人で深呼吸をする。

少し気が楽になった、そのときだ。

DQN1「よお、俺たちと遊ばねえ?」

どきっとした。

ガラの悪い男が、目の前に2人いた。
一瞬自分に向けられた言葉だとは信じられなかった。

けれど、そいつの眼はじろじろと、舐めるようにあたしを見ている。

DQN2「おい、無視すんなよ」

そいつらの顔は知っていた。

同じ中学の3年生で、いつも悪さをしている奴だ。
もっとも、あっちはあたしの事なんか知らないだろうけど。


151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 17:04:01.79 ID:KsXRR7+Z0
妹「は、はなして……!」

DQN2「来いよ」

男の手が肩にかかる。
いやだ、痛い。助けてお兄ちゃん……!

DQN1「今日はこいつにしようぜ、へへ」

DQN2「カワイイねー、君」

大声を出してやろうか。
そう思ったとき、あたしの肩を掴む男の腕を、掴む手があった。

男「ストップ」

DQN2「……あ? なんだてめえ」

DQN1「邪魔すんじゃねーよ」

男「まいったな。せっかく手を洗ったのに、
  こんな汚い腕を触ったら台無しじゃないか」

DQN1「殺すぞコラァ!」

DQN2「てめー……」


160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 17:07:42.84 ID:KsXRR7+Z0
DQN1「殺すぞコラァ!」

DQN2「てめー……」

男「妹! 走れ、こっちだ!」

妹「うん!」

肩から手が外れた瞬間、お兄ちゃんの手を掴んで走り出す。
「昔ながらの遊び体験コーナー」と描かれた看板が目に入った。
お兄ちゃんは、すぐそこに置いてあったビー玉のたくさん入った袋を取ると、
床に撒き散らした。

DQN1「うおっ!?」

DQN2「おわっ!?」

ビー玉に足を取られて、男たちがすっ転ぶ。
思わず小さくガッツポーズを取った。

男「こっちだ!」

あたしたちは階段を上っていった。


怖い先生「オラァそこ何を暴れてる!」

DQN1・2「ヒィィィィィ!!」


163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 17:08:30.06 ID:zeT3fMe7O
ビー玉わろた


164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 17:12:18.06 ID:KsXRR7+Z0
――屋上

男「はあっ、はあ……ここに来れば大丈夫だろ」

妹「はあ、はあ……なんで、屋上?」

男「今日は誰もこんなとこ来ないだろ。
  あいつらここの生徒じゃなさそうだし、たどり着けない」

言われて気付いた。
ここにはあたしたち以外の人は居なかった。

金網の外に見える景色を眺めながら、呼吸を整える。

妹「わー……高いね」

男「そりゃそうだ。屋上だからな」

そっか、と二人で笑う。

妹「……お兄ちゃん、ありがとう」

男「お、おう」

男(なんだ? いやに素直だな)


167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 17:15:21.52 ID:KsXRR7+Z0
妹「なんか、昨日からあたし、守られてばっかりだね」

昨日のことを思いながら言う。

男「そんなこと気にすんなよ。ああそうだ、昨日といえば、その……」

妹「なに?」

男「いや、昨日の寝る前のことなんだけど」

妹「あ……」カアア

お兄ちゃん……あのことを気にしてたのかな。

昨日の深夜を思い出して、照れくさくなった。
自分でも、お兄ちゃんからああいうことをするとは予想外だったから……。

男「ごめんな、変なことして。一時の気の迷いっつーか、なんつーか……」

妹「あ、あたしは……全然嫌じゃなかったよ?」

男「それ……どういう」


170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 17:17:15.02 ID:KsXRR7+Z0
心臓が弾む。今日言うって、決めていた。
ここなら――誰も見ていない。誰にも邪魔はされない。

妹「お兄ちゃん、あのね」

男「なんだ?」

妹「あ、あたし……」

そして、その言葉を口にした。

妹「男の人として……お兄ちゃんが、好きです」


171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 17:18:03.25 ID:Xza4ZrRv0
キタ――(゚∀゚)――!!


175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 17:19:22.27 ID:KsXRR7+Z0
男「――――」

お兄ちゃんの眼が、真っ直ぐにあたしを見た。そして……

男「それは嬉しい……でも」

悲しそうな顔で言った。

男「俺たちは……兄妹だ」

妹「あ……」

瞬間、頭が割れるような痛みに襲われた。
拒絶された? 心が痛い。意識が遠くなる。
あっ、と思った瞬間、重力が何倍にもなった気がして……体が崩れ落ちた。

目の前が暗くなる。最後に見たのは、驚いているお兄ちゃんの顔だった。


178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 17:22:26.60 ID:KsXRR7+Z0
・・・


男「……妹っ! 妹っ!?」

妹の体を激しく揺さぶってみる。

反応がない。

うっすらと開いた眼には生気がなく、まるで死人のようだ。

男「保健室っ!」

あれこれ考えている暇はない。

俺は妹を抱え上げると、保健室を目指して走り出した。

男「着いた……っ」

「文化祭中使用禁止」

保健室のドアには、そんな張り紙がある。


181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 17:26:39.21 ID:KsXRR7+Z0
男「うそだろ……」

絶望感が体中に駆け巡った。
力が抜け、その場に膝をつく。

友「うう……ひどい目にあった」

先生「ほら、しっかり歩け」

奥のほうから、見慣れた顔が歩いてくる。

男「あ……先生! 友!」

友「おお、男……ってなんだそりゃ!?」

先生「どうした!? 何があった?」

男「分からないんです!
  急に倒れて……でも保健室が開いてなくて、俺、どうしたらいいか!」

先生「落ち着け。近くの病院に行くぞ。一緒に来い」

友「おっし。オレも協力するぜ」

先生「お前は反省文があるだろう。来るな」

友「そりゃないぜ……」シクシク

体に力が戻った。
俺は先生と協力して妹を担ぐと、病院に向かった。


182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 17:29:39.07 ID:KsXRR7+Z0
・・・


――病院

意識を失った妹には、すぐに医師による診察が行われた。
やがて診察が終わると、俺と先生は診察室に呼びだされた。

先生「それで、妹さんの容態はどうなんですか」

医者「一体……何と申し上げればいいのか」

医者は、苦虫を噛み潰したような表情で口ごもった。

妹は、そんなにも危険な状態なのだろうか。

先生「大丈夫か、男」

男「……俺は大丈夫です」

先生「お願いします。どうか、ありのままを伝えて貰えませんか」

医者「……分かりました」

医者は、意を決したように俺たちに向き直る。


184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 17:32:17.24 ID:KsXRR7+Z0
医者「結論から言いますと、私どもにも、よく分からないのです」

男「分からない?」

医者「ええ……妹さんは全くの健康体なんです。
    ただ、倒れた際に頭を打ったようなので、念のためにレントゲンを撮ったんです」

医者はテーブルに伏せてあった一枚のレントゲン写真を持つと、
こちらです、と呟いてホワイトボードに貼り付けた。

医者「後頭部の部分です。ここを良く見てください」

俺は、医者が指差した部分に目を凝らした。

男「なんだ、これ……」

先生「……!」

医者「そう……あるんですよ。非常に小さい、きっちりと正方形をした、何らかの物体が。
   おそらくこれは、マイクロチップのようなものです」

医者「更に、妹さんの後頭部付近には、切開の後がありました」

男「つまり……」

先生「……」


185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 17:32:48.65 ID:ducGGdUN0
???


186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 17:32:52.90 ID:EWkPnYhg0
ん?


194:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 17:35:04.43 ID:KsXRR7+Z0
医者「ええ。誰かが故意に、これを埋め込んだと見て間違いないと思います」

男「何かの治療ですか?」

医者「いえ、仮に使うとしても、もっともっと小さなものです。
   神経を傷つける恐れがある以上、こんなことは考えられません」

男「そう、ですか……」

先生「……」

話はそれで終わった。

とりあえず命に別状はないとのことで、
俺と先生は病室に運びこまれた妹の横顔を見ながら、途方に暮れていた。

男「とりあえず……親に連絡しないと……先生」

先生「……」

男「先生?」


196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 17:37:56.35 ID:KsXRR7+Z0
返事がない。
どうも妙だ。
さっきから先生の様子がおかしい。

変にそわそわしていて、何か考え事をしている風にも見える。

先生「……」

男「先生」

先生「……」

男「先生!」

先生「わっ!? な、なんだ男?」ビクッ

男「先生……何か心当たりがあるんですか?」

先生「いや、何もない」

先生は目を逸らしながら、否定した。
だが、たとえ心理学の心得がなくてもそれは嘘だと分かる。

男「嘘だ」

俺は立ち上がる。
先生にじりじりと詰め寄る。


199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 17:40:24.52 ID:KsXRR7+Z0
先生「な、なんだ? こら、やめなさい男……ひゃっ」ドッ

床に押し倒した。

両肩を掴んで、正面から目を見つめる。

男「お願いします……!」

先生「……」

男「……」

先生はキッと、俺の眼を睨んだ。負けじと睨み返す。

……しばらくの間があって、先生は負けを認めるように目を逸らした。

先生「……君の決意は分かった。話すよ」ハァ

男「先生!」

先生「ただ……本当に眉唾ものの話だ。参考になるとは思えないがな」

そう言って立ち上がると、先生は語りだした。


202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 17:43:13.62 ID:KsXRR7+Z0
先生「――最近、とある大学で、脳科学の実験が行われた。
   それは猿の脳にマイクロチップを埋め込み、脳波を用いてロボットアームを動かすというものだ」

先生「私は依頼されそのロボットアームを作成し、提供した」

先生「実験は成功……見事、猿はロボットアームを自分の手のように動かした」

俺は、どことなく恐怖を感じた。
それは、人間の踏み込んではいけない領域ではないかと思ったからだ。

先生「そのときのマイクロチップ……あのレントゲンに写っていたものとそっくりなんだ。
   いや、気のせいかもしれないが」

男「……」

先生「すまない。男の気持ちも考えずに、こんなことを……」

男「構わないです。それは、どこの大学ですか」

先生「ほら、近くの――」

男「……!」


205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 17:45:53.06 ID:KsXRR7+Z0
それを聞いた瞬間、考えるより先に体が動いた。

男「先生。妹を頼みます」

先生「……え? 待ちなさい、何処へ……」

先生の制止を無視し、病室を出る。
そのまま、病院の外へ出た。

男「しまった」

近くとは言っても、ここから例の大学までは結構な距離がある。
徒歩で行くのは悠長すぎた。

男「仕方ない。途中でタクシーでも拾って……」

歩き出したときだった。

前から、一台のスクーターが走ってくる。
そして俺の目の前で止まった。

友「よう。取り込み中かい?」


206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 17:46:37.14 ID:sDG5Cxsq0
友かっこよすぎだろwwwwwwww


208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 17:47:31.78 ID:KsXRR7+Z0
男「友……!」

俺は友の後ろに跨る。

友「あんまり暇だったから、反省文放り出して来ちまったよ
  ……っておい! いきなりなんだよ!」

男「○○大学に連れてってくれ」

友「なんだよ……訳アリか?」

男「頼む」

友「…………しっかり掴まってろ」

スクーターが発進する。


212:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 17:49:55.33 ID:KsXRR7+Z0
・・・

――大学前

友「おし、着いたぜ」ブロロロ

男「今すぐ警察を呼んでくれ」

そう言って、スクーターから降りた。

友「け、警察ぅ!?」

男「乗せてくれてありがとな!」ダッ

大学内へと走る。

友「おい! 待てって! ……なんなんだよ?」


217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 17:53:07.65 ID:KsXRR7+Z0
・・・



休日の大学は、思った以上に閑散としていた。
だが、駐輪場に多くの自転車があるのを見ると、人がいないというわけではないのだろう。

この大学には、前に一度見学に来たことがある。
目当ての場所へは、すぐにたどり着けた。

医学部――研究棟。

中に入り、階段を上る。
二階に入ってすぐのところにある部屋の前に立つ。

脳科学研究室……父さんの研究室だった。

深呼吸をする。
息を整えてから、ドアをノックした。

「どうぞ」

声が聞こえた。
ドアを開き、中に入る。


218:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 17:56:10.40 ID:KsXRR7+Z0
男「失礼します」

室内は、何かの機材で埋め尽くされている。

雑然とした状態の中、父さんは奥に座ってキーボードを叩いていた。

父「男……!? お前こんなところでなにしてる?」

男「父さん……」

父「何かあったのか?」

キーボードを叩く手を止め、父さんはこちらに向き直る。

俺は意を決して、その言葉を口にした。

男「――どうして妹を襲ったんだ」

父「……なに? お前、まさか私を疑っているのか」


220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 18:00:19.20 ID:KsXRR7+Z0
男「……その怪我、どうしたんだ?」

昨日は気がつかなかったが、父さんの右の手のひらには、絆創膏が貼られていた。

父「こけて擦りむいたんだ」

男「父さん……昨日、妹を診てもらったときのことを覚えてるか?」

父「ああ……軽いめまいがしただけだろ?
  たいしたことは……」ハッ

男「なんで、めまいがしたって分かったんだ?
  妹は何も言ってない。もちろん俺もだ」

父「……」

男「分かるんだろ? 妹の頭にあるチップで。
  そういうことが」


223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 18:02:36.53 ID:KsXRR7+Z0
父「……おしい。70点といったところだな」

父さんは薄い笑みを浮かべ、こちらを見る。

父「あのチップではそんなことまで分からないよ。
  正解は、頭の中の盗聴器で聞いていたから……だ。
  埋まっているのが一つだけと誰が言った?」

馬鹿にしたような口調で言う。

父「……残念だ。お前は殺すつもりはなかったのにな」

男「父さん……なんでこんなこと」

父「なんで? はっ!」

愚問だ、というように鼻で笑う。


228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 18:05:32.64 ID:KsXRR7+Z0
父「……それはこちらの台詞だな。
  いつもそうだ。誰もが私の研究を否定し、笑う。
  マイクロチップで脳波をコントロールし、人間を思うがままに操る。
  まるでロボットみたいにな」

父「その技術が完成すれば、どうなると思う?
  私は神に一歩近づく。この偉大な研究を理解できないとは、愚かなことだ。
  お前の母さんも、それはそれは頑固だったよ」

男「母さんを……殺したのか!?」

父さんは、俺を無視して話を続ける。


233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 18:08:47.97 ID:KsXRR7+Z0
父「妹はただのモルモットだった。そのために孤児院からわざわざ引き取った。
  だが……アクシデントが起きた。チップが故障して電気信号を受け付けなくなってしまった。
  実験は失敗だ。やがて体に異常をきたし放っておいても死ぬだろうが、危険な証拠は消さなければならない。
  妹は昨日友達とカラオケに行った帰りに、通り魔に襲われ死ぬ。
  そのはずだったのに……邪魔しやがって」

男「……てめえ」

俺は、腹の底から湧き上がる怒りを感じていた。


237:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 18:11:27.46 ID:KsXRR7+Z0
――突き放してしまった。

学校で告白した妹を、兄妹だからという理由で。

どれほどの勇気が必要だったのだろう。臆病な俺には分からない。

だけど、俺なんかを好きになってくれたあいつを……
妹をそんな風に言うのは、我慢ならなかった。

男「違う」

父「……ん?」

男「妹は、モルモットなんかじゃない! 人間だ!!」

目を真っ直ぐ見据え、叫ぶ。

父さんは嫌悪感を露わにした表情を浮かべ立ち上がった。


239:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 18:14:16.61 ID:KsXRR7+Z0
父「さて、話は終わりだ。天国に行く前に真実が知れたんだ。感謝しろよ」

男「な、何言ってる!
  今すぐ外に出て、お前のしたことを言いふらすことだって出来るんだぞ!」

父「男……チップを埋め込んだのが妹だけだと誰が言った?」

男「ッ!?」

父「この携帯端末を見ろ。私がボタンを押すだけで、脳に電気信号が流れてお前は死ぬ」

父さんの右手には、電子辞書のような形の機械があった。

それを見せびらかすように持ち、俺を威嚇する。

男「ちくしょう……ちくしょう!」

父「よく考えるべきだったなあ男。じゃあな」

指がボタン目掛けてゆっくりと動く――。


241:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 18:18:02.64 ID:KsXRR7+Z0
……それは、一瞬だった。

父さんの右手から、端末が消えていた。
驚いて、そこに視線が集中する。

銀色の腕が、それを高々と取り上げていた。
そして甲高い機械音声が聞こえる。

「ピー。セイコウ。セイコウ!」

友「いよっしゃあ!」

背後で友の声が聞こえると同時に、走り出した。

父「くそッ! 返せ! こいつ!」

男「おおおおおおおお!!」

手が端末を取り返す、一瞬前。
父さんの顔面に、渾身の右ストレートを叩き込む。
体が吹き飛び、すごい音を立てながら機材に突っ込んだ。

男「人を機械なんかで支配できると思うなよ、クソ親父……」

遠くから、サイレンの音が聞こえる――。


242:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 18:19:01.22 ID:d9bREBNx0
友かっけええええええええええええええええええええんすよ


243:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 18:19:12.72 ID:s4u3cIpB0
友万能すぎwwww


244:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 18:19:33.04 ID:DkL/MjlO0
スカートめくり君1号…やるな


249:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 18:21:10.88 ID:KsXRR7+Z0
・・・



事件から、三日後。
俺たち兄妹は、マイクロチップの摘出手術を受け、入院していた。

もう体はピンピンしているのだが……どうもあと少し入院しないと駄目らしい。
自動販売機から二つのジュースを取り出し、病室に向かった。

妹「あ、お兄ちゃん!」

病室に戻ると、妹が顔を輝かせて手招きをする。

友「よっ! 安静にしてるか?」

先生「具合はどうだ、男」

お見舞いに来てくれたのだろう、二人に出迎えられる。


251:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 18:24:44.66 ID:KsXRR7+Z0
男「具合も何も、おかげさまで超健康体です」

妹のベッド前にある椅子に座る。

友「ま、そりゃそーか。オレのおかげで無傷だもんな」

男「何回目だよ、その台詞……」

先生「本当に、男。君はなんて無茶をするんだ。
    せめて私に相談してくれれば……」

男「ごめんなさい、先生。一応あんなんでも父親だから……自分でなんとかしたかったんです」

先生「むう……気持ちは分からんでもないが」

妹「あ、あの、お兄ちゃんそんなに危ないことしてたんですか?」

妹がおずおずと口を開いた。
俺が殺される寸前だったことは、知らせていなかった。

友「大丈夫! 心配ねーよ。オレの活躍によって、危険は去ったからな!」

妹「は、はあ……」

友がフォローを入れてくれる。
俺は心の中で、友に感謝の言葉を述べた。


254:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 18:28:12.33 ID:KsXRR7+Z0
男「でも、先生がヒントをくれたおかげで助かりました」

先生「ああ、あのときの君は、強引だったな……」ポッ

唐突に先生の頬が赤く染まった。
そういえばあの時は必死だったせいか、何か失礼なことをしでかしたような気がする。

友「何!? 男てめーまさか先生に×××や×××みたいなことを!」

男「しとらんわアホ! 先生も何か言って下さいよ!」

先生「……」ポッ

なんで何も言わずに頬を染めてるんですか。

妹「……」ジトー…

背中に凄まじい殺気を感じる。
その殺気に友も気付いたようで、冷や汗を流しながら立ち上がった。

友「あ~……ほ、ほら先生、もう行きましょう」

先生「何? 何故だ。まだ来たばっかりだぞ」

友(いいから早く!)

友が引きずるように、先生を連れて行く。
まるで立場が逆だな、と笑ってしまいそうになった。
ドアが閉まって、嘘のような静寂が俺たちを包み込む。


256:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 18:30:34.14 ID:9wvJ6R32O
友空気読みすぎワロタ


257:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 18:31:16.40 ID:KsXRR7+Z0
妹「……あの先生、美人だね」

ムスーっとした表情で、妹が言う。

男「そ、そうか? 別に普通だと思うけど……」

妹「ふ~~~ん……」

妹の視線が痛かった。

男「はぁ……」

何をやってるんだ俺は。
今日は決意していたはずなのに。

三日前……文化祭での告白を思い出す。

あのときは妹が勇気を出した。
今度は、俺が出す番だ。

意を決して口を開く。


258:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 18:32:30.26 ID:KsXRR7+Z0
男「なあ、妹」

妹「なによ」

男「俺、お前が好きだ。女の子として」

妹「……え?」

妹は、一瞬何を言われたのか理解出来ていないようだった。
だがすぐに、顔全体が真っ赤に染まる。


261:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 18:35:12.76 ID:KsXRR7+Z0
妹「う、うそ? だっておにいちゃ……ひゃっ!?」

妹の体を持ち上げて、抱き寄せる。

分からないのなら、何度でも言ってやる。

男「大好きだ。妹」

妹「……っ! ひっく……!」

妹の目から、大粒の涙がこぼれる。

それをそっと拭って、妹の言葉を待った。

妹「兄妹……だよ……?」

男「血は繋がってない。構うもんか」

妹は手で涙を拭うと、笑って言った。

妹「……私も。お兄ちゃんが、大好き」

二人の唇が重なった。

――その心が、重なるように。


             終


268:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 18:37:01.79 ID:KsXRR7+Z0
__
    ̄ ̄ ̄二二ニ=-
'''''""" ̄ ̄
           -=ニニニニ=-


                          /⌒ヽ   _,,-''"
                       _  ,(^ω^ ) ,-''";  ;,
                         / ,_O_,,-''"'; ', :' ;; ;,'
                     (.゙ー'''", ;,; ' ; ;;  ':  ,'
                   _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'  ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'     d⌒) ./| _ノ  __ノ
                                     制作・著作/NHK


269:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 18:37:02.52 ID:kh8QsUruO



270:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 18:37:18.55 ID:AbImvcS20
先生ルートも書いて欲しい


273:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 18:37:58.30 ID:EorPVqVX0
上手い具合に伏線あってあったな。
おもしろかった乙


281:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 18:41:09.54 ID:9wvJ6R32O
なんだNHKか


284:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 18:43:06.21 ID:umxbju000
NHKだったらエロが無いのも仕方ない


289:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/12(土) 18:48:09.22 ID:trdDovYC0

いいssだった





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「兄姉弟妹」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ