Powered By 画RSS


ほむら「ほむらーマートへようこそ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/19(土) 23:12:24.02 ID:6Smp7es80
さやか「んー、やっと放課後だぁ……」

まどか「ウェヒヒ、お疲れ様さやかちゃん」

さやか「本当だよー。たく、早乙女先生寝ていたくらいで当てやがってもう疲れたぁ……」

仁美「それは自業自得というのですのよ、さやかさん……」

上条「全くさやかは馬鹿だなぁ」

さやか「なんだとー!二人して大事なさやかちゃんをバカにして!ちくしょーもう付き合っちまえよお前ら!」

仁・上「「付き合ってる(ですわ)よ?」」

さやか「え?」




4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/19(土) 23:17:14.73 ID:6Smp7es80
まどか「帰っちゃったね……」

さやか「……うん」

まどか「……それじゃぁ、わたしたちもいこっか」

さやか「……うん」

まどか「ほむらちゃーん」

ほむら「……?何か用かしら、鹿目まどか?」

まどか「一緒に帰ろう!」

ほむら「ごめんなさい。私はバイトがあるから失礼するわ」

まどか「え、バイト?」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/19(土) 23:17:36.91 ID:6Smp7es80
ほむら「えぇ。それじゃぁ」

まどか「バイト……?わたしたちバイトなんて出来る歳じゃないのにバイト……?」

さやか「これは裏がありますな」

まどか「うわっ!?さやかちゃん、もう良いの?」

さやか「え、何が?」

まどか「いやさっきの事の……」

さやか「転校生がバイトって言って帰ったね。うん、面白そうじゃない!尾行するよ、まどか!」

まどか「そ、そっちじゃなくてね?」グイッ

さやか「さっさとレッツゴー!じゃないとあたし、どうにかなっちゃうよ?」

まどか「はい」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/19(土) 23:27:54.08 ID:6Smp7es80
さやか「今のところ星に怪しい動きはないが、注意を怠るなよ、リボン刑事」

まどか「誰がリボン刑事なの短髪刑事……」

さやか「短髪刑事言うな」

まどか「じゃぁNT」

さやか「やめろ」

さやか「やめて」

さやか「ピンドメ刑事が良い」

まどか「……ピンドメ刑事」

さやか「はい」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/19(土) 23:28:27.87 ID:6Smp7es80
まどか「……で、なんなの?」

さやか「あぁそうだ……あぁいうのに限ってついやっちまうんだよ……優等生ってのは
これだから怖いねぇ……小岩井だよ……」

まどか「え?」

さやか「しっ!……星がおばちゃんに道端で話しかけられた、ん?なんだと!?星の野郎が笑ってやがる……!?
学校でもめったに笑わないのにどうして……!?」

まどか「ちょっ、え!?ほむらちゃんが、ほむらちゃんが笑顔ってえ!?えぇ!?」

さやか「ちょっと静かにしなさいよまどか、気づかれるでしょうが!」

まどか「ご、ごめん……」

さやか「……え?なんでマジであいつおばちゃんと笑いあったの?あれ?」

まどか「わたしだって解んないよ……近所の人とかじゃない?」

さやか「転校生の家ってこの近くなの?」

まどか「知らないよ……」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/19(土) 23:32:15.37 ID:6Smp7es80
さやか「まぁ良い……引き続き尾行を続ける。カーディガン!」

まどか「……あ、今度はお婆ちゃんと……本当だ、すんごい笑顔だほむらちゃん……」

さやか「……あ、もしかして今のわかりづらかった?いやオーバーとカーディガンを掛けたんだけどさ?
解らなかったら意味わかんないとか言ってもらいたいです」

まどか「ほむらちゃんって案外社交的なんだね……プライベートだと学校とは、やっぱり違うのかなぁ……」

さやか「無視は良くない」

まどか「さやかちゃんうるさい」

さやか「うるさくないよ」

まどか「うるさいって」

さやか「うるさくないって」

まどか「うるさいよ!」

さやか「うるさくないよ!」

マミ「あら二人ともこんなところで会うなんて奇遇ね」

ま・さ「「うるさい!!」」

マミ「……」ブワッ

ま・さ「「あ」」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/19(土) 23:33:57.07 ID:SU+2TOZl0
マミさん(´・ω・` )


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/19(土) 23:35:07.44 ID:6Smp7es80
マミ「うるさくしてないのに……」グスグス

まどか「ごめんねマミさん」

さやか「許してちょんまげ」

マミ「普通に話しかけただけなのに……」グスグス

まどか「ごめんねマミさん」

さやか「許してちょんまげ」

マミ「怒られるようなことしてないのに!」

ま・さ「「うるさい!!」」

マミ「……ごめんなさい」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/19(土) 23:38:44.54 ID:6Smp7es80
まどか「あんまりうるさいとそのドリル切るよ?」

マミ「ごめんなさいやめてください」

さやか「あんまりうるさいとそのドリルちょんまげにするよ?」

マミ「すみません本当に許してください」

さやか「あたし今ちょんまげかつら持ってるんだけど」

マミ「わたしが悪かったですから勘弁してください」

まどか「用意いいね」

さやか「でしょ?」

まどか「恋の布石は打てずに流されたのにね」

さやか「あーあー何も聞こえねー!うわちょんまげってすげー便利ー!だっふんだ!」

マミ「何があったの?」

まどか「実はですね」

さやか「やめろ」

さやか「やめてください」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/19(土) 23:44:10.36 ID:6Smp7es80
さやか「転校生を尾行しているんですただそれだけなんです」

マミ「暁美さんを?どうして?

まどか「だけどさやかちゃんは違います」

マミ「え?美樹さん、どうしたの?」

さやか「違います。あ、いや、ちがくないんです」

マミ「え?え??」

まどか「さやかちゃん」

さやか「黙れ」

まどか「さやかちゃん」

さやか「うるさい。黙れ」

まどか「あ、上条君と仁美ちゃんだ」

さやか「そういうのやめて」

マミ「本当だわ。あら、二人っきりで、まるで恋人同士のようね」

さやか「え、何マジでうああああああああああああああ」

さやか「あああああああああああああああああああああああああ!!」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/19(土) 23:45:00.83 ID:rfcxTOQs0
ほむらよりもさやかの精神状態のほうが心配だわ


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/19(土) 23:50:04.45 ID:6Smp7es80
ちょんまげ「転校生を尾行してるでござる。こらからバイトみたいでござる」

まどか「さやかちゃ」

ちょんまげ「拙者ちょんまげでござる。美樹さやかちゃんなんて知らないでござる」

まどか「あなたはさやかちゃんだよ」

ちょんまげ「そんな美少女知らないでござる。是非とも会ってみたいものでござる」

マミ「今度ケーキバイキングに行きましょう美樹さ――ちょんまげさん。ね?」

まどか「甘やかしちゃダメですよマミさん。こういうのはちゃんと向き合わせないと」

マミ「でも……何かを失ったって事に向き合うのって本当に辛いのよ?大事だったなら尚更ね。
自覚しても、喪失感に苛まれて、何もできなかった自分の無力を呵責するだけ……だから」

ちょんまげ「あたしが悪かったよやめてマミさんお願いだからやめて。ごめんね。古傷えぐって本当にごめんなさい」

まどか「さやかちゃん。土下座ってね、こうやるんだよちゃんと解ってんの?」ゲザァ

ちょんまげ「ごめんねマミさん」ガザァ

マミ「え?あ、あれ?」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/19(土) 23:56:01.93 ID:6Smp7es80
マミ「二人とも、頭を上げて?ね?」

まどか「むしろわたしの首をマミさんにあげるよ」

ちょんまげ「打首でござる」

マミ「そんな事しなくていいから……あの、わたしのこと心配してくれているんだったら、
本当大丈夫だから。もう大丈夫なの。だからね、そうやって気を使われる方が困るわ」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/19(土) 23:56:23.53 ID:6Smp7es80
まどか「マミさんをよくも困らせたねさやかちゃん。これは腹切りだよ、腹切り。介錯は任せたよ」

ちょんまげ「武士道とは死ぬことと見つけたり……」

マミ「本当に良いから。もうやめて、この話はなかったことにしましょう。ね?」

まどか「マミさん……」

ちょんまげ「でもそれじゃぁあたしらの腹の虫が治まらないよ……」グゥゥ

まどか「最低だよさやかちゃん」

ちょんまげ「今のは本当にごめん。ごめんねマミさん」

さやか「ちょんまげあげるから許して」

ちょんまげ「……え?」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 00:04:43.87 ID:C+ImDXMt0
まどか「それよりほむらちゃんだよ」

さやか「あ、忘れてた……」グゥゥ

まどか「いい加減にしてよさやかちゃん」

さやか「ごめん。本当にごめんなさい」グゥゥ

ちょんまげ「あの……美樹さん、これ……」

まどか「ちょんまげさん、ほむらちゃん見失っちゃったどうしよう?」

ちょんまげ「え?ちょんまげって、え?もしかしてわたし?」

さやか「落ち着いてちょんまげさん。あと語尾変だよ」

ちょんまげ「え?え……すまぬ、でござるぅ……?」

さやか「いい感じだね。で、転校生何処いったんだろ」グゥゥ

まどか「本当いい加減にして」

さやか「ごめん」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 00:05:32.70 ID:C+ImDXMt0
ちょんまげ「……と、とりあえず……まずは美樹さ、殿の腹虫を成敗するのはどうでご、ござるか?
拙者の家に化絵生と紅茶があるでござるから召し上がるでござる?」

さやか「お、良いんですかちょんまげさん?」

ちょんまげ「さ、左様」

まどか「ほむらちゃんどうするの?」

さやか「明日でいいじゃん。見失っちゃったんだしさ」

まどか「……」

さやか「そんな顔するなよ。あんただってケーキ食いたいでしょ?」

まどか「でも……」

さやか「じゃぁあんたの分はあたしがもらうね」

まどか「行きます」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 00:07:29.82 ID:C+ImDXMt0
まどか「ほむらちゃんのバイトってなんだろうね」

さやか「そこらへんのくたびれたおっさんをパパって呼ぶ簡単なバイトでしょ」

まどか「殴るよ」

さやか「もう殴ったじゃない」

まどか「ほむらちゃんがそんなことすると思うの?」

さやか「絶対しないって言い切れるの?」

まどか「……さやか「さやかちゃんマジ美少女!」

まどか「うん」

さやか「だよね?」

まどか「蹴るよ?」

さやか「もう蹴ったじゃない」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 00:11:08.45 ID:C+ImDXMt0
まどか「ほむらちゃんはそんな子じゃないよ」

さやか「いや、だからああいうのに限って」

まどか「幼馴染を寝取られた訳でもあるまいし」

さやか「?転校生に幼馴染とかいたっけ?」

まどか「上条恭介」

さやか「誰?」

まどか「志筑仁美」

さやか「友達だね」

まどか「上条恭介」

さやか「誰だっけ」

さやか「バイオリンてなに?美味しいの?」

まどか「……これは」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 00:17:18.81 ID:C+ImDXMt0
まどか「さやかちゃん。しっかりして」

さやか「クラシック?あぁ、クラッカーを割らずには居られない人の事ね」

まどか「しっかりして」

さやか「安倍マリアって変な名前(笑)」

まどか「起きて」

さやか「上条恭介ってなんだっけバイオリンて食べれるのクラッシクってクラッカーを割たがる人だよね
上条恭介ってなんだっけバイオリンてクラッカーを食べれるのなんだっけ上条恭介を割たがるバイオリンクラッカー
ってなんだっけ上条恭介って食べれるのなんだっけバイオリンって割たがる人なんだっけ食べれるの
上条恭介食べれるの」

さやか「あああああああああああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああああああああああああああ」

さやか「」バタンッ

まどか「……えぇー?」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 00:22:17.47 ID:C+ImDXMt0
ほむら「いらっしゃいませ」

まどか「あ、ほむらちゃん。あれ、どうして此処に?」

ほむら「私此処でバイトしているの。ほむらーマートで」

まどか「へぇ」

ほむら「それで、何をご所望なの、鹿目まどか」

まどか「あ、うん。上条恭介って売ってないかなって。どこにもないからさ、どうしよっか」

ほむら「上条恭介……美樹さやかの幼馴染の天才バイオリニストだったわね。ちょっとまってて」

まどか「え、あるの?」

ほむら「えぇ。確か十二週目のさやかに惚れていた上条恭介が楯の中にー……」ガサガサ

恭介「さやかああああああああああああああ!!」

まどか「本当だ。いくらなの?」

ほむら「二百十円よ」

まどか「高いね……二百円で買ったよ!」

ほむら「二百十円よ」

まどか「ちぇっ」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 00:27:53.67 ID:C+ImDXMt0
まどか「さやかちゃん」

恭介「さやかああああああっあっあっあぁ!?え、さやか?さやかなのかい、さやか、君なのか!?」

さやか「うぅ……DOKIDOKIな夏希望……」

恭介「この厚かましさ――さやか、さやかぁ!!」

さやか「この声――恭介!?」ガバッ

恭介「さやかあああああああああああああ!!」

さやか「恭介ええええええええええええええええ!!」

まどか「さやかちゃん、これ領収書ね」

さやか「うおおおおおおおおおおおお!!」チャリンッ

まどか「こらっ!一枚五十円玉じゃないっ!ごまかしなんて許さないよ!」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 00:30:48.69 ID:C+ImDXMt0
ちょんまげ「美樹さ――美樹殿、良かったでござるなぁ……」

まどか「本当ですね……」モグモグ

ちょんまげ「しかし……如何様彼を手に入れたでござる?」

まどか「ほむらーマートに売ってたの」モグモグ

ちょんまげ「え?ほむらーマート?」

まどか「うん。ほむらーマート。あ、ほむらちゃんそこでバイトしていましたよ。
良かったねぇ」

ちょんまげ「あ、うん……良かった、え?何が?」

まどか「良かったねぇ」ゴクンッ


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 00:34:27.49 ID:C+ImDXMt0
ほむら「いらっしゃいませ」

まどか「こんばんわ、ほむらちゃん」

ちょんまげ「本当だ……で、ござる」

ほむら「あら、鹿目まどか。それと……巴」

まどか「ちょんまげさんだよ。ほむらちゃん」

ちょんまげ「せ、拙者ちょんまげと申す、で、ござる……以後お見知りおきを」

ほむら「面倒くさいわ、巴マミ」

ちょんまげ「と、巴マミなど拙者知ら」

ほむら「面倒くさい」

ちょんまげ「……良いもん、だったら」

マミ「バイトしている子に付けてやるもん」

ちょんまげ「おい」


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 00:39:46.06 ID:C+ImDXMt0
ちょんまげ「嫌がらせか?」

マミ「似合ってるわよ?」

まどか「可愛いよ、ちょんまげちゃん」

ちょんまげ「あんたらそれでも人間か?」

ほむら「佐倉杏子」

ちょんまげ「オーナー、あんたからもこいつらに何か言ってやって」

ほむら「貴方にクレームが入っていたわ。対面すると不快そうな顔をされるとね。
だからしばらくはそれを付けて接客しなさい。イメージアップに繋がるわよ」

ちょんまげ「ざけんな」

ほむほむ2「ほむほむ!」

ほむほむ2「ほむー!」

ちょんまげ「やめろ、嬉しくないから。止めて、そんな恥ずかしい事言わないで」

まどか「ほむらちゃん」

ほむら「何かしら、鹿目まどか」

まどか「なにこれ」

ほむら「うちのスタッフよ」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 00:42:38.10 ID:C+ImDXMt0
ほむほむ3「ほむぅ……」

ちょんまげ「やめて。じっとみないで。お願いやめて」

まどか「いやだからなんなのこれ」

ほむら「だからうちのスッタフよ」

まどか「そういう意味じゃないよ」

ほむら「では、どういう意味かしら?鹿目まどか」

まどか「なんか二頭身のほむらちゃんみたいながほむほむ言ってるけど、なんなのこれ」

ほむら「だからうちの」

まどか「それはもういいって」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 00:47:10.49 ID:C+ImDXMt0
マミ「可愛いわね。えいっ!」ダキッ

ほむほむ2「ほむー!?」バタバタ

マミ「あはは、何この子すっごく可愛いー!」スリスリ

ほむほむ2「ほむー!!」

ほむら「巴マミ。ほむほむは仕事中なの、邪魔しないであげて」

マミ「あ、ごめんなさい……つい……」

ほむほむ2「ほむぅ。ほむほむ」

マミ「あ、もしかして……許してくれるの?」

ほむほむ2「ほむっ」

マミ「うっ……うぅぅぅぅぅ何この子可愛いいいいいいい!!」ダキッ

ほむほむ2「ほむー!!」

まどか「本当なんなの」

ほむら「だからうちの」

まどか「こんなの絶対おかしいよ」


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 00:53:40.51 ID:C+ImDXMt0
まどか「まるで意味がわからないよ」ピンポーン

ほむら「あ、いらっしゃいませー」ニコッ

まどか「その笑顔、守りたい」

QB「やぁ、暁美ほむら」

ほむら「……インキュベータ」

まどか「QB……?」

QB「まどか、奇遇だね。でもあいにく僕は君と遊んでいる暇はないんだ」

まどか「わたしも」

QB「え、あ、そ、そうかい……暁美ほむら」

ほむら「届いているわ」

QB「君には本当に感謝しているよ」

まどか「QBがほむらちゃんに……どうして……」

ほむら「こちら、ご予約の商品です」

QB「君にはほんっとうに感謝しているよ!」


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 00:57:20.79 ID:C+ImDXMt0
まどか「なんなのそれ」

QB「君には関係のないものさ」

まどか「ほむらちゃん、なぁにそれ」

ほむら「申し訳ありません。お客様のプライバシーに関わることなので私からはなんとも……」

まどか「そっか。なら仕方ないね」

QB「はい、二千円ね。ちょっと細かくなるけどいいかい?」

ほむら「はい……じゃぁ丁度お預かりします……レシートは?」

QB「いらないよ」

ほむら「こちら商品です」

まどか「ありがとう」ガシッ

QB「え?」

まどか「ありがとう」ダッ


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 01:02:04.48 ID:T/L4hXIz0
恭介が二百十円(税込み)なのに、二千円…どんだけ高い買い物したんだ


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 01:04:24.53 ID:C+ImDXMt0
QB「泥棒うううううううううううううううううう!!」

ほむら「あーあ……」

QB「何をやっているんだ暁美ほむら!君の責任じゃないか、なぜそこで突っ立っているんだ、早く追いかけろ!」

ほむら「落ち着きなさい、インキュベータ」

QB「警察に……ほむら、早く警察を呼ぶんだ!」

ほむら「警察を呼んで、どうするの?」

QB「まどかを捕まえるんだ!」

ほむら「どうして?」

QB「決まっているじゃないか!彼女は僕の買った商品を盗んだのだから!」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 01:05:04.26 ID:C+ImDXMt0
ほむら「どう証明するの?」

QB「監視カメラにばっちり映っているだろう!?」

ほむら「誰が?」

QB「僕に代わって物を受け取るまどかだよ!さぁ早く!」

ほむら「被害者なの?」

QB「あぁそうだよ!僕は被害者さ!お金を払った僕の姿もカメラがばっちり捉えていただろう!?」

ほむら「ねぇ、インキュベータ」

QB「だから君はさっきからなんなんだよ暁美ほむら!君はそうか、まどかとぐるだったんだね!これは問題だよ、
警察に言いつけてやる!」

ほむら「貴方、どうやって警察と話すの?感知されないのに」

QB「……あ」


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 01:11:38.78 ID:C+ImDXMt0
QB「こんなのってないよ……あんまりだよ……」

ピンポーン

ほむら「いらっしゃいませー」ニコッ

まどか「QB」

QB「!?まどか!君、よくもあんなことしておいておめおめと僕の前に姿をあらわせたものだね!」ゲシッ

まどか「QB」

QB「な……なんのマネだい鹿目まどか!罪に罪を重ねるとは君たち人間は本当に愚かだよ!自責の念というものがないのかい!?」ゲシゲシッ

まどか「QB」

QB「だからなんだというんだ鹿目まどか!いい加減僕だった怒るぞ!」

まどか「QB。なにこれ」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 01:12:57.43 ID:C+ImDXMt0
QB「なにこれだと――僕の『鹿目まどか抱き枕カバー(十八禁)VOL.98』を引っ提げてなにこれ扱いとはどういう了見だい鹿目まどか!
僕だってやるときはやるんだからな!」

まどか「ほむらちゃん」

ほむら「はい」

まどか「これを駆除するのに一番効果的な物って売ってるかな?」

ほむら「そうですね……≪救済の魔女≫とかどうでしょうか?」

まどか「いくらなの?」

ほむら「二十兆円です」

まどか「高いね」

ほむら「此処で働くのなら社員割も利くけれど」

まどか「お願いします」


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 01:31:43.76 ID:C+ImDXMt0
ピンポーン

ほむら「いらっしゃいませー」ニコッ

まどか「いらっしゃいませー!」ニコッ

ちょんまげ「しゃーせー」

ほむほむ1「ほむほむほむ!」

ほむほむ2「ほむむ!」

ちょんまげ「あーもーはいはいー次はちゃんとやるからー」

まどか「ちょんまげちゃん、そればっかりだね」

ちょんまげ「てめー先輩に向かってちゃんその態度は」

ほむほむ1「ほむほむー」

ほむほむ3「ほむっ」

ちょんまげ「え……ちょっ、あ、あたしがこのちんちくりんよりも役立たずっていうのかよ……
それはあんまりじゃない……?」


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 01:32:16.51 ID:C+ImDXMt0
ほむら「そうでもないわ。まどかを雇ってから目に見えて客足が伸びたし、何より生来の生真面目もあって
掃除などの雑務に手抜かりがない。お客様から黄色い声が鳴り止まないばかりよ。それに、貴方に不快にさせられた
お客様のアフターケアも自然とこなしている。正直どちらが先輩後輩かわからないわ」

まどか「ウェヒヒ……残念だったね、ちょんまげちゃん」

ちょんまげ「ちょっ、えっ、ちくしょー!んだよそれ納得行くか!分かったよ、やってやるよ!
やりゃぁいいんだろくそったれー!」

ほむほむ1「ほむほむ!」

ほむほむ2「ほむー!」

ほむほむ3「ほむほむほむ……」

ピンポーン

ちょんまげ「おっ、早速来たな!しゃーせー!今日もいい天気ですねー!」


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 01:34:00.14 ID:C+ImDXMt0
ほむら「大丈夫なのかしら……あれ」

まどか「ダメなんじゃないかな、ウェヒヒ」

ほむら「正直先行きが不安だわ……」

まどか「ウェヒヒ……ねぇ、ほむらちゃん」

ほむら「何かしら、まどか?」

まどか「わたしの借金って、あといくらくらいかな?」

ほむら「999996234円よ」

まどか「そっか……んー……大変だね」

ほむら「そうね」

ピンポーン

まどか「あ、お客さんだ!いらしゃいませー!ほむらーマートへようこそ!」

ほむら「ほむらーマートへようこそ」

首無しマミさん「わたしの首、置いてません?」

ほむら「二円です」

END


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 01:34:40.57 ID:C+ImDXMt0
こんなスレを落とさないだなんて君たちはどうかしてるよ
俺は寝るよおやすみ


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 01:35:12.93 ID:7927QP0M0
おつ


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 01:36:52.83 ID:MRz6A3Bf0
乙乙


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 01:39:54.81 ID:/ahh5MAS0
乙、お前の借金はまだ39999999999999円残ってるからまたスレたてるんだ!


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 01:42:23.85 ID:T/L4hXIz0

20兆から10億かよ。社割すげえなwww


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 01:55:22.31 ID:6Hie+2GNO

品揃え抜群すぐる

>>64
99.95%offかよww


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 02:03:33.40 ID:CRm4UHj10
乙乙乙


魔法少女まどか☆マギカ 鹿目まどか スムース抱き枕カバー
魔法少女まどか☆マギカ 鹿目まどか スムース抱き枕カバー




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「まどかマギカ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 名無し 2011/11/21(月) 10:10:13

    救済の魔女→20兆円
    さやか大好きな上条恭介→210円
    マミさんの首→2円

    マミさん…


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ