Powered By 画RSS


遊矢「遊星さん!柚子が服をズタズタに斬られた!」 遊星「何!?」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/02(月) 23:07:57.38 ID:GY99wFi40
遊星「誰がそんな真似を」

遊矢「俺にもわからないよ・・・」

遊星「それで柚子は」

遊矢「かなり怖がって部屋に閉じこもってるよ・・・服も下着も綺麗に斬られて全裸にされて」

遊星「俺も手を貸す」

遊矢「これは俺の問題だよ遊星さん」

遊星「ならなぜ俺を訪ねに」

遊矢「遊星さんの知り合いに剣の達人が居るって聞いたから対抗して教えてもらおうかなって」

遊星「剣の達人・・・そうか!俺について来い」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/02(月) 23:19:19.92 ID:GY99wFi40
プラシド「何?こいつに剣を」

遊星「ああ」

遊矢「お願いします!」

プラシド「才能がない。帰れ」

遊星「少しだけでいいんだ」

プラシド「剣を舐めるな不動遊星!」

遊矢「教えてくれるまで俺は動かない!」

プラシド「虫ケラが・・・」チャキッ

遊星「遊矢は仇討ちがしたいだから剣を」

プラシド「こんなガキに仇討ちとは笑止な」

遊矢「・・・」

プラシド「仇討ちをすれば2度と元の世界へは戻れん。帰れ」

遊矢「待ってくれよ!」


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/02(月) 23:22:50.47 ID:GY99wFi40
プラシド「ついて来るな」

遊矢「奴らは柚子に酷い目を合わせたんだ!だから!」

プラシド「なら俺を斬ってみろ。これで」

遊矢「き、斬るの?」

プラシド「どうした?斬らぬのなら俺は去るぞ」

遊矢「・・・き、斬るよ」

プラシド「やってみろ」

遊矢「くっ・・・」

プラシド「・・・斬れんのだな」

遊矢「よくわからないけど、これを持った途端に冷や汗が・・・」

プラシド「貴様程度では復讐者にはなれんと言う事だ!俺の前から去れ!」

遊矢「ううっ・・・」


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/02(月) 23:27:34.24 ID:GY99wFi40
プラシド「厄介ごとを俺に押し付けるな」

遊星「そうでもしない限り遊矢は復讐をやめなかった。剣の世界は殺るか殺られるかだからな」

プラシド「相変わらず甘い奴だ」

遊星「しかし俺は許せない!他人を全裸にして喜ぶ愉快犯を!」

プラシド「全裸だと?」

遊星「遊矢の話では辻斬り紛いのデュエリストの仕業だとか」

プラシド「辻斬りか・・・」

遊星「そうだ」

プラシド「この件は俺が奴に行く末を見届けてやる」

遊星「お前が?」

プラシド「だが勘違いするなよ不動遊星!俺はただその辻斬りに興味があるだけだ」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/02(月) 23:31:25.30 ID:GY99wFi40
プラシド「ここが榊遊矢の次元だったな」

フトシ「痺れるゥ~!」ドゴッ

プラシド「貴様!」

アユ「また知らない人に体当たりして!」

タツヤ「ダメだって言ってるだろ!」

プラシド「おい辻斬りを見なかったか」

タツヤ「奇遇だね」

アユ「私達も辻斬りを探してるの!」

プラシド「お前達も?」

アユ「うん!柚子お姉ちゃんの仇だよ!」

タツヤ「兄ちゃんはどうして?」

プラシド「ただ興味が湧いた。そいつの剣技に」


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/02(月) 23:39:52.33 ID:GY99wFi40
アユ「プラシドお兄ちゃんはデュエリストなんだ」

タツヤ「剣ぶら下げてるのに」

フトシ「痺れるゥ~!痺れるゥ~!痺れるゥ~!」

プラシド「榊遊矢が仇を討ちたいという女は奴にとって何なんだ」

タツヤ「うーん・・・彼女みたいなものかな」

アユ「柚子お姉ちゃんは遊矢お兄ちゃんを調教してるのに奥手なんだよね」

タツヤ「お互い照れ屋だから」

プラシド「恋人か」

フトシ「シビッ!」

アユ「タツヤくん」

タツヤ「プラシド兄ちゃん!この近くに辻斬りが居るよ!」

プラシド「フッ、やっとお出ましか」


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/02(月) 23:44:22.69 ID:GY99wFi40
「いい身体をしているな!中々のデュエリストと見た」

修造「くっ」

アユ「塾長が!フトシくん体当たりよ!」

フトシ「痺れるゥ~!」ドゴッ

「な、何だ!?」

タツヤ「逃げて!」

修造「す、すまん!」

タツヤ「フトシ!転がるだ!」

フトシ「シビシビシビシビシビシビシビシビシビシビシビシビ」ゴロゴロゴロゴロゴロゴロ

「おわっ!」

プラシド「待てこいつは俺が殺る」

タツヤ「手強いよそいつ!」

プラシド「俺より優れた剣を扱うデュエリストは居ない」


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/02(月) 23:51:01.40 ID:GY99wFi40
プラシド「先ほどの男然りなぜ服を斬る」

「己の剣技を試すためよ!」

プラシド「たったそれだけの理由か・・・不埒な奴め」

「ならばどうする」

プラシド「剣を持つ者同士が出会えばそこには果し合いしかあるまい」

「なるほど・・・ならばいざ!」

タツヤ「頑張れプラシド兄ちゃん!」

プラシド「俺がお前の身に刻んでやる!」シュッ

アユ「は、速い!」

スパッ

プラシド「・・・12回」

「な、何・・・?」

プラシド「不埒な道理で剣を汚した罰だ・・・恥を知れ!」

「ぐふっ・・・」


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/02(月) 23:56:13.74 ID:GY99wFi40
アユ「ズタズタだよ?死んじゃったの?」

プラシド「命までは取らん」

タツヤ「一瞬にして12回も斬るなんて」

アユ「フトシくん警察まで連行して」

フトシ「痺れるゥ~!」

プラシド「榊遊矢のところへ案内しろ」

タツヤ「遊矢兄ちゃんの?」

プラシド「さっさとしろ」

アユ「うん」

タツヤ「まさか遊矢兄ちゃんを」

プラシド「伝えねばならぬ事がある」


10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/03(火) 00:06:01.27 ID:GTICXWHY0
遊矢「柚子・・・俺何とかして」

プラシド「その必要はない」

遊矢「あ、プラシドさん」

プラシド「奴は俺が斬った」

遊矢「き、斬ったってまさか」

プラシド「クズの命などは取る気にはならん」

遊矢「・・・それで俺に何の用?」

プラシド「恋人を手放すな」

遊矢「え?」

プラシド「死んでしまえば2度と元には戻らん」

遊矢「柚子の事?」

プラシド「話はそれだけだ榊遊矢」

遊矢「・・・うん!」


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/03(火) 00:13:33.48 ID:GTICXWHY0
数日後

遊星「俺を呼び出してどうした」

プラシド「・・・」

遊星「遊矢がお前に礼を言っていた。お前には世話になったと」

プラシド「そんな事はどうでもいい。俺が言いたい事がわかるな」

遊星「いつか俺と決着をつける・・・だな?」

プラシド「ああ」

遊星「俺はいつどんな時でもデュエルを受けて立つ!それがどんなデュエルでも!」

プラシド「それでいい。俺とお前は戦う宿命だ」

遊星「フッ」

プラシド「また会おう不動遊星」

遊星「今度出会う時が決着の時だプラシド」







元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422886077/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「遊戯王」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2015/02/06(金) 00:35:07

    プラシドにも恋人いたからな…


  2. 2015/03/07(土) 01:49:57

    なるほど


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ