Powered By 画RSS


アツコ「母乳が出てきた…」

1 : ◆ELOhNgd7TE 2015/02/08(日) 18:41:19.82 ID:I6jjkozt0
みなみけのSS

ちょいエロ、百合あり

じゃ、始める




4 : ◆ELOhNgd7TE 2015/02/08(日) 18:45:42.81 ID:I6jjkozt0
―朝―

アツコ「ん…、そろそろ起きなきゃ」

アツコ「良い天気、今日も良い一日になるといいな」ベトッ

アツコ「あっ、寝汗かいちゃったのかな、シャワー浴びよう」



アツコ「~♪」パサッ

アツコ「あれ、あんまり身体がベトベトしてない」

アツコ「でも、確かに服は…、ん?」

アツコ「胸の先が何か白くなって…」キュッ

アツコ「ひゃん!?」ビュッ

アツコ「え!? こ、これって…!」


5 : ◆ELOhNgd7TE 2015/02/08(日) 18:50:33.93 ID:I6jjkozt0
―学校、昼休み―

アツコ(どうしよう、たぶんあれって母乳だよね、子どもがいる訳じゃないのに)

アツコ(何とかしたいけど、こんな事誰にも相談できないし…)

マキ「あれ、アツコー。元気ないね、どしたの?」

アツコ「う、ううん、何でもない」サスサス

マキ「胸を撫でている…、もしや、また大きくなったのかこのお化けおっぱいは~!」モミモミ

アツコ「んぁうん!?」ビクビク

マキ「えっ」

ハルカ「えっ」

クラスメイト(えっ)


7 : ◆ELOhNgd7TE 2015/02/08(日) 18:56:01.21 ID:I6jjkozt0
マキ「ご、ごめん、まさかそんなに敏感になってるとは…//」

アツコ「気にしないで…、悪いのは私だから//」

ハルカ(あれ、男子生徒の姿が…)

ハルカ「まあ、とにかく、あんまり思いつめちゃダメよ?」

ハルカ「何かあったら、遠慮なく相談してきてね。私たち、友だちなんだから」

アツコ「ハルカ…// うん、ありがと」


8 : ◆ELOhNgd7TE 2015/02/08(日) 18:58:14.50 ID:I6jjkozt0
アツコ(あ、また出て来て…)ジュン

アツコ「ごめん、ちょっとトイレ…」

マキ「うん」

ハルカ「…アツコ、大丈夫かな?」

マキ「さあ? でも、大分顔は赤かったよね」

ハルカ「それはマキのせいじゃないかな…」

マキ「ああ、うん…」


9 : ◆ELOhNgd7TE 2015/02/08(日) 19:01:58.07 ID:I6jjkozt0
―トイレ―

アツコ「ん、はあ…//」ビュッ

アツコ「やっぱり、絆創膏で抑えてる位じゃダメか…。保健室行って、ガーゼでも貰おう」

アツコ「早く止まってくれないかな、このままじゃブラジャーもつけられないし」

アツコ「それでまたさっきみたいに揉まれたら、つけてないのわかっちゃうかもしれないし」

アツコ「そうしたら…」ブルルッ

アツコ「い、嫌な想像は止めよう、うん」


10 : ◆ELOhNgd7TE 2015/02/08(日) 19:20:34.13 ID:I6jjkozt0
―みなみけ―

アツコ(結局ここに来てしまった…)

ハルカ「ゆっくりして行ってね、はい、お茶」

アツコ「ありがとう、ハルカ」

カナ「それでー? 何か相談があるんだよね?」

アツコ「う、うん…」

ハルカ「まあまあ、それは後でもいいじゃない。心の準備が出来てから話してくれればいいから」

カナ「でも、それじゃあいつまでたっても話に入れないんじゃない?」

ハルカ「こら、カナ…!」

アツコ「…カナちゃんの言う通りかもね。ハルカ、聞いてくれる?」

ハルカ「うん、いいわよ」


11 : ◆ELOhNgd7TE 2015/02/08(日) 19:23:08.20 ID:I6jjkozt0
アツコ「実は、その…」モジモジ

ハルカ「…」

カナ「…」

アツコ「ぼ、母乳が出てくるようになっちゃって//」

ハルカ「え…?」

カナ「母乳!?」

チアキ「母乳だと?」

トウマ「母乳だって!?」

ハルカ「あらトウマ、いらっしゃい」

トウマ「おう」

アツコ「え、ト、トウマくん!?」アセアセ


13 : ◆ELOhNgd7TE 2015/02/08(日) 20:56:21.73 ID:I6jjkozt0
トウマ「なあアツコ、母乳が出たって」

アツコ「あ、いや、その…//」

ハルカ「アツコ、トウマは女の子だから大丈夫よ?」

アツコ「で、でも…」

トウマ「…オレ、変な時に来ちゃったかな?」ショボン

アツコ「! ううん、そんな事無いよ! ごめんね」

トウマ「本当か!? アツコ~♪」ダキッ

アツコ「きゃん!」


14 : ◆ELOhNgd7TE 2015/02/08(日) 20:58:02.52 ID:I6jjkozt0
アツコ「あ、また…」

ハルカ「出てきちゃったの?」

アツコ「」コクッ

チアキ「だが、それって本当に母乳なのか?」

カナ「飲んでみればわかるんじゃない?」

アツコ「えっ…//」

ハルカ「ちょっと、カナ//」


15 : ◆ELOhNgd7TE 2015/02/08(日) 20:59:58.68 ID:I6jjkozt0
カナ「だって、このままグダグダやってたってしょうがないじゃん」

カナ「今は少しでも多くの情報を得るべきなんじゃない?」

ハルカ「むむっ、カナにしては珍しくまともな意見…」

カナ「私にしてはって言うのは余計だけど…。そういう訳で、ハルカ」ビシッ

ハルカ「私ぃ!?」

カナ「だってアツコの友だちだし、適役だろ?」

ハルカ「でも…」


16 : ◆ELOhNgd7TE 2015/02/08(日) 21:01:37.11 ID:I6jjkozt0
カナ「アツコちゃんだって、吸われるならハルカがいいだろ?」

アツコ「え、それは、まあ…//」

ハルカ「アツコ…//」

カナ「さ、行きなさい、ハルカ」

ハルカ「…わ、わかったわ。それじゃあ吸うわよ、アツコ」

アツコ「うん//」


17 : ◆ELOhNgd7TE 2015/02/08(日) 21:12:48.01 ID:I6jjkozt0
ハルカ「」チューッ

アツコ「~っ!!」ビクビク ビクッ

ハルカ「…」

カナ「ど、どうだ…?」

ハルカ「甘い…、間違いなく母乳のようね」

カナ「ほんとか!? それじゃあ私も」

アツコ「ま、待って! 今私、敏感に…!」

カナ「」チューッ

アツコ「ああああぁんっ!!」プシャーッ


18 : ◆ELOhNgd7TE 2015/02/08(日) 21:15:17.29 ID:I6jjkozt0
チアキ「え、下からも母乳が?」

ハルカ「ち、違うわ! これは、その…//」

カナ「何だこれ? 匂いも味もしないけど」ペロッ

アツコ「な、舐めちゃらめえ…//」ハアハア

ハルカ「とにかく、正体がわかった以上、もう吸うのはやめ! いいわね?」

カナ「え~っ…」

ハルカ「えーじゃない!」

カナ「はーい」


19 : ◆ELOhNgd7TE 2015/02/08(日) 21:18:34.14 ID:I6jjkozt0
アツコ「ううっ、もうお嫁に行けない…」ガクッ

トウマ「…」

ハルカ「とにかく、お風呂入って来た方がいいわ。服は私のを貸してあげるから」

アツコ「うん、ありがとう」トボトボ

カナ「…もしかして、やり過ぎた?」

ハルカ「そうね、カナも私も。一刻も早く解決してくれるといいんだけど」

チアキ「しかし、母乳を止める為には何をすればいいんでしょうか?」

ハルカ「そうねー…。こんな事当然初めてだし、何か良いアイディアはないかしら?」

トウマ「…よし」スクッ

カナ「トウマ、どこ行くの?」

トウマ「ちょっとな」


21 : ◆ELOhNgd7TE 2015/02/08(日) 21:23:29.00 ID:I6jjkozt0
―風呂―

アツコ「ううっ、まだ出てくる…」ピュッ

アツコ「いくら洗っても、絞っても、全然止まらない」

アツコ「どうしよう、ずっとこのままだったら…」

アツコ~、ちょっといいか~?

アツコ「え、トウマくん?」

話したい事があるんだ、一緒に風呂に入れてくれよ

アツコ「い、いいけど…」

入るぞ~

ガラッ


22 : ◆ELOhNgd7TE 2015/02/08(日) 21:26:11.60 ID:I6jjkozt0
トウマ「…」ゼンラ

アツコ「…トウマくん、本当に女の子だったんだね」ジーッ

トウマ「あ、あんまりじろじろ見ないでくれよ…//」

アツコ「ご、ごめんね」フイッ

トウマ「…それで、さっきの話なんだけどさ」

トウマ「母乳が出るってのは大変な事だと思うけど、あんまり考えすぎるのも良くないと思うぜ」

トウマ「出ようと出まいと、アツコが良い女だってのには変わりないんだからさ//」

アツコ「トウマくん…!」ジーン


23 : ◆ELOhNgd7TE 2015/02/08(日) 21:28:38.00 ID:I6jjkozt0
トウマ「で、オレなりに考えたんだけど、母乳って赤ちゃんにあげる物だろ?」

トウマ「だから、枯れるまで吸い尽くせば、自然に止まると思うんだ」

アツコ「…」

トウマ「なんて、ダメだよな。ハルカやカナでダメだったんだし、オレじゃー」

アツコ「い、いいよ…?」

トウマ「え?」

アツコ「ちょっと恥ずかしいけど…。私のおっぱい、トウマくんになら//」


24 : ◆ELOhNgd7TE 2015/02/08(日) 21:30:03.49 ID:I6jjkozt0
トウマ「ほんとか?」

アツコ「//」コクッ

トウマ「じゃあ…、吸うぞ?」

アツコ「うん、おいで?」

トウマ「」ゴクッ

トウマ「」チューッ

アツコ「はっ…! んっ、ふうっ…//」

トウマ「苦しくなったら言ってくれよ?」

アツコ「う、うん」


25 : ◆ELOhNgd7TE 2015/02/08(日) 21:32:27.47 ID:I6jjkozt0
トウマ「」チューッ チューッ

アツコ「あっ、はっ、ううんっ!」

トウマ(搾ればもっと早く終わるかな…)ギュッ

アツコ「ふぁあああんっ!? おっぱい握っちゃらめえっ!」

トウマ「ご、ごめん!」パッ

アツコ「//」ハアハア

アツコ「ごめんね、もう大丈夫だから…。続けて?」

トウマ「お、おう」


26 : ◆ELOhNgd7TE 2015/02/08(日) 21:34:44.20 ID:I6jjkozt0
トウマ「」チューッ チューッ チューッ

アツコ「あっ、はっ、あんっ、ひうっ♪」

トウマ「なあアツコ…、気持ち良いのか?」

アツコ「うん、とっても…//」

トウマ「そうか…」

トウマ(と言う事は、気持ち良いと女はお漏らしするのか。オレも気をつけないと)


27 : ◆ELOhNgd7TE 2015/02/08(日) 21:37:39.03 ID:I6jjkozt0
アツコ「」ハアハア

アツコ「ねえ、トウマくん、先っぽ強くつまんでくれない?」

トウマ「え? でも…」

アツコ「お願い、むずむずして我慢できないの…//」

トウマ(何だろう、アツコがすげーエロく見える…)ゴクッ

アツコ「もう少しでイケそうだから、お願いぃ…//」

トウマ「行くってどこへだ? まあいいや、それじゃあつまむぞ」コリコリッ

アツコ「んんんっ!? イックうううううっ!?」ブシャー


28 : ◆ELOhNgd7TE 2015/02/08(日) 21:42:01.14 ID:I6jjkozt0
トウマ「うわっ!?」ビチャビチャ

アツコ「…」ボーッ

トウマ「何かすげえな、胸とか下から出た奴でびっちゃびちゃだ」ペロッ

トウマ(あ、下から出た奴は甘くも何ともねえや)

トウマ「アツコ、どうだ? 母乳が止まった感じがするか?」

アツコ「…わからない、でも…」

トウマ「?」

アツコ「止まるまで続ければ、間違いなく大丈夫だと思うの」

アツコ「けど、ここからはお風呂じゃなくて、ベッドの上でして欲しいな?」ウワメヅカイ

トウマ「お、おう」ゴクッ

―暗転―


29 : ◆ELOhNgd7TE 2015/02/08(日) 21:43:38.29 ID:I6jjkozt0
トウマ「くう、くう…」

アツコ「寝ちゃった…。トウマくんの寝顔、可愛い//」ツンツン

トウマ「ううん、アツコぉ~」

アツコ「夢でも私と一緒にいるんだ、どんな夢を見てるんだろ?」

アツコ「良い夢だといいな、私も…」

アツコ「明日は母乳が止まっていますように。お休みなさい、トウマくん」


30 : ◆ELOhNgd7TE 2015/02/08(日) 21:46:19.70 ID:I6jjkozt0
―翌日―

アツコ「うう~ん!」ノビッ

アツコ「良い朝…、でも、こっちは…」ギュッ

アツコ「いたっ…、あれ?」ギュッ ギュッ

アツコ「止まった…、母乳が止まったよ、トウマくん!」

トウマ「くう、くう…」

アツコ「あ、まだ寝てたんだ。起こしちゃ悪いよね」コソッ

アツコ「どうもありがとうね、トウマくん」チュッ


31 : ◆ELOhNgd7TE 2015/02/08(日) 21:48:37.80 ID:I6jjkozt0
―ハルカの部屋―

アツコ「ハルカ! 母乳止まったよ!」

ハルカ「ア、アツコ…。良かったわね…」

アツコ「うん! でも、ハルカはどうしたの? 上半身裸になったりして」

ハルカ「えっと…」

アツコ「ま、まさか…」

ハルカ「」ピュッ

―END―


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1423388479/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「みなみけ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ