Powered By 画RSS


スイーツ「ビッチ可愛いをめざしたいの~」ぼっち「へぇ…」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 22:02:10.32 ID:RBorPES10
スイーツ「それで前から暗いと目をつけてた君に決めたんだ~」アハッ

ぼっち 「頭湧いてるんとちがいますか」

スイーツ「とりあえず仲良くしよ~よ~、気楽にさ」

ぼっち 「なにこれ罰ゲームだったら死ぬからな、俺」キョロ…

スイーツ「あは、ちょ~根暗だし、メガネって感じ~」

ぼっち 「世の中のメガネ馬鹿にしてんじゃねーぞ」




2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 22:04:20.66 ID:RBorPES10
スイーツ「とりまちょ~寒いからそこのカフェはいろ~」ルンルーン

ぼっち 「ちょっとまて、無理だから」

スイーツ「え~、も~足痛いんですけど~」

ぼっち 「俺は頭が痛いわ」

スイーツ「じゃあどうする~?あ…君のお家にいっちゃう~??」イエイッ

ぼっち 「ほんと腹パンレベルなんだけど」イラッ

ぼっち 「…そもそもどちら様ですか、あなた」

スイーツ「知らないの~?同じ大学いってるし~」

ぼっち 「…知らない」

スイーツ「いっつも机に顔伏せてるからじゃん?身体弱いの~?」

ぼっち 「心配アリガト、それ以上俺を傷つけんな」


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 22:07:20.29 ID:RBorPES10
スイーツ「ね~、お家こっちなの~?」トコトコ

ぼっち 「ついて来ないで頂けますか」スタスタ

スイーツ「意地悪すると嫌われるんだからね~」トコトコ

ぼっち 「正当な行動だっつの…」スタスタ

スイーツ「あっ…!あれ見て~!」ピタッ

ぼっち 「……」スタスタ

スイーツ「…待ってよ~、なんでこっち見ないの~?」トタタタ

ぼっち 「どうせ何もないだろうから」スタスタ

スイーツ「え~すご~い!なんで分かったの~」ニッコニコ トタトタ

ぼっち 「はあ…」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 22:11:39.77 ID:RBorPES10
カランカランカラン…♪

スイーツ「え~レトロみたいな~昭和ってかんじ~」

ぼっち 「和むって言いたいんだよな」

スイーツ「そんな感じ~、カフェオレあるよね~」

ぼっち 「……」ストンッ

スイーツ「なに、ここ良く来るの~?ガッコから近いよね~」ストンッ

ぼっち 「たまに時間つぶしに…、あ、コーヒーとカフェオレで…」

スイーツ「サークルとか入ってないの~?」

ぼっち 「…とりあえず用件聞くために店来たんだけど」

スイーツ「あたしの入ってるイベサー入る~?なかなか面白いよ~」

ぼっち 「もしもし、人の話聞こうか、まず」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 22:13:54.33 ID:RBorPES10
スイーツ「あのね~あたしお兄ちゃんいるじゃん~?」

ぼっち 「いや、知らないけどね」

スイーツ「お兄ちゃんは自分のブランド作って~あ、服のね」

スイーツ「もう自分のお店出してるんだよね~すごいしょ~」

スイーツ「あ、君も似合うかも~、楽しみ~」

ぼっち 「すごい兄貴の話はいいから、用件に繋ごう、な」

スイーツ「それであたしブラコンでしょ~?」

ぼっち 「いや知らないから、マジ」

スイーツ「あ、このカフェオレおいし~、しあわせ~」ニッコッコー

ぼっち 「ねえ、言葉通じてる?」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 22:18:18.58 ID:RBorPES10
スイーツ「それで~そろそろお兄ちゃん離れして、小悪魔的な女目指そって♪」

ぼっち 「そっか、いきなり着地したな、で、俺になんで声掛けたの」

スイーツ「小悪魔女子力UPの練習台にするためで~す」テヘッ

ぼっち 「なにそれこわい、どんな練習…」

スイーツ「魅惑的な~可愛い~上品エロすごい~手玉に取るみたいな?」

ぼっち 「あああ、コワイコワイ…わざといってない?ねえ」

スイーツ「下手な人とは出来ないじゃん、その周りで噂とか怖いし~」

ぼっち 「…うわぁ、なんか嫌な事に気づいた…」

スイーツ「あ~やっぱ頭いい~!そ~です!君は友達がいない!」ビシーッ

ぼっち 「うっ…!」ズキン

スイーツ「だから好きに練習できるかなって~思ったのです」エヘー

ぼっち 「お、俺の意思だってある!」

スイーツ「大丈夫だよ~?君にもいいことあるし~」

ぼっち 「は?」


スイーツ「あたしが君の友達になっちゃいま~す」ニッコッコ


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 22:23:01.78 ID:RBorPES10
ぼっち 「お断りします」

スイーツ「え~なんで~??」

ぼっち 「おそらく理解しあえない」

スイーツ「諦めたら~それが試合終了だし~」

ぼっち 「いちいちヘタな改ざんすんなよ、イラつく…」

スイーツ「ちょっとエッチぃこと練習するだけじゃん…」

ぼっち 「!?」

スイーツ「あ~、最後まではしないし、そこまでビッチじゃなくてい~」フリフリ

ぼっち 「ちょちょちょ、ちょっと待って…」ガタタッ

スイーツ「え~?」

ぼっち 「エロいことを、練習したいと…?」

スイーツ「そういってんじゃ~ん」ハア…

ぼっち 「……(ため息つかれた…)」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 22:28:25.47 ID:RBorPES10
ぼっち 「我と、いや俺とエロいことがしたいと…?」

スイーツ「違うってば~、練習がしたいだけだし~」ハァ…

ぼっち 「……(言葉違うだけで同じ意味だろうがあぁあ!!)」

ぼっち 『(いや、落ち着け…頭がスポンジの馬鹿女だが顔は上クラス…!)』

ぼっち 『(DT戦士の俺にとってコレは千載一遇の正にTP!!…モノにすれば俺の勝ちだ…!)』

ぼっち 「ま、まあ…、いいよ」ボソッ 

スイーツ「え、ほんと~??」パアア

ぼっち 「あ、うん、まあ…丁度暇だし…たまたま…」

スイーツ「あは、よかったぁ~、なかなか友達いない人っていなくて~」

ぼっち 「ぐう…!」グサリ


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 22:33:26.17 ID:RBorPES10
スイーツ「じゃあとりあえず~ケー番交換ね~」ジャラン

ぼっち 「はいはい…、携帯すご…」

スイーツ「えへ~可愛いでしょ、君もやる~?デコったげるよ」

ぼっち 「ありがたいけど、結構です」


スイーツ「じゃ~、また連絡するから~、これからバイトなの~」

ぼっち 「…頑張って」

スイーツ「うん!今日は話し聞いてくれてありがと~!ばいばい~」フリフリ

ぼっち 「ばいばい…」フリ…


ぼっち 『(久々に女と話したな…まあ相手は宇宙人だったが…)』

ぼっち 『(…馬鹿だけど、顔は好きだ…身体も……)』フヒ…ニヘラ…


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 22:37:59.41 ID:RBorPES10
―――

デッデッデ~デ~レレ♪

ぼっち 「も、もしもし…」

スイーツ『えへ~、あたしだけど~』

ぼっち 「ああ、おちゅ…お疲れー」

スイーツ『おちゅかれさまぁ~、今から遊べる~??』

ぼっち 「え?あ、べ、別に遊べるけど…?(いきなりすぎんだろ…)」

スイーツ『じゃ~君んちで集合にしよっ』

ぼっち 「…は?…はぁ?」

スイーツ『だめなの~?』ションボリンション…

ぼっち 「い、いや部屋が汚いから…」

スイーツ『ん~、部屋片付け手伝うよ~?』

ぼっち 「いや、申し訳ないからま、また今度に…」

スイーツ『ぶー…わかったぁ…じゃあね~』プッツ ツーツー


ぼっち 「……」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 22:42:12.42 ID:RBorPES10
ぼっち『(うあぁあああ、やっちまったやっちまったああ!!)』

ぼっち『(エロいことすんのに俺んちが最適だったのは確定的に明らか…!)』

ぼっち『(気づけよ!気づけ俺!!だから童貞なんだよ!!くそっ)』

ぼっち『(淫乱AVで抜いてる場合じゃなかっただろうがあぁああ)』


ぼっち「はあ……ファブリーズ買って帰ろ…」


ガーガー ガサガサ

ぼっち「さすがに女いれる部屋じゃねえな…」

ぼっち「シーツの替えあったっけ…」ボソッ

ぼっち「…シ、シーツって…、やべ、ニヤけるだろうが…」フヒヒ…

テッテッテーペコポン♪ テッテテーペコポン♪

ぼっち「あ、スカイプ…」

― 厨二病から着信 ―

ぼっち「うわぁ…」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 22:45:19.27 ID:RBorPES10
ぼっち「…おー」

厨二病『…生きてたか、よかった…』

ぼっち「……(相変わらずめんどくせっ)」

厨二病『俺の第7感がお前の危険を察知したんでな…」

ぼっち「生きてるし、危なくねえよ」

厨二病『それならいい…、なんか面白い事あった?』

ぼっち「なに、暇なの」

厨二病『い、いや、ちょっとアレが静まって時間出来ただけだ』

ぼっち「へー、ま、別に何も変わらんよ…、あ…」

厨二病『…?事件か…?陰謀系なら俺も結構巻き込まれ』

ぼっち「童貞卒業できっかも」

厨二病『え!?なに、マジ??なんで?ネタじゃなく?』ガタタッ

ぼっち「おい、キャラ」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 22:48:38.41 ID:RBorPES10
厨二病『えー、マジなんそれ…、ギャルゲーじゃねえんだから…』

ぼっち「エロゲーに昇華してやるよ」フッ

厨二病『くそがあ…、俺の病気が加速しそうだぜ…』

ぼっち「自覚あんのかよ」

厨二病『…可愛いの…?』ボソッ

ぼっち「は?」

厨二病『そのおなごじゃ…』

ぼっち「なんで老人になってんだよ…、顔は上玉」

厨二病『…ネットの出会い系で写メ交換してとかでもなく…?』

ぼっち「騙されたお前と一緒にしてんじゃねーよ」

厨二病『ネット上の友情なんてこんなもんだよな…』

ぼっち「拗ねてんじゃねーよ」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 22:51:25.81 ID:RBorPES10
厨二病『ま、スイーツだろ?あんま羨ましくないけどな』

ぼっち「涙ふけよ」

厨二病『俺は、即物的な現代のそういうアレ信じてないのだよ…』

ぼっち「はいはい」

厨二病『あ、やべなんかアレが目覚めそうだから一旦アレするわ』 ポミュン♪

ぼっち「豆腐メンタルお疲れ…」フッ


ピッカピカー

ぼっち「ふう…まあ部屋はこんなもんだろ…」

ぼっち「……」

ぼっち「…フヒッ…」

ぼっち「やべえぇえええええ、テンション収まんねえええ!!」

ぼっち「ヨッシャカラノヨッシャ!!神様ありがとおおう!!」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 22:54:01.34 ID:RBorPES10
ぼっち 「…どうしてこうなった」

スイーツ「えへ~、ここのシュークリームちょ~おいし~の」

スイーツ「だから皆並ぶんだよ~楽しい時間の使い方だよね~」

ぼっち 「いや、かれこれ1時間、寒いだけですけど」

スイーツ「おいしいものは歩いてこないんだよ~?」

ぼっち 「…だから歩いていくんだね」

ぼっち 「……(エロい云々の話はどこへ消えた…)」

スイーツ「えへ、これ買ったら君の家いって一緒に食べよ~」ニッコッコー

ぼっち 「うん、食べよう、すぐに食べよう」キリッ


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 22:57:32.28 ID:RBorPES10
― さらに30分後 ―

ぼっち 「ほえ~、やっと買えた…」

スイーツ「うれし~、早くお家いこっ」ニコー

ぼっち 「ふっ…まあ焦るなって…家は逃げない…」フヒ…

スイーツ「あは、当たり前じゃん、なにいってんの~?」

ぼっち 「はは、いや、ちょっと俺のリビドーが有頂天で…」

スイーツ「…?」

ぼっち 「シュークリーム楽しみだなって…さ、急ぐか」キリッ


カチャン… ガチャッ

ぼっち 「…ど、どうぞ」ドッドッド…

スイーツ「えへ、おじゃましま~す」トッタトッタ

ぼっち 「……(おーけー冷静に…鍵をローック…)」カチャン…


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 23:02:35.87 ID:RBorPES10
スイーツ「汚いって言ってたのに綺麗じゃん~」キョロリン

ぼっち 「あ、片付けたんだ…はい、クッション」ドキドキ…

ぼっち 『(…女が俺の部屋にくることになろうとは…ぐすっ)』

スイーツ「…うれし…、ありがと~」ストンッ

ぼっち 「……あ、な、なんか飲む?コーヒーあるけど…」

スイーツ「牛乳あれば割って欲しいな~」

ぼっち 「ごめん、ない…ミルクならあるけど…」

スイーツ「じゃーそれでいい~」ニッコッコー

ぼっち 「はいはい」ノソノソ…

ぼっち 『(…俺のミルクもあるけど…とは死んでも言わない)』グッ


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 23:08:22.09 ID:RBorPES10
スイーツ「ん~~、おいしいねぇ~!」モグモグ

ぼっち 「驚くほど意外に…、うまい…」モッグモグ

スイーツ「並んだから尚更おいしいんだよ~」ニッコッコー

ぼっち 「うん…、まあ…たまにはいいかもしれんね…」

スイーツ「好きなものの為なら人は待つんだよ、例え何時間でも~」

ぼっち 「まあ、たしかに…(俺も冬エロゲー並んだしな…)」


スイーツ「ん~~、ごちそーたま」ペコリ

ぼっち 「はい、ごちでした」ペコリ…

ぼっち 「……」

ぼっち 『(じゃあ次は君を…とは死んでも言わない)』グッグッ


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 23:13:04.76 ID:RBorPES10
ぼっち 「あの、さ…」ドキドキ

スイーツ「ん~?」

ぼっち 「その、小悪魔的(笑)なエロい練習って…」

スイーツ「うん」

ぼっち 「…具体的にどういうこと?」ドッドッド…

スイーツ「あ~イチャイチャして男の子をその気にさせるテクの練習~」エヘッ

ぼっち 「いちゃいちゃだ…と…? イチャイチャっていうのはどのへんまで!?」クワッ

スイーツ「え、なに怖いんだけど~」ビクッ

ぼっち 「あ、ごめん、いやちょっと俺の想像の斜め上いってたから…」

スイーツ「…ん~と…身体ちょっと触ったりとか…?」モジモジ

ぼっち 「触るだけ!?それで済むと思ってんのか!!」ガタタッ

スイーツ「…こわい~…」ビクビク

ぼっち 「あ、いやウソ、なんか変なのが降霊してた、ごめん…」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 23:16:56.63 ID:RBorPES10
ぼっち 『(エロいことについて考えの違い…)』

ぼっち 『(でもイチャイチャって…それはないだろ…ナイナイ…)』

ぼっち 『(童貞卒業どころか、これは…もしかしたら…)』

ぼっち 「うわぁ…俺、我慢ばっかになりそうな悪寒…」

スイーツ「……?…我慢?」

ぼっち 「いや、こっちの話…」

ぼっち 「……」


ぼっち 「…でも、いいよ、触れるんなら、それでも全然いい、うん」

スイーツ「えへ、なんか~恥ずかしっ」テレッ

ぼっち 「…俺も色々想像してた分、すっげ恥ずかしいわ…」


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 23:20:22.68 ID:RBorPES10
スイーツ「ね~君なんで友達いないの~?」ズバッ

ぼっち 「さあ…最初に失敗したからじゃないかと…」ズキズキ

スイーツ「最初~?どゆ意味?」

ぼっち 「俺、大学しょっぱなから肺に穴空いて入院してたんだ」

ぼっち 「…それで、まあタイミングっていうかそういうの逃した感じ」

スイーツ「肺に穴なんてあかないでしょ~うそ~」

ぼっち 「いや、マジで穴あいたんだって」

スイーツ「あは、ウケる~、大変だったんだね~」

ぼっち 「まあ、今は完治したけどね(…ウケるとは…?)」

スイーツ「でも~、今からでも友達作ればいいじゃ~ん」

ぼっち 「俺、若干人見知りだから…」

スイーツ「そっか~、根暗そうだし~、大変かもね~」

ぼっち 「ギギ…!(人見知りは根暗とイコールじゃねえよ…)」

スイーツ「でもでも、もうあたしが、友達だから大丈夫だよ~!」ニッコッコー

ぼっち 「え?あ、うん……アリガト」ポリポリ…


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 23:25:17.84 ID:RBorPES10
スイーツ「ん~あんまり知ってる漫画ないかも~」ジー

ぼっち 「え、ああ…それはそうかもしれない」

ぼっち 「…つか漫画なんて読むんだ」ボソッ

スイーツ「うん、君に届けとか~、僕等がいたとか超スキ~」

ぼっち 「ああ…そっちね(リア充が男のくせに読んでたな…ぐっ)」

スイーツ「なんかオススメある~?教えてほし~」クルリンッ

ぼっち 「え、うーん…そうだな…」

ぼっち 『(やっべ、どうしよ、何を勧めるのが正解だ…!?)』

ぼっち 『(本気のオススメ…こじか…は恐らく大事故、大爆発…)』

ぼっち 『(…オサレで感動できる…恋愛もありの…コスモ…宇宙兄弟…!)』

ぼっち 「あ、宇宙を目指す漫画で…コレとか…」イソイソ

スイーツ「それ知ってる~!映画になるんだよね~」ニッコッコー

ぼっち 「え、ああ、そういえば実写化されるとか…(なぜ知ってる?)」

スイーツ「小栗クン超スキなの~カッコいいよね~」ヤーン

ぼっち 「あ、おーけー超把握」


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 23:28:22.11 ID:RBorPES10
スイーツ「じゃ~そろそろバイトだし~帰るかな~」

ぼっち 「あ、そっか…もうこんな時間…」

スイーツ「えへ、あたしといて楽しかった~?」

ぼっち 「…まあ、新鮮だったかな、うん」

スイーツ「じゃ~頑張ってくるから~ぎゅってして」エヘッ

ぼっち 「なっ…!?え?いや…」

スイーツ「練習だも~ん、はやく~!」フリフリ

ぼっち 「あ、でも、…いいの?」

スイーツ「して~」ニッコッコー

ぼっち 「……じゃ」ドキドキ


ギュッ


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 23:34:43.96 ID:RBorPES10
ぼっち 『(やべ、柔らかい…力痛くねえかな…)』

ぼっち 『(…良い匂い、どうしよ、はあ…いいな…)』

スイーツ「うれし~」ギュッ

ぼっち 「……(やべ興奮する…)」ゾクゾク



テッテッテーペコポン♪ テッテテーペコポン♪



ぼっち 「…うわあっ!?」バッ 

スイーツ「ん~なに~?電話かなぁ~?」

ぼっち 「……」ドキドキ チラッ


―厨二病から着信―


ぼっち 『(あのやろぉおがぁあああ!!!!潰すっ!!)』


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 23:38:53.39 ID:RBorPES10
スイーツ「じゃ~電話きてるしバイト頑張ってきます~」ニッコッコー

スイーツ「また連絡するねっ!ばいばい~」フリフリ

ぼっち 「あ、うん、なんか、アリガト…」

バタンッ


ぼっち 「……」テクテクテク  …テッテッテーペコポン♪ 


ぼっち「っ…おい」

厨二病『あ!やっと出た!俺の直感が今すぐお前に連絡しろって!!』ガタタッ

ぼっち「てめえの直感は嫌な方にホンモンだよ…ばかやろー…」

厨二病『え、もしやスイーツいるん?ってこと…ハッ!!まさか』

ぼっち「なんか泣きたくなってきた…」


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 23:42:45.31 ID:RBorPES10
厨二病『ほう…なるほどな、くくっ人間というのは実におもしろい』

ぼっち「明らかにてめえテンション上ってんじゃねえか、くそ」

厨二病『俺はお前が不憫でならない、まさか卒業できないなんて、な』フッ

ぼっち「…でも身体触れる」ボソッ

厨二病『さ、触るだけだろ?んなの生殺しだろうが」

ぼっち「身体、柔らかかった、良い匂いした…」ボソッ

厨二病『お、女だから身体はふにゃふにゃだろうな…別にどうでもいいけど』

ぼっち「…抱きしめた時、幸せだった…」

厨二病『別に……』

ぼっち「生身の女抱きしめるのってすげえいい…」

厨二病『………イイナ』ボソッ

ぼっち「だろ~?どやどやぁ~?はっはっは!!」ユカイユカイ

ぼっち「……はあ」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 23:48:46.29 ID:RBorPES10
厨二病『…マジな話、まあ人種違うけどいい奴なんじゃね』

ぼっち「は?」

厨二病『スイーツだよ、友達になるっていってんだろ』

ぼっち「友達…まあ、うん」

厨二病『たまに無神経くさい感じするけどさ、俺は羨ましいぞ』

ぼっち「…友達以上にはなるつもりないだろうけどな」ボソッ

厨二病『あん?なに、お前スイーツ好きになったの?』

ぼっち「ばっ、んなわけねー」

厨二病『まあ練習台ってあっちはいってんだし、お前も練習すればいいじゃん』

ぼっち「なんのだよ」

厨二病『女を落とす…そうだな小悪魔系男子みたいな…ブーッ』

ぼっち「しね」

厨二病『そう怒んなよ…とっておきの秘密を教えてやる』ニヤニヤ

厨二病『俺の黒の書には、女のほっぺ摘むのは鉄板、とある』

ぼっち「なにそのキモチ悪い書」ヒキッ


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 23:52:35.52 ID:RBorPES10
厨二病『いや、試してみなって、多分、いや絶対うまくいく!』

ぼっち「童貞の書なんてあてになんねーよボケ」

厨二病『黒の書だ!まあ試しにや、あ!やべ、また連絡するわ!』ポミュン♪

ぼっち「急がしいやつだな…」 


デデッデッデデン♪

ぼっち「…ほいほい」パカッ

―――
from スイーツ

外さむぃよぉ~

部屋もどりたぁ~ぃ(TωT)



ぼっち「……なんかやべ、はあ…どうしよ」ドキドキ…


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 23:54:59.34 ID:RBorPES10
―――

ぼっち 「いや、やっぱいいって…」

スイーツ「なんで~?とりあえず~いってみよっ」

ぼっち 「俺、服とか興味ないんだ…あんま」

スイーツ「お兄ちゃんのお店高くないし~似合うと思うの~」

スイーツ「一緒に見に行きたいなって、ずっと思ってて…」ショボン

ぼっち 「……」


ぼっち 「…見るだけでもいいわけ」

スイーツ「もちろ~ん!」パア

スイーツ「えへ~、うれしいな~」ルンルーン

ぼっち 「……(嬉しそうな顔…)」


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/20(日) 23:57:52.10 ID:RBorPES10
スイーツ「じゃ~んっ!と~ちゃく~」

ぼっち 「う…(オサレ臭はんぱね…帰りたい帰りたい)」

ウイーン♪

イケ兄貴「ん、おー、なにお前どした?あ、こんにちは」ニコッ

ぼっち 「あ、あのどうも…(…イケてる男のデフォ!)」オロオロ

スイーツ「えへ~友達の服見に来たの~、お兄ちゃん見てあげて~」

イケ兄貴「おーいいよ、あ、もしこいつ強引に連れてきてたらごめんね」ボソッ

ぼっち 「え、いやいや、俺も服欲しかったんで…」アセッ

イケ兄貴「そっか、ほっとした」ニッコリ

ぼっち 「……(まじ性格もパーフェクツ…照れる…)」テレッ


アレジャナイ コレジャナイ コレイーワ イイッスネー


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 00:00:08.80 ID:5qryp1cj0
イケ兄貴「気に入ったのあって嬉しいわ~」

ぼっち 「いや、こちらこそ…似合うかわかんないっすけど…」

スイーツ「似合ってたよ?かっこ良くなった~」

ぼっち 「……ども」テレッ

イケ兄貴「はは、じゃー…うん、記念に今回金いらんわ」

ぼっち 「え?いやいや、いいですよ!払います」

スイーツ「え~お兄ちゃん、ありがと~」ニッコー

ぼっち 「え、あの…」

イケ兄貴「ほんといいよ、機会あったらまた買いにきてくれると嬉しいし」ニコ

イケ兄貴「ってまあそんなズルイ考えだから気にしないで」

ぼっち 「…なんかすんません…ありがとうございます」ペコッ

イケ兄貴「いいよいいよ、妹と仲良くしてやってね」

ウイーン♪

スイーツ「えへ、ラッキ~だったね~」ニッコッコー

ぼっち 「うん…自慢の兄貴、カッコいいわ」


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 00:03:18.76 ID:5qryp1cj0
厨二病『へー、なんかリア充じゃね』

ぼっち「まあ、なんか、少し楽しいのは否めん」

厨二病『はあ…、なんかお前最近変わったしな』

ぼっち「は?それはないだろ」

厨二病『いや、変化した、俺の第三の目は真実を見抜く』

ぼっち「お前は変わらない安定感だよ」

厨二病『で、アレ試した?俺のとっておき』ドキドキ

ぼっち「は?なにそれ」

厨二病『黒の書の、ほっぺぷに、だ!』

ぼっち「できるわけねーだろボケ、寒いわ」

厨二病『スイーツつか女子は、結局そういうの弱いんだよ』

ぼっち「経験者でもないくせに」フッ

厨二病『……ある』

ぼっち「は?」

厨二病『あるよ、それ試したこと』


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 00:06:23.47 ID:5qryp1cj0
ぼっち「…第三の目がなくても真実見抜けるわ」

厨二病『マジであるんだって』

ぼっち「身内はアウトだぞ、さすがに…なんか泣けるから」

厨二病『……じゃ、この話は終いだ』

ぼっち「……」

厨二病『……』


厨二病『……なんか言えよ』

ぼっち「なんか、すまんかった、次試してみるから…」

厨二病『頼んだぞ、親友…お前と電子の海で出会えてよかった』

ぼっち「すげー死亡フラグ」


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 00:10:02.07 ID:5qryp1cj0
スイーツ「ん~このワッフルもちょ~おいしかったぁ~」

ぼっち 「俺は前のチョコタルトのが好き」

スイーツ「あ~、あれもほんと美味しかったね~」ニッコッコー

ぼっち 「…これもうまいけどね(なんか顔見ると心臓いてえ)」ズキ

スイーツ「あ、明日の講義課題やってなかったぁあ~やんなきゃ」ショボーン

ぼっち 「俺やったけど、…写す?」

スイーツ「そういうのは自分でちゃんとやんなきゃだめなのっ」

スイーツ「でもありがと~優しいねっ」ニコー

ぼっち 「別に…(いてえいてえ…)」ズキズキ

スイーツ「じゃ~今日はもうかえりま~す!さよならのぎゅー」エヘッ

ぼっち 「はいはい…」  ギュッ

ぼっち 「……」

ぼっち 「……ツライ」ボソッ

スイーツ「え~?」

ぼっち 「なんでもない」


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 00:14:13.97 ID:5qryp1cj0
スイーツ「じゃ~またメールするねっ」

ぼっち 「はいはい…」

ぼっち 「あ……」

スイーツ「ん~?どしたの?なんかあった~?」


ぼっち 「……ん」  ムニッ

スイーツ「ふえ…!あに~?ひどひ~」ムムー

ぼっち 「はは、かわい…あ、ごめんごめん」パッ

スイーツ「むぅ…、も~、なんか…もうっ!」ムッスー

ぼっち 「ごめんって、…課題頑張って」ポンポン

スイーツ「がんばるけど~、じゃあまた明日ね」ニコッ

バタンッ

ぼっち 「……あー…、これ完全にヤバいだろ…」ドキドキ


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 00:18:17.67 ID:5qryp1cj0
――大学

スイーツ「あ!おはよ~!昨日頑張って課題やったよ~」ニッコッコー

ぼっち 「へー、えらいじゃん」

スイーツ「えへへ、やれば出来る子でしょ~?」ニコッ

チャラ男「よー、なに話してん…え、なにスイーツこの人と友達だったん?」

ぼっち 「……(うわぁ…俺の苦手な派手男…)」

スイーツ「うん!最近一緒に遊んだりしてるんだ~、ねっ」

チャラ男「へぇ…何つながりで遊んでんの?」チラッ

ぼっち 「……(ほっとけよ…品定めすんなよ…逃げてえ)」

スイーツ「つながり~?よくわかんないけど~」

チャラ男「つかコノ人着てる服スイーツの兄ちゃんとこのじゃね」

ぼっち 「そうだけど…(この人って呼び方ねえだろ…)」

チャラ男「へぇ、服被ったら嫌だな…まあ俺とキャラ違うからいっけど~」チャチャラ

チャラ男「大体スイーツとこの人一緒にいんのすっげ違和感あんだけど~」ヒャハハ

ぼっち 「……」


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 00:22:51.80 ID:5qryp1cj0
―――

スイーツ「あ!…待ってよ~」トタトタ

ぼっち 「…なんだよ」

スイーツ「…最近メールも電話も出てくれないから…」

ぼっち 「…忙しんだよ」

スイーツ「…この間のチャラ男の事だったら、ごめんね…」

ぼっち 「…は?なんでお前が謝んの?」イラッ

スイーツ「え…だって、チャラ男一応友達だし…ヒドイ事いってたし」

ぼっち 「…チャラ男が言ってることはあってんじゃね」

スイーツ「え…」

ぼっち 「誰が見てもお前が俺と一緒にいたら不自然だよ」

ぼっち 「つーかチャラ男達といるほうがいいんじゃね?」

ぼっち 「それに…そもそも小悪魔とかいう練習だってアイツらとすればいいだろ」

スイーツ「……」


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 00:26:36.52 ID:5qryp1cj0
ぼっち 「…なにが小悪魔だよ、人の事振り回してるだけじゃねえか」

ぼっち 「まあお前の練習は、効果テキメンだったよ…ほんとに…」

ぼっち 「……もう、ほっとけよ」スタスタ

スイーツ「……ごめんなさい」

―――


厨二病『ふむ…それは見事な八つ当たりだな』

ぼっち「…だよ」ボソ

厨二病『俺結構思ってたんだけど、豆腐メンタルだよな、お前』

ぼっち「かもしれない、なんか前より酷くなった…」

厨二病『守りに入ったんだよ、スイーツちゃんといて傷ついたから』

ぼっち「でも、ひどくね?服の好み云々なんて人の勝手だろ」

厨二病『それは正論だが、スイーツちゃんは全く関係ない』ズバッ

ぼっち「ぐう…」ズキズキ


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 00:29:00.07 ID:5qryp1cj0
ぼっち「はぁ~嫌だ…、小悪魔どころか悪魔だろ…」

ぼっち「友達になるっていってさ、毎日メールよこすしさ…」

ぼっち「終いに抱きしめろだぞ?あんな可愛い顔のくせに…」

ぼっち「惚れない方がおかしい…わかってたのに…」

厨二病『ウジウジうっぜえな』

ぼっち「今日くらい優しくしろよ、ボケ」

厨二病『…とりあえず謝れば?』

ぼっち「今更無理だろ、もう、俺なんか会いたくないだろうし」

厨二病『最後まで自分守りで逃げなのか?……終わってんな』

ぼっち「わかってんだよ…もう、自分が嫌だ」

厨二病『フッ…良かったな、お前はツイてる』

ぼっち「……は?」

厨二病『この俺がいるからだ…!俺の第三の目でお前を導ける』ドヤッ

ぼっち「通話終了していいか」


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 00:31:30.41 ID:5qryp1cj0
厨二病『俺の第三の目によるとだな、スイーツちゃんはいい子だ』

ぼっち「知ってるわい」

厨二病『お前が怒ってるのは自分のせいぐらいに思ってる』

ぼっち「あああ…」ズキズキ

厨二病『それでだ、スイーツちゃんからもう一度来る可能性がある』

厨二病『八つ当たりした上に自分から謝れないと、クズなお前は言っててもだ」

ぼっち「うう…」ズキズキ

厨二病『恐らく、それが最後の刻、お前最大のジハードだ…』

厨二病『それを逃すともうお前は終わりだ、クズボケのぼっちに逆戻りだ』

ぼっち「ちょっと言い過ぎじゃね」

厨二病『…そこでだ、俺の黒の書にならって…ってあれ?そういや』

ぼっち「…なんだよ?」

厨二病『ほっぺぷに! は試した?』ドキドキ

ぼっち「今は関係無いだろうが!!」


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 00:33:33.34 ID:5qryp1cj0
厨二病『まあ、それはおいおい聞くとして…』ゴホン…

厨二病『俺の黒の書にならえばいい…』キリッ

ぼっち「その書にはなんて書いてあるんだよ」ドキドキ


厨二病『誠実に謝って、真剣に告る、だ!』バーン

ぼっち「お、おう…別になんか黒の書って普通だな」

厨二病『これだから素人は困る、真実しか書いてないのが黒の』

ピンポーン♪

厨二病『やんっ!』ビクッ

ぼっち「お前が驚いてどうする」

厨二病『ほ、ほらキタ…!まじでスイーツちゃんじゃね?」ドキドキ

ぼっち「まさか…」ヨイショ… ノソノソ

ぼっち「……」ドキドキ…

ガチャッ

スイーツ「あ…いきなりごめんね…?」


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 00:36:27.18 ID:5qryp1cj0
ぼっち 「いや…あの…」ドッドッ

スイーツ「えっと…これ…」オズオズ

ぼっち 「…これって…」

スイーツ「チョコタルト…今ちょっと買ってきたんだ~…」

ぼっち 「わざわざ…なんで、こんな寒いのに並んだの…」ズキ

スイーツ「えへ、前好きって言ってたから…」

スイーツ「あ…そんなに並んでないよ?大丈夫~」

ぼっち 「…うそつけ、前すっげ並んだの覚えてるし」ズキズキ

スイーツ「あは、そうだったね~…」

ぼっち 「あの…」

スイーツ「あ、あのね?ほんとにごめんね」

ぼっち 「え…」


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 00:38:27.56 ID:5qryp1cj0
スイーツ「あたしが、振り回したって…ほんとにその通りだから」

ぼっち 「あ、ち、ちが…」ズキズキ

スイーツ「楽しくて…君の迷惑考えてなかったの、ごめんね」

スイーツ「あたし前から、君が机に突っ伏してる時から、見てて知ってたの」

スイーツ「なんでいつも寝てるのかなって最初思って、話してみたいって」

ぼっち 「それは…(寝てるしかなかったんだ…友達いないから…)」

スイーツ「友達になれて嬉しくて、ほんとに楽しくって…」

スイーツ「でも、自分の事ばっかりだったから…ごめんね」

ぼっち 「ち、違う!俺も楽しかった…!」

ぼっち 「友達になってくれて、毎日メールすんのもすごく楽しかった!」

ぼっち 「この間のはほんとに八つ当たりで、ほんと俺こそごめん」

ぼっち 「よかったら、このまま俺と友達でいて欲しい…です」

スイーツ「…えへ、あたしでよかったら、トモダチでいて…」

ぼっち 「……」


ぼっち 「…やっぱ嫌だ」ボソ


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 00:45:13.41 ID:5qryp1cj0
スイーツ「…え?」

ぼっち 「俺と、友達以上になることはないの…?」ドッドッド

スイーツ「ふ、え…?」

ぼっち 「小悪魔系とか練習するっていってたじゃん」

ぼっち 「じゃ、誰と本番すんだよ…俺、練習台だけじゃ嫌だ」

スイーツ「ちょっと、あの待って…」

ぼっち 「ビッチ可愛いを目指すっていってたけど…最初から可愛かった…」

ぼっち 「それに、きっとビッチになんかお前なれないよ」

ぼっち 「友達になれて嬉しかったけど、それ以上になりたい…」ドキドキ

ぼっち 「う、俺と付き合って下だしゃい!!」

スイーツ「あ……」

ぼっち 「……(噛んだぜ…オワタ…樹海、見える…)」


スイーツ「…えへ、ドキドキした…」


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 00:49:26.89 ID:5qryp1cj0
スイーツ「んと付き合うって…どんなことするの?」

ぼっち 「え?あ、いや、抱きしめたり…」

スイーツ「いつもしてたよ?」

ぼっち 「…いや、えっと…(セクロスって言う空気じゃない、絶対…)」

ぼっち 「他の人と、俺がしてたことして欲しくない…」

スイーツ「えへ、じゃ、しな~い」ニッコッコー

ぼっち 「え…?どういう…」


スイーツ「ね、ぎゅーして?」

ぼっち 「……っ」 がばっ ぎゅうぅ~


スイーツ「しあわせ~…」

ぼっち 「…小悪魔こわい…」ギュウ…


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 00:51:54.45 ID:5qryp1cj0
スイーツ「あ~チョコタルトの箱落としてる~」

ぼっち 「あ、ごめん…やっべ…」アセアセ

スイーツ「一緒に食べてもいい~?」

ぼっち 「もちろん、一緒に食べた…あ…」



ぼっち 「うわぁあああああ!!……やっべ…アイツ!!」

スイーツ「ん~?」




厨二病『お、気づいたか…事の顛末は全て聞かせてもらった』ニヤニヤ


厨二病『黒の書はホントだったろ?感謝しろよくそぼっちがっ!!』



                          おわり


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 00:54:00.87 ID:cOkuV+E+0



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 00:54:01.62 ID:5qryp1cj0
駄文読んでくれてありがとう

スイーツは意外と良い子多いと思って書いた

おやすみ


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 00:54:24.67 ID:KCfZehzz0



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 00:54:56.66 ID:pLXSOodj0
乙~


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 00:55:08.68 ID:rneCRT9Q0



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 00:59:49.32 ID:adgtOfASO

厨二病がスイーツ兄だとかんぐってた


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 01:13:03.35 ID:eCoIV/yD0
イイな
やっぱ持つべきものは友かぁぁああ


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/21(月) 01:22:07.41 ID:tJxAKs+20
途中スイーツ兄ルートかと思った

おもしろかった乙


ロイヤルガストロ ハートのチョコレートタルト(1個)
ロイヤルガストロ ハートのチョコレートタルト(1個)


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「男女」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2013/08/08(木) 20:04:53

    名作


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ